• 関連の記事

「Bluetoothヘッドセット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Bluetoothヘッドセット」に関する情報が集まったページです。

重低音を増強するボタン付き ソニーがワイヤレススピーカーとワイヤレスヘッドフォン3機種を発売
ソニーは、4月26日から「ULT POWER SOUND」シリーズのスピーカー&ヘッドフォン3機種を順次発売。重低音を増強するULTボタンを搭載し、より迫力のある重低音を楽しめるという。(2024/4/17)

ベルキン、最大65時間再生可能なブームマイク搭載ワイヤレスヘッドセット発売 Amazonでオーディオ製品の30%オフセールも
ベルキンは、4月3日にワイヤレスヘッドセット「Belkin SoundForm Adaptワイヤレスオーバーイヤーヘッドセット」をAmazon限定で発売。4月9日まで本製品をはじめオーディオ製品が30%オフになるセールも開催する。(2024/4/4)

EMEET、耳をふさがないオープンイヤー型設計のワイヤレスヘッドセット
EMEETブランド(深セン壹秘技術)は、オープンイヤー型デザインを採用したBluetoothワイヤレスヘッドセット「AirFlow」を発表した。(2024/1/22)

Anker、軽量設計のBluetoothワイヤレスヘッドフォン「Soundcore H30i」
アンカー・ジャパンは、軽量コンパクト筐体を採用したBluetoothワイヤレスヘッドフォン「Soundcore H30i」の販売を開始した。(2024/1/16)

クリエイティブメディア、LC3plusコーデック対応の超低遅延ゲーミングワイヤレスヘッドセット
クリエイティブメディアは、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Sound Blaster GH7」を期間限定の特別価格にてオンラインで先行販売する。(2024/1/5)

100円ショップのガジェットを試す:
1100円のワイヤレスヘッドセットを試す 外見はしっかりしているが実力は?
110円〜1100円で購入できるデバイスを試す。今回はダイソーの「Bluetooth ヘッドセット」を試してみる。1100円で購入できる無線ヘッドセットで、値段相応の音質でそこそこの使いやすさだ。(2023/11/26)

100円ショップのガジェットを試す:
1100円のダイソー「完全ワイヤレスイヤホン」が意外と高機能でお値段以上だった
110円〜1100円程度で購入できるデバイスを試す。今回はダイソーのBluetoothイヤフォン「完全ワイヤレスイヤホン」を試してみる。1100円で購入できる上音質もそれなりに良好で、「今すぐイヤフォンが必要!」といった緊急の場合に取りあえず購入しておくのに向いている。(2023/11/25)

3万円でほぼ“全部入り” ゼンハイザーの新型ワイヤレスヘッドフォンに爆売れの予感
ゼンハイザーの「ACCENTUM(アクセンタム) Wireless」は同社製ワイヤレスヘッドフォンのエントリーモデル。その特徴を一言でまとめると「軽快さ」でした。(2023/10/30)

エレコム、周囲の音が聞こえやすい片耳タイプのBluetoothヘッドセット
エレコムは、片耳タイプのBluetoothヘッドセット「LBT-HSOH13BK」を発売する。(2023/10/10)

JBL、装着感を重視したノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、ノイズキャンセリング機能を搭載するBluetoothワイヤレスヘッドフォン「JBL LIVE770NC」を発表した。(2023/10/4)

JBL、パーソナライズ補正機能も利用可能なワイヤレスヘッドフォン「JBL TOUR ONE M2」
ハーマンインターナショナルは、高品位設計のワイヤレスヘッドフォン「JBL TOUR ONE M2」を発表した。(2023/9/14)

Shokz、軽量設計の骨伝導ワイヤレスヘッドセット
Shokzは、耳をふさがない骨伝導方式を採用したワイヤレスヘッドセット2製品「OpenComm2」「OpenComm2 UC」を発表した。(2023/9/4)

サンワ、充電クレードルが付属するBluetoothワイヤレスヘッドセット
サンワサプライは、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドセット「MM-BTMH67BK」を発売する。(2023/8/25)

オーディオテクニカ、71製品を価格改定 63%値上げする製品とは?
オーディオテクニカは2日、ワイヤレスヘッドフォンやマイクなど71製品の価格改定を発表した。値上げ幅は2%から63%と幅広い。16日から。(2023/5/2)

ゲオ、防水性能を強化した骨伝導ヘッドフォン IPX6対応で3278円
ゲオホールディングスは4月13日、ゲオストアにて骨伝導ワイヤレスヘッドフォン「GRFD-BCH BH330」を発売した。価格は3278円(税込み)。防水性能をIPX6へ強化し、充電時間も30分短縮した。(2023/4/13)

ソニー、ノイキャン搭載の軽量&小型ワイヤレスヘッドフォン「WF-C700N」発売
ソニーは、4月21日からワイヤレスヘッドフォン「WF-C700N」を発売。ノイズキャンセリング機能や自社開発ドライバーユニットを搭載し、IPX4相当の防滴性能や急速充電にも対応する。(2023/4/6)

デジタル耳せんなど4モードを備えたワイヤレスイヤフォン エレコムから7979円で発売
エレコムは、4月上旬にワイヤレスBluetoothヘッドフォンを発売。アクティブノイズキャンセリング、デジタル耳せん、低遅延、外音の4モードを搭載し、音質劣化の少ないAACコーデックに対応する。(2023/4/4)

JBL、最大57時間のワイヤレス駆動を実現したBluetoothワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドフォン「JBL TUNE 520BT」を発表した。(2023/3/7)

ゲオ限定ワイヤレスヘッドフォン、約2000円で発売 約45時間の連続再生が可能
ゲオストアは、ゲオ限定「ワイヤレスヘッドホン(GRND-BTHHZ005 BK)」を発売。2178円(税込み)ながら最大約45時間の連続再生や有線接続に対応し、コンパクトに折りたためる。(2023/2/3)

エレコム、装着感に優れる両耳タイプのBluetoothヘッドセット
エレコムは、オーバーヘッドタイプのBluetoothヘッドセット2製品を発表した。(2023/1/10)

ギークによるギークのための贈り物リスト【第3回】
Bluetoothイヤフォンで機内映画を楽しむにはギーク激推しの“あれ”を使うべし
パンデミックに伴う自粛期間を経て、対面活動が活発化し始めたことは、ギークへの贈り物を選ぶ際の重要な検討材料になる。ギークの空の旅を快適にする贈り物など、状況の変化を踏まえた贈り物の候補を紹介する。(2022/12/31)

Turtle Beach、48時間駆動に対応したワイヤレスヘッドセット「Stealth 600 Gen 2 MAX」
SB C&Sは、Turtle Beachブランド製ワイヤレスヘッドセット「Stealth 600 Gen 2 MAX」の取り扱いを発表した。(2022/10/25)

プリンストン、2.4GHzワイヤレスヘッドセット「UP-HS24WBK」を発売
プリンストンは、ゲーミングブランド「ULTRA PLUS」の、2.4GHzワイヤレスヘッドセット「UP-HS24WBK」を発売する。価格は1万1800円(税込み)。(2022/10/14)

ロジクール、カラバリ3色を用意したスタイリッシュなオンライン会議向けWebカメラ/ワイヤレスヘッドセット
ロジクールは、オンライン会議向けをうたったWebカメラ「BRIO 500」、ワイヤレスヘッドセット「ZONE VIBE 100」の2製品を発表した。(2022/10/7)

世界初「軟骨伝導」ヘッドフォン オーディオテクニカが発売 「ながら聴きの常識変える」
オーディオテクニカが軟骨電動技術を使ったワイヤレスヘッドフォンを発売。民生用として世界初という。(2022/10/7)

ベルキン、子供の耳を守るヘッドフォンを発売
ベルキンは、ワイヤレスヘッドフォン「Belkin SOUNDFORM Mini Wireless On-Ear Headphones for Kids」を8月9日よりAmazon.co.jpにて限定発売する。価格は2990円(税込み)。(2022/8/9)

エレコム、ノイキャン搭載ワイヤレスイヤフォンを発売 4つのモードを搭載
エレコムは、アクティブノイズキャンセリングモードなどシーンに合わせて使い分けられる4つのモードを搭載した完全ワイヤレスヘッドフォンを発売。片耳が約3.5gの軽量設計で、AACコーデックに対応する。(2022/7/27)

サンワ、折りたたみ機構を備えたBluetoothヘッドセット
サンワサプライは、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドセット「400-BTSH021BK」の販売を開始した。(2022/7/26)

ソニー、ノイキャン性能を引き上げた「WH-1000XM5」 独自チップ2基とマイク8個 通話性能も向上
ソニーは、アクティブノイズキャンセリングに対応した新型ワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を発表した。ソニーストアでは4万9500円で販売。5月27日に発売予定だ。(2022/5/13)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
ゲーム好きの漫画家がソニーのPS5専用ヘッドフォンからホリのネックスピーカーに乗り換えた話
ゲーム好き漫画家がソニーのワイヤレスヘッドフォン「PULSE 3D」からホリの「ワイヤードネックセット」に乗り換えた理由とは?(2022/5/7)

TP-Link製Bluetooth機器でMACアドレスが重複 「他社も同様」と説明 BUFFALO、IODATAは否定
Twitterで、TP-Link製Bluetoothレシーバー同士でMACレシーバーが重複していることが話題になった。同社はほとんどのブランドが同様の仕様になっているとしているが、バッファローやアイ・オー・データ機器などは重複する事はないとしている。(2022/4/13)

通話を自動録音できるヘッドセット「Neck Rec」 +Styleから
+Styleは、ハンズフリーのBluetoothヘッドセット「Neck Rec」を発売。レコーダー機能を内蔵し、自動通話録音機能で9999件の音声データ(MP3)を録音できる。(2022/4/7)

JBL、ノイズキャンセリング機能も備えた軽量設計のBluetoothワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドよりノイズキャンセリング機能搭載の軽量Bluetoothワイヤレスヘッドフォン「JBL TUNE 760NC」を発売する。(2022/3/10)

「Xperia Ear Duo」との関係は?:
「オンライン」と「リアル」がリンクする――ソニーが語る“耳をふさがない”ワイヤレスヘッドフォン誕生の背景
ソニーが2月25日、新型のワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds(リンクバッズ)」を発売する。その発表会で担当者が語ったことを交えつつ、この製品の特徴を解説する。(2022/2/16)

ソニーが新型ワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds」を2月25日に発売 耳をふさがないリング型ドライバーユニットを搭載
ソニーが新型ワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds」を発売する。耳をふさがないリング型ドライバーユニットを搭載し、AI学習したアルゴリズムで環境ノイズを抑えて装着者の声をクリアに抽出する。(2022/2/16)

Razer、ハローキティとコラボのゲーミングヘッドセットなど発売
ゲーミンググッズを手掛けるRazerがサンリオとのコラボで「ハローキティ」グッズを米国で発売した。耳とリボン付きBluetoothヘッドフォンやチェアなどだ。(2022/1/22)

【これポチ】深夜でもボリューム大でテレビが見放題! テレビとBluetoothイヤフォンを橋渡しするAnkerのトランスミッター
Ankerの「Soundsync」はBluetoothを受信する機能もあります。(2021/12/29)

発電するヘッドフォンが登場 ソーラーパネルで常時充電、80時間以上動作
エム・エス・シーは26日、ソーラーパネル搭載ワイヤレスヘッドフォン「urbanista LOS ANGELES」を発売した。価格は2万9480円(税込)。(2021/11/26)

ワイヤレスだけど開放型のヘッドフォン、オーテクが発売 「おうち時間に解放感を」
オーディオテクニカは4日、ワイヤレスヘッドフォンでは珍しいオープンエアー構造の「ATH-HL7BT」を発表した。コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたため。(2021/11/4)

オートペアリング対応の小型ワイヤレスヘッドフォン エレコムから
エレコムは、10月下旬に完全ワイヤレスヘッドフォン「LBT-TWS11」シリーズを発売。充電ケースを開ければ自動でペアリングする機能を備え、充電ケースを含めると合計で最大約12時間使用できる。(2021/10/19)

ソニーがワイヤレスヘッドフォン発売 1万円台の小型と2万円台のヘッドバンド型
ソニーは、小型の完全ワイヤレスヘッドフォン「WF-C500」をカラフルな4色展開で発売。ノイズキャンセリング性能を進化させたヘッドバンド型ワイヤレスヘッドフォン「WH-XB910N」も発売する。(2021/9/29)

Poly、高機能ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドセット
Polyは、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドセット「Voyager Focus 2」を発表した。(2021/9/29)

Nintendo SwitchがBluetoothイヤフォン対応 「神アプデ」と話題
ゲーム機「Nintendo Switch」をBluetoothオーディオに対応させるアップデートの配信を始めた。「神アプデ」と歓迎する声も多い。(2021/9/15)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(54):
1000円の製品とは“別世界”、ソニーの高級ワイヤレスイヤフォンを分解
ソニーが2021年6月に発売したばかりの高級ワイヤレスヘッドフォン「WF-1000XM4」を分解する。そこには、さまざまなショップで販売されている1000円前後のワイヤレスイヤフォンとは、全く違う世界が広がっていた――。(2021/8/6)

Bang & Olufsen、アダブティブANC機能を備えたフラグシップBluetoothイヤフォン「Beoplay EQ」
Bang & Olufsenは、同社初となるアダブティブ・アクティブノイズキャンセリング機構を搭載したBluetoothワイヤレスイヤフォン「Beoplay EQ」を発表した。(2021/7/29)

オーディオテクニカ、Bluetooth接続に対応した軽量ワイヤレスヘッドフォン
オーディオテクニカは、Bluetooth接続に対応した密閉型デザインのワイヤレスヘッドフォン「ATH-S220BT」を発売する。(2021/6/21)

BelkinがFind My対応の完全ワイヤレスBluetoothイヤフォン「SOUNDFORM Freedom」を発売
Belkin(ベルキン)が、サードパーティー製としては初めて「Find My」に対応する完全ワイヤレスイヤフォンを発売する。税込み実売価格は1万円程度ながら、ノイズキャンセル機能を備え、IPX5等級の防水性能も確保している。(2021/6/18)

Apple Musicのロスレスとハイレゾ、AirPodsでは再生できず AirPods ProもAirPods Maxも
AppleのロスレスオーディオはAirPodsなどワイヤレスヘッドフォンには対応しない。(2021/5/18)

新型コロナの影響でBluetooth市場は鈍化 その中でも成長した分野は?
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、Bluetoothデバイスの年間出荷台数は伸び悩んでいるが、堅調な成長を続けている。特にウェアラブルやスマートホーム分野は非常に好調だという。オーディオ分野ではBluetoothヘッドフォンが成長をけん引している。(2021/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.