• 関連の記事

「デジタル化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタル化」に関する情報が集まったページです。

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタル化の2周目対応に失敗すると撤退も、もっとも好ましい対応は創造型の両利き――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
マクロ的には既存企業は強いが、常に少数の企業は破綻している。一方、急成長する少数の新興企業も存在する。2000年以後の破綻企業は、デジタル化への対応失敗企業が多く、全企業が切迫度は異なるがデジタル化対応を求められている。(2022/7/4)

3Dスキャナーニュース:
深層学習で透明や黒色、金属の物体を忠実に再現する3Dスキャン代行サービス
Preferred Networksは、多様な材質の対象物品をデジタル化する、3Dスキャン代行サービス「PFN 3D Scan」の提供を開始した。深層学習を用いた独自技術と3Dスキャン装置により、透明、黒色、金属などの物品でも忠実に再現できる。(2022/6/30)

デジタルツインを実現する「NVIDIA Omniverse」:
PR:品質向上と業務最適化に効く“モノづくりのメタバース”とは?
モノづくりの品質向上や業務最適化を図るためにデジタル化は欠かせない。だがツール併用によるデータ変換の手間など課題も多い。デジタルにおける諸課題や多様なビジネスプロセスの最適化に効く“モノづくりのメタバース”とは?(2022/6/29)

製造マネジメントニュース:
マイクロソフトとP&G、クラウド活用による製造業のデジタル化に向け提携
マイクロソフトは、クラウドを活用した製造業のデジタル化に向け、The Procter & Gamble Company(P&G)との提携を発表した。「マイクロソフト Azure」を基盤とし、P&Gの世界100カ所以上の製造拠点のデータをデジタル化して統合する。(2022/6/27)

2022年度「IT導入補助金」を徹底解説――「インボイス制度」対応を支援 PCも補助対象に
2022年1月19日、政府は2022年度のIT導入補助金の概要について公表しました。今回、企業間における取引のクラウド化拡大やデジタル化の推進、インボイス制度の導入や、新たな類型などが大きなポイントです。本記事では、どの部分が強化されたのか詳しく解説します。(2022/6/22)

変わりゆくBCPの在り方、データをどう守るか
コロナ禍を経て、今あらためて考えるべき「バックアップの重要性」とは?
テレワークの普及やビジネスのデジタル化により、ITシステムの障害やデータ損失が企業に与える影響が大きくなっている。その中で鍵を握るのが「バックアップ」だ。ビジネスや事業継続の観点から向き合うことが求められている。(2022/6/22)

ハイブリッドワークを支えるソリューションが一堂に会した「第2回 デジタル化・DX 推進展」で見つけたもの
東京ビッグサイトで開催された「第2回 デジタル化・DX推進展」において、さまざまな企業が展示を行っていた。その中から、気になるトピックを紹介する(2022/6/17)

巨大ITの監視強化 公取委、情報収集へ初期段階でも事件概要公表
公正取引委員会が、社会のデジタル化などに対応するための新たな対応方針を発表した。独占禁止法の審査の初期段階でも事件の概要を公表し、広く第三者から情報を収集できるようにするなど、巨大IT企業への監視体制を強化する。(2022/6/17)

製造マネジメント インタビュー:
品質不正にもつながるスキル管理のばらつき、デジタル化による可視化で改革を
多くの製造現場ではスキルマップを作成し、技術者のスキルを見える化、管理、運用する体制を整えている。品質マネジメントの国際規格であるISOの監査などで必要になるためだ。一方で現在、技術者のスキル取得状況を可視化することで、経営戦略の実現や品質不正の防止に役立てようとする動きもあるという。デジタル上でのスキル管理サービスを展開するSkillnote 代表取締役に、国内製造業におけるスキルマネジメントの現状や課題について話を聞いた。(2022/6/14)

MUFG「Progmat」とは? Web3時代のデジタル資産プラットフォームでできること
従来型の金融ビジネスモデルにも、Web3へ向けての変化が求められる。MUFGが提供するプラットフォーム「Progmat」は企業のデジタル化を促進し、新たな未来を創造できるか。(2022/6/14)

今日のリサーチ:
不適切なパーソナライゼーションは企業への信頼を低下させる――アドビ調査
パンデミックに伴うデジタル化の推進、個人情報保護と脱サードパーティーCookieの潮流など、マーケターを取り巻く環境が大きく変化しています。顧客との関係構築の在り方を見直す上で、鍵となるのが「信頼」です。(2022/6/13)

ハノーバーメッセ2022:
産業界の脱炭素を加速するシーメンス、CO2排出量管理の協会も設立
「11年前に提唱したインダストリー4.0が、今まさに実現している」――。シーメンスは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30日〜6月2日)において、脱炭素化、持続可能な社会実現を加速するデジタル化技術を紹介した。また、会場では記者会見も実施し、CO▽▽2▽▽排出量に関する情報の管理などを目的とする非営利団体「Estainium協会」を14の企業/団体と共に設立したとも発表した。(2022/6/14)

ServiceNowが自治体のデジタル化を支援 「脱・手作業」を推進するソリューションのポイントは?
コロナ禍を経てデジタル化の遅れが浮かび上がる中、自治体のDXは急務だ。ServiceNowは「自治体には人を中心に据えた利便性の高い仕組みが重要だ」という。同社の自治体支援ソリューションのポイントは何か。導入事例も交えて見ていく。(2022/6/10)

デジタル化で先見の明 出井伸之さん
「これからもデジタル・ドリーム・キッズでありたい」−。「デジタル・ドリーム・キッズ」とは平成7年、出井さんがソニー社長に就任した際、デジタル化路線を示すにあたって打ち出した名キャッチフレーズだ。(2022/6/8)

日銀CBDC、DCJPY、JPYCの違いは? デジタル通貨の種類と仕組みを解説
通貨のデジタル化が進んでいる。日本国内でも複数のデジタル通貨が存在するがその違いは何なのか。(2022/6/9)

アナログ規制4000件見直しへ 条件緩和で作業をデジタル化しやすく
政府のデジタル臨時行政調査会が、現場の目視確認や対面講習の義務付けなどの「アナログ規制」のうち約4000件について、デジタル技術を活用できるよう見直しを進める方針を明らかにした。少子高齢化に伴う人手不足の解消や先端技術の活用拡大が狙い。(2022/6/6)

製造マネジメントニュース:
DXのイメージを具体的につかむ、シーメンス製品の体験施設「DEX Tokyo」開設
シーメンスは2021年6月1日、デジタルツインやロボットによる自動化など、製造工程のデジタル化に貢献するソリューションが体験できる「DEX Tokyo」を開設した。デモ展示を通じて、デジタル化ソリューションやロボットの導入前後のイメージを具体的に把握することが可能になる。(2022/6/6)

りそなHD南社長「アプリ1000万DL目指す」 デジタル活用で地銀と連携強化へ
りそなホールディングスの南昌宏社長(56)は1日までに産経新聞のインタビューに応じ、同社が提供するスマートフォン向けアプリについて「1千万ダウンロードを目指す」と述べ、金融サービスのデジタル化を加速する方針を明らかにした。顧客基盤を拡大する上で、デジタルを活用した地方銀行との連携の重要性も強調した。(2022/6/2)

りそなHD南社長「アプリ1000万DL目指す」 デジタル活用で地銀と連携強化へ
りそなホールディングスの南昌宏社長は、同社のスマホ向けアプリについて「1000万ダウンロードを目指す」と述べた。金融サービスのデジタル化を加速する。顧客基盤を拡大にはデジタルを活用した地方銀行との連携も重要と強調した。(2022/6/2)

デジタル化で利便性向上 国立国会図書館関西館・伊藤館長
国立国会図書館が始めた「個人向けデジタル化資料送信サービス」が人気だ。サービス開始の準備などに携わってきた関西館の伊藤館長は「多くの方に利用していただきたい」と期待を込める。(2022/6/1)

Innovative Tech:
印刷文書に手書きした“メモのみ”を抜き出し、PDF文書に挿入 ドイツの研究チームが技術開発
ドイツのUniversity of Regensburgの研究チームは、印刷した文書に直接書いた注釈のみをデジタル化して抽出できるシステムを開発した。デジタル化した注釈は、元のPDF文書に重ねるように挿入できる。(2022/6/1)

野村とLINE証券、利率2.5%の個人向けデジタル社債 狙いは若年層向けマーティング
野村證券とLINE証券は5月31日、個人向けの公募引受型デジタル債を手掛けると発表した。投資運用会社のスパークス・グループが発行した社債を、野村證券が引き受けBOOTRYのブロックチェーンプラットフォームibetを用いてデジタル化。LINE証券が、個人投資家向けに販売する。(2022/5/31)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
35mmフィルムを直挿し 手軽で時短なフィルムスキャナーを試した
銀塩フィルム時代の写真をデジタル化したいが、面倒くさいという人も多いはず。でも最近はものすごく簡単に使えるフィルムスキャナーが出ている。スナップをたくさんデジタル化したいといったカジュアルニーズにはぴったりだ。(2022/5/30)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(後編):
【特別寄稿:後編】改正宅建法が施行!不動産業界のデジタルシフトは実現するか?
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/30)

ワイヤレスジャパン 2022:
ソフトバンクは今まで以上に「5Gらしさを追求」 5G SAと5G-Advancedによる“真の5G”へ
5月25日から開催されている「ワイヤレスジャパン 2022」。2日目の26日には、ソフトバンクの常務執行役員 兼 CNO(Chief Network Officer)の関和智弘氏が、「ソフトバンクが目指す超デジタル化社会」と題して講演し、ソフトバンクが5Gや5G-Advancedの技術を活用して社会を変革する取り組みについて語った。(2022/5/27)

医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記
医療機関や自治体が電子カルテやレセプト(診療報酬明細書)、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境を整備したり、感染症の流行状況などを的確に把握したりする狙いがある。(2022/5/27)

医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記
政府の「骨太の方針」に、医療現場でのDXを加速する基盤の創設を盛り込むことが分かった。医療機関や自治体が電子カルテやレセプト、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境の整備、感染症の流行状況の把握などを目指す。(2022/5/27)

考慮すべき4つのポイントとは:
デジタル化急務の工場、既存資産をセキュリティリスクからどう守るか
製造業でITを活用した取り組みを進める上では変化に応じた「セキュリティ対策」も進めていく必要があります。セキュリティ対策を検討する際に考慮すべき4つのポイントや、導入のメリットを整理します。(2022/5/26)

新潟県岩船郡粟島浦村が「クラウドサイン」を導入 契約業務を効率化
新潟県岩船郡粟島浦村は、弁護士ドットコムのクラウド契約サービス「クラウドサイン」を導入した。契約業務全般をデジタル化し、村役場業務の最適化とDX施策を推進する。(2022/5/20)

国立国会図書館が所蔵する絶版本、PCやスマホで閲覧可能に 約153万点 きょうから
国立国会図書館が、絶版になった本など入手困難な資料を、個人がネット経由で閲覧可能にするサービスを始めた。蔵書をデジタル化したもののうち、3カ月以内に入手困難な状態が解決する可能性が低い資料約153万点を閲覧可能にする。(2022/5/19)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(前編):
【特別寄稿:前編】アドビ独自の業界別調査から見えてきた“不動産テック”の実態
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
紙の書籍をデジタル化するように、空間も3Dで“自炊”する時代に!?
実際に体験してみると、想像以上に手軽でとても身近に感じられました。(2022/5/12)

半額以上割引するセールも:
ドンキ渋谷、「NFT」の配布キャンペーン 開業5周年記念で限定イラストを用意
MEGA ドン・キホーテ渋谷本店は開業5周年を記念してNFTの配布キャンペーンを実施する。ドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」の5周年限定イラストをデジタル化。最低でも半額以上の割引を実施するタイムセールも開催する。(2022/5/10)

自己流のサポートに限界を感じた情シスに向けて
DXにサポート業務……疲弊するIT部門にこそ必要なITSMツールとは
DXやデジタル化戦略ばかりに目を向けて、それを裏で支えるITサービス管理がおざなりになってはいないだろうか。いくら業務のデジタル化が進んでもITシステムをうまく運用できていなければ意味がない。(2022/5/9)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
古い一眼レフをiPhoneでデジタル化 「デジスワップ」が生み出す写真が味わい深い
まだ開発中という「DIGI SWAP」(デジスワップ)を借りて試した。わざわざ古いフィルムカメラを引っ張り出してiPhoneを装着して遊ぶという、極めて趣味性の高いガジェットは、味わい深い写真の世界を見せてくれた。(2022/4/28)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(1):
【新連載】間もなく“宅建業法改正”、不動産取引における「電子サイン」の実態は?
間もなく2022年5月に宅地建物取引業法(以下、宅建業法)が改正され、不動産契約の場面においても、押印や書面交付のデジタル化が進むと予想されています。そこで、アットホームが実施した「不動産取引における書類のオンライン化・電子サインに関する実態調査」をもとに電子サイン利用の実態を解説していきます。※本記事は、宅建業法改正前(2022年4月時点)に執筆したものです。賃貸借更新時と賃貸借解約時における取引場面では、既に電子サインが認められています。(2022/4/28)

中小製造業DXの「はじめの一歩」を無理なく実現:
PR:分業とコスト削減による悪循環から脱する“設計力強化戦略”とは
日本製造業は、優位性だった分業化がネックとなり競争力が低下、だが長年続いたプロセスをすぐには変えらないという“悪循環”に陥っている。解決のヒントは、設計プロセスのデジタル化による「設計力強化戦略」だ。(2022/4/28)

製造ITニュース:
デジタル化した業務ノウハウを自動提供する日立のデータ管理プラットフォーム
日立製作所は、製造業の属人的な業務ノウハウをデジタル化し、各システムに散在するデータを統合管理して必要な情報を適切なタイミングで自動提供するデータ管理プラットフォーム「WIGARES」を発売した。(2022/4/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
“正直に わかりやすく、安くて、便利に。”DXで生命保険の顧客体験をリデザインする――ライフネット生命 森亮介社長
現在、多くの企業が、デジタル化やDXにより、顧客とのタッチポイントに工夫を凝らしている。ライフネット生命では、生命保険業界を取り巻く現状や課題をもとに、「顧客体験の革新」に取り組んでいる。(2022/4/25)

知ってる? 大手企業も注目する「デスクレスSaaS」の世界:
今アツい?「非デスクワーカー向けSaaS」、有利・不利な事業領域を“中の人”が分析
ホテルや工場、飲食店といった現場で働く「ノンデスクワーカー」の業務をデジタル化する「デスクレスSaaS」。現在、どんな事業領域でのビジネスが活発になっているのか。実際にデスクレスSaaSを提供するカミナシの諸岡CEOに分析してもらった。(2022/4/19)

アナログな情報収集/戦略構想を変革せよ:
PR:R&Dに求められる情報収集のデジタル化、“言葉のAI”でリサーチDXを推進
デジタル技術でビジネスが変わる中、事業成長の源泉である研究開発にも変革が求められている。課題は戦略構想の基点となる「情報収集」がアナログのまま取り残されていることだ。多様なニーズに対応し成果を出すための“リサーチDX”とは?(2022/4/28)

東京メトロの「全駅スタンプラリー」、デジタルで復活 17年ぶり
東京メトロは18日、沿線の全138駅を巡る「東京メトロ全駅スタンプラリー」をデジタル化して実施すると発表した。2005年以来17年ぶりの開催。(2022/4/18)

製造業でサイバー攻撃が急増する背景:
工場のデジタル化を進めながら考える、セキュリティの「全体最適」ポイント
「IT(Information Technology)とOT(Operational Technology)の融合」というキーワードを耳にする機会が多くなりました。製造業でITを活用した取り組みを進める上では変化に応じた「セキュリティ」も進めていく必要があります。ITとOTの融合でどのような変化が求められるのか、セキュリティ対策のポイントを2回に分けて解説します。(2022/4/19)

民事書類のWeb提出可能に 裁判所「デジタル化」へ加速
最高裁は2022年に入り、現在ファクスなどでやりとりしている民事裁判の書類を、インターネット上で提出できるシステムを開発。4月下旬から本格運用を始める。全面IT化はまだ先だが、関係者は「現行法下でもできることから変えていきたい」と意気込む。(2022/4/13)

NEWS
富士通Japan、デジタル教材用のSaaSを提供 教員の負担軽減になる機能とは
富士通Japanは「デジタル教材提供サービス」をSaaSとして提供開始した。同サービスは紙教材のデジタル化や新規教材の作成を支援する。児童や生徒の主体的な学習や、教員の負荷軽減につながる機能とは。(2022/4/12)

配膳からBGM選定まで:
東銀座の築地銀だこで「本気のデジタル化」をしたら、何が起きた?
「ギンダコハイボール横丁 東銀座店」で、店舗のデジタル化が進んでいる。配膳からBGM選定までデジタル化した店舗とは? デジタル化で得られた思わぬ成果とは? 話を聞いた。(2022/4/11)

月刊総務が調査:
デジタル化したい業務1位「文書管理」 DX課題は「従業員のリテラシー不足」が最多
総務専門誌「月刊総務」を発行する月刊総務(東京都千代田区)は、全国の総務担当者を対象に「DXに関する調査」を実施した。(2022/4/7)

ふくおかFGの五島新社長インタビュー「客本位、収益上げ続ける」デジタル化軸に変革
マイナス金利政策の長期化など金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、持続的な成長に向けて「顧客本位を徹底し、収益を上げ続ける」などと抱負を語った。(2022/4/7)

公開したWebサイト全てが狙われる時代、セキュリティ対策効率化のヒント:
PR:脆弱性、対応する人も時間もない――エキスパートに聞く解決策
社会全体でデジタル化が加速し、Webサイトは重要な顧客接点の一つになっている。一方で、サイバー攻撃による企業の被害は事業継続を脅かすほどに深刻化しており、迅速な対策の見直し、強化が求められている。ソフトウェアからミドルウェアまで日々多数の脆弱性が発覚する一方、企業の人材や予算は限定的だ。ビジネスを確実に守る方法はあるのか。(2022/4/18)

デジタル化の取り組み競う「甲子園」、岸田総理が開催表明 全国の先進事例を表彰
岸田文雄総理は、地方のデジタル化を進めて都市との差を縮める革新的な取り組みを全国から募集して表彰する「Digi田甲子園」を開催する方針を明らかにした。(2022/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.