• 関連の記事

「上司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上司」に関する情報が集まったページです。

テレワークで分かり合えない企業と社員【前編】
「テレワーク」をやめたい上司の本音 「部下がちゃんと働かない」
テレワークはもはや“普通の働き方”になりつつある。一方で企業の意思決定層は、テレワークを必ずしも快く思っていない可能性があるという。何を懸念しているのか。調査結果から探る。(2021/10/9)

「朝起きたら猫になってたので会社休みます」の連絡に使えそう 洗面所に立つ猫の哀愁漂う背中が面白かわいい
ノッてくれる上司求む!(2021/10/1)

人見知りで口下手な上司のじれったいアプローチにときめく インスタで人気の漫画『このままじゃフラれる不器用上司』書籍化
じれったさにキュンとするオフィスラブ。(2021/9/30)

「一緒に働きたい上司」で選べる転職サイト登場 “上司ガチャ”のリスク回避
人材事業を手掛けるRight Brothersが、一緒に働きたい上司を選び、採用を直接交渉できる転職サイトをオープンした。求職者と上司になるかもしれない人が直接やりとりできるようにし、入社後に人間関係が悪化する可能性を減らすという。(2021/8/26)

業界初、上司を選べる転職サイト「DEFASTA」ローンチ 「どこで働くか」よりも「誰と働くか」
 Right Brothers(東京都中央区)は8月25日、上司を選べる転職サイト「DEFASTA」(デファスタ)をローンチした。求職者が配属予定部署や上司を選び、転職活動ができる人材業界初の転職プラットフォームとなる。(2021/8/26)

なぜ、あなたの部下は報連相しないのか:
「報連相は部下からすべし」と考える上司が大間違いなワケ
ビジネスの基本である「報連相」。上司の中には、「部下が報連相をしてこない」と悩む人も多いのでは。その根幹にあるのは、「報連相は部下がやるべきこと」という勘違いだと筆者は指摘する。(2021/8/26)

CEDEC 2021:
ゲーム業界の“男性育休”、上司は98%が肯定 マネジャー層に課題も セガやスクエニなど4社が調査
ゲーム業界は男性の育児休暇に理解があるが課題もある──セガやスクウェア・エニックスなど4社がこんな調査結果を明らかにした。育休を取得した人に「育休を申請したときの上司の反応」を聞いたところ、98%以上が肯定的な返答をした一方、マネジャー層の育休取得率が低い現状も明らかになったという。(2021/8/25)

ドラッカーが教える「上司から評価される仕事術」:
第3回 ドラッカー「上司の務めは部下を守ること、部下の務めは上司を守ること」
マネジメントは上司が部下に行うものではなく、上司と部下がお互いのために、力を合わせて行うものである。今回は上司を不意打ちから守る部下の仕事について。(2021/8/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
できる上司はやっている――行動改善コーチングと部下ノートで1歩踏み込んだ部下指導を
リモートワークで部下の指導がうまくいかないのではなく、もともとうまくいっていなかったのである。対面でもテレワークでも使える部下の指導方法を学ぶ。(2021/8/17)

【お仕事楽しい】上司の強さバトルで敗れ「カードバトルに負けた小学生」の気持ちを知る
上司ガチャ、超重要。(2021/8/12)

ドラッカーが教える「上司から評価される仕事術」:
第2回 ドラッカー「上司の仕事は部下がやりやすくすること、部下の仕事は上司がやりやすくすること」
マネジメントは、上司が部下を思うままに操る術ではない。マネジメントは上司と部下が力を合わせて取り組むものである。(2021/8/11)

こうしてくれたらいいのに:
「なぜこうしてくれないのか」 上司や部下に“モヤモヤ”している人は75.6%
上司または部下に対して、「こうしてくれたらいいのに」「なぜこうしてくれないのか」といった“モヤモヤ”を感じている人は、どのくらいいるのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いた。(2021/8/8)

水曜インタビュー劇場(澤円公演):
「オレが若いころは」「マネジメント=管理」と思っている上司が、ダメダメな理由
「オレが若いころは……」「マネジメントとは管理することだ」といったことを言う上司がいるが、こうした人たちは本当にマネジメントができているのだろうか。日本マイクロソフトで業務執行役員を務めた澤円氏は「そうしたマネージャーは、その職を降りたほうがいい」という。なぜかというと……。(2021/8/4)

部屋を映せ:
「リモハラ」に悩むのは部下よりも上司? リモハラだと思う言動内容は
通信インフラサービスのALL CONNECTは、全国20〜50代の男女を対象に「リモートハラスメント」に関する調査を実施。上司の40.7%は「リモハラ対策で何をすればよいか分からない」と悩んでいることが分かった。(2021/7/28)

人事側のポイントも解説:
ビフォーアフターで見る、「目標管理」1on1の失敗例「課題を丸投げしてしまう上司」編
多くの企業が取り組む「目標管理」制度だが、なかなかうまくいかないケースも多い。その理由は、マネジャーと部下の間の温度感の違いにも起因する。では、どうすればいいのか。実際にあった1on1を基に振り返る。(2021/7/28)

テレワーク中にハラスメントと感じる上司の言動TOP10 2位は「部屋全体を映して」 1位は?
テレワーク中、部下は上司のどんな言動をハラスメントだと感じるか──ALL CONNECTがこんなランキングを発表した。2位は「部屋全体を映すよう求める」、3位は「体形を話題にする」だった。(2021/7/27)

SNSでプラモ転売容認のホビー雑誌編集者、退職処分に 上司3人も降格 ホビージャパンが発表
自身のTwitterアカウントでプラモデルなどの買い占めや転売を容認する発言を行ったとして、ホビージャパンが雑誌「月刊ホビージャパン」の編集者を退職処分にしたと発表した。常務取締役など、監督者3人を降格させたことも明らかにした。(2021/7/26)

コワモテで厳しいけど面倒見がめちゃくちゃいい……? どこか憎めない上司と働くエッセイ漫画が味わい深い
実は優しい。(2021/7/25)

筆者の思わぬ「失敗」とは?:
生産性が落ちたので、海辺のホテルでワーケーションをしてみた
なんだか最近、生産性が下がった気がする──そう思った筆者は、上司に相談して1週間のワーケーションを行ってみた。(2021/7/21)

最長2年、勉学のために休職できる 社員の学び直しを支援する、ヤフーの人事制度
社会人が高等教育機関で学ぶ1つの足かせになっているのは、学びというものに対する会社、特に現場の上司らの無理解である。会社として全面的に社員の学びを支援しているのが、ヤフーだ。(2021/7/15)

ドラッカーが教える「上司から評価される仕事術」:
第1回 ドラッカー「会社は上司の評価が9割」
マネジメントというと、上司という立場に立った物言いがほとんどだが、今回の連載では、「部下は上司をどうマネジメントすればいいのか」、という視点で話をしたい。(2021/7/14)

「お前の代わりなんていくらでもいるんだよ!」 上司の暴言すらポジティブに受け止める自信家の漫画がすがすがしい
替えの利く人間なんて、案外いないもんですしね。(2021/7/5)

【その視点はなかった】「人の話をよく聞こう」という先生に「パワハラ上司の話も?」と反論したら納得の答えが返ってきた
よく考えたら「ひのきのぼう」しか持ってなかった。(2021/7/2)

典型的な1on1失敗例とは:
ビフォーアフターで見る、本当にあった1on1失敗例 「部下の話を聞けない上司」編
筆者が実際に見た、失敗する1on1の典型とは。そしてそれをどう改善すればよいのか。ビフォーアフターで成功する1on1、失敗する1on1を見てみる。(2021/6/30)

自覚はあるのか:
パワハラを「した」「したかもしれない」が約半数 ハラスメントに関する調査
ハラスメント行為の自覚に関する調査が行われた。パワハラ行為をしたという指摘を第三者(会社の上司など)から受けた経験がある人は13.1%だった。(2021/6/25)

「人生が変わる一言をください!」普通のことしか言わない上司に求めた結果→思わぬ名言が飛び出す漫画が心に響く
「仕事をすると疲れる」「ご飯を食べるとお腹いっぱい」――普通のことしか言わない上司から飛び出した真理を突く名言とは?(2021/6/25)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
トヨタは「人間の顔をした会社」に変われるか? 「パワハラ再発防止策」を読み解く
2017年、トヨタ自動車で男性社員が上司のパワハラにより自殺に追い込まれる事件があった。これを受けトヨタは「再発防止策」を発表し、「風通しの良い職場風土を築くよう努力を続ける」とコメントした。この再発防止策を読み解きながら、トヨタの取り組みが今後の手本になりうるか──期待できる点や欠けている点を考える。(2021/6/25)

「ストレス増」の上司は4割:
テレワークに疲れる上司 ストレスを増加・減少させる“共通因子”とは?
コロナ禍で1年以上テレワークを続けている企業では、部下のマネジメントに対して上司がストレスを感じていることが多い。テレワーク環境で部下のマネジメントをする際に上司が感じるストレスの増減には、2つの共通因子が関わっている──ダイヤモンド・コンサルティングオフィスの調査で、このような結果が判明した。(2021/6/23)

もう悩まない! 1on1の攻略法【後編】:
1on1で「沈黙が怖い」「どこまで聞いていいか不安」──見落としがちな「上司の心理的安全性」
1on1ミーティングの導入後、うまく運用ができずに悩む企業は多い。そのような中でも、「沈黙が怖い」「どこまで聞いていいか不安」「部下の悩みに正しく回答できているか分からない」という“上司側の不安”を払しょくするためにはどうしたらいいのだろうか。(2021/6/22)

カメラは常時ONで監視、数分おきに報告……テレワークで出現「束縛リモハラ上司」に違法性はある?
「部下が見えない」不安に陥った上司たちの一見、行き過ぎと思われる監視行為や不適切な言動は、違法となりえるのでしょうか? リモハラの違法性や、企業が取るべき対応について検討していきます。(2021/6/16)

農水省のハジケリスト、「ぬぬぬぬぬぬぬ……」ツイートの裏側明かす 「プルプル真拳奥義をA4用紙2枚で上司に説明」
厳しいチェックを全て突破した「ぬ」。(2021/6/12)

【お仕事楽しい】LINEで「副業が忙しい」と書いたら、上司や経営陣の前で「アイドルマスターというゲームのプロデューサーを……」と説明することになった
本業が副業で、副業が本業で。(2021/6/11)

上司に直してほしい点:
改善されない“リモハラ” 在宅勤務で上司との「ストレス」は?
リモートワークを始めて、1年が経った人も多いのでは。上司とのコミュニケーションをどのように感じているのだろうか。リモートワークをしているビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/6/10)

コロナ禍と関連した作品が上位に:
「会社へは 来るなと上司 行けと妻」 サラリーマン川柳、ベスト100発表
第34回「第一生命サラリーマン川柳コンクール」ベスト100の結果が発表された。コロナ禍と関連するテーマを詠んだ作品が上位にランクインした。(2021/5/27)

声のかけ方から、労務制度作りまで解説:
PR:監視は禁物! “五月病”を招かない、テレワーク下での新人育成の心得
コロナ禍で平時とは違う環境の中、管理部門や配属先の上司は、新入社員にどのように対応すべきなのか。また、社員の疲弊を招かないテレワークの制度作りのポイントとは何か。大槻経営労務管理事務所の大槻智之代表社員に聞いた。(2021/5/24)

【お仕事楽しい】「うっかり腹立つ上司を殺してしまい」―― やたら物騒な夢のツイート、最後はなぜかほっこりな結末に
なんだか楽しそうだから困る。(2021/5/20)

悪い例:
リモート上司が絶対にやってはいけない、“五月病”新入社員の対処法
いわゆる“五月病”になる新人が出てくるタイミングです。リモートワークを実施している職場では、メンバーの異変を察知する機会、時間が限定されてしまいます。どのように察知すればいいのでしょうか。(2021/5/20)

【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声
こんな上司のもとで働きたかった。(2021/5/19)

【そんなことある?】ペットの話を始めた上司に、ペットボトルの話だと思って返答していたら、アンジャッシュのコントみたいになった
名言「なんで!? 冷蔵庫になんで入れるの!?」(2021/5/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
リモート中「サボってないか監視する上司」の、救いがたい勘違い
リモートワーク中、PCのモニタリングなど「監視システム」を導入する企業は少なくない。「過重労働にならないように」「生産性が低下しないように」などの言い訳で、部下を監視しようとする上司や経営層に欠けている視点とは。(2021/5/14)

これからの採用戦略を考える(4):
「上司が合わない」「面接時の業務内容と違う」――入社後のミスマッチ、どう対応? 4つの原因から探る
採用のミスマッチをゼロにすることは難しい。人事・採用担当者は、問題が起きてしまったときに備える要がある。4パターンのミスマッチを挙げ、対応法を紹介する。(2021/5/19)

「大切な家族だろ?」 実家の愛犬が危篤、上司が休みをくれた実話漫画に感動の声
確かに「この人について行こう」と思いたくなる!(2021/5/13)

Citrix Overseas Report:
部下の生産性が上がらないのはテレワークが長期化したせい、と思っている上司に伝えたいこと
DXやコロナ対応を目的に多くの企業が新たな働き方を模索する中、浮かび上がってきた重要な課題の一つが「リーダーシップ」です。テレワークが普及する中、ネットワークやITツールばかりが注目されがちですが、根本的なリーダーシップの在り方に今求められる変化とは何でしょうか。(2021/5/6)

新卒1万7000人が殺到する会社の心得:
約4人に1人が経験する「5月病」 新入社員の明暗を分ける、上司の対応とは?
この時期に増える5月病の対策とともに、新入社員のモチベーションの変化に気付く方法、上司の対応方法をお伝えします。(2021/5/11)

コミュニケーション課題:
1on1で「部下に遠慮」する上司が7割以上──テレワーク中、上司と部下のすれ違いとは?
テレワーク中の1on1ミーティングで、部下に遠慮して伝えるべきことを伝えられない上司は70.2%──テレワーク経験のある上司と部下への調査で、このような結果が判明した。(2021/5/10)

ITに疎い上司は「テクハラ」被害者か 「聞いてくれれば教える」「仕事丸投げ」と賛否
ITスキルの高い人が、スキルを持たない人に「こんなことも分からないのか」と発言したり、専門用語を多用して相手を混乱させる「テクノロジーハラスメント」。実際の職場ではどのように受け止めらているのか。(2021/4/20)

“ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
それぞれの立場とそれぞれの気持ち。(2021/4/19)

キャリアの展望も明らかに:
新入社員が考える「理想の上司像」 3位「行動力がある」、2位「相談にのってくれる」、1位は?
新入社員が職場に配属される時期がやってきた。どんな上司と一緒に仕事をしたいと考えているのだろうか。427人の新入社員に聞いた結果は?(2021/4/16)

「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
なんて上司だ……!(2021/4/16)

新社会人へ:
上司を「まねる」ことが仕事なのか そんな時代は
昨年は、ちらほらとしかリクルート姿の学生くんたちを見ることがなく、今年入社する人たちは、ほぼオンラインでの面接をやり遂げた人たちなのだろう。大企業やIT関連の企業を中心に、すっかりテレワークが浸透している。自分のデスクがない新人ということもあるうる世代となりそうだ。(2021/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.