検索
ニュース

NVIDIA、99ドルのAIコンピュータを発表性能は472GFLOPS、消費電力は5W

NVIDIAは、高い演算性能を持ちながら消費電力が小さいCUDA-X AI(人工知能)コンピュータ「Jetson Nano」を発表した。開発者や個人のクリエーターなどに向けた「開発者キット」の価格はわずか99米ドルである。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

先進のAI機能を手軽に活用する

 NVIDIAは2019年3月18日(米国時間)、高い演算性能を持ちながら消費電力が小さいCUDA-X AI(人工知能)コンピュータ「Jetson Nano」を発表した。開発者や個人のクリエーターなどに向けた「開発者キット」の価格はわずか99米ドルである。

 Jetson Nanoは、128コアを集積したNVIDIA MaxwellアーキテクチャベースのGPUや、Quad-core ArmA57コアを実装したCPUなどを用いている。高解像度センサーに対応しており、複数のセンサーで収集したデータを並列処理することができる。演算性能は472GFLOPSを実現しつつ、消費電力はわずか5Wに抑えた。

 Jetson Nanoとして今回は、安価な開発者キットと、量産を視野に入れてエッジ機器を開発する企業向け「モジュール」(1000個購入時の単価は129米ドル)の2種類を用意した。主要なAIフレームワークに対応しており、アプリケーションに最適なモデルやフレームワークを選択して、製品に組み込むことができるという。


「Jetson Nano」ファミリーの外観 出典:NVIDIA

 Jetson Nano開発キットを用いると、個人のクリエーターや学生などが、AIプロジェクトを立ち上げてシステム検証を行ったり、モバイルロボットやドローンの開発に取り組んだりすることが、比較的容易に行える。外形寸法は100×80mmである。

 Jetson Nanoモジュールは、ネットワークビデオレコーダーシステムやホームロボット、分析機能を搭載するゲートウェイ機器といった、新たに登場する組み込み機器の用途に向けた製品。量産品への実装も可能で、電力効率の高いAIシステムを効率よく開発することが可能となる。外形寸法は70×45mmである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る