• 関連の記事

「肥満」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「肥満」に関する情報が集まったページです。

【がんに気付くまで】いつもよりツラい生理「気が付くと床に倒れていました」 “生理中の失神”で子宮体がんが発覚した……というお話
3年前にがんが見つかって治療→現在は普通に仕事、生活しているという方の体験談。(2021/9/21)

サラリーマン、プリキュアを語る(特別編):
6カ月で18キロ痩せた、実践「プリキュアダイエット」のススメ 決め手は「プリキュアカレー」と「フィットボクシング」
妄想フィットボクシング、本当にオススメですよ。(2021/8/15)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「睡眠8時間+8時間の断食」で、体重60キロが53キロ、体脂肪率17%が6.6%に
間歇的断食により、集中力の増加や認知機能の改善、肥満者における体重減少などの効果が期待できる。断食と聞くと難しく考えがちだが、大事なのは無理せず長く続けること。(2021/8/4)

医療技術ニュース:
糖尿病の影響で、軽度のアルツハイマー病が悪化することが明らかに
九州大学は、糖尿病が脳内のインスリン抵抗性とDNAの酸化損傷を引き起こすことで、軽度のアルツハイマー病の病態が悪化することを明らかにした。糖尿病の予防により、アルツハイマー病の発症や進展を制御できる可能性が示唆される。(2021/7/29)

「ゲス極」休日課長、9カ月のダイエットで16キロ減 顔回りスッキリ「さらにマイナス5キロ」目指す
健康に目覚めた休日課長さん。(2021/6/24)

10キロダイエット成功の和地つかさ、ぽっちゃり支持に反論 「ずっと太っているのが嫌だった」「今の私で幸せです!」
「グラビアファンの方は賛否あるかもしれません」と理解示しつつ。(2021/6/22)

XL→Sサイズに!? グラドル和地つかさ、ライザップで-10キロ&ウエスト-19センチの“完璧ボディメイク”に成功
おなか周りが別人。(2021/6/21)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

週末に「へえ」な話:
「ガーガー」音はどうすればいいのか 頭を突っ込む「防音グッズ」が面白い
いびきの「ガーガー」音に悩まされている人も多いのでは。そんな悩みを抱えている人向けに、防止グッズがたくさんある。ちょっと調べたところ、防止ではなく、防音グッズも。どんな商品があるのかというと……。(2021/5/30)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズのワンちゃんたち 2021年5月号
かわいいワンちゃんたちがいっぱいです。(2021/5/16)

今こそ福利厚生を見直すべきワケ:
PR:総務が活用したい、Amazonギフト券が登場 「社員の健康的な生活」「快適なテレワーク環境」づくりに貢献
日々忙しい総務の現場。コロナ禍をきっかけに、社員の健康的な生活や、テレワーク環境を整えるという大仕事も新たに加わった。そんな中で活用したいのが、Amazonが企業向け福利厚生プログラムとして展開する新商品だ。(2021/5/18)

日本人の平均睡眠時間は「世界最短」 ショートスリーパーの割合も最多に
日本人の平均的な睡眠時間はどれくらいなのだろうか。日本を含めた14カ国の睡眠時間について調査したところ、日本は2020年の平均睡眠時間が世界で最も短く、6時間22分19秒であることが分かった。(2021/5/1)

コンビニごはんで健康的な食事を目指す書籍『カラダにやさしいコンビニごはん100』発売
ネットで話題になった「深夜勤務者のための食生活ブック−健康をめざすコンビニ食の選び方−」を発展させた書籍です。(2021/4/20)

17.6キロ減の「8.6秒バズーカー」はまやねん 7カ月間のリバウンドでまたもでっぷり体形に「このような惨事になりました」
成功しても気を抜けないのがダイエット。(2021/4/14)

猫「ぜい肉じゃないにゃ」 お腹のたるみは身を守るヨロイだった!? ……かもしれない猫漫画が面白い
たるん、ぷるん、ゆらゆら〜。(2021/4/11)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「小さいものは淘汰される」 米国スーパーマーケット市場で進む“食の砂漠化”
米国のスーパーマーケット業界では、大手チェーンと独立系のパワーバランスが崩れ、さまざまな問題が起きています。背景には、独立系スーパーマーケットが不利な立場を強いられてしまう不公平な市場構造があり、これが「食の砂漠」を生み出しているのです。(2021/4/1)

生産性低下を招く:
「コロナ不眠症」が増え、注目されている業界は?
新型コロナウイルス感染症の「影響」によって引き起こされている、ある健康問題が懸念されている。それは「コロナ不眠症」。睡眠不足に悩まされる人が増えていることによって、とある業界が注目を浴びていて……。(2021/3/28)

医療技術ニュース:
呼気を用いて体脂肪の燃焼をモニタリングする簡易な方法を開発
東北大学は、簡易な装置を用いて、脂肪が燃焼する際に発生する呼気中のアセトンガスを精密に測定し、運動後の脂肪燃焼の様子をモニタリングすることに成功した。脂質代謝メカニズムの詳細な解明や糖尿病の無侵襲診断への応用が期待される。(2021/2/16)

日本陸連、アスリートの身長・体重情報を非公開に 情報収集も基本控える方針
選手への誹謗(ひぼう)中傷や誤った情報の拡散が背景にあると説明しています。(2021/2/15)

Innovative Tech:
胃に埋め込む食欲ペースメーカー 青色LEDで偽の満腹感与えて食欲を抑える
マウスでの実験だが、人間にも適用できるだろうか。(2021/1/27)

コロチキ西野、6カ月の“半身浴ダイエット”で10キロ減 危ういやり方に「めちゃめちゃ不健康」の指摘も
相方・ナダルさんはやる気ゼロのもよう。(2021/1/21)

ちょっとした不安:
「雑談が足りない」7割 テレワークで働く会社員
テレワークをしていて、同僚との会話が減ったと感じているビジネスパーソンはどのくらいいるのだろうか。出社時と比べて、「会話や雑談が減った」と答えたのは70.9%だった。(2021/1/3)

Apple Watchで心肺機能の通知が受信可能に watchOS 7.2で
Appleが12月15日に配信した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」では、心肺機能が低下したときに、Apple Watch上で通知を受けられるようになる。心肺機能が低くなると、心臓病、高血圧、肥満などを患うリスクが高まるという。心電図機能はまだ日本では利用できない。(2020/12/15)

きょうだいげんかをする猫たちの勝敗が逆転!! いつも負けていた猫が勝つようになった理由は……
やはり力はウェイトに宿る……!(2020/11/21)

猫の予防接種の日、飼い主が支度をしていると…… 察しがよい猫ちゃんを描いた漫画があるあるかわいい
病院ではいい子にできました。(2020/11/20)

人生の悩み事ランキング、上位は「貯金がない」「老後が不安」「給料が低い」 お金と将来の切実な悩みがあふれる
みんなお金で悩んでいる……!(2020/11/2)

リュックに入って「実家たのしみ!」とわくわく顔の猫ちゃん → 飼い主「今日行くのは実家ではなく病院です」
お出かけにわくわくする猫ちゃんです。(2020/10/12)

「コロナ太り」も話題:
ライザップに聞く、テレワークしている従業員の健康にコミットする方法
テレワークが普及する一方で、従業員の「健康」をどう管理するかも課題となっている。テレワークと健康に関する調査を実施するとともに、オンラインで受講できるセミナーを提供しているライザップに話を聞いた。(2020/9/25)

「運動はゲームだけ」で26キロ減! 体重72キロの34歳女性が10カ月でバキバキボディーに劇的変化し大反響呼ぶ
「リングフィット」すげぇ……。(2020/9/23)

医療機器ニュース:
健康診断結果から6年先の生活習慣病リスクを予測するAIサービスを開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、健康診断の結果から6年先の生活習慣病リスクを予測する「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始した。(2020/7/28)

室内でも熱中症に注意! ワンちゃんの暑さ対策とは
暑い時期を快適に過ごすために。(2020/7/26)

生活習慣病の予防や改善のニーズが高まっている:
生活習慣病リスクを6年先まで予測、東芝らが「疾病リスク予測AIサービス」を提供開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、SOMPOホールディングスと共同開発した疾病リスク予測AIサービスの提供を開始する。生活習慣病リスクを予測し、糖尿病発症については、6年先までのリスクを90%以上の精度で予測する。(2020/7/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍で“ぼろ儲け”の億万長者と困窮する労働者 格差大国にみる悲惨な現実
経済大国・米国の新型コロナによる影響は悲惨だ。大手IT企業のトップなど、コロナ禍で資産を大幅に増やした億万長者がいる一方、マイノリティーを中心に失業率が上昇、高リスクの現場で働かざるを得ない人も多い。貧富の差や健康格差がさらに広がっている。(2020/7/2)

花王、スマホカメラで内臓脂肪量を推定できるサービス AI自動採寸の技術を活用
自社開発した内臓脂肪の推定アルゴリズムと、服を着たまま全身の採寸を行える「Bodygram」の技術を活用した。(2020/4/22)

体重140キロから68.5キロまでダイエットしたイケメンに「本気を出せば人はここまで変わるのか」と驚きの声 ご本人を取材
「本気を出せば人はここまで変わるのか」「すごい」と驚きの声続々。(2020/4/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
醜い顔はNG? 事実であれば、TikTokはとんでもないことをしている
動画プラットフォーム「TikTok(ティックトック)」をめぐって、さまざまなニュースが報じられている。特に気になったのは、米左派系メディアが報じた「目に見えないセンサーシップ(検閲)」。どのような記事かというと……。(2020/3/26)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【中編】:
「会社で夕食」も「帰るまで我慢」も不健康のもと 残業中の小腹を満たす「最強食材」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/21)

タプタプボディーの猫ちゃん ダイエットとぜんそくの治療をしながら新しい家族を探し中
いつかすてきな家族が見つかりますように。(2020/1/20)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
ホリエモンがRIZAP社長に聞く――顧客の意識を変えてきた戦略の秘密とは?
ホリエモンこと堀江貴文氏と、RIZAPグループの瀬戸健社長の対談の模様を前後編にわたってお届けする。前編ではRIZAPがダイエットビジネスで顧客の意識を変えてきた秘密に迫り、後編ではRIZAPとして新たに取り組む糖尿病予防ビジネスの戦略を聞く。(2019/12/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ビーフン」に成長の余地があるのか 最大手「ケンミン食品」が狙う空白市場
ビーフン最大手のケンミン食品。2016年には年間約1000万食だった売り上げは、17年以降は約1500万食へと1.5倍に増えた。どのような成長戦略を描いているのか。(2019/12/17)

肥満にゃんこ「運動したくないにゃ〜」 ダイエットする気がない怠惰な姿がかわいい!
わかりみしかない。(2019/11/24)

今日のリサーチ:
消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査」を実施しました。(2019/11/12)

マキシマムザ亮君、“治療が難しい病気”の可能性で年内全公演キャンセル 「腹ペコのことは気にせず身体を大事に!!!!」とファン激励
心配だ。(2019/11/10)

「すごい量のお米食べ続けよう」 ユニゾンの人気曲の替え歌「不安・文句と肥満スペック」が太りそう
血糖値が気になる方に刺さる替え歌ソング。(2019/10/28)

医療機器ニュース:
AIを活用して、医薬品の効果に影響を与えるバイオマーカーを探索
日立製作所は、未知のバイオマーカー候補を高精度に検出する新開発のAIを活用した「Hitachi Digital Solutions for Pharma/バイオマーカー探索サービス」の提供を開始した。より効果の高い医薬品開発や、開発期間の短縮に貢献する。(2019/10/21)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが斬る! “予防”というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。(2019/10/12)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

猫との別れ、災害―― 今からできる“備え”や“盲点”をまとめた漫画が猫との暮らしを考えさせられる
いつか来る、その日まで。(2019/10/5)

ジュースに含まれている糖分を角砂糖に換算するアプリ Twitterで「欲しい」と話題になりリリースが決定
とんでもない量の糖質が含まれていると分かります。(2019/7/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事のパフォーマンスがあがる「最強の座り方」
現代人は1日の約60%を座って過ごすとされ、なかでも日本人は座り時間が世界トップクラスというデータもある。座り方を変えるだけで仕事の効率もよくなるという。(2019/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.