• 関連の記事

「広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

日本の楽曲専門の海賊版リーチサイトが閉鎖、日本レコード協会が発表 開示情報をもとに責任追及へ
日本レコード協会は19日、日本の楽曲を違法にアップロードし、広告収入やアフィリエイト収入などを得ていた海外の海賊版リーチサイト「hikarinoakari.com」の閉鎖を確認したと発表した。(2024/7/19)

「タウンページ」と番号案内「104」、26年3月末で終了へ 「広告掲載数や利用数が減少したため」
NTT東日本とNTT西日本は、「タウンページ」などの電話帳と電話番号「104」による番号案内のサービスを2026年3月31日で終了すると発表した。(2024/7/19)

auの「Netflix付きプラン」のサービスに一部変更 8月以降の加入者はNetflixが「広告付きスタンダードプラン」に
au(KDDI/沖縄セルラー電話)が提供している「Netflix」をバンドルした料金プランについて、8月1日以降に加入するユーザーは付帯のNetflixプランが「ベーシックプラン」から「広告付きスタンダードプラン」に変更される。これに伴い、プラン名に一部変更が行われる。(2024/7/19)

セキュリティニュースアラート:
macOSユーザーを狙ったTeamsの詐欺広告に要注意 重要データを盗まれる恐れ
MalwarebytesはmacOSユーザーを標的とした新たなマルバタイジングキャンペーンを報じた。Microsoft Teamsの詐欺広告を悪用してAtomic Stealerというマルウェアを配信している。必ず公式サイトからダウンロードすることが推奨されている。(2024/7/17)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
広告予算を無駄にする「悪い連中」の正体
全米広告協会の調査レポートによると、広告主がDSPに投資した1ドルのうち、消費者に実際にリーチするのは36セント分にすぎません。残りはどこに消えているのでしょうか。(2024/7/17)

質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信を実現:
ドコモのAIエンジンと実購買データで類似顧客を推計 データ・ワンが新広告ソリューションを提供開始
データ・ワンが保有する実店舗での購買データとdocomo Senseの技術を掛け合わせることで、購買実績のあるユーザーの属性や興味関心、行動を分析し、類似顧客を推計することが可能となる。(2024/7/16)

「商品の販促だけではない」 ファミマのデジタルサイネージは”店舗のメディア化”を加速させるか?
デジタルサイネージを活用したメディア事業「FamilyMartVision」を拡大するファミリーマート。デジタル事業部長の国立冬樹氏は7月16日、「この1年で広告メディアとして急速に認知され、進化した実感がある」と手応えを語った。(2024/7/16)

Social Media Today:
マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォームに広告費を投資してきた大手ブランドも軌道修正を余儀なくされている。しかし、ターゲットに効果的にリーチできる有力なプラットフォームから手を引くことは大きな機会損失を意味する。マーケターはどうすればいいのか。(2024/7/16)

PR:「ああ、松田優作に使ってほしい」 令和の渋谷駅に登場したAQUOSの広告がZ世代にもグッと来る
「オフィス作」&妻の美由紀さんがクリエーティブスーパーバイザーとして監修した、松田優作さんの“新作”映像も公開中。(提供:シャープ株式会社)(2024/7/16)

Xの青バッジはDSA違反──欧州委員会が予備的見解 「法廷で戦う」とマスク氏
欧州委員会はXに対し、DSA(デジタルサービス法)に違反しているという予備的見解を示した。ブルーの認証済みバッジや広告でユーザーを欺いているとしている。Xのオーナー、イーロン・マスク氏は「法廷で戦う」とポストした。(2024/7/14)

AIのイメージ、3位「難しそう」、2位「何となく怖い」 1位は?
NEXERはWeb広告事業などを手掛けるCREXiAと共同で、「AIに対するイメージ」に関するアンケートを実施した。その結果、AIに対し「暮らしを豊かにする」というイメージをもっている人が多い一方、普段から活用している人は約2割に留まることが分かった。(2024/7/11)

Social Media Today:
Xが2024年第2四半期の利用統計を公開 広告主へ必死の成長アピールの一方で残る不可解なポイント
Xが公表した新たな統計によると、少なくとも月次ベースではXの利用者数は増加しているようだ。しかし、このデータには、どうにも腑に落ちない点がある。(2024/7/11)

Marketing Dive:
ディズニーのCTV戦略 「ショッパブル広告」と「アドバゲーム」は勝ち筋になるか?
DisneyがCTV戦略を強化している。テレビのリモコンを使って制限時間内に課題をクリアするゲーム型広告のスポンサーになったのはTopgolf Internationalだ。(2024/7/10)

前沢友作氏の「なりすまし詐欺広告」訴訟 Metaは争う姿勢 第1回口頭弁論
SNSで自身になりすました詐欺広告を掲載され、肖像権などを侵害されたとして、衣料品販売大手ZOZO創業者の前沢友作氏が米IT大手Metaなどに損害賠償と広告の掲載差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が7月9日、東京地裁(中島基至裁判長)で開かれた。Meta側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。(2024/7/9)

広告作成プロセスを効率化:
LINEヤフー、「LINE広告」「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」に生成AIが広告文を提案する機能を無料で提供
生成AIが広告のタイトルや説明文を提案してくれるため、広告主は効率的な広告作成が可能になる。(2024/7/9)

LINEとYahoo!の広告に、生成AIで広告文を提案する機能
「LINE広告」と「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」で、生成AIを使ってタイトルや説明文を提案する機能がスタート。(2024/7/9)

Googleが3度目の方針変更
「サードパーティーCookie」の代替策にまつわる“広告主の誤解”とは
GoogleがサードパーティーCookieの廃止を再延期した。代替策に移行するまでの猶予は2025年まで引き延ばされることになるが、それまでにマーケターや広告主はある点を理解しておかなければならない。(2024/7/9)

ゲーム・アニメ・広告における生成AI利活用の注意点をひとまとめ 経産省がガイドブック公開
経済産業省が、ゲーム・アニメ・広告などコンテンツ産業における生成AI利活用の方向性を示す「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」を公開した。日本における実際の活用事例や、利用に当たっての法的な問題点を、約60ページにまとめている。(2024/7/8)

小売業の人手不足問題に対応:
NTTドコモなど4社が生成AIを活用した店舗内サイネージ向け広告配信に関する実証実験 その効果は?
NTTドコモなど4社が、深刻な人手不足で売り場づくりに手が回らない小売業に向けて、生成AIを活用してコンテンツ作成を支援する仕組みを模索している。(2024/7/8)

てんちむ、“桃鉄でしか見たことない”賠償請求額明かす 視聴者に呼び掛け「情報提供の協力をしてほしい」
誤解を招くような広告にも問題があると指摘、結果によっては控訴する考えを示しました。(2024/7/8)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「心を痛めた」Appleの広告炎上を振り返る
iPad Proの広告動画「Crush!」が「不愉快だ」「心を痛めた」と炎上し、批判を浴びたApple。長年愛されるブランドであっても、失敗をなくすことは並大抵ではありません。一連の騒動を振り返り、マーケティングのヒントにしてはいかがでしょうか。(2024/7/7)

「カンヌライオンズ2024」に先立ち発表:
Pinterestが考える「広告主に役立つAIソリューション」とは?
PinterestはAIを活用したクリエイティブ制作、キャンペーンのパフォーマンス向上、ブランドセーフティーの測定などの詳細を新たに発表した。(2024/7/6)

「ホームランより気になる」 ドジャース大谷翔平の打席で「きのこの山」っぽい広告映る→明治に正体を聞いた
気になるお菓子の正体は。(2024/7/7)

LPやバナーなどのクリエイティブの相談にも対応:
少額運用を月額固定で代行 WACULが「広告運用定額プラン」サービス提供開始
運用手数料は媒体費によらず月額固定。広告運用はもちろんLPやバナーなどのクリエイティブの相談にも応じる。(2024/7/5)

広告にこんな反響があるとは! 大谷選手を起用したらどうなった? 人材サービス大手「ディップ」が実感したこと
大谷選手が、人材サービス大手のディップのブランドアンバサダーに就任した。その後、大きな広告効果が出ているという。その内容について同社の担当者に話を聞いた。(2024/7/5)

「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
男女別バージョンの広告コピーにさまざまな意見が。(2024/7/4)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
悪い広告 vs 悪いメディア(無料eBook)
広告主の予算を不正にかすめ取るメディアも、視聴者を欺く不正な広告も、百害あって一利なし。今回の無料eBookのテーマは「広告不正と不正広告」です。(2024/7/3)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
どうする? “嫌われない広告”の出し方
ブランドセーフティーのリスクは消費者のブランド評価に影響を与えます。どんなコンテンツがネガティブであり、どう対策すべきなのか。今回の無料eBookのテーマは「ブランドセーフティー」です。(2024/7/3)

EU、MetaにもDMA(デジタル市場法)違反の「予備的な異議告知」
EUの欧州委員会は、6月のAppleに続けてMetaもDMA(デジタル市場法)に違反している可能性があるという予備的見解を発表した。Metaが昨年11月から欧州で展開している広告モデルがユーザーに二者択一を迫っているとしている。(2024/7/2)

Google、選挙広告のデジタル改変コンテンツ開示を義務化
Googleは、選挙広告での合成コンテンツ(生成AIなどを使ったコンテンツ)の開示要件を更新した。合成コンテンツを含む場合はキャンペーン設定で該当チェックボックスをオンにすることを義務付ける。(2024/7/2)

Marketing Dive:
「ニュース」に広告を出すのはリスク? 数字が語ること
Stagwellの調査によると、広告主は「ブランドセーフティー」を気にし過ぎるあまり、機会を逃している可能性がある。(2024/7/1)

急成長のカギ「インサイドセールス」〜テクノロジーで差をつけろ〜:
「迷惑かけないでね」 直販タブーのテレビ業界でインサイドセールス発足、メ〜テレはどうやって成果を出した
テレビ局はコンテンツを作り、広告会社がCMを売る──その商慣習があり、直販はタブー視されていたテレビ業界で、メ〜テレはインサイドセールスを発足し、ここ数年間成果を出し続けている。どのような軌跡があったのか、取材した。(2024/7/1)

Meta日本法人は請求棄却求める Facebook偽広告巡る損賠訴訟 
Facebook(FB)などのSNS上で著名人をかたる偽の投資広告による詐欺被害が相次いでいるのに、広告が真実かどうか調査するのを怠ったとして、神戸市などの4人がSNSを運営する米IT大手Meta(旧Facebook)の日本法人に計約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、神戸地裁(冨上智子裁判長)であり、法人側は請求棄却を求めた。(2024/6/28)

Marketing Dive:
トイザらスがOpenAIの動画生成AI「Sora」を使って広告制作 コンセプト立案から最終納品までわずか3週間
玩具ブランドToys R Usの制作部門は広告代理店のNative Foreignと提携。OpenAIがαテスターのみに提供する動画生成AI「Sora」を使用してわずかな期間でブランド動画を制作した。(2024/6/28)

製造マネジメントニュース:
シャープと台湾の産業用コンピュータ大手、スマートリテール分野などで協業
シャープと台湾の樺漢科技は、アジア地域でのスマートリテール、エネルギー分野などで協業する。第1弾として、POSシステムやスマートタグ、デジタル広告などを組み合わせたサービスを共同開発する。(2024/6/27)

Social Media Today:
Instagramが悪い予感しかしない「通せんぼ広告」を準備中 広告主のメリットは?
さまざまなユーザーが報告している通り、Instagramは現在、新しい動画広告形式をテストしているようだ。(2024/6/27)

ポストCookie環境でも持続可能なマーケティングを支援:
D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新サービスの先行案内を開始した。(2024/6/24)

改善カード機能を追加:
広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キーワード・検索クエリの最適化が簡単にできるようになった。(2024/6/21)

オンラインレポートも提供:
インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計測可能なYouTube広告フォーマットを拡大する。(2024/6/21)

「なりすまし広告の削除体制、公表を」総務省がMetaに要請 Facebook・Instagramの詐欺対策求め
総務省はMetaに対して、著名人になりすまして投資ビジネスなどに勧誘し、金銭を詐取する“なりすまし型偽広告”の対策を行うよう要請した。(2024/6/21)

今日のリサーチ:
広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施しました。(2024/6/20)

LTVマーケティングを一歩先へ:
AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。(2024/6/20)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「Cookieの死」で広告に明日はある? 他、2024年のマーケティング8大予言(無料eBook)
サードパーティCookieの廃止、生成AIの登場などマーケターを取り巻く環境が変わる中、テクノロジーを活用しながらいかにマーケティングを進めるべきか。無料eBook「これからのマーケティングにまつわる8つの予言」をご紹介します。(2024/6/19)

「広告のムダ打ち」をなくすためにできること【第5回】:
インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「アテンション」の概念を再定義するとともに、新しいインターネット広告のKPIについて考えます。(2024/6/19)

D2C事業者の利便性向上に:
売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI生成機能β)」を追加する。(2024/6/18)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に新しいところ。何がいけなかったのか。どうすべきだったのか。今回の無料eBookのテーマは「Appleの炎上に学ぶ」です。(2024/6/18)

駅に推しの応援広告を出せるサービス、JR東が開始 「かなり気になるサービス」「最高」と反響
推しの尊さをみんなに知ってもらえるかも!?(2024/6/18)

Marketing Dive:
オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。しかし、山積するプライバシーの問題は事業の継続を困難にしたようだ。(2024/6/17)

プロダクトInsights:
お金を出して「推しのポスター」を駅に JR東、推し活向け応援広告を販売
JR東日本は6月13日、ア―ティストやアイドルなどの「推し活」を支援するサービス「推しSta!」を開始した。駅構内や電車などJR東日本グループのアセットを活用した「推し活」を提案する。(2024/6/15)

今日のリサーチ:
Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて聞いています。(2024/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.