• 関連の記事

「照明」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「照明」に関する情報が集まったページです。

省施工:
パナソニック、電気工事の省施工製品「ハヤワザリニューアル」の販売を強化
パナソニック エレクトリックワークス社は、電気工事の施工時間短縮や作業負担軽減につながる省施工製品群「ハヤワザリニューアル」の販売を強化する。2024年度にはハヤワザリニューアルの照明商材の売上台数について、2023年度比115%を目指す。(2024/3/1)

LED:
ファンの応援が光の演出に変わる ユーザー参加型の照明演出、Vリーグで実証実験
バレーボールVリーグ女子1部「久光スプリングス」の試合で、会場内の応援を光の演出に変える実証実験が行われた。演出にはパナソニック エレクトリックワークス社の「街演出クラウドYOI-en」を活用。今後、体験型の応援による来訪意欲への影響などを調べる。(2024/2/26)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す
家電製品などのスイッチを物理的に押してくれるデバイスの「ボット」は便利だが、悩ましいのが固定方法だ。そこで、一般家庭で使われている例が多いスイッチを想定し、ボットを固定してくれる製品を2種類試した。(2024/2/20)

製造ITニュース:
ヤマハ、映像や照明データもWAV形式に統一して記録/再生
ヤマハは、音声や映像、照明の制御信号などファイル形式の異なるデータを、オーディオデータ形式に統一して記録、再生するシステム「GPAP」を開発した。また、会場規模に合わせてサイズを変更できるパネル型スクリーンを発表した。(2024/2/14)

高さを20〜30%削減:
高コスト効率のハイブリッドToF技術、ロボット掃除機の「低背化」に貢献
Infineon Technologiesは2024年1月30日(ドイツ時間)、1つのToFイメージセンサーと2種類の照明を組み合わせた次世代スマートロボット用ハイブリッドToF(hToF)ソリューションを開発したと発表した。(2024/2/8)

医療技術ニュース:
眼内内視鏡および眼内照明保持ロボットの臨床使用に成功
九州大学病院は、眼内内視鏡および眼内照明を保持する手術支援ロボット「OQrimo」の臨床使用に成功した。(2024/2/8)

単1形〜単4形の電池どれでも使えるパナソニックの懐中電灯に注目集まる 東日本大震災で突きつけられた「課題」克服
課題を克服するための仕組みとは。(2024/2/4)

リアルな月が浮くインテリア照明「Moon G」発売 ワイヤレス充電機能付き
Glotureは、ワイヤレス充電付きナイトライト「Moon G」を発売。1/2500万サイズのリアルな月の模型が空中に浮き、 オーク材の土台をワイヤレス充電器として利用できる。価格は1万6800円(税込み)で、10%オフクーポンも配布する。(2024/1/22)

照明演出:
建材カンパニーが間接照明ユニット「N-PITA」紹介サイトをリニューアル
野原グループの建材カンパニーが、間接照明ユニット「N-PITA」の製品紹介サイトをリニューアルした。設計者が抱える間接照明の納まりに関する課題を解決すべく、N-PITAの特長や設計通りに納まる理由、さまざまな照明方式への対応例などを紹介している。(2024/1/9)

製品動向:
LEDでエスカレーターの「片側空け」を抑制、日立が夢洲駅向けに開発
日立製作所と日立ビルシステムは、LED照明を利用して「片側空け」を抑止する新機能を搭載したエスカレーターを開発した。大阪・関西万博の開催に合わせて2024年度に開業する北港テクノポート線の夢洲駅に導入する。(2024/1/5)

「8番出口」感ある駅の照明が「異変判定して引き返してしまうやつ」と話題に 不規則に並んだ姿がまるで異世界
進んだら0番出口に戻るやつだ……。(2023/12/12)

LED:
「星空保護区」でアジア初認定 南六呂師の「日本一美しい星空」を支えるパナソニックの照明技術
福井県大野市の南六呂師エリアが2023年8月に、ダークスカイが定める「星空保護区」のアーバン・ナイトスカイプレイス部門で認定を受けた。取得に際して、光害に対する厳しい規定をクリアしなければならず、エリアの街路灯を全て交換したパナソニック エレクトリックワークス社は、空に光が広がらない屋外灯の技術で貢献した。(2023/11/13)

「ゴジラ-1.0」の“赤ちゃんが泣いても大丈夫な上映会”実施でファンざわつく 「ちょっと待て」「阿鼻叫喚どころじゃない」
照明が明るめで音量も小さいので大丈夫な可能性も……?(2023/11/10)

宿着いた → まるでばあちゃんちだ! あまりにも昭和のご家庭な宿が話題に、長くした電灯のヒモやお茶菓子のホームパイが出迎え
ガラスの灰皿まであるぞー。(2023/10/19)

明るさ向上、軽量化を実現したARグラス「XREAL Air 2 Pro」11月17日発売 約6.2万円
日本Xrealは、11月17日にARグラス「XREAL Air 2 Pro」を発売。照明や明るさに合わせて3段階のレンズの調光が可能で、XREAL Airから約6%軽量化した。価格は6万1980円(税込み)。(2023/10/17)

ams OSRAM ALIYOS LED-on-foil:
3D照明やアニメ効果も実現、透過性の高い車載用照明技術
ams OSRAMは、車載用照明技術「ALIYOS LED-on-foil」を発表した。透明でフレキシブルな薄型基板上にミニLEDを配置でき、3D照明やアニメーション効果を生み出すことができる。(2023/10/16)

組み込み開発ニュース:
Bluetoothのワイヤレス照明制御がフルスタック標準規格に
Bluetooth SIGは、ワイヤレス照明制御で初となる、フルスタック標準規格「Bluetooth NLC」を発表した。無線通信からデバイス層までの標準規格となっており、マルチベンダー間の相互運用性を図ることができる。(2023/10/3)

電子機器から出る「電磁波ノイズ」で発電する技術、ソニーが開発 待機状態でもOK
ソニーセミコンダクタソリューションズが、電磁波ノイズエネルギーを利用した環境発電用のモジュールを開発した。モニターや照明などから常時発生する電磁波ノイズを使って、IoTセンサーや通信機器などの省電力デバイスを動かすことができるという。(2023/9/8)

BAS:
竹中工務店が“ハンドジェスチャー”で照明や空調を操作する、非接触制御システムを開発
竹中工務店は、ハンドジェスチャーをAIで読み取り、複数の設備を制御する非接触制御システム「Contactless Smart Control」を開発した。(2023/8/25)

年間100億円の売上高を目指す:
JDI、照明の配光特性を制御する「LumiFree」を量産へ
ジャパンディスプレイは、液晶技術を用いて照明の光の広がり方を自在に制御可能にする「LumiFree」の量産出荷を2023年7月から開始した。同社はLumiFreeの事業で、2026年度には年間100億円以上の売上規模を目指す。(2023/8/22)

ams OSRAM OSIRE E3731i:
自動車向けインテリジェント型RGB LED
ams OSRAMは、インテリジェント型RGB LED「OSIRE E3731i」を発表した。自動車の車内照明において、数百個のLEDによるフルカラー表現や動きのある照明効果の演出が可能になる。(2023/8/18)

街灯1000本で実証実験も実施:
GaN搭載のLED街灯で消費電力を37%削減、NTT-AT
NTTアドバンステクノロジは「TECHNO-FRONTIER 2023」で、GaNを使用したFET搭載のUSB充電器やLED電灯向け電源ユニットを展示した。(2023/8/7)

経済の「雑学」:
セブンの置看板、増えるシンプルなデザイン 丸い電球がついたものは消える運命
コンビニ大手「セブン‐イレブン」の置看板だが、実は2017年に仕様変更している。上部に丸い電球がついたタイプはそのうちなくなるという。(2023/8/5)

夜の博物館を懐中電灯1本で探険! 映画「ナイト ミュージアム」みたいなイベントがド迫力でワクワクする
福岡県の「いのちのたび博物館」で、限定的に開催されたイベントです。(2023/8/5)

マクセルとロームグループが開発:
全固体電池採用エナジーハーベスト対応評価キット
マクセルは、全固体電池を用いたエナジーハーベスト対応の評価用キットを、ロームグループと共同で開発した。太陽光や室内照明を利用した電源システムの開発と評価を迅速に行うことができる。(2023/7/31)

モバイルバッテリーになる乾電池式の懐中電灯、SOS点滅モード付き エレコムから
エレコムは、モバイルバッテリー機能をプラスした乾電池式懐中電灯を発売。明るさは最大150ルーメンまで4段階に調整可能で、緊急時の救援サインに使えるSOS点滅モードも備える。(2023/7/24)

FAニュース:
画像処理用LED照明コントローラーに出力電圧DC12、24V両対応タイプを追加
オプテックス・エフエーは、画像処理用LED照明コントローラー「OPPX」シリーズに、出力電圧DC12、24V対応の2機種を追加した。出力電圧12Vを2ch、24Vを2chずつ用意している。(2023/7/5)

Innovative Tech:
デスクライトの“電球の光”から盗聴する攻撃 話し声で生じる振動を利用
イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学とワイツマン科学研究所に所属する研究者らは、デスクライトの電球から音を復元するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/6/19)

日照条件に左右されない街の「真の色」推定技術 NTT、メタバースなどに応用へ
NTTは、撮影された画像から、照明条件によらない「真の色」を推定する新たな手法を開発したと発表した。画像から影などを取り除き、任意の照明条件を再現できるという。(2023/6/16)

研究開発の最前線:
CFRPに環境発電能力を付与、電源なしでLED電球の点灯と無線通信が可能に
東北大学 大学院環境科学研究科 教授の成田史生氏(工学部材料科学総合学科兼担)のグループは、英国リーズ大学 教授のYu Shi教授と共同で、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の電極からなる新しい圧電振動発電デバイスの開発に成功した。(2023/6/16)

組み込み開発ニュース:
混色による色ばらつきを低減する車載インテリア向けRGBチップLED
ロームは、車載インテリア向けRGBチップLED「SMLVN6RGBFU」を開発した。混色による色ばらつきを素子の混色制御技術によって低減し、正確な色表現に貢献する。車室内の機能や状態表示用インジケーター、装飾照明に使用される。(2023/6/14)

LED:
LED電球の課題を解消!パナソニックEW社が注力する新型天井照明「LEDフラットランプ」の性能とは?
天井照明でLED照明を使うことが当たり前になりつつある。しかし、近年は従来型のLED照明ではカバーできない大空間で高気密の住宅が増えている。そうした課題を解決できる製品として、パナソニックのLED照明「LEDフラットランプ」が注目を集めている。(2023/6/12)

LED:
LED照明とクラウドで“街を彩る”パナソニックEW社の「YOI-en」 体験施設を大阪・門真本社に開設
パナソニック エレクトリックワークス社は、光の色彩で街を演出する「街演出クラウド YOI-en」が体感できるデモフィールドを大阪府門真市の本社構内に新設した。リアルな場で手軽に説明できる環境を整え、サービス普及に努める。(2023/6/9)

スマートメンテナンス:
大阪府と古河電工が道路標識や照明の点検で実証実験 RPAで正確な把握と点検表の自動作成
古河電気工業と大阪府と進めていた道路標識や道路照明の点検を効率化する実証実験が完了した。実験では、道路附属物維持管理ソリューション「みちてん」シリーズを用い、正確な状況把握と点検表の自動作成を実現した。(2023/6/6)

LED照明:
店舗のLED化をサブスクで提供 40年先もサポートするパナソニックEW社のLED照明サービス
パナソニック エレクトリックワークス社は、店舗などにLED照明を設置し、使用料を月額としたサービスを提供している。店舗側が照明設備を保有しないため、初期費用や管理/保守のコストがかからないのが特長だ。(2023/5/30)

LED照明:
「エスコンフィールド HOKKAIDO」の斬新な照明演出を可能にしたパナソニックの照明技術
北海道日本ハムファイターズの新球場として2023年3月に供用開始となった「エスコンフィールド HOKKAIDO」。試合を盛り上げるダイナミックな球場演出には、パナソニック独自の照明技術が多大な貢献をしているという。(2023/5/22)

友人「トイレの電球買ってきて」→とってもスリリングな雰囲気になったイタズラが「ハラハラするw」と話題
落ち着けねえ。(2023/5/17)

戦中戦後を支えた国産消防車「ニッサン180型 消防ポンプ自動車」を日産がレストア 元気いっぱいに走る姿を披露
ウィンカーや照明などもしっかり稼働します。(2023/4/30)

LED:
光害に配慮した照明約300台を福井県大野市に導入
パナソニック エレクトリックワークス社は、光害に配慮した照明約300台を福井県大野市南六呂師区に導入した。IDA認証を取得した防犯灯や道路灯、上方光束を低減した施設の軒下の照明などを提供している。(2023/4/28)

Amazon 4月特選タイムセール:
「+Style」のスマート家電をおトクにゲット! 新生活で「スマートホーム」デビューしよう!
Amazon.co.jpの「Amazon 4月特選タイムセール」で、+Styleが多数のスマート家電製品を出品している。対象製品は、照明器具やセンサー、見守りカメラなどで、半額以上の値引きを行っているものもある。(2023/3/31)

インフィニオン IRS2976C:
3Dカメラシステム向けToFイメージセンサー
インフィニオン テクノロジーズは、pmdtechnologiesと共同で、3Dカメラシステム向けのToFイメージセンサー「IRS2976C」を発表した。比較的低コストのフロントサイド照明イメージセンサーでありながら、30%以上の量子効率を有する。(2023/3/28)

LED:
2028年にCO2排出ゼロを掲げるパナソニック新潟工場、LED製品開発のマザー拠点を視察
パナソニックの新潟工場は、CO2排出ゼロを目指すプロジェクトを発足し、2028年の実現に向けて活動している。同工場は、省エネ性能に優れた一体型LED照明を生産するが、工場の省エネにも取り組む。工場全体としての省エネを通じて蓄積したノウハウを顧客の省エネ提案にも役立てる計画という。(2023/3/10)

無駄に洗練された無駄のない変形 ブルアカ・アリスのロマン砲「光の剣 スーパーノヴァ」を再現した懐中電灯が話題
変形ギミックはかわいいので大事な要素です。(2023/3/7)

家電や照明のスイッチをスマホで操作、「+Style スイッチ」発売 3月6日まで最大1500円オフ
BBソフトサービスは、手動式スイッチをスマホで操作できる「+Style スイッチ」を発売。2つの動作モードを備え、動作ストロークや押し下げ時間にも対応し環境に合わせて細かく調整可能だ。価格は4480円(税込み)。(2023/2/28)

“1人で布団でスマホ”の寂しさ癒す「一緒に夜更かしできる間接照明」がかわいい 「天才」「めちゃくちゃ欲しい」と反響
この子がいれば、寂しい夜はきっと来ない。(2023/2/22)

第7回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
住まいのスマートホーム機器を一手に操作 三菱地所が提案する新しい暮らし方
スマートロック、スマートスピーカー、スマート照明。いまや身近になりつつあるスマートホーム機器。三菱地所の総合スマートホームサービス「HOMETACT(ホームタクト)」は「簡単に・利便性高く・安心して」の観点から、スマートホーム機器のある生活をさらに快適にものに変えるサービスだ。(2023/2/20)

「廃校を利用した美術館」夜中に訪れた光景が怖すぎる 無人の館内にネコ1匹、暗闇に照明が自動でともり……
隣接するキャンプ場の宿泊客だけが味わえる恐怖。(2023/2/17)

スマホの充電でどれだけ電気代がかかる? 少しでも節電するために注意すべきこと
今回は、スマートフォンなどの端末を充電した際にかかる電気料金について考えてみた。リチウムイオンバッテリーは定格電圧3.7Vとし、電気料金は東北電力の従量電灯Bの1kWh 29.28円で算出した。フル充電後も少量だが電気が流れ続けることがある。(2023/2/17)

「楽しそう」「うちでもやりたい」 天井照明をゲームと連動したプレイ動画の没入感がすごいと話題
この光演出は絶対楽しい。(2023/2/18)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2022:
古河電気工業が道路インフラの維持管理を効率化、3つのアプローチで道路付属物点検のDXを支援
道路インフラの維持管理で、自治体などの道路管理者は現状で多大な課題を抱えている。管理しなければならない路線は膨大にあるため、道路標識や照明、カーブミラーなどの道路付属物までは、点検の手が回らずに細やかな維持管理ができていない。こうした問題を解消する道路点検のDXを支援するツールが登場している。(2023/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.