• 関連の記事

「血圧」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「血圧」に関する情報が集まったページです。

フィリップスからコンパクトな家庭向けAED登場 9月9日「救急の日」に予約販売開始
自動セルフテスト・自動音声ガイダンス機能搭載で誰でも操作可能。(2021/9/8)

加藤綾菜、夫・加藤茶のために本格的な減塩料理をスタート 愛情たっぷりの姿勢に「カトちゃん幸せですね!」
愛する夫のため努力をいとわない綾菜さん。(2021/9/5)

新型コロナウイルスの「ワクチン接種」 副反応の有無、事前に準備してよかったものは?
新型コロナワクチン接種に関するアンケート結果が公開。実際にワクチンを接種した人を対象に、副反応の有無、事前に準備したもの、準備しておけばよかったものなどを聞いている。(2021/9/4)

第2子出産の光上せあら、ワクチン接種を報告 「疲労と寝不足が重なり副反応が強く出ました」
「あくまで私の場合」と強調した光上さん。(2021/9/3)

実家の落ち着く感じをフィギュア化!? リーメントぷちサンプルシリーズに「やっぱり実家はいいもんだ。」登場
座椅子やチラシで作ったゴミ箱など「実家あるある」が全8種。(2021/8/28)

Innovative Tech:
塩つぶサイズのチップを注射で埋め込み 超音波で電力供給と無線通信実現
超音波給電と通信を行うことで小型化を図った。(2021/8/26)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

舟山久美子、妊活中の検査結果にショック「骨年齢が60歳。。」 10代当時の過激ダイエットが原因に
無理なダイエットはダメ。(2021/8/17)

ワクチン接種でアナフィラキシー 体験談をユーモア交えて描いた漫画が反響呼ぶ
垣間見える医学系の人の職業病。(2021/8/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「睡眠8時間+8時間の断食」で、体重60キロが53キロ、体脂肪率17%が6.6%に
間歇的断食により、集中力の増加や認知機能の改善、肥満者における体重減少などの効果が期待できる。断食と聞くと難しく考えがちだが、大事なのは無理せず長く続けること。(2021/8/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
新型「Google Nest Hub」の睡眠モニター機能を1カ月使って分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。Googleの新型スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を使ってみた。(2021/7/13)

一般用医薬品の取り扱いも:
無印良品、店内に「まちの保健室」をオープン 健康領域に参入
無印良品を展開する良品計画は一般用医薬品の取り扱いを始めとした健康領域に参入する。第1弾として店内に「まちの保健室」をオープンする。狙いは?(2021/7/12)

“認知機能ケア”で市場創出なるか 食品大手でサプリやスマホアプリの開発相次ぐ
長寿社会の進行で認知症への関心が高まる中、大手食品メーカーが中高年をターゲットに、自社研究を基にした新成分による認知機能ケア食品を相次いで市場投入している。これに付随し、認知症の進行を確認する手段として、スマホアプリやゲームの開発が進んでいる。(2021/7/8)

コロナ禍2年目:
「マスク」や「うがい薬」はどうなった? 2021年上半期売れたものランキング
調査会社のインテージが、全国約6000店舗の小売店販売データ「SRI+」をもとに推定した「2021年上半期売れたものランキング」を発表した。(2021/7/1)

アナログICの生産体制を増強:
ミネベアミツミ、オムロン8インチ半導体工場/MEMS開発機能を取得へ
ミネベアミツミは2021年6月30日、子会社のミツミ電機を通じてオムロン野洲事業所内の半導体/MEMS工場および、MEMS製品開発機能を譲り受けることでオムロンと合意し契約を締結したと発表した。(2021/6/30)

「久しぶりに発作も起きた」 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中の“パニック障害”再発を告白
20代後半は発作の恐怖に怯える日々だったという広田さん。(2021/6/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

杉本彩、愛犬・でんじろうの旅立ちを報告 「息子のような存在」と愛犬に寄り添い悲痛な表情
杉本さん「でんじろうに出会えて、本当に、本当に幸せでした」(2021/6/15)

医療技術ニュース:
世界初の大規模国際共同研究で微小血管狭心症の実態を解明
東北大学を含む国際研究グループは、国際診断基準により微小血管狭心症と診断された世界7カ国の患者について、世界初となる前向きの国際共同登録研究を実施し、臨床的特徴や危険因子、長期予後などを明らかにした。(2021/6/15)

第一三共はデータ活用とデータガバナンスをどう実装? 製薬固有の課題とクラウド活用
大手製薬会社の第一三共は主力事業の大転換をきっかけに、データ分析基盤構築を本格化した。将来的にはデータの民主化も想定する。治験データなど配慮が求められるデータを多く扱う製薬会社のクラウド活用はどうなっているか。(2021/6/11)

全てに口出しされると実行しにくくなる:
「現実的に実行しやすい健康改善プラン」を提案するAIを開発 京都大学
京都大学大学院の奥野恭史教授らの研究グループは、健康診断結果に基づいて各個人に最適な健康改善プランを提案するAIを開発した。階層ベイズモデルと機械学習モデルを併用することで、実行しやすい健康改善プランの提案が可能になるという。(2021/6/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が誇る「トイレ」は人類を救う、本当か
海外に行くと「日本のトイレは清潔だなあ」と感じる人も多いかもしれないが、今後もトイレはどんどん「進化」しそうである。どんな製品が登場しそうかというと……。(2021/5/27)

スーパーシティ構想 危うさ潜む個人データ活用
AIやビッグデータを活用し、未来型の都市の実現を目指す「スーパーシティ」構想。大阪府など国の公募に応募している。しかし、運営には購買や移動履歴といったさまざまな個人情報の収集・活用が必要で、実現への課題になっている。(2021/5/11)

スーパーシティ構想 危うさ潜む個人データ活用 
 4月16日を期限として国が公募していた「スーパーシティ」構想に大阪府市が応募した。人工知能(AI)やビッグデータを活用し、未来型の都市の実現を目指す構想で、選定されれば国家戦略特区として独自の規制緩和が可能になる。ただ、スーパーシティの運営には購買や移動履歴、健康状態といった、さまざまな個人情報の収集・活用が必要で反発も予想される。実現へのハードルはけっして低くない。(黒川信雄)(2021/5/10)

次期Apple Watchは血圧、血糖値、アルコール検知もできる? 提携企業の技術資料で明らかに
英Rockley Photonicsの上場資料で明らかに。(2021/5/10)

健康管理アプリ「わたしムーヴ」終了でオムロンの一部体重計が使用不能に 理由は「初期設定時にサーバ接続が必須なため」
オムロンは自社サービスに対応する代替機種の割引販売で対応。(2021/4/22)

「わたしムーヴ」終了→オムロンの体重計、一部利用不能へ 買い換え案内にユーザー失望
「体重計が“サービス終了”するなんて」――オムロンのある告知に、ユーザーが困惑している。(2021/4/20)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国政府にEVシフトも内燃機関への投資も求める!? 自動車の業界団体
1週間おつかれさまでした。新年度がスタートしましたね。エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船が動き出しましたが、今度は台湾のTSMCの工場で火災が発生したようです。なぜこんなに良くない出来事が重なるのでしょうか……。(2021/4/3)

最高レベルの清潔さ:
トイレ界のスタバを目指す! 東南アジアに広がる「1回33円」の有料トイレ
タイやベトナムなどで、有料の公衆トイレが人気を集めている。運営しているのは、スイスの会社「ミスター・ルー」。1回33円の有料トイレはどんなところなのか。共同創業者の2人に話を聞いた。(2021/4/1)

Uber Eatsが家電デリバリーを開始 イヤフォンからビールサーバまで200点の商品をお届け
便利かも。(2021/3/25)

世界を「数字」で回してみよう(67)番外編:
【付録】あの医師がもっと伝えておきたい“9個の補足”
あの“轢断のシバタ”医師が、コロナワクチンについて伝えておきたい7つのこと。本稿は、その付録となります。(2021/3/22)

医療技術ニュース:
細胞は実体のない浸透圧変化を細胞内部で感知する
東京大学は、分子生物学・生化学的手法と計算機シミュレーション活用し、細胞が物理的実体のない浸透圧変化を、細胞内タンパク質の液―液相分離によって感知していることを明らかにした。(2021/3/22)

Innovative Tech:
センサーシールを皮膚に貼って「アルコール、カフェイン、ブドウ糖、乳酸、血圧、心拍数」を同時計測
超音波で血圧と心拍数をモニターし、その他は電気化学センサーで計測する、高機能なセンサーパッチ。(2021/3/20)

東芝 TCR5RG:
リップル圧縮度100dBの小型LDOレギュレーター
東芝デバイス&ストレージは、小型かつ低背のWCSP4Fパッケージを採用したLDOレギュレーター「TCR5RG」シリーズ45品種を発売した。100dBの高リップル圧縮度と低出力電圧ノイズ、高出力電圧精度により、電源ラインの出力安定化に寄与する。(2021/3/17)

調査レポート:
世界の建設向けIoT市場を調査、市場規模は2027年までに190億ドルに到達を予測
Report oceanは、世界における建設向けIoT市場の動向を調査し、マーケットの規模が2019年から2027年までに190億3980万ドルに達することを予測した。(2021/3/1)

現場安全対策と健康管理を支援する腕時計型端末の先行予約販売を開始
アイフォーカスは、現場安全対策と健康管理を支援する、リアルタイム体調管理ウェアラブルデバイス「AAASWatch(アースウォッチ)」の先行予約販売を開始した。(2021/2/24)

スマホアプリで体温管理 Bluetoothを搭載した予測式体温計「UT-201BLE Plus」
エー・アンド・デイはBluetooth通信機能を搭載し、スマホアプリで体温を管理できる予測式体温計「UT-201BLE Plus」を発売。測定した体温データは一覧化やグラフで管理でき、医療関係者や家族と共有することもできる。(2021/2/22)

「ドキドキしてテレビの前に正座します!!」 山口もえ、脳梗塞で休養の夫・田中裕二の仕事復帰を報告
ウーチャカおかえり!(2021/2/21)

命を守る腕時計、Apple Watch:
「Apple Watch Heart Study」で慶應義塾大学が医療発展への協力者を募集中
Apple Watchの「心電図」アプリが日本でも利用できるようになった。これが何を意味するのか、これまでの歩みとこれからについて、林信行氏が読み解いた。(2021/2/9)

大山加奈、切迫早産の可能性で急きょ入院 「やはり双子妊娠はそう甘くなかった」
後輩・木村沙織さんも応援。(2021/2/2)

医療ITニュースフラッシュ
医師に聞く、「オンライン診療」をやめざるを得ない“切実な理由”
顔認証を使った病棟への入室管理システムの導入事例やオンライン診療システムの新製品など、医療機関のIT活用に関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/31)

製造マネジメントニュース:
オムロンは売上総利益率が過去最高へ、ロボットとの統合制御機器で成長加速
オムロンは2021年1月27日、2021年3月期(2020年度)第3四半期の業績を発表するとともに、業績に大きく貢献する制御機器事業とヘルスケア事業の方向性について説明を行った。中国市場の期待以上の需要増とともに、制御機器事業のソリューションビジネス化、ヘルスケア事業の血圧計需要の増加などの好影響から、2020年度第3四半期(2020年4〜12月)は増益を実現し、通期見通しも上方修正を行っている。(2021/1/29)

「パパさんおかえり」「家族そろって嬉しい」 山口もえ、夫・田中裕二の退院を“愛情たっぷり”手料理で祝福
ウーチャカよかった……!(2021/1/28)

山口もえ、太田光代社長との“爆問妻”会議を報告 退院後のために手首式血圧計をプレゼント
ウーチャカの健康を守り隊。(2021/1/26)

Apple、日本でのApple Watch「心電図」機能を正式予告 Series 3以降で「不規則な心拍リズム」検出も
Appleからも正式なプレスリリースが出た。(2021/1/22)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルス患者の生体情報を隔離域外から確認するシステムを発売
コニカミノルタは、新型コロナウイルス感染症入院患者のSpO2などの測定値を、ベッドサイドからSub-GHz無線通信で送信し、隔離域外で一括管理する「生体情報モニタリングシステムVS1」を発売する。(2021/1/7)

「EXIT」がチャラ男封印の黒執事姿に 「HUNTER×HUNTER」PRの“丁寧すぎる”言い換えが伝わらなくてやばたにえん
逆に意味なくなるやつだ。(2021/1/6)

Apple Watchで心肺機能の通知が受信可能に watchOS 7.2で
Appleが12月15日に配信した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」では、心肺機能が低下したときに、Apple Watch上で通知を受けられるようになる。心肺機能が低くなると、心臓病、高血圧、肥満などを患うリスクが高まるという。心電図機能はまだ日本では利用できない。(2020/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.