• 関連の記事

「ビットコイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットコイン」に関する情報が集まったページです。

ビットコイン、10%を超える暴落 エルサルバドル法定通貨化を受け
ビットコインは9月7日未明、一時15%を超えて大きく下落した。8日8時過ぎにはある程度持ち直し、価格は517万円程度で推移している。9月7日に実施された、エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化が背景にあると見られる。(2021/9/8)

スプレッドシートを用いた属人的なテスト管理から脱却:
PR:リスクベースの「テスト」で金融業界最高レベルの品質保証を目指すbitFlyer
ソフトウェアやサービスのテストケースやテスト結果の管理にスプレッドシートを用いることがある。だが、このような管理ではテスターによる属人性を排除することが難しく、開発規模が拡大するにつれ、情報がうまく管理できなくなっていく。スプレッドシートによる運用を止め、テスト管理ツールを導入した企業の事例を紹介する。(2021/9/8)

ミクシィ、ビットバンクに70億円出資 ゲームと仮想通貨を組み合わせた新事業狙う
ミクシィは9月2日、仮想通貨取引所のビットバンクに約70億円を出資すると発表した。増資引き受けは9月30日を予定している。両社は業務提携を結び、仮想通貨とコンテンツの組み合わせで新事業を創出していく。(2021/9/2)

古田雄介の週末アキバ速報:
Radeon RX 6600 XTだけのピンポイント枯渇が続く
8月12日に登場したミドルレンジGPU「Radeon RX 6600 XT」を搭載したグラフィックスカードの在庫が一段と薄くなっている。静かながら、年末まで尾を引きそうな流れがあるという。(2021/8/28)

堀江貴文が説く「経営者は非常識であれ」:
ホリエモンが斬る「ビットコインで大損した人たちを笑えない事情」
「日本の義務教育で行われている教育の大半は、意味がない」と語るホリエモン。「ビットコインで大損した例は、笑い話ではない」と話す。(2021/8/28)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(後編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
インタビュー後編はメタバースとブロックチェーンを組み合わせた時に生まれる可能性について。(2021/8/26)

暗号資産取引所「Coinbase」日本参入 信頼性訴求でユーザー獲得狙う
暗号資産事業を手掛ける米Coinbaseの日本法人が、暗号資産取引所「Coinbase」のサービスを日本でも始めた。サービス開始時点で取り扱う暗号資産はビットコインなど5種類。銘柄は随時拡充する。(2021/8/19)

コインベース日本上陸 世界最大規模の仮想通貨取引所
世界最大規模の仮想通貨取引所、米コインベースが国内で8月19日に事業を開始した。三菱UFJ銀行をパートナーとし、同行の口座から入出金を可能とする。(2021/8/19)

Perfume、NFTアート第2弾をオークション出品 第1弾は約300万円で落札
音楽ユニット「Perfume」が、メンバーの振り付けを3Dデータ化したNFTアートの第2弾をNFTアート専用のオークションサイトに出品する。開始価格は100MATIC(約1万6200円)。(2021/8/16)

メッシ、契約金の一部を暗号資産で受け取り 移籍先の仏サッカークラブが発表
アルゼンチン代表リオネル・メッシ選手が加入した、フランスのサッカークラブ「パリ・サンジェルマン」(PSG)が、同選手に支払う契約金の一部に暗号資産を活用すると発表。発行額は非公表。サッカー界ではPSG以外にも暗号資産の活用が相次いでいる。(2021/8/13)

中国の暗号資産マイニング業者に壊滅の危機 当局が禁止令
暗号資産の代表格である「ビットコイン」の運営に、大きな地殻変動が起きている。必要なコンピューター処理を行い、新たな仮想通貨を生み出すマイニングという作業を中国の習近平政権が全面禁止したためだ。背景には世界的な普及を狙うデジタル人民元との競合を避けたい思惑がある。(2021/8/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コインチェック超える“680億円”の仮想通貨盗難、クラッカーが286億円返金したワケ
仮想通貨のクロスチェーンプラットフォームである、Poly Networkが日本円にして約680億円にものぼる仮想通貨の盗難被害を受けた。680億円という金額は2018年にコインチェックが盗難を受けた580億円を100億円上回る水準で、仮想通貨の盗難事件としては史上最大額を大幅に更新した形となる。(2021/8/13)

ビットコイン500万円回復 1週間で20%上昇
仮想通貨ビットコインが8月9日に500万円を回復した。3カ月ぶりの高値だ。11日時点でも価格を維持している。この一週間で約20%の上昇を見せた。(2021/8/11)

Go AbekawaのGo Global!〜David_Schwartz編(後):
暗号資産の将来は「トップダウン」か「ボトムアップ」か
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続きRippleのCTO、David Schwartz(デビッド・シュワルツ)氏にお話を伺う。暗号資産業界で先陣を切るRippleにおいて同氏が最も重視するのは「エンジニアへの敬意」だった。(2021/8/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コインチェック、収益で東証に迫る “580億円事件”から完全復活した理由
コインチェックが今、マネックスグループにおける「金の卵」となりつつある。日本取引所グループの四半期利益は125億円で、クリプトアセット事業の89億9600万円と比較するとほとんど両者に差は存在しない。収益性の観点からいえば、コインチェックは日本取引所グループとほぼ遜色のない規模にまで成長している。(2021/8/6)

留学、移住費用を仮想通貨で支払いできるサービス開始 アエルワールド
海外生活の支援などを行うアエルワールド(東京都新宿区)は、親子留学および海外移住のサポート事業において、各種サービスの支払い手段として暗号資産(仮想通貨)を追加したと発表した。(2021/8/4)

Square、143%増収 Cash Appのビットコイン収益は200%増
ジャック・ドーシー氏率いるモバイル決済企業Squareの4〜6月期決算は、売上高は143%増の46億8000万ドル、純利益は2億400万ドル(前年同期は赤字)。送金アプリ「Cash App」が好調だった。(2021/8/2)

Tesla、ビットコインで2400万ドル損失も過去最高の増収増益 納車数は20万台超
Teslaの4〜6月期決算は、売上高は前年同期比98%増、純利益は約11倍と好調だった。納車数は約2.2倍の20万1304台。保有するビットコインの価値下落で2400万ドルの損失を計上した。(2021/7/27)

ビットコイン急騰、420万円に アマゾンやツイッターが導入のニュース
4月に700万円を超え天井を付けた後、下落基調が続いていたビットコインが7月26日、急騰し420万円を超えた。前日比で約10%の上昇となった。(2021/7/26)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:「FXこえー!」と思ってるマシーナリーとも子が『FX戦士くるみちゃん』を読んだら「FXマジこえー!」となりました
私はやっぱりつみたてNISAでいいや。(2021/7/21)

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

マレーシア警察、ロードローラーで1069台のコンピュータを踏み潰す 押収したビットコイン採掘マシンの処分風景を公開
敷地に並べられたPCを無慈悲に潰していくロードローラー。(2021/7/18)

”質の高い”ランサムウェアが大企業を襲う マカフィーが2021年第1四半期の脅威動向と今後の予測を発表
マカフィーは、2021年第1四半期の脅威動向を発表した。「二重の脅迫」や「RaaS」などランサムウェアがますます高度化する中、企業はどのような対策を講じればいいのだろうか。過去のトレンドを振り返り対策につなげていく。(2021/7/14)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」のまさかの被害者 バックアップ企業が負った痛手とは?
システムを保護することを専門とするベンダーも、サイバー攻撃の被害に遭うことがある。バックアップ用ストレージベンダーのExaGridがランサムウェアに感染し、260万ドルの身代金を支払った。(2021/7/8)

徳丸 浩氏に聞く「サイバー局」創設の意義とは 国内セキュリティ事情から考える
中国やロシアといった国家を後ろ盾に、ボーダーレスなサイバー攻撃が盛んになってきている今、これらの攻撃に対抗するため警察庁は2022年度に「サイバー局」を新設する構想を明らかにした。その意義とはどのようなものか。Webセキュリティ専門家の徳丸氏に聞いてみた。(2021/8/6)

Kaseya攻撃のREvil、Moneroとは別にビットコインでも78億円請求か
Kaseyaにランサムウェア攻撃を仕掛けたとみられるREvilがダークウェブブログで、影響を受けたシステムは100万以上あると宣言。ビットコインで7000万ドル(約78億円)支払えばすべてを復号するマスターキーを提供すると告知した。(2021/7/6)

クライアント管理サービスのKaseyaに大規模ランサムウェア攻撃 またREvilの可能性
クライアント管理サービスを手掛けるKaseyaは米独立記念日前の金曜午後、大規模なランサムウェア攻撃を受けたと発表した。オンプレミス版で約40の顧客が犠牲になり、全顧客にサービスの停止を呼び掛けている。セキュリティ企業はロシアのハッカー集団REvilが関わっている可能性を指摘した。(2021/7/4)

解消のメドが立たない:
暗号通貨のマイニングも半導体不足の一因
機器メーカー各社はパンデミックのさなかに、半導体チップが不足するという問題に直面しながらも、「やがて全てが落ち着けば回復するだろう」と楽観視していた。しかし、材料不足が原因でサプライヤーからの出荷が低迷したために、何とか製品を市場に投入すべく、自社の古い在庫を消費した。だが今になっても、新たに半導体チップが追加される兆しは見えない。(2021/6/16)

Stack Overflowが開発者を対象に調査:
「ブロックチェーン技術は革新的」とする開発者が多数派に
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」が、ブロックチェーン技術に関するソフトウェア開発者の認識や使用経験などを調査した結果を発表した。回答者の6割強が同技術を誇大宣伝ではなく革新的だと捉えていたが、実際に開発経験がある技術者は4分の1弱とまだ少なかった。(2021/6/14)

古田雄介の週末アキバ速報:
グラフィックスカードの棚が埋まってきた! HDDとSSDはどうだ?
PCパーツショップのグラフィックスカード売り場が、久方ぶりに商品で埋め尽くされるようになった。GeForce RTX 3080もRTX 3070Tiも複数の在庫が見つかる。ただし、「まだ楽観は禁物」との声も多い。(2021/6/12)

Perfume、初のNFTアート販売 メンバーの振り付けを3Dデータ化
音楽ユニットの「Perfume」は6月11日、メンバーの振り付けを3Dデータ化したデジタルアートのNFT(ノンファジブルトークン)を、NFTアートのオークションサイトに出品した。開始価格は100MATIC(約1万4700円)。(2021/6/11)

ビットコインを法定通貨に採用 エルサルバドル、世界初
中米エルサルバドルの国会は8日、ビットコインを法定通貨として採用する法案を賛成多数で可決した。ビットコインが法定通貨として採用されるのは世界で初めて。90日後に法制化され、企業の商品やサービスへの支払い、納税に利用できるようになる。(2021/6/11)

ランサムウェア攻撃を受けたJBS、約12億円の身代金をビットコインで支払い
食肉加工メーカーJBS USAは、ランサムウェア攻撃の身代金1100万ドル相当を支払ったと発表した。支払いはビットコインで行われたと報じられている。調査は続いているが、情報流出はなかったとしている。(2021/6/10)

ビットコイン急騰、中米エルサルバドルで法定通貨に 世界初
中米エルサルバドル議会は6月9日に、仮想通貨のビットコインを法定通貨とする法案を可決した。仮想通貨が法定通貨となるのは世界初だ。90日後に法制化される。(2021/6/10)

TechTarget発 世界のITニュース
米防衛関連企業がランサムウェア「Conti」に感染 身代金の要求額は?
ランサムウェア「Conti」に米国の防衛関連企業BlueForceが感染した。BlueForceとの交渉の中で、攻撃者は身代金をいくら要求したのか。(2021/6/9)

40%暴落のビットコイン ユーザーの反応は? GMOコイン石村社長に聞く
GMOコインは、21年5月31日に4周年を迎えた。その間、17年から18年初頭に起きた仮想通貨バブル、さらに21年の価格急騰と5月に入っての急落と、市場の大きな変化を経験してきている。この4年間で、仮想通貨(暗号資産)を取り巻く状況はどう変わったのか。GMOコインの石村富隆社長に聞いた。(2021/6/9)

Darksideに支払われたビットコインの身代金230万ドル相当をDoJが奪還
石油移送パイプライン大手のColonialがランサムウェア攻撃の身代金として支払ったビットコインの一部を、米司法省が追跡に成功し、押収したと発表した。FBIは「不正な資金を隠蔽することはできない」と語った。(2021/6/8)

Square、再生可能マイニング施設建設に500万ドル出資
ビットコイン支持で知られるジャック・ドーシー氏経営の決済プラットフォームSquareが、再生可能エネルギーによるマイニング施設建設に500万ドル(約5億5000万円)を出資する。ドーシー氏はまた「ビットコイン用のハードウェアウォレットの提供を検討している」とツイートした。(2021/6/7)

NFTアートの価値とは? 知られざる3つのメリット
最近巷でNFTアートが人気を集めています。NFTアートとは何なのか(あるいはそもそもNFTとは何なのか)、この人気の理由は何なのか、今後どのようなことが起こりうるのか見ていきたいと思います。(2021/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
GeForceの供給は? なぜハッシュレート制限を導入した?――NVIDIAのジェンスン・ファンCEOが答える
COMPUTEX TAIPEI 2021の開催に合わせて、NVIDIAのジェンスン・ファンCEOが報道関係者とのオンラインインタビューに応じた。話は非常に多岐に渡ったが、この記事ではコンシューマー向け製品であるGeForceに関する話に絞り、その模様をお伝えする。(2021/6/3)

「Apple Pay」と「Google Pay」で仮想通貨利用可能に Coinbase Cardが対応
ConbaseのVISAデビットカード「Coinbase Card」が「Apple Pay」と「Google Pay」に対応した。アプリに登録し、普通のデビットカード同様に買い物に利用できる。例えばビットコインなら1%の還元も受けられる。(2021/6/2)

古田雄介の週末アキバ速報:
今週のパーツ枯渇状況 グラフィックスカードはやや回復 大容量HDDは厳しいまま
ビットコインの急落や複数国のマイニング規制の動きは、わずかながらPCパーツショップにも変化をもたらしている。しかし、「相変わらず」とのコメントが聞かれるのも事実だ。(2021/5/29)

古田雄介の週末アキバ速報:
「ビットコイン急落? 関係ないよ」――グラフィックスカードもHDDも品薄警報拡大中
ビットコインが急落しても、グラフィックスカードや大容量HDDの動向に影響はまだない様子だ。これまで通りに、じわじわと品薄となる対象が広がっている。(2021/5/22)

SBI証券、税率20%でレバレッジなしのビットコインデリバティブ 満期は3年
SBI証券は5月24日から、仮想通貨に投資できる新商品「ビットコイン先物インデックストラッカー」「イーサリアム先物インデックストラッカー」の提供を始める。レバレッジなしで、ビットコインやイーサリアムに投資でき、満期までの3年間にわたり中長期投資が可能。金商法上の有価証券にあたり、仮想通貨現物とは違い20.315%の分離課税となっている。(2021/5/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
仮想通貨を大暴落に導いた“ESG”とは何者なのか
あのイーロン・マスク氏も太鼓判を押していたビットコインが、今大暴落している。この暴落相場の背景には、中国による規制や、納税のための換金売りのタイミングが重なった点ももちろんあるが、やはり最大の要因はESG懸念に基づくマスク氏の「心変わり」にあると見られている。(2021/5/21)

GMOコイン、ポルカドット新規上場 時価総額8位の仮想通貨
仮想通貨取引所のGMOコインは5月19日、新規の仮想通貨としてポルカドット(DOT)の取り扱いを開始した。国内取引所としては初めての上場となる。(2021/5/20)

ビットコイン暴落、一時400万円割れ アルトコインは1日で30%下落
仮想通貨ビットコインの価格が暴落している。直近24時間で約10%下落し、現在400万円前後。一時400万円を割っていた。5月19日に、中国が国内の金融機関に対して仮想通貨関連サービスを禁止する方針を示したと報じられたことで、価格が急落した。(2021/5/20)

5月18日は「SQLインジェクション」「モリサワ」が話題に 今日のトレンドをサクッとおさらい
Twitterで話題になったIT関連ワードを「Yahoo!リアルタイム検索」を基にピックアップ。それぞれのワードが話題になった背景を3行でおさらいする。5月18日は、「SQLインジェクション」「モリサワ」が話題になった。(2021/5/18)

TechTarget発 世界のITニュース
Exchange Serverを狙うランサムウェア「Black Kingdom」 その危険性は?
ランサムウェアとスケアウェアの要素を併せ持つ「Black Kingdom」による「Exchange Server」への攻撃が検出された。攻撃の手口と、危険性は。(2021/5/14)

ほぼ日刊ITトレンドワード:
5月13日は「ビットコイン」「チケットぴあ」が話題に 今日のトレンドをサクッとおさらい
Twitterで話題になったIT関連ワードを「Yahoo!リアルタイム検索」を基にピックアップ。それぞれのワードが話題になった背景を3行でおさらいする。5月13日は、「ビットコイン」「チケットぴあ」などが話題になった。(2021/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.