• 関連の記事

「本田技研工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「本田技研工業」に関する情報が集まったページです。

環境性能を向上させた新エンジン搭載 ホンダ、新型「スーパーカブ C125」を発売 カラバリ2種を用意
令和2年の排気ガス規制に対応したモデル。(2021/9/17)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021:
実験をCAEに置き換える、ホンダが外装部品の性能検討にリアルタイム解析を活用
「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021」の事例講演において、「Ansys Discovery Liveを活用した外装部品の開発事例」をテーマに、ホンダ 四輪事業本部 ものづくりセンター 完成車開発統括部 車両開発二部の下田雄太郎氏らが登壇。自動車外装部品の性能検討における業務負荷の軽減を目的とした「Ansys Discovery Live」の活用事例を紹介した。(2021/9/15)

ホンダ、GMらと自動運転の技術実証 自動運転車を使ったモビリティサービスの日本展開に向け
ホンダが自動運転に関する技術実証を9月中に開始する。将来的には、ホンダ、GM、GMクルーズの3社が共同開発する専用車を使い、自動運転モビリティサービスの日本展開を目指す。(2021/9/9)

モビリティサービス:
ホンダとGMが日本で自動運転車による移動サービス、独自の高精度地図作製から開始
ホンダは2021年9月8日、自動運転車による移動サービスの実現に向けて、9月中に技術実証を開始すると発表した。(2021/9/9)

ホンダの新クロスオーバー「CB200X」登場! 空冷単気筒で約21万4000円?!【インド】
ホンダがインドでCB200Xという名の新型クロスオーバーモデルを発表。(2021/9/6)

’80s国産名車・NSR250R [MC18]完調メンテ【識者インタビュー:現代の視点でも戦闘力は十分】
今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は’80〜’90年代の2スト全盛時代を象徴する名車・ホンダNSR250R[MC18]を紹介。本記事ではモトールエンジニア・藤田浩一氏のインタビューとおすすめモデルをお届けする。(2021/9/3)

ホンダ公式限定カスタム! 「CB1000R 5Four」がイギリスで突如発表された!
ホンダが英国のカスタムビルダーとコラボした限定モデル「CB1000R 5Four」を発表。(2021/9/1)

ホンダ「モンキー125」限定版! ホットウィール・コラボ仕様がタイで登場!
モンキー125×Hot Wheelsコラボダイキャストモデルが発売。(2021/8/31)

ホンダ、NSXの最終モデル「NSX Type S」発表 究極の性能と美しさを追求、日本30台限定・2794万円から【写真で見る】
シビれるかっこよさ……! 新デザインで迫力マシマシ、出力向上も。(2021/8/30)

世界で350台:
ホンダ、最終モデル「NSX Type S」 日本では30台限定で販売
ホンダが「NSX Type S」を発売すると発表した。世界で350台、日本では限定30台だという。予約は9月2日からで、販売価格は2794万円だ。最終モデルとなる「NSX Type S」。特徴は?(2021/8/30)

乗って楽しい業務用電動3輪スクーター「ホンダ ジャイロe:」試乗インプレッション
ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!(2021/8/30)

モビリティサービス:
「○○まで所要時間××分」を一般道にも自由に設置、ホンダが渋滞解消を提案
ホンダは2021年8月19日、渋滞路や迂回(うかい)路の通過にかかる時間を路上で表示する「旅行時間表示サービス」の有償提供を開始したと発表した。(2021/8/20)

F1日本グランプリ、今年も中止 海外関係者の入国が確実にならなかった
モビリティランドは18日、「2021 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」を中止すると発表した。昨年に続き2年連続の中止となる。(2021/8/18)

宿題終わったか〜? ホンダ、「Honda e」と学べる夏休み自由研究コンテンツを無料公開
そのまま提出できる自由研究シート付き。こりゃ便利〜。(2021/8/10)

シリーズ11代目:
ホンダ、新型シビック9月に発売 22年には「タイプR」の発売も予定
ホンダが、ハッチバックスタイルの新型「CIVIC(シビック)」を9月3日に発売すると発表した。(2021/8/6)

車両デザイン:
新型シビックは9月発売、「乗る人全員が爽快になるクルマ」に
ホンダは2021年8月5日、全面改良した「シビック」の新モデルを同年9月3日に発売すると発表した。新型シビックは、2021年度下期の販売のけん引役としてホンダが期待をかけている。新型シビックの月間販売計画台数は1000台で、税込みメーカー希望小売価格は319万〜353万9800円とした。(2021/8/6)

ついに、まさか生産終了? ホンダ、2代目NSXの「最終」モデル「NSX Type S」チラ見せ ネットでは早速「3代目期待」「なくさんといてや」の声
NSX、終わりませんよね……? 終わっちゃうの……?(2021/8/5)

製造マネジメントニュース:
トヨタの営業利益率はコロナ禍でも12.6%、ホンダは販売減を体質強化でカバー
トヨタ自動車とホンダは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の連結業績を発表した。トヨタ自動車は販売台数がコロナ禍前の2019年4〜6月期の水準まで回復。営業利益は4〜6月期としては過去最高を達成した。ホンダも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた前年から販売、業績ともに回復を見せた。(2021/8/5)

ロボット開発ニュース:
ホンダと楽天が自動配送ロボットの走行実証実験、全長約500mを自動走行
本田技術研究所と楽天グループは、自動配送ロボットの走行実証実験を開始した。自動配送機能を内蔵しており、筑波大学構内の宿舎周辺や一部公道の全長約500mを自動走行する。(2021/8/4)

週刊「Honda NSX」17日創刊 来年生産終了する“国産スーパーカー”を8分の1サイズで
デアゴスティーニ・ジャパンはホンダの高級スポーツカー「NSX」の8分の1サイズ・ダイキャストモデルを作るマガジン「Honda NSX」を8月17日に創刊する。(2021/8/3)

初代誕生は1990年:
ホンダ、2代目NSX最終モデルを世界初公開 2022年12月で歴史に幕
ホンダは2代目NSX最終モデル「NSX Type S」を世界で初めて公開した。全世界で350台限定販売で価格は未発表となっている。(2021/8/3)

わんこの肉球ぺたっ ホンダ純正カーアクセサリー「Honda Dog」がかわいいぞ
肉球シフトノブ、肉球だ肉球だ……!(2021/8/2)

70歳の働く場【中編】:
ホンダ「アシモ」の開発者がハサミメーカーを支援 定年後に「新天地」で挑戦する高齢者
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。「70歳の働く場」後編では、シニア人材を信用金庫や信用組合など地域の金融機関の取引先企業に紹介してきた一般社団法人新現役交流会サポートの活動を中心にレポートする。(2021/7/31)

ホンダ「モンキー125」1/12スケールで立体化  青島文化教材社、完成品バイクシリーズ新作を発表 レッド・ブルー・イエローの3色を用意
まるで実車のような仕上がり。(2021/7/26)

藤井風、9月に招待制の無料ライブ 生配信あり、セット/照明/物販/歓声なしで「アフターコロナのモデルケースに」
ホンダ「VEZEL」のCMソングなどで知られるシンガーソングライターの藤井風さんが公表した無料ライブの内容が話題に。(2021/7/23)

Hondaと楽天の自動配送ロボ、筑波大構内を走る サービス実現に向け技術検証
本田技術研究所と楽天が、筑波大学で自動配送ロボットの走行実証実験を始めた。両社は、この実証実験を踏まえ、自動配送ロボットを使った商品配送サービスの提供を目指す。(2021/7/19)

電気自動車:
課題山積の二輪車の電動化、ホンダはどう取り組むのか
「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」では、電動化に関するさまざまな提案が行われた。同時開催の新車開発講演でも、ホンダが「電動二輪車の普及に向けた取り組み」を紹介。(2021/7/16)

ホンダ完全監修で実現 ディアゴスティーニ、国産スーパーカー「Honda NSX」1/8スケールで立体化
細かなパーツも忠実に再現。(2021/7/13)

憧れの白バイ仕様も ホンダ「ドリーム CB750 FOUR」ミニチュアモデルがカプセルトイに K0からK2まで全5種をラインアップ
ホンダのナナハンがミニチュアに。(2021/7/16)

電気自動車:
ホンダが2024年に発売するEVは「プロローグ」、HEVからEVへのステップアップ狙う
ホンダは2021年6月28日、2024年に北米で発売するSUVタイプの電気自動車(EV)の車名を「プロローグ」にすると発表した。プロローグの具体的な情報は今後数カ月以内にWebサイトを通じて公表する。(2021/6/29)

ホンダ、新型「シビック」を世界初公開 2021年秋発売予定 ネットにも早速歓喜&ちょっと一言の声
「タイプR」も登場決定〜!(2021/6/24)

11代目シビック誕生:
ホンダ、新型「シビック」世界初公開 今秋に発売予定
ホンダが11代目シビックを世界で初めて公開した。1972年誕生から長く愛されている証拠だ。発売は21年秋を予定している。(2021/6/24)

“足への振動”で視覚障害者をナビ ホンダ発IoT「あしらせ」実用化へ
視覚障害者の靴に装着し、ルート情報を足の振動で伝えるIoTデバイス「あしらせ」。ホンダ発のスタートアップによる製品だ。実証実験に向け、5000万円調達した。(2021/6/18)

自然エネルギー:
宇宙で必要な酸素や電力を生む「循環型再エネシステム」、JAXAとホンダが検討へ
JAXAとホンダが、人が長期間にわたって宇宙で滞在・活動するための環境構築を支援する「循環型再生エネルギーシステム」の実現性検討を開始。太陽光と燃料電池などを活用し、酸素や水素、電気を有人拠点や月面向け移動用車両に供給できるシステムの開発を目指す。(2021/6/16)

ホンダ、フルモデルチェンジする「シビック」をチラ見せ 6月24日発表【更新】
タイプRもあるかなー?(2021/6/14)

ホンダ、新型「シビック」を先行公開 今秋に発売
ホンダが新型「CIVIC(シビック)」に関する情報をWebサイトで先行公開した。(2021/6/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
三菱の厳しすぎる現実 国内乗用車メーカー7社の決算(後編)
5月初旬に各社から発表された通期決算の結果を比較してみる本企画、前半ではトヨタ、日産、ホンダの3社を分析した。後編ではスズキ、マツダ、スバル、三菱を分析してみよう。(2021/6/7)

デザインと走行性能の向上を追求:
ホンダ、Modulo Xコンプリートカー「FIT e:HEV Modulo X」を新発売
ホンダからModulo Xコンプリートカーが新発売(2021/6/4)

新カラーがウルトラかっこいい! ホンダ、小型ジェット機の新モデル「HondaJet Elite S」発表
「Elite S初号機」かっこえぇぇ……!(2021/5/28)

外観デザインは3色:
新型ホンダジェット「Elite S」発表 航続距離を最大約222キロ伸長
Hondaの航空機事業子会社、米国ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)が、小型ビジネスジェット機ホンダジェットの最新型「HondaJet Elite S(エリートS)」を発表した。(2021/5/27)

N-BOXで月2万9194円から 新車のサブスク、ホンダも開始「楽らくまるごとプラン」登場
コミコミで新車に、7年プランは契約後「無償譲渡」も。(2021/5/26)

ホンダの新型SUV「VEZEL」好調、月3万台超を受注
おぉぉ〜! 売れ筋グレードと人気カラーも明らかに。(2021/5/25)

よゐこ・濱口、念願のホンダ「ハンターカブ」納車を報告 「いいじゃない!」と妻アッキーナもノリノリ
特にハンドルが気に入ったそうです。(2021/5/25)

高まる環境意識:
「エコだと思うカーブランド」ランキング 4位「テスラ」、3位「ホンダ」、1位と2位は?
エコな自動車に注目が集まっている。ユーザーが考えるエコだと思うカーブランドはどこか? 2255人の意見を聞いたところ……。(2021/5/19)

モータースポーツ超入門(6):
F1以上のコーナリング性能のシャシーも生まれた「スーパーフォーミュラ」
スーパーフォーミュラ(SF)は国内最高峰のフォーミュラレースだ。世界の頂点にはF1(フォーミュラ・ワン)があり、欧州で開催される下位クラスのF2とともに、F1にステップアップするための登竜門カテゴリーとして世界中から注目を集めている。過去にはF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハ氏やインディ500ウイナーの佐藤琢磨氏、現在、F1のアルファタウリ・ホンダに所属するピエール・ガスリー氏も2017年に参戦している。(2021/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
内燃機関から撤退? そんな説明でいいのかホンダ
ホンダは新目標を大きく2つに絞った。一つは「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」であり、もう一つは「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」。そして何より素晴らしいのは、その年限を2050年と明確に定めたことだ。ホンダは得意の2モーターHVである「e:HEV」を含め、全ての内燃機関から完全卒業し、EVとFCV以外を生産しない、世界で最も環境適応の進んだ会社へと意思を持って進もうとしている。(2021/5/3)

電気自動車:
「ホンダはチャレンジングな目標にこそ奮い立つ」、2040年に四輪はEVとFCVのみに
ホンダは2021年4月23日、新社長の三部敏宏氏の就任会見を開き、2040年に四輪車に占める電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の販売比率をグローバルで100%とする目標を発表した。日系自動車メーカーとしては初めて“脱エンジン”を表明した。2035年までに日米中の3市場でEVとFCVの比率を80%に引き上げる。これまでの目標よりもゼロエミッション車の販売拡大を前倒しする。(2021/4/26)

より力強いデザイン:
ホンダ、新型「ヴェゼル」を4月23日発売 初のフルモデルチェンジ
ホンダは小型SUVの新型「ヴェゼル」を4月23日に発売すると発表した(2021/4/22)

ついに登場〜! ホンダ、新型「VEZEL」正式発表 227万9200円から
2モーターAWDのe:HEV車、頭上すっきりな「パノラマルーフ」もよさそう〜。(2021/4/22)

電気自動車:
トヨタは2025年までに15車種、ホンダは中国で10車種、EV展開が加速
自動車メーカー各社が「上海モーターショー2021(Auto Shanghai 2021)」(一般公開日:2021年4月21〜28日)で電動車を披露する。(2021/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.