• 関連の記事

「ワークスタイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

在宅勤務なぜ半減?:
“とりあえず出社”求める愚 「テレワーク環境」を整えない会社に未来はないと思うワケ
コロナ禍で高まったテレワーク推進機運は、経団連の見直し提言もあり、実施率が下がっている。テレワーク環境が整っていなければ、ワークライフバランス環境で見劣りし、他社の後塵を拝することにもつながる。(2022/8/12)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
世界最強パスポートランキング2022年版発表 日本の順位は?
今回は、ビザなしで入国できる国の数をランキングで紹介しましょう。(2022/8/8)

PR:社会が求めるDXソリューションをSB C&Sがいち早く提供 その“先読み力”の源泉を読み解く
(2022/8/4)

Weekly Memo:
Googleのワークスタイルにみる「ニューノーマル時代の新しい働き方」とは
ニューノーマル時代の新しい働き方が今、関心の的となっている。キーワードは「ハイブリッドワーク」だが、それをどう“磨き上げる”か。Googleのワークスタイルから解き明かしたい。(2022/8/1)

シニアは本当に扱いにくい?:
ノジマやYKKは定年撤廃 シニアの戦力化が企業にもたらす恩恵とは?
少子高齢化が進む日本社会で、企業のシニア層の就業促進は待ったなしの課題となっている。シニアは「扱いにくい」とのイメージがひも付いているが、経験豊かなシニア層の雇用は企業にメリットももたらす。(2022/7/28)

どういう制度なのか:
日立の「週休3日」は誤解? 給与据え置きで“0時間勤務デー”もアリにした訳
2022年4月、「週休3日」に関する報道がにわかに盛り上がったのを覚えているだろうか。多くのメディアが、日立製作所やパナソニックホールディングスが週休3日を選べる制度を導入すると伝えていた。しかし、日立で勤務制度や休暇制度の設計を担当する赤井孝充氏は、同制度は「週休3日を目的にしたものではない」と話す。(2022/7/27)

賃料13万8000円から:
東京メトロが「自宅兼オフィス」の賃貸を開始 鉄道施設をリノベーション
東京メトロと東京メトロ都市開発は、鉄道施設をリノベーションしたSOHO型賃貸住宅「メトロステージ代々木上原」を9月上旬にオープンする。自宅で働く人が増える中、オフィスや作業スペースとしての機能を兼ねた住宅として、居住者を募る。(2022/7/26)

SaaS企業デスクツアー:
87億調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 10万の建設事業者を支えるSaaSが生まれる働き方
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、経営陣からエンジニアまで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は建設業界向けにSaaSを提供するスタートアップ・アンドパッドで働く人のデスク周りを探る。(2022/7/25)

満足度の高い勤怠管理システム 複雑な勤怠ルールに対応できるカスタマイズ性で人気の1位は【2022年7月版】
ユーザー満足度の高い勤怠管理システムはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/7/22)

新卒採用市場を占う試金石に:
「面接官の履歴書」学生に提示――デジタルハリウッドが新たな採用スタイル導入 狙いは?
企業の新卒採用といえば、応募する学生が履歴書を作成して企業に提出するのが一般的だ。そんな従来の在り方を覆す、新たな採用スタイルを取り始めた企業がある。大学事業などを手掛けるデジタルハリウッド(東京都千代田区)だ。学生だけでなく、面接官も履歴書を作成し、面接試験の数日前に学生に共有する。一体、どのような経緯から始めたのだろうか。(2022/7/20)

ワークスタイル4.0へ:
週3日や時短勤務に「後ろめたさ」を感じる理由 柔軟な働き方を実現するヒントとは?
働き方のニーズが多様化し、週3日勤務や時短勤務などのワークスタイルが生まれている。にもかかわらず、柔軟な働き方に「後ろめたさ」を抱いてしまうのはなぜなのか。(2022/7/14)

再開発:
新しい働き方・舟運を実現する延べ約55万m2の複合施設を東京・芝浦で開発、野村不動産
野村不動産と東日本旅客鉄道は、国家戦略特別区域計画の特定事業として推進している複合施設開発計画「芝浦プロジェクト」の詳細を2022年5月23日に発表した。(2022/7/12)

PR:老舗大企業の働き方改革を推進する女性リーダーに聞く ワークシフトの鍵はどこに?
(2022/7/13)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(101):
入館拒否や帰宅命令までしないと安全配慮義務違反になるんですね
個別面談し、業務も軽減し、医者との面談も行い、実家を訪問して治療方針の進言もしてきました。でも、従業員は病気になってしまいました。これ以上、どうすればよかったのでしょうか……。(2022/7/11)

教育プロセス全体の見直しを:
「インターンシップ」小手先のルール見直し アンフェアな就活モード“押しつけ”の現状
インターンシップを通して取得した学生情報を企業が広報・採用選考活動に活用することを可能にする政府のルール見直し。しかし、そもそもインターンシップは学生にとって仕事選びに有効な場になっているのだろうか。(2022/6/29)

原因不明の“重いネットワーク”を解消
テレワークのいらいらを解消する二本柱「通信最適化」「可視化」をかなえる方法
テレワークを導入した企業は、業務ツールの社内利用時とテレワーク時のパフォーマンス差に悩まされている。特に大容量のファイルを扱うときは深刻だ。利用者ごとにネットワークが異なる中、どうすればボトルネックを特定、解消できるのか。(2022/6/24)

PR:コンタクトセンターに蓄積された“顧客の声”、活用できていますか? 顧客ロイヤルティを高める「VOCデータ」という一手
現在はSNSやWebサイトの充実により、顧客は自ら大量の情報を取りに行くことができる。つまり、「代わりの商品やサービスはすぐに見つかる」「一度でも対応に不満があればいつでも乗り換えられる」という、サービス提供者側からするとシビアな状況だ。デジタルシフトが今後ますます進むと考えられる中で、顧客体験(CX)向上に努め、再購入比率や継続利用率を高めるためにはどうすればいいのか? CXのプロ集団に聞いた。(2022/7/5)

テクニカルライターの日常業務で検証
画像加工も難なくこなすノートPC「VersaPro UltraLite タイプVC」の実力は
ビジネスPC「VersaPro UltraLite タイプVC」の新モデルは、CPUの刷新によってどれほどの性能を発揮できるようになったのか。ベンチマークテストの結果や、テクニカルライターが実際に外出先で作業して実感した印象は。(2022/6/24)

一人一人に適したワークスタイルを再定義
働き方に選択肢を与える“ハイブリッドワーク” 実現の鍵は
テレワークが定着した企業におけるCOVID-19のパンデミック後の働き方について、新たな選択肢として注目すべきなのが「ハイブリッドワーク」だ。実現の鍵はどこにあるのか。エキスパートが語る。(2022/6/21)

Weekly Memo:
マルチクラウド時代のクラウドパートナーをどう選ぶべき?――セールスフォース、IIJ、JBSの新戦略から読み解く
マルチクラウド時代に向けて企業はどんなタイプのベンダーをクラウドパートナーに選ぶべきか。クラウドサービスベンダーのセールスフォースやネットワークサービスベンダーのIIJ、ITサービスベンダーのJBSが先週、相次いで発表したクラウド事業の新戦略から読み解きたい。(2022/6/20)

「ハイブリッドワーク」時代にあるべきオフィスの姿とは? 日本マイクロソフトがリニューアルした品川オフィスをオンラインで公開
日本マイクロソフトがオンラインイベント「ハイブリッドワーク2022」を開催した。このイベントの中で、リニューアルが完了した同社の品川オフィス(本社)の様子が初めて公開されたので紹介する。(2022/6/16)

コワーキングスペース付き賃貸マンション、三菱地所が展開 法人登記も可能に
三菱地所レジデンスはコワーキングスペースを併設した賃貸マンションを6月15日に竣工した。「職住一体型マンション」をうたい都内を中心にシリーズ展開する。(2022/6/15)

日本の雇用課題にメスを:
氷河期支援、正規30万人増めざす→実績は3万人 国の施策が機能しない根本的な矛盾とは?
政府が直近3年間で就職氷河期世代の正社員を30万人増やす目標を掲げていたが、実績はわずか3万人に留まる。政府の施策のどこに問題があるのか。(2022/6/15)

名古屋の新たなランドマーク:
名古屋・栄に約211メートルのシンボルタワー パルコや三菱地所などが着工
三菱地所、パルコ、日本郵政不動産、明治安田生命保険、中日新聞社の5社が、名古屋市中区錦三丁目において推進する「(仮称)錦三丁目25番街区計画」の新築工事について、7月1日に着工すると発表した。(2022/6/14)

Weekly Memo:
テレワーク一辺倒からどう変わる? 日本マイクロソフトが語る「ハイブリッドワーク」進化論
ニューノーマル時代の新たな働き方として注目される「ハイブリッドワーク」はこれからどう進化していくのか。日本マイクロソフトの考え方から解き明かしたい。(2022/6/13)

Tektronix 2シリーズMSO:
厚み4cm! “板状”のエントリーオシロスコープを発表
Tektronix(テクトロニクス)は2022年6月8日、厚み4cm、重さ1.8kgで小型、薄型、軽量を実現したミックスドシグナルオシロスコープの新製品「2シリーズMSO」を発表した。周波数帯域70MHzから500MHzをカバーするエントリークラスのオシロスコープとしての性能、機能を備えながら「どこにでも持ち運べる」というポータビリティを実現した。(2022/6/9)

新しいかじ取り役:
売り上げよりも営業利益 オラクル出身の「イトーキ社長」に聞く“オフィス3.0”の意義
社外から初めて次期社長としてイトーキに招聘されたのが3月に社長に就任した湊宏司氏だ。湊氏はIT大手の日本オラクルで最高執行責任者(COO)を務めていた。イトーキの新しいかじ取り役に、今後の方針を聞く。(2022/6/8)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
Box JapanのFY22は“絶好調”、ホワイトボードや電子署名で日本市場に注力
BoxはFY23の戦略説明会を開催し、そのなかで、「ワークスタイルの変化」「デジタルファーストへの移行」「サイバーセキュリティ対策」の3つのトレンドに応じた、今後の方向性を示す各種アップデートを示した。新機能では、2022年1月に施行した電帳法に対応する電子署名やテレワークが浸透したことを受けたクラウド上での仮想ホワイトボードなどを搭載する。(2022/6/7)

PR:ハイブリッドワークで注目のマウスコンピューター製PC マウス自身はどう使ってる?
(2022/6/6)

なぜ?:
よかれと思って導入「勤務間インターバル」が、“大きなお世話”になってしまう理由
なぜ、勤務間インターバルは“大きなお世話”な制度になってしまうのでしょうか。勤務インターバルとは何か、運用方法と合わせて解説します。(2022/6/3)

“ゆるいマネジメント”からの脱却へ:
社員に「空気読ませる」のはNG テレワーク時代に求められるマネジメントとは?
コロナ禍に伴うテレワークの定着で、チームマネジメントの在り方に変化が求められている。社員が成果を発揮するために必要なマネジメントの3つのポイントとは――。(2022/5/30)

PR:「24時間、戦え――ません」! 変わる日本の労働観と今必要な「新しい就業管理」体制を勤怠管理のプロに聞く
働き方が大きく変わる中で、企業もまた、かつて常態化していたハードワークを見直すべき段階にきている。リモートワークとオフィスワークが混在するハイブリッドワークが推奨される今、顔が見えない従業員の勤怠管理をどう「健全に」保てばいいのか? 勤怠管理システム開発を続けて35年、クロノスに聞いた。(2022/5/20)

損保ジャパン、「出社したいオフィス」に 仕事内容や気分でフロア選択
低層階に1人用ブースやアイデア創出スペースを取り入れるなど、出社しがいのあるオフィスは生産性向上につながっているといい、導入フロアを増やしていく。(2022/5/17)

PR:インテル×日本HPが思い描くビジネスノートPCの近未来像 本田雅一氏が両社に聞く
(2022/5/23)

公立小中学校教員の「6人に1人」が経験:
日本でいまだに横行する「勤怠記録の改ざん」「サービス残業」 不正行為を生み出す支配従属型組織とは
20〜50代で公立小中学校の教員として勤める人の6人に1人が勤務記録の改ざんを求められたことがあるという衝撃のニュースが明らかになった。なぜ、いまだにこうした不正が行われるのか。(2022/5/11)

Weekly Memo:
もう元には戻らない、これからの働き方とは――Zoom日本法人の「働き方改革」イベントから読み解く
ニューノーマルの働き方は、また元に戻るのか、それとも進化するのか。Zoom日本法人が開催した初イベント「働き方改革サミット」の内容を基に考察したい。(2022/5/2)

PR:激変するワークスタイル 変化を乗り切るためにインテル「Evo vProプラットフォーム」という確かな選択肢
(2022/4/26)

PR:「柔軟な働き方」の裏で“電話応対”の在宅化が置き去りに? 自宅にいながら会社の電話を取る方法を、そろそろ真剣に考えたい
「ハイブリッドワーク」という新しい働き方が広まろうとしているその裏で、置き去りにされがちなのが「会社の代表電話にどう対応するか」という問題である。社用携帯電話を配るか、交代で電話番を設けるか――選択肢はさまざまだが、果たしてそれらは本当に、“新しい時代”に適した手段なのだろうか?(2022/4/28)

厚労省でも検討開始:
タブー視されがちな「解雇無効時の金銭解決ルール」 働き手にとってもメリットがありそうなワケ
これまで立場の弱いとされる働き手を保護する観点から、なかなか整備が進まなかった「解雇の金銭解決」。ここに来て厚労省で整備の動きが出てきている。タブー視されがちな制度がなぜ、今?(2022/4/27)

プロジェクト:
血液認証装置導入の家具家電付き賃貸マンションが大阪府で着工、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは、大阪府吹田市江坂1丁目で開発を進めていた賃貸マンション「ザ・パークハビオ 江坂公園」が着工したことを公表した。ザ・パークハビオ 江坂公園は、三菱地所レジデンスで初めて血液認証装置を導入し、入居者が鍵を持たなくても指だけでエントランスや各住戸、宅配ロッカーを開けられるようにする。また、開発地の江坂は転勤者が多いエリアとして知られており、ザ・パークハビオ 江坂公園も転勤者や単身赴任者からのニーズが見込まれている。(2022/4/26)

ユニクロ、即完売した「3WAY スマートバッグ」を再販 価格や薄さがSNSで話題に
ユニクロは、SNSで話題となり即完売した「3WAY スマートバッグ」(2990円)の再販を4月11日から開始した。(2022/4/11)

アンコンシャス・バイアスにご用心:
法改正でもまだまだ道半ば? 男性育休促進を阻む「エセ女性活躍推進」の正体
男性も育休を取得すべき――これまでは女性が取得するものど思われがちだった中、社会の変化や法改正もあり、徐々に高まる男性育休の機運。一方で、まだまだ道半ばともいえそうだ。その背景に「エセ女性活躍推進」があると筆者は指摘する。(2022/4/8)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
三菱地所が東京・千代田区でスタートアップ向けオフィスを開業、曜日貸しに対応
三菱地所は、東京都千代田区で、曜日貸しや共用部だけの利用に対応したサービスオフィス「TOKIWA BRIDGE」を2022年3月25日に開業した。(2022/4/7)

シリコンバレーから見た風景:
リモートと出社、どちらも快適にする「Envoy」でハイブリッドワークの生産性を高める
シリコンバレーの企業で導入され始めた、ハイブリッドワークのためのサービス「Envoy」について解説します。(2022/4/4)

全国に散らばる無線APを一元管理!:
PR:NTT西日本グループが提案する製造業DX 無線LAN環境を生かした「リモートファクトリー」のつくり方
西日本豪雨や東日本大震災、そして新型コロナウイルスなど、日本は今まで数々の有事に直面してきた。事前に予測できない非常事態に備える意味でも、デジタル技術を積極的に活用し、製造業DXを推進していくことは“ものづくり大国ニッポン”において急務である。多くの製造業が集中する西日本エリアの通信インフラを支える役割を持つNTT西日本グループ、NTTビジネスソリューションズに製造業DXにおける課題と解決策を聞いた。(2022/3/31)

その取り組み、「裏」があるかも:
霞が関でも導入 民間企業がよく使う「若手の声を聞く作戦」に潜む欺瞞
組織が抱える課題を打破するためによく使う「若手の声を聞く作戦」。もちろん、十分に活用できればメリットがあるが、その一方で“欺瞞”もあるようで……。(2022/3/31)

3つの課題:
リモートワーク手当を続けるのは危険?──制度の“当たり前”を疑え!
在宅での勤務環境の整備のため、「リモートワーク手当」を設ける企業は多い。しかし、この手当には「3つの課題」があるという。どんな課題なのか? 解決のために、何ができるのか? リモートワーク手当を見直したというREADYFORの担当者に話を聞いた。(2022/3/28)

PR:コロナ禍で浮き彫りになるコミュニケーション不足 新人研修やOJTを成功させる「仮想オフィス」の価値とは?
(2022/3/28)

もう境界型セキュリティでは守り切れない
事例で学ぶ、クラウド&テレワーク時代の「特権アクセス管理」
クラウド利用や社外で働くワークスタイルが一般化した昨今。セキュリティ脅威も巧妙化し、従来の境界型防御ではシステムの安全を守り切れなくなってきた。今必要な特権アクセス管理の考え方を、事例を通して紹介しよう。(2022/3/23)

Re-rent Residence押上:
“外泊すると家賃が下がる”賃貸 東急が東京・押上に第2弾
東急は3月16日、多拠点生活者向けの賃貸住宅「Re-rent Residence押上」(東京都墨田区)を開業した。(2022/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.