• 関連の記事

「経営者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Restaurant Dive:
米国最大手スーパーの新事業は小規模レストランのボトルネックを解消するか?
米国最大手のスーパーマーケットチェーンのKrogerは、小規模な独立系レストラン経営者向けにセット価格と柔軟な配送オプションを備えた配達サービスを提供する。(2022/5/18)

役員改革が始まった:
役員も「ジョブ型」 日本でも“プロ経営者”が珍しくなくなっている理由
従業員層で導入が進んでいる「ジョブ型雇用」。経営層だけがメンバーシップ型のまま、閉鎖的な世界にとどまっていてよいものでしょうか──。筆者は、そのように主張しています。その背景には、どんな環境変化があるのでしょうか。(2022/5/18)

Q&A 総務・人事の相談所:
社員数はたったの20人でも、あえて「評価制度を導入すべき」理由とは?
「評価制度」は一般的に、社員数が50人程度の規模になると導入されることが多い。しかし、最近は50人以下の企業でも評価制度を導入し、経営に生かしているという事例もあるという。小企業では経営者の目が行き届くことから「いらないのでは?」と思われがちな評価制度を“あえて”取り入れるメリットとは?(2022/5/2)

ニコニコ超会議を前に:
「iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?
「ニコニコ超会議」を主催するドワンゴを率いるのは、NTTドコモが運営していたサービス「iモード」の生みの親とされる夏野剛社長だ。国内屈指のIP企業が、宇宙ベンチャー起業に出資した理由を聞いた。(2022/4/29)

Restaurant Dive:
「ロボットレストランは是か非か」 米国レストラン経営者の論点
外食産業では今、ロボティクスを活用した業務プロセスの自動化の波が来ている。ただしこうしたテクノロジーの導入で、従業員コストを低減できるとは考えない方がいいだろう。ロボットと人間をうまく共存させる店舗設計のポイントとは。(2022/4/21)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(6):
【第6回】建設業の成長を推進する「グループ経営」の極意
本連載では、タナベ経営の建設専門コンサルタントが各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第6回は、建設業のM&Aで多くみられる「グループ経営」を成功させて企業成長へ導くために、「ホールディングカンパニー」の果たすべき機能と経営者の資質について説く。(2022/4/14)

半径300メートルのIT:
他人ごとではない内部不正の問題 “従業員を守る”システムづくりのポイントは?
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン 第5版」を公開しました。内部不正に関する豊富な事例と企業が抑えるべきポイントを紹介します。「ウチの従業員は信頼できる」と考えている経営者こそ目を通すべき資料です。(2022/4/12)

「前例第一主義」になるな:
22年度新入社員に向けた、経営者の熱い言葉──トヨタ、ソフトバンク、ファミマなど
4月1日、多くの企業が入社式を行った。コロナ禍で迎える3回目の春。新入社員に向けて、各社の経営者は何を伝えたのか。(2022/4/2)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

施行は23年10月:
インボイス制度、いつまでに対応予定? 中小企業で「既に対応」は11.2%
消費税10%の引き上げと軽減税率制度の導入に伴い、2023年10月から適用される「インボイス制度」。全国の経営者はどの程度対応を進めているのか? またいつまでに対応する予定なのか?(2022/3/30)

育成の時間・人手を生むには?:
“営業の育成が課題”の原因は「人がいない」「時間がない」 しかし支援ツールは「利用していない」が約6割
営業組織の課題は「営業の育成」だと感じる経営者・営業職は3割以上──UKABU(大田区)が行った調査で、このような結果が判明した。(2022/3/10)

「髪が強い」「遺伝子の作用?」 ネイサン・チェン、きょうだい5人集合写真に反響 名門大卒&経営者とエリートぞろい
4年ぶり。(2022/3/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
デジタル経済に30年遅れた日本企業必読の2冊――ウォンツアンドバリュー 永井孝尚氏
成功する起業家や経営者には読書家が多い。それでは、どんな本を読んでいるのか。世界の起業家が読んでいる経営理論の必読書50冊とは。(2022/3/8)

ランサムウェア攻撃の被害を防ぐ「5W」【後編】
ランサムウェア対策に失敗しないためには「どこ」で感染するかを考えるべし
ランサムウェア攻撃に立ち向かうためには、攻撃の対象が何かを正確に把握し、企業が一丸となって対策を講じる必要がある。その理由とは何か。経営者も含め、全員の意識を高めるためのこつは。(2022/3/3)

金融庁「サイバー攻撃の潜在的リスク高まった」 金融機関に注意喚起、ウクライナ情勢が影響か
金融庁は、金融機関に対してサイバー攻撃に警戒するように注意喚起する声明を発表した。「昨今の情勢を踏まえるとサイバー攻撃事案の潜在的なリスクは高まっている」と説明している。経済産業省も23日に、企業の経営者などに対して同様の注意を促していた。(2022/2/24)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」SNS編:
炎上を恐れすぎる必要はない! 「SNS採用」のプロが語る、候補者の“心に響く”情報発信
SNSの普及により、新しい採用の形が生まれた。しかし、トラブルも後を絶たない。このSNS時代に、人事や経営者はどのようなことに気を付けるべきなのか。また、採用につなげるためにはどのような情報発信をしていくべきなのだろうか──。(2022/2/21)

かい人21面相:
退任のグリコ社長は「グリ森」の誘拐被害者 詳細語らず
江崎グリコの会長職に就く江崎勝久社長は、「かい人21面相」を名乗る犯行グループによる「グリコ・森永事件」の発端となった誘拐事件に被害者として巻き込まれるなど、数奇な経営者人生を送ったことで知られる。一方、公の場でこの事件について多くを語ったことはない。(2022/2/14)

アイ・オー・データ機器、6月に上場廃止の見通し 創業者による自社買収で
アイ・オー・データ機器は9日、経営者によるTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。6月下旬に上場廃止となる見通し。(2022/2/10)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(2):
1度は諦めた“脱メインフレーム”で、内製化と販売変革を実現 京王百貨店のチームプレー戦略
高過ぎる刷新コストに阻まれ、1度は諦めたメインフレーム脱却への「再挑戦」をきっかけに、システムの内製化だけでなく、データ分析を基に新たな販売戦略を生み出した京王百貨店。経営者とIT部門から売り場まで、さまざまな従業員のチームプレーを実現した戦略には、失敗から得た知見が生きていた。(2022/2/10)

1億円以上負担増のケースも:
22年10月「パート等の社会保険加入拡大」で何が変わる? 企業が注意すべき点
2022年10月の「パートタイマー等の短時間勤務者に対する社会保険加入拡大」は、企業経営者に大きな影響を及ぼすだろう。これまで社会保険に単独で加入していなかったパートタイマー等が、法改正により強制加入対象となると、本人の保険料負担が発生し、企業側は法定福利費が増加することになる。詳細を解説する。(2022/2/7)

今日のリサーチ:
SDGsの理解度は経営者よりも学生の方が高い?――CCCマーケティング総合研究所調査
SDGsの認知度は全体の8割以上ですが、若い人の方がより理解が深いのかもしれません。(2022/2/3)

DXを次のステージに引き上げる新しい発想とは:
PR:DXの第一者が語る、「日本企業のデジタル変革に不可欠なのは“Digital-Oriented”への発想の転換」
「自組織のDXが進まない」と悩む経営者は多い。“人中心”で属人化と複雑化が進んだ制度やルール、業務プロセス、システムのコントロールを今すぐ「デジタルワーカー」に委ね、Digital-Orientedな業務や組織に転換することが必要だ。(2022/2/2)

伊藤レポートの「ROE8%以上」だけでは足りない:
経営も分かる「CFO候補」が理解しておくべき、経営の“本質”とは?
財務・経理と並ぶファイナンス人材のキャリア「FP&A」。経営者のビジネスパートナーとして、経営判断に影響を与える良質な判断材料を提供します。この役割を果たすためには、しっかりとした判断軸が必要です。「FP&Aの判断軸」とは一体どのようなものなのでしょうか。(2022/1/27)

欧米の経営者はとっくに気づいていた、DXのホントの課題
ビジネス関連の記事を見ると、「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」という言葉を毎日のように目にする。また書店では、DX関連の書籍が棚にズラリと並んでいる。それだけDXが今のビジネスシーンでホットな話題であるということだが、逆にいうと、日本ではまだDXがしっかり理解されていないため、これだけ多くの記事や本が出ている。その一方で欧米では、DXを武器に短期間で急成長したIT企業に限らず、昔からの伝統企業でも、DX化によって大変身し、事業拡大を遂げたところもある。新刊書籍『日本企業のポテンシャルを解き放つ――DX×3P経営』から、日本の企業がDXを実現するためにはどうするべきかの提言を紹介する。(2022/1/26)

セーレン・川田会長の革命【後編】:
「本社にこもっている経営者はダメ」 セーレン・川田達男会長が徹底する「現場主義」
倒産寸前だったセーレンを再建し、日本を代表する総合繊維メーカーに育て上げた川田達男会長。川田氏の成功の要因となったのは、経営トップになってからも現場主義を貫き通したことにほかならない(2022/1/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
このままでは“一億総非正規”待遇に!? 郵政は「正社員の休みを減らし格差解消」
「非正規社員の賃金が上がる」と期待が寄せられた同一労働同一賃金。しかし日本郵政グループは、正社員と非正規社員の格差是正を求める訴訟の結果、「正社員の休みを減らし格差を解消する」という提案を出した。こうした事例から、日本企業にはびこる“経営者問題”の根深さが見えてくる。(2022/1/14)

「セキュリティに理解のない経営者」にならないために:
「セキュリティに理解のない経営者」にならないための考え方 専門家に聞く4つの心構え
情報漏えいだけでなく、業務停止などの経営リスクにもつながるサイバー攻撃。もはやセキュリティ対策は、IT部門だけでなく経営者自身も取り組むべき課題になっている。経営者はどんな姿勢で自社のセキュリティ対策と向き合うべきか、専門家に聞く。(2022/1/12)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

企業首脳、賃上げ意欲も回復不安
経済同友会と経団連、日本商工会議所の経済3団体は5日、新年祝賀会を東京都内で行った。昨年は新型コロナウイルス禍で初めて中止され、2年ぶりの開催。経営者ら出席者の人数は感染対策のため、例年の約1800人から約240人に絞られた。(2022/1/6)

“概念を知っている経営者”のほとんどが重要性を認識:
イノベーションには「学習する組織」が必要 ユームテクノロジージャパンが意識調査の結果を発表
ユームテクノロジージャパンは、経営者の「学習する組織」に関する意識調査の結果を発表した。学習する組織の概念を知っている経営者は42.7%で、そのほとんどが「自社での必要性」を感じていることが分かった。(2022/1/6)

3年連続の……:
大学生が尊敬する起業家・経営者 3位イーロン・マスク氏、2位孫正義氏、1位は?
マイナビが運営する大学生向けメディア「マイナビ学生の窓口」が、「大学生が選ぶトレンドアワード2021」を発表した。(2021/12/28)

身代金を払った組織の80%が再び攻撃された
多発するランサムウェア攻撃、経営者が知るべき「数字」と「対策」
最新のランサムウェアは複数の手段で身代金を要求する「多重脅迫型」が主流となり、かつ一度身代金を支払った組織には再び攻撃を仕掛けているという。悪質なサイバー攻撃から組織を守るためには、どのような対策が有効なのだろうか。(2021/12/27)

「プロジェクト推進力」「データ分析力」よりもITスキルを重要視:
DX推進の阻害要因は“管理職のITリテラシー不足” リンクアカデミーが「企業のDX推進における課題」を調査
リンクアカデミーは、「企業のDX推進における課題」に関する調査の結果を発表した。経営者は「管理職のITリテラシー不足など『人的阻害要因』のせいで思うように進んでいない」と考えていることが分かった。(2021/12/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(93):
業績の悪い社員を解雇して何が悪いんですか?
昭和の経営者は、社員のことを一生面倒見るつもりで雇用してきたじゃないか。それなのに、たった数年評価が低いだけで解雇だなんて……!(2021/12/20)

「謝罪しないと芸能界から消す」 木下優樹菜、「タピオカ事件」での“嫌がらせ”を初告白 事務所への押しかけに「命の危険でしかなく」
タピオカ店経営者との仲直りは「難しいよね」。(2021/12/17)

プレゼンス、東京・銀座に会員制シェアオフィス 交流後押し
営業コンサルティングのプレゼンス(東京都中央区)は、地方の経営者や副業者を対象にした会員制シェアオフィスを東京・銀座に開設した。ビルの2フロアを利用し、個室とコワーキングスペース(共有作業場)を設置。仕事の紹介など会員同士が情報交換できる掲示板をクラウド上に設けるなど、対面・オンライン双方による交流を後押しする。(2021/12/13)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【後編】
ランサムウェア対策“最大のハードル”は「経営者の意識問題」 Gartnerが指摘
ランサムウェア攻撃を受けた企業が被害を広げないためには何をすればよいのか。Gartnerのアナリストが指摘する、企業の根本的なセキュリティ問題とは。(2021/12/1)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

三井住友カード、法人向けビジネスオーナーズ 年会費無料で1.5%還元
三井住友カードは11月29日、中小企業経営者および個人事業主向けの新クレジットカード「ビジネスオーナーズ」の発行を開始した。国際ブランドはVisaのみ。(2021/11/29)

年収1000万以上が、マンションの賃貸・購入時に周辺に「あってほしい施設」 コンビニを抑えた1位は?
シンシアは、年収1000万以上で1年以内にマンション賃貸、もしくは5年以内にマンション購入を考えている東京・神奈川在住の経営者・役員に、「富裕層の物件周辺情報」に関する調査を行った。マンションの周辺情報としてチェックする項目3位は「病院」、2位は「コンビニ」という結果に。1位は?(2021/11/29)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(3):
未来の経営層はどう育てる? グローバルで戦う日本企業に欠けがちな視点
未来の経営者を育てるためのタレントマネジメントについて、グローバル展開する日本企業に欠けがちな視点とは?(2021/11/26)

セキュリティトップ対談【後編】:
経営者が知るべきセキュリティ人材育成の今 ラック西本氏×電大の佐々木氏が語る
ランサムウェア攻撃が高度化する中、自社のセキュリティ体制を強化したいと考える企業も多いはずだが、そのためのセキュリティ人材をなかなか確保できないという現状がある。これを解消するためにはどうすればいいのか。ラック西本氏と東京電機大学の佐々木氏の対談からヒントを見つけていこう。(2021/12/2)

石橋を叩いて渡る:
自社の組織文化に愛着を持つ経営者は7割、一般社員は?
博報堂のコンサルティングチームは「会社と私の本音調査」を実施した。その結果、経営者、管理職、一般社員では自社の組織文化に対する意識差が大きいことが明らかに。(2021/11/21)

いい夫婦の日:
夫婦仲の良さが経営状況に影響? 男性経営者と妻の意識調査で見えた「相関関係」
エヌエヌ生命保険が、男性の中小企業経営者と妻それぞれ515人を対象に「いい夫婦の日(11月22日)」に関する意識調査を実施した。(2021/11/17)

専門家のイロメガネ:
元バイトAKBのラーメン店、産地偽装は返金で許されるのか?
先日、元バイトAKBの梅澤愛優香さんが経営するラーメン店「麺匠 八雲」で食材の産地偽装があったと報じられた。今回のトラブルは経営者の個人的な炎上のように捉えられているが、それらの要素を取り除けばコンプライアンスやガバナンスの問題にいきつく。(2021/11/17)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
社員の仕事ぶりが見えなくて……人事評価制度の“流行り”に飛びついた企業が失敗した、真の理由
「テレワークが増え、社員の仕事ぶりが見えにくいので、HRテックを用いたジョブ型人事評価を取り入れたが、運用がうまくいかなかった」。筆者のもとに、企業経営者からこんな相談が寄せられました。失敗の真の理由は……?(2021/11/10)

「コスト沼」か「おいてけ堀」か:
経営者「コスト削減でクラウドを選んだ。最適化はしていない」が企業にもたらす致命的なリスク
効果的なクラウド戦略は1回限りの移行ではなく、方法論を変えることにある。データセンターをクラウドに移して安くしよう、と考えている経営者が知るべきクラウドの真実は。(2021/11/4)

「ニュクス薬局」のビジネスモデル【前編】:
歌舞伎町26時 唯一の「深夜薬局ビジネス」が成り立った理由
東京・新宿の歌舞伎町で深夜に営業している薬局がある。その名は「ニュクス薬局」。薬剤師でもあり、経営者でもある中沢宏昭氏が1人で切り盛りしている。今では歌舞伎町になくてはならない存在だ。歌舞伎町で深夜薬局というビジネスモデルが成り立っている理由を、中沢氏に聞いた。(2021/11/5)

チャンスのはずが……コロナ禍でデータ活用を推進“できない”日本の経営者たち
Tableauは、職場でのコミュニケーション意識に関する調査結果を発表した。日本のビジネスリーダーは他国よりも、職場でのコミュニケーションにおける新型コロナウイルス感染症の影響を否定的に捉えていることが分かった。(2021/11/1)

木下優樹菜、YouTubeチャンネル開設し活動再開を報告 涙にじませ「この仕事しかできない」「娘たちのためにも働きたい」
開設の前日にはタピオカ店経営者が木下さんからSNSで脅されたとして1000万円の損害賠償を求めた訴訟について40万円の支払いを命じる判決が言い渡されていました。(2021/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.