• 関連の記事

「取締役」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「取締役」に関する情報が集まったページです。

Salesforce、COOのブレット・テイラー氏を共同CEOに任命
SalesforceはCOOのブレット・テイラー氏をマーク・ベニオフ氏との共同CEOに任命した。テイラー氏は前日にはTwitterの取締役会長に任命されている。(2021/12/1)

FAインタビュー:
レーザー技術を核にEVや半導体加工の高度化に貢献、トルンプの国内取り組み
ドイツのTRUMPF(トルンプ)はレーザー技術を核とし、国内においても板金機械やレーザー関連装置のソリューション開発、エレクトロニクス向け事業などを展開している。トルンプ(日本法人)代表取締役社長のフォルカー・ヤコブセン(Volker Jacobsen)氏に日本での取り組みの現状と今後の方向性について話を聞いた。(2021/12/1)

ジャック・ドーシー氏がTwitterのCEOを辞任 後任はアグラワルCTO
Twitterの共同創業者、ジャック・ドーシー氏がCEOを辞任した。後任はCTO(最高技術責任者)のパラグ・アグラワル氏。ドーシー氏は会長にはならず、取締役からも来年退く。(2021/11/30)

ジンズHDとバルミューダの株価はどう変化? JINS田中仁社長のインサイダー取引“疑惑”の発覚から1週間
バルミューダの社外取締役を務めるジンズHDの田中仁社長がインサイダー取引の恐れがある株取引をしていたことが発覚してから1週間が経過した。バルミューダとジンズHDの株価推移を終値ベースで追った。(2021/11/25)

製造マネジメント インタビュー:
統合効果で国内トップへ、高付加価値プリント配線板のOKIサーキットテクノロジー
OKIの子会社で、高付加価値プリント配線板(PCB)の設計と製造を行うOKIサーキットテクノロジーとOKIプリンテッドサーキットは2021年4月に統合し、新生OKIサーキットテクノロジー(以下、OTC)としてスタートを切った。OTC 代表取締役社長の森丘正彦氏に話を聞いた。(2021/11/25)

「20GBだけでは挑戦的ではない」 0円から使える「povo2.0」誕生の秘密を聞く
基本料を0円に設定し、トッピングである程度自由にデータ容量を買い足していける仕組みを採用したKDDIのpovo2.0が好調だ。買い物をするだけでデータ容量が付与される「ギガ活」も、povo2.0の特徴といえる。そんなpovo2.0を導入した経緯や、現状の使われ方、ギガ活の今後などをKDDI Digital Lifeの代表取締役社長、秋山敏郎氏に聞いた。(2021/11/22)

「投資家目線で発言したかった」:
処分を受けたのはJINSの田中仁社長 インサイダー取引疑惑でバルミューダが明らかに
インサイダー取引の恐れがある株取引をしていたとして、バルミューダが社外取締役を処分した問題で、同社は11月19日、処分を受けたのがジンズホールディングスの田中仁社長であると明らかにした。田中社長は5月、バルミューダ株を購入したが、当時は同社のスマホ事業参入の発表前だった。(2021/11/19)

3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2021:
日本のSOLIDWORKSユーザーへ、プラットフォームの重要性とその価値を訴求
「3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2021」の基調講演で、ソリッドワークス・ジャパン 代表取締役社長のフィリップ・ゴドブ氏が登壇し、「SOLIDWORKS Japan 代表取締役社長のフィリップ・ゴドブに問う〜これからの製造業とSOLIDWORKSについて〜」をテーマに、エンジニア出身ならではの視点で、プラットフォームの重要性やつながることの価値について語った。(2021/11/17)

事業は堅調も:
経営層の再編が続くSMIC
上海に拠点を置くSMIC(Semiconductor Manufacturing International Corporation)は、事業が急成長している中、数人の取締役の辞職を発表した。(2021/11/16)

2021年、役員改革が始まった:
社外取締役に期待されること ジェンダーや国籍だけにとどまらない真の多様性
女性の取締役比率について、欧米が20〜40%台であるのに対し、日本は11%と最低水準。調査では、日本企業の取締役会の多様性の低さが浮き彫りになっています。そもそも社外取締役に期待されることとは?(2021/11/16)

デザインの力:
創業70周年を機にブランド再構築、新生ツインバードは2つのラインで製品展開
ツインバード工業は2021年11月9日、「創業70周年リブランディング&新製品発表会」を開催。同社 代表取締役社長の野水重明氏がリブランディングに至った背景や狙い、今後のビジョンなどについて説明した。併せて、リブランディングの起点となる新生ツインバードの第1弾製品を発表した。(2021/11/10)

Japan IT Week 秋:
ECショップ開設、どこまで簡単にできる? 「65歳の母でも使えるシステム」目指して
「飲食店を営んでいる65歳の母親から、ネットでも販売したいという相談を受けた」と話すのは、WIREBASE代表取締役CEO、中村伸志さんだ。母の願いを受け、中村さんは「ネコカートショップ」を開発した。どのようなサービスなのか?(2021/11/9)

東芝、3社に分割検討 企業価値最大化狙う
東芝がグループで手がける事業をインフラ、デバイス、半導体メモリーの各分野に集約して3つの会社に分割し、それぞれを上場させる案を検討していることが8日、分かった。2年後をめどに実現を目指す。成長戦略や収益構造が近い事業同士を集めて企業価値を最大化する狙い。12日の取締役会で正式に決め、中期経営計画に盛り込む方向。(2021/11/9)

CIO Dive:
身代金の支払いは五分五分で「あり」? 米国企業のランサムウェア対策事情
急増したランサムウェアに対し、日本だけでなく世界中の企業が対応を迫られている。米国企業の取締役会はこれを深刻な事業継続リスクと捉え、対策に本腰を入れ始めた。ランサムウェア対策に向け、米国企業内部ではどのような変化が起きているのか。(2021/11/8)

「四の五の言わずにすぐやる」
できない理由を探さない 澤 円氏が訴える「中小企業が今、できること」
新型コロナウイルス感染症はインターネット並みのインパクトを及ぼしている。そんな中で中小企業が生き残るためには、何が必要なのか。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に話を聞いた。(2021/11/1)

シブサワ・コウ40周年記念で税込み272万円超えの「特製フルセットエディション」を受注開始
コーエーテクモゲームスが、同社代表取締役社長の襟川陽一氏が、ゼネラルプロデューサーの「シブサワ・コウ」として40周年を迎えたことを記念し、ユニークな取り組みを行っている。(2021/10/28)

家電メーカー進化論:
コンパクト家電ブランド「レコルト」が、ブランド発足時から海外展開できたワケ
デザイン性が高く、お値ごろな家電が揃う人気のキッチン家電ブランド「レコルト」を展開するウィナーズ。実は日本だけでなく、海外でも人気を集めているという。家電メーカーとしての目指す道と、積極的な海外展開について、創業者でもあり、代表取締役の岡野真二氏に話を聞いた。(2021/10/27)

元DeNA代表の守安氏、バイトマッチング「タイミー」の取締役COOに就任
アルバイトマッチングサービスを手掛ける「タイミー」の取締役COOに、元ディー・エヌ・エーの守安功氏が就任する。(2021/10/15)

前DeNA社長の守安功氏、タイミーのCOOに就任 過去に「モバゲータウン」の立ち上げなどを担当
「タイミー」を運営するタイミーは、前DeNA代表取締役社長の守安功氏が同社の取締役COO(最高執行責任者)に就任すると発表した。同社は任命の理由について「さらなる事業成長とプロダクトの機能強化が目的」と説明している。(2021/10/15)

日本HPが社長交代を発表 岡戸伸樹氏が11月1日に就任 岡隆史氏は会長に
日本HPが11月1日付けで社長を交代すると発表した。新代表取締役 社長執行役員は、現常務執行役員 デジタルプレス事業本部長の岡戸伸樹氏だ。(2021/10/14)

銀行間の個人送金を手軽かつ安価に メガバンク5社が立ち上げた「ことら」の狙い
銀行間の個人送金を安価に、利便性高く送金できるような仕組みを、メガバンク5行が構築しようとしている。その実務を担う「株式会社ことら」が7月20日に設立された。現時点では決まっていることは少ないが、ことらが目指す新たな送金の仕組みや今後の展開について、ことらの代表取締役社長である川越洋氏に話を聞いた。(2021/10/5)

連載・2021年、役員改革が始まった:
取締役の能力を一目瞭然にする「スキル・マトリックス」とは? 取締役会に迫る“改革の圧力”
東証の市場再編、CGコードの改訂によって、取締役会への改革の圧力が加速している。取締役のスキル・マトリックスの開示に関して、原則を実施するか、実施しない場合は理由を説明することが求められる。(2021/10/5)

品質不正問題:
工場長も隠蔽に加担した三菱電機の品質不正、3つの改革で膿を出し切れるか
三菱電機は、名古屋製作所 可児工場と長崎製作所で判明した品質不正の調査報告書を受けて、今後の同社の方針や再発防止策を含む「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組みについて説明。今回の取り組み発表に合わせて、同社 取締役会長の柵山正樹氏の退任も発表した。(2021/10/4)

りゅうちぇる、個人事務所「比嘉企画」を立ち上げタレント兼代表取締役に 「決めたからには頑張っていきたい」
ぺこさんも比嘉企画の所属に。(2021/10/1)

家電メーカー進化論:
美容家電No.1ブランド「ヤーマン」、ブランドを支える開発力のワケ
美容家電ジャンルで確かな存在感を示す「ヤーマン」。その売上高は、2021年4月期で366億円にも達する。主力商品は美顔器や脱毛器、フェイススチーマーなどで、日本市場のほか中国市場でもブランドを確立。美容家電領域で挑戦を続ける同社の戦略について、取締役でブランド戦略本部長の戸田正太氏に話を聞いた。(2021/10/1)

トップインタビュー:
PR:工場の生産性は切削工具から、MOLDINOが目指す工程改善への挑戦
グローバル競争が過酷化する一方で、人手不足や熟練技術者の引退問題などが押し寄せ製造現場のリソースは逼迫(ひっぱく)している。その中で「切削工具からの工程改善」というユニークな提案を進めているのが、MOLDINOである。新体制となり2年目を迎える中、MOLDINO代表取締役社長の鶴巻二三男氏に話を聞いた。(2021/9/27)

イノベーションのレシピ:
現場も機械も「新しいことをやるには何を捨てるか」、花王の考え方
B&Rはオンラインイベント「B&R JAPAN Digital Innovation Day 2021」を開催。本稿ではその中で「イノベーション」をテーマに行われたB&R(日本法人)代表取締役の小野雅史氏と花王 技術開発センター 先端技術グループ 部長の小林英男氏による対談を紹介する。(2021/9/21)

1500億円規模に成長:
バンダイナムコ独自の役職“チーフガンダムオフィサー”を直撃 目指す未来戦略とは
バンダイナムコグループで、「CGO」というガンダムのIPを統括する役員がいる。CGOはチーフガンダムオフィサーの略で、バンダイナムコエンターテイメントの藤原孝史・常務取締役が就いている。CGOとはいったいどんな役職なのか。今後のガンダムの経営戦略について藤原CGOに聞いた。(2021/9/13)

SBI、新生銀行をTOB 新生銀行は「賛同していない」
SBIが新生銀行のTOBを発表。新生銀行は「取締役会は賛同していない」とのコメントを出した。(2021/9/10)

お堅い「国税庁一問一答」を超解読!:
<電子取引編>知識ゼロから読める改正電帳法「一問一答」
2022年1月1日施行が予定されている「改正電子帳簿保存法」(以下、改正電帳法)。ここからは、基本編、スキャナ保存編に続き、持木健太氏(TOMAコンサルタンツグループ 取締役)協力のもと「電子取引編」と題して、国税庁の公式サイト「一問一答」をかみ砕いて解説する。(2021/9/7)

コロナ禍対応「ノベルゲーム」な会社案内が登場 ゲーム内で代表取締役とも遭遇するドキドキ仕様
仕事体験でのクイズが普通に勉強になる。(2021/9/6)

家電メーカー進化論:
“パナの特許”と“世界ブランド”でイノベーション 2万円トースター誕生の裏側
千石の手掛ける「アラジン」のオーブントースターは、特許技術の高性能ヒーターとレトロなデザインを組み合わせて大ヒット。旧三洋電機の下請け工場として創業したが、今や家電製品の企画、開発、製造、販売まで一貫して行うメーカーだ。家電メーカーになるまでの経緯、今後についてを専務取締役の千石滋之氏に聞いた。(2021/8/27)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(前編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
西田宗千佳さんによる、Thirdverseの代表取締役CEOへのインタビュー前編。VRの世界の重要な概念であるメタバースの未来を議論する。(2021/8/24)

ボルボ・カー・ジャパンCEOの組織論:
「iPhoneにタイヤを付けた」ような車が主流になる中、日本が世界に追いつくためにすべきこと
ボルボ・カー・ジャパンの代表取締役社長=マーティン・パーソン氏は、日本の現地採用でボルボに入社し、スウェーデン本社に異動したという異色のキャリアの持ち主だ。日本の現場と世界の潮流の双方を知るパーソン氏に、グローバルな視点から見た日本企業の現状や進むべき方向性について話を聞いた。(2021/8/23)

高性能AIチップで世界へ シニアベンチャーの挑戦 ArchiTek取締役に聞く
大手メーカーのサラリーマンから40代後半で起業した半導体関連のシニアベンチャーが、小型で低消費電力、低価格の自社チップを開発した。IoT機器の内部でデータを扱うエッジAIや画像処理技術に特化し、日本からグローバル市場に挑戦する。(2021/8/23)

お堅い「国税庁一問一答」を超解読!:
<スキャナ保存編>知識ゼロから読める改正電帳法「一問一答」
2022年1月1日施行が予定されている「改正電子帳簿保存法」(以下、改正電帳法)。ここからは、基本編に続き、持木健太氏(TOMAコンサルタンツグループ 取締役)協力のもと「スキャナ保存編」と題して、国税庁の公式サイト「一問一答」をかみ砕いて解説する。(2021/8/26)

家電メーカー進化論:
プロダクトアウトの罠にハマった「象印」のリカバリー戦略
電気炊飯器市場でトップシェアを誇る象印マホービンは、2018年に100周年を迎えた。高級炊飯器のヒットとインバウンド需要に押され、10年ごろから右肩上がりで売り上げを伸ばしたが、16年をピークに減少。そこへコロナ禍が発生した。この長引く苦境をどう乗り越えるのか。取締役の宇和政男氏に話を聞いた。(2021/8/16)

製造マネジメント インタビュー:
高まるアフターマーケット領域の関心、BPMソフトウェア企業が見る国内製造業
ペガジャパンは2021年7月1日、同社 代表取締役に福島徹氏が就任したことを発表した。金融機関を中心にBPM支援ソリューションを展開してきたが、今後は製造業をはじめ他業種への展開を強化する方針だ。福島氏に取材を行い、国内製造業をどのように見ているか聞いた。(2021/8/6)

カードゲーム開発者がSNSで個人を中傷、解職処分に 同社代表ら3人も役員を辞任
トレーディングカードゲームの開発を手掛ける大遊は、同社のスタッフがSNS上で個人へ中傷などの不適切な発言をしたとして、解職処分にしたと発表した。合わせて、代表取締役2人と取締役1人も役員を辞任するという。(2021/8/4)

「四の五の言わずにすぐやる」
できない理由を探さない 澤 円氏が訴える「中小企業が今、できること」
新型コロナウイルス感染症はインターネット並みのインパクトを及ぼしている。そんな中で中小企業が生き残るためには、何が必要なのか。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に話を聞いた。(2021/8/2)

家電メーカー進化論:
「焼きペヤングメーカー」開発秘話 クラウドファンディングで“個性”が大ヒット
「ギガたこ焼き器」や「せんべろメーカー」、「焼きペヤングメーカー」など、ひときわ個性的な家電を展開するライソン。「ライソン発の、世界初をつくる。」と掲げ、ワイヤレススピーカーやアウトドア用品まで展開する。新興メーカーの戦略と、アイデアあふれるものづくりについて代表取締役の山俊介氏に話を聞いた。(2021/7/30)

ブルートレインも「運んだ」技術 アチハ常務取締役・辻野卓さん
ドライブをしていると山の上でゆっくりと回っている風力発電の風車を見ることがある。あんな所に巨大な物をどうやって運んで建てたのか。(2021/7/27)

SNSでプラモ転売容認のホビー雑誌編集者、退職処分に 上司3人も降格 ホビージャパンが発表
自身のTwitterアカウントでプラモデルなどの買い占めや転売を容認する発言を行ったとして、ホビージャパンが雑誌「月刊ホビージャパン」の編集者を退職処分にしたと発表した。常務取締役など、監督者3人を降格させたことも明らかにした。(2021/7/26)

前IntelのCEO、ボブ・スワン氏、大手VC「a16z」のパートナーに
1月にIntelのCEOを退任したボブ・スワン氏が米VC大手Andreessen Horowitz(a16z)にパートナーとして加わった。CFO(最高財務責任者)の経験を生かし、新規投資先の決定や取締役会への参加などを行う。(2021/7/20)

お堅い「国税庁一問一答」を超解読!:
<基本編>知識ゼロから読める改正電帳法「一問一答」
2022年1月1日施行が予定されている「改正電子帳簿保存法」(以下、改正電帳法)。要件が大幅に改正され、承認制度も廃止になったことで、中小企業も広く対応しやすくなった。しかし、ネット上では“現行法”と“改正法”の電帳法情報が混在している上、国税庁の公式サイトに用意されている「一問一答」は内容がお堅すぎて「解読できない……」という人もいるのでは? 数多くの企業を対象に電帳法コンサルタントを担当している持木健太氏(TOMAコンサルタンツグループ 取締役)に、知識ゼロでも分かる改正電帳法のポイントを聞いた。(2021/7/21)

「上場企業の役員報酬額ランキング」最終結果発表 最高額は18億8200万円、トップ10に外国人が7人
「上場企業の役員報酬額ランキング」最終結果が発表。最高額はソフトバンクGのサイモン・シガース取締役の18億8200万円だった。(2021/7/20)

Japan Drone2021:
ドローンは災害対応にどう役立つか?台風19号と福島県沖地震で見えてきた課題と可能性
2019年の令和元年台風第19号と2021年2月の福島県沖地震時に、福島県南相馬市とテラ・ラボがどのように連携し、災害対応にあたったのかを、南相馬市 市長の門馬和夫氏と、中部大学発ドローンベンチャー企業テラ・ラボ 代表取締役の松浦孝英氏(テラ・ラボ代表取締役)が「Japan Drone2021」のシンポジウムで報告した。両者の説明では、ヘリコプターの弱点を補い、非常時にこそ活躍の場が広がるドローンの災害対応での有効性を提言した。(2021/7/14)

製造マネジメント インタビュー:
「失われたものを取り戻す」パナソニック楠見新社長が求めるトヨタ式現場力
2021年4月にパナソニックのCEOに就任し、同年6月に代表取締役 社長執行役員となった楠見雄規氏が報道陣の合同インタビューに応じ、事業会社制の狙いや2年間のオペレーション力強化への取り組み、パナソニックの強みなどについて説明した。(2021/7/13)

Facebook幹部のシモ氏をInstacartがCEOとして引き抜き
Facebookのベテラン幹部でアプリ責任者を務めるフィジー・シモ氏が退社する。食品配達サービスのInstacartがCEOに迎え、共同創業者の現CEOは取締役会長に退く。(2021/7/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アマゾン創業者退任、どんな影響が? 国内外の「退任劇」を振り返る
米国のIT大手、アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏が6日、CEOを退任し取締役会長となった。後継には、AWSを率いるアンディ・ジャシー氏が就任している。企業の顔ともいえる創業者がCEOや会長の座を降りた時、市場にはどのような影響があるのだろうか。国内外の事例を確認していきたい。(2021/7/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.