メディア

[特別企画] わが社の技術/製品戦略 2020

コロナ禍に揺れる2020年夏。主要電子デバイスメーカー/商社は、どこへ向かうのか。主要電子デバイスメーカー/商社のキーマンに、技術開発/製品戦略についてインタビューした。

日本テキサス・インスツルメンツ

社長兼営業・技術本部長 Samuel Vicari氏:

Texas Instruments(以下、TI)は、注力する産業機器市場/自動車市場に対し、広範なアナログ半導体および、組み込みプロセッシング製品群をベースにしたソリューション提案を強める方針。日本市場における事業/製品展開方針について、同社日本法人(日本テキサス・インスツルメンツ)の社長兼営業・技術本部長を務めるSamuel Vicari氏に聞いた。

トレックス・セミコンダクター

取締役常務執行役員 開発本部長 木村岳史氏:

電源IC専業メーカーであるトレックス・セミコンダクターは、小型、低消費電力/高効率、低ノイズを追求した製品開発を一層、加速させる。特に売り上げが急拡大するトレックス独自のコイル一体型DC/DCコンバータ「“micro DC/DC”」のラインアップ拡充を急ぎ、車載、産機、そして5G/IoT市場への浸透を図る方針。同社取締役常務執行役員で開発本部本部長を務める木村岳史氏に技術/製品開発方針について聞く。

Vicor

オートモーティブビジネス グローバルバイスプレジデント Patrick Wadden氏:

2019年から本格的に自動車市場に参入したVicor(バイコー)。48V電源システムでは、サーバ/データセンター分野で既に多くの実績を持つ同社は、「自動車業界に新しい設計概念をもたらす」と意気込む。Vicorでオートモーティブビジネスのバイスプレジデントを務めるPatrick Wadden氏に、その詳細と今後のキープロダクトを聞いた。

Rochester Electronics

Colin Strother氏/藤川博之氏:

Rochester Electronicsは、メーカーの都合により生産終了となった製品、いわゆる「EOL(End of Life)品」を供給するディストリビューターだ。オリジナルの半導体メーカーから認定を受け、再生産だけでなく時に再設計も行う。メーカーとしては採算などの理由から生産を終了したいが、ユーザーとしては終了されては困る――。双方にとって、EOL品を扱うRochester Electronicsは“最後の頼みの綱”なのである。Rochester Electronicsでエグゼクティブバイスプレジデントを務めるColin Strother氏と、日本オフィス代表の藤川博之氏に、EOLビジネスの重要性や同社の戦略について聞いた。

提供:トレックス・セミコンダクター株式会社、Vicor株式会社、Rochester Electronics, Ltd.
アイティメディア営業企画/制作:EE Times Japan/EDN Japan/MONOist編集部/掲載内容有効期限:2020年9月17日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



スポンサーリンク

【技術トップインタビュー】 一覧

半導体供給の“最後の頼みの綱”、EOL品提供で存在感増すRochester

自動車業界に新しい設計概念を、モジュールを組み合わせてあらゆる電力レベルに対応

電源IC市場で圧倒的な低消費電力、小型、低ノイズに磨きをかけるトレックス

コロナ禍にも揺るがず安定供給/充実サポートを続けるTI

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.