• 関連の記事

「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

9割が「週休3日制」に魅力的に感じる 一方、期待することは?
都市部に在住している会社員に「正社員の働き方と転職」の意識調査を実施。転職先を探す時、「週休3日」の選択肢は魅力的か聞いたところ、54.3%が「とてもそう思う」、39.9%「少しそう思う」と答えた。一方、週休3日が導入される場合に、期待していることも尋ねた。(2021/10/15)

キャリアニュース:
コロナ収束後に再転職したい人の65%が「現在と異なる職への転職」を希望
マイナビが「転職活動における行動特性調査2021年版」の結果を発表した。転職活動した人は前回調査より増加したが、転職できた人は減少していた。また、コロナ収束後に再転職したい人のうち、65%が「現在とは異なる職に転職したい」と回答した。(2021/10/14)

地方のメリットは?:
転職するなら「都心がいい」が53% その理由は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、転職経験のある男女500人を対象に「転職するなら都心と地方どちらがいいか」に関するアンケートを実施した。(2021/10/6)

達成感がない:
21年4月入社の新入社員、転職を検討している割合は?
キャリアや就職・転職に関する研究や各種調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは10月5日、「2021年新入社員実態調査」の結果を発表した。(2021/10/6)

国境すら越え仕事ができる テレワーク可否は職場選びのポイントに
コロナ禍でテレワークの導入が進む中、ある調査では、転職を検討する際の条件に「リモートワークが重要」とした人が50%を超えた。国境すら越え仕事ができる時代。社員に新しい働き方を提供できない企業は、人材が流出し競争力を失いかねない。(2021/10/5)

そもそも正社員になりたい?:
フリーターが考える正社員就職の不安 2位は「転職活動そのもの」、1位は?
フリーターの男女を対象に「フリーターから正社員への就職で不安なことに関する意識調査」を実施。正社員になりたいと思うかどうかも聞いた。(2021/10/4)

アフターコロナの転職先 約8割が「安定していて長く働ける企業」を希望
 福利厚生制度の一環として、食事券や電子食事カード「Ticket Restaurant」の発行代行などを展開するエデンレッドジャパン(東京都千代田区)は、転職経験者600人を対象に「アフターコロナの転職実態調査」を実施した。(2021/10/1)

成功する人の共通点:
年収1000万円以上の求人が多い業種 2位「コンサルティング」、1位は?
人材採用のエン・ジャパンは、転職コンサルタントを対象に「年収1000万円以上の転職」についてアンケート調査を実施。求人が増えている業界や業種が明らかとなった。(2021/10/1)

経験者500人に聞く“円満退職のコツ” 最も多かった回答は? 
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、転職経験のある男女500人を対象に実施した「円満退職についてのアンケート」の結果を発表した。(2021/9/29)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(3):
「コンサル型エンジニアリング」という新しい発想
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第3回は、派遣エンジニアとして転職したVSNで新たな施策として打ち出された新サービス「バリューチェーン・イノベーター(VI)」の当初の状況について紹介する。(2021/9/29)

結果が出ないから辞めたい:
ミドル世代の転職が厳しくなった?  ホワイトカラーのキャリアアップはどうすればいいのか
最近「転職したい」という、ミドル世代の声をよく聞くようになってきた。実際、このコロナ禍で、仕事のやり方、内容が大きく変わり、「自分の仕事はほんとうにこれでいいのか」と考える人は相当いるのではないかと思う。(2021/9/27)

スキルアップのためにしたことは?:
経験者に聞いた、転職で役立ったスキル 2位はコミュニケーションスキル、1位は?
ビズヒッツは、転職経験者を対象に「転職で役立ったスキルに関する意識調査」を実施。最も多かった回答は「OAスキル」だった。(2021/9/26)

窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
若者を応援するおじさんがステキで、「ホワイト通り越してプラチナ企業」の声も。(2021/9/26)

転職市場を調査:
異業種からの転職受け入れ率が最も上昇した業界は? コロナ禍の働き方
パーソルキャリアは、2020年度と16年度の「異業種転職」と「異職種転職」の実態を調査。各上昇率を比較し、ランキングにした。(2021/9/22)

500人に調査:
「転職しないほうがいいケース」ランキング 1位は「人間関係に不満」、経験者の意見は?
ビズヒッツは、転職経験のある男女を対象に「転職しないほうがいいと思うケースに関する意識調査」の結果を発表した。どんなコメントが寄せられたのか。(2021/9/21)

リクルートスタッフィング調べ:
コロナ禍における転職の実態調査 業種・職種転換をした人の割合は?
転職者におけるキャリアチェンジ(業種・職種転換)の実態調査を実施。コロナ禍でキャリアチェンジした正社員1320人から回答を得た。(2021/9/21)

35歳以上に聞いた:
地方勤務で働きたい都道府県 長野県や北海道を抑えて1位になったのは?
エン・ジャパンの運営する転職サイト「ミドルの転職」上で、地方勤務に関する調査を実施した。地方勤務で働いてみたい都道府県はどこか? どのような条件がそろえば地方で働いてもいいと思っているのか?(2021/9/15)

8割以上が転職に「満足」:
新卒3年以内に転職した理由 「勤務時間」や「人間関係」を抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、新卒3年以内に転職した経験がある498人に「新卒3年以内で転職した理由」についてアンケートを実施した。(2021/9/9)

満足度や使用実態は?:
コロナ収束後「デジタルツールでの採用が定着する」86%が予測
求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは、「コロナ禍の採用活動とコロナ収束後のDX」について、人事部門と直近1年以内に転職をした969人を対象に調査を実施した。その結果……。(2021/9/9)

20代前半と後半の転職意識の違いを調査 給料、やりがい、将来のどれが大事?
転職を考えている20代前半と、20代後半の会社員を対象にした「若手社員の転職意識」に関する調査。その結果、「転職を考えている理由」の1位は、20代前半と後半共に「給料が少ない」だった。(2021/9/3)

【お仕事楽しい】転職の時に念頭に置いたほうがいい“6つの条件”が参考になる 「未経験者歓迎は危険」「アットホームな環境は地雷」
どれも大事!(2021/9/3)

キャリアニュース:
2021年転職意識調査、約9割が転職経験あり、約7割が転職を検討
ライボが「2021年 転職意識調査」の結果を発表した。「転職経験あり」と87.9%が回答し、現在の転職意識を尋ねたところ、67.7%が転職を検討していた。また、コロナ禍前に比べて、転職への意識が変わったと36.2%が回答した。(2021/9/2)

「一緒に働きたい上司」で選べる転職サイト登場 “上司ガチャ”のリスク回避
人材事業を手掛けるRight Brothersが、一緒に働きたい上司を選び、採用を直接交渉できる転職サイトをオープンした。求職者と上司になるかもしれない人が直接やりとりできるようにし、入社後に人間関係が悪化する可能性を減らすという。(2021/8/26)

業界初、上司を選べる転職サイト「DEFASTA」ローンチ 「どこで働くか」よりも「誰と働くか」
 Right Brothers(東京都中央区)は8月25日、上司を選べる転職サイト「DEFASTA」(デファスタ)をローンチした。求職者が配属予定部署や上司を選び、転職活動ができる人材業界初の転職プラットフォームとなる。(2021/8/26)

増加傾向:
転職に関する意識調査 コロナ禍の前後でどう変わった?
キャリアや就職・転職に特化した研究や調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは8月23日、「2021年 転職意識調査」の結果を発表した。(2021/8/24)

PR:中小企業の救世主! QNAPの最新NASキット「TS-x73A」とスイッチ「QSW-2104」の魅力に迫る
テレワークの広がりによって、就職/転職における企業選びのポイントの1つに「テレワークの快適さ」が加わりつつある。中小企業におけるテレワークの快適さを高めるための選択肢として、QNAPのNASキットNASキット「TS-x73Aシリーズ」と、アンマネージドスイッチ(ハブ)「QSW-2104シリーズ」をチェックしてみよう。(2021/8/25)

時代を捉えたあるある川柳:
「テレワーク 増えた時間と 腹の肉」 第1回Job川柳の受賞7作品を発表
ライボは「第1回Job川柳コンテスト」の最優秀大賞含む受賞7作品を発表した。大賞作品? 「働き方川柳部門」「転職川柳部門」を受賞した作品は?(2021/8/19)

キャリアニュース:
異業種転職を希望するミドル層が増加、転職先は「IT、インターネット」
求人情報サイト「ミドルの転職」が「ミドル世代の異業種転職」についてのアンケート結果を発表した。転職コンサルタントの70%が、異業種転職を希望するミドル人材が「増えている」と回答した。転職先1位の業種は「IT、インターネット」だった。(2021/8/10)

259人に聞きました:
飲食業界から異業種・異職種に転職した理由 「収入を増やしたい」を上回ったのは?
ビズヒッツは、飲食業界から異業種や異職種に転職した男女259人を対象に調査を実施。転職した理由や転職先について聞いた。(2021/8/5)

就活エージェント、逆求人型就活サービスも調査:
満足度の高い人材系サイト 4年連続で1位を獲得した就活サイトは?
満足度の高い人材系サイト調査が発表された。就活サイト、転職エージェント、逆求人型就活サービスの3軸でランキング化。それぞれで1位に輝いたのは?(2021/8/4)

年収800万円以上のエンジニアは「Rust」と「Go」に注目 転職サービスが1000人調査
ファインディのエンジニア約1000人への調査で、年収800万円以上のエンジニアが注目する言語は「Rust」と「Go」という結果が出た。(2021/8/2)

当事者に聞く:
コネ転職のメリットは「採用がスムーズ」「待遇がいい」 デメリットは?
コネを使った転職をしたことがある人に「コネ転職のメリットとデメリット」を聞いた。当事者の率直な考えとは?(2021/7/31)

異業種転職の理由は?:
40代前半の異業種転職が増加 転職先の業種1位は?
エン・ジャパンはミドル世代の異業種転職調査を発表した。調査から40代前半の異業種転職が増加していることが分かった。転職先の業種1位は? その他、転職先での職種や前職の業種なども公表。(2021/7/30)

キャリアニュース:
35歳の転職理由、1位は「収入アップのため」、年収が上がったのは41%
ビズヒッツが「35歳で転職した理由ランキング」を発表した。転職した理由の1位は「収入アップのため」で、転職で年収が「上がった」人は41%だった。年収がアップした理由は、「スキル、経験、能力が評価された」が最も多かった。(2021/7/26)

先行きへの不安:
55%のミドルが、コロナ禍の前後で「転職意向が高まった」 理由は?
コロナ禍の前後で、転職意向に変化があった人はどのくらいいるのだろうか。転職サイトを利用している35歳以上の男女に聞いた。(2021/7/24)

転職経験者500人にアンケート:
転職先で感じたプレッシャー1位「人間関係の構築」 慣れるまでにかかった時間は?
「転職を感じたプレッシャーランキング」1位は人間関係の構築だった。プレッシャーに慣れるまでにかかった時間は?プレッシャーを克服するまでに取った行動は?調査結果を見ていこう。(2021/7/26)

働く女性に調査:
「管理職になりたくない」女性が過半数 「なりたい気持ち」に影響する存在とは?
転職サイト「女の転職type」の会員を対象に、管理職に関する調査を実施した。今後、管理職になりたくないと回答した女性が半数以上だった。背景に何があるのか?(2021/7/13)

どのように活用しているのか:
転職フェアのデメリット 「希望にあう企業が少ない」や「じっくり話せない」より多かった回答は?
ビズヒッツは転職フェアへの参加経験がある男女234人を対象に調査を実施し、その結果をランキング化した。メリットとデメリットは?(2021/7/12)

どんな苦労があったのか:
接客業から異職種に転職した理由 2位「勤務日時への不満」、1位は?
どんなきっかけで、接客業から異職種に転職したのか。経験者にアンケート調査を実施した。その結果は?(2021/7/9)

転職を考えた理由は?:
コロナ禍で転職を考えた人は8割 実際に転職をした人の割合は?
MyReferが従業員数30名〜1000名以上の会社の従業員、1000人を対象に調査を行った。(2021/7/8)

引越し費用の平均は?:
“引越しを伴う転職で困ったこと“ランキング 3位「新しい土地になじむ」、2位「友人・知人がいない」、1位は?
ビズヒッツは、引越しをともなう転職の経験がある男女500人を対象に調査を実施。その結果をランキング化した。(2021/7/7)

転職する際に重視する条件 3位「休暇日数」、2位「勤務地」、1位は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」による、転職に関する意識調査。(2021/7/6)

アパレル業界、ボーナスの平均は年60.7万円 コロナ禍でも増えた理由は?
2020年におけるアパレル・ファッション業界の「平均年間賞与額」は60.7万円で、前年から2.2万円増――。パーソルキャリアが昨年、自社の転職支援サービス「クリーデンス」に登録した人のデータを元に算出した結果で分かった。(2021/7/6)

雇用形態は「正社員」がトップ:
30代女性の転職理由ランキング 「収入」などを抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、30代で転職した経験がある女性を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。(2021/7/6)

大企業からテック系スタートアップへの転職を促進 7件のモデル事業とは?
社会実装推進センターは、経済産業省と進めるスタートアップ向けの経営人材支援事業「SHIFT(x)」の採択モデル7件を発表した。テック系のスタートアップでは、IT以外の事業化に必要なノウハウが不足している実情があるという。(2021/7/5)

副業としてのニーズは高い:
若い世代の観光業界離れが加速? 転職時、他業界を希望する30代が61.3%
やまとごころキャリアが、サイト会員を対象に「観光業界で働くことへの意識調査」を実施した。(2021/7/3)

キャリアニュース:
2021年5月の転職求人倍率は1.85倍、前月比マイナス0.03ポイント
転職サービス「doda」が2021年5月の転職求人倍率を発表した。転職求人倍率は前月比−0.03ポイントとなる「1.85倍」で、求人数はコロナ前の2019年5月の約8割まで回復していることが分かった。(2021/7/1)

年収事情:
30歳で年収1000万円を狙える職種は? 企業の実名も公開
30歳で年収1000万円を狙える職種は? 転職サイト「OpenWork」に投稿された社員・元社員の口コミに基づき、オープンワークが公開した(2021/6/30)

産業医に聞く“転職後すぐテレワーク”のデメリット 社員の孤立やメンタル不調の原因に?
 新型コロナの長期化は、企業のさまざまなシーンに変化をもたらしている。産業医として外資系企業などの社員のメンタルの相談に乗っている医師は「転職してすぐにテレワークになり、孤立している社員も少なくない」と明かす。(2021/6/30)

「他社が採用を控える今がチャンス」 コロナ禍でも約7割が採用意欲変わらず
総合転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、採用担当者を対象に「新型コロナの中途採用への影響」についてアンケートを実施した。その結果、コロナ禍であっても約7割が採用意欲は変わらず、選考基準も変化がないことが分かった(2021/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.