「IDC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習文化の醸成が不可欠」:
ITスキル不足が世界で約5.5兆ドルの損失を引き起こす IDC予測
IDCは北米のITリーダーを対象にした調査結果を発表した。従業員のITスキル不足は深刻化しており、企業はトレーニング、スキルアップ、リスキリングのための独創的な方法を見つける必要があるという。(2024/6/4)

大多数の企業が複数のITインフラを使い分ける方針を採用:
62.5%が「メインフレームを継続利用する」と回答 IDCがITインフラ運用に関する調査結果を発表
IDC Japanは、ITインフラ運用に関する調査の結果を発表した。ITインフラの課題では、ITエンジニアのスキルや人数の不足などが上位に挙がった。(2024/6/3)

製造業IoT:
IoTの用途はより高度に、国内市場は2028年に9兆4818億円にまで拡大へ
IDC Japanは、国内IoT市場の産業分野別、テクノロジー別の予測を発表した。国内IoT市場の2023年実績は6兆4672億円で、2028年には9兆4818億円にまで拡大すると予測している。(2024/5/28)

2028年の売上額は7兆円超え:
生成AIのアプリ組み込み、サイバーセキュリティへの投資が継続 IDCが国内ソフトウェア市場を予測
IDC Japanは、国内ソフトウェア市場の実績と予測を発表した。2023年の売上額は対2022年比で9.5%増の4兆6824億8200万円。また、AIプラットフォームが高成長しており、対2022年比で58.8%増加していた。(2024/5/27)

「AIライフサイクル」やクラウドネイティブは今後どうなるのか?:
世界企業のITインフラ支出調査、急上昇を遂げたのはどの分野? IDC発表
IDCは世界の企業ITインフラ市場のレポートを発表した。企業ITインフラ支出全体の7.8%を占めたのは「構造化データベース/データ管理」の分野だが、支出が急上昇していた分野が2つあった。(2024/5/23)

2024年の支出額は1兆5300億ドルと予測:
世界の通信サービス市場、成長率はやや鈍化 AIが通信事業者に与える影響とは? IDC
IDCは、世界の通信サービス市場の支出動向と将来予測を発表した。2023年の支出額は対前年比2.1%増の1兆5090億ドル、2024年の支出額は対前年比1.4%増の1兆5300億ドルに達する見込みだ。(2024/5/22)

製造業IoT:
「製品のIoT化」で目的達成に課題 国内企業のIoT取り組み調査
IDC Japanは、国内企業400社を対象に実施したIoTに関する調査結果を公表した。調査によると、製品のIoT化について、取り組みは進んでいるものの目的達成への課題を感じている企業が多いことが分かった。(2024/5/21)

“20年後のトレンド”が重要:
2045年の需要量は2023年の約4倍に IDCが国内ハイパースケールデータセンターの需要を予測
IDC Japanは、国内ハイパースケールデータセンターの需要量に関する分析結果を発表した。ハイパースケールデータセンターの2045年の需要量は、2023年の実績値の約4倍に達する可能性があるとしている。(2024/5/17)

IDCが「2024年 IoT担当者調査」の結果を発表:
国内企業400社に聞いたIoTプロジェクトの達成度 「想定通り達成」は22.2%
IDC Japanは、「2024年 IoT担当者調査」の結果を発表した。それによると、“製品のIoT化”などの取り組みは進んでいるものの、IoTプロジェクトの目的達成については課題を感じている企業が多かった。(2024/5/2)

AI市場は約7000億円規模に 2024年以降の成長率はどう推移する? IDC予測
IDC Japanが日本国内のAIシステム市場予測を発表した。2023年は生成AIの商用化が本格的になったことで市場規模が6858億7399万円(前年比34.5%増)に達した。2024年以降も高成長率を維持する見込みだ。(2024/4/29)

生成AIの登場で積極的投資が続く:
国内AIシステム支出、2024年は対前年比34.5%増の9000億円規模 IDC予測
IDC Japanは、2024年の国内AIシステムの市場予測を発表した。2023年の国内AIシステム市場は前年比34.5%増の6858億7300万円。2024年は前年比31.2%増の9000億6000万円になると予測する。(2024/4/26)

2022〜2027年の年平均成長率は95.4%に:
日本と中国を含むアジア太平洋地域の生成AI支出、2027年までに260億ドルに IDC予測
IDCによると、アジア太平洋地域(日本と中国を含む)では、生成AIの導入がかつてなく急速に進んでいることから、生成AI支出が2027年までに260億ドルに増加し、2022〜2027年の年平均成長率は95.4%に達する見通しだ。(2024/4/22)

製造業IoT:
2028年のローカル5Gの市場規模は672億円と予測、商用導入が市場をけん引
IDC Japanは、2023〜2028年の国内におけるローカル5Gの市場規模の予測を発表した。商用導入が増加することで今後も市場の成長は継続し、2028年のローカル5G市場の規模を672億円と予測する。(2024/4/18)

2023年第4四半期のインフラ支出動向を発表:
AI投資の爆発的増加がクラウドインフラ支出に影響 IDC
IDCは、2023年第4四半期のクラウドコンピュートおよびストレージインフラハードウェア支出を購入用途別、購入者別、地域別に分類した結果を発表した。AI投資の爆発的増加がクラウドインフラ支出を後押ししていると分析している。(2024/4/17)

製造マネジメントニュース:
国内ITサービス市場、2028年に8兆1500億円規模へ IDC調査
IDC Japanは、国内ITサービス市場予測を発表した。2023年の同市場は前年比6.0%増の6兆4608億円で、2023〜2028年の年間平均成長率4.8%に拡大。2028年には8兆1495億円規模になると予測する。(2024/4/17)

国内ITインフラ支出動向調査を分析:
52%の企業が「AIアクセラレータを備えたパブリッククラウド」の利用を検討 IDC
IDC Japanは、国内ITインフラ支出動向調査の分析結果を発表した。それによるとITインフラ投資は多くの企業にとって「デジタルビジネスを推進する上で重要なIT投資項目」という位置付けになっていることが分かった。(2024/4/16)

「特定のマーケティングタスクの100%を処理できる可能性」:
生成AIが2029年までにマーケティングの生産性を40%以上向上させる IDC予測
IDCは生成AI(人工知能)に関する予測結果を公開した。それによると、生成AIを企業のマーケティングタスクに適用すると、生産性が40%以上向上するという。(2024/4/15)

製造ITニュース:
国内エッジインフラ市場は2024年に1兆6000億円へ 2027年までに年平均12%成長
IDC Japanは、国内のエッジインフラ市場予測を発表した。2024年の同市場の支出額は1兆5779億円に達する見込みだ。2022年から2027年にかけてCAGR12.4%で成長し、2027年には2兆2559億円に達すると予測する。(2024/4/11)

国内ITサービス市場が2010年以降初の「成長率5%超え」 けん引するのは“あの領域”
IDCによると、2023年の国内ITサービス市場は13年ぶりに前年比5%超の高成長を記録した。市場拡大のけん引役となっているのは何か?(2024/4/9)

年間平均成長率は4.8%:
「従来型IT」への支出は減少が続く IDCが2028年までの国内ITサービス市場予測を発表
IDC Japanは、国内ITサービス市場の予測を発表した。2023〜2028年の年間平均成長率は4.8%で、2028年の市場規模は8兆1495億円になる見込みだ。(2024/4/8)

「内製化」に取り組む大企業の割合は? 調査から浮上したDX推進企業の“ある考え”
IDCが実施した調査によって、DXを推進する大企業の中で内製化に取り組む企業の割合と、内製化の対象としている業務内容が明らかになった。IDCはここから大企業の「ある考え」が浮かび上がったとしている。(2024/3/27)

製造マネジメントニュース:
国内AIインフラ市場、2023年に1000億超市場へ IDC調査
IDC Japanは、国内のAIインフラ市場予測を発表した。2023年の支出額は前年比46.1%増の1094億8900万円の見込みで、2022〜2027年の支出額の年間平均成長率は16.6%、2027年の支出額は1615億5000万円になると予測している。(2024/3/28)

2023年の収益は前年比7.6%増の108億ドル:
2023年にエンタープライズ無線LAN市場で成長したのはどの企業? IDC
IDCは、2023年の世界エンタープライズ無線LAN市場動向を発表した。収益は前年同期比7.6%増の108億ドルだった。6GHz帯に対応するWi-Fi 6Eの収益や、地域別、主要企業別の動向も明らかにした。(2024/3/25)

アジア太平洋地域では前年同期比4%減:
セキュリティアプライアンスの総市場収益は2023年で176億ドルに、前年比約9億ドル増加 IDC
IDCは世界のセキュリティアプライアンス市場に関する調査結果を発表した。総市場収益は2023年通年で176億ドルに達し、前年比8億6800万ドル増加した。(2024/3/25)

2027年には3500億ドル近くに:
2024年の世界エッジコンピューティング支出、前年比15.4%増の2320億ドルに IDC予測
IDCは、2024年の世界のエッジコンピューティング支出が前年比15.4%増の2320億ドルになるとの予測を明らかにした。(2024/3/19)

「2024年以降も投資意欲は旺盛」:
生成AI向けインフラとして「アクセラレーテッドAIサーバ」の需要が高まる IDC
IDC Japanは、国内AIインフラ市場の予測を発表した。それによると、2023年の支出額は対2022年比で46.1%増の1094億8900万円になる見込みだ。(2024/3/13)

2024年の支出額は初の1兆円超えになる見込み:
今後のセキュリティ市場は「AIによって人材/スキル不足を補完しよう」という動きが広がる IDCが予測
IDC Japanは、セキュリティ市場に関する予測を発表した。国内市場の支出額は、対2023年比7.6%増の1兆455億円で、初めて1兆円を超えると予測している。(2024/3/8)

2023年4Qの国内スマホシェア、Googleが前年から527%成長 IDC「Appleに次ぐベンダーになる可能性」と予測
IDC Japanは、3月5日に2023年第4四半期(10〜12月)と通年の国内携帯電話/スマホ市場実績値を発表。2023年第4四半期の出荷台数は前年同期比3.5%減となったが、830万台を記録している。(2024/3/6)

AIはクラウドからクライアントデバイスへ:
2027年までにAI搭載PCが全PC出荷台数の60%を占めると予測 IDC
IDCは、AIを搭載したPCの市場予測を発表した。2024年には約5000万台のAI PCが出荷され、2027年までに1億6700万台以上に増加するとした。(2024/3/1)

現在の課題はどう解決されるのか:
2027年までに生成AIは「企業の顔」に? IDCがAIに関する10個の予測を発表
IDC Japanは、2024年以降のAIの取り組みや課題に関する予測を発表した。同社は「AIなど最新の自動化技術を事業活動に展開することで、自社のブランド力を向上させられる」としている。(2024/2/29)

「IT投資というよりも不動産投資に近い」:
生成AIブームで「ハイパースケールDC」の建設ラッシュが始まる IDC
IDC Japanは、国内に設置される事業者データセンターのキャパシティー予測を発表した。必要な電力容量は、2023年末時点の2021MVAから2028年末には3470.9MVAに増える見込み。(2024/2/19)

2022〜2027年の5年間で270億ドル規模に:
通信事業者のクラウドネイティブ移行が急速進行、世界的に収益成長も IDC予測
IDCは2024年に通信事業者ネットワークワークロードのクラウドネイティブ導入が加速するという予測を発表した。2022〜2027年の5年間で、通信クラウドインフラソフトウェアの世界的な収益が急速に成長すると予測している。(2024/2/7)

生成AIによってクラウドの重要性が増す可能性:
2025年までに企業の50%がクラウドプロバイダーと戦略的提携を結ぶようになる IDCがクラウド市場を予測
日本を除くアジア太平洋地域では、生成AIの台頭に伴いAI中心の時代に移行する中、企業にとってクラウド基盤がイノベーションの中核になるとIDCは予測する。(2024/2/1)

技術、経済、社会、政治情勢に注目:
AI、規制、インフレ――2024年のデジタル動向を左右するマクロ情勢とは? IDCアナリストが解説
IDCのアナリストがブログ記事で、2024年のデジタル動向を左右するとみられるさまざまなマクロ情勢を取り上げ、解説を加えた。(2024/2/1)

ハイパースケールDCの2〜3棟分の電力が必要?:
「2027年のAIの浸透度」はどのくらい? IDCがデータセンターのAIサーバの電力量を推計
IDC Japanは、国内データセンターのAIサーバ向け電力キャパシティーの推計値を発表した。2027年末のAIサーバ向け電力キャパシティーは、2024年末の約1.5倍の80MW超になるとしている。(2024/1/24)

「2024年のクラウドインフラ支出見通しは非常に明るい」:
非クラウドインフラ市場に逆風、クラウドインフラ支出は増加も需要は減少
IDCは、2023年第3四半期における世界の企業インフラ支出動向を発表した。クラウドインフラ支出は前年同期比2.9%増、非クラウドインフラ支出は8.2%減となった。(2024/1/19)

2023年スマホ世界シェア、Appleが初の1位に 13年間トップだったサムスン陥落
米調査会社のIDCが、2023年のスマートフォン市場調査結果を発表した。米Appleが史上最高の市場シェアを獲得し、通年シェアで初めて首位に立ったという。2010年から韓国Samsung Electronicsがシェアトップをキープし続けていた。(2024/1/18)

Apple、Samsungが13年守った世界スマートフォン通年シェアの首位を奪う──IDC調べ
調査会社IDCに2023年通年の世界スマートフォン市場の調査報告によると、Samsungが13年守った首位をAppleが奪った。市場全体の出荷台数はここ10年間で最低だったが、Appleは前年比で出荷台数を増やし、過去最高のシェアを獲得した。(2024/1/17)

生成AIはデジタルビジネスプラットフォームで中心的な役割に:
増え続ける生成AIソリューション支出、2027年には1511億ドルに急成長との予測
IDCが発表した企業の生成AIソリューション支出予測によると、全世界における企業の生成AI投資は、2023年では194億ドル以上。2027年には1511億ドルに達するという。(2024/1/16)

「デジタル主権」重視とともに利用拡大へ:
世界のソブリンクラウド支出、2027年には2500億ドル以上に
IDCは、データやインフラストラクチャを管理し、主権を確保する「ソブリンクラウド」のニーズの高まりによって、その支出額が2027年までに2585億ドルに達するという予測を発表した。(2024/1/11)

DXの次の目標はデジタルを活用した収益源を確保する「デジタルビジネス」の実現:
IDCの2024年10大予測 生成AIのイノベーションに向けた活用本格化、AI責任者が経営幹部に昇格など
IDCは、デジタルビジネス戦略に関する10大予測を発表した。イノベーションに向けた生成AIの活用や、デジタルビジネスのあらゆる領域に生成AIを活用していく「AI Everywhere」が広まると予測している。(2024/1/9)

2027年まで年平均9.5%成長の見込み:
マルチクラウド活用で需要が高まる、「データセンターインターコネクションサービス」とは何か
IDC Japanは、国内データセンターインターコネクションサービス市場の予測を発表した。2022年の売上額は、対前年比11.7%増の632億5000万円。同社は2022〜2027年の年間平均成長率を9.5%とみており、2027年の売上額を997億6800万円と予測する。(2023/12/26)

「生成AIによって強化されたデジタルビジネス時代の到来」:
デジタルテクノロジー、生成AIへの投資は2024年も増加傾向に IDCが10の予測を発表
IDCは2024年以降の世界的なデジタルビジネス戦略を予測するレポートを発表した。同レポートでは今後12〜24カ月の間にテクノロジー/ITチームが直面する問題に焦点を当てている。本記事ではレポートの内容を紹介する。(2023/12/21)

国内ITインフラ運用動向を分析:
2025年には約4分の1の企業が「マネージドサービス」を利用する IDC
IDC Japanは、国内ITインフラ運用動向調査の分析結果を発表した。それによると、ITインフラを自社のスタッフだけで運用している割合は低下しており、今後マネージドサービスを利用する意向が高まる見込みだ。(2023/12/18)

CFO Dive:
AIへの投資、本当に「儲かってまっか」? MicrosoftとIDCが調査
MicrosoftとIDCによる調査によって、AIに対する投資が実際にどのぐらいの利益を生んでいるのかが明らかになった。AIの活用に取り組んでいる企業がつまづきがちな課題とは。(2023/12/8)

2024年以降に伸びる「生成AI」以外の分野は? 国内ソフトウェア市場をIDCが予測
IDCによると、2023年上半期の国内ソフトウェア市場は、前年比9.5%増の成長となった。これには「生成AIブーム」によるAI活用への関心の上昇が影響している。生成AI以外に今後伸びる分野は? ユーザー企業が「ブーム」に踊らされずにソフトウェアを導入、更新する際に注意すべきこととは何か。(2023/11/29)

業務へのAI適用やデジタルCX、企業トラストの拡大など:
生成AIブームは地政学リスクや為替変動リスクをものともしない IDCが国内ソフトウェア市場を予測
IDC Japanは、国内ソフトウェア市場の実績と予測を発表した。2023年上半期の国内ソフトウェア市場規模は、対2022年同期比で9.5%増の2兆2419億2000万円。2027年の市場規模は6兆2346億円に達する見込みだ。(2023/11/28)

「成果、ガバナンス、リスク管理に重点が置かれるようになる」:
2024年には企業のAI導入が鈍化する? IDCが生成AIや自動化に関する未来予測を発表
IDCは、2024年以降の世界におけるAI、生成AI、自動化に関する予測を発表した。それによると2027年には、全世界でAIソリューションの支出が5000億ドル以上になるという。(2023/11/27)

全世界のDX支出は2027年に約3兆9000億ドルへ:
「世界のDX支出は2桁成長を続ける」IDCが予測 米国に次いでアジアがDX支出2位に?
IDCはDXの今後5年間の年平均成長率を16.1%と予測した。日本、中国を含むアジア太平洋地域では第3のプラットフォームテクノロジーと、カスタマーエクスペリエンスの分野への投資が進む見込み。(2023/11/20)

物理空間での従業員同士のコラボレーションを重視:
日本は世界と比べて「対面で何とかしよう」と考えている割合が多い IDCが従業員エクスペリエンスについて調査
IDC Japanは、国内従業員エクスペリエンスに関する国内企業の取り組み動向についての調査結果を発表した。日本では、物理空間を活用した従業員同士のコラボレーションを重視する傾向が、世界と比べて相対的に高かった。(2023/11/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.