• 関連の記事

「研究者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「研究者」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
焼くと肉の風味が薫るピンクなゼリー その正体は“培養肉” 韓国の研究者らが開発
韓国の延世大校と江原大校に所属する研究者らは、培養肉の風味向上に関する新たな研究報告を発表した。(2024/7/19)

Innovative Tech:
月面下に隠された地下洞窟へのトンネル発見? 地下空間に月面基地の可能性 イタリアなどの研究者らが発表
イタリアのトレント大学とパドヴァ大学などに所属する研究者らは、月の海の領域にある穴の下に、アクセス可能な地下洞窟へのトンネルが存在することを示した研究報告を発表した。(2024/7/19)

ちょっと昔のInnovative Tech:
ラーメン店が多い都道府県は“脳卒中の死亡率が高い”──自治医科大学による2019年の研究を紹介
自治医科大学に所属する研究者らは2019年に、日本の各地域における脳卒中死亡率とラーメン店の普及率に相関があることを示した研究報告を発表した。(2024/7/17)

Cybersecurity Dive:
2023年の大失敗から1年が経過 ProgressがMOVEit Transferの新たな脆弱性を公開
2023年にMOVEitを襲った攻撃により、懸念が高まっている。Progress Softwareと研究者によると、現在のところ積極的な悪用の兆候は確認されていないが、攻撃の試みが進行中であることが分かっているという。(2024/7/15)

セキュリティニュースアラート:
regreSSHionに続き、OpenSSHに新たな脆弱性 リモートコード実行のリスクあり
セキュリティ研究者はOpenSSHサーバに深刻な脆弱性があると伝えた。この脆弱性はCVE-2024-6409と特定され、CVSSスコア値7.0と評価されている。(2024/7/12)

Innovative Tech:
ネコよ、なぜ壁を引っかく──1200匹以上を対象に調査 カギを握るのは“家庭内の子供”の存在?
トルコのアンカラ大学やポルトガルのEgas Moniz School of Health and Scienceなどの研究者らは、家庭で飼育される猫の望ましくない引っかき行動に関する研究報告を発表した。(2024/7/11)

ロボット開発ニュース:
小型移動ロボット学習キットの新シリーズを発売、マイクロマウスの規格にも準拠
アールティは、小型移動ロボット学習キット「Pi:Co」シリーズの新製品「Pi:Co V2」を発売した。Pi:Co V2は2輪の小型移動ロボットで、ロボット初心者から研究者、開発者まで活用できる。(2024/7/10)

Innovative Tech:
肥満治療薬の仕組み なぜ一口食べる前から満腹を感じる? 「食前満腹感」を引き起こす脳の仕組みを解明
韓国のソウル大学校や米UT サウスウェスタン・メディカル・センターなどに所属する研究者らは、肥満治療薬が食事を一口も口にしていないのに満腹感を引き起こす不思議な現象の背後にあるメカニズムを特定した研究報告を発表した。(2024/7/9)

Innovative Tech:
あなたは解けるか? “ものすごく難しい迷路” 物理学者が作成 準結晶構造や数学的手法を活用
英カーディフ大学、スイスのジュネーヴ大学、英ブリストル大学に所属する研究者は、複雑な迷路を作成できるアルゴリズムを提案した研究報告を発表した。(2024/7/9)

生成AI時代にリーダーは不要? 岡田武史さんが元・松尾研のAI研究者と考えた
都内で開かれた「Atlassian TEAM TOUR Tokyo」で、サッカー日本代表元監督の岡田武史さんと、東京大学松尾研究室出身のAI研究者・今井翔太さんが対談した。AI時代にこそ、リーダーの人間性や、チームメンバーの主体性が問われるという。その真意とは――。(2024/7/5)

ちょっと昔のInnovative Tech:
最適解は「ソーセージ状」? 複数の球を袋に詰める“最も効率的な方法” オランダの数学者が物理実験
オランダのユトレヒト大学などに所属する研究者らは2023年11月、複数の小さな球体を最も効率的に袋に詰める方法を実験とシミュレーションで実証した研究報告を発表した。(2024/7/5)

ちょっと昔のInnovative Tech:
「素数」はランダムではない 出現周期に現れる“偏り”とは? 2016年発表の論文を紹介
米スタンフォード大学と米タフツ大学に所属する研究者らは2016年、長年ランダムだと考えられてきた素数の出現パターンに、予想外の規則性が存在することを発表した。(2024/7/4)

Innovative Tech:
もっとも人間の皮膚を切り裂く「紙の厚さ」 デンマークの物理学者が特定
デンマーク工科大学に所属する研究者らは、最も切り傷になりやすい紙の厚さを調査した研究報告を発表した。(2024/7/2)

「グレートですよこいつはァ」荒木飛呂彦がジョジョ風ポスターを医学学会に提供 学会テーマも荒木節「手術が楽しいッ」
手術が楽しいッ!(2024/6/27)

ちょっと昔のInnovative Tech:
古代の投槍武器「アトラトル」、男女が同じ速度で発射できると判明 女性ハンターの高い狩猟能力を示す
米ケント州立大学、米タルサ大学などに所属する研究者らは2023年、数千年前から使用されてきた古代の投槍器「アトラトル」を用いると、女性と男性が非常に近い速度で投射物を発射できることを発見した研究報告を発表した。(2024/6/26)

セキュリティニュースアラート:
Chrome拡張機能は本当に安全なのか? Googleと研究者らの主張が食い違う
GoogleはChrome拡張機能の安全性を確保するため拡張機能ページの警告機能、公開前の審査システム、公開後の監視体制を強化している。一方、研究者らの評価は懐疑的で悪意ある拡張機能のリスクがGoogleの認識よりも大きいと指摘している。(2024/6/26)

Innovative Tech:
寝不足で失われた「記憶」、後で十分寝ても手遅れ? 繰り返し高速再生する機能は戻らず 米研究者らが検証
米ミシガン大学メディカルスクールどに所属する研究者らは、睡眠不足が脳における記憶の固定化にどのように影響を及ぼすかを調査した研究報告を発表した。(2024/6/24)

Innovative Tech:
“どの次元”でも車輪のように転がる“球以外の図形” カナダの数学者らが発見 体積は常に球より小さい形状
カナダのマニトバ大学などに所属する研究者らは、どんな次元でも一定の幅を保ちながら、球よりも小さい体積を持つ図形を発見した研究報告を発表した。(2024/6/24)

ちょっと昔のInnovative Tech:
英国の宝くじ「ロト」は27枚買えば“必ず当たる” 英数学者が23年に発見 その方法とは?
英マンチェスター大学に所属する研究者らは2023年7月、イギリス国営宝くじで毎回必ず当たる27枚の宝くじの組み合わせを発見した研究報告を発表した。(2024/6/20)

品ぞろえが多いと逆にストレス……? 生活者の買物欲を刺激する「20のツボ」
博報堂「買物欲大調査」をもとに、研究背景や令和の生活者の“買物欲を刺激する20のツボ”について、研究者3人に聞いた。(2024/6/19)

Innovative Tech:
「時間」とはなにか?→「量子もつれ」によって作られた“副産物”かも イタリアの研究者らが提唱
イタリアのフィレンツェ大学などに所属する研究者らは、時間が量子もつれから生じるという理論モデルを提唱した研究報告を発表した。(2024/6/17)

設計手法で研究者の知見とAIを融合:
鉄系高温超伝導磁石、従来最高比で磁力は2倍超に
東京農工大学、九州大学および、ロンドン大学キングス・カレッジは、研究者の知見とAIを融合した設計手法を用い、磁力がこれまでの最高値に比べ2倍以上という「鉄系高温超伝導磁石」の開発に成功した。医療用MRIレベルの磁場安定性を持つことも実証した。(2024/6/13)

Innovative Tech:
“むにゅ”っとやわらかいタッチディスプレイ 指で押すとぷにぷにへこむ 英国チームが開発
英バース大学に所属する研究者らは、ユーザーの指の動きと指圧に応じて表面が柔軟に変形するソフトなタッチスクリーンを提案した研究報告を発表した。(2024/6/13)

Innovative Tech:
「なぜ時間は過去→未来にしか進まない?」を“量子もつれ”で説明か 未解決問題「時間の矢」に切り込む
英サリー大学と米カリフォルニア大学サンディエゴ校に所属する研究者らは、時間が過去から未来へ一方向にしか流れない理由を探究した研究報告を発表した。(2024/6/5)

ちょっと昔のInnovative Tech:
幼少期ポケモンにハマってた人は「ポケモン特有の脳活動」に成長 米国チームによる2019年の研究報告
米スタンフォード大学や米UCバークレー、米ペンシルベニア大学に所属する研究者らが2019年、幼少期にポケモン(ポケットモンスター)に熱中していたことが、成人してから脳の機能的構造にどのような影響を与えているかを調べた研究報告を発表した。(2024/6/3)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(25):
言語モデルはどのように言葉を学習しているのか? 転機となった「word2vec」【土木×AI第25回】
連載第25回は、目覚ましい進化を続ける生成AIの理解を深めるため、言語モデルに用いる“ニューラルネットワーク”が、どのように言葉を学習しているのかを土木学会の最新研究を引用しながら探ります。(2024/5/31)

Innovative Tech:
「自分がこんなに酔っていたとは……」 VR内の深刻な飲酒問題 “VR酔い防止機能”→酒酔いを軽減→無意識に飲み過ぎ
フィンランドのヘルシンキ大学やスペインのマドリードカルロス3世大学に所属する研究者らは、VR内で飲酒するユーザーの問題を明らかにした研究報告を発表した。(2024/5/29)

教えて!あの企業の20代エース社員:
GMO「新卒年収710万円」1期生のAI研究者が語る未来 「技術の進歩は、予想を超える」
将来有望な新入社員に、高額な初任給を――。人手不足が進む中、高額な初任給で優秀な人材を確保しようとする動きが波及している。「新卒年収710万プログラム」が話題となったGMOインターネットグループもそのうちの一社だ。このプログラムの1期生でAI研究者である杜博見さんは、なぜAIに惹かれ、どのような未来を描いているのか。話を聞いた。(2024/5/29)

Cybersecurity Dive:
生成AIの悪用が本格化する具体的なタイミングはいつか? IBMが指摘
研究者たちは「AIによって設計されたサイバー攻撃はまだ確認されていないが、サイバーセキュリティ市場でAIシステムが注目を集めるのは時間の問題だ」と述べている。その具体的なタイミングはいつだろうか。(2024/5/25)

Innovative Tech:
数学の超難問「幾何学的ラングランズ予想」を証明か? 計1000ページ以上の証明論文を米研究者らが公開
米イェール大学などに所属する研究者らは、数学の超難解「幾何学的ラングランズ予想」を証明したと主張する5つの論文(計1000ページ以上)をWebページで公開した。(2024/5/24)

OpenAIにsakana.aiも:
有力AI企業が東京に拠点を設けるワケ 「日本は機械学習パラダイス」
OpenAIやsakana.aiなど、東京に拠点を設ける有力AI企業が増えている。著名AI研究者も「日本は機械学習パラダイス」と絶賛するほどだ。なぜ東京なのか、4つの理由がありそうだ。(2024/5/24)

ちょっと昔のInnovative Tech:
ネットのやりすぎは「後天性ADHD」になりやすい? 米国で2018年に調査 2500人以上で検証した結果は
米USC Keck School of Medicineや米UCSDなどに所属する研究者らは2018年、ソーシャルメディアや動画、テキストメッセージなどの使用頻度と、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状発症との関連性を調べた研究報告を発表した。(2024/5/22)

Innovative Tech:
「超高純度のシリコン」の量子ビットを搭載した強力な量子コンピュータ 英国と豪州の研究者らが発表
英マンチェスター大学とオーストラリアのメルボルン大学の研究者らは、天然シリコンに含まれる不純物を取り除いた超高純度のシリコンを用い、信頼性の高い量子ビットを製造する方法を提案した研究報告を発表した。(2024/5/22)

ちょっと昔のInnovative Tech:
「小さいイヌの方が長生き?」「長生きなネコの品種は?」── 犬1300万匹/猫230万匹を調査した“寿命表”公開
フランスのRoyal Caninなどに所属する研究者らは、犬と猫の寿命に関する大規模調査を示した研究報告を発表した。(2024/5/20)

ちょっと昔のInnovative Tech:
YouTuber or VTuber どちらで配信する方が支持される? 明治大などの研究者らが比較調査
明治大学やソフトバンク、NTTドコモ、ドワンゴに所属する研究者らは、動画配信における顔出し、2DCGアバター、3DCGアバターの3種類の配信スタイルが視聴者にとってどれほど影響があるのかを比較調査した研究報告を発表した。(2024/5/17)

産学連携の促進に向け:
東北大学が研究者/特許情報を公開――「サイエンスパーク構想」の狙いとは
東北大学と三井不動産は2024年4月26日、「東北大学サイエンスパーク構想」に関する合同説明会を実施した。両者は、「共創の場」の構築とコミュニティーの形成を中心とした産学連携により、社会課題解決と新産業創造を目指す。(2024/5/15)

Innovative Tech:
“ビールは冷やす”となぜうまい? 中国の研究者らが調査 アルコール度数と温度の関係に迫る
中国科学院や中国の白酒メーカーである五粮液などに所属する研究者らは、異なるアルコール度数や温度によって味わいなどが変化するメカニズムを解明するために検証した研究報告を発表した。(2024/5/15)

Innovative Tech:
“ネコ量子ビット”をフランスの研究者らが発表 「シュレーディンガーの猫」から発想 一体どんなもの?
フランスの量子コンピューティング・スタートアップ「Alice & Bob」などに所属する研究者らは「シュレーディンガーの猫」にヒントを得た量子ビットが、従来にない長時間にわたってエラーを起こさずに機能することを明らかにした研究報告を発表した。(2024/5/13)

Innovative Tech:
職場の「一部ネット接続できない規制PC」から機密データを盗むサイバー攻撃 米研究者らが発表
米ボイシ州立大学などに所属する研究者らは、インターネット接続を遮断された規制の厳しいPCであっても、CPUの処理速度を意図的に操作することで、一部のアプリケーションでひそかにデータをやりとりできる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/5/13)

Innovative Tech:
「研究費11億円以上の不正使用」「論文4本の捏造」――京大の霊長類研究所が“解体”されたワケ 元教授らが論文発表
京都大学霊長類研究所(霊長研)に所属していた研究者らは、国内有数の研究拠点であった霊長研が2021年度末に事実上解体されるに至った経緯を、裁判記録や公的資料を精査して分析した報告書を発表した。(2024/5/10)

セキュリティニュースアラート:
FIDO2認証をバイパスされる脆弱性 セキュリティ研究者が複数のユースケースを検証
Silverfortは、FIDO2認証が中間者攻撃によってバイパスされる可能性があると発表した。同社は複数の認証ツールでこの脆弱性を検証し、どうすればバイパスできるかを解説した。(2024/5/10)

GoFetch攻撃の手口と対策【前編】
Macから秘密鍵が盗まれる「Appleシリコン」の脆弱性とは
Mac用のSoC「M」シリーズの脆弱性を悪用して秘密鍵を取得する「GoFetch」という攻撃の手法を、米国の学術研究グループが発見した。どのような脆弱性なのか。(2024/5/10)

Innovative Tech:
RTA走者が利用する“バグ”を分析 ソフトウェア開発に役立つか? 「スーパーマリオシリーズ」4作で調査
英ブリストル大学などの研究者らは、スーパーマリオシリーズ4作品(スーパーマリオブラザーズ、スーパーマリオブラザーズ3、スーパーマリオワールド、スーパーマリオ64)を対象に、これまでに報告されている237件のバグを調査した研究報告を発表した。(2024/5/7)

研究開発の最前線:
東北大学サイエンスパーク構想が本格始動、優秀な研究者と共創できる仕組みとは?
東北大学と三井不動産は、両者のパートナーシップによる「東北大学サイエンスパーク構想」を本格始動したと発表した。(2024/4/30)

幻の「MT-DOS(β)」も公開:
Microsoftが「MS-DOS 4.0」をオープンソース化 IBMの協力で
Microsoftが、IBM PC向けの「MS-DOS 4.0」をGitHub上で公開した。ある研究者がMicrosoftでCTOを務めた人物が持つソフトウェアコレクションについて問い合わせたことが、そのきっかけとなったという。(2024/4/26)

日本は「採択率の高さを維持」:
「VLSIシンポジウム2024」は投稿論文が40%増で激戦に、中国が躍進
VLSIシンポジウム委員会は、LSIに関する国際学会「VLSIシンポジウム2024」開催に向けた記者説明会を開催した。同学会への投稿論文は897件と過去最高だった。(2024/4/25)

日本糖尿病学会、「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起
「指先穿刺や皮下センサー留置のための皮膚穿刺をすることなく、血糖値やグルコース値を測定できる医療機器はありません」(2024/4/24)

セキュリティニュースアラート:
Microsoft DefenderとKaspersky EDRに“完全解決困難”な脆弱性 マルウェア検出機能を悪用
Microsoft DefenderとKaspersky EDRにリモートからのファイル削除を可能とする脆弱性が見つかった。この問題はセキュリティソフトウェアのマルウェア検出機能が悪用されている他、問題の完全な解決は困難だと研究者は指摘している。(2024/4/24)

Innovative Tech:
“サイボーグゴキブリの群れ”をコンピュータで操作 阪大らがナビシステム提案
大阪大学とシンガポールの南洋理工大学に所属する研究者らは、生きている昆虫(マダガスカルオオゴキブリ)に小型の電子制御装置を付けてサイボーグ化し、未知の複雑な地形を移動させるナビゲーションシステムを提案した研究報告を発表した。(2024/4/23)

Innovative Tech:
ビリヤードの玉が同じ経路を2度と通らず跳ね返り続けると…… 美しく複雑な模様を大量生成
オランダのアムステルダム大学に所属する研究者らは、空間記憶を持つ粒子が同じ経路を2度と通らないよう跳ね返り続けると、多角形のテーブル上で複雑なパターンが生成されることを明らかにした研究報告を発表した。(2024/4/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.