• 関連の記事

「プラスチック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラスチック」に関する情報が集まったページです。

マクドナルド、レジ袋有料化 長崎県内23店舗で先行導入
日本マクドナルドは、4月からプラスチック製手さげ袋の有料化を行うと発表した。長崎県の店舗から先行導入する。価格はサイズを問わず1枚5円で展開する。(2024/2/22)

リサイクルニュース:
使用後にインキを脱離し、基材を再利用できる導電性シートを開発
マルアイは、リサイクル可能な導電性シートを東洋インキと共同開発した。プラスチック基材から導電インキを脱離することで、プラスチック原料として再利用できる。(2024/2/14)

リサイクルニュース:
レゾナックのKPRプラントの過去〜現在、プラからアンモニアを作れる量を拡大
レゾナックは「nano tech 2024 第23回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展し、川崎プラスチックリサイクル(KPR)事業で運営しているKPRプラント(神奈川県川崎市)の取り組みについて紹介した。(2024/2/7)

引き伸ばすほど強度が増す新たなバイオプラ(3):
バイオポリエステル/バイオポリアミド複合化材料の設計と合成
本連載ではバイオマス由来の2種のプラスチックを組み合わせ開発した、引き伸ばすほど強度が増す透明なフィルム素材を紹介します。今回は、PA4を取り入れた新しいバイオプラスチック材料の開発について説明します。(2024/2/9)

リサイクルニュース:
レコテックが自動車部品向け梱包資材に国産100%のPCR材を供給開始
レコテックは、廃プラスチックを再生させたPCR(Post-Consumer Recycled resin)材「pool resin」を、自動車部品向け梱包資材の原料として豊田通商に供給を開始する。ハンガーカバーや保護袋などを原料とした国産100%のPCR材だ。(2024/2/1)

研究開発の最前線:
生分解性プラが深海でも分解されることを実証、プラ海洋汚染問題の解決に光明
東京大学、海洋研究開発機構、群馬大学、製品評価技術基盤機構、産業技術総合研究所、日本バイオプラスチック協会は、生分解性プラスチックが深海でも分解されることを実証した。(2024/1/31)

リサイクルニュース:
2023年の国内プラスチックリサイクル量は690万t、ほぼ横ばいに推移
矢野経済研究所は、プラスチックリサイクル市場に関する調査結果を発表した。2023年の国内プラスチックリサイクル量を690万tと見込み、今後、ほぼ横ばいに推移すると予測している。(2024/1/31)

リサイクルニュース:
ファミマが弁当の容器規格を見直し、年間約421tの石油系プラスチックを削減
ファミリーマートは、プラスチック削減の取り組みとして、プライベートブランド「ファミマルKITCHEN」のチルド弁当やチルドすしの容器を変更する。年間約421tの石油系プラスチックを削減する。(2024/1/30)

オートモーティブワールド2024:
エンバリオの環境配慮型バリューチェーン、インドの漁網をスマホ材料に
Envaliorの日本法人であるエンバリオジャパンは、「オートモーティブワールド2024」に出展し、バイオプラスチックやリサイクルプラスチックの製造で活用している環境配慮型バリューチェーンについて紹介した。(2024/1/26)

材料技術:
日本触媒と理研がPESを用いた新規海洋生分解性プラスチックの開発に成功
日本触媒は、理化学研究所とともに新規海洋生分解性プラスチックの開発に成功したと発表した。(2024/1/19)

ファミマ、チルド弁当などで容器を変更 年間400トン超のプラ削減へ
ファミリーマートがチルド商品の容器を見直すと発表した。1月から順次実施し、年間で400トン超の石油系プラスチック削減を見込む。(2024/1/18)

引き伸ばすほど強度が増す新たなバイオプラ(2):
バイオプラスチックの現状と問題点、注目される生分解性ポリアミド
本連載ではバイオマス由来の2種のプラスチックを組み合わせ開発した、引き伸ばすほど強度が増す透明なフィルム素材を紹介します。今回は、バイオプラスチックの種類や特徴について説明します。(2024/1/18)

繊維方向の機械的特性は約20倍に:
炭素繊維を一方向に配向した圧電プラスチックセンサー
東北大学と大阪工業大学の研究グループは、「一方向炭素繊維強化圧電プラスチックセンサー」を開発した。機械的強度に優れたモーションセンシングシステムを実現することが可能となる。(2024/1/10)

日本エイサー、再生プラスチックなどを使用したスタンダードディスプレイのモデルを追加
日本エイサーは、サステナブルな製品シリーズ「Acer Vero」より、27インチディスプレイ「B277UEbmiiprzxv」「B277Ebmirxv」、23.8インチディスプレイ「B247YEbmiprxv」、21.5インチディスプレイ「B227QEbmiprzxv」「B227QEbmiprxv」を発売した(2023/12/25)

IPF Japan 2023:
高機能フィルムの押出成形時の膜厚調整を機械化するロボット式完全自動化Tダイ
アクスモールディングは「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)」において、ロボット式完全自動化Tダイを出展した。(2023/12/21)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(6):
排水中の窒素化合物を除去/回収する技術の現在地
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。前回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術を紹介しています。今回は廃水処理用技術を説明します。(2023/12/20)

IPF Japan 2023:
プレス機の動くスライドになぜ硬貨が立つ? 三菱電機らがCFRP関連技術を展示
三菱電機は「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)」において、ミライ化成、郷製作所、放電精密加工研究所とともにCFRPの成形から2次加工までの技術を展示した。(2023/12/13)

コンシューマー製品×再生材料:
製品全体の約40%で再生プラを採用した掃除機をパナが発売
パナソニックは、再生プラスチック材を採用したクリーンドック搭載のセパレート型コードレススティック掃除機「MC-NS10KE」を2023年12月6日に発売した。(2023/12/13)

材料技術:
流動性や靭性が高いバイオプラと成形品質のばらつきを補正する新システム
日立ハイテクのマテリアルソリューション部は、「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)【第10回】」で、キャッサバ(タピオカ)デンプン添加のバイオプラスチックや高品質リサイクルプラスチックおよび品質制御成形ソリューション、粉末積層造形(3Dプリンタ)用ポリブチレンテレフタレート(PBT)-リサイクルCF粉末を披露した。(2023/12/6)

リサイクルニュース:
マイクロプラスチック回収装置で革新技術を対象とした認証を取得
三浦工業は、商船三井と共同で開発したマイクロプラスチック回収装置「HQ」が、日本海事協会のInnovation Endorsement認証を取得したと発表した。従来装置に比べ、年間で約70倍の海水を処理できる。(2023/12/6)

サーキュラーエコノミー:
出光興産と竹中工務店、建設系プラスチックの再資源化に向け実証実験
竹中工務店と出光興産は、油化ケミカルリサイクルによる建設系使用済みプラスチックの再資源化に向けた実証実験を開始する。(2023/11/29)

脱炭素:
二酸化炭素を溶融塩電解し、アセチレンを生成するプロセスを開発
ダイキン工業と同志社大学は、二酸化炭素を溶融塩電解し、アセチレンを生成するプロセスを開発した。アセチレンは金属の溶接や切断のほか、合成樹脂の原料として利用できる。(2023/11/30)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(5):
排ガスなどに含まれる窒素化合物の除去・回収技術の現在地を知る
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術をご紹介します。まずは排ガス用技術です。(2023/11/28)

新建材:
トヨタと大林組、燃料電池車「MIRAI」のCFRPをコンクリ材に再生 2026年度に製造システム実装
大林組とトヨタは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の廃棄物をコンクリート材に再生利用する「リカボクリート工法」を開発した。CFRP廃棄量の削減で、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の推進に貢献する。(2023/11/27)

引き伸ばすほど強度が増す新たなバイオプラ(1):
プラスチックの問題とバイオプラの基礎
本連載ではバイオマス由来の2種のプラスチックを組み合わせ開発した、引き伸ばすほど強度が増す透明なフィルム素材を紹介します。今回は、プラスチックの問題や解決策として期待されるバイオプラスチックの基礎について説明します。(2023/11/22)

金型技術:
PR:クラウニングなど特殊ギア金型で、EVなどの軽量化や静音化に貢献
精密金型専業メーカーとしてギア(歯車)などのエンジニアリングプラスチック部品の金型を製作している第一精密産業。同社は1973年の創業以来、プラスチック成形金型および成形技術の研究に取り組んできた。現在も、先端技術を生かした金型設計、部品設計などに取り組み、需要の伸長が期待されるEV(電気自動車)向けの静音化、低振動などの特徴を持つ製品を中心にさらなる飛躍を目指している。(2023/11/17)

Skullcandy、エントリーモデルのワイヤレスイヤフォン「Smokin' Buds」「Dime3」発売 4990円から
Skullcandy Japanは、エントリーモデルのワイヤレスイヤフォン2モデルを発売。再生プラスチックを50%使用した「Smokin' Buds」、ケース一体型のストラップで持ち運びやすい「Dime3」を販売する。(2023/11/14)

リサイクルニュース:
CFRPの端材をコンクリートの添加物で再利用、トヨタと大林組が開発
大林組とトヨタ自動車は炭素繊維強化プラスチックの端材をコンクリート補強用短繊維として再生利用する「リカボクリート工法」を開発した。(2023/11/10)

40周年×100周年記念:
ベルキンがディズニーとコラボ、充電器やiPhone 15ケースなどを一挙発売 “プラスチック排除”の取り組みも
ベルキンは11月7日、創立100周年を迎えたディズニーとコラボレーションした充電器やイヤフォンなど31アイテムを一気に発売した。アイテムはBelkin公式サイトの他、Amazon.cojp、楽天市場、家電量販店などで販売される。(2023/11/7)

材料技術:
難燃性の再生プラはコスト抑制にも貢献、シャープが独自技術でアップサイクル
シャープは「CEATEC 2023」で、同社独自の技術で実現した、廃棄プラスチックに難燃性を付与してアップサイクルを行った取り組みを展示した。(2023/10/26)

材料技術:
樹脂にCNFを添加し、CFRPの強度や耐久性を向上させる中間材料を開発
スギノマシンは、少量のセルロースナノファイバーをエポキシ樹脂に分散、添加したプラスチックを複合化し、それを含浸させた炭素繊維強化プラスチックのプリプレグを開発した。(2023/10/20)

CEATEC 2023:
三菱電機、スマホで遠隔操作できるロボットやプラスチックリサイクル技術を披露
三菱電機は、「CEATEC 2023」において、力の入れ具合などをビジュアルでフィードバックを受けながら遠隔操作できるロボットソリューションや、プラスチックの効率的な分別技術など、さまざまな社会課題解決につながる先進技術を紹介した。(2023/10/19)

研究開発の最前線:
汎用プラスチックの基礎的構造を観察できる電子顕微鏡解析手法を開発
東北大学は、汎用プラスチックの基礎的構造を観察できる新たな電子顕微鏡解析手法を開発した。ポリエチレンナノ結晶を電子染色なしで可視化する同手法により、結晶内部の分子鎖配列などを直接解析可能になった。(2023/10/16)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(4):
PM2.5や悪臭の原因にも、大気に排出される窒素廃棄物の現状
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は、大気への排出についての国内の現状とその課題について説明します。(2023/10/13)

サステナブル設計:
伊那市内で回収したエコキャップを使った環境教育向けモデルカーが完成
日産自動車は、環境教育の教材となる再生プラスチックを使ったモデルカーを完成させた。教材の材料調達からスクール開催までを市内で完結して循環させる、新たなモデルの構築を目指す。(2023/10/11)

ソフトバンク、再生プラスチック使用の5Gスマホ「AQUOS wish3」を10月13日に発売
ソフトバンクが5Gスマホ「AQUOS wish3」を発売する。「かんたんモード」や「ジュニアモード」、カメラのAIオート機能などを搭載し、防水/防塵(じん)のほか耐衝撃性能も備える。(2023/9/28)

研究開発の最前線:
マイクロプラスチック判別技術の共同研究をスタート、海洋環境保護に貢献
スズキは、タンパク質がプラスチックに吸着、着色する性質を活用したマイクロプラスチック判別技術の共同研究に関する契約を静岡大学と締結した。海洋プラスチックごみの削減など、海洋環境保護に貢献する。(2023/9/25)

素材/化学メルマガ 編集後記:
バイオプラスチックに未来があると思うワケ
今回はバイオプラスチックの課題や動向について語っています。(2023/9/19)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(3):
日本の窒素管理の現状、1年に下水として流れ込む水の中に48.4万tの窒素
本連載では、カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物放出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は、水における窒素排出の現状とその課題について採り上げます。(2023/9/15)

JASIS 2023:
30%の省エネ化を実現し水素ガスに対応したGC、小型で2種類のカラムを収納可能
島津製作所は、「JASIS 2023」(2023年9月6〜8日)に出展し、新製品のガスクロマトグラフ「Brevis GC-2050」やGC質量分析計(GC-MS)「GCMS-QP2050」、マイクロプラスチック自動前処理装置「MAP-100」を披露した。(2023/9/8)

リサイクルニュース:
電解硫酸を用いて、CFRPから繊維状の炭素繊維を取り出すことに成功
DIAMは、硫酸をダイヤモンド電極で電気分解した電解硫酸を用いたリサイクルテストで、炭素繊維強化プラスチックから繊維状の炭素繊維を分離し、取り出すことに成功した。(2023/9/4)

金属3Dプリンタ:
プラスチック射出成形金型など大型品向け3Dプリンタ用ステンレス系粉末
大同特殊鋼は、プラスチック射出成形金型に適した3Dプリンタ用ステンレス系粉末「DAP-AM」シリーズ「LTX420」を発売する。特殊な処理をせず、連続的に150mm角を超える大型品を造形できる。(2023/8/17)

あると助かる使い捨てプラスチック製品 3位「食品トレイ」、2位「無料ポリ袋」、1位は?
マイボイスコム(東京都千代田区)は、使い捨てプラスチック製品に関する調査を実施した。(2023/8/15)

組み込み開発ニュース:
ガラス並みの硬度を持つ、高硬度プラスチック魚眼レンズユニットを開発
ニデックインスツルメンツは、ガラスと同程度の高い硬度を持つ、プラスチック魚眼レンズユニットを開発した。高度なプラスチック技術により、鉛筆硬度6〜7H以上というガラス並みの耐久性を備えている。(2023/8/7)

リサイクルニュース:
廃プラ分解油から基礎原料を製造し、化学品やポリマーに再生
三井化学は、廃プラスチック分解油を用いたケミカルリサイクル製品の生産を開始する。廃プラ分解油をクラッカーに投入して製造した基礎原料からは、これまでリサイクル品の利用が難しかった用途にも利用可能な誘導品を生成できる。(2023/8/7)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(2):
窒素廃棄物排出を巡る取り組みと軋轢、「窒素管理先進国」オランダの課題とは
本連載では、カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物放出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は、特に農業分野に絞り、窒素管理を巡る取り組みとそれが原因で生じている軋轢をご紹介します。(2023/8/4)

3Dプリンタニュース:
プラスチックリサイクル問題の解決を目指す3Dプリント技術をタイで共同開発
ExtraBoldは、YN2-TECH(THAILAND)、泰日工業大学と提携し、共同でプラスチックリサイクル問題を解決する3Dプリンティング技術を開発する。泰日工業大学のラボ内に、3者がエンジニアと設備を配置し、技術開発を推進していく。(2023/8/2)

FAニュース:
キヤノンが黒色プラスチック片も同時計測できる選別法開発、装置として2024年販売
キヤノンは黒色プラスチック片やその他の色のプラスチック片を同時計測できる選別法を開発。2024年上期には、同選別法を導入したプラスチック選別装置の発売する。(2023/7/28)

リサイクルニュース:
紙ベースのインクカートリッジを販売開始、プラスチック使用量を82%削減
ローランド ディー.ジー.は紙ベースの原料を採用したインクカートリッジの販売を開始した。従来のプラスチック製インクカートリッジと比べ、プラスチック使用量を82%削減し、年間350トンの温室効果ガス排出量の削減に貢献する。(2023/7/26)

新建材:
熊谷組と帝人が繊維強化プラスチックと石こうボードの集成材を開発 梁の2時間耐火性能を確認
熊谷組と帝人は、中大規模木造建築物の普及促進を目的に、耐火建築物に利用可能な高機能繊維強化集成材の開発に着手した。(2023/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.