「CAD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

CAEニュース:
電気系CADと機械系CADを統合した熱設計解析ソリューション
Cadence Design Systemsは、AIを採用した熱設計解析ソリューション「Cadence Celsius Studio」を発表した。電気と熱の協調解析、電子機器の冷却機構解析、熱応力解析を統合している。(2024/2/22)

CAD:
3DCAD変換を3DHTMLに変換する「SmartExchange Desktop」、オフラインでも使用可
スマートスケープは、建設業向けに、3DCADデータを3DPDFや3DHTML、中間ファイルに出力する3DCAD変換ソフト「SmartExchange Desktop」を発売した。(2024/2/16)

メカ設計ニュース:
会社ではノートPC、現場ではタブレット――CAD利用者の要求に応える2in1PC
デル・テクノロジーズは、JR東日本メカトロニクスが“働き方改革”の一環として、2in1型ノートPC「Dell Latitude 7430 2-in-1」を導入したことを発表した。(2024/2/8)

3D設計の未来(6):
AIの搭載で3D CADはどう進化する? 2つの方向性と今後の期待
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第6回は、2023年にテクノロジー領域および設計開発領域で話題となったトピックの中から「AI」にフォーカスし、3D設計の未来について考察する。(2024/2/1)

CADニュース:
CADデータに含まれるPMIの変換と活用機能を拡充、3Dデータ変換/活用基盤の最新版
エリジオンは、3Dデータ変換/活用プラットフォーム「3DxSUITE」の最新版として「EX10.0」を発表した。CADデータに含まれるPMIの変換と活用機能を拡充している。(2024/1/30)

自動車/航空宇宙業界も注目:
PR:3Dプリンター活用をもっと身近に! 「3D-FABs」が選ばれる理由とは
オリックス・レンテックが2023年5月に提供を開始した3Dプリントの造形シミュレーションサービス「3D-FABs」。手持ちの3D CADデータを使って造形の可否判定から費用の概算までワンストップかつ無料でできるWebサービスだ。利用者の反応やユースケース、金属3Dプリンター活用のトレンドを担当者に聞いた。(2024/2/5)

CADプログラムにインポートして編集できる:
テキストからCADデータを自動生成する「Text-to-CAD」α版公開 Zoo
ZooはテキストデータからCADファイルを自動生成する「Text-to-CAD」のα版を公開した。(2024/1/15)

3D設計の未来(5):
設計開発におけるクラウドプラットフォーム利用のメリット/デメリットを考える
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第5回は、クラウドプラットフォーム環境がユーザーのメリットとなるのか? デメリットとなるのか? システム管理とデータ管理の2つの視点から考える。(2024/1/10)

AI:
住友林業のビッグフレーム構法で構造設計を「全自動化」 5時間がAIで10分に短縮
住友林業は独自開発したビッグフレーム構法の構造設計をAIで全自動化した。これまで5時間掛かっていたCAD入力が、10分で済むようになり、構造設計者の知識や経験に左右されない業務プロセスの標準化にもつながる。(2023/12/27)

メカ設計メルマガ 編集後記:
3D CADベンダー各社の戦略をどう捉えるべきか?
敬遠せずに、ポジティブに考えるときかもしれません。(2023/12/19)

検証レポート:
PR:待つのが当たり前だった高負荷作業をオートデスクの「Inventor」と最新ワークステーションで解消
オートデスクの3D CAD「Inventor」とデル・テクノロジーズのワークステーション「Dell Precisionシリーズ」を用いて、実務で重要となるファイルオープン、描画品質、レンダリングのパフォーマンスを検証した。(2023/12/15)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「次の当たり前」に向けて進化する仕事の道具(ツール)
(当たり前ですが)PCも3D CADも次世代に向けた製品開発が進んでいます。(2023/12/5)

3D設計の未来(4):
3D CADベンダーが推進するクラウド対応で設計開発環境はどう変わる?
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第4回は、3D CADベンダー各社が推進するクラウド対応、プラットフォーム戦略によって設計開発環境はどう変わるのかを整理する。(2023/12/4)

図研アルファテックカンファレンス2023:
Bricsysのこれからの方向性と「BricsCAD V24」の強化ポイント
「図研アルファテックカンファレンス2023」の講演の中から「BricsCAD V24」の新機能に関連する内容をお届けする。(2023/11/28)

産業用ロボット:
CAD上で設計とロボット検証、直感的な精密作業が可能なロボットシミュレーター
クリエイティブマシンは、機械設計向け3D CAD「IRONCAD」で動作するロボットシミュレーターの最新版「icROBOSim 2023」をリリースした。より精密な作業を直感的かつ効率的に実行できる新機能を追加している。(2023/11/27)

メカ設計メルマガ 編集後記:
3D CAD/PLMかいわいで共通する動き
同時期にいろいろあるものですね。(2023/11/21)

ジェネレーティブデザイン:
パシフィックコンサルタンツが探求する土木の生産革命 CATIAとXFlowで土木構造物の自動設計へ
パシフィックコンサルタンツは、ダッソー・システムズが提供するCADソフトウェア「CATIA」と「XFlow」で、インフラ構造物のパラメトリックデザインや構造解析シミュレーションといった設計自動化に取り組んでいる。(2023/11/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
移動を伴う3D CAD導入支援の現場で、モバイルワークステーションが活躍する理由
3D CADなどのハイエンド業務は、オフィスのデスクトップマシンでしかこなせないというイメージは、もはや過去のものになった。優れた性能と可搬性を兼備する最新モバイルワークステーションの登場によって、現場は大きく変わり始めている。(2023/11/6)

3D設計の未来(3):
設計現場の仕事のやり方は変わらないままなのか?
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第3回のテーマは「変わらない設計の仕事のやり方」についてだ。(2023/11/1)

ゲームエンジンの産業利用:
PR:有能なシミュレーション環境になり得る3D都市空間ビジュアライゼーションの今
3D都市モデルや点群データ、CADデータなどをゲームエンジンに取り込んで高品質な3D都市空間のビジュアライゼーションを実現し、高度なシミュレーション環境として利用しようという機運が高まっている。技術力とデザイン力で+αの付加価値を提供するシリコンスタジオのソリューションを紹介する。(2023/11/1)

CADニュース:
AIによる設計支援機能で強化された3D CADソフト「Solid Edge 2024」
Siemens Digital Industries Softwareは、開発プロセスの全ての側面に対応する3D CADソフトウェア「Solid Edge 2024」を発表した。AIによる設計支援機能の初導入に加え、クラウドベースのコラボ機能を強化している。(2023/10/30)

CADニュース:
機能を強化した2D CADソフト「図脳RAPID」シリーズ最新版を発売
フォトロンは、2D CADソフトウェア「図脳RAPID」シリーズの最新版となる、企業向け「図脳RAPIDPRO22」および個人向け「図脳RAPID22」を発売した。機能強化と改良に加え、新ライセンス形態を追加している。(2023/10/27)

「ガンダムメタバース」でガンプラのCADデータ漏えいか バンダイ「事実確認中」
BANDAI SPIRITSは19日、期間限定でオープンした「ガンダムメタバース」へのアクセスに必要なクライアントファイルのダウンロードを一時的に停止した。(2023/10/19)

CAEニュース:
ターボ機械3D設計システムの販売とサポートを開始
ヴァイナスは、CFturboのターボ機械3D設計システム「CFturbo」の国内販売とサポートを開始した。CAD、CFD、CAEや最適設計システムとシームレスに接続し、さまざまなターボ機械を設計できる。(2023/10/19)

3D設計の未来(2):
これから先、日本が変化を遂げるには?
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第2回のテーマは「これから先の変化に向けた日本の課題」についてだ。(2023/10/11)

CAD:
「ARCHITREND ZERO」の最新バージョンが10月18日発売 2025年の省エネ適合義務化やリノベ需要に対応
福井コンピュータアーキテクトの建築CADソフトウェア「ARCHITREND ZERO」が、新バージョンにアップデートした。Ver.10は、今後のリノベーション需要を見込んだワンストップの業務効率化オプションに加え、省エネやフォトリアルのパース作成といった機能強化も図っている。(2023/10/2)

検証レポート:
PR:3D CADユーザーがどこでも設計業務を行うための“武器”には何が必要か
コロナ禍で広がったリモートワークの動きが設計業務にも広がり続けている。ただ、高いコンピューティング能力が必要な設計やシミュレーションなどの作業が「本当にリモートワークで可能なのか」について、多くの設計者は不安に感じていることだろう。そこで本稿では、設計者向けモバイルワークステーションとして日本HPが2023年春にリリースした「HP ZBook Power 15.6 inch G10」を現役の3D CADエンジニアが検証した。(2023/10/2)

CAD:
“確認申請の電子化”で「ARCHITREND ZERO」と確認検査機関のWeb申請が連携
建築確認申請の電子化の流れを受け、Web上の建築確認申請サービス「Houseplus Portal Web Site」と3D建築CAD「ARCHITREND ZERO」が連携した。CADデータから申請図書出力、申請書作成、電子申請までの一連の流れがシームレスに行えるようになる。(2023/9/27)

CADニュース:
直感的なUIや各種機能強化を図った3D CAD/CAMソフトの最新版「Mastercam 2024」
ゼネテックは3D CAD/CAMソフトウェア「Mastercam」の日本語最新版「Mastercam 2024」の提供を開始した。直感的に使えるインタフェースに加え、工具動作のアップデート、機能強化が図られている。(2023/9/26)

組み込み開発ニュース:
図研が電子回路設計CADでAI自動配置配線を実現、設計時間を半減する効果も
図研は、電子回路設計用CADツール「CR-8000 Design Force」のオプションソフトウェア製品として、AIによって自動で配置配線が行える「Autonomous Intelligent Place and Route(AIPR)」を市場投入すると発表した。(2023/9/21)

CADニュース:
JIS規格表に対応した配管設計支援アドインの最新版
クリエイティブマシンは、機械設計向け3D CAD「IRONCAD」の配管設計支援アドインの最新版「ic配管 3」をリリースした。JIS規格表から選択するだけで自動で寸法を変更できるなど使い勝手が向上している。(2023/9/14)

VR/AR/MRニュース:
ARを用いて実物と3Dモデルの形状差分をリアルタイムに表示
アビストは、ARを用いてリアルタイムに形状差分を表示できるアプリケーションを開発した。iPad ProのLiDAR機能を使って実物の製品を認識させ、3D CADモデルと高精度に重ね合わせることで形状の差異を認識できる。(2023/9/13)

3D設計の未来(1):
3D CADの普及から製造業DXが語られるようになるまでの約20年間を振り返る
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第1回のテーマは「設計/製造ITのトレンドの変遷」についてだ。(2023/9/11)

CADニュース:
「3次元CAD利用技術者試験」の解答形状展開と配信に専用アプリ不要の技術を採用
ラティス・テクノロジーは「3次元CAD利用技術者試験」の解答形状展開に「XVL Player」が、解答形状の配信に「XVL Web3D」が採用されたと発表した。スマートフォンやタブレット端末のWebブラウザで手軽に形状確認ができる。(2023/9/8)

上流から下流への連携が100%切れない3D CAD:
PR:構想設計と詳細設計を完全連携 トップダウン設計を本当に成功させる方法
修正ミスや設計不整合、構想設計と詳細設計の連携不備など、設計者の悩みを解決すると期待されるトップダウン設計。だがその導入には課題も多い。上流から下流への連携が100%切れない、トップダウン設計を基軸とした3D CADとは?(2023/8/7)

メカ設計 イベントレポート:
設計領域がカギを握る! 海外事例で学ぶサステナブルな製品開発アプローチ
PTCジャパンはWebセミナー「設計から始まるサステナビリティ 〜世界に学べ! 3D CADの最新事例〜」を開催し、設計開発領域におけるサステナビリティの取り組みや具体的なアプローチについて、海外の最新事例を交えて説明した。(2023/8/3)

メカ設計メルマガ 編集後記:
設計者が将来期待しているテクノロジーとは?
今年も「CAD利用動向調査」を実施しました!(2023/8/1)

第5回 建設・測量生産性向上展:
福井コンピュータの“BIM/CIM原則適用”に対応した3DCADシステム
福井コンピュータは、「第5回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO 2023)」で、アップデート版がリリースされたデータ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」や新製品の道路設計3DCADシステム「TREND ROAD Designer」などを紹介した。(2023/7/31)

デザイナー、エンジニア必見 VR活用などCATIA最新機能:
PR:シームレスな連携で開発の課題を解決、品質やパフォーマンスを高める3D CADとは
品質問題の発生、市場投入の遅れ、部署間の連携ミス、コストの増加、環境負荷の軽減……。製造業の設計者やデザイナーが抱える多くの課題を解決し、顧客体験を高めるとともに開発現場を変革するクラウド対応のハイエンド3D CADとは?(2023/7/28)

CADニュース:
SaaS対応の3D CAD「Creo+」はオンプレ版「Creo」と何が違ってどこが良い?
PTCジャパンは、2023年5月に発表したSaaS対応の3D CADソリューション「Creo+」に関するメディア向け技術説明会を開催した。(2023/7/27)

オートデスク株式会社提供Webキャスト:
PR:製造業における3D設計データの活用と管理の課題を一掃、業務を効率化する秘策
ものづくりの現場では今、2D CADから3D CADへの転換期を迎えている。しかし3D設計データの活用によるメリットを享受するためには、既存の2Dデータを3D環境にどう取り込み、共存させるかが大きな課題となる。この解決策を解説する。(2023/7/26)

設計業務におけるCAD利用動向調査 連動企画:
PR:設計データをフォルダ管理していませんか? 3D CAD運用と一緒に検討すべきこと
設計データ管理は本来3D CAD導入と一緒に検討すべきものだが、実際には困ってから検討を始めるという現場が多い。後回しにされがちな設計データ管理の重要性、3D CADの本格運用、DX推進のためのヒントを提示する。(2023/7/26)

CADニュース:
CAD/BIM/CG制作分野向けにDaaS型クラウドサービスの提供を開始
ハイレゾは、CAD、BIM、CG制作分野向けにDaaS型クラウドサービス「リモートワークステーション」の提供を開始した。クラウド上のワークステーションからローカルPCに高速で画面が転送され、自宅や外出先でもオンプレのような操作ができる。(2023/7/20)

CIM:
福井コンピュータ、BIM/CIM道路設計3D CADシステムをリリース
福井コンピュータは、道路の計画・設計・施工・運用のための業界標準CADをベースに、BIM/CIM道路設計3DCADシステム「TREND ROAD Designer」をリリースする。(2023/7/10)

導入事例(リコージャパン):
PR:3D CAD/CAE導入支援業務を支えるモバイルワークステーションという名の相棒
優れた性能と可搬性を兼ね備えるデル・テクノロジーズのモバイルワークステーション「Dell Precision 5470」を導入し、常に移動を伴う3D CAD/CAE導入支援業務の効率化や生産性向上、ハイブリッドワークを取り入れた新たな働き方を支援しているリコージャパンの事例を紹介する。(2023/6/26)

日本ものづくりワールド 2023:
大手3D CADベンダー3社が夢の共演!? 設計者に最適なワークステーションを訴求
デル・テクノロジーズは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、オートデスク、PTC、SOLIDWORKSとともに、各社の3D設計開発ソフトウェアが快適に動作する設計者向け最新ワークステーション「Dell Precision」シリーズを訴求した。(2023/6/27)

メカ設計ニュース:
独自のAEI技術と3D CAD技術、生成AIを組み合わせて設計工程を自動化
pluszeroは、3D CADの開発企業アビストと共同で進めている設計業務の効率化について発表した。pluszero独自のAEI技術とアビストの3D CAD技術、生成AIを組み合わせることで、設計全体の大幅な生産性の向上が期待できる。(2023/6/26)

セミナー:
PR:設計者に働き方改革を、3D CAD環境のデスクトップ仮想化がもたらす価値
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/6/21)

「3D-FABs」とは?:
PR:3Dプリンターがなくても活用のコツとノウハウを無料で習得できる新サービス始動
オリックス・レンテックが新たに提供を開始した3Dプリントの造形シミュレーションサービス「3D-FABs」はAI機能を搭載し、手持ちの3D CADデータを基に造形の可否判定から概算費用の試算までを一気通貫かつ無料で行える。同サービスの利用メリットについて担当者に話を聞いた。(2023/6/20)

セミナー:
PR:大塚商会 x オートデスク 特別企画! DX推進に向け進化を遂げる「AutoCAD」の最新機能とは?
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.