• 関連の記事

「節電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ファミマ、9月まで「サマータイム」を導入 店舗除き本社や営業所で、勤務時間を1時間繰り上げ
節電や生産性の向上を推進する狙いがある。(2024/7/18)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
「Nature Remo Lapis」は節電機能にフォーカス! 新タイプのスマートリモコンを試して分かったこと
数々のスマートリモコンを手がけるNatureから、一風変わった新モデル「Nature Remo Lapis」が発売された。早速、実機を試してみた。(2024/7/18)

スマート家電音痴でも手軽に節電? 石ころデザインのスマートリモコン「Nature Remo Lapis」登場
Natureが、新型スマートリモコン「Nature Remo Lapis」を発表した。累計販売台数65万台を記録した「Nature Remo」のデザインと機能を大幅に刷新した新モデルで、想定販売価格は7980円となる。(2024/6/26)

プロダクトInsights:
「石ころ」そっくりの新スマートリモコン発売、エアコン制御で節電 「auでんき」との共同サービスも
「海辺の石」のような見た目をしたスマートリモコンが登場した。「auでんき」契約者へのオプションサービスとしても展開する。(2024/6/26)

「2024年の夏は節電要請しない」 経産省
経済産業省は6月4日、2024年の夏は節電要請を行わないと発表した。(2024/6/4)

エアコンの室外機に“濡れタオル”はあり? なし? ダイキン、SNSで話題の「節電術」を検証
ダイキンは、近年SNSで節電術として話題になっている「室外機に濡れタオル」について、実際の利用環境で比較した結果を公開した。(2024/4/24)

ドコモでんきで「ピークシフト」をするとdポイントがもらえるプログラム開始 自動節電サービスも提供
NTTドコモの電力サービス「ドコモでんき」で、電力のピークシフトをすると、その取り組みに応じて「dポイント」がもらえるエコプログラムが始まる。エアコンを自動で制御して節電をサポートする機能も新たに提供される。(2024/3/4)

暖冬でも爆売れ、山善の「着る電気毛布」 数万件のレビューを分析して見えた改善点
電気代の高騰による節約意識の高まりから、節電タイプの暖房器具が注目を集めている。家電メーカーの山善が手掛ける暖房アイテム「くるみケット」もその1つだ。開発担当者の加美将希さん(同社家庭機器事業部)に話を聞いた。(2024/1/4)

SNSから人気拡大、ニトリ「スマホ毛布」 若者向けに開発も、意外なユーザーから支持
電気代の高騰による節約意識の高まりから、消費電力が大きいエアコンを使用しなくても温かくなれる商品が注目を集めている。こうした節電ニーズとスマホを組み合わせて生まれたのが、ニトリの「スマホ毛布」だ。(2023/12/17)

冬の電気代を節約する方法 2位「電気代の安い暖房器具」、1位は?
電気代高騰の折、暖房が欠かせない冬は節電への関心が高まる。不動産の情報メディアを運営するAlbaLink(東京都江東区)が冬の電気代について調査を実施した。(2023/11/27)

調査レポート:
パナソニック、エアコンや冷蔵庫の節電法を紹介
パナソニックがエアコンや冷蔵庫の節電法を紹介。エアコンに関しては、フィルター掃除、風量と温度を上げること、室外機の周辺にものを置かないことなどが節電法として挙がっている。(2023/8/14)

エアコン消して節電! → 熱中症で入院費数万円 “やってはいけない節電”の漫画が肝に銘じておきたいオチ
もはやエアコン無しで過ごせる気候ではない。(2023/8/4)

PR:「ポータブル電源」を持つメリットは? 節電も防災も“この1台で十分” 使って分かった推しポイント
(2023/7/21)

それは逆効果:
約6割が「エアコンの節電方法を誤解」、風量はできるだけ「弱」で使う
ダイキン工業は「エアコンの節電に関する実態調査」を実施した。夏場にエアコンを使う際、節電になると思うものを聞いたところ……。(2023/7/16)

ダイキンによる“エアコンの仕組み”動画が超分かりやすい 冷える原理から節電テクがなぜ有効なのかなど解説
そういう原理だったのかー。(2023/7/14)

節電テック:
節電しながら「室内熱中症」避けるには? ポイントは湿度と〇運転
今回のトピックは「室内熱中症」。節電と熱中症対策を両立させるには?(2023/7/11)

エアコンの室外機に「ぬれタオル」で電気代節約? メーカーは「本末転倒」リスク指摘……オススメ節電方法は
節電効果があるというツイートが拡散されていました。(2023/7/11)

続く猛暑、電気代を安く抑えたい…… エアコンと冷蔵庫の節電術、パナソニックが公開
パナソニックは、夏に向けて特に使用頻度が増えるエアコンと冷蔵庫の節電術を紹介した。同社は「節電術のもと、エアコンを上手に使うと年間1万円以上の節約ができる」と説明している。(2023/7/7)

PR:キャンプシーズン到来! 大容量、節電効果、環境配慮と全てを兼ね備えたポータブル電源の有力候補「BLUETTI AC180」をレビュー
(2023/6/30)

PR:天井知らずの電気料金 「ポータブル電源」で“節電”しませんか? “防災”にも役立つJackery新製品のポイント解説
(2023/6/15)

利用客の声受けて開発:
ニトリ、木目調節電タップの取扱いを全店舗に拡大
ニトリは木目調の節電タップを全店舗で販売する。一部店舗で試験販売したところ好調だった。おしゃれに待機電力をカットできる商品として訴求する。(2023/6/13)

「夏の節電」に有効な家探しのポイント 2位「窓の数や位置」、1位は?
住まいを選ぶ際、湿気・暑さ対策を考慮した人はどのくらいいるのか。また、多くの人はどういったポイントを考慮しているのか。LIFULLの調査で明らかになった。(2023/6/11)

今年の夏は東京エリアのみ「節電」呼び掛け 背景は?
政府は6月9日、この夏の電力需給について、東京エリアは厳しい状況にあるとし、7月と8月に節電を呼び掛けると発表した。(2023/6/9)

エアコンの節電方法をダイキンが伝授 電気代値上げ後の夏を乗り切る技を身に着けよう
そろそろエアコンの季節。(2023/6/1)

スマートリモコン「Nature Remo」値下げ 「電力マネジメントで家計支援」
「Nature Remo」シリーズ4機種が値下げ。「節電や電気の使い方に注目が集まる今、スマートホームとエネルギーマネジメントで家計を支援したい」(2023/5/30)

節電テック:
全問正解わずか7.3%、エアコン冷房の「節電」理解度クイズに挑戦
今回のトピックは三菱電機が実施した「エアコン冷房の節電理解度調査」です。男女600人に解いてもらったところ、全問正解者はわずか7.3%。あなたは?(2023/5/18)

知らないと損!?業界最前線:
2023年、エアコンのトレンドは「換気」から「節電」へ AI活用の最新技術
気温も上がってきて、夏の暑さ対策を考える時期になった。今回はエアコンの最新事情を解説する。さまざまな値上げを背景に、メーカー各社は節電機能をアピールした新製品を投入。センサーとAIの活用で節電と快適さを両立させたモデルもある。また持ち運びのできるバッテリー式のモデルも発売される。(2023/4/28)

ダイキンが「エアコンの試運転」に適した気温を発表 23〜25度が「最適」、26度を超えたら……
節電しながらエアコンを使う方法も紹介しています。(2023/4/14)

節電テック:
新生活の家電選び、店頭の“電気代”表示はアテにできる?
今回のトピックは「省エネ目線の家電選び」です。新生活シーズンで引っ越したり、家電を購入したりする人も多いはず。節電を念頭に家電を選ぶ時、どこに注意したら良いのでしょうか。(2023/3/30)

政府の「節電ポイント」、家庭の登録は約706万件にとどまる
節電をすると電力会社を通じて“節電ポイント”が付与される「節電プログラム」。電気料金を引き下げる政府肝いりの施策だが、参加した家庭は1月末時点で約706万にとどまる。(2023/3/27)

AIに相談だ!:
ChatGPTに「節電のためにサーバルームのエアコン止めていい?」と聞いたら AIは事故を防げるか
AIチャットbot「ChatGPT」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。ChatGPTの反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/2/27)

スマホの充電でどれだけ電気代がかかる? 少しでも節電するために注意すべきこと
今回は、スマートフォンなどの端末を充電した際にかかる電気料金について考えてみた。リチウムイオンバッテリーは定格電圧3.7Vとし、電気料金は東北電力の従量電灯Bの1kWh 29.28円で算出した。フル充電後も少量だが電気が流れ続けることがある。(2023/2/17)

LINE調べ:
節電の工夫 2位「服装の調整」、1位は?
LINEは運営するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」にて、「節電」に関する調査を実施。普段節電のためにやっていることと、普段節電を意識しているかどうかについて尋ねた。(2023/2/15)

電気代高騰の影響ここにも:
「去年より電気代上がった」75%、節電意欲が高い人・低い人で「3.7倍」興味の差があることは?
ソーラーパートナーズは、「2022年の電気代高騰と消費者の節電意識」について発表した。家庭での節電について「意識している」「やや意識している」ともに40%と、8割が節電意欲が高いことがわかった。節電意識が高い人が興味・関心を持っていることは?(2023/2/14)

子育て中のタレント、高騰する電気代に悲鳴「先月は37000円……」 “子ども&ペットがいる家庭”の悩みも「暖房の節電は難しい」
値上げつらい。(2023/1/26)

来週は「近年にないレベルの寒波」 全国で大雪・寒さ、資源エネルギー庁の電力需給見通しは
1月23日週は、全国を襲う強力な寒波の到来が予想される。資源エネルギー庁も「来週の電力需要は高い水準となることが想定される」とコメントしており、節電を呼び掛けている。(2023/1/20)

節電テック:
加湿器、あえて〇を選ぶと節電に
今回のトピックは「加湿器選び」。乾燥する冬には欠かせないという方も多いと思います。でも節電を念頭に製品選びをする場合はどこに着目したら良いのでしょう。(2023/1/13)

節電テック:
こたつのヒーター、誰でも〇で交換できる
今回のトピックは前回に続き、節電の味方「こたつ」。国内メーカーの製品は簡単にヒーターを交換できます。故障時には廃棄物を減らせ、より省エネのヒーターに交換することも。(2023/1/10)

節電テック:
節電の味方、「こたつ」の電気代は1時間〇円
今回のトピックは「こたつ」。日本が世界に誇る暖房器具は節電という意味でもかなりの優等生です。(2022/12/28)

歩けるこたつ、販売好調 複数人世帯でも「1人用暖房」が売れるワケ
冬の到来で暖房器具を使いたいが、電気代高騰が気になる──。パナソニックの調査では、今年の冬に節電のため、暖房の利用をガマンしようと考えている人は約48%に上る。本格的な寒さを迎える中、消費者の動向に変化が出てきているようだ。(2022/12/21)

家計の中で節約したい費用 3位「日用品代」、2位「食費」、1位は?
ダイキン工業は、12月1日からの節電要請を受け、「節約・節電に関する実態調査」を実施した。さまざまなものの値段が上昇している中、9割以上が負担増加を感じていることが分かった。(2022/12/19)

電気業金は1年で1.3倍に、企業の対策トップは「こまめな節電」
帝国データバンクが、電気料金の値上げに対する企業の取り組みに関するアンケート調査結果を発表。電気料金のコスト増に対する対策や、自社の商品・サービスへの価格転嫁に関する状況をヒヤリングしている。(2022/12/14)

節電テック:
冬のエアコン、まだ寒いのに「弱運転」になる原因は〇 対策して節電も
部屋の中はまだ寒いのに、エアコンが勝手に弱運転になり、いつまでたっても暖まらないなんてことはありませんか? ここで設定温度を上げると無駄に電力を消費してしまう可能性があります。(2022/12/5)

節電テック:
冬のエアコン、気温〇度以上は「小まめに消す」と節電に
今回のトピックは「冬のエアコンのつけっぱなし運転」です。暖房シーズンで節電するには、「小まめに消す」と「つけっぱなし」はどちらが得かパナソニックがシミュレーションしました。(2022/11/29)

冬の節電要請、経産省が発表 7年ぶり “無理のない範囲での節電”を呼びかけ
経済産業省は、国民と事業者に向けて省エネや節電を要請した。期間は12月1日から3月31日までで数値目標は定めておらず、“終日、無理のない範囲での節電”を呼び掛けている。(2022/11/1)

節電の時間になるとエアコンが自動停止 東京ガスの実証実験
東京ガスは、電力需給がひっ迫する時間帯になるとリモート操作で利用者宅のエアコン設定温度を変更したり、運転を停止したりする実証実験を行う。(2022/10/14)

節電テック:
10年前のエアコン、新型にすると電気代は〇円安くなる
今回のトピックは「エアコンの買い換えによる節電効果」です。10年前のエアコンと現在の製品ではどのくらいの差があるのでしょうか。(2022/9/28)

Nature調べ:
節電のための行動 2位「家電を使う時間を減らす」、1位は?
IoTプロダクトの企画・運営を行うNature(横浜市神奈川区)は、全国20〜59歳の男女を対象に、「夏の電力使用に関する意識調査」を実施した。節電についてどんな行動をしているか聞いたところ、最も多かったのは「エアコンの温度調節」(68.7%)だった。(2022/8/16)

猛暑:
「フィルター掃除」「室外機周辺の片付け」の両方を実施した場合、電気料金はいくら減るのか ダイキンが調査
エアコンの「フィルター掃除」「室外機周辺の片付け」による節電効果は?ダイキン工業が調査を実施した。(2022/8/12)

知らないと損?業界最前線:
大ヒットの「ネッククーラー」、技術進化で冷却方式もさまざま、節電にも
35℃を超す酷暑日が続くなか、モバイルタイプの「清涼家電」が大人気だ。2018年にヒットした「ハンディファン」に続き、いま注目を集めるのが、首筋などを効率的に冷やす「ネッククーラー」。モバイルバッテリーなどの電源を使うタイプのほか、特殊素材により電源不要で利用できるタイプもある。(2022/8/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.