• 関連の記事

「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

500人に聞いた:
転職が怖いと感じる理由 2位は「転職後の仕事内容」、1位は?
「転職が怖いと感じる理由に関する意識調査」の結果を発表した。2位は「転職後の仕事内容」、1位は?(2022/8/16)

希望者が増加:
「副業したいなあ」6割、月に稼ぎたいお金は?
現在、副業を希望している人はどのくらいいるのだろうか。転職サービスを利用している男女に聞いた。(2022/8/1)

コロナ禍のIT活用促進術【第5回】
「IT企業からの転職組」が非IT企業を辞めたくなる理由
米国では人材の流動化が進む中、IT企業とそれ以外の企業間の転職が活発化している。伝統的な企業が、先駆的なIT企業からエンジニアなどの人材を獲得する場合、特に手厚いケアが必要だ。その訳とは。(2022/7/28)

採用競争に勝つ! ダイレクトリクルーティング:
“高嶺の花”の優秀人材に、まず振り向いてもらうには? スカウトメール3つのテクニック
ダイレクトリクルーティングにおいて転職希望者とつながる唯一の方法が、企業から送付するスカウトメールです。しかし、一般的にスカウトメール25〜30通に対して応募は1つ程度と言われます。どのようなメールが転職希望者の心を掴み、他社も欲しがる人材であっても入社につなげられるのでしょうか。(2022/7/27)

転職のハードル:
「転職」を考えている人、考えていない人 業種別で多いのは?
現在、転職を考えている人はどのくらいいるのだろうか。会社で働く男女に聞いた。(2022/7/26)

学情調べ:
20代が転職しようと思う理由 2位は「やりがい・達成感のある仕事がしたい」、1位は?
学情は、20代の転職を希望する社会人に、「転職理由」の調査を行った。転職理由の2位は「もっとやりがい・達成感のある仕事がしたい」、1位は?(2022/7/25)

SaaS企業デスクツアー:
87億調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 10万の建設事業者を支えるSaaSが生まれる働き方
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、経営陣からエンジニアまで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は建設業界向けにSaaSを提供するスタートアップ・アンドパッドで働く人のデスク周りを探る。(2022/7/25)

深刻化する人材不足
サイバーセキュリティプロフェッショナルの3分の1が転職予定
多くのサイバーセキュリティプロフェッショナルが転職を計画している。彼らを引き留めるにはどうすればいいのか。彼らは何が不満なのか。(2022/7/25)

学情調べ:
転職を迷う理由 3位「市場価値がわからない」、2位「早期離職はイメージが悪い」、1位は?
就職情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は、「転職の捉え方」に関する調査を実施した。転職活動をするにあたり、70.6%が転職すべきか迷うことが分かった。転職すべきか迷った理由は、「転職するにもアピールできるスキルや経験がないと思ったから」が52.5%で最多。(2022/7/22)

キャリアニュース:
2022年下半期の転職市場、全14分野のうち13分野で求人増加と予測
転職サービス「doda」が「転職市場予測2022下半期」を発表。全14分野のうち13分野で求人が増加する見込みで、特にIT化、DX推進を担える人材の需要が高まっている。(2022/7/21)

35歳以上に聞いた:
「スタートアップに転職したい」76%、なぜ?
スタートアップへの転職について、どのように考えている人が多いのだろうか。転職サイトを利用している35歳以上の男女に聞いた。(2022/7/21)

新宿に実店舗:
あなたの転職失敗談、買い取ります
転職サイトなどを運営しているオープンワークは、転職時に失敗したエピソードを買い取る「転職失敗買取屋」を始めた。どんな内容なのかというと……。(2022/7/19)

採用競争に勝つ! ダイレクトリクルーティング:
“採用競争”に勝つカギは「現場」にあり 採用担当が現場に理解してもらうべき4つのこと
ダイレクトリクルーティングにおいて、転職希望者と入社意向を高めるコミュニケーションを取り、自社そして採用予定部署の魅力を伝えられるのは他でもない「現場」の従業員です。採用担当者は、現場に4つのことを理解してもらわなければなりません。(2022/7/15)

キャリアニュース:
本業と近い副業をしている職種は「エンジニア」が最多、77%が回答
Wantedlyは「コロナ禍の転職と副業に関する調査」の結果を発表した。転職時に60%が「仕事内容のやりがい」を重視していた。また、職種別に「本業の内容と近い副業をしている人」の割合を比べると、最も多かったのは「エンジニア」で77%だった。(2022/7/14)

実際に入社したところ:
その仕事は未経験 にもかかわらず、高度なレベルを求められた人は?
キャリアバイブルを運営するNEXERは、「職種・業種未経験可の会社への転職に関するアンケート」を実施した。その結果、実際に職種未経験で入社したことがある人は……。(2022/7/9)

O'Reillyが調査:
クラウド技術者の平均給与は2457万円(米国)、転職で高年収実現は本当?
O'Reilly Mediaは、企業や組織に所属する米国のクラウド担当者を対象に給与調査を実施、結果を発表した。予想よりも高年齢層が多く、転職した人の割合が高かった。(2022/7/8)

8割超が「前向きに検討」:
「リモートワーク可の求人」はコロナ禍前の11倍超に 首都圏在住のまま地方就職も
転職サイト「ビズリーチ」における「勤務地を問わない新規求人」がコロナ禍前と比べ11.3倍に増えたと、運営するビズリーチ(東京都渋谷区)が発表した。増加率が鈍化していることから、コロナ禍を経て「リモートワーク可」が新たな求人の特徴として定着しつつあることが分かる。(2022/7/7)

「2022年は副業に割ける時間が減っている」:
コロナ禍の転職は「やりがい」重視、副業は陰り? ウォンテッドリーが調査
ウォンテッドリーは、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」の結果を発表した。転職時に最も重視する項目は「仕事内容のやりがい」、副業時に重視するのは「勤務形態の柔軟性」だった。(2022/7/5)

オープンワーク調べ:
周囲におすすめしたい転職先企業ランキング 2位「グーグル」、1位は?
「周囲に薦めたい転職先企業ランキング」の結果を発表した。「OpenWork」に寄せられた、中途入社社員による会社評価レポートを基に集計。転職者は、自身の希望条件がかなえられた転職の場合、おすすめできると評価する傾向があった。(2022/7/1)

転職するごとに:
転職で重視することランキング 3位「給与水準」、2位と1位は?
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」を実施。転職時の重視項目を尋ねたところ、1位は……。(2022/7/1)

女の転職type調べ:
職場でのマスク着用はストレス? 「ニコニコしなくて済む」「近寄りたくない」の声も
キャリアデザインセンター(東京都港区)の運営する、女性の転職に特化した転職サイト「女の転職type」が職場でのマスクについてアンケート調査を実施した。(2022/7/1)

キャリアニュース:
「転勤は退職のきっかけになる」と64%が回答
総合求人サイト「エン転職」が「転勤」についてのアンケート調査結果を発表した。「転勤は退職のきっかけになる」と64%が回答し、2019年の同調査より5ポイント増加した。コロナ禍の転勤で特に苦労したことの1位は「人間関係の構築」だった。(2022/7/1)

周囲にすすめたい転職先企業ランキング ベスト3は全てIT関連企業に 2位はグーグル、1位は?
周囲にすすめたい転職先企業はどこか。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが調査した結果を発表した。ベスト3は全てIT関連企業が入り、2位はグーグルとなった。(2022/6/29)

「漫画の名脇役キャラ」ランキング 2位は「クリリン」(ドラゴンボール)と「ゾロ」(ワンピース)、1位は?
20代向け転職メディア「じょぶおたく」を運営するLANYと、エンタメコンテンツの情報発信メディア「お前は笑うな」を運営するロビンソン・クルーソーが「漫画の名脇役キャラランキング」に関する合同調査を実施した。(2022/6/29)

学費は「出世払い」で エンジニア養成校「CODEGYM」が取り組むISAとは?
初期の費用支払いなし、いわゆる「出世払い」でエンジニアとなるためのカリキュラムを受講できるサービスがある。LABOT(東京都渋谷区)が運営する「CODEGYM(コードジム)」だ。初期費用のかからない「ISA」という支払い方法を使い、転職が成功したあとに、月額額面の10%を30カ月に渡って支払うという仕組み。(2022/7/4)

デキるITビジネスパーソンの常識クイズ:
閲覧履歴を残さずWebブラウザを使えるショートカットは「Ctrl+○+○」
複雑化が進むIT業界。新卒や他業界からの転職組では、PCやソフトウェアの使い方、業界用語などで分からないことも少なくない。本連載では、デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。閲覧履歴を残さずWebブラウザを使えるショートカット。(2022/6/24)

エン・ジャパンが調査:
30〜40代での転職は収入にどう影響する? コンサルタントに聞いた「転職後の年収」調査
転職サイトを運営するエン・ジャパンが、「転職後の年収」に関する調査を実施した。(2022/6/24)

転職市場で平均年収が高いIT職種 2位は「セキュリティエンジニア」 1位は?
平均年収が最も高いIT職種は?──パーソルキャリアが転職支援サービス「doda」の情報を基に実施した調査によれば、2位は「セキュリティエンジニア」、3位は「プリセールス」だった。1位の職種は。(2022/6/23)

23〜34歳の人に聞く:
仕事で不満を感じていること 3位「やりがい」、2位「収入が少ない」、1位は?
現在、働いている会社の労働環境や業務内容にどのような不満を感じている人が多いのだろうか。転職活動を始めているまたは転職が決まっている人に聞いた。(2022/6/23)

キャリアニュース:
在宅勤務で「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」46.9%
「パソナ総合研究所」が「在宅勤務による生活、キャリア意識への影響」に関する調査結果を発表した。「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」と46.9%が回答し、46.3%が「転職を検討した、希望就業先が変化した」と答えた。(2022/6/23)

半数以上が「今の年収は、自己評価より低い!」 どのくらい違うのか?
ライボは「転職と年収に関する実態調査」を実施した。転職経験者に現在の年収と自身が評価する額のギャップについて聞いたところ、「現在の年収は自己評価より低い」と答えた割合は51.7%だった。(2022/6/22)

1万人以上に聞いた:
6割以上が「転勤は退職のキッカケになる」 転勤を承諾する条件は?
「転勤」についてのアンケート調査を実施した。64%が転勤の辞令が出たら退職を「考える」と回答している。転職を承諾する条件とは?(2022/6/21)

給料と残業の関係:
「転職したい」新社会人の33%、定年までは?
就職した会社で定年まで働きたいと思っている人は、どのくらいいるのか。2022年春に就職した新入社員に聞いた。(2022/6/20)

1社で定年:
「一度も転職したことがない」定年退職者の51.4%
新卒で入社した会社に、何年勤めましたか? 転職して別の会社で働いている人に聞いた。(2022/6/19)

副業で求められるプログラミング言語ランキング 3位はGo、2位はPython 1位は? 複業転職サイト調査
プロダクト開発人材向けの複業転職プラットフォーム「Offers」を運営するoverflowは、同サービス上で副業や複業が決まった人数をプログラミング言語別に集計した結果を発表した。2位は「Python」、3位は「Go」だった。1位の言語は。(2022/6/16)

キャリアニュース:
「転職人気企業ランキング2022」――トップ3は不動も、ポイント差が縮まる
転職サービス「doda」が「doda転職人気企業ランキング2022」を発表した。トップ3は「トヨタ自動車」「グーグル」「ソニー」。2位の「グーグル」は、1位「トヨタ自動車」との差を大きく縮め、4位の「アマゾンジャパン」は2年連続順位を上げた。(2022/6/16)

「勤務地を問わない」求人、コロナ禍前と比べ11.3倍に IT企業のエンジニア職で増加
勤務地を問わない新規求人数がコロナ禍前と比べ11.3倍に上昇した──転職サイトを運営するビズリーチは、こんな調査結果を発表した。2019年10〜12月と22年1〜3月の同サービス上に掲載する求人数を比較したところ、このような結果を得られたという。(2022/6/15)

“転職ネイティブ世代”の台頭:
入社直後に「転職サイト」に登録 過去最多に doda調べ
入社直後に転職サイトに登録した新入社員が過去最多――。そんな結果が、転職サービス「doda(デューダ)」の調査で分かった。同社は過去11年間のdoda会員登録者数のうち、新社会人で入社月の4月にdodaに登録した数を分析した。(2022/6/15)

このまま勤め続けるか?:
20代に強い危機感──転職経験者の72.8%が「コロナ前より転職を考えるようになった」
Sansanが、キャリア形成に関する意識調査を実施した。その結果、20代の会社員のうち、コロナ禍で以前より転職を考えるようになった人は72.8%だった。(2022/6/14)

外資または日系グローバル企業で働く人:
転職を考える理由ランキング、2位は「給与を上げたい」、1位は?
人材紹介会社エンワールド・ジャパンは、外資系企業または日系グローバル企業で働く人を対象に、「転職理由調査」を実施。その結果……。(2022/6/10)

スタートアップ企業:
入社後に感じたギャップ 3位は「企業風土」、2位「経営陣や上司の性格」、1位は?
採用動画プラットフォーム「moovy」を運営する社moovy(東京都渋谷区)は、スタートアップ入社後2年以内に転職した会社員107人に対し、スタートアップ企業入社後のギャップに関する実態調査を実施した。91.7%が、入社前と入社後のギャップを感じた経験があることが分かった。(2022/6/8)

業界別の結果も紹介:
転職人気企業ランキング、2位「グーグル」 1位は?
「転職人気企業ランキング2022」の結果を発表した。3位「ソニー」、2位「グーグル」を抑えた1位は?業界別のTOP5も紹介する。(2022/6/7)

ビズリーチ調べ:
転職を考える理由 2位は「経験・スキルが生かせていない」、1位は?
会員制転職サイトを運営するビズリーチは、キャリア観や転職に対する意識についてのアンケートを実施した。直近1年間で、85.1%が転職への意欲が高まったと答えた。(2022/6/7)

転職人気企業ランキング、1位はトヨタ IT企業でトップは?──「doda」調べ
もし転職するなら、どの企業で働きたいか。 転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリアは転職人気企業上位300社のランキングを発表した。(2022/6/6)

「現在も新卒入社の会社で働く」30代以下で33%、転職を考えたことは?
新卒で入社した会社に、いまも勤めている人はどのくらいいるのだろうか。全国の男女に聞いた。(2022/6/5)

オリコン顧客満足度調査:
満足度の高い「転職サイト」ランキング2022 3位「マイナビ転職」、2位「doda」、1位は?
oricon ME(東京都港区)が「転職サイト」「転職スカウトサービス」「派遣情報サイト」「求人情報サービス」について満足度調査を実施した。(2022/6/3)

20代が希望する通勤時間は? 住む場所は「便利さ」を重視
転職サイトなどを運営する学情は、「通勤時間・住む場所」に関するアンケート調査を実施。20代に希望の通勤時間を聞いたところ……。(2022/6/2)

キャリアニュース:
女性管理職の57%が、「管理職になって良かった」と回答
転職サービス「doda」が「女性管理職の意識調査」の結果を発表した。管理職になって「良かったと思う」と57.0%が回答したが、管理職へのオファーを受けた際は、51.0%が「職務を全うできる自信がなかった」と答えた。(2022/6/2)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第4回】
入社前に知りたい「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」 採用面接でどう聞くか
転職活動の際、求職者は「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」を知りたいと考えるだろう。求職者は採用面接でどのように聞けばよいのか。企業側の回答例とともに紹介する。(2022/5/31)

「脱毛しろ!」「転職しろ!」「毛を生やせ!」「結婚しろ!」――電車広告からの圧がすごすぎる
「うるせー!」って言いたくなる。(2022/5/28)

PR:転職エージェント ワークポート 職種に応じた専門の転職サポート、無料の転職相談


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.