• 関連の記事

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

一見さえない男子が「超かっこいい」理由とは しゃべるとかっこいいキャラに変換されるイケボ男子漫画に脳内再生が止まらない
何を口にしてもかっこいい。(2022/1/22)

「脳がバグりそう」「遠近法で撮影したの?」と見間違える完成度 信号機のジオラマが本物みたいですごい
二度見するほどリアル。(2022/1/21)

動物病院に着いた猫「ウ……ウソだろ!?!?」 絶望感あふれる表情に爆笑と脳内アフレコする人続出
猫ちゃんのためだから……!(2022/1/18)

トトロとネコバスの雪像を家庭で手作り! 「稲荷前」の停留所まで再現した大作に「雪まつりレベル」と称賛
あの曲が脳内再生される……。(2022/1/19)

円が移動しているように見える……けど動いてない! 驚きの錯視動画が話題
脳が矢印に引っ張られる……と思ったら違った。もう何も信じられない。(2022/1/6)

PR:これは、私が夢で見た「人間とAIの未来」の“ちょっと不思議”なお話
50年後、人間とAIの未来はどうなっているのでしょうか。シンギュラリティが起こる、脳を機械にアップロードする――これらは実現するのか、夢物語なのか。一緒に未来をのぞいてみましょう。(2022/1/5)

「打首獄門同好会」junkoが63歳に ファンからはいつもの声「やっぱり信じられません!!」「ギャルを貫き通して」
毎年脳がバグる。(2021/12/22)

西川史子、友人からの“退院祝い”で笑顔 4カ月ぶりに見せた健在な姿に「顔が見れて嬉しい」「安心しました」
12月16日に右脳内出血による入院生活を終えたことを報告していた西川さん。(2021/12/20)

紙コップの中でバニーガールが生き生きとアニメーション 天才的な紙工作に「アナログLive2D」「目と脳がバグる」と称賛
仕掛けを見せてもらってもなかなか理解が追い付かない……!(2021/12/19)

西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
8月に脳出血で入院していました。(2021/12/17)

SynSenseとProphesee:
“脳型プロセッサ”を統合したイメージセンサー開発へ
SynSenseとPropheseeは、Propheseeのイメージセンサー「Metavision」とSynsenseのニューロモーフィックプロセッサ「DYNAP-CNN」を統合したイベントベースの単一チップイメージセンサーを共同開発している。両社は今後、同イメージセンサーの設計、開発、製造、製品化でも連携し、小型化と安価を両立した超低電力センサーを生み出すことを目指す。(2021/12/17)

ブタさんがブヒブヒする日常ドキュメンタリー映画「GUNDA/グンダ」が新しい形の脳トレだった
「ミッドサマー」の監督が絶賛する理由もよくわかる。(2021/12/10)

心筋梗塞 血液でリスク予測 糖尿病や脂肪の健康データ テレワークで急に悪化 心筋梗塞や脳卒中のリスクも
血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。(2021/12/9)

杏、5歳双子&4歳息子の“オムツ卒業”に大奮闘 寝不足の日々に「台詞覚え時期だったら脳ぶっ壊れてた」
3人同時のオムツ卒業に挑戦中の杏さん。(2021/12/8)

「時代衣装×スマホ×白黒撮影」後世の歴史学者が困惑しそうな写真に反響 「脳がバグりそう」「私より今どき」
違和感もっと仕事して。(2021/12/4)

医療技術ニュース:
光照射により、記憶が発生したシナプスのみ消去する技術を開発
京都大学は、シナプスのタンパク質を光照射により不活化することで、記憶を消去できる技術を開発した。また、脳の異なる部位に、学習直後やその後の睡眠中に記憶ができるシナプスがそれぞれ存在することを明らかにした。(2021/12/2)

「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
目覚めてこれは震えます。(2021/11/29)

医療技術ニュース:
小脳の同時計測により、感覚情報表現の仕組みを解明
理化学研究所は、独自開発した顕微鏡システムと画像解析技術を組み合わせ、マウスの小脳皮質の背側全域を同時計測することに成功した。その結果、変化し続けている感覚入力を、小脳全体でリアルタイムに表現していることを発見した。(2021/11/29)

脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
人柄の良さが表れています。(2021/11/25)

非ノイマン型コンピュータの実現【後編】
ニューロモーフィックコンピューティングが切り開くエッジの可能性
ニューロモーフィックコンピューティングは、エッジに新たな可能性をもたらす。脳のニューロンを模した非ノイマン型コンピュータで何が実現するのか。(2021/11/25)

ReRAM利用で高性能を実現:
Rain NeuromorphicsがアナログAIのデモチップをテープアウト
Rain Neuromorphicsが、脳型アナログアーキテクチャのデモチップをテープアウトした。ランダムに接続されたメモリスタの3Dアレイを用い、ニューラルネットワークトレーニング/推論などを超低消費電力で計算することが可能だという。(2021/11/24)

“利き脳”片付け術 左右タイプ知り、家も心もスッキリ円満
「なんで散らかすの」「細かすぎ」。家庭内のケンカの原因となる「片付け」問題。実は脳タイプの違いで衝突が起きているのかも?(2021/11/22)

京大、記憶が消える仕組みの一端を解明 光とイソギンチャク由来の成分でマウスの記憶を消去
京都大学の研究チームは、光を使ってマウスの記憶を消すことに成功し、記憶が消える仕組みの一端を解明したと発表した。イソギンチャク由来のタンパク質をマウスの脳に埋め込み、光を当てると記憶が消えていることを確認できたという。(2021/11/17)

Innovative Tech:
動きを想像するだけでロボットを操作できる脳波計 軽量で柔らかく皮膚を傷つけない設計
米ジョージア工科大学などの研究チームは、動きを想像するだけでロボットを操作できる脳波計を開発した。軽量で柔らかく、携帯性を兼ね備えた非侵襲的(生体を傷つけない)な設計になっている。(2021/11/18)

医療技術ニュース:
7種のアミノ酸が脳機能を維持、改善して認知症の進行を抑える
量子科学技術研究開発機構と味の素は、特定のアミノ酸の摂取が認知症の病態を抑止することを発見した。7種の必須アミノ酸を組み合わせた「Amino LP7」の摂取により、脳の炎症性変化を防ぎ、神経細胞死による脳萎縮を抑制する可能性が示された。(2021/11/11)

これが切り絵!? 本物にしか見えないウイスキーグラス、実はつながった1枚の紙
脳の理解が追いつかない…。(2021/11/10)

自動運転技術:
ドライバーの体調が急変しても安全に止まるまで支援、脳機能低下の予兆もつかむ
マツダはドライバーに体調不良などの異変が生じた際に安全に停止するための運転支援技術「Co-Pilot Concept」を開発した。(2021/11/5)

ドリキン土屋圭市、ハチロクでサーキット全開「ASMR」アターック! 脳汁ドバドバ出る臨場感がキモチイイ〜
これがクルマ好き専用のASMRです。(2021/11/4)

鉛筆画風に塗ったガンプラが完全に二次元 画用紙から切り抜かれたようなビジュアルに脳がバグる
劇画みたいでかっこいい。(2021/11/3)

33歳で脳梗塞に 「アンタ死にたいの?」医者に半ギレで入院させられた実体験漫画がためになる
決して他人事ではありません。(2021/11/2)

医療機器ニュース:
優しい空気刺激と自然に近い光で快適な目覚めを促すシステムの効果を確認
ダイキン工業、京セラ、東北大学は、快適な目覚めの提供を目的に開発した「パフォーマンス向上起床システム」が、一般の目覚まし時計と比較して、起床時の脳の活動度と快適さに効果を確認できた。(2021/10/25)

明治大学で脳がバグりそうな立体錯視作品を展示中 右向きの矢印が鏡に映ると左向きに変化
何がどうなってるんだ……。(2021/10/24)

人間の脳がヒント
低消費電力で回路を再構成可能な新メモリデバイスの可能性
シンガポール国立大学が脳をヒントにした分子メモリスタを発表した。この技術を応用したメモリデバイスは消費電力が少なく、瞬時に回路を再構成してさまざまな計算タスクをこなすという。(2021/10/22)

医療技術ニュース:
チームが「ゾーン」に入った時の脳活動を解明
豊橋技術科学大学は、複数の人間が協調して「ゾーン」に入った状態を指す「チームフロー」に関係する脳波と脳領域を発見した。チームフローの状態では、特に左中側頭葉が特異的に活性化していた。(2021/10/21)

あの“クーピーペンシル”そっくりなタッチペン登場 充電してると脳がバグりそう
パッケージデザインもクーピーペンシルをイメージ。素材はもちろんブリキ缶!(2021/10/20)

「機械の脳」が現実に? 現実味を帯びてきた脳の人工再現――東大研究者たちが講演
LINK-Jは「脳は人工的につくれるのか?〜脳の情報処理のフロンティアに挑む」と題したトークイベントを開催。「意識を機械にアップロードする技術」など、最先端の脳研究を披露した。(2021/10/19)

AIで「くも膜下出血か脳梗塞か?」を即座に判別 千葉市で年度内に実用化へ
Smart119社が開発した、AIによる脳卒中診断アルゴリズムについての論文が国際科学誌「Scientific Reports」に掲載された。救急患者の容体など情報を基に、脳卒中の中でも「くも膜下出血」「脳梗塞」「脳出血」「主管動脈閉鎖」のいずれに該当するかを判別できるという。(2021/10/18)

「14種約700匹のクラゲが全て水族館生まれ」「クラゲには脳がない」 すみだ水族館に行ったら妖しくも美しいクラゲの魅力に目覚めてしまった話
すみだ水族館に行ってきました。(2021/10/16)

IKEAの棚をよりドンキーコングに改造 マリオやタルが並ぶ様子にプレイの思い出がよみがえる
思わず脳内でマリオが「ホヤッ!」。(2021/10/14)

医療技術ニュース:
人間の脳のように振る舞う汎用人工知能を開発するための方法論を標準化
東京大学は、汎用AIなどのソフトウェアを実装する際の仕様情報となる脳参照アーキテクチャデータ形式と、それを用いた開発方法論を標準化した。(2021/10/13)

CADニュース:
使いやすさが向上した、2D CADソフトウェアシリーズの最新版
フォトロンは、2D CADソフトウェア「図脳 RAPID」シリーズの最新版「図脳 RAPIDPRO21」「図脳 RAPID21」を発表した。最新版ではユーザーの声を生かした機能強化、改良がなされ、使いやすさが向上し、スムーズな製図が可能になった。(2021/10/8)

入院治療中の西川史子、脳出血巡る“新型コロナ”ワクチンの影響を否定 原因は「高血圧やそれに伴う血圧変動」
病気の原因をワクチンと結び付ける声が一部寄せられていました。(2021/10/6)

できたてのポップコーンはいかが?  ハローキティのポップコーン自販機がガシャポンになって登場!  
押す前から脳内再生余裕でした。(2021/10/6)

「新テニミュ」第2弾上演決定 跡部様バースデーの解禁に「脳がキャパオーバー」「跡部様が連れてきてくれたのかな」
なるほどとんでもねぇバースデーじゃねぇの。(2021/10/4)

「脳に障害をきたす可能性」「東京中に電話かけた」 エハラマサヒロ、0歳次男の“高熱入院”を夫婦で振り返る
おつかれさまでした……。(2021/10/2)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ドクを再現した段ボール工作がそっくりすぎると話題 「こりゃたまげた!」「1.21ジゴワットの衝撃」
青野武さんか穂積隆信さんの声で脳内再生余裕。(2021/10/1)

Samsung、人の脳を半導体チップに“コピペ”する研究を発表
韓国Samsung Electronicsは、米ハーバード大学と共同で、人間の脳の構造を1つの半導体チップにコピー&ペーストする研究を行っていると発表した。(2021/9/27)

元モー娘。福田明日香、顔色悪化や手の震えで人生初の精密検査 脳だけでなく甲状腺にも疑い「バセドウかも」
不眠に苦しめられているようです。(2021/9/21)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「テレビと広告とTwitterと人の脳に関する研究」です。(2021/9/16)

医療技術ニュース:
レム睡眠中に脳がリフレッシュされる仕組みを解明
京都大学は、脳内の微小環境を直接観察する技術を開発し、睡眠中の脳がリフレッシュされている仕組み解明した。レム睡眠中に大脳皮質の毛細血管へ流入する赤血球数が増加しており、活発に物質交換をしていることが示唆された。(2021/9/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.