• 関連の記事

「アクセンチュア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクセンチュア」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
小売り、消費財、旅行商品の購入における「情報過多」の影響――アクセンチュア調査
消費者は意思決定にまつわる雑音に悩まされていますが、生成 AI が問題解決の鍵となりそうです。(2024/5/14)

PR:「セキュリティ」と「転職」に興味がある人に、アクセンチュアという選択肢 どんな環境でどんな人が働いている? 2人のキーパーソンに迫る
(2024/4/15)

“アクセンチュア流”画像生成AIの使い方 アドビと共同開発
アクセンチュアがアドビの画像生成AI「Adobe Firefly」を自社のサービスに組み込む。企業のマーケティングへの活用を想定しているようだ。何ができるようになるのだろうか。(2024/4/9)

コンテンツ作成プロセスを合理化:
アクセンチュアとアドビ、「Adobe Firefly」を活用した業界特化型の生成AIソリューションを共同開発
アクセンチュアとアドビは、20年以上にわたる協業体制を戦略的に強化して「Adobe Firefly」を活用した業界特化型のソリューションを共同開発し、コンテンツサプライチェーンのさらなる変革を支援すると発表した。(2024/4/5)

CIO Dive:
アクセンチュアが「アクセル全開」 顧客向けAIスキル向上支援を強化
AIスキル向上のためのトレーニングプログラムに投資する企業が増えている。AWSなどが独自のスキルアッププログラムを発表する中で、アクセンチュアは顧客のAIスキルアップを支援するための学習プラットフォーム買収計画を明らかにした。(2024/4/5)

生成AIは急務だけど…… 従業員と経営幹部それぞれが抱える懸念とは?
アクセンチュアは生成AIが企業に大きな影響を与えるとし業務プロセスの再設計や従業員体験の向上への活用拡大が急務であると最新レポートで公開した。経営幹部の多くは生成AIの重要性を認識しつつも課題に直面している。(2024/3/22)

スマートファクトリー:
アクセンチュアがMujinとの“結婚”で目指すもの、デジタルツイン実現へ関係深化
アクセンチュアとMujinは新たな合弁会社Accenture Alpha Automationに関する記者会見を開いた。(2024/2/16)

CIO Dive:
ついに「COBOL」からIT部門が“解放”される? アクセンチュアの報告書を読み解く
保守的なイメージの強い金融業界だが、アクセンチュアによると、実は銀行はAIの活用に向けて他業界よりも早く体制を整えているという。中でも、レガシーシステムに使われている「COBOL」の“解読”に向けた期待が高まっている。(2024/2/1)

PR:会津若松にアクセンチュアのイノベーション創出拠点、なぜ? 現地で見えた「東京じゃ経験できない」地方ビジネスの“今”
(2024/2/1)

Weekly Memo:
アクセンチュアが進める「デジタルツイン・エンタープライズ」とは何か? “ユーザー企業にとっての勘所”を探る
アクセンチュアが製造・物流企業の「デジタルツイン・エンタープライズ」の実現に向けた動きを起こした。これまでデジタル化が進んでいなかった製造・物流の領域を対象にして同社が掲げるデジタルツイン・エンタープライズとは何か。利用する企業にとっての勘所はどこにあるのか。新たな動きから探る。(2024/1/29)

PR:首都圏からUIJターン、ITコンサルに転職 仕事と生活はどう変わる? アクセンチュアの札幌拠点で働く人に聞いてみた
(2024/1/26)

76%が「生成AIは脅威ではなくチャンス」と捉えている:
88%の経営幹部が「2024年は2023年以上にテクノロジーの変化が加速する」と予測 アクセンチュアが調査
アクセンチュアは、企業の経営幹部を対象に実施した調査結果をまとめた「Pulse of Change:2024 Index」を発表した。経営幹部の88%は、2024年にはテクノロジーの変化が加速すると予測していることが分かった。(2024/1/19)

アクセンチュア、実証を重視する「生成AIスタジオ」を世界で拡大
生成AIの活用が本格化すると見られる2024年、アクセンチュアは、生成AIへの世界的なニーズの高まりに対応するため、日本を含むアジア太平洋・中南米地域の9カ国に生成AIスタジオを設立し、生成AIスタジオのネットワークの拡充を図る。(2024/1/12)

製造マネジメントニュース:
製造業のレジリエンス強化は「デジタル活用」と「地産地消」が鍵に
アクセンチュアは、「製造業におけるレジリエンス」に関するグローバルの調査結果を発表した。不安定な社会情勢では、地域内での調達と生産に加え、デジタル技術を活用した体制構築が重要だと解説している。(2023/12/25)

AIを取り巻くリスクとチャンス【後編】
「生成AI」はリスクなしでは育てられない? アクセンチュアのまとめ
生成AIの活用が広がるにつれて、その倫理的懸念やリスクに対処することが求められるようになった。企業は生成AIのリスクをどう捉えて対処しようとしているのか。アクセンチュアの寄稿を基に解説する。(2023/12/6)

CIO Dive:
アクセンチュアが生成AIスタジオの開設を発表 企業のユースケース創出を支援
生成AIをどのように活用すべきか、悩んでいる企業は多い。このような企業を支援する生成AIスタジオとは。(2023/12/11)

AIを取り巻くリスクとチャンス【前編】
アクセンチュアが考える「生成AI」の“リスク“こそ大切な理由
ビジネスにおいて生成AIを活用する動きが広がる中で、生成AIのリスクに適切に対処することが欠かせなくなりつつある。専門家が特に懸念する生成AIのリスクを解説する。(2023/11/30)

CIO Dive:
セールスフォースとアクセンチュアがクラウドサービスを発表 その特徴は
両社は生成AI提供に関するパートナーシップを活用し、新たなクラウドサービスを発表した。IT化が遅れている業界を救えるのか。(2023/12/6)

アクセンチュアやデロイトに頼らず自動化を実現せよ InforがEnterprise Automationを発表
InforがRPA実装を支援するサービス「Enterprise Automation」と、開発統合環境「Infor Developer Portal」を発表した。(2023/11/29)

Weekly Memo:
生成AI活用時代 「業務システムへの組み込み」以外の効果をアクセンチュアが提言
「ChatGPT」の登場で大いに注目を集めている生成AIが、さまざまな業務システムに組み込まれるようになってきた。これからは単なる業務システムにおける利用だけではない、企業活動への導入効果が期待される。それは何か。また、生成AIブームが私たちに問いかけているものとは。アクセンチュアの説明を基に考察したい。(2023/11/13)

「CEOはサイバー攻撃防衛に自信がない」:
44%のCEOは「サイバー攻撃は単発的な介入で対処可能」と思い込んでいる アクセンチュア
Accentureは、調査レポート「サイバーレジリエントCEO」を発表した。それによるとCEOの44%が、サイバーセキュリティに対して「継続的な監視ではなく単発的な介入で対処できる」と考えていた。(2023/11/7)

CEOの7割「サイバー攻撃への対応力に懸念」 セキュリティ意識と実態にギャップ アクセンチュア調査
企業のCEOのうち7割超は、自社のサイバーセキュリティに懸念を持っている──アクセンチュアがこんな調査結果を発表した。サイバー攻撃による損害を回避するか最小限に抑えるために、自社が十分な能力を有しているかCEO1000人に聞いたところ、74%が対応力に懸念があると答えた。(2023/10/30)

セキュリティニュースアラート:
“デキるCEO”はセキュリティにどう取り組んでいるのか?――アクセンチュア調査
アクセンチュアは全世界のCEOに対して実施したサイバーセキュリティに関する調査結果を公表した。調査によると、CEOはサイバーセキュリティに対して誤った思い込みを持っているようだ。(2023/10/30)

アクセンチュアが定義した「サイバー・トランスフォーマー」とは何か
アクセンチュアは調査レポートの中で、先進的なセキュリティの取り組みをしている企業をサイバー・トランスフォーマーと定義し、その特徴を明らかにした。(2023/8/7)

96%が人材不足の解消に自動化が役立っていると回答:
サイバーセキュリティ先進企業はより効果的にDXを実現する アクセンチュア調査
アクセンチュアの「サイバーセキュリティレジリエンス最新レポート 2023」によると、サイバーセキュリティとビジネス目標の相関性が高い企業は、収益や市場シェア、顧客満足度などを向上させる可能性が、そうでない企業よりも18%高いことが分かった。(2023/8/7)

アクセンチュアのAI戦略【後編】
アクセンチュアが考える「生成AI」の衝撃 ビジネスにもたらす“革命”とは?
AI分野への投資を積極的に進めるAccenture。同社はジェネレーティブAI(生成AI)が社会にどのような影響を与えると考えるのか。(2023/8/3)

アクセンチュアのAI戦略【前編】
アクセンチュアが「AI人材」を“倍増”宣言した狙いとは?
Accentureは、AI事業に30億ドルを投じ、AI人材をこれまでの倍の人数である8万人に増やすという。同社のAI分野に対する見通しと、具体的な取り組み計画とは。(2023/7/27)

Weekly Memo:
アクセンチュアの提言から考察する 「どうすれば生成AIをうまく使いこなせるか」
生成AIはどうすればうまく使いこなせるようになるのか。アクセンチュアの年次調査レポートから探る。(2023/7/24)

オペレーションの成熟度が最高レベルの企業は9%:
「レジリエンスを強化したいなら、AIや自動化を身近なものにすべきだ」 アクセンチュアが提言
アクセンチュアは、調査レポート「企業オペレーションの再創造」を発表した。他のデジタル領域よりもAIへの投資を最優先事項だとした企業が73%を占め、前例のない環境下での業務オペレーションのレジリエンス強化が喫緊の課題となっている。(2023/7/24)

「オペレーションのレジリエンス強化にAI投資」が9割 Accenture調査
各国の企業トップの9割がAIでオペレーションのレジリエンスを強化したいと考えているという。ただし現段階で実践できている企業は意外と少ない。AI時代の企業はまず何に取り組むべきだろうか。(2023/7/21)

アクセンチュアがAI人材8万人を獲得、3大クラウドとAI分野で協業
アクセンチュアは今後3年間で8万人にまでAI人材を拡大する計画だ。人材育成や採用、企業買収も視野にいれる。併せて3大クラウドそれぞれとも協業を発表した。生成AIの企業利用は本格化するだろうか。(2023/7/14)

Weekly Memo:
DXで価値を生み続ける企業はどこが違う?――アクセンチュアが指摘する「6つの特徴」
不確実性が増す時代にDXで価値を生み出し続ける企業はどこが違うのか。アクセンチュアはこれらの企業の特徴として「6つの特徴」を指摘した。(2023/6/19)

生成AI(ジェネレーティブAI)とビジネス【後編】
アクセンチュアが指摘する「生成AI」の生かし方とDow Chemicalの先駆例
生成AIへの関心が高まる中、企業はこれからどのような技術に着目し、それをビジネスにどう取り入れればいいのか。ITコンサルティング企業Accentureが公開したレポートや、化学メーカーの例を基にして探る。(2023/6/19)

生成AI(ジェネレーティブAI)とビジネス【前編】
アクセンチュアが語る「生成AI」の他「基盤モデル」などの新技術が招く未来
生成AIが台頭する中で、世界の技術トレンドは今後どうなるのか。Accentureが2023年3月に公開した、先端技術に関するレポートを基に整理する。(2023/6/12)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアが時価総額上位25社に入る企業も行うTERを解説、日本企業の課題とは
アクセンチュアは「トータル・エンタープライズ・リインベンション(TER)」記者説明会を開催し、TERに基づいて高成長企業の特徴を紹介するとともに日本企業に必要な取り組みを提案した。(2023/6/9)

金融機関とFinTech【後編】
Accentureが取り組む「FinTech」の普及
住宅金融組合Nationwide Building Societyのクラウド移行を支援するAccenture。同社が支援する、決済システム刷新の取り組みを紹介する。(2023/5/16)

Weekly Memo:
アクセンチュアは「ジェネレーティブAI」をどう見るか 中小企業のための“健保”方式を提案してみた
今、話題沸騰の「ChatGPT」をはじめとするジェネレーティブAIは、ビジネス活用においてどんな可能性があるのか。一方で、リスクとその対策とは。アクセンチュアの説明から考察する。(2023/4/24)

営業経験者に人気の求人ランキング 2位はアクセンチュア、1位のIT関連企業は? OpenWork調べ
営業経験者が最も閲覧した求人はどの会社のものか──就職・転職口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークが調査。1位のIT関連企業は。(2023/4/17)

製造マネジメント インタビュー:
中小製造業のIT化は地域全体で推進を、コスト高と人材不足に効くソリューション
標準化されたITシステムを中小製造業に導入することで、地域全体のサプライチェーン連携を強化するプロジェクトが、福島県の会津地方で進んでいる。プロジェクトの中核を担うのが「CMEs」という中小企業向けの業務改革プラットフォームだ。取り組みについて、アクセンチュアの担当者に話を聞いた。(2023/4/14)

メーカー幹部が語る「DXの全貌」【第2回】
元Accenture“すご腕”女性リーダーはなぜPepsiCoの「DX」を引き受けたのか
世界各国で食品や飲料品の事業を手掛けるPepsiCo。同社のDXを率いる女性リーダーが、業務を引き受けるきっかけとなった出会いとは。(2023/4/12)

『Accenture Technology Vision 2023』を発表:
仮想現実、拡張現実の次は「共有現実」? Accentureが予測する新たな技術トレンドとは
Accentureは、世界の技術トレンドに関する調査レポート『Accenture Technology Vision 2023』を発表した。同社によると「主要な技術トレンドによって今後10年の間にデジタル空間と現実空間の垣根は取り払われていく」という。(2023/4/7)

経産省で情報漏えいの可能性 情報が外部から閲覧できる状態に システム改修で不備
経済産業省は、アクセンチュアに運用・保守を委託している「産業保安システム」で情報が漏えいした可能性があるとして謝罪した。同システムを利用した事業者の手続き履歴に関する情報が第三者から閲覧できる状態になっていた。(2023/3/27)

Google CloudとAccenture 小売業向けのクラウド技術活用の支援を拡大
Google CloudとAccentureは小売業向け技術を統合を統合すると発表。3つの新機能・利点があるが、本当により高い価値をユーザーに提供できるか。(2023/2/17)

相互運用性に関する調査レポートを発表:
IT予算を2〜4ポイント増やすだけで収益成長率が上がる企業の共通点とは アクセンチュア
アクセンチュアは、調査レポート「解き放たれる価値:相互運用性が抜本的な成長をもたらす」を発表した。それによると「相互運用性」が高い企業は、低い企業と比べて6倍速く収益成長することが分かった。(2023/2/3)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアがデータサイエンス企業のALBERTを買収
アクセンチュアは、ALBERTの買収に向けた、公開買い付けが成立したことを発表した。手続きの完了をもって、ALBERTは同社の子会社となる。(2022/12/9)

24年卒6000人にアンケート:
キャリアステップが多様な企業 2位「サイバーエージェント」、1位は?
揚羽は、2024年卒業予定の大学生を対象に「企業ブランドイメージ調査」を実施し、約6000件の回答を得た。「多様なキャリアステップが整備されている企業」を尋ねたところ、総合コンサルティング会社の「アクセンチュア」がトップとなった。(2022/11/25)

NTTドコモがWeb3に本気 今後の取り組みと戦略を聞いた
日本企業のWeb3業界への参入が相次いでいる。NTTドコモはアクセンチュアとWeb3の普及および社会実装の加速に向けて連携することを発表したが、具体的に何に取り組むのか。他社との差別化はどのようにして行うのか。また、NTTドコモが考えるWeb3普及の課題と、その解決策を聞いた。(2022/11/10)

ドコモ、Web3に本腰 最大6000億円投資へ 2023年度に新会社設立
NTTドコモは、Web3事業に対し最大6000億円投資する。同日には、国内外でWeb3プロジェクトの実績があるアクセンチュアとの提携を発表。同社は10月にも日本発のパブリックチェーンを開発するAstar Networkと提携しており、3社でWeb3事業を推進する。(2022/11/8)

AI技術を用いた画像分析【後編】
DellやAccentureが作る「サンゴ礁を守るAI」の実力は
サンゴ礁の保全活動に取り組むオーストラリアの環境保全団体は、DellやAccentureなどの企業と協力し、「深層学習」や「コンピュータビジョン」といったAI技術を活用する。その具体的な中身とは。(2022/10/24)

ITエンジニアが最も閲覧した求人は? 3位はセールスフォース、2位はアクセンチュア 1位は? OpenWork調べ
2022年度上半期(4月〜9月)にITエンジニア経験のあるユーザーが最も閲覧した求人は何か。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが調査した。(2022/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.