• 関連の記事

「感染症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感染症」に関する情報が集まったページです。

「ワクチン・検査パッケージ」一時停止報道でイベント関係者に動揺 ワンフェス実行委員会は「確認中」
政府が「ワクチン・検査パッケージ」の一時停止を検討しているという報道を受け、ワンダーフェスティバル実行委員会は「今後の開催に向け、千葉県の担当課と詳細の確認と検討を行っている」と明らかにした。(2022/1/18)

コミケ準備会、スタッフ2人のコロナ陽性で調査結果を報告 「会場外かつ会期外の行動により感染した可能性が高い」
感染スタッフは、準備会が全参加者へ自粛を要請していた懇親会を行っていたとのこと。(2022/1/18)

成長する「第3のプラットフォーム」クラウド、分析、モビリティを支えるニーズとは――IDC調査
IDC Japanによると、クラウド、アナリティクス、モビリティ、ソーシャルの技術分野を用いる「第3のプラットフォーム」市場は、レジリエンシー強化を目的としたDX需要などが好影響し、2025年まで年間平均成長率5.5%で成長を継続する見通しだ。(2022/1/18)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで生命保険の顧客体験を再定義――ライフネット生命 森亮介社長
大抵のモノやサービスはスマホで簡単に、しかも安く買えるようになった今だが、生命保険にネットで加入する人はまだ少数派だ。デジタルで生命保険の顧客体験をデザインし直し、新たな未来を切り開こうとしているライフネット生命の新たな挑戦について、ITmediaエグゼクティブのエグゼクティブプロデューサーである浅井英二が話を聞いた。(2022/1/18)

プロジェクト:
リモート講義に対応するインターネット環境を完備した学生レジデンスが都内で着工
NTT都市開発は、2023年1月の竣工に向け、東京都世田谷区で計画を進めている学生向けの賃貸マンション「ウエリスアイビー世田谷仙川」が着工したことを公表した。(2022/1/18)

「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【前編】
コロナ後に生き残る企業は「成果主義」? CIOが重視したい新たな評価指標は
新型コロナウイルス感染症が社会にもたらした影響によって、働き方に大きな変化が生じた。その結果、昔ながらのマネジメントを続けることがリスクになる可能性がある。新たな時代に即した評価指標を決めるこつは。(2022/1/18)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

PR:Windows 11登場! 働き方の多様化に多彩なラインアップと情報発信で応えるレノボ・ジャパン
新OSとなる「 Windows 11 」が登場した。働き方が流動的になっていく中で、PC選びの基準も必然的に変化が見られる。その最新事情をレノボ・ジャパンに聞いた。(2022/1/18)

ミニーが再び大旋風! 「トータリー・ミニーマウス」が東京ディズニーリゾートにやってきた
ランドもシーもミニーが主役!(2022/1/17)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
“走るガジェット”化するEVに期待したい
次は、電気自動車(EV)を購入したいのです。(2022/1/17)

12自治体から試験的に実施:
ヤフー、自治体からの情報発信サービス機能を拡充 災害に加え生活情報も提供
ヤフーは、自治体からの情報発信サービスの機能を拡充した。(2022/1/17)

JAPAN PACK 2022:
「JAPAN PACK 2022」はリアルとオンラインのハイブリッド開催、306社が出展
日本包装機械工業会が包装に用いる機械や材料をはじめとする包装プロセスの総合展示会「JAPAN PACK 2022(日本包装産業展)」の開催概要を発表。今回は初めて、リアル展示会とオンライン展示会を併催する“ハイブリッド展示会”としての開催となる。出展者数はリアル展271、オンライン展35の合計306社・団体。(2022/1/17)

設計段階から管理を組み込む:
PR:「DXの鍵を握るクラウド化」がもたらした新たなセキュリティ課題、どう解決すればよいのか
ダイナミックに社会情勢が変わる中、デジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されている。DXを単なるデジタル化で終わらせないために、何をトランスフォーメーションさせるべきなのか? その中でセキュリティにどう対応すべきなのか? 「ITmedia Security Week 2021冬」の「デジタルトランスフォーメーションの本質〜クラウドシフトにおけるセキュリティ〜」ゾーンでは、急速に進むDXの本質を再定義し、「クラウドシフト」を例に、DXにおけるセキュリティについて考える講演があった。(2022/1/18)

美川憲一、若き日のくつろぎショットが“めちゃイケメン” 海外でも目立つしゃれた姿に「オーラ凄すぎて眩しい」
昔から上品だった美川さん。(2022/1/16)

3月1日に発売:
電子レンジで温めても"冷たく"仕上がる「冷やし中華」が誕生 ニチレイフーズに”開発秘話”を聞いた
ニチレイフーズは、電子レンジで温めても「冷たい麺」ができあがる冷やし中華を開発した。3月1日から発売するという。なぜ温めても冷たい状態をキープできるのか? その秘密を聞いたところ……(2022/1/14)

東京ディズニーリゾートが園内でのお菓子・食品類販売を再開 1月17日から一部のパーク内店舗で
12月14日から公式アプリのみでの販売になっていました。(2022/1/14)

海外医療技術トレンド(79):
注目される2022年上半期EU議長国フランスのデジタルヘルス戦略
前回は、欧州NIS指令2の最新動向を紹介したが、同時に欧州各国レベルでは、さまざまなデジタルヘルス・イノベーション施策が進行している。今回はフランスを取り上げる。(2022/1/14)

技術承継:
現場人材の教育もリモート化を、需要増のオンラインマニュアル作成サービス
製造現場ではコロナ禍などを背景に人材教育のオンライン化を検討する向きが強まっている。コニカミノルタの「COCOMITE」はこうしたニーズに応えるオンラインマニュアル作成サービスだ。(2022/1/14)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第3回】
大手ドラッグストアが実践 「デジタル」と「リアル」の境界線をなくす方法
チャネルをどれだけ多様化させても、それぞれが独立したままでは、顧客に統一感のある体験を提供するのは難しい。マルチチャネルの真価を引き出そうとする、大手ドラッグストアCVS Healthの取り組みを紹介しよう。(2022/1/14)

オンラインとオフラインの境界をなくす技術
テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例
テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。(2022/1/14)

政府が端末整備を推進
教育用「ノートPC」が西欧で売れ続ける“謎”
新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間に、教育用ノートPCの需要が急速に高まった。流行当初と比べれば成長は鈍化したものの、依然としてその需要は高い。この需要は今後も続くのだろうか。(2022/1/14)

グリーンDX:
PR:サステナブルでレジリエントな物流が、コロナ禍を支え社会課題を解決する
コロナ禍とECの普及によって発生した需要の急増と人材不足の板挟みによって厳しい状況にある物流業界。さらに今後は、脱炭素への対応も求められるようになる。富士通のオンラインイベント「Fujitsu ActivateNow 2021」では、サステナブルでレジリエントな物流の実現に向けたデジタル技術を活用した取り組みについて、富士通とDHL、Autofleetの3社が講演を行った。(2022/1/14)

イオンシネマ、座席を再び間引き販売へ 17日から コロナ感染再拡大受け
イオンシネマは13日、新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、座席を前後左右1席ずつ開ける間引き販売を17日から実施すると発表した。(2022/1/13)

MONOist 2022年展望:
工場のリモート対応は2022年も加速、映像活用拡大もネットワーク環境が課題に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以降、多くの業務のリモート化が進められてきたが、これまで「現地現物現実」が基本として徹底されてきた製造現場でも部分的にリモート対応を取り入れる動きが広がってきた。2022年はこうした仕組みの整備が進み、さらにより広く取り入れられる見込みだ。(2022/1/13)

不動産テック:
不動産情報を地図上で一元管理するパスコの仲介業者向けサービス、ニーズとのマッチングで「両手仲介」へ
パスコは、不動産仲介向けに、不動産情報を地図上で可視化し、一元管理と情報共有が可能なサービス「LandManager Realestate(LMR)売買版」の提供を開始した。LMRでは、担当者のノウハウや知見に依存することなく、クラウド方式の不動産仲介業務に特化したシステム上で売物件情報と購買ニーズの情報をマッチングさせ、営業機会の損失を防ぎ、ビジネスチャンスの最大化が図れる。(2022/1/13)

「外交力」「寛容力」「表現力」は自己評価が高くなりがち:
部下は上司が思うほど「上司はコミュニケーションに優れている」とは感じていない IGSがコロナ禍のコミュニケーションに関する調査結果を発表
IGSは、「リモートワーク下のコミュニケーションに関するアンケート調査」の結果を発表した。上司とのコミュニケーションが「成長に対する不安」に影響していることが分かった。(2022/1/13)

いよいよ「週休3日」の波が来る?:
単なる賃金カットに終わるのか? パナソニック「週休3日」で広がる期待と懸念
パナソニックが選択的週休3日制の導入方針を発表し、大きな話題を呼んだ。これまで既に週休3日制を導入した企業もあり、働き手の多くが導入に賛成する一方で、「賃金カットで終わるのでは」などといった懸念も尽きないが……(2022/1/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
見知らぬUSBはどうすればいいのか 会社のPCに差し込んではいけないワケ
FBIが、USBメモリを使ったサイバー攻撃手口が増加していると警鐘を鳴らしている。どんな手口が増えているのかというと……。(2022/1/13)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
「紙で保存」を続けるとマズい? 放置したくない6つのリスク 電子帳簿保存法Q&A
改正電子帳簿保存法が施行されましたが、当面は紙をベースにした業務を変えないでも問題ないのでしょうか? 税務対応の観点だけであれば問題はないようですが……公認会計士の回答は? 公認会計士の中田清穂氏がお答えします。(2022/1/13)

キャリアニュース:
ITエンジニアの案件検索キーワードランキング、1位は「リモート」
「レバテックフリーランス」が「案件検索キーワード トレンドランキング2021」を発表。第1位は2020年に引き続き「リモート」だった。その他、「AWS」「Python」「React」「Flutter」など、DXの関連キーワードが上位に入っている。(2022/1/13)

悲観的に捉えるな:
BABYMETALのプロデューサー「KOBAMETAL」に聞くライブエンタメビジネスの展望
BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望を聞いた。(2022/1/13)

フェローテックホールディングス 社長兼グループCEO 賀賢漢氏:
PR:製造装置用部材/電子デバイスともに絶好調、積極投資で急成長を続けるフェローテック
真空シールなど半導体等装置関連事業と、サーモモジュールなど電子デバイス事業を中心に展開するフェローテックグループ。昨今の半導体需要の高まりを受け、両事業ともに好調で、中期経営計画で掲げた業績目標を上回るペースで事業規模を拡大させている。「今後も旺盛な需要は続く見通しであり、積極投資で需要に応えていく」とするフェローテックホールディングス代表取締役社長兼グループCEO(最高経営責任者)を務める賀賢漢氏に今後の事業戦略について聞いた。(2022/1/13)

パンデミックで苦境に立たされるFinTech企業
「Zoom」会議で首切り900人のユニコーン企業 何を考えていたのか?
Web会議で900人に解雇を伝えたFinTech企業のCEOが批判を浴びている。一方で人員整理に踏み切るFinTech企業は、この1社だけではない。業界の現状を紹介する。(2022/1/13)

Apex Microtechnology マーケティング HelenAnn Brown氏/事業開発 Jens Eltze氏:
PR:「ハイスピード・ハイパワーなアナログ」で際立つ存在感、高電圧/大電流アンプで日本市場に切り込むApex
アナログ半導体を手掛ける米Apex Microtechnologyは、ハイスピード・ハイパワーに特化しているという点で、他のアナログ半導体メーカーとは一線を画す存在だ。今後は、アナログ技術に対する高い専門知識と、主力製品であるハイスピード/高電圧/大電流出力のパワーオペアンプを武器に、日本市場でのビジネス拡大を狙う。戦略マーケティングマネジャーのHelenAnn Brown氏と事業開発ディレクターのJens Eltze氏に、同社の強みと日本でのビジネス拡大に対する意気込みを聞いた。(2022/1/13)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 中村勝史氏:
PR:半導体不足の中でも強みを発揮するアナログ・デバイセズ、課題解決力を高めて結果を出す
「2021年はわれわれの強みを発揮することができ、あらゆる面で記録的な結果を残すことのできた1年だった」と語るのは、アナログ・デバイセズ日本法人代表取締役社長の中村勝史氏だ。幅広い製品ポートフォリオや早期から積極投資を行ってきた生産/供給体制などの特長を生かし記録的な業績を残したアナログ・デバイセズ。「2022年は顧客が抱える問題を解決するソリューション提供で結果を出す」と語る中村氏に2022年の事業戦略などについて聞いた。(2022/1/13)

Mouser Electronics APACマーケティング&ビジネス開発担当VP Daphne Tien氏:
PR:部品数も品種も「圧倒的」、供給難を乗り越えるマウザーの在庫戦略
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や半導体/部品不足の先行きが不透明な中、2021年の売上高を大きく伸ばしたMouser Electronics(マウザー・エレクトロニクス)。本社VP, APACマーケティング&ビジネスデベロップメントを務めるDaphne Tien氏は、困難な状況下でも、同社ならではの在庫戦略で切り抜けてきたと語る。(2022/1/13)

「顧客の期待に応えられていない」企業のDX進展状況は? 電通デジタルの調査で判明
電通デジタルは、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査」(2021年度)の結果を発表した。DXの進展状況と顧客ニーズや成果などとの関連が明らかになった。(2022/1/12)

2021年9月現在のCOVID-19の影響を考慮:
以前の水準に戻るのは「2023年以降」と予測 IDCが国内IT市場予測をアップデート
IDC Japanは、2021年9月末現在の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場予測を発表した。2020年の実績は18兆2518億円。2021年の予測については19兆234億円とした。(2022/1/12)

4タイプの次世代オフィス:
UCHIDA FAIR 2022、国産木材を活用した家具やスマホでオフィスの状況が分かるシステム
国内では、少子高齢化が進行しており、さまざまな企業で生産性の向上が求められている。また、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、企業や官公庁でテレワークの導入が進み、オフィスには、照明機器の遠隔操作や作業効率を高める機能、オンラインで利用状況を確かめられる機能が求められている。こういった状況を踏まえて、内田洋行は、解決策となるオフィス製品を2021年11月9〜26日に開いた「UCHIDA FAIR 2022」で披露した。(2022/1/12)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【前編】
EdTech業界のユニコーン企業が語る コロナ禍がオンライン教育を難しくした理由
ユニコーン企業であるEdTechベンダーGoStudentは、コロナ禍によりオンライン教育サービスの需要が減少したと明かす。オンライン教育サービスにとって追い風にも思えるコロナ禍が、“逆風”となった理由とは。(2022/1/12)

パートナーやユーザー企業からは落胆の声
「Microsoft 365」の月額料金が値上げ 中小企業から非難ごうごうの理由
Microsoftは「Microsoft 365」の月額サブスクリプション料金を値上げする。この料金変更によって、米国の中堅・中小規模のパートナーやユーザー企業から苦情が噴出している。(2022/1/12)

製造業DXの最前線:
PR:先が読めない時代、DXが製造業にもたらす「価値」と進め方
コロナ禍に伴うサプライチェーンの混乱や脱炭素化などの環境対応への規制強化の動きなど、製造業に対する“外圧”は大きく変化に富むものになり続けている。こうした“先の読めない時代”の中で、製造業はどのようなことを考え、どのような取り組みを進めていくべきだろうか。2021年11月30日に開催されたITmedia エグゼクティブ主催のオンライン勉強会「製造業DXの最前線」からそのヒントを探る。(2022/1/12)

マクドナルドのハッシュポテトが一部店舗で販売休止に 1月13、14日には販売再開
ハッシュポテト、お前もか……。(2022/1/11)

FAインタビュー:
セル単位の生産性に貢献するデバイスを、安川電機の2022年
世界的な工場の自動化ニーズの高まりから、コロナ禍後の業績が好転しているのが安川電機だ。安川電機 代表取締役社長の小笠原浩氏に現在の状況と、2022年の方向性について話を聞いた。(2022/1/11)

遠隔医療分野はどこまで成長するか
「遠隔医療」が医療費2兆円削減の可能性 調査から見る「市場成長の条件」は
Juniper Researchの調査によると、オンライン診療をはじめとする「遠隔医療」は欧米諸国の将来的な医療費節減につながる可能性がある。ただしアナリストは、幾つかの「成長の阻害要因」に警鐘を鳴らす。(2022/1/11)

医療技術ニュース:
血小板凝集塊の出現頻度で新型コロナの重症化リスクを予測
東京大学は、新型コロナウイルス感染症の患者の約9割に、過剰な数の循環血小板凝集塊が存在することを発見した。その出現頻度は、重症度、死亡率、呼吸状態、血管内皮機能障害の程度などと強い相関が認められた。(2022/1/11)

テレワーカーのBCP【後編】
「自然災害でテレワーカーが働けない」に備えて企業がすべきことは
米国は2020年に、10億ドル規模の被害額となった自然災害が22件発生した。新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークは普及したものの、テレワーカーの被災に備えた事業継続計画(BCP)はどうすればいいのか。(2022/1/11)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

今活用すべきツールは何か?:
PR:重要性を増す「オフィスの再設計」と「対面コミュニケーション」 専門家に聞くカギ
出社かテレワークか――コロナ禍を巡っては、こうした議論がかまびすしいが、真に目指すべきは、両者の「いいとこどり」であるハイブリッドワークだ。では、このハイブリッドワークを推し進める上で、オフィスは、そしてコミュニケーションはどうあるべきなのか。同領域に詳しい豊田健一氏に話を聞く。(2022/1/11)

“開発者エクスペリエンス”を下げないための5つのヒント【後編】
“モチベーションの低い開発者”のやる気を引き出すためのヒント
開発者の満足度を下げないために、どの企業でも共通して「やってはいけない」ことがある。それを避けるためのヒントを3つ紹介する。(2022/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.