• 関連の記事

「ロシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロシア」に関する情報が集まったページです。

「2025年までに過半数が影響」 遠くの戦禍は日本のIT調達にどんな影響を与えるか 
ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、地政学リスクが改めて注目されている。日本企業によるIT調達に地政学リスクはどう影響を及ぼすのか。ガートナーが評価する際に考慮すべき「3つの要素」を提言した。(2022/8/6)

ビジネスサービスをターゲットにするランサムウェアが増加 複数企業を一気に攻撃か Trellixが警鐘
Trellixによると、2022年第1四半期はサイバー攻撃にとって“進化”の時期だった。1回の攻撃で複数企業を狙うランサムウェア攻撃が増加した他、ロシア・ウクライナ戦争の影響でロシアのサイバー犯罪も“進化”していることが分かったという。(2022/8/8)

毎月1万円の手当:
「インフレ手当」は広がるか あらゆる商品の値段が上昇
ロシアによるウクライナ侵攻や円安によりインフレ(物価上昇)が進む中、社員の暮らしを守るため「インフレ手当」を導入する動きが企業の間で広がっている。日々の生活に対する従業員の不安を取り除き、仕事へのモチベーションを高める狙いがある。(2022/8/4)

サイバー戦の「光と闇」とは:
ロシアとウクライナのサイバー情報戦、実際の勝者は? ラックが解説
ラックは「CYBER GRID JOURNAL Vol.14」を公開した。「ウクライナ危機」に注目しており、ロシアと米国の争い、サイバー攻撃で標的となる人物などについて解説している。(2022/8/4)

10月の増税はどうなる?:
JT、ロシア事業の売却検討を継続 12月期は円安を受け上方修正
日本たばこ産業(JT)は7月29日、2022年12月期通期の連結業績予想(国際会計基準)について上方修正した。(2022/8/1)

独自のステーション建設優先:
“宇宙大国”崩壊の危機 ロシア、ISS計画から離脱
ロシアの国営宇宙開発企業、ロスコスモスのボリソフ新社長は26日、2024年で国際宇宙ステーション(ISS)の計画から離脱することを決めたとプーチン大統領に報告した。欧米の制裁や民間企業の成長でロシアの宇宙ビジネスは斜陽化が指摘されており、プーチン氏が掲げた「宇宙大国」の地位は崩壊しようとしている。(2022/7/27)

ロシア、Googleに罰金約500億円 ウクライナ関連の偽情報削除命令違反で
ロシアの裁判所が、Googleに約500億円の罰金を科す判決を出した。傘下のYouTubeのウクライナ関連を含む「偽情報」削除要請に従わなかったのが法律違反だとしている。Googleの子会社はロシアで6月、破産申請している。(2022/7/19)

約20万人のウクライナ語話者が利用
ウクライナ避難民が困る「言語の壁」をEdTechで打破する無料学習コースとは?
ロシアによる侵攻の影響を受けるウクライナ語話者向けに、EdTechベンダーBabbelが言語学習コースの無償提供を始めた。どのようなものなのか。(2022/7/13)

ウクライナのシステムを国外に移転
Microsoftがクラウドでウクライナを支援
ロシアによるウクライナ侵攻に際して、Microsoftはウクライナ政府や企業のシステムを国外のクラウドに移して同国の継続性を支援しているという。(2022/7/12)

「ロシアとサイバー戦争」「東映アニメ不正アクセス」「ゆっくり」──22年上半期話題のITニュース振り返り
2022年上半期が本日6月30日で終わり、明日からは下半期を迎える。1〜6月までにITmedia NEWSで取り上げた記事から、特に話題になったニュースを紹介する。(2022/6/30)

ウクライナ侵攻以降:
「核シェルター」問い合わせ急増 注文が多い地域は?
ロシアによるウクライナ侵攻開始から4カ月が経過したが、激しい戦闘が続いている。大量破壊兵器が使われる懸念もあるなか、核シェルターの製造・販売などを行うワールドネットインターナショナルには問い合わせが殺到しているという。どんな人が購入し、普段はどう使用しているのか。(2022/6/25)

ザギトワ、ボクシングデビューか 「新しいことを準備中」グローブ付けファイティングポーズ
ロシアメディアによるとエキシビションマッチに出場するとのこと。(2022/6/21)

結果は自明
DockerコンテナがロシアへのDDoS攻撃に利用されるリスクに注意
ロシアやベラルーシのWebサイトにDDoS攻撃を仕掛けるDockerコンテナが、APIを介して広がっている。このコンテナに侵害されるとDDoS攻撃に加担させられる。その結果、何が起こるのか。(2022/6/21)

「人生損してるね」って言われた経験ある? モヤっとする言葉をポジティブに受け止めるロシア人パートナーの言葉がすてき
言い方次第で全然違うよね。(2022/6/19)

ロシアの大規模ボットネット「RSocks」、米英独蘭が解体
米司法省はロシアの大規模ボットネット「RSocks」のインフラを解体したと発表した。世界中の何百万ものPC、Android端末、IoT端末が組み込まれていた。FBIが2017年から覆面捜査していた。(2022/6/18)

米粉輸出が大幅増 小麦高騰で注目、ノングルテン市場期待も
ロシアのウクライナ侵攻による小麦価格の高騰を受け、小麦粉の代替品となる米粉が注目され、輸出拡大の機運が高まっている。(2022/6/15)

フェイクニュースに「注意している」8割も半数近くは「見分ける自信ない」 KSI調査
紀尾井町戦略研究所(KSI)は14日、コロナ禍やロシアによるウクライナ侵攻などで注目を集めたフェイクニュース(偽のニュース)について、常に「注意している」人が7割に上る一方、5割近くが「見分ける自信はない」とする調査結果を発表した。(2022/6/14)

深刻な落ち込み:
ロシアはどうなる? 富裕層は海外に逃亡して、若年層の“頭脳”は流出して
ウクライナ東部を徹底攻撃するなど長期戦の構えを見せるロシアだが、自国の経済は崩壊寸前だ。国内消費の大幅な落ち込みや富裕層マネーの資金逃避が進み、若者の「頭脳流出」も止まらない。(2022/6/14)

4カ月で1万TB超をAWS移行、戦中のウクライナが進めるデータ保全
ウクライナ政府が、国家の活動継続に向け、各省庁や大学などが保有するデータのクラウド移行を進めている。政府はロシアの攻撃が始まった2月24日から米AWSと協力。6月10日までに計10PB(1万TB)以上をオンプレミスサーバからAWSに移行済みという。(2022/6/13)

数年で1000店:
代替「マック」、モスクワで開店 味は?
ウクライナ侵攻でロシアから撤退した米大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を代替する露資本のチェーン「フクースノ・イ・トーチカ」が12日、首都モスクワなどで開店し、市民らが行列を作った。(2022/6/13)

ネット上の公開情報から機密あぶり出す「オシント」報道 英報道機関「べリングキャット」が注目集める
ロシアによるウクライナ侵攻に関する調査報道で注目を集めている英調査報道機関「べリングキャット」は、Twitterに投稿された画像などインターネット上の公開情報から機密情報を探り出す取材手法で知られている。(2022/6/10)

IBM、ロシアから撤退 現地の従業員を解雇
米IBMが、ロシアでの事業を終了する。米Reutersなどの報道によれば、同日から現地従業員の解雇を始めたという。(2022/6/8)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

ロシア100年ぶりデフォルトへ 中国の支援の動きを阻止できるか?
 プーチン大統領がロシアの歴史に新たな汚名を残すのか。世界の大手金融機関でつくるクレジットデリバティブ決定委員会は1日、ロシア国債の利払いが「不履行」に当たると認定した。欧米から制裁を受けているロシアは、海外からの資金調達が長期間困難になるとみられる。ウクライナ侵攻の戦費枯渇に前進しているが、あの国が邪魔をしそうだ。(2022/6/3)

孤立際立つ:
ロシアは事実上デフォルト、経済の苦境はどこまで続く?
ロシアが発行したドル建て国債で利払いの不履行が起きたと認定された。米欧格付け会社が“正式”な認定を出せない状況での判断とはいえ、金融市場は既に事態を織り込んでおり、事実上のデフォルト(債務不履行)といえそうだ。(2022/6/3)

製造マネジメントニュース:
高騰する銅・ニッケル・アルミ市場、脱炭素にウクライナ問題の影響は【後編】
A1Aは2022年5月26日、銅、ニッケル、アルミニウムといった主要非鉄金属の最新市場トレンドを解説するセミナーを開催した。ロシアによるウクライナ侵攻やカーボンニュートラルの動向、新型コロナウイルス感染症が市場に与える影響を解説した。本稿では後編としてアルミニウムの市場動向と、カーボンニュートラルが主要非鉄金属市場に与える影響を紹介する。(2022/6/2)

製造マネジメントニュース:
高騰する銅・ニッケル・アルミ市場、脱炭素にウクライナ問題の影響は【前編】
A1Aは2022年5月26日、銅、ニッケル、アルミニウムといった主要非鉄金属の最新市場トレンドを解説するセミナーを開催した。ロシアによるウクライナ侵攻やカーボンニュートラルの動向、新型コロナウイルス感染症が市場に与える影響を解説した。本稿では前編として主要非鉄金属の市場全体のトレンドと銅、ニッケルの市場動向を紹介する。(2022/6/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サーモン」輸入にウクライナ侵攻の影響 それでもスシローやくら寿司が大きく慌てていない理由
ロシアのウクライナ侵攻がサーモンの輸入に影響を与えている。特に、ノルウェーからの空輸便がロシア上空を通過できなくなっている。一方で、スシローやくら寿司などがサーモン不足に陥っていない理由とは?(2022/5/31)

企業が「黒海」に注目すべき3つの理由 地政学的重要性、ウクライナ戦争で表面化
ロシアによるウクライナ侵攻で、海上ルートとしての「黒海」の地政学的重要性が注目を集めている。なぜ重要なのか、3つの視点からそれぞれ解説する。(2022/5/28)

値上げの波:
揚げ物が大ピンチ! ロシアのウクライナ侵攻が引き起こす“植物性油ショック” 
ロシアのウクライナ侵攻を受けて原油価格が上昇しているが、価格高騰は食用油にも及んでいる。特に揚げ物や食品、日用品などに幅広く使われている植物性の「パーム油」は、トップ生産国のインドネシアが一時、禁輸に踏み切ったことで混乱を招いた。日本も値上げの波がさらに高くなる恐れがある。(2022/5/24)

なぜ国内IT市場は回復傾向なのか? コロナ禍やロシア・ウクライナ戦争の影響を考慮し、IDCが予測
IDC Japanによると、2022年3月末時点の予測で国内IT市場は年成長率4.1%の回復基調にあり、2026年に23.5兆円規模になる見通しだ。長引くコロナ禍やロシア・ウクライナ戦争など世界情勢が厳しさを増す中、なぜ国内IT市場は回復傾向にあるのか。(2022/5/20)

電動化:
円安、資材コスト、ロシア、エネルギー問題、脱炭素……自工会はどう見ているのか
日本自動車工業会(自工会)は2022年5月19日、会見を開き、新たな役員体制を発表した。スズキ 代表取締役社長の鈴木俊宏氏と、日産自動車 取締役代表執行役社長兼最高経営責任者の内田誠氏が自工会 副会長に就任した。(2022/5/20)

米、ロシアの戦争犯罪「証拠」情報をWeb公開へ 衛星画像、ソーシャルメディアの情報を活用
米国務省がウクライナ侵攻でのロシアの戦争犯罪や残虐行為などの証拠となる公開情報を収集し、Webサイト上で公開する新プロジェクトを開始した。衛星画像やソーシャルメディア上から得た情報を分析、保存する。(2022/5/19)

5大銀の最終利益3割増、2兆6467億円
5大銀行グループの令和4年3月期の決算が16日、出そろった。5社合計の連結最終利益は前期より3割多い2兆6467億円と4期ぶりの高水準となった。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が45.5%増の1兆1308億円と過去最高を更新するなど4社が増益を確保した。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や米国の金利上昇(債券価格の下落)などのリスクが顕在化しており、各社は金融環境の急変に身構える。(2022/5/17)

ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【前編】
戦渦で従業員が疎開――ウクライナのEdTech企業は事業をどう継続したか
ウクライナのEdTechベンダーKeikiは、ロシアによる侵攻の戦渦の中でも事業を継続している。従業員が疎開する中で、どのように業務を進めているのか。(2022/5/17)

ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【後編】
PC以外はクラウドへ 戦渦のウクライナでIT企業が実践する「事業継続計画」とは
ロシアのウクライナ侵攻が続く中、業務を継続しているウクライナのIT企業は、どのような事業継続計画を用意していたのか。SoftjournとDataArt Solutionsの事例を紹介する。(2022/5/16)

SpaceX、衛星ネットサービス「Starlink」の利用可能地域マップを更新 ウクライナは「WAITLIST」に
イーロン・マスク氏率いるSpaceXは、衛星ネットサービス「Starlink」の利用可能地域マップを更新した。ウクライナは利用可能だがキットが不足している。マスク氏はロシアによるStarlinkへのサイバー攻撃が激しくなっているとツイートした。(2022/5/13)

ウクライナのインフラを狙うロシア【前編】
ロシアがウクライナ電力網をサイバー攻撃で止めようとした? その狙いと手口
ウクライナの電力施設の産業用制御システムを狙ったサイバー攻撃が観測された。セキュリティ機関は、この攻撃がロシア政府の支援を受けた攻撃者によるものとみる。具体的な攻撃の手口とは。(2022/5/13)

サプライチェーン改革:
サプライチェーン強靭化のため、まずは現地・現物主義からの脱却を
新型コロナウイルス感染症に続き、ロシアとウクライナを巡る地政学的リスクなど、サプライチェーンに多大な影響を与える事象が続く中、製造業はどのように供給網のレジリエンス向上に取り組むべきか。現状と展望について、Anaplanジャパン 社長執行役員の中田淳氏に話を聞いた。(2022/5/12)

G7デジタル相会合開幕 デジタルインフラ強靭化で共同宣言へ
日米欧の先進7カ国(G7)デジタル相会合が独デュッセルドルフで10日開幕した。ロシアによるウクライナ侵攻で、インターネット環境を支える光ファイバーなどデジタルインフラが被害に遭っていることを受け、デジタルインフラを守る重要性を強調するサイバーレジリエンス(強靭(きょうじん)化)の「共同宣言」をまとめる見通しだ。(2022/5/11)

ウクライナ侵攻の影:
二郎系ラーメン「マシマシ」危機 なぜ?
スープに沈んだ器いっぱいの太麺に山盛りもやし、ニンニクや背脂のトッピングで知られる「ラーメン二郎」の影響を受けた全国の「二郎系」。それら大盛りをうたうラーメン店に、ロシア軍によるウクライナ侵攻の影が忍び寄っている。(2022/5/10)

ウクライナ侵攻で:
EV大国の中国に変化? 専門家「日本が勝者になる可能性は十分」
世界的な電気自動車(EV)シフトが進む自動車業界だが、ロシアのウクライナ侵攻で構図が一変するかもしれない。EV大国として知られる中国が、水素ステーションの設置を急速に進めるなど燃料電池車(FCV)化を急いでいるのだ。(2022/5/9)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Netflixの頭痛の種 「アカウント使い回し問題」の実態は?
10年ぶりの加入者減となったNetflix。同社を悩ませるのはDisney+などライバルの台頭やロシアでのサービス停止だけではないようで……。(2022/5/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
ロシアに進出している企業はどうなる? 撤退は「吉」か、継続は「凶」か
ロシア国内で海外の各企業はどのような対応を取っているのか。大手外国企業1000社以上のロシア国内での動きをウォッチしている、ある研究所のデータによると……。(2022/5/6)

ウクライナ侵攻の影響:
“小麦粉ショック”で「米粉」に脚光 どんな風に使われているのか?
ロシアおよびウクライナが主要原産国である小麦の価格高騰により、米粉に注目が集まっている。現在、米粉を取り巻く状況はどのようになっているのか。トップメーカーである波里の代表取締役社長に話をうかがった。(2022/5/5)

主要企業アンケート:
中国事業見直しの動き 対露制裁の波及警戒
ロシアがウクライナへの侵攻を始めて以降、日本企業の一部に中国事業を見直す動きがあることが3日、産経新聞の主要企業アンケートで明らかになった。(2022/5/4)

Supply Chain Dive:
ロシアによるウクライナ侵攻で半導体に「新たな危機」
携帯電話や自動車、家電製品など半導体を搭載する製品は増える一方だ。半導体不足が世界中で深刻化する中、ロシアによるウクライナ侵攻が新たな危機をもたらしている。(2022/5/2)

Microsoft、ロシアによるウクライナ侵攻に伴うサイバー攻撃について詳解 支援国にも警告
Microsoftは、ロシアとウクライナの「ハイブリッド戦争」におけるロシアのサイバー攻撃についてのレポートを公開した。ウクライナ侵攻直前から数百回の作戦が実行されているとしている。ウクライナ支援国への攻撃の可能性もあると警告している。(2022/4/28)

フランス版「カメラを止めるな!」が公開直前でタイトル変更 ロシア軍シンボル「Z」を想起、ウクライナの申し入れ受け
5月17日カンヌ映画祭でオープニングを飾る予定。(2022/4/27)

国際スケート連盟、GPシリーズからロシア杯を除外 ロシアのウクライナ侵攻による制裁の影響続く
別の開催国が検討されるもよう。(2022/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.