「TCO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Total Cost of Ownership

第一三共、IT基盤刷新で1億円のTCO削減へ 営業基盤システムの高速化で
第一三共が、80台のサーバで16のシステムを動かしていた営業支援システムの基盤を刷新し、約1億円のTCO削減を実現した。何を変えたのだろうか。(2024/2/14)

セキュリティニュースアラート:
バックアップシステム刷新事例 ジヤトコがVeeamを導入してTCOを40%削減
ジヤトコはバックアップシステムを再構築するプロジェクトで、Veeam Data PlatformのFoundation Editionを採用した。データ量の増加に伴うシステムやサービスのサイジング、投資計画への影響が課題となっていた。(2023/12/11)

Azureのバックアップコストを30%削減 損保ジャパンがVeeamを採用
損害保険ジャパンは「Veeam Backup for Microsoft Azure」を採用した。保険契約関連業務システムのバックアップを統一し、約30%のTCO削減を見込む。(2023/6/29)

Solidigmがデータセンター向けPCIe QLC SSD「D5-P5430」を発表 読み出し特化でコストパフォーマンスを向上
Solidigmは、データセンター(サーバ)向けのPCI Express接続のQLC SSD「D5-P5430」を順次発売する。読み出し速度をTLC SSD相当に引き上げた一方で、QLCのメリットである低コストも実現していることが特徴で、読み出しに特化したワークフローにおけるTCO(総所有コスト)の改善を図れることが特徴だ。(2023/5/17)

「Citrix DaaS」と「VMware Horizon」を比較【第5回】
2大VDI「Citrix DaaS」「VMware Horizon」選ぶならどっち? “隠れコスト”で比較
「Citrix DaaS」と「VMware Horizon」はどちらも同様の機能を搭載するが、TCOに影響する細かな違いがある。自社に適したVDI製品群はどちらなのか。(2023/3/14)

「Citrix DaaS」と「VMware Horizon」を比較【第2回】
VDIの“想像以上に高い”は「ハイパーバイザー」のせい? その理由とは
Citrixの「Citrix DaaS」とVMwareの「VMware Horizon」は、利用可能なハイパーバイザーが異なる。この違いはTCOに影響する。両VDI製品群で利用できるハイパーバイザーと、コスト管理の際の注意点を説明する。(2023/2/21)

インテル Flexシリーズ:
ビジュアルクラウド向けデータセンターGPU
インテルは、データセンターGPU「Flex」シリーズを発表した。メディア配信、クラウドゲーミング、AI、メタバースなどのビジュアルクラウドに適する。少ないサーバで多くのユーザーをサポートし、TCO削減に貢献する。(2022/9/8)

ウエスタンデジタル DC HC570、DC HC670:
クラウド市場向け、22、26TバイトのHDD
Western Digital(WD)は、22TバイトのCMR方式HDD「Ultrastar DC HC570」と、26TバイトのSMR方式HDD「Ultrastar DC HC670 UltraSMR」を発表した。データセンターでの利用を見込み、顧客のTCO低減に貢献する。(2022/5/30)

クラウドNGのシステムは、クラウドメリットを諦めるしかないのか
継続的なリソース可視化でTCO削減 オンプレをモダン化する納得のアプローチ
全ての企業がフルクラウド化を実現できるわけではない。ITインフラにおいては、オンプレミスでの運用をどう最適化するかは依然として重要な課題だ。そうした中、特にTCOと運用負荷を削減する上で、有効なアプローチが登場した。(2023/3/10)

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効
HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」
「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。(2021/5/14)

最優先課題であるTCO平均30%削減
クラウド利用で直面する想定外のコスト増、リソース配分をどう最適化する?
クラウドを採用する目的はテレワーク推進やBCP対策強化などさまざまだが、TCO削減は多くの企業が期待する効果だ。とはいえ、導入するだけでは成果が得られないことも多い。特に課題となるリソース配分の最適化について、解決策を紹介する。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
領域節約情報の可視化も可能、「コスト削減」に貢献するオールフラッシュとは
オンプレミスにデータを保存する上でTCOの増大を防止するには、データ削減テクノロジーの活用が欠かせない。アプライアンス/クラスタレベルでの領域節約情報を可視化するなど、データ効率に優れたオールフラッシュの実力に迫る。(2021/4/8)

急成長の事業を支えたITインフラ
200台のサーバをHCIに移行したコミック販売企業 TCO削減以外に得た効果とは
ビジネスの成長に伴うITインフラの増強で運用管理に頭を悩ませたユメノソラホールディングスは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入することで課題を一掃した。HCIへの移行でどのような成果を得たのか。(2019/11/18)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
TCOを44%削減、クラウド型検出/対応アプリケーションの実力とは?
巧妙化する脅威からデータ資産を守るためにはEDRやNTAなどの活用が欠かせないが、ツールのサイロ化により運用負荷とコストの増大に悩むケースは少なくない。この状況を打破するには、統合と合理化を実現するソリューションが必要だ。(2019/11/13)

北國銀行、保険窓口販売業務をクラウド化 Azure上の保険販売管理システム「インプラス」を活用
銀行内業務システムのクラウド化を進める北國銀行は、ニッセイ情報テクノロジーの「保険販売管理パッケージ インプラス」をMicrosoft Azure上に構築し、保険窓口販売業務をクラウド化する。多様なサービスに迅速に対応できる態勢を整えるとともに、TCO削減などを目指す。(2018/12/20)

企業導入、ビジネス利用で考える
スマートフォンの1年間にかかる総コストは20万円以上? 企業の負担額を計算
企業で利用するモバイル端末のコストを正確に把握するには、さまざまな要素を考慮しなければならない。必要な要素を含めて正しい総所有コスト(TCO)を計算しよう。(2018/9/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
サーバの集約でTCOを50%削減、ニコンイメージングを支える新ストレージとは
ニコンイメージングジャパンは効率的な統合基盤を目指して、国内拠点に分散したサーバとストレージの集約に取り組んだ。その鍵となったのがSSDとHDDの“いいとこ取り”をしたハイブリッドストレージだったという。その効果を探った。(2018/6/18)

ビジネスにお得なサーバを探している人のための必須知識:
PR:企業やクラウドサービス事業者が採用するサーバ、5つの「Did You Know?」
「サーバなど、もうどれも変わらない」「サーバは安ければ安いほどいい」――。そう考えている人こそ知っていただきたい、いわば「Did You Know(知っていましたか)?」と言いたくなるポイントがある。表面的なコストではなく、TCO(総所有コスト)を下げるために、どれも欠かすことはできない。今回ご紹介したいのは、意外なほどハードウェアの差別化に執心する、サーバベンダーの話だ。(2018/4/23)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
HCIはVDI専用ではない──採用技術を徹底解剖、TCO削減30%以上の理由
スモールスタートからノード追加により段階的な拡張を可能とするHCIが注目されている。導入する企業によってさまざまな要件が求められるため、HCIアプライアンスは高いパフォーマンスとともに、多彩なオプションを利用できるものが理想だ。(2018/3/16)

2年間無償で4ノード8TBまで使える試用版も:
PR:HDDだけでもフラッシュ並に速く、TCOを3分の2に削減した実績があるストレージソフトウェアがHCIの問題点を解消できる3つの理由
ベンダー各社からさまざまなハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品が登場している。HCIというとアプライアンス製品をイメージするが、ベースにあるのはソフトウェア定義ストレージ(SDS)技術だ。そんな中、SDSのパイオニアの1社であるDataCore Softwareは、SDSだけではなくHCIにもマーケットに先駆けて早くから取り組んでいた。HCIアプライアンスでは提供できない魅力とは。(2018/2/19)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
“楽”なITライフサイクルを生む、オールフラッシュストレージ選択の視点
オールフラッシュストレージというと性能ばかりに目が行きがちだが、運用効率やTCOなどの課題に対応するにはライフサイクル全体での能力をチェックすべきだ。そこでポイントとなるのが自動化を活用し、情シス部門を楽にする製品だ。(2018/2/7)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第2回 SaaS型ERPの導入で新規導入コスト、保守コストを削減できるって本当?
SaaS型ERPとオンプレミス型ERPでは、どちらがコスト削減を期待できるのか? 実際にどの程度のTCO(総所有コスト)削減が見込めるのかを、双方を比較しながら解説します。(2017/12/21)

食料品、不動産、サービス業で多くの導入実績:
PR:PCライフサイクル全体をカバーする運用管理サービスが、導入から5年後にTCOを25%削減できる理由
多くのIT部門は、社内システムの運用管理業務に日々追われており、本来取り組むべきIT戦略計画などの業務に手が回っていない。こうした課題を解決するソリューションとして、今、注目度が高まっている、PCライフサイクル全体をカバーする運用管理サービスについて、担当者に聞いた。(2017/10/30)

納得できるTCOとは
TCOと機能で比較 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)選びの勘所
どうしても価格が目についてしまうハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、特にVDIを検討している企業はTCO(総所有コスト)に注意が必要だ。仮想化製品の特長を比較しながらコスト管理のポイントを解説する。(2017/9/13)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
調査会社が解説するプライベートクラウドのメリット、取るべき最短ルートは?
グローバル企業が積極的に導入を図るプライベートクラウド。TCOをはじめITインフラの管理性や柔軟性などのメリットが高く評価されている。この環境を効率的に実現するには、どんな選択肢を取ればいいのだろうか?(2017/6/30)

TCO試算のスペシャリストが明かす:
PR:「LinuxONEならサーバ導入/買い換え時のトータルコストは下げられる」その大きな4つの技術的理由
通常、サーバの導入/買い換えに当たっては、ハードウェアからソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、さらには人件費まで含めて、非常に大きなトータルコストが発生し、IT管理者にとって悩みの種となっている。だが、メインフレームとオープンシステムのメリットを“いいとこどり”しているLinuxサーバ「LinuxONE」を活用することで、サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストを大幅に削減できるという。その技術的根拠についてTCO試算のスペシャリストに聞いた。(2017/6/12)

PR:サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストは人的コスト含め試算できる――ITの経済性評価が行える無料サービスとは
企業がサーバ導入/買い換え時にシステム全体の運用管理や保守にかかるコストを算出しようとしても、結局「分からない」とあきらめがちだ。しかし、本当にそうなのだろうか。多種多様な構成のシステムを手掛けてきた日本IBMは、サーバ導入/買い換え時に「ITの経済性評価」を支援する「Eagle TCO Study」を基本的には無料で提供している。どのように人的コストまで含めたトータルコストを試算しているのか、担当者に聞いた。(2017/6/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?
飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。(2017/4/20)

プライベートクラウド基盤の「統合ストレージ」刷新
アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減
HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイを採用し消費電力を36分の1に削減し、データセンターコストも半減させたアサヒビールの事例を紹介する。(2017/4/28)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
TCOで考えるストレージ最適化、SSDなら投資を6カ月以内で回収可能に
導入ストレージの候補として、オールフラッシュが最有力となる時代になりつつある。Gartnerの調査によれば、SSDの投資費用の回収が約5.4カ月で済むほどにTCO削減効果が向上しているという。従来型ストレージとどれほど違うのか。(2017/4/19)

PR:プラザクリエイトがオンプレミスの仮想化基盤を刷新し、クラウドを超える俊敏性・TCO削減を実現
国内最大級の写真プリントショップチェーンを展開するプラザクリエイトが、クラス最高水準の性能と拡張性を誇るインテル® Xeon® プロセッサ E5-2600 v3 製品ファミリー搭載のハイパーコンバージド製品「HPE Hyper Converged 250 System」を採用し仮想化基盤を刷新。パブリッククラウドサービスを超えるビジネスアジリティをオンプレミス環境で実現し、導入・運用・保守を含むトータルコストを劇的に削減した。処理要求の急増に即座に対応するため商用クラウドサービスとの連携も実現。優れたビジネスアジリティを達成したハイブリッド・インフラの先進事例である。(2017/4/21)

「攻めのIT投資」を実現するために
クラウド移行・データベース見直しでTCOを削減、成長分野へ投資をシフト
老朽化システムの延命を目的にシステムの移行を図る企業が多い。しかし、単なる入れ替えでは新しい価値を生まない。必要なのは新たな価値を与え、成長を実現することだ。(2017/3/31)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
「クラウドありき」から発想を転換、TCOがクラウドの50%以下というIT基盤とは
写真プリントショップを全国展開するプラザクリエイトは、IT基盤の刷新にあたり、パブリッククラウドではなく、ハイパーコンバージドインフラを導入した。この選択により、同社はクラウドを上回るコストパフォーマンスを実現したという。(2017/3/31)

弱点だったコストもTCOでは優位に
「全てのストレージがフラッシュになる時代は確実に来る」の技術的根拠は?
オールフラッシュアレイストレージのTCOの優位性(電力や冷却に要する費用の少なさ、処理能力の高さなど)は、企業がアクティブワークロードの保存に使用する理由にもなる。(2017/3/3)

ホワイトペーパー:
PR:TCOと運用負荷を軽減 HCIとクラウドで作る「VDI2.0」とは?
セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上をかなえる一方で、コストや管理性が課題といわれるVDI(仮想デスクトップインフラ)。クラウドとオンプレミスのハイブリッド型でこれらの問題を解決するVDI2.0について、その特長と検証結果をまとめた。(2016/12/28)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
TCOと運用負荷を軽減 HCIとクラウドで作る「VDI2.0」とは?
セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上をかなえる一方で、コストや管理性が課題といわれるVDI(仮想デスクトップインフラ)。クラウドとオンプレミスのハイブリッド型でこれらの問題を解決する VDI2.0について、その特長と、検証結果をまとめた。(2016/12/28)

「制御盤革新」を製品力へ:
PR:アルバックが起こす制御盤革新。面積30%削減で配線リードタイムは2分の1に
液晶および有機ELディスプレイや半導体などの薄膜形成装置を展開するアルバックは、製品力強化に向けて「制御盤」の改善に手を入れた。一部の機種では制御盤面積の30%削減により配線リードタイムを2分の1とし、省配線化で施工コストを30%削減することに成功した。さらにメンテナンスコストの低減も実現しTCO削減を商品力として訴求できるとしている。(2016/11/24)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
TCOでも有利なオールフラッシュを選ぶための3つのポイント
オールフラッシュストレージは高速でありながら、価格もディスクストレージに匹敵する水準となってきた。むしろ省スペース・省電力などの特性からTCOでは有利となり、今やストレージの主流になりつつある。オールフラッシュストレージを選定する上で重要なポイントは何か。(2016/11/14)

PR:その複合機コスト、本当に妥当? OKIデータが提案するトータルコストを削減する方法とは
業務の現場で広く利用されている複合機(MFP)。ただし、そこで課題となるのがトータルコスト(以下、TCO)の正確な把握が困難なことである。その最大の理由は、従来型のカウンター方式による契約では、リース期間内での月々の料金変動が避けられないことだ。そうした中、OKIデータがコストの正確な把握を支援するために提供しているのが……。(2016/9/30)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「TCOとクラウドの関係」
情シス部門の課題として、TCOの増大やITコストの削減があります。これらの課題を解決するためのクラウドの役割について解説します。(2016/7/11)

5回のクリックで仮想マシンを導入:
HPE、中規模システムや拠点の集約を想定したハイパーコンバージドアプライアンス「HPE HC 380」を発表
HPEがハイパーコンバージドシステムの新製品「HPE Hyper Converged 380」を発表。仮想マシンの導入や管理、サポートなどの一連の操作を数クリックでできる容易性を特長に、TCOの削減やハイブリッドインフラへの移行を見据えた整備を可能とする。(2016/4/20)

基幹システムのクラウドに求められる柔軟性と安全性
「攻めのIT」の実現に向けたTCO削減、期待した効果を実感できるクラウド移行方法とは
TCO削減を目的にシステムをプライベートクラウドやパブリッククラウドに移行したが思ったほど効果が上がらない……、そんな課題を抱えるIT部門は少なくない。クラウドの課題を整理しつつ最適な解決方法を探る。(2015/12/9)

ホワイトペーパー:
昭和シェルグループの10年後を見据えた仮想化基盤構築を支えたハードウェア
昭和シェルビジネス&ITソリューションズは、SAPのバージョンアップのタイミングで仮想化基盤への移行を決定。サービス・レベルを維持しつつTCO削減と次世代を見据えた基盤構築を目指す同社の選択したアーキテクチャとは?(2015/10/23)

ホワイトペーパー:
今すぐできる仮想環境のTCO削減、vSphere環境で具体策を解説
企業のIT基盤を劇的に変化させてた仮想化だが、いまだ解決できない課題も多い。仮想環境のTCOをもっともっと削減するために、今IT部門が取り組むべき事項を解説する。(2015/10/16)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第23回 あるSoftware-Defined商談の失敗例
SDSやNFVは破壊的イノベーション。日本のITマネージャーが頭を悩ませるTCOの削減、いや新しい価値の創造に貢献できる技術です。しかし現実は……?(2015/8/14)

ホワイトペーパー:
売上高686億円を目指すクラウドサービス、そのコアとなるストレージの要件とは
世界中にクラウド事業を展開するOrange Business Servicesにとって、ストレージとデータの即応性は不可欠な要件だ。クラウド事業の年間売上高を5億ユーロ(約686億円)にするという果敢な目標のために既に35P(ペタ)バイトもの容量を利用し、WebインフラのTCOを50%削減したストレージとは?(2015/5/27)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
9つの導入事例で学ぶ「オールフラッシュストレージ」の実力とは?
「ダウンタイムを減らし迅速にサービスを提供したい」「TCOを削減しながら柔軟な開発環境を構築したい」などのニーズに応えるには、ストレージ性能の向上が重要だ。「オールフラッシュストレージ」の導入でサービスや業務の効率化を実現した9つの企業・公共機関の導入事例を紹介する。(2015/5/21)

スマートデバイス活用コストを再考する【後編】
“金食い虫”のiPhone、Androidスマホを一掃する3つのヒント
スマートフォンやタブレットといったモバイル活用のTCO(総所有コスト)を最適化し、投資対効果を最大限に引き出すにはどうすべきか。そのヒントを3つ紹介する。(2015/4/23)

スマートデバイス活用コストを再考する【前編】
「TCO」(総所有コスト)の本当の意味、正しく説明できますか?
企業がモバイル活用を進める際、IT部門は生産性やセキュリティの影響に目を向ける。だが経営陣はそれらと同等か、それ以上にコストも重視する。経営陣との対話に備え、コストに関する基礎知識をおさらいしよう。(2015/4/22)

独自クラウドに取り組む足立区、VDI活用でTCOを10億円削減へ
2009年からプライベートクラウドの構築に取り組んできた東京都足立区。2014年度までに共通基盤化やデスクトップ仮想化などがほぼ完了し、2015年度から本格稼働する予定だ。(2015/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.