• 関連の記事

「ビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ビール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

「アサヒ生ビール(マルエフ)」売れすぎて一時休売を発表 「買っといてよかった」「品薄と聞くと飲みたくなる」の声も
9月14日に発売したばかりです。(2021/9/18)

「ビールを飲むよ! まず麦芽を煮ます」 気が長い米国ユーザーの挑戦が話題「そこからかよ」「なにそのTOKIO的発想」
自家醸造が合法な米国だからこそできるチャレンジ。(2021/9/13)

ガッキー起用で“ぬくもり”表現:
アサヒ、28年ぶりに「アサヒ生ビール」復活 11月には黒生も
アサヒビールは9月8日、飲食店で樽生のみ展開している「アサヒ生ビール」の缶を同14日から全国で発売すると発表した。(2021/9/8)

【Amazonタイムセール祭り】お酒飲み比べセットがお買い得! ワイン・日本酒・焼酎・ビール・ウイスキーがセールに
いろいろ楽しみたいときに便利な飲み比べセット。(2021/8/18)

【Amazonタイムセール祭り】ビール・チューハイ特集 「アサヒスーパードライ」「ハイネケン」「檸檬堂 定番レモン」などがセールに
ビール・チューハイの飲み比べセットも。(2021/8/17)

「生ジョッキ缶」年内は月1回の発売に
人気の缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」は12月まで毎月1回の発売になる。(2021/8/4)

参加費は1人500円:
キリンビール、工場見学を有料化 「過度な飲酒リスクを低減」する狙い
キリンビールは、これまで無料だったビール工場の見学ツアーを1人500円にする。加えて、新たに2種類のオンラインビール工場見学を開始する。「ニューノーマル時代に適した新たな工場見学の体験価値の向上と、過度な飲酒につながるリスクを低減する」狙いだという。(2021/7/30)

ビールやジュースを「1本だけ」キンキンに冷やせる「缶専用クーラー」発売 USB式でどこでも使える
ペットボトルにも使えます。(2021/7/22)

【Amazonタイムセール祭り】ビール・発泡酒特集 アサヒ「スーパードライ」や「コロナ」、「ハイネケン」などがセールに
国内外のビールが集結。(2021/7/16)

人気の「生ジョッキ缶」再登場 一部ネット通販では相場の倍に
アサヒビールは13日、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を再発売した。人気の商品だけに一部ECサイトでは割高な値付けの商品も見られる。(2021/7/13)

生誕20年:
キリン「氷結」、6月に過去最高売り上げを記録 ビールユーザーの獲得を狙う
キリンビールの「氷結」が好調だ。6月は過去最高売り上げを達成した。氷結の好調を支えた要因は?今後の戦略についても見ていこう。(2021/7/13)

FAニュース:
キリンビールがIoTで工場の設備管理と遠隔監視を実施、前川製作所と協業で
キリンビールと前川製作所は2021年7月7日、キリンビールの工場において、ビッグデータ活用による設備管理とIoT(モノのインターネット)を活用した冷凍機の遠隔監視を実施すると発表した。(2021/7/8)

猫「お前の愛はハイオクか?」 毎年ラベルが怪文で人気の群馬地ビールが今年も意味不明だった
アナザースカイでアル中の猫が愛を説く。(2021/7/3)

「かき氷」や「とりあえずビール」をレースで表現したハンカチがかわいい! 近沢レース店「2021秋冬シーズン」新作にときめく
取り出すたびに笑顔になれそうなハンカチです。(2021/7/2)

オリジナルメニューも紹介:
オリオン、ビールを持ち運べるボトル「グラウラー」発売 持参でビールを無料提供
オリオンビールが、ビールや炭酸飲料にも対応したマイボトル「グラウラー」を発売した。(2021/6/28)

週末に「へえ」な話:
4カ月で2万個が売れた! なぜアサヒは食べられる容器「もぐカップ」を開発したのか
アサヒビールが3月に発売した、食べられる容器「もぐカップ」が人気を集めている。販売目標は年1万個を掲げていたが、わずか4カ月で2倍の2万個も売れている。それにしても、なぜ食べられる容器を開発したのか。開発者に話を聞いたところ……。(2021/6/26)

【Amazonプライムデー】お酒特集 「ジョニーウォーカー」「コロナ」「ストロングゼロ」などのウイスキー、ビール、缶酎ハイがセールに
好きなお酒がきっと見つかる。(2021/6/21)

すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第4回】
Webビール工場見学からZoomコスプレ会議まで コロナ禍のストレス軽減イベント
従業員同士が直接会うのが難しいコロナ禍でも、企業は工夫次第でさまざまな従業員向けイベントを企画、実施できる。従業員の息抜きの場になり得るイベントの案を幾つか紹介する。(2021/6/11)

PR:サッポロビールさん何やってるんですか! 商品担当者にプレゼンしてもらったら想いがアツすぎて謎の対決をする事態に
サッポロ2大新ジャンルの頂点をかけた戦いが今、始まる。(提供:サッポロビール株式会社)(2021/6/8)

「生ジョッキ缶」、9月まで月1回の数量限定販売に 10月以降は未定
アサヒビールは販売を休止している「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を6月から9月にかけて毎月1回、数量限定で販売する。(2021/6/2)

うわぁぁ当たる当たる!! 急カーブのビール工場「壁ギリギリ」を攻める貨物列車にドキドキ
右も左も、天井もスレッスレ〜。(2021/5/30)

「n=1」から始める深いインサイト発見:
「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」 大ヒットを確信させたマーケティングリサーチの舞台裏
アサヒビールのマーケティングチームは話題の「泡の出る缶」を市場に投入するに当たり、どのように消費者の声を聞いてきたのか。マーケティング担当者と調査を担当したマクロミルに、開発の過程で実施した定性調査・定量調査の裏側を聞いた。(2021/5/27)

【Amazonタイムセール祭り】お酒特集 ビール・ワイン・ウイスキー・ジンや飲み比べセットがお買い得
おうち飲みのお供や、父の日のプレゼントにも。(2021/5/23)

BBQの課題を解決する自作ホルダーが「便利そう」「売ってくれ」と好評 肉も野菜も片手で持ち歩けるし、ビールを入れても◎
紙コップなら紙皿よりもタレをキープしやすいし、箸も落ちにくい。(2021/5/10)

静岡県限定ビール「静岡麦酒」 5月18日に数量限定で発売
サッポロビールの静岡県出身者が中心となって誕生したビール。(2021/5/8)

「生ジョッキ缶」6月15日に再発売 数量限定で アサヒビール発表
アサヒビールは5月7日、生産が需要に追い付かず出荷を中止していた生ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を6月15日に数量限定で再発売すると発表した。(2021/5/7)

オリオンビール、缶に純アルコールのグラム数表記へ 背景に沖縄の飲酒文化
オリオンビールは26日、缶ビールなどすべての缶入りアルコール飲料に純アルコール量を表記すると発表した。(2021/4/26)

夫が育児記録アプリに自分を「第二子(43歳2か月18日)」で登録、困惑する妻の投稿に爆笑 「日数表示がバグ」「そのアイコンでビールは笑う」
本当に便利そうなのがずるい。(2021/4/24)

週末に「へえ」な話:
キリンVS. アサヒ 自宅の「あわ」を制するのは、どっちか
2021年上半期の流行語大賞は「あわ」ではないか。そう感じさせられるほど、キリンとアサヒがビールの「あわ」にこだわっているのだ。どういうことかというと……。(2021/4/24)

「生ジョッキ缶」発売翌日に販売休止 6月中旬以降に再出発
アサヒビールは21日、缶を開けると自然に泡が発生する「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の販売を休止すると発表した。(2021/4/22)

「生ジョッキ缶」出荷再開、スーパーで20日から販売 コンビニは今後
アサヒビールは20日、缶を開けると泡が自然発生する缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を発売した。スーパーなどで販売している。(2021/4/20)

PR:全麦が泣いた……ってなんだよ! 「新作映画かと思いきや、第3のビールの広告」が渋谷に出現している話
違和感が無さすぎて、ちらっと見ただけじゃ気づかないやつ。(2021/4/19)

自然発泡する「スーパードライ生ジョッキ缶」再利用する人がTwitterで続出→アサヒ「1回きりの利用を推奨しています」
ビールを注ぎ直しても泡立つって本当?(2021/4/12)

開けると泡が自然発生する缶ビール、販売2日で出荷中止 商品供給追い付かず 
アサヒビールは8日、缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の出荷を一時停止すると発表した。6日にコンビニエンスストア限定で販売を始めたばかりだった。(2021/4/8)

先行発売から2日:
アサヒの「生ジョッキ缶」 注文殺到で出荷停止発表
アサヒビールは8日、コンビニエンスストアで6日から先行発売したビールの新商品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」について、受注が殺到したため出荷を一時停止したと発表した。(2021/4/8)

後発:
家庭用サーバーで「スーパードライ」“復権” キリンを猛追へ
アサヒビールは7日、ビールサーバーを貸し出してビールを定期配送する会員制の家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」を5月25日に開始すると発表した。“ビール一本足打法”と呼ばれるアサヒが、熱烈なファンを取り込むことができるのか。 (2021/4/8)

PR:「こんなのあり!?」「開けた瞬間に泡が」  スーパードライの“生ジョッキ缶”がコンビニで先行発売するので飲んでみた
こんな缶ビール、見たことない!(2021/4/6)

ECはリニューアルで売り上げ200倍:
なぜオリオンビールはアルコール度数「9%」を止めて「2%」の商品を首都圏でも発売したのか
キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ。国内ビール市場トップ4社だ。では5位はどこだろう。それがオリオンビールだ。若者のアルコール離れが叫ばれる中、国内シェア約1%の地方発ビール会社は新たな飲酒文化の創造に向けた挑戦を続けている。(2021/4/1)

Uber Eatsが家電デリバリーを開始 イヤフォンからビールサーバまで200点の商品をお届け
便利かも。(2021/3/25)

PR:あの明治がつくった「チーズ好きのためのクラフトビール」登場!  ファン限定の特別試飲会で一足先に飲んできた
チーズとよく合うクラフトビールが天国すぎて……。(2021/3/25)

キリンが生ビールのサブスク「キリン ホームタップ」を展開 専用ビールサーバーで「一番搾り」が楽しめる
月額8250円から。(2021/3/10)

一升瓶5本を縦置きできる日本酒セラー「俺の酒蔵」発売 紫外線カット&温度管理機能で鮮度をキープ
ワインやビールにも使えます。(2021/3/9)

サントリー、ビール製造工程をファンタジーRPGに ミッションをクリアして作り方を学ぶ
サントリーが、ビールの製造工程を体験できるファンタジーRPG「冒険型ビール工場体験“BEER iLAND”」の提供を始めた。RPGをプレイする要領で材料の調達や醸造工程を学べる。(2021/3/4)

水曜インタビュー劇場(クレーター公演):
あわあわあわ! なぜアサヒビールの「生ジョッキ缶」から、泡が次々に出てくるのか
缶のフタを開けると、泡が自然に発生するビールが登場する。アサヒビールは4月に「生ジョッキ缶」を発売。缶ビールといえば泡がたたない構造をしているのに、なぜこの商品は泡が出てくるのか。同社の担当者に開発秘話を聞いたところ……。(2021/2/24)

コロナ禍で拡大した需要とは:
10〜12月は5割増 キリン「一番搾り」缶を急伸させた“ビールで糖質ゼロ”の潜在ニーズ
コロナ禍で業務用を中心にビール類の販売が落ち込む中、キリンビール「一番搾り」は家庭用の缶商品が好調。新商品「一番搾り 糖質ゼロ」のヒットが貢献している。ビールで初めて糖質ゼロを実現し、幅広い層の新たなニーズを獲得。存在感を強めている。(2021/2/17)

20年12月期通期:
アサヒグループHD、最終益3割減 外出自粛でビール需要減 オフィス勤務減で「ミンティア」売上低迷
アサヒグループHDの2020年12月期連結業績は、純利益が前期比34.7%減の928億円。飲食店向けのビールの売り上げが落ち込んだ。オフィス勤務の減少で、タブレット菓子「ミンティア」の売り上げも減少したという。(2021/2/12)

競艇の冠レース「ビールとボートしか勝たん独身女の休日記念」のネーミングが話題に 命名した本人に話を聞いた
冠レース、たのしそう。(2021/2/3)

Uber、酒類宅配アプリのDrizlyを11億ドルで買収
Uberはアルコール飲料宅配アプリを手掛けるDrizlyを約1160億円で買収すると発表した。Drizlyはコロナ禍の巣ごもり需要で急成長した新興企業。将来的にはUber Eatsでビールやワインを宅配できるようにする計画だ。(2021/2/3)

発売中止の予定だった:
“スペルミス”を強調してビール発売 サッポロとファミマの騒動とは何だったのか
サッポロビールは全国のファミリーマートで「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を発売した。スペルミスが発覚したため、当初は発売中止を決定していた。一連の騒動を振り返る。(2021/2/2)

日本トレンドリサーチ調べ:
「スペルミス」のビールが話題 パッケージに誤表記あっても「購入する」と考える人の割合は?
パッケージの商品名などに誤表記があった場合、購入する人はどのくらいいるのだろうか。誤表記があった場合でも「他の付加価値があれば購入する」と答えた人が54.8%にのぼったことが日本トレンドリサーチの調査で分かった。(2021/1/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.