• 関連の記事

「総務省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ふるさと納税」1人あたりの獲得寄付額が多い自治体 2位「北海道白糠町」、1位は?
ふるさと納税市場の調査分析を行う「ふるさと納税総合研究所」は総務省が発表した「令和4年(2022年)度ふるさと納税に関する現況調査」の結果を分析し、自治体住民の1人あたりのふるさと納税獲得寄付額を計算した。(2022/8/17)

ふるさと納税総合研究所が分析:
ふるさと納税「町」の寄付金ランキング 3位「北海道弟子屈町」58億円、2位と1位は?
ふるさと納税総合研究所は、総務省が発表した「ふるさと納税に関する現況調査」の納税寄付額を「町」別に分析した。「町」の納税寄付額1位は「北海道白糠町」(125億円)だった。(2022/8/15)

小寺信良のIT大作戦:
放送はIP・クラウドに乗せられるか 総務省の思惑と放送局の正念場
IP網を使ってテレビの放送網のハードウェアコスト負担を共有化しようという動きがある。今回はこれについて解説。(2022/8/13)

お盆前後に実施したい情報セキュリティ対策 中央省庁が連名で呼び掛け
内閣サイバーセキュリティセンターと経済産業省、総務省、警察庁が、お盆休み中に情報セキュリティインシデントが発生する懸念があるとして対策を呼び掛けた。(2022/8/8)

KDDI指導まで6日 再発防止へ異例のスピード
大規模な通信障害を起こしたKDDIに対する総務省の行政指導は、KDDIが電気通信事業法に基づく報告書を7月28日に提出してからわずか6日という異例の速さだった。また、総務相名で行政指導したのも初めてのケース。金子恭之(やすし)総務相はこうした対応について「影響した時間の長さと規模を踏まえて私が判断した」と述べ、行政指導を受けた後の再発防止策の実施をKDDIに急がせる狙いを強調した。(大坪玲央)(2022/8/4)

「適切な対応」を求める:
総務省がKDDIと沖縄セルラー電話に「行政指導」 7月2日の通信障害を受けて
7月2日から4日にかけて発生したKDDIと沖縄セルラー電話の通信障害について、 金子恭之総務大臣が両社の社長に行政指導を行った。再発防止に向けて、大きく7つの事項を実行するように求めている。(2022/8/3)

総務省、KDDIに行政指導 「社会経済に深刻な影響」 輻輳検知ツールや制御の設計見直しを指示
総務省が、KDDIで発生した通信障害について同社と沖縄セルラー電話に行政指導した。「利用者の利益を阻害し、社会・経済活動に深刻な影響を及ぼす」として、再発防止策の徹底を求めている。(2022/8/3)

総務省のメタバース研究会が初会合 課題洗い出しへ
総務省が、メタバースの利活用が進んだ際にどのような課題が生じるかを議論するため、有識者で構成する研究会を立ち上げ、初会合を開いた。将来的な進展による社会や経済への影響について、利活用場面を想定した上で課題を洗い出すのが研究会の目的。(2022/8/2)

総務省、携帯4社に代理店の“業務適正化”求める 新規獲得だけでなくユーザー満足度なども評価指標に
総務省は、携帯4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)と全国携帯電話販売代理店協会に対し、販売代理店の業務適正化に向けた指導の改めての実施を要請した。(2022/8/1)

“適法業務”こそ評価されるように――総務省が大手キャリアと代理店団体に再度「要請」
総務省が、携帯キャリア4社と携帯電話の販売代理店の業界団体に対して、契約手続き(販売)に関する適法性を確保するように改めて要請した。キャリアには適法性を確保できるような評価を導入するように促している。【訂正】(2022/8/1)

熱中症対策にバナナがオススメなワケ 輸入販売元に聞く
記録的な猛暑が続き、総務省消防庁が「熱中症警戒アラート」を出すなど熱中症リスクが高まっている。そうした中、対策の1つとしてバナナの摂取に注目が集まっている。バナナの輸入販売元に、ビジネスパーソンにオススメの保存方法や摂取方法などを聞いた。(2022/8/1)

楽天Edy、最大2万円分を還元するマイナポイント第2弾を実施
楽天ペイメントと楽天Edyは、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」に参加。健康保険証の利用申込と公金受取口座の登録を行うと、各7500円相当のEdyを付与する。(2022/7/29)

総務省がKDDIと沖縄セルラー電話からの「重大な事故報告書」を受領 7月2日〜4日の通信障害について
KDDIと沖縄セルラー電話の携帯電話ネットワークで7月2日から4日にかけて発生した通信障害について、両社が総務省に「重大な事故報告書」を提出した。同省では今後、報告書の内容を精査した上で必要な対応を講じることにしている。(2022/7/28)

KDDI通信障害、影響は3000万回線 今日総務省へ報告書提出
KDDIの大規模通信障害の実際の影響件数が、過去最大級の約3000万回線に上ることが関係者への取材で分かった。KDDIが28日に総務省に提出する報告書に盛り込まれる見通し。総務省は報告書を精査した上で、8月に行政指導を行う方針だ。(2022/7/28)

房野麻子の「モバイルチェック」:
転売ヤーから2万円規制まで、スマホ販売は課題だらけーー競争ルール検証WG報告書の中身
総務省の「競争ルールの検証に関するWG」は通信料金と端末代金の完全分離、行き過ぎた囲い込みの禁止などを定めた改正電気通信事業法の影響を、評価・検証している。課題は山積しており、解決策も不透明だ。(2022/7/26)

総務省が“クラウド設定ミス”対策のガイドライン公開 まずは素案、パブコメも募集
総務省が、クラウドサービスの設定ミスがもたらすリスクやその対策などをまとめたガイドラインの素案を公開した。クラウドサービスの設定ミスに起因する情報漏えいの多発を受けて作成したという。(2022/7/25)

法令動向:
大阪市北区ビル火災を踏まえた防火や避難対策に関する検討会報告書
総務省消防庁と国土交通省では、「大阪市北区ビル火災を踏まえた今後の防火・避難対策等に関する検討会」で、階段が1つしか設けられていないビルにおける今後取り組むべき防火・避難対策などについて検討し、報告書を公表した。(2022/7/22)

「携帯電話の対応バンド」「転売ヤー対策」はどうするべき? 総務省ワーキンググループが「報告書案」を公開
総務省の「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」が、2022年度分の報告書を取りまとめた。案に対するパブリックコメントの募集も近日中に開始される予定だ。(2022/7/21)

房野麻子の「モバイルチェック」:
歪むスマホ販売 総務省、ついに携帯ショップの評価指標まで指導 
携帯ショップは携帯電話会社(キャリア)にとって、ユーザーと直に接する重要なタッチポイントだ。それ故に、いつの時代もトラブルを含め注目すべき事案が尽きない。(2022/7/19)

マイナポイントの複数申し込み、全国471件 総務省は対策済み 3回申し込んだケースも
総務省は、1人1回に限り申し込みが可能なマイナポイント事業で、複数回申し込まれる事案が起きたと発表した。15日時点で2回申し込まれた事案が470件、3回が1件発生したという。(2022/7/15)

海賊版サイトの“タダ読み”被害額、コミック市場規模を上回る 総務省検討会が中間報告
総務省が「インターネット上の海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会」が現状をとりまとめた資料を公開した。2021年に海賊版マンガサイトでタダ読みされた金額はコミック市場の販売金額を上回る規模だったと試算している。(2022/7/15)

総務省、無料でデータサイエンス講座を提供 ExcelやRを用いたデータ分析を追加でリニューアル
この充実度で無料はすごい。(2022/7/14)

総務省が“メタバース研究会”開催へ 課題の整理と影響を調査
総務省が「Web3時代に向けたメタバース等の利活用に関する研究会」を開催する。メタバースに関する課題の整理や社会経済への影響などについて研究する。(2022/7/14)

Rを用いたデータ分析手法などを追加:
総務省が「社会人のためのデータサイエンス演習」をリニューアル
総務省は「社会人のためのデータサイエンス演習」を2022年10月4日にリニューアル開講する。AI技術やデータサイエンスの最新トピックスを取り入れ、仮説検定や統計解析ソフト「R」を用いたデータ分析手法の紹介を追加した。(2022/7/14)

マイナポイント第2弾、初速好調? 5日で330万人申込み
6月30日にスタートしたマイナポイント第2弾。子供も含めて、1人あたり2万円分のポイントが付与されるとあって、関心は高い。総務省が発表した申込み件数によると、開始後5日間の申込数は338万2311件。同期間の第1弾が77万6160件だったのに比べると、好調な滑り出しにも見える。(2022/7/7)

危機管理広報のプロに聞く:
KDDI高橋社長の緊急会見 「賞賛」と「炎上」の分かれ道はどこにあったのか
大規模な通信障害を起こした通信大手のKDDI。総務省に早期の情報公開を促されて記者会見を開くなど、初動の遅れに批判が集まった一方で、会見で見せた高橋誠社長の説明にはネットユーザーを中心に評価の声が上がる。KDDIの緊急会見から、企業が教訓として学べることは何なのか。(2022/7/7)

WAONのマイナポイント第2弾受付開始 抽選でさらに最大1万5000ポイント当たる
イオンの電子マネー「WAON」が、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」の「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」を受付開始。抽選でさらに最大1万5000ポイント当たるキャンペーンも行う。(2022/7/5)

金子総務相、KDDI障害対応で「技術に精通した職員を現場に派遣」 SNS上の「素人が足引っ張った」批判に反論
KDDIで発生した大規模通信障害での対応を巡り、金子恭之総務相は記者会見で、現場に技術に精通した職員をリエゾンとして派遣したことを明らかにした。金子総務相は3日の臨時会見で総務省の幹部職員をKDDI側に派遣したことを明らかにしていたが、SNS上で「復旧の邪魔」などと批判が集まっていた。(2022/7/5)

総務省、KDDIへ行政指導を検討 昨年のドコモ障害より「影響大きい」
金子恭之総務相は3日開いた臨時の記者会見で、KDDIの通信障害に関し、「(昨年の)ドコモと比べても影響、規模ともに大きい」と問題視した。(2022/7/4)

au通信障害に異例の「総務省職員派遣」、総務大臣はKDDIの広報対応に苦言
KDDIと沖縄セルラーの携帯回線で7月2日〜3日にかけて発生した大規模な通信障害について、金子恭之総務大臣は「国民への周知が十分ではなかった」と苦言を呈した。異例となる総務省からの職員派遣については「総理の指示で行った」と明かした。(2022/7/3)

中傷対策、IT大手開示の法制化を 総務省会議
インターネット上の誹謗中傷などの違法有害情報対策を議論してきた総務省の有識者会議は、大手IT事業者がSNSなどで投稿を削除する際の透明性を確保するため、削除基準などについての法的枠組みの導入を求めることを柱とした報告書を取りまとめた。(2022/7/1)

PayPayが「マイナポイント第2弾」に参加、最大2万ポイントを還元
PayPayは、総務省のポイント還元施策「マイナポイント第2弾」へ参加。6月30日から「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」を行ったユーザーへPayPayポイントを最大合計2万ポイントを付与する。(2022/6/30)

マイナポイント第2弾受け付けスタート 1万5000円分のポイント付与
総務省がマイナポイント事業の第2弾受け取り申請の受け付けを始めた。カードを健康保険証として登録した場合に7500円相当、公金受け取り口座情報を登録した場合に7500円相当のポイントをそれぞれ付与する。(2022/6/30)

携帯「新料金プラン」4050万契約に 総務省発表
携帯電話各社が提供する、いわゆる「新しい料金プラン」の契約数が、5月末時点で約4050万(一般利用者向けの契約数の約27%)になったと総務省が発表した。(2022/6/29)

携帯キャリアやMVNOの新料金プラン、5月末時点で約3割が移行
総務省は、6月28日に携帯電話事業者が提供する「新料金プラン」の契約数が5月末時点で約4050万になったと発表。一般利用者向けの携帯電話契約数の約27%に相当する。(2022/6/28)

ドコモの「マイナポイント第2弾」、d払い/dカード登録で最大2万ポイントもらえる
NTTドコモは、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」の決済事業者として「マイナポイント第2弾 d払いでdポイント最大20,000ポイントもらえる!」を実施する。(2022/6/28)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が4キャリアと全携協に「不当な端末販売拒否」の改善を要請――そもそも、スマートフォンは完全分離で売れるものなのか
総務省が、大手4キャリアに「ショップの業務適性確保に向けた措置」を要請した。端末の販売拒否が見受けられたことが要請の主な理由だが、そもそも「回線」と「端末」を分離して販売することは理にかなったことなのだろうか。(2022/6/26)

キャリアショップが「マイナンバーカード」申請をサポート 全携協、ドコモ、KDDI、ソフトバンクが共同で7月中旬から実施へ
携帯電話の業界団体が、大手キャリア3社と共同で総務省の「マイナンバーカードに係る申請サポート事業」を受託する見通しとなった。早ければ7月中旬から、NTTドコモ、KDDI(沖縄セルラー電話)とソフトバンクのキャリアショップにおいてマイナンバーカード(個人番号カード)の発行申請のサポートを受けられるようになる。(2022/6/24)

楽天カードと楽天ペイが「マイナポイント第2弾」に参加 最大2万円相当の楽天ポイントをプレゼント
楽天カードと楽天ペイメントは、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」に参加する。楽天カードまたは楽天ペイを登録すした上で条件を満たすと、最大2万円相当の楽天ポイントがもらえる。(2022/6/23)

端末単体購入時の価格を分かりやすく表示すべき――総務省が「2万円超の値引き」対策の方向性を示す
総務省の「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」が、2022年度分の報告書を取りまとめるための作業に着手することになった。取りまとめに当たって、同省が検討に向けた方向性案を大きく4つ示した。この記事では、「通信(回線契約)」と「端末」の分離の徹底に関する方向性案を簡単に解説する。(2022/6/22)

大規模な太陽フレアで2週間に渡り通信障害、広域停電の可能性も 総務省が“最悪のシナリオ”公開
携帯電話はつながらず、自動運転車は事故を起こし、大規模停電も──総務省は21日、「宇宙天気予報の高度化の在り方に関する検討会」の報告書の中で大規模な太陽フレアが発生した場合の「最悪のシナリオ」を公開した。(2022/6/21)

総務省、電気通信サービスの契約数などを公表 楽天モバイルのシェアが2.4%に
総務省は6月21日に2021年度第4四半期の電気通信サービスの契約数とシェアについて公表した。携帯電話・PHS・BWAの契約数は2億341万(前期比+1.4%、前年同期比+4.3%)で、うち携帯電話は2億292万(前期比+1.5%、前年同期比+4.4%)となっている。移動系通信の事業者(キャリア)別の契約数シェアは楽天モバイルが伸びている。(2022/6/21)

房野麻子の「モバイルチェック」:
なぜ増加した「転売ヤー」? 日本のiPhoneが狙われる
最近、携帯電話業界では、通常の価格よりも大幅に安く販売されているスマートフォンを入手し、それを自分で使わずに転売することで利益を得る、いわゆる「転売ヤー」が問題視されている。総務省の有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」でも対応が検討されているほどだ。(2022/6/21)

ICT:
清水建設がローカル5G環境で超高精細映像転送システムを実証、88%が継続利用を希望
清水建設は、大阪府で開発を進める「新名神高速道路梶原トンネル工事」に「超高精細映像転送システム」を試験導入し、現場の安全管理における有用性を確認した。今回の取り組みは、総務省が公募した「令和3年度 課題解決型ローカル5Gなどの実現に向けた開発実証」の一環として実施したもので、清水建設、西日本高速道路、シャープの3社による共同実証。(2022/6/21)

「ニセ・誤情報に騙されないために」 総務省がネットリテラシー教材を公開
総務省が、偽情報や誤情報に関する教材を公開した。偽情報にだまされる仕組みや、誤情報の拡散による影響、だまされないための考え方を紹介している。(2022/6/20)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルとpovoのゼロ円プランは価格圧搾なのか――MVNOがゼロ円を展開しているので圧搾にはならない?
総務省の有識者会議での議論では、端末の対応周波数帯や転売対策に関する議論が注目されがちだが、一部のキャリアから出ている「月額0円で利用できるpovo2.0やRakuten UN-LIMIT VIは『価格圧搾』ではないか」という指摘も実は重要な論点である。公開されている資料もなかなかに“香ばしい”ものとなっている。(2022/6/19)

ふるさと納税の現金還元を禁止へ 「キャシュふる」を受け総務省が告示改正の手続き進める
告示改正は来週にも行う予定です。(2022/6/17)

総務省、“ふるさと納税で現金還元”を規制へ 「キャシュふる」騒動受け
金子恭之総務大臣は、ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れる事業を規制する方針を示した。地方税法に基づく、寄付金の募集基準を定めた告示を来週にも改正するという。(2022/6/17)

販売代理店の対応:
「端末のみ販売はできない」と拒否 携帯キャリア4社に行政指導
総務省がドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルに行政指導。販売代理店で、回線契約のない客に対し、端末単体の販売を拒否していた。大手3社への指導は3回目。(2022/6/17)

総務省が携帯キャリアと販売代理店団体に「要請」 携帯電話の販売に関する業務の適正性確保を求める
端末の単体販売を拒否する事案が続いていることを受けて、総務省が大手キャリア4社と全国携帯電話販売代理店協会に対して、電気通信事業法第27条の3を順守するように指導を行うことを要請した。事実上2年連続の要請となるが、端末の転売が問題となる中、実効性のある指導は行われるのだろうか?(2022/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.