• 関連の記事

「合併」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「合併」に関する情報が集まったページです。

製品開発ストーリー:
aiwaブランドのデジタル機器が今夏発売――開発したJENESISに聞く舞台裏
受託開発・製造業のJENESISはaiwaブランドによるデジタル機器の製造および販売を発表した。スマートフォン、スマートウォッチ各1機種とタブレット端末4機種を2022年8月から販売開始する。IoT業界の黒子として知られる同社がaiwaブランドを獲得した経緯や開発の舞台裏について取材した。(2022/6/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナの淡路島移転計画はどうなっている? 家族で引っ越した社員が語ったリアルな日常
パソナが着々と社員の淡路島移住を進めている。実際に働いている社員はどういったことを考えているのか。現地で増えている商業施設の状況も取材した。(2022/7/2)

「aiwaデジタル」誕生 Androidスマホ、Windowsタブレット、スマートウォッチなどを投入へ
JNSホールディングス傘下のJENESISが、アイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得した。「aiwaデジタル」シリーズとして、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsタブレット、IP67対応のスマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

新生「aiwaデジタル」誕生 8月にAndroidスマホ/タブレット、スマートウォッチを投入
JENESISが6月29日、オーディオメーカーのアイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得したことを発表した。2022年8月(予定)から、新生「aiwaデジタル」シリーズの製品を順次販売する。第1弾商品として、フラグシップのAndroidタブレット、スマートフォン、スマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

消費者のプライバシー権への対応も重要に:
企業の60%がゼロトラスト採用へ、しかしメリット享受は? Gartnerがセキュリティ将来予測
Gartnerによれば、消費者のプライバシー権への対応や、SSEプラットフォーム戦略などの8項目が、2023年までにサイバーセキュリティ関連で重要になるという。(2022/6/28)

「お産だ〜!!!」「(ええええ)」 “予定日一カ月前の出産”を淡々と描くレポート漫画に「感動した」「泣きながら大笑いした」の声
初めての出産はわからないことだらけ。(2022/6/26)

「第4のメガバンク」構想の行方は:
“限界地銀“を食い物に? SBI「地方創生トライアングル戦略」の中身の薄さ
SBIホールディングスの北尾吉孝社長が5月の決算発表の席上、新生買収の大きな目的でもある“限界地銀”再生策としての「地方創生トライアングル戦略」を公表した。内容とともに、浮き彫りになったSBIの思惑を考察する。(2022/6/25)

EV化 動く関西企業 エンジン消えるかも…… 揺れる町工場「すぐには変われない」
脱炭素で注目を浴びるEVだが、一方でエンジンが不要になるなど、従来のガソリン車に比べ製造に必要な部品が減るため、部品を納入する中小を中心とした関西のモノづくり企業も事業の見直しを迫られるケースが出てきた。(2022/6/23)

3Dプリンタニュース:
製造領域での3Dプリンタ活用に向けて舵を切るストラタシス、CEOが戦略説明
米Stratasysの日本法人であるストラタシス・ジャパンは、Stratasys CEOのYoav Zeif(ヨアブ・ザイーフ)氏の来日に併せて、東京本社でメディアラウンドテーブルを開催。Stratasysの事業戦略や日本市場での展開について説明した。(2022/6/23)

Broadcomがエンタープライズソフトウェア領域に突然の移行? VMwareの顧客が抱く疑問とは
BroadcomはVMwareの研究開発に投資するのか、それとも「ドル箱」を探しているのか。アナリストの予測から読み解く。(2022/6/20)

ふぉーんなハナシ:
何が変わる? ドコモのSIMカードを「水色」から「緑色」にしてみた
この4月から、NTTドコモのnanoUIMカード(nanoSIMカード)の色が変わりました。色以外に変わったポイントはあるのでしょうか……?(2022/6/17)

スタンドアロン5Gを展開:
Dish Networkが5Gを開始、全米カバー率20%を目指す
Dish Networkが2022年5月、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、ようやく国内5G(第5世代移動通信)市場への参入を実現した。しかし、これはやっと最初のハードルを越えたにすぎない。発展途上の5G事業者である同社が、米国全土で5Gネットワークの実現を目指していくためには、まだクリアしなければならない障壁が数多く残っているためだ。(2022/6/14)

ヤマダがドリーム・アーツの「SmartDB」を導入 年間で約300時間を削減
ヤマダホールディングスはドリーム・アーツのクラウドサービス「SmartDB」を導入し、年300時間程度の作業時間を削減した。同サービス採用の決め手は何か。(2022/6/13)

Twitter、イーロン・マスク氏に“firehose”(全公開ツイートデータ)提供か──Washington Post報道
Twitterはイーロン・マスク氏にfirehoseへのアクセスを提供すると報じられた。マスク氏は「botの正確な割合を調べるデータを提供しなければ買収を中止するかもしれない」とTwitterに警告した。firehoseは膨大なツイートのデータだ。(2022/6/9)

メルカリ、東証プライム市場へ移行「国内外知名度向上」
フリーマーケットアプリなどを展開するメルカリの山田進太郎社長は7日、同日付で東京証券取引所のグロース市場からプライム市場へ上場区分が変更となったことについて、「社会的信用の獲得や国内外の知名度向上、取引先の拡大、優秀な人材の採用が可能になる」と意義を語り、グローバル展開を加速させる意向を示した。(2022/6/8)

イーロン・マスク氏、「Twitterがbot情報を提供しないなら買収しない」とCLOに書簡
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、Twitterが契約に違反するなら買収をとりやめる可能性があると公式書簡で警告した。botアカウントの割合を示すデータの要求をTwitterが拒否しているとマスク氏は主張する。(2022/6/7)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
ソニーよりもアップルよりも任天堂よりも ゲームで最も儲けている企業は?
大手プレイヤーの寡占状態となっているゲーム市場。その中で、日米の有名企業を抑えてトップの座を占めたのは……?(2022/6/6)

パナソニック、空調や家電に3650億円投資 上海封鎖90億円影響
パナソニックホールディングスは、2022〜24年度にかけて、空質空調事業の海外拠点強化や白物家電の国内製造ライン増設などに3650億円超を投資する。コスト構造の改革で800億円、国内家電や海外空調などの価格改定で500億円の収支改善を図る。(2022/6/3)

アナリストからは懸念も:
BroadcomがVMwareを610億ドルで買収へ
2022年5月、新たに大規模な買収案件が登場した。Broadcomが、VMwareを610億米ドルで買収するという。(2022/5/31)

SAP顧客の悩み
なぜS/4HANA移行が進まないのか SAPユーザー会が発表した問題とは?
非常に多くのSAP顧客がS/4HANAへの移行に際して困難な状況を経験しているという。SAP顧客は何に悩んでいるのだろうか。(2022/5/31)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがビデオ会議のPolyを買収 “ハイブリッドワークの主役”になれるのか?
HPは、ビデオ会議システムを手掛けるPolyを買収する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が注目を浴びる中、HPはPoly買収で何を目指すのか。(2022/5/30)

マスク氏支持のTwitterの取締役、株主投票で再任否になるも再任することに
Twitterの株主総会の投票で再任に必要な過半数を取れなかったSilver Lake幹部のイーゴン・ダーバン氏が再任することになった。再任の条件は、ダーバン氏が取締役を務める上場企業を5社に減らすこと。同氏はイーロン・マスク氏による買収取引の立役者だ。(2022/5/28)

NTTぷらら、NTTドコモとの事業統合後もサービスはほぼ継続 「dポイント」付与も
NTTぷららは26日、NTTドコモによる吸収合併後もサービスはほぼ全て継承され、利用者は手続きなしで継続できると発表した。「ひかりTV」は毎月の利用料金支払いに「dポイント」を付与する。(2022/5/26)

月額1100円から:
NTTドコモが新しい「ひかりTV」を7月1日から提供 利用料金に対して「dポイント」を付与
NTTドコモとNTTぷららが合併することに伴い、ひかりTVの提供主体が7月1日からNTTドコモに変更される。そのことに伴い、同日からひかりTVのプランが一新されることになった。新プランでは付与されるポイントが「ぷららポイント」から「dポイント」に変更される他、2年間の定期契約が廃止される。(2022/5/26)

広島県在住者が「住み続けたい駅」ランキング、2位は「広大附属学校前」 1位は?
調査対象者は広島県内在住の20歳以上の男女。(2022/5/25)

自治体が本気で取り組むマーケティング活動 「メンマ爆売れ」の裏で市役所職員は何を仕組んでいたか
最先端のマーケティング施策を自治体が駆使することは可能だろうか。福岡県糸島市が示したのは、データを駆使すれば街の活性化は不可能ではないという事実だ。(2022/5/26)

電動化:
デンソーに続きルネサスも車載用パワー半導体を国内生産、投資額は900億円
ルネサス エレクトロニクスは2022年5月17日、2014年10月に閉鎖した甲府工場(山梨県甲斐市)に900億円の設備投資を行い、2024年からIGBTやパワーMOSFETを生産すると発表した。EV(電気自動車)など電動化で需要が急拡大することに対応して、パワー半導体の生産能力を強化する。(2022/5/18)

NasdaqがAWSを採用する理由【後編】
NasdaqのCIOが語る クラウドを無駄にする“悪習”とは
クラウドサービスへの大規模なシステム移行をスムーズに進めるには、どの作業から始めるべきなのか。AWS移行を進めるNasdaqのCIOが、クラウドサービス移行の前に検討すべきポイントを説明する。(2022/5/16)

三菱地所ハウスネット、国産iPaaSの活用でデータ連携基盤の構築を内製化 賃貸業務を効率化
三菱地所ハウスネットは、賃貸業務の効率化に向け、国産のiPaaS「DataSpider Cloud」を導入し、不動産テックを支える各種クラウドシステム間の柔軟なデータ連携基盤を自社開発した。(2022/5/13)

日本カーリング界の歴史を変えた:
ロコ・ソラーレ本橋麻里代表に聞く「ゼロから強い組織を作る方法」
北京冬季五輪のカーリングで銀メダルを獲得したロコ・ソラーレ。本橋麻里代表理事が、ITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。「起業家中の起業家」と表現しても大げさではない本橋代表に、ゼロから強い組織を作る方法を聞く。(2022/4/23)

わずか1年足らずで:
日本電産・永守氏CEO復帰 「後継者不在」また振り出しに
日本電産が21日、永守重信会長のわずか1年足らずでのCEO復帰を発表した。同社の積年の課題だった「後継者不在」はようやく解決の道筋がついたと評されたが、また振り出しに。(2022/4/22)

Marketing Dive:
Netflixにも広告? そして…… 「動画配信戦国時代」は次の局面へ
Disney+が広告付きの利用枠開始を発表。Netflixも将来的な広告モデル導入の可能性を否定していない。そして、HBO MaxとDiscovery+が統合されて……。(2022/4/20)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(6):
【第6回】建設業の成長を推進する「グループ経営」の極意
本連載では、タナベ経営の建設専門コンサルタントが各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第6回は、建設業のM&Aで多くみられる「グループ経営」を成功させて企業成長へ導くために、「ホールディングカンパニー」の果たすべき機能と経営者の資質について説く。(2022/4/14)

「データを管理できたら成果が出る」は誤解:
PR:DX成功の要となるデータマネジメントで押さえておくべき「9つの考慮事項」と、現実的な解決策
DX推進の要となるデータ活用。だが「データはあるが生かせない」といった声に象徴されるように、収集、蓄積はしていても「活用」できていない例は非常に多い。その真因は何か。“データマネジメントの誤解”を払拭(ふっしょく)し、現実的な実践法を紹介する。(2022/4/18)

パスワードポリシー作成方法【前編】
「パスワードポリシー」とは何か? 明文化で認証情報を安全に
企業はパスワードを守るための基本ルールとして「パスワードポリシー」を策定することが重要だ。パスワードポリシーとはどのようなもので、なぜ必要なのか。実践的なノウハウを含めて紹介する。(2022/4/11)

製造マネジメントニュース:
IBM日本法人が自動車メーカーのシステム構築などの子会社3社を合併
日本アイ・ビー・エムは、地域や業界特化でITサービスなどを提供している同社子会社3社を2022年7月1日に合併する。地域拠点の拡大および、社員のスキルの選択肢やキャリアパスの幅が広げられるようになる。(2022/4/11)

『ゴールデンカムイ』間もなく完結 全話を無料公開!
太っ腹!(2022/4/7)

ふくおかFGの五島新社長インタビュー「客本位、収益上げ続ける」デジタル化軸に変革
マイナス金利政策の長期化など金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、持続的な成長に向けて「顧客本位を徹底し、収益を上げ続ける」などと抱負を語った。(2022/4/7)

米経済誌「フォーブス」が発表:
「世界長者番付2022」 3位「ベルナール・アルノー」、2位「ジェフ・ベゾス」、世界一のお金持ちは?
米経済誌フォーブスが「世界長者番付2022」を発表した。その結果、1位は米テスラのイーロン・マスクCEOが2190億ドル(約27兆1560億円)だった。マスクCEOの1位は、1987年の調査開始以来初めて。(2022/4/6)

数奇な運命:
京丹後の廃虚タワー 再生案「スケボーパーク」に早くも暗雲
京都府京丹後市が管理する「丹後王国タワー」。平成10年の建設直後は観光の目玉として期待されたが、16年の台風23号で被災した後は放置状態となり、今や“廃墟”と化した。昨年の東京五輪を機に高まったスケートボード人気を受け、市は撤去後の跡地をスケートボードパークとして整備する予算案を先月の市議会定例会に提案した。(2022/4/4)

意外と難しい「業務提携」だが……:
勃発・EV戦国時代 勝つのは「提携」のソニー・ホンダか 「ケイレツ+買収」のトヨタか 「水平分業」のアップルか
EV市場を巡りさまざまなプレイヤーが出ている中、話題となったソニーとホンダの提携。自動車メーカーとしては巨人ともいえるトヨタ、そしてEV化によって重要度が高まるIT企業の雄としてアップなどがいる中、勝ち抜くのはどこなのか。(2022/4/4)

乗客減にコロナ追い打ち:
JR35年 赤字ローカル線は「誰が負担するのか」
国鉄が分割民営化され、JR各社が発足してから4月1日で35年を迎える。存廃の岐路に立つ赤字地方路線問題やリニア中央新幹線整備など「効率性」を旗印に挑んだ長年の課題は、沿線の反発で先行きの見えない状況が続く。(2022/3/29)

EU、ビッグテック規制の「Digital Markets Act(DMA:デジタル市場法)」に合意
欧州連合(EU)は、2020年12月に欧州委員会が発表したビッグテック規制法案「DMA」に合意した。アプリストアでの支払い方法の選択や、メッセージングアプリの相互運用性、企業買収に関する法案だ。発効すれば、Apple、Google、Meta、Amazonなどに大きく影響する。(2022/3/28)

「レガシー脱却」にかける思いとは
Google元幹部が生んだ勘定系「Vault」を導入 新興銀行Lunarの狙いは
北欧のチャレンジャーバンクLunarは、Thought Machineの勘定系システム「Vault」を採用した。Lunarがシステム選定に当たって重視したポイントは。(2022/3/25)

投資ファンドによる買収が及ぼすCitrix製品への影響【後編】
CitrixはロードバランサーやSD-WANを見限るのか?
Citrixが投資ファンドに買収され、BIベンダーのTIBCO Softwareと合併する。買収後の同社の戦略は。現状の製品はどうなるのか。(2022/3/25)

解決! OSSコンプライアンス(3):
「ライセンスが英語で分からない!」「ソースコード提供ってどういう方法でやればいい?」
OSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する連載「解決! OSSコンプライアンス」。3回目は、「ライセンスが英語で分からない!」「ソースコード提供ってどういう方法でやればいい?」という2つのエピソードと解決策を紹介する。(2022/3/16)

金融の新しいトレンド:
無視できなくなった「ESG投資」 AIで「有望な企業」の見極めが加速?
テクノロジーの活用による進化が進む金融業界。そこに今、新たな可能性が生まれようとしている。それはAI(人工知能)を活用し、より社会にとって価値のある企業に投資を行おうというものだ。キーワードとなるのが「ESG投資」である。(2022/3/22)

光伝送技術を知る(20) 光伝送技術の新しい潮流(1):
コロナ下の研究停滞がようやく始動、光技術の新潮流が見えてきた
今回から、新シリーズとして、光技術や光モジュール開発の動向をお伝えしていく。コロナの影響で停滞していた研究開発もようやく少しずつ再開されているので、それらの成果発表も随時紹介していきたい。(2022/3/22)

投資ファンドによる買収が及ぼすCitrix製品への影響【前編】
逆襲のCitrix――クラウドで出遅れ、「DaaS」強化で大逆転へ
仮想化ベンダーのCitrixが投資ファンドに買収される。これにより、同社はDaaS事業をより充実させる可能性がある。(2022/3/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.