• 関連の記事

「税金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!税金→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で税金関連の質問をチェック

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】消費税額の計算方法は、事業者側が複数の方法から選べるのか?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1日に導入されます。税額計算の方法は事業者が決められるのか、計算においてどんな点に注意すべきか、──など、インボイス制度の中身をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2022/8/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
副業収入300万円未満は雑所得に?……国税庁の狙いは“サラリーマン副業”潰しか
国税庁が8月1日に公表した「所得税基本通達」の一部改正案が、逆進課税的であるとして物議を醸している。「働き方改革」などと銘打って副業やダブルワークなどを推進してきた政府だが、ここにきてサラリーマンの副業を実質的に規制する施策を検討しているのは矛盾とも思える。(2022/8/12)

全国平均は10万3615円:
「ふるさと納税」の寄附金ランキング 2位「宮崎県」、1位は?
「ふるさと納税ガイド」を運営するカリーグズは、都道府県別の「ふるさと納税」利用状況を発表した。その結果、利用者数、利用率、平均寄附金額の各1位は?(2022/8/10)

税金を払いすぎた人に届いた通知書に「そんなことあるんだ」 自治体の言い回しにも注目集まる
税金を重複して納付した、申告等で税額が減額になったなどの理由で送付されます。(2022/8/10)

Q&A 総務・人事の相談所:
「聞いていた給料より低い!」 手取りかと思ったら、総支給額だった──会社は補填すべき?
最近採用した社員から、「給料が入社前に聞いていた金額と違う」と抗議を受けました。面接の際に当該社員が言っていたのは税金や社会保険料を差し引いた「手取り」であり、人事担当が言ったのは税金や社会保険料を引かない総支払額でした。賃金を上げなければいけないでしょうか?(2022/8/3)

スタグフレーションの時代【後編】:
森永康平が斬る 「値上げラッシュ本格化」の深層、「若者の結婚離れ」のウソ
参院選の各党の政策が出そろう中、政府も「骨太の方針」をはじめとする経済政策の方向性の議論を重ねている。経済アナリスト森永康平氏は、緊縮財政か積極財政かを議論する前に、そもそも税金の役割がきちんと理解されていないことが問題だと指摘する。値上げラッシュがなぜ本格化したのかといった疑問や、税金の本来の役割、少子化や地方の衰退といったテーマについて聞いた。(2022/7/8)

日本漫画家協会、インボイス制度に反対声明 “本名バレ”のリスクなど指摘
日本漫画家協会は、2023年10月から始まる消費税の仕入税額控除の方式「インボイス制度」(適格請求書等保存方式)に反対する声明を発表した。「多くの漫画家に不利益を喚起しかねない懸念事項が払拭されていない」とし、見直しを求めている。(2022/7/4)

Meta、クリエイター向け収益化ツールの使用料徴収開始を2024年まで延期
MetaのザッカーバーグCEOは、クリエイターからの“Meta税”徴収を2024年まで延期すると発表した。また、「リール」クリエイターへのボーナスプログラムやブランドとのマッチングサービスの計画も紹介した。(2022/6/22)

Apple Storeが転売対策か 非居住者への消費税免税購入対応を終了
iPhoneが世界最安という状況下で、Apple Storeは転売対策を始めたようだ。(2022/6/21)

マネーフォワード、インボイス制度向け機能に対応 消費税申告機能を追加
マネーフォワードが2023年10月のインボイス制度開始に向け、同社の会計ソフトと確定申告ソフトに「消費税申告機能」を追加した。仕訳データを基に消費税申告書を作成できる。(2022/6/16)

総務相「制度趣旨から外れる」:
「キャシュふる」、わずか2日でサービス終了 ふるさと納税の返礼品“現金化”で物議、経緯まとめ
ふるさと納税の返礼品の代わりに現金を受け取れる「キャシュふる」が、わずか2日でサービスを終了した。「黒に近いグレーなサービス」などと物議を醸していた上、金子恭之総務相も記者会見で「制度の趣旨から大きく外れたもの」とコメントしていた。(2022/6/12)

ふるさと納税で現金バックの「キャシュふる」、サービス終了 金子総務大臣の「趣旨に反する」発言受け
ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れるとして波紋を呼んでいる「キャシュふる」がサービスを終了した。サービス発表後2日での幕引きとなる。(2022/6/10)

税理士団体がインボイス制度に異議 「消費税負担が生活を脅かすレベルになる」 IT職種への影響は
「インボイス制度の中止を求める税理士の会」が、「インボイス制度」により消費税負担が生活を脅かすレベルになるとして反対の立場をあらためて表明した。業務負担増、取引などへの悪影響があるとしている。(2022/6/9)

ふるさと納税で“現金”が受け取れるサービス登場 総務省「趣旨に合っていない」
ふるさと納税で、返礼品の代わりに現金が受け取れるというサービス「キャシュふる」が波紋を呼んでいる。スタートアップのDEPARTURE(東京都新宿区)が提供を始めたサービスで、寄附金額の20%を現金で受け取れると謳う。(2022/6/9)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】適格請求書等の保存が必要ないのは、どんな場合?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1月に導入されます。前回(第3回)に続き、インボイス制度の疑問をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2022/6/7)

日本トレンドリサーチ調べ:
自家用車にかかる費用 精神的に負担だと感じるもの1位は?
NEXERが運営する日本トレンドリサーチは、「車にかかる税金に関するアンケート」を実施した。自家用車にかかる費用で、最も“精神的に負担”だと感じるものを尋ねたところ、29.3%が「自動車税・軽自動車税」と答えた。(2022/6/4)

インボイス制度Q&A:
売上1000万円以下の免税事業者も、インボイス制度に登録したほうが良い? メリットとデメリットを解説
2023年10月から適用されるインボイス制度。免税事業者がインボイスを発行するためには、課税事業者になるための手続きをしなければなりませんが、登録にはメリットとデメリットがあるようです。解説は、税理士法人クラウドフォーカス代表の村井隆紘氏。(2022/6/3)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
実は米国では導入済みの”内部留保課税”、ただし実現すれば失業大国にも?
定期的に議論に上る内部留保課税。実は米国では内部留保課税が全企業に適用されている。しかし、そこにはメリットとデメリットが存在している。(2022/6/3)

インボイス制度Q&A:
免税事業者に「値下げ」を要求したら、買いたたき? 「合理的な理由」の条件は? インボイス制度Q&A
2023年10月から適用されるインボイス制度。これに伴い、仕入先である免税事業者との取引条件を見直したい事業者もいるかもしれません。しかし「合理的な理由」なく値下げを要求すると、買いたたきと見なされる場合もあるようです。合理的な理由とは何でしょうか。解説は、税理士法人クラウドフォーカス代表の村井隆紘氏。(2022/6/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
令和4年は給与の半分以上が税と社会保障に消える? 財務省「潜在的な国民負担率は56.9%へ」
財務省のWebページを見ると、「令和4年度の国民負担率は、46.5%となる見通しです」と記されている。さらに、「国民負担に財政赤字を加えた潜在的な国民負担率は、56.9%となる見通しです」と記載されている。令和は江戸時代よりも重い「六公四民」に近い状態となりつつあるようだ。(2022/5/27)

取引条件の留意点:
あと1年半「しか」ない、インボイス制度 今すぐ見直すべきは何か
消費税の免税事業者を仕入先に持つ企業では、インボイス制度の開始が仕入先との間の取引価格の決定に影響を及ぼすことになります。ここでは、取引条件を見直す際の注意点などを解説します。(2022/5/27)

1室2万2096円から:
ブラックサンダー初のコンセプトルームが登場 気になる部屋の中は?
有楽製菓とジェイアール東海ホテルズは5月11日、JR豊橋駅直結の「ホテルアソシア豊橋」にて「ブラックサンダールーム」の宿泊プランを発売。料金は1〜2人利用時で1室2万2096円(税サ込)から。(2022/5/11)

10兆円市場のコンビニ払込票、PayPay攻勢に反撃のファミマ
5月からファミリーマートは、自動車税や公共料金、通販代金などの支払いにアプリ「FamiPay」を使うとポイントを還元するキャンペーンを始めた。同社としてはコンビニ代理収納において初のキャンペーン。その背景には、PayPayの攻勢があった。(2022/5/6)

au PAY(請求書支払い)で1万人に1000Pontaポイントが当たる 自動車税の支払いも対象に
KDDIは、5月1日〜5月31日に「au PAY(請求書支払い)ご利用キャンペーン」を開催。au PAY(請求書支払い)を利用して5000円以上支払ったユーザーの中から抽選で1万人に1000Pontaポイントが当たる。(2022/4/25)

「無職になると税金っていくらかかるの?」 質問に答えるだけで金額がざっくり分かるWebフォーム 個人開発者が開発
転職検討中の人ならば一度は考える無職期間の懐事情。保険料や税金、年金などをどのくらい負担しなければならないのか。それらの負担を一括で計算してくれるサービス「quitcost」(クイットコスト)をある個人開発者が開発した。(2022/4/20)

法改正でどう変わる?:
インボイス制度対応で必須! 「適格請求書発行事業者」に登録する方法と注意点
令和5年から導入される適格請求書等保存方式(通称、インボイス制度)では、仕入税額控除を受けるために、適格請求書発行事業者の登録番号が記載された請求書が必要になります。適格請求書発行事業者になるためには、どうすればよいのでしょうか。(2022/4/20)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の反響と値下げの狙い 音声対応eSIMは「準備が整いつつある」
IIJは、2021年4月に導入したIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」を、4月1日に値下げした。消費税の総額表示に対応した際の端数をなくすための色合いが濃いわずかな値下げだが、4GBプランを特に大きく値下げしている。ギガプラン開始から1年経過したのを機に、IIJmioの最新動向をうかがった。(2022/4/18)

「Metaの偽善が明らかになった」──メタバースでのアイテム販売高額使用料についてApple幹部が批判
Meta(旧Facebook)が発表したメタバースでのアイテム販売の使用料は約47.5%。日頃“30%のApple税”を批判している同社を、Apple幹部が痛烈に批判した。(2022/4/15)

法人課税はどう変わったか:
【経理必見】令和4年度税制改正、経理業務への影響は? ポイントを解説
「令和4年度税制改正」では所得拡大促進税制の拡充や住宅ローン減税の見直しなどが目玉となりそうです。その他、少額減価償却資産の損金算入特例の見直しなども要注目です。2021年に公表された税制改正大綱から、経理担当者が押さえておきたい改正ポイントを解説します。(2022/4/12)

明石市長が企業の納税額をツイート 守秘義務違反疑いで百条委員会設置へ
兵庫県明石市の泉房穂市長がTwitterで企業の市民税額を無断公開したとして、明石市議会の4会派が調査特別委員会の設置を提案する。(2022/4/5)

施行は23年10月:
インボイス制度、いつまでに対応予定? 中小企業で「既に対応」は11.2%
消費税10%の引き上げと軽減税率制度の導入に伴い、2023年10月から適用される「インボイス制度」。全国の経営者はどの程度対応を進めているのか? またいつまでに対応する予定なのか?(2022/3/30)

社労士・井口克己の労務Q&A:
入院中に有休を使い切った社員 会社が立て替えた住民税を踏み倒して退職……どうすればよかった?
入院中に有休を使い切った社員。無給期間中の社会保険料や住民税などは会社で立て替えていたが、そのまま退職。退職後の請求にも応じなかった。どうすればよかった?(2022/3/29)

“確定申告を学べるRPG”の開発スタート 「装備品には固定資産税」「授かった伝説の剣に贈与税」のシビアでためになる世界
e-Taxは便利な遠隔魔法。(2022/3/19)

デルが165Hz駆動の27型フルHDゲーミングディスプレイを発売 クーポン適用で約3.5万円
デル・テクノロジーズが最大165Hz駆動の27型フルHDゲーミングディスプレイを発売した。クーポンを適用すると税/送料込みで約3万5000円で購入できる。(2022/3/18)

グリーンエネルギー先進国:
既に自家用車の9割、ノルウェーでEV導入が進んだ背景
ノルウェーは、内燃機関自動車(ICEV)から電気自動車(EV)への移行が最も進んでいる国の1つだ。2022年初頭の時点で、自家用車の月間売上高全体に占めるEVの割合が90%を超えており、その大半がバッテリーEV(BEV)だったという。本記事では、なぜこのような状況に至ったのか、その理由について考察していきたい。(2022/3/16)

楽天Gのウクライナ支援基金、開始約1週間で8億円集まる ふるさと納税で支援の自治体も
楽天グループが2月末に創設した「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」の募金額が8億円を突破した。ふるさと納税を活用して、支援する自治体もある。(2022/3/10)

「JR全駅入場券」70万円で発売 駅にはデジタルスタンプ 鉄道開業150年で
JRグループは2日、「JR全駅入場券」セットを70万円(税、送料込)で発売すると発表した。鉄道開業150年キャンペーンの一環。(2022/3/2)

PayPay請求書払い、4月からPayPayボーナスの対象外に
「PayPay請求書払い」で支払いが可能な自治体が拡大し、順次全ての都道府県の都道府県税と政令指定都市の市税/料金が対応。ただし、4月1日からPayPayボーナス付与特典の対象外になる。(2022/3/2)

スマホ決済のお得な活用術:
公共料金の支払いでも最大1.5%還元! 私が「PayPay請求書払い」を使う理由【追記あり】
主なQRコード決済サービスでは、「LINE Pay」「PayPay」「au PAY」「d払い」「FamiPay」などが請求書払いに対応。この中で筆者はPayPayの請求書払いを利用している。その理由は、税金の支払いでも0.5〜1.5%のPayPayボーナスがもらえるから。(2022/3/1)

国税庁、確定申告はオンライン推奨 e-Taxは源泉徴収票の自動読み込みなど便利機能追加
所得税などの確定申告が2月16日から始まった。国税庁は「感染対策のためにも、自宅でのe-Taxを利用を検討してほしい」とし、スマホ・PCの利用を推奨している。(2022/2/16)

今年も所得税の確定申告受付が始まりました スマホで源泉徴収票やマイナンバーカードを読み取ってくれるシステムなど去年と変わった主な3点
原則、期限は3月15日までです(個別申告で延長可)(2022/2/16)

好調要因はテークアウト:
サーティワン、来店客減でも過去最高益 今年は「4本柱」を強化
B-R サーティワン アイスクリームは2021年、コロナ禍で来店客数は減少したものの過去最高益を記録した。同社は31年までに税引前利益31億円を目指すと発表しており、22年度は「4本柱」を強化し、攻勢をかける。(2022/2/17)

連載「情報戦を制す人事」:
2022年の税制改正、人事業務への影響は 住宅ローン控除の改正で、年末調整が変わる?
2022(令和4)年の税制改正は、人事業務にどのように影響するのでしょうか。住宅ローン控除と電子帳簿保存法にポイントを絞り、解説します。(2022/2/15)

日本出版協議会がインボイス制度に反対声明 「出版社とクリエイターの関係を悪化させる」
日本出版協議会(出版協)は、2023年10月から始まる、消費税の仕入税額控除の方式「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」に反対する声明を発表した。出版社とクリエイターの関係を悪化させるため、出版活動に支障を来す懸念が大きいと訴えている。(2022/2/4)

製造マネジメントニュース:
パナソニック新体制の3Q決算は厳しい船出、前年反動と原材料価格高騰で大幅減益
パナソニックが2021年度第3四半期の連結決算を発表。第3四半期単独では、売上高が前年同期比4%増の1兆8898億円、調整後営業利益が同39%減の875億円、営業利益が同44%減の730億円、税引前利益が同42%減の736億円、当期純利益が同48%減の426億円となった。(2022/2/3)

LINE Pay 請求書支払い 対応団体数3000団体突破、税・公金は1000団体、公共料金は750団体以上に
 LINE Payは1月28日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「請求書支払い」機能において、支払いが可能となる請求書の発行団体数が3000団体を突破したと発表した。そのうち、税・公金は1000団体、公共料金の請求書発行元は750団体以上となる。(2022/1/31)

法制度・規制:
国内初の「太陽光パネル税」は成立するのか――法的な観点で今後の動向を推察
2021年12月に岡山県美作市の市議会で可決された「美作市事業用発電パネル税条例」。太陽光パネルの面積に応じて課税を行うという、国内でも初めての税制として、その動向は大きな注目を集めている。エネルギー関連の法制度に詳しいオリック東京法律事務所に、この条例の概要とその適法性、そして今度の動向について解説してもらった。(2022/1/26)

やっぱり10万円でどこでも使えるPCが欲しい! 「mouse X4-R5」をWindows 11/10で試す
あるときは会社で、あるときは在宅で、あるときは出先でと、働く場所が日々変わるハイブリッドワーク環境では、パワフルで軽量なモバイルPCが欠かせない。税別10万円を切るマウスコンピューターの「mouse X4-R5」をチェックした。(2022/1/24)

実務を解説:
2022年4月から適用「グループ通算制度」とは? 4つのメリット
4月から、グループ内で損益通算等を可能とする「グループ通算制度」が適用され、作業の煩雑さが指摘されていたこれまでの「連結納税制度」は廃止されます。新たな制度のあらましと実務をおさらいします。(2022/1/21)

日本の賃金UP、実現なるか?:
法人税を大幅控除! 賃上げ税制「3%」の意味と、岸田政権の真意
2022年度の税制改正大綱が昨年末に公表され、「賃上げ税制」が注目を集めている。従業員の賃金を一定以上増加させた場合、法人税が大幅に控除される。賃上げ税制で求められる対応と、推進する政府の目的とは?(2022/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.