検索
ニュース

半導体製造装置市場、過去最高の712億米ドル2020年の世界総販売額

半導体製造装置(新品)の2020年世界総販売額は、過去最高の712億米ドルとなった。2019年と比べ19%の増加となる。SEMIが発表した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

地域別販売額で、中国が初めて最大市場に

 SEMIは2021年4月13日(米国時間)、半導体製造装置(新品)の2020年世界総販売額が、過去最高の712億米ドルになったと発表した。2019年の598億米ドルに比べ19%の増加になる。

 SEMIは日本半導体製造装置協会(SEAJ)と共同で、世界半導体製造装置市場統計(WWSEMS:Worldwide Semiconductor Equipment Market Statistics)をまとめ、発行している。詳細なデータはWWSEMSで提供される。

 半導体製造装置の世界総販売額を地域別にみると、2020年は中国が初めて最大市場となった。販売額は187億2000万米ドルで、2019年に比べ39%増と大きく伸びた。2位は台湾。販売額は171億5000万米ドルで、前年比0.2%増と横ばいにとどまった。3位を維持したのは韓国。前年に比べ61%増加の160億8000万米ドルである。

 日本と欧州は2019年に市場が縮小したものの、2020年は回復した。日本は75億8000万米ドルで21%の増加、欧州は26億4000万米ドルで16%の増加になった。これに対し北米は、65億3000万米ドルで前年比20%も減少するなど大きく落ち込んだ。


2019〜2020年の地域別半導体製造装置市場(単位は10億米ドル、数字を丸めており、合計値が合わない場合もある) 出典:SEMI

 装置分類別では、ウエハープロセス用処理装置の販売額が19%増加した。その他前工程装置は4%の増加となった。組み立ておよび、パッケージング装置とテスト装置の販売額は、全ての地域で増加し、2020年は合計で34%増えた。テスト装置の販売額は20%の増加である。

 なお、WWSEMSの対象となる装置は、ウエハープロセス用処理装置、組み立ておよびパッケージング装置、テスト装置、その他前工程装置(マスク/レチクル製造装置、ウエハー製造装置、半導体製造装置用関連装置)である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る