「人工知能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人工知能」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造業IoT:
ノキアがローカル5Gラボを開設、試験やPoCなどを推進する「LaaS」の拠点に
ノキアソリューションズ&ネットワークスは、東京・六本木ヒルズの本社内にある先端技術センター(ATC)においてローカル5G実験試験局免許を取得し、ローカル5Gラボとしてリニューアルすることを発表。顧客やパートナーとともに実機を用いたローカル5Gの試験やPoC、ソリューション開発を推進するLaaS(Lab as a Service)の拠点となる。(2022/5/13)

ノーコードでデータを前処理 ソニーネットワークコミュニケーションズが「データ準備機能」を提供開始
ソニーネットワークコミュニケーションズは、予測分析ツール「Prediction One」で、データの加工や成形などを行う「データ準備機能」の提供を開始する。AIモデルを作成するために必要なデータの前処理をノーコードで実施する。(2022/5/13)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

AI:
ゼネコン21社とPLTが“配筋検査システム”を2023年度に実用化、検査時間を6割減
プライム ライフ テクノロジーズとゼネコン21社は共同で、AIを活用した配筋検査を省力化する技術開発を進めている。2022年度内にも現場での実証を行い、2023年度の実用化後には、参画社以外のゼネコンにも提供していく。(2022/5/12)

Marketing Dive:
メタバースネイティブとしての「α世代」 攻略の鍵は?
「α世代」は結局のところ「Z世代」以前の世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこのコホート(世代)を理解する必要があるのか。α世代攻略が生死を分ける3つの産業を例に解説する(2022/5/12)

製造マネジメントニュース:
SCM事業の成長に向け“腹をくくった”パナソニック、株式上場で投資マネー獲得へ
パナソニック ホールディングス(パナソニックHD)は2022年5月11日、同日開催の取締役会で決定した、事業会社のパナソニック コネクトが展開するサプライチェーンマネジメント(SCM)事業の株式上場に向けた準備開始の狙いなどについて説明した。(2022/5/12)

サプライチェーン改革:
サプライチェーン強靭化のため、まずは現地・現物主義からの脱却を
新型コロナウイルス感染症に続き、ロシアとウクライナを巡る地政学的リスクなど、サプライチェーンに多大な影響を与える事象が続く中、製造業はどのように供給網のレジリエンス向上に取り組むべきか。現状と展望について、Anaplanジャパン 社長執行役員の中田淳氏に話を聞いた。(2022/5/12)

メカ設計ニュース:
裸眼3D立体視が可能なノートPCの受注生産を開始
日本エイサーは、裸眼で3D立体視ができるノートPC「ConceptD 7 SpatialLabs Edition(CN715-73G-SL76Z)」の受注生産販売を開始した。3DメガネやVRゴーグルを使わずに、ノートPCだけで裸眼3D体験ができる。(2022/5/12)

最先端の文字認識でデータ入力を“ゼロ”化
いまだに残る紙の入力業務 現場が疲弊してしまう前に打つべき「次の一手」とは
コロナ禍でペーパーレス化が進んだとはいえ、紙書類が必要な業務は根強く残る。そんな中、AI OCRと人の目視確認を組み合わせたデータ入力を代行するサービスがリリースされた。手入力が当たり前の入力業務を根本から覆すその仕組みとは。(2022/5/12)

カフェや託児所……物流施設、イメージ一新の狙い
物流施設に近年、変化が訪れている。フィットネスジムやレストラン、託児所などを備え、休日にはイベントも開催される。(2022/5/11)

サステナビリティやESGに取り組まない企業は、消費者から見放される AIやテクノロジーの活用が鍵
日本オラクルの調査によると、日本企業のサステナビリティや社会問題への取り組みは「不十分」と考える人は9割を超え、そうした課題に積極的に取り組まない企業からは離職し、より重視する企業に転職したいと考える人は7割弱に及ぶことが分かった。(2022/5/11)

車載ソフトウェア:
デンソーのドライバー運転支援システムが採用したAI画像認識技術
モルフォとデンソーは、共同開発の高度運転支援システム向け画像認識技術を、デンソーのドライバー運転支援システム「Global Safety Package3」に採用した。AIを利用し、画像データから車両や歩行者などを検知する。(2022/5/11)

CIO Dive:
「えっ、データがない?」 ESG時代到来でCIOに求められる“新たな役割”
ESG戦略への関心が高まっているが、多くの企業は、投資家だけでなく規制当局からも要求されるデータを作成するためのシステムを備えていない。データ作成の白羽の矢が立ったのは、かつて「技術に詳しければ務まる」とされていたCIOだった。(2022/5/11)

医療機器ニュース:
AI技術と自動化機能を搭載した、日本発のCT装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、AI技術と自動化機能を搭載したCT装置「Revolution Ascend」を発売した。企画から開発まで日本チームが主導しており、国内ユーザーの声を多く取り入れた製品となる。(2022/5/11)

サードパーティーcookieの後継者【後編】
“脱サードパーティーcookie”を実現する「ターゲティング広告」3大手段
「Chrome」などの主要Webブラウザがサードパーティーcookieの利用を停止することを受け、企業はターゲティング広告を実現する手段を再考しなければいけなくなった。代替となる3つの手段とは何か。(2022/5/11)

「3分の2が身代金支払った」 サイバー攻撃、中小も対策強化を
サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃では、中小企業など防御策が手薄な企業から侵入され、関連する親会社や取引先の機密情報が盗まれるリスクが高まっている。コストがかかるため対策を講じられなかった中小もセキュリティ強化を図っている。(2022/5/10)

製造ITニュース:
製造業など各業界のベストプラクティスとAIを統合したソリューション
DataRobotは、製造や金融、ヘルスケア、小売など各産業向けのベストプラクティスとAI機能を統合し、業界向けのパートナーシップ拡大までを一体化した包括的ソリューション「DataRobot AI Cloud for Industries」を発表した。(2022/5/10)

DX投資のリターンを最大化  「ServiceNow Impact」を提供開始
ServiceNow Japanは、「ServiceNow Impact」の提供を開始する。AI活用で価値創出を図り、DX投資に期待する価値と実現される価値とのギャップなくす。(2022/5/10)

企業でのAI活用のニーズが高い領域に注目:
経済産業省が“企業のAI実装を疑似的に体験できる教材”の提供を開始
経済産業省は、教育機関や企業などに向けてAI人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供する。プログラミングやAIモデルの構築に加え、実際の企業のAI実装を疑似的に体験できる教材になっている。(2022/5/10)

RISC-Vへの注目が高まる中:
SiFiveとBrainChip、IP互換性の実現に向け協業へ
SiFiveとBrainChipはパートナー提携により、両社製IPの組み込みAI(人工知能)向けSoC(System on Chip)設計における互換性を実証していくことを明らかにした。(2022/5/9)

AIの成熟化を幅広い観点から分析:
スタンフォード大研究所、AI動向の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開
スタンフォード大学の研究所が、AIの進歩や影響に関する最新の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開した。(2022/5/9)

CAEニュース:
AI活用でクルマの空力解析の結果をわずか数分で予測できるアプリケーション
科学計算総合研究所は、自動車の空力シミュレーションの結果を高速に予測するアプリケーション「RICOS Lightning」を正式リリースした。同社独自のAIアルゴリズム「IsoGCN」を用い、これまで計算結果を得るまでに数日かかっていた自動車の空力シミュレーションを高速化し、高精度な予測結果が得られる。(2022/5/9)

ゼロトラストを超えていけ――IBMが日本市場に特化したセキュリティ施策を発表
日本IBMは新たなセキュリティ戦略として「Beyond Zero Trust」を打ち出した。「オーケストレーション」「インテリジェンス」「ローカライゼーション」という3つの要素に沿ったソリューション群を提供し、顧客のセキュリティ環境を保護する。(2022/5/10)

Metaが手掛けるスパコン開発【第3回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」が直面する環境と倫理の大問題
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、幾つかの問題を抱えていると専門家が指摘する。主な問題は「環境問題」と「倫理問題」だ。(2022/5/9)

攻めのITインフラ 「ありたい姿」をどう描くか:
PR:キンドリルジャパンはなぜハイブリッドクラウド時代にHPEと組むのか
ベンダーニュートラルな立場からあるべきITインフラ像を追求したとき、一体どのような姿になるのか。キンドリルジャパンとHPEのキーパーソンに、今構築すべきITインフラ像と両社の協業について聞いた。(2022/5/9)

MLPerfの推論スコア:
新興企業Syntiant、tinyMLベンチマークで圧勝
エンジニアリングコンソーシアムのMLCommonsが最近、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の推論(Inference)ラウンドのスコア結果を発表した。MLPerf Tinyでは、米国の新興企業Syntiantが、キーワードスポッティングのレイテンシとエネルギー消費量のベンチマークでトップの座を獲得している。一方NVIDIAとQualcommは、エッジ/データセンターのカテゴリーにおいて再び激しい争いを繰り広げた。(2022/5/6)

医療機器ニュース:
軽度認知障害からアルツハイマー病に進行するかを予測するAI技術を開発
富士フイルムは、アルツハイマー病への進行をAIで予測する技術を用いて、軽度認知障害患者が2年以内にADへ進行するかどうかを最大88%の精度で予測することに成功した。(2022/5/6)

メカ設計ニュース:
NCプログラム自動作成ソフトウェアを更新、ポケット形状や溝形状にも対応
中村留精密工業は、NCプログラムを自動で作成するソフトウェア「3D Smart Pro AI」をアップデートした。アップデートにより、底面にフィレットがあるポケット形状や溝形状などにも対応可能になった。(2022/5/6)

安全支える熟練の技:
日本屈指の平面交差 ポイントは41基も、近鉄大和西大寺駅
古都・奈良への玄関口につながる近鉄大和西大寺駅は、大阪難波や京都、橿原神宮前方面へと通じる一大ジャンクションだ。何本もの線路が立体ではなく平面で複雑に交差し、線路の分岐は計41基も。(2022/5/5)

新聞とテレビの接触データを連携:
読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

東京ガス、膨大なデータを自然言語で検索するAIサービスを導入 データ資産を最大活用
東京ガスは、アクセンチュアが提供するデータ資産の活用を支援する「AI Powered ナレッジシェアリング」を導入した。同ソリューションは企業が保有するデータの価値を引き出し、データドリブン経営を支援する。(2022/5/6)

IDCが予測:
企業におけるデータ処理の「変化」が背景に 高成長続く国内エッジインフラ市場
IDCは、国内のエッジインフラ市場の予測を発表した。2021年の支出額は、対前年比19.3%増の4056億円だった。2021〜2025年の年間平均成長率は9.9%で、2025年の支出額を5911億円と予測する。(2022/5/2)

Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)

PR:Wi-Fi 6対応で簡単に無線エリアを拡大! TP-Linkの高速メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」をおススメする理由
TP-Linkの最新メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」は、高速無線LANのWi-Fi 6への対応はもちろん、難しい知識なしで簡単にWi-Fiのエリアを広げることができる優れものだ。通信テストを交えつつ、その実力をチェックしていこう。(2022/5/2)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第7回):
自宅で宇宙を独り占め――日食も流星群も、惑星が並ぶ天文ショーも再現 “バーチャル星空観察”のススメ
流星群や日食、惑星が並ぶ現象など珍しい天文ショーを見逃すことは多々ある。そこで“バーチャル星空観察”をテーマに、自宅で夜空を満喫できるWebコンテンツを紹介する。(2022/4/30)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリン、新商品開発に活用
キリンビバレッジが、商品開発にAIを導入する。熟練開発者の思考パターンを基にした専用ツール「アセスメントAI」の開発に成功し、4月から試験運用を始めた。開発工程のDXで、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリンビバ、新商品開発に活用
開発工程のデジタルトランスフォーメーション(DX)で、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

医療機器ニュース:
AIによる画像処理技術を搭載した血管撮影システムの最上位機種
島津製作所は、画像処理エンジンにAIを搭載した、血管撮影システム「Trinias」の最上位機種を発売した。ディープラーニング技術を利用した画像処理技術などにより、透視によるX線被ばく量を40%以上削減した。(2022/4/28)

リコーとサイボウズが業務提携 「リコーブランド版kintone」(仮)で国内外でDX伴走型サポートを提供
リコーとサイボウズは、国内外での伴走型サポートによるDX推進を目的に業務提携に合意した。両社が共同開発する「リコーブランド版kintone」(仮称)をリコーが抱える国内外の顧客に提供する。(2022/4/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

AI:
墜落制止用器具フック不使用者を自動検知するAIモデルを構築・検証、奥村組ら
奥村組と日立ソリューションズは、画像認識AI(人工知能)技術を活用した墜落制止用器具(安全帯)のフック不使用者を自動検知するAIモデルを構築した。(2022/4/28)

CIO Dive:
5GやIoTへの投資、誰が決める? 米企業で経営陣が関与する「3つの理由」
Gartnerのレポートによれば、米国企業の半数以上が5GやIoT、AIといった先端技術への投資に関する重要な意思決定者として「取締役会」を挙げている。経営陣自らが関わる理由とは何か。(2022/4/28)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

組み込み開発ニュース:
最新コア「Cortex-M85」を採用、ArmがIoT機器開発期間短縮ソリューションを拡充
ArmがIoT機器の開発期間を大幅に短縮する包括的ソリューション「Arm Total Solutions for IoT」のラインアップを大幅に強化すると発表。同ソリューションの検証済み統合型サブシステム「Arm Corstone」に、新たなマイコン用プロセッサコア「Cortex-M85」を中核とする「Corstone-310」などを追加している。(2022/4/27)

宇宙開発:
アクセルスペースが小型衛星量産化へ、宇宙開発を地上のモノづくりに近づける
アクセルスペースは2022年4月26日、小型衛星の製造、運用、廃棄などに必要なプロセスをパッケージ化した「AxelLiner」を開始すると発表した。従来より、安価かつ高速な小型衛星の製造、サービスインを実現する。2023年後半に同サービスで製造した衛星の実証機を打ち上げる予定。(2022/4/27)

ドローン:
ウェザーニューズ、航空気象サービスに強風リスク予測と瞬間風速予測を追加
ウェザーニューズは、同社の航空気象サービス「FOSTER-GO」に強風リスク予測と瞬間風速予測を追加した。ドローンやヘリコプターの安全運航に寄与するものとなっている。(2022/4/27)

大企業はサービス事業者に何を求めている? IDCが国内DX支援サービスの需要動向を調査
IDCは、国内企業のDXを支援するITサービス/ビジネスサービスの需要動向調査の結果を発表した。同調査から、支援サービスの選択に当たって事業者に求められる能力が明らかになった。(2022/4/27)

ロボット開発ニュース:
ロボットの“付き添い”を不要化、フルリモートの自動配送サービス実現に前進
パナソニックは2022年4月15日、「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」域内で、保安要員なしでの小型低速ロボットを使った自動配送サービスの道路使用許可を取得したと発表した。(2022/4/28)

2022国際ロボット展レポート:
あの壊れないロボットが4足歩行のヤギに、力強い遠隔操縦ロボも――iREX2022サービスロボットレポート
コロナ禍を経て開催の時期や規模で影響を受けた「2012国際ロボット展(iREX2012)」。本稿では、サービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。4足のヤギ型ロボットで話題をさらった川崎重工業のヒューマノイドロボットや、本田技術研究所と人機一体の遠隔操縦ロボット、社会実装が進みつつある自動配送ロボットなどに注目が集まった。(2022/4/27)

Matterport Axis 体験レポート:
アイティメディアの受付エリアをiPhoneでサクッと3Dデジタルツイン化してみた
2022年4月に日本法人を設立したMatterport(マーターポート)。同社が提供するスマホ向けの空間3Dキャプチャーアプリ「Matterport Capture」と、間もなく国内での販売が開始されるモーター駆動式自動回転雲台「Matterport Axis」を用いて、アイティメディアの受付エリアの空間3Dキャプチャーを行ってみた。(2022/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.