• 関連の記事

「ティム・クック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ティム・クック」に関する情報が集まったページです。

Marketing Dive:
「iOS 16」発表でマーケターがザワついた4つの注目アップデート
Appleが2022年秋に一般公開予定の「iOS 16」はマーケターにさまざまな恩恵をもたらすことになるだろう。具体的には……。(2022/7/29)

ティム・クック氏、イーロン・マスク氏、ドナルド・トランプ氏など、安倍元首相逝去にコメント
安倍晋三元首相が7月8日に銃撃され、亡くなったことを受け、多数の哀悼コメントが寄せられている。米国では、Appleのティム・クックCEOやTeslaおよびSpaceXのCEO、イーロン・マスク氏などがツイートした。バイデン大統領とオバマ元大統領はツイートで、トランプ前大統領はTruch Socialでそれぞれ哀悼の意を表した。(2022/7/9)

M2搭載の初号機、MacBook Pro 13インチは買いなのか?【先行レビュー】
M2世代になったApple Silicon、初の実機レビューは、13インチMacBook Pro。村上タクタ氏がその存在意義に切り込む。(2022/6/22)

WWDC22:
Appleのイベントで感じたリアルとアナログの適度なバランス そして日本の存在感
AppleのWWDC22がスタートした。2022年はオンラインだけでなく、一部の開発者やメディアなどが本社のApple Parkに招かれ、ハイブリッド形式で行われている。現地に飛んだ林信行氏が見たものとは?(2022/6/10)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」や「M2チップ」だけじゃない Appleが3年ぶりに世界中の開発者を集めて語った未来
抽選制ながらも約3年ぶり本社に開発者を招待して行われたAppleの「Worldwide Developer Conference 2022(WWDC22)」。今回は「Apple M2チップ」と、同チップを搭載する新しい「MacBook Air」「MacBook Pro(13インチ)」といったハードウェアの新製品も発表された。発表内容を見てみると、おぼろげながらもAppleが描く未来図が浮かんでくる。(2022/6/8)

Engadget日本版はなぜ終わったのか、最後の編集長・矢崎飛鳥氏に聞く(第1回) 「矢崎Engadget」はいかにして生まれたのか
Engadget日本版最後の編集長となった矢崎飛鳥さんと西田宗千佳さんとの対談を3回に分けてお届けする。今回はその第1回、(2022/5/18)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
マーク・ザッカーバーグ氏自身の“セキュリティコスト”がGAFAのトップの中で突出している件
MetaのCEOにかかる身辺警護のコストはAppleのティム・クック氏の何倍? 今後の仮想世界を牛耳るとされる大ボスは、世界で最も高価で盤石な保安体制を持つCEOになりそうです。(2022/4/25)

AppleのクックCEOが政策立案者とプライバシー・コミュニティーに訴えかけた未来
ワシントンD.C.で開催された「IAPP Global Privacy Summit 2022」において、Appleのティム・クックCEOが基調講演を行った。その模様を林信行氏がレポートする。(2022/4/13)

「IAPP Global Privacy Summit 2022」でティム・クックCEOが基調講演に登壇 日本時間4月12日22時15分〜
4月12日22時15分〜開催される「IAPP Global Privacy Summit 2022」において、Appleのティム・クックCEOが基調講演を行う。(2022/4/8)

石野純也のMobile Eye:
第2世代よりも“売れる条件”が整った「iPhone SE(第3世代)」 市場への影響は?
約2年ぶりとなるiPhone SEの新モデルが3月18日に発売される。もともと同モデルは、過去に人気の高かったiPhoneの本体デザインをそのまま利用しつつ、中身、特にプロセッサを最新のiPhoneにそろえているのが特徴だった。約2年間売れ続けたロングセラーモデルだっただけに、第3世代にも期待が集まる。(2022/3/12)

色的にも意義的にも深みがある緑色――「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」の新色をじっくり眺める
3月18日、iPhone 13シリーズとiPhone 13 Proシリーズに「緑色」が追加される。緑色と聞くと、一見地味な印象も受ける。しかし、林信行氏によると、実物を見ると印象が大きく変わるという。どういうことなのだろうか?(2022/3/11)

これまでの限界を打ち破る! 作り込まれた「Apple Event」で感じた新たな息吹
Appleが3月8日(米国太平洋時間)に行ったスペシャルイベントでは、iPhoneやiPad Airシリーズの新モデルに加え、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表もなされた。林信行氏が同イベントを読み解いた。(2022/3/10)

Apple TV+で米メジャーリーグの金曜の2試合を独占配信 日本でも
Appleは、MLBとの提携で毎週金曜の2試合を「Apple TV+」で独占配信すると発表した。この「Friday Night Baseball」は日本でも提供する。期間限定でサブスクなしでも視聴できるようになる見込み。(2022/3/9)

Apple TV+でメジャーリーグ観戦が可能に 週に1度のダブルヘッダー「Friday Night Baseball」、日本でも
AppleとMLBは、週に1度のダブルヘッダーと試合前後のライブショーを配信する「Friday Night Baseball」を発表した。(2022/3/9)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Appleの「最高峰を解禁」ってどんな製品が出るの? 3月9日の発表会予想をまとめてみた
日本時間3月9日午前3時から開催予定のApple「Peek performance.」イベント。長年Appleユーザーの記者2人が発表内容についていろいろ語りました。(2022/3/4)

ウクライナから世界のIT大手にロシア対策を要請するフェドロフ副首相はどんな人?
ロシアによるウクライナ侵攻中、Appleはロシアでの製品販売を中止し、イーロン・マスク氏はウクライナにStarlinkのアンテナを送った。すべてはウクライナのフェドロフ副首相のツイートから始まったことだ。ゼレンスキー政権の若手である同氏は、どんな人物なのだろう。(2022/3/3)

Apple、ロシアでの製品販売を停止
ウクライナの副首相からロシアでのサービス停止を要請されていたAppleがロシアでの製品販売を停止した。Webサイトは生きているが、購入ボタンを押すと「停止中」と表示される。(2022/3/2)

ウクライナ副首相、AppleやGoogleにロシアでのサービス停止を、マスク氏にはStarlinkを要請
ロシアに侵攻されたウクライナのミハイロ・フェドロフ副首相は、Apple、Google、Netflix、SpaceXなど、IT大手にウクライナ支援を求めたとツイートした。YouTubeはロシア国営メディアの収益化を停止し、SpaceXのイーロン・マスクCEOはStarlinkによる衛星ブロードバンドの提供を約束した。(2022/2/27)

Marketing Dive:
Appleの広告規制でFacebookは撃沈 一方、Apple自身の広告事業は?
iOSにおけるプライバシーポリシーの変更はFacebookなど他のデジタルプラットフォームの広告パフォーマンスに影響を与えている。一方、Apple自身の広告事業は着々と成長している。(2022/2/25)

2月1日にGoogleで「旧正月」を検索すると……
太陰暦の正月、旧正月の2月1日にGoogle検索で「旧正月」を検索すると、検索結果ページに花火が上がる。開いた花火は干支のトラの顔だ。(2022/2/1)

「テスラ一強」も今のうち?:
ソニーも参入を発表した群雄割拠のEV市場 勝つのは古豪か、新参者か、よそ者か
CESでEV市場への本格参入を発表したソニー。同市場には「古豪」の自動車メーカー、「新参者」のEV専業メーカー、そして「よそ者」とも呼べるIT企業が入り乱れ、昨今の「テスラ一強」もそう長くは続かない可能性がある。果たして勝つのはどこなのか(2022/1/31)

CIO Dive:
ビッグテック企業にならえ GAFAMのハイブリッドワーク戦略をまとめてみた
近年、オフィスワークとテレワークを使い分けるハイブリッドワークに注目が集まっている。GAFAMのような大企業はこれに向けてどのような準備を進めているのだろうか。5社の動向をまとめた。(2022/1/19)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大りんごと姫りんご? 「Apple to Apple」とは言えない格差がさらに拡大中。(2022/1/17)

Apple、オフィス勤務再開を延期 新型コロナウイルス感染拡大を受け
「われわれはハイブリッドワークの試験運用開始を無期限延期にする」とティム・クックCEOは述べたという。(2021/12/20)

部品の供給難の中:
Appleの2021年Q3売上高が過去最高に
Appleの2021年第3四半期(7〜9月期)における売上高が、過去最高を記録した。半導体供給不足が続く中、スマートフォン出荷台数が全体的に減少しているにもかかわらずだ。(2021/11/30)

新たなる表現者の出番を待つ:
ノートとしてMaxな性能を持つ新型MacBook Pro その速さの秘密に迫る
Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)に行ったスペシャルイベントでは、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表が行われた。その内容を林信行氏が読み解いた。(2021/10/21)

M1 MaxとM1 Pro搭載:
16インチと14インチのMacBook Proが10月26日に発売 革新と復活を両立
Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)、スペシャルイベントを開催し新型MacBook Proを発表、10月26日から販売を開始する。価格は14インチモデルが税込み23万9800円から、16インチモデルが29万9800円からだ。(2021/10/19)

スティーブ・ジョブズ没後10年 Appleの隆盛を支えた「ジョブズとクック」が成し遂げたこと
Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズが亡くなって10年がたとうとしている。改めて「スティーブ・ジョブズとティム・クック」について、西田宗千佳さんが分析する。(2021/9/30)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
クックCEOがウェイボ投稿、iPhone 13が中国で大人気の理由
アップルが9月14日、iPhone 13シリーズを発表した。同社にとって中国の重要性はマーケット、生産拠点の両面で年々高まり、今年第3四半期の売上高に占める中国の割合は18%に達した。「新規性がない」との声も多かったiPhone 13だが、予約開始時にはオンラインストアが一時ダウンし、予想以上の好調を見せている。(2021/9/23)

iPadにApple WatchからiPhone 13まで:
Apple秋の新製品に共通する“掘り下げると深い”魅力
Appleから、iPhone 13シリーズを筆頭に新型iPadとiPad mini、さらにApple Watch Series 7と秋の新製品が相次いで発表された。それらに隠された真の魅力を、林信行氏がウオッチした。(2021/9/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか
Appleが「iPhone 13」シリーズを発表。販売台数でいえば、メインはProではない無印の「iPhone 13」だが、注目はやはり「iPhone 13 Pro」におけるカメラ機能の大幅進化だ。今回のモデルチェンジで大型のプロ用カメラにどこまで近づけたのだろうか。(2021/9/15)

Gartner、IDCに聞く「半導体不足がPC市場に与える影響」【後編】
「Windows」PCが「Mac」並みの“高級品”ばかりになり得る切実な事情
部品価格の高騰を完成品価格に反映させない――。製造業のこうした企業努力には限界がある。PCベンダーも同様だ。半導体品薄に直面するPCベンダーが、製品価格の値上げという苦渋の選択をせざるを得ない理由とは。(2021/9/5)

「Apple Watchで命を救われた」メールを喜ぶAppleティム・クックCEO
Appleティム・クックCEOの最新インタビュー。朝のルーティンからAI、VR、プライバシーまで語っている。(2021/8/24)

イーロン・マスク氏の伝記を「スティーブ・ジョブズ」のアイザックソンが執筆中
故スティーブ・ジョブズ氏が唯一認めた伝記作家として知られるウォルター・アイザックソン氏が、イーロン・マスク氏の伝記を執筆中だと、マスク氏がツイートした。既に数日取材を受けたとも。(2021/8/6)

経営者・平井一夫氏はソニーをどう復活させたのか 15年追ってきた記者が『ソニー再生』を読む
長年ソニーを追ってきた西田宗千佳さんによる経営者・平井一夫論。(2021/7/27)

86歳プログラマーに教わる“Excelお絵描き” 小学生向けオンライン教室が夏開催
米Appleの「WWDC 2017」でも紹介された86歳のプログラマー、若宮正子さんに、Excelを使ったお絵描きを教わる小学生向けオンライン教室が開催される。Excelで作った和柄の紋様を使い、オリジナルのうちわを作成するという。(2021/7/13)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【後編】
iOS新プライバシーは「Apple広告優遇のため」とFacebookが懸念 Appleの見解は
「iOS 14.5」の新しいプライバシー保護設定に、Facebookが懸念を示している。それはなぜなのか。その懸念は妥当なのか。Appleの言い分も踏まえて考える。(2021/6/28)

iPhone 30は? Apple Carは?:
Appleのティム・クックCEOが「VivaTech 2021」で語った注目する技術と未来の方向性
フランスのテクノロジーイベント「VivaTech 2021」が6月16日(現地時間)に開幕し、Apple CEOのティム・クック氏が登壇した。そこで語られた内容を林信行氏がレポートする。(2021/6/18)

石野純也のMobile Eye:
「コロナ禍への対応」「機械学習の活用」「デバイス連携の深化」――3つのキーワードで見るAppleの新OS
AppleがWWDC21でiOS、iPadOS、watchOS、macOSの最新バージョンを披露した。最大公約数のキーワードになりそうなのが、「コロナ禍」「機械学習」「デバイス連携」。ホーム画面を刷新してウィジェットに対応したiOS 14ほどの大規模なアップデートではなかったが、どのOSも着実に進化している。(2021/6/12)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した情報操作の未来
Appleが開催した開発者向けイベント「WWDC21」。そこから見えてくるものを五つの視点で林信行氏が振り返る。(2021/6/11)

Apple基調講演の“主演俳優”、クレイグ・フェデリギ上級副社長にFaceTimeインタビューして分かった「集中」と「境界線」
ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんが、Appleの人気副社長、クレイグ・フェデリギ氏とFaceTimeで1on1した。(2021/6/11)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
WWDC21で新ハードウェアは出なくとも「Apple Siliconが戦略の中心」と感じた理由
Appleの開発者会議「WWDC」が今年も開催。新ハードウェアや新チップの発表はなかったが、各OSのアップデートや連携の強化といった全体を見渡してみると、やはりApple Siliconが戦略の中心にあると感じられた。(2021/6/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
M1搭載「iPad Pro」の本領発揮はまだ先か 新旧モデルを使い比べて分かった現状の実力と秘めた可能性
Apple M1搭載の「iPad Pro」を試用した。イラストレーターとともに12.9型モデルの実機を使ってみたところ、現時点でも従来機に比べて体感できる差があったが、その性能を生かしきるにはもう少し時間がかかりそうだ。AppleはiPad Proの未来をどの方向にかじ取りしていくのだろうか。(2021/6/7)

Apple、従業員に2021年9月から職場復帰を要請 週3日は出社
米国企業が出社にシフトを始めた。(2021/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
偏差値70! “いい会社”で働くために、「大卒」の学歴は必要なのか
大企業に就職するのであれば、大学を卒業したほうがいい――。多くの日本企業は「学歴」を重視しているが、米国はどうなのか。IT企業を中心に、動きがあって……。(2021/4/29)

Apple、米国の「回復と再建」のため5年で4300億ドル超の投資 新キャンパスも
Appleが向こう5年間で4300億ドル(約46兆円)以上の投資を米国で行うと発表した。米国内で次世代シリコン開発や5G改革を加速する。ノースカロライナ州に10億ドルで新キャンパスも建設する。(2021/4/27)

林信行視点で振り返るAppleイベント:
M1チップと新色で“時代の変化”を感じさせたApple新製品発表会を振り返る
Appleの発表会では、さまざまな新製品が登場した。それぞれの製品から見えてくるものを林信行氏が読み解いた。(2021/4/22)

Apple、4月最終週の「iOS 14.5」リリースでATTのトラッキング申請機能スタート
Appleが4月26日の週に「iOS 14.5」をリリースすると発表した。このアップデートで、かねて予告していた「AppTrackingTransparency」(ATT)を通じてのアプリでのトラッキング許可カードの表示が始まる。(2021/4/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ついにiMacとiPad Proも「M1」搭載 次のAppleシリコンMacはどうなるのか
Appleが独自チップ「M1」の搭載モデルを拡充。ボディーデザインを一新した「iMac」に加えて、これまでiPhone向けプロセッサを採用してきた「iPad Pro」にもM1を載せてきた。これらの新製品から期待される次世代Macの姿とは?(2021/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.