• 関連の記事

「入札」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入札」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

産業動向:
改正建設業法/入契法が成立 建設業の担い手確保へ、賃金引き上げやICT活用強化
建設業法と公共工事入札契約適正化法(入契法)の改正案が、参議院本会議で可決、成立した。人手不足が深刻化する建設業での担い手確保を目的に、賃金引上げなど労働者の処遇改善を図るため、適正な労務費の確保やICT活用による生産性向上を進める。法改正により、2024〜2029年度に全産業を上回る賃金上昇率の達成と、2029年度までに技能者/技術者の週休2日を原則100%達成することを目指す。(2024/6/10)

第24回「洋上風力促進ワーキンググループ(WG)」:
洋上風力入札の“第2ラウンド”、公募結果の分析と各事業のポイント
再エネ海域利用法に基づく洋上風力発電事業の入札について、いわゆる“第2ラウンド”の結果がすべて出揃った。第24回「洋上風力促進ワーキンググループ(WG)」では、公募結果のポイントとともに、各選定事業者へのヒヤリングが行われた。(2024/5/13)

「スーファミ試作機」とされるヤフオク出品、注目集め億超えも……入札0で終了
(2024/5/9)

手動では実現が難しい最適化を容易に実現:
広告運用自動化ツール「Shirofune」がAmazon Adsに対応
ShirofuneがAmazon Adsの運用自動化機能をリリース。予算管理・入札最適化と成果分析、レポート作成をShirofuneで自動化し、手動では実現が難しいレベルの最適化を実現した。(2024/5/8)

産業動向:
週休2日工事など「入札適正化」の状況を地図で表示、国交省がポータルサイト開設
国土交通省は、地方公共団体の入札契約適正化に向けた取り組み状況を網羅するポータルサイト「入契適正化マップ」を開設した。(2024/4/26)

太陽光:
2024年度以降の太陽光FIT/FIP価格を総まとめ、事業者が注意すべきポイントは?
FIT調達価格・FIP基準価格ともに、2024年度から実施される発電側課金への対応措置や、入札対象の拡大など留意点は少なくない。太陽光発電を中心に、そのポイントを整理する。(2024/4/3)

太陽光:
0円で落札の案件も登場、第19回の太陽光発電のFIT/FIP入札
電力広域的運営推進機関(OCCTO)は2024年3月8日、再エネ特措法に基づく太陽光の第19回入札の結果を発表した。(2024/3/15)

産業動向:
市区町村の公共工事、週休2日制はいまだ2割 国交省が23年度の入札適正化状況を公表
国土交通省と総務省は、公共工事における入札契約適正化の取り組み状況を公表した。週休2日制工事を導入する団体は増加傾向にあるが、市区町村では、工期設定の際に休日を考慮している団体は約6割、週休2日または週休2日交替制のいずれかを実施する団体は2割程度にとどまるなど、取り組みに遅れが見られた。(2023/12/28)

自然エネルギー:
洋上風力の入札結果が公表、賦課金なしの価格「3円」が実現可能に
経済産業省と国土交通省が再生可能エネルギー海域利用法の入札に基づく、国内3海域での洋上風力発電プロジェクトについて選定事業者を公表した。(2023/12/15)

ボロボロでサビだらけのR32 GT-Rがオークションに スクラップ同然でも220万円の入札が!?
こんな状態でも値が付くんだ……。(2023/12/4)

ドローン:
フォトグラメトリとLiDARで高精度な3D点群をスマホで生成 「Pix4Dシリーズ」がNETIS登録で工事成績の加点に
Pix4Dの地上写真測量ソリューション「PIX4Dシリーズ」がNETISに登録され、新たに工事成績評定の加点や総合評価方式の入札の際の評価対象となった。(2023/10/16)

ヤフオク!で約2時間システム障害が発生 「入札できない」「安値で落札された」利用者から悲鳴
3日22時ごろから4日0時10分ごろまでシステム障害が発生。(2023/9/4)

「ヤフオク!」でシステム障害、入札や落札後の支払いなどができず【追記あり】
ヤフーのオークションサービス「ヤフオク!」で、9月3日の午後10時ごろからシステム障害が発生している。同サービスのお知らせページには「現在ヤフオク!がアクセスしづらい状況となっております」との案内が掲載されている。(2023/9/3)

太陽光:
太陽光のFIT/FIP入札制度、最低落札価格は「8円台」に突入
電力広域的運営推進機関が、FITおよびFIP制度に基づく太陽光発電の第17回入札(令和5年度第2回)の結果を公表。最低落札価格はついに8円台に突入した。(2023/8/29)

Supply Chain Dive:
Amazonの新たな容量管理システムで販売事業者はより多くの在庫スペースの確保が可能に
Amazonの新たな容量管理システムでは、販売事業者が入札形式で在庫容量を確保できる。大規模な在庫スペースが必要な事業者にとって有益な仕組みになるか。(2023/2/28)

脱炭素:
東芝、電力市場取引の時間前市場で最適な入札タイミングと量を算出するAI開発
東芝は、電力市場取引の時間前市場において、最適な入札タイミングと入札量を算出する「時間前市場取引AI」を開発した。入札実行時点の最新の発電量や価格の予測、過去の取引の結果から最適な入札タイミングと入札量を算出する。(2023/1/27)

太陽光:
事業用太陽光発電のFIT/FIP入札、2023年度の変更点とスケジュール総まとめ
FIT/FIP制度の対象となる事業用太陽光発電について、2023年度の入札等のスケジュール・概要が公開された。インボイス制度や託送料金発電側課金の取り扱いなど、2023年度から新たに始まる制度への対応方針も押さえておきたいポイントだ。(2023/1/25)

エネルギー管理:
入札が活発化しない需給調整市場 その原因と抜本的な対策とは?
再エネの導入拡大などに伴い、電力系統の安定化に向け重要性が増している「調整力」。一般送配電事業者がその調達を効率的に行うために開設された需給調整市場だが、入札不足が続いている。この状況を受け、政府では抜本的な対策の検討を開始した。(2022/12/20)

エネルギー管理:
2023年度に始まる「長期脱炭素電源オークション」、初回募集は400万kWに
脱炭素電源への新規投資の促進を目的に2023年度から始まる「長期脱炭素電源オークション」。その内容を検討する作業部会で、初回の募集容量や具体的な入札に関するルールの詳細が明らかになった。(2022/12/8)

エネルギー管理:
特有ルールが満載の「長期脱炭素電源オークション」、入札ルールの詳細は?
電力供給力の確保と脱炭素電源への新規投資促進を目的とした「長期脱炭素電源オークション」。2023年度のスタートに向けて、入札価格に対する規律や電源ごとの価格上限など、制度の詳細が明らかになってきた。(2022/11/9)

自然エネルギー:
洋上風力をめぐる入札制度の見直し、「迅速性評価」や“総取り防止”の仕組みを導入
国内における洋上風力発電の実施事業者を決める入札制度。2021年のいわゆる「第1ラウンド公募」の結果などを受け、その制度の見直しが進んでいる。政府では今後、入札を延期している3海域での入札について、事業の迅速性評価などの仕組みを導入した新たな公募占用指針の策定を行う計画だ。その方向性を解説する。(2022/11/7)

法制度・規制:
長期脱炭素電源オークションの詳細設計――求められる脱炭素化ロードマップ
2023年度に始まる脱炭素電源への新規投資の促進を目的とした「長期脱炭素電源オークション」。初回入札に向けて、制度の詳細の検討が進んでいる。(2022/10/20)

広島県教育委員会のPC購入で談合 NTT西、大塚商会、Dynabookなど11社が関与
広島県教育委員会と広島市における教育用PCの発注で、入札に参加した事業者による談合があったことが分かった。公正取引委員会が排除措置命令、課徴金納付命令を出した。(2022/10/7)

冬の電力需給、予備率3%以上を確保できる見通しに “kW公募”が奏功
この冬の電力需給は予備率3%以上を全国的に確保できる見通しとなった。追加供給力を入札形式で募集する“kW公募”が功を奏した。(2022/9/20)

朝倉未来vs.フロイド・メイウェザーの超RIZIN、NFTデジタルチケットを発売 榊原CEOに狙いを聞いた
9月25日の日曜日にさいたまスーパーアリーナで開催する「フロイド・メイウェザー vs. 朝倉未来」の世紀の一戦。大会のNFT(非代替性トークン)デジタルチケットのオークション入札が始まった。(2022/9/9)

実際にカースタントで使用 「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」のために用意されたアストンマーティン「DB5」がオークションに
入札は150万ポンド(約2億4000万円)からです。(2022/8/4)

一体いくらで落札されるのか 大谷翔平、MLBオークションで球宴ユニフォームに入札相次ぐ 昨年は約1430万円で落札
去年はスゴすぎた。(2022/7/21)

太陽光:
初のFIP入札は募集容量に届かず、最低落札価格は9.85円/kWhに
電力広域的運営推進機関は2022年6月17日、太陽光発電の第12回入札(2022年度第1回)の結果を公表した。今回から1MW以上の案件はFIP、250kW以上1MW未満はFITの対象となり、FIPは初めての入札となる。(2022/6/22)

はじめしゃちょー、愛用トレーニング器具一式「1円」で出品 スタートから800件の入札で現在30万円超える
いたずら目的の入札もあったため出品し直したとのこと。(2022/6/21)

入札は1億8000万から 「皇帝」シューマッハが使用したF1マシンが海外オークションに登場
保存状態は極めて良く、オリジナルのパワーユニットが使える模様です。(2022/6/14)

法制度・規制:
発電所に対する長期収入の確保へ、20年の固定報酬を入札で決める新制度
電力需給の安定化につながる供給力の確保と脱炭素化の両立に向けて、電源(発電所)への新規投資や改修を促す新たな報酬制度の創設が検討されている。容量市場とは異なり、一度の入札で20年間にわたる長期の固定収入を決められる仕組みとなる見通しだ。(2022/6/8)

NHSの医療DXガイドライン【中編】
「医療DXの意欲があっても予算がない」問題を解決する「WPfW」とは?
英国では医療機関のIT化に向けた資金調達プロセスが複雑で、入札手順や財源が不明瞭なことがDXの阻害要因となっていた。改善に向けて英国NHSが公開した提言書「Who pays for what」(WPfW)とは、どのようなものか。(2022/6/6)

法制度・規制:
三菱商事系が「圧勝」の洋上風力第1ラウンド、今後の入札は評価ルールを変更へ
三菱商事系のコンソーシアムが全ての公募海域の事業者に選定され、大きな注目を集めた洋上風力発電の第1回入札。現在、事業者の選定方法に関する見直しが進行中だ。本稿では現在検討されている新たな選定・評価方法の動向について解説する。(2022/6/3)

法制度・規制:
見直しが必須の「容量市場」、現状の課題と新たな制度設計の方針は
将来の電力供給力確保を目的に導入された「容量市場」。既に2020年に第1回の入札が行われたが、足元の電力市場環境の変化を受けて、制度設計の見直しが進められている。2022年4月25日に開催された第64回「制度検討作業部会」で議論された、容量市場の今後に関する検討内容を紹介する。(2022/5/11)

任天堂、新たな研究開発施設を本社隣に建設 約1万平方メートルの市有地を50億円で取得
任天堂は、本社に隣接する市有地を新たに取得した。市有地の敷地面積は計1万28.55平方メートルで、入札額は50億円。研究開発機能の強化を目的とした「任天堂 本社第二開発棟(仮称)」を建てるという。竣工(しゅんこう)は2027年12月を予定。(2022/4/12)

太陽光:
太陽光のFIT入札は最低価格が8円台に、加重平均でも9円台に到達
低炭素促進機構は2022年3月4日、再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)にもとづく太陽光発電の第11回入札の結果を公表。最低落札価格は8.99円/kWhで初の8円台を記録した。(2022/3/8)

太陽光:
2022年度の太陽光入札はついに9円台に突入、住宅用は17円/kWh
経済産業省は2022年2月4日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)と2022年度からスタートするFIP制度における、2022年度の太陽光発電の入札の上限価格や、2023年度の入札外のFIT価格の方針を公表した。(2022/2/8)

太陽光:
2022年度の太陽光発電の入札は「250kW以上」に、募集容量も区分けを設定
経済産業省が2022年度におけるFITおよびFIP制度に基づく太陽光発電の入札制度などの詳細を検討。2022年度の太陽光発電の入札制度の対象は、2021年度と同様に250kW以上を対象にする方針だ。(2022/1/25)

CIO Dive:
要件を満たすのはたった2社? ペンタゴンの大規模クラウド契約から見るIaaS市場の勢力事情
米国防総省のマルチクラウドベンダー契約「JWCC」の入札に複数のクラウドサービスプロバイダーが指名された。ただし同省が定めた全ての要件を満たすのはたった2社だけだという。(2022/1/6)

自然エネルギー:
FIT価格は驚きの11.99円/kWh、3海域での着床式洋上風力の入札結果が明らかに
国内3海域における着床式洋上風力発電プロジェクトの事業者が決定。すべて三菱商事と中部電力系のコンソーシアムが落札し、最も安い地域のFIT価格は11.99円/kWhだった。2030〜2035年までに8〜9円/kWhとなっている洋上風力のコスト目標の達成に、現実味を持たせる結果となった。(2022/1/5)

追加パーツだけで約2000万円!? スーパーカー「パガーニ・ウアイラ」カスタムモデルが競売に すでに2億円を超える入札
オプションだけでスーパーカーが買えちゃう……。(2021/12/16)

太陽光:
太陽光の第10回入札は落札数が激減、最低価格は10.23円/kWhに
低炭素投資促進機構が再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく、太陽光発電の第10回入札の結果を公表。(2021/12/3)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(前):
あるお役所がCOBOLで書かれた古いパッケージソフトを使い続けている理由
マイナポータルの不具合、1円入札、COCOAのゴタゴタ──失敗の宝庫ともいえる政府ITの失敗と改善の歴史から、ベンダーマネジメントの勘所を学ぼう。(2021/11/18)

不動産テック:
全国6000社が参加する不動産仲介オークション・サービス「ステップオークション」を本格導入、住友不動産販売
住友不動産販売は、全国6000社以上の登録宅建業者が一斉に参加する不動産仲介のオークションサービスを開始した。不動産の売却で、これまで煩雑だった複数宅建業者との条件交渉が専用システムにより、入札方式で一元化されるため、ワンストップでの売買契約が行えるようになる。(2021/11/11)

自然エネルギー:
初となる陸上風力のFIT入札、最低落札価格は14円台に
低炭素投資促進機構は2021年11月5日、再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)の買取価格を決める陸上風力発電の第1回入札の結果を発表した。32件が落札されれ、加重平均落札価格は16.16円/kWhだった。(2021/11/9)

政府統一Webサイト、暫定版を12月までに公開 製作事業者決定
中央省庁の情報を集約した「政府統一Webサイト」の構築に向けた実証事業の競争入札が行れ、事業者がANNAIに決まった。12月末までにサイトデザインや基盤作りのルールを整備し、暫定版サイトを公開する。(2021/8/27)

ヤフオク!、“いたずら入札”対策に本人確認を検討 ID再取得に対するブラックリスト整備も実施予定
ヤフーが、「ヤフオク!」の“いたずら入札”対策に、すでに一部で導入している本人確認による審査について適用範囲の拡大を検討している。IDを再取得して違反行為を繰り返すユーザーをはじくため、ブラックリストの整備も強化するという。(2021/7/8)

たまたま「Among Us」っぽい形だったマックナゲットが「436万円」以上で落札されそう まさかの事態に公式も困惑
記事公開時点の入札価格は3万9877ドル(約436万円)。(2021/6/2)

半世紀前に作られた希少なクルマ いすゞ「エルフ」の郵便車がオークションに出品 すでに20件以上の入札
エンジン不動、汚れやサビが目立つものの、注目を集めています。(2021/5/21)

ヤフオク!が「値下げ交渉」機能を終了 7月1日に
ヤフーが「ヤフオク!」で、入札希望者が出品者に値引きを提案できる機能を終了すると発表。(2021/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.