「楽天」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“画期的”楽天ポイント利息、原資はポイントの改悪分?
楽天グループは18日、預けるだけで預金金利のように楽天ポイントが増える「楽天ポイント利息」の提供開始をアナウンスした。一度で最大50万ポイントまでポイントを預けることができ、月利にして0.009%、年0.108%ずつポイントが増えていくサービスである。楽天ポイント利息は「元本保証で、減少することはありません」と明記されている点で画期的である。(2021/10/22)

日常で最も多く利用するポイントは「楽天ポイント」 幅広い世代で最多
 SBI命保険は、ポイントサービスを利用している20〜60代の男女を対象に、日常の買い物における利用状況に関する調査を実施した。その結果、日常の買い物で利用することが多いポイントサービスの第1位は「楽天ポイント」(68%)となり、性別、年代別に見ても大半の区分で最多得票であることが分かった。(2021/10/21)

楽天モバイル、Android限定「YouTube Premium」3カ月無料キャンペーン
楽天モバイルは、Android搭載製品を利用している「Rakuten UN-LIMIT VI」契約者へ「YouTube Premium」が3カ月無料になるキャンペーンを実施。4カ月目以降も利用料金の10%が期間限定ポイントとして付与される。(2021/10/21)

楽天モバイル、Android利用者限定「YouTube Premium 3カ月無料キャンペーン」実施
 楽天モバイルは10月20日より、Androidを利用する「Rakuten UN-LIMIT ?」の契約者を対象に、「YouTube Premium」を3カ月無料で使えるキャンペーンを実施すると発表した。(2021/10/20)

Opensignalが4キャリアの通信品質を調査 5Gはドコモ、ゲームやビデオはソフトバンクが優秀
Opensignalが、日本の携帯電話ユーザーがネットワークの使い心地をどう感じているかを調査した。今回初めて日本の5Gを調査し、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社について調査した結果を公開している。(2021/10/19)

「楽天ポイント利息」スタート、年利0.108%で預金を体験 主要共通ポイントでは初
楽天グループが「楽天ポイント利息」の提供を始めた。楽天IDを持つユーザーが任意のポイントを預け入れると、月利0.009%(年利0.108%)分を還元する。(2021/10/18)

預け入れたポイントを増やせる「楽天ポイント利息」開始 利率は年0.108%
楽天グループは、預け入れたポイントに対して所定の利率に応じたポイントを増やせる「楽天ポイント利息」を提供開始。預入は100ポイント以上から1ポイント単位で可能となり、利率は年0.108%(月0.009%)。(2021/10/18)

楽天ポイントに利息付与 年率0.108% 共通ポイント初
楽天グループは10月18日、楽天ポイントを預け入れると値率0.108%の利息が付く「楽天ポイント利息」を開始した。専用ページから100ポイント以上を預け入れられ、1ポイント単位で即時引き出しもできるようにした。毎月末日時点で預け入れているポイントに、月間0.009%のポイントを、翌月5日に付与する。(2021/10/18)

スマホ料金プランの選び方:
1GB以下のプランを比較 楽天モバイルは「0円」、HISモバイルやOCN モバイル ONEにも注目
MNOと代表的なMVNOの1GB以下のプランを比較する。楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は、1GB以下なら0円で済む。HISモバイルの「格安ステップ」プランやOCN モバイル ONEの「1GB/月コース(音声対応SIMカード)」もオススメだ。(2021/10/17)

楽天モバイルとJTOWERが資本提携 インフラシェアリング活用のネットワーク整備を促進
楽天モバイルが、携帯電話のインフラシェアリングを担うJTOWERと資本提携を締結した。4G/5Gネットワークの整備を加速すべく、楽天モバイルはJTOWERのインフラシェアリングソリューションの活用を一層進める。(2021/10/15)

「楽天ポイントカード」グルメマラソン実施 外食でも横断企画
 楽天ペイメントは10月14日、運営する「楽天ポイントカード」において、10月22日から11月21日まで「行けば行くほどポイントアップ!楽天ポイントカード グルメマラソン」を実施すると発表した。(2021/10/15)

Mobile Weekly Top10:
楽天モバイルがauエリアへのローミングエリアを削減へ/約10カ月かけて登場した「ドコモのエコノミーMVNO」
楽天モバイルが、auエリアへのローミングサービスの終了を加速することになりました。KDDIに支払うローミング料金が「重し」としてのしかかっていることが原因と思われます。(2021/10/12)

楽天モバイルが「AQUOS zero6」発売 MNPなら4万9800円
シャープは、10月14日に楽天モバイルから5G対応スマートフォン「AQUOS zero6」を発売。価格は6万9800円(税込み、以下同)で、最大2万円相当のポイント還元を受ければ実質4万9800円で購入できる。(2021/10/11)

スマホ料金プランの選び方:
20GB超〜無制限プランを比較 楽天モバイルのコスパが光るが、低速で使い放題にも注目
大手からサブブランド、MVNOまで、主なキャリアの20GB超から無制限までのプランを比較してみた。ドコモ、au、ソフトバンクはそれぞれ5G向けに、無制限のプランを提供している。コスパの高さが光るのは、テザリングも含めて使い放題で月額3278円の「Rakuten UN-LIMIT VI」だろう。(2021/10/11)

三菱UFJ国際投信と楽天証券、ライフプランニングサービス提供 地域金融機関と協働
 三菱UFJ国際投信と楽天証券は10月6日、三菱UFJ国際投信による資産配分の助言と、楽天証券によるラップサービスのスキームを活用した新たなライフプランニングサービス「マネーの一任」を、2022年1月より提供開始すると発表した。(2021/10/11)

住信SBIネット銀行、楽天銀行、続々上場へ
ネット銀行の新規上場が進んでいる。10月8日、SBIホールディングスおよび三井住友信託銀行傘下の住信SBIネット銀行は、東京証券取引所に上場申請を行ったと発表した。また、楽天子会社の楽天銀行は9月30日に、上場準備に入ったことを発表している。(2021/10/11)

楽天Edyの20周年キャンペーン第3弾、抽選で「楽天キャッシュ」1000円〜60万円分をプレゼント
楽天Edyは、20周年キャンペーン第3弾を開催。抽選で1人にオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」60万円分をプレゼントし、条件を達成すると当選確率が最大で100倍になる。(2021/10/8)

共通ポイント満足度調査、楽天ポイントが1位 その理由は?
顧客満足度の国際専門機関であるJ.D.パワーは、初となる共通ポイントの顧客満足度調査を実施した。その結果、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイントの4つの共通ポイントサービスのうち、総合満足度トップは楽天ポイントだった。(2021/10/8)

J.D.パワーの共通ポイント満足度調査、1位は「楽天ポイント」
J.D.パワーは、10月8日に「2021年共通ポイントサービス満足度調査」の結果を発表。1位は「楽天ポイント」で「ポイントのためやすさ」をはじめとした全4ファクターで最高評価となった。(2021/10/8)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

楽天モバイル、家族の紹介で最大2万5000ポイント還元 11月8日まで
楽天モバイルは、契約者とその家族を対象とした最大2万5000ポイント還元キャンペーンを開催。「Rakuten UN-LIMIT VI」を紹介した相手が申し込むと紹介者に3000ポイント、被紹介者も1人1回線のみ2000ポイントを還元する。(2021/10/8)

楽天モバイルの「Rakuten Hand」販売再開 最大2万円相当のポイント還元で実質0円に
楽天モバイルが、オリジナルスマホ「Rakuten Hand」の販売を再開。最大2万円相当のポイント還元キャンペーンを活用すると、実質0円で購入できる。(2021/10/7)

待てば待つほどポイント増える サッカー試合後の混雑緩和実験、楽天モバイルなど
サッカーの試合終了直後の混雑を緩和するための実験がスタート。待ち時間に応じて、周辺店舗のクーポンと引き換えられるポイントを付与する。(2021/10/6)

楽天Kobo、8型/7型E Inkパネル搭載の電子書籍リーダー「Kobo Sage」「Kobo Libra 2」
Rakuten Koboは、電子書籍リーダー「Kobo」シリーズに8型/7型E Inkパネル搭載の新モデルを追加した。(2021/10/6)

楽天ポイント付与率、約1割削減へ 対象を税込→税抜価格に
「楽天ポイント」の付与ルールが来年4月から変更。消費税をポイント対象から除外する。「楽天市場」「楽天トラベル」などが対象。(2021/10/4)

23年卒に聞く:
インターンシップの人気企業 1位は3年連続で「ニトリ」 順位を大きく上げた企業は?
楽天が、2023年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を発表した。(2021/10/4)

楽天がポイント付与を改悪、税抜金額に 付与ポイントは1割減少
楽天グループは2022年4月1日から、楽天市場などにおける楽天ポイントの付与対象を変更する。これまで消費税込みの金額に対してポイントを付与していたが、税抜きに切り替える。(2021/10/4)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルがKDDIローミングの7割を終了 コスト圧縮で契約者獲得へ本腰か
楽天モバイルが、10月1日からKDDIのローミングを大幅に縮小する。KDDIローミングは従量課金で設定されているため、その費用が重石になっていた。ローミングを停止したことで不都合があれば、MVNOの端末や小型アンテナの貸し出しなどを行っている。(2021/10/4)

サイバースパイが日本を破壊する【前編】:
経済安全保障の重要性を早くから指摘 気鋭の経済ジャーナリストに「米中経済戦争」による日本企業への影響を聞いた
岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。井上氏インタビューの前編では中国が進める「軍民融合」の実態と、中国企業による楽天への出資について聞いた。(2021/10/4)

コロナ禍で家電の購入が3割増加、2020年以降初購入の家電ジャンル1位は「生活家電」
 楽天インサイトは、2020年以降に購入した家電ジャンルや家電への支出の変化など「家電に関する調査」を実施した。その結果、コロナ禍で家電の購入額が増えたと回答した人は3割弱となり、2020年以降初めて購入した家電ジャンルのトップ3は、「生活家電」「美容・理容家電」「健康家電」となった。(2021/9/30)

SBI証券、投信積立設定額500億円突破 楽天を追走
SBI証券は投資信託の積立設定金額が、9月17日の時点で月間500億円を突破したことを明らかにした。200億円を突破したのは2020年3月。そこから1年半で2.5倍となった。(2021/9/29)

視認性や操作性を向上:
楽天西友ネットスーパー、スマホアプリの提供開始 最大2万アイテムをスムーズに検索
楽天グループと西友が、協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」専用スマートフォンアプリの提供を開始した。(2021/9/28)

楽天モバイル、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを値下げ 4キャリアで最安に
iPhone 12 Proシリーズを販売する4キャリアの中で最も安く。(2021/9/28)

石野純也のMobile Eye:
大幅リニューアルした「povo2.0」のインパクト 楽天モバイルにも影響あり?
auのオンライン専用ブランド「povo」が、その内容を大幅に変え、「povo2.0」に生まれ変わる。使いたいときだけ必要なデータ容量をトッピングする仕組みは定着するのか。povo2.0の料金の仕組みを解説しながら、KDDIの狙いや業界に与えたインパクトを読み解いていきたい。(2021/9/25)

ASUSの「Zenfone 8 Flip」がアップデート 楽天モバイルに対応
ASUS JAPANは、9月23日に「Zenfone 8 Flip(ZS672KS)」のFOTAアップデートを実施。カメラやシステムの安定性を改善し、楽天モバイルの5G/4G接続をサポートする。(2021/9/24)

「iPhone 13」シリーズはahamo、povo、LINEMOで使える?
9月24日に「iPhone 13」シリーズが発売された。日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が扱い、それぞれのネットワークで使用できる。では、オンライン専用プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」ではiPhone 13シリーズは利用できるのか。(2021/9/24)

楽天モバイル、iOS 15のプライベートリレーで注意喚起 課金対象外のデータをカウント
楽天モバイルが、iOS 15のプライベートリレー利用に注意喚起を行っている。課金対象ではないRakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信や電話の発着信、my 楽天モバイル利用のデータ利用量が課金対象としてカウントされるという。(2021/9/22)

楽天モバイルが「iPhone 13シリーズ」の販売価格を発表 キャリアとしては最安値
楽天モバイルが、iPhone 13シリーズの販売価格を公表した。Apple Store価格と同額かわずかに安価な設定となっており、大手キャリアとしては最安値だ。(2021/9/17)

「iPhone 13」シリーズは4キャリアとも“SIMロックなし”
9月24日に発売を控えている「iPhone 13」シリーズは、Appleに加え、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアが取り扱う。ここで気になるのが「SIMロック」の有無。結論から言うと、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルいずれも、iPhone 13シリーズにSIMロックをかけていない。(2021/9/16)

楽天モバイル、iPhone 12シリーズやiPhone SEを値下げ
楽天モバイル公式サイトと楽天モバイルショップが「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone SE」の販売価格を改定した。(2021/9/16)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが「iPhone 13シリーズ」を取り扱い 予約開始日と発売日はいつ?
大手4キャリアが、iPhone 13の取り扱いを表明した。この記事では予約情報を簡単にまとめる。(2021/9/15)

携帯料金競争再び KDDIは楽天より安く
KDDIが携帯電話のオンライン手続き専用のブランド「povo」(ポヴォ)について、楽天モバイルと同様に月額基本料金が無料となる新たな料金プランを発表したことで、携帯各社の値下げ競争は再び熱を帯びてきた。新プランでは、基本料金を0円として事実上撤廃し、90日間でデータ通信量60GBまで利用できるサービス(税込み6490円)などを追加購入する。9月下旬から始める。(2021/9/15)

値下げ競争:
携帯料金競争再び KDDIは楽天より安く
KDDIが13日、携帯電話のオンライン手続き専用のブランド「povo(ポヴォ)」について、楽天モバイルと同様に月額基本料金が無料となる新たな料金プランを発表したことで、携帯各社の値下げ競争は再び熱を帯びてきた。(2021/9/14)

「楽天Pay」で一時不具合 バーコード表示されず 約20分で復旧
「楽天Pay」で14日昼、バーコード表示がされないなどの不具合が発生した。(2021/9/14)

三木谷氏の「新経連」 若者への接種促進などを要望
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める新経済連盟は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に関する提言をとりまとめた。若者へのワクチン接種を加速し、都道府県をまたぐ移動やイベントへの観客制限、飲食店への規制を撤廃するよう求めた。(2021/9/13)

楽天モバイルで4時間半の通信障害 「システム障害」原因
楽天モバイルの一部のユーザーで11日午後1時ごろから5時30分ごろまで、データ通信が利用しづらい状態になった。(2021/9/13)

楽天モバイル、11日の障害中の電話料無料に
楽天モバイルは、9月11日に4時間余りにわたって発生したシステム障害期間中の電話料金を請求対象外とすると発表した。該当期間は9月11日午後1時から午後5時30分までの4時間半。一部のユーザーに、データ通信ができない障害が発生した。(2021/9/13)

楽天モバイルで通信障害 現在は復旧
9月11日、楽天モバイルで通信障害が発生していた。一部ユーザーがデータ通信や楽天モバイルへの申し込みがしにくい状況となっていた。原因はシステム障害のため。(2021/9/11)

「楽天ポイントカード」7周年記念キャンペーン、抽選で777人に777ポイントが当たる
楽天ペイメントは「楽天ポイントカード」のサービス開始7周年を記念したキャンペーンを開催。9月14日〜10月31日に楽天ポイントを1ポイント以上獲得したユーザーの中から、抽選で777人に777ポイントが当たる。(2021/9/10)

キャリアユーザーが利用するポイントやクレカは「楽天」がトップ MM総研が調査
MM総研が「携帯電話ユーザーが、契約しているキャリアの提供する各種サービスの利用率」を調べた。結果どのキャリアでもカードやECサイトで「楽天市場」の利用割合が高かった一方、QRコード決済はキャリアのサービスを利用する割合が高かった。(2021/9/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.