「Bluetooth」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Bluetooth」に関する情報が集まったページです。

キヤノン、音質にこだわったライト付きBluetoothスピーカーを開発 クラウドファンディング実施
キヤノンは11日、新ジャンル商品としてBluetoothスピーカーに可動式のライトを組み込んだ「albos」(アルボス)のクラウドファンディングを始めた。応援購入は3万6000円(税込)から。(2022/5/11)

エレコム、“握りやすさ”を重視したBluetooth 5.0対応ワイヤレスマウス
エレコムは、5ボタン搭載Bluetoothワイヤレスマウス「EX-G」の新モデルを発表した。(2022/5/10)

TourBox、左手操作向け多機能デバイス「TourBox Elite」の国内販売を発表
米TourBox Techは、多機能設計のBluetooth接続対応デバイス「TourBox Elite」の国内販売を発表した。(2022/5/9)

「Android 13」の初パブリックβリリース Pixel端末にインストール可能に
Googleが次期モバイルOS「Android 13」のパブリックβを公開した。一部のPixelシリーズにインストールできる。Bluetooth LEオーディオや新しいプライバシー機能などを試せる。(2022/4/27)

ゲームにさらなる“没入感”を Razerがサブウーファー付きサウンドバー「Leviathan V2」を5月20日発売 約3.7万円
Razerのサウンドバー「Razer Leviathan(リヴァイアサン)」に第2世代が登場する。Windows 10/11 PCと接続した場合は空間サラウンド機能も利用可能で、先代と同様にBluetoothを介してスマホとの接続にも対応する。(2022/4/22)

置き方によってサウンドを最適化 ボーズがBluetoothスピーカーを発売
ボーズは4月21日、「Bose SoundLink Flex Bluetooth Speaker」を発売した。価格は1万9800円(税込み)。ボーズ独自のPositionIQ技術により、スピーカーの向きを検知し、音質を自動的に調整する。(2022/4/21)

Bang & OlufsenがIP57対応の完全ワイヤレスモデル「Beoplay EX」を投入
Bang & Olufsenは、同社初となるアダブティブ・アクティブノイズキャンセリング機構を搭載したBluetoothワイヤレスイヤフォンの5世代目となる新モデル「Beoplay EX」を発表した。(2022/4/15)

TP-Link製Bluetooth機器でMACアドレスが重複 「他社も同様」と説明 BUFFALO、IODATAは否定
Twitterで、TP-Link製Bluetoothレシーバー同士でMACレシーバーが重複していることが話題になった。同社はほとんどのブランドが同様の仕様になっているとしているが、バッファローやアイ・オー・データ機器などは重複する事はないとしている。(2022/4/13)

通話を自動録音できるヘッドセット「Neck Rec」 +Styleから
+Styleは、ハンズフリーのBluetoothヘッドセット「Neck Rec」を発売。レコーダー機能を内蔵し、自動通話録音機能で9999件の音声データ(MP3)を録音できる。(2022/4/7)

本体でAIノイズ低減するピンマイク「Razer Seiren BT」がすごい
Bluetoothピンマイクの「Razer Seiren BT」を購入した西田宗千佳さんがお気に入りのポイントを解説。(2022/4/4)

iPhone Tips:
iPhoneのバッテリー残量をスワイプせずに「パーセント表示」で見る方法
iPhoneのバッテリー情報は「コントロールセンター」でパーセント表示できるが、それをもっと見やすく、ホーム画面でも見られるようにしたい。そんなときは「バッテリー」のウィジェットを追加しよう。Bluetoothで接続したデバイスの情報も見られる。(2022/3/23)

組み込み開発ニュース:
BLE対応の小面積、低消費電力RFトランシーバー技術を開発
ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth Low Energyに対応した、2.4GHzのRFトランシーバー技術を発表した。広範囲にインピーダンスを変更できる整合回路技術と、キャリブレーション回路を不要にした基準信号自己補正回路技術を開発している。(2022/3/15)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが「Snapdragon Connect」を発表――5G、Wi-Fi、Bluetoothが一体に
MWC Barcelona 2022に合わせて、Qualcommが「Snapdragon Connect」なるものを発表した。5G、Wi-Fi(無線LAN)、Bluetoothのいずれにおいても快適に通信できる環境を実現できるブランドとして訴求するようだ。(2022/3/13)

ハンズフリーで通話録音OK 首かけ式ヘッドセット「Neck Rec」発売
AJAXは、Bluetooth通信で通話録音ができる首かけ式のハンズフリーヘッドセット「Neck Rec」を発売。スマホの音楽やラジオ、ポッドキャストも視聴でき、通話ボタンを押せば自動で録音を開始する。(2022/3/10)

JBL、ノイズキャンセリング機能も備えた軽量設計のBluetoothワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドよりノイズキャンセリング機能搭載の軽量Bluetoothワイヤレスヘッドフォン「JBL TUNE 760NC」を発売する。(2022/3/10)

一部機能を省略して約1万円値下げ 4Kディスプレイ「HUAWEI MateView Standard Edition」登場
ファーウェイ・ジャパンの4Kディスプレイ「HUAWEI MateView」に、Wi-Fi/Bluetooth/NFCを省いた廉価版が登場する。直販ストアでの販売価格は7万9800円(税込み)と、1万円の値下げとなっている。(2022/3/8)

Windows 10トラブルシューティング基礎ガイド【第3回】
無料で使える、Windowsの「無線LAN」「Bluetooth」につながらない問題の解決ツール
Microsoftは「Windows 10」ユーザー向けに、無料のトラブルシューティングツールを用意している。無線LAN接続の問題など、主に通信関連の問題に対処できるトラブルシューティングツールと、その使い方を紹介する。(2022/2/27)

「コロンブスの卵的発想」で生まれた新技術:
RFトランシーバー回路の大幅な小型化を実現、ルネサス
ルネサス エレクトロニクスが、RFトランシーバー回路において、従来技術より大幅な省面積化を実現するとともに、低消費電力化やコスト低減、基板設計の容易化も可能にする2つの新回路技術を開発した。同技術を用いて22nm CMOSプロセスで試作したBluetooth Low Energy(LE)対応の2.4GHz RFトランシーバー回路は、電源系を含む回路面積を0.84mm2と世界最小(同社)にしたほか、消費電力も受信/送信時で3.6mW/4.1mWと低く抑えることに成功したという。(2022/2/24)

レトロモダンなラジカセが登場 哀愁漂うアナログスイッチ搭載だけどBluetoothにも対応した充実機能
懐かしさあふれるデザイン。(2022/2/22)

ASUS、Bluetooth接続にも対応した軽量ワイヤレスゲーミングマウス
ASUS JAPANは、軽量設計の筐体を採用したワイヤレスゲーミングマウス「TUF Gaming M4 Wireless」を発売する。(2022/2/18)

Pixelの2月月例更新開始 6/6 ProのカメラやBluetoothのバグ修正も
Googleは2月7日、Pixelの月例更新をリリースした。脆弱性修正に加えて、Pixel 6シリーズの複数のバグ修正、旧モデルのキャリア接続問題にも対処した。(2022/2/8)

エレコム、片耳約4gのワイヤレスイヤフォン発売 4780円
エレコムは、2月1日にエントリーレーベル「FASTMUSIC」からBluetoothワイヤレスステレオヘッドフォンを発売。AACコーデックに対応し、片耳約4gの本体と手のひらサイズの小型充電ケースで手軽に持ち運びできる。(2022/2/2)

インフィニオン AIROC CYW20829:
Arm Cortex M33搭載のBLE SoC
インフィニオン テクノロジーズは、Bluetooth Low Energy(LE)SoC「AIROC CYW20829」を発表した。IoTやスマートホーム、産業用途向けのBluetooth 5.3コア仕様に準拠するほか、「Arm Cortex M33」を採用しており、低消費電力と高性能演算を両立する。(2022/1/28)

Microsoftが「Cリリース」の更新プログラムを公開 Bluetoothオーディオ停止などの問題を修正
米Microsoftは1月25日(現地時間)、Windows向け更新プログラムを公開した。今回の更新は「Cリリース」という分類に入るもので、月例アップデートに先立って機能改善や不具合修正のプログラムを提供するものだ。(2022/1/26)

組み込み開発ニュース:
加賀FEIが太陽誘電の無線モジュール事業を承継、新ブランドは「CONTINECT」
加賀FEIは、太陽誘電からBluetoothおよび無線LANモジュールに関わる商権、開発製造技術ならびに知的財産権を承継した。新たに無線モジュール事業に参入し、超小型無線モジュールの受注を開始している。(2022/1/24)

Razer、ハローキティとコラボのゲーミングヘッドセットなど発売
ゲーミンググッズを手掛けるRazerがサンリオとのコラボで「ハローキティ」グッズを米国で発売した。耳とリボン付きBluetoothヘッドフォンやチェアなどだ。(2022/1/22)

Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、Threadの同時接続に対応:
スマートホーム共通規格「Matter」対応トライラジオSoC
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2022年1月4日(米国時間)、異なるスマートホーム製品間の相互接続を実現する新共通規格「Matter」に対応したトライラジオデバイス「IW612」を発表した。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、IEEE 802.15.4の3つの無線方式の通信を同時に行えるもので、Matter対応製品の開発時間やコストの削減および設計の簡素化を実現するとしている。(2022/1/19)

インフィニオン AIROC CYW30739:
スマートホーム接続規格「Matter」対応のSoC
インフィニオン テクノロジーズは、スマートホーム接続規格「Matter」対応のSoC「AIROC CYW30739」を発表した。Bluetooth LEとIEEE 802.15.4プロトコルを組み合わせ、製品間のシームレスで安全な通信を可能にする。(2022/1/19)

スマホと連携するスピーカー付き天井ライト、アイリスオーヤマが発売
アイリスオーヤマは14日、Bluetoothスピーカーを内蔵したLEDシーリングライトを翌15日に発売すると発表した。価格は8畳用の1万6280円(税込)から。(2022/1/14)

太陽誘電からの事業継承が完了:
加賀FEI、無線モジュール事業に参入
加賀FEIは2021年1月5日、太陽誘電からBluetoothおよび、ワイヤレスLANモジュールにかかわる商標、開発・製造技術、知的財産権を承継し、無線モジュール事業に参入し、受注を開始したと発表した。(2022/1/5)

【これポチ】深夜でもボリューム大でテレビが見放題! テレビとBluetoothイヤフォンを橋渡しするAnkerのトランスミッター
Ankerの「Soundsync」はBluetoothを受信する機能もあります。(2021/12/29)

サンワサプライ、Type-AとType-C無線接続、Bluetoothを選んで使えるワイヤレスマウス
サンワサプライは、パソコンやタブレットなど、使用する機器に合わせてBluetooth接続とUSBレシーバーによる接続を選べるワイヤレスマウス「400-MAWBT172BK」を発売した。(2021/12/27)

点字ブロックがしゃべる!? 近づくとスマホに現在地を教えてくれるBluetooth搭載「点字ブロック」登場
「しゃべる点字ブロック」……って何だ!? (2021/12/20)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
デジタルで遊ぶ大人のチェキ! 豊富なエフェクトとBluetooth搭載の「instax mini Evo」 スマホ写真もプリント
最新のデジタルでBluetooth搭載の「instax mini Evo」が面白い。デジタルらしくフィルターやらレンズ効果をふんだんに搭載。スマートフォンの写真も転送してプリントできる。(2021/12/20)

Media Tek Filogic 130、Filogic 130A:
BluetoothとWi-Fiを共存できるIoT機器向けSoC
Media Tekは、IoTデバイス向けSoC製品「Filogic 130」「Filogic 130A」を発表した。マイクロプロセッサやAIエンジン、Wi-Fi 6およびBluetooth 5.2サブシステム、PMUを1つのチップに集積している。BluetoothとWi-Fiの高度な共存が可能だ。(2021/12/27)

エレコム、OSを識別して入力モードを自動切り替えできる静音Bluetoothキーボード
エレコムは、静音設計を採用したBluetoothワイヤレスキーボードを発表した。(2021/12/8)

「鬼滅の刃」デザインの探し物トラッカー「Tile」、ローソンで12月9日発売
竈門炭治郎、竈門禰󠄀豆子、我妻善逸、嘴平伊之助、煉󠄁獄杏寿郎の5人をデザインしたBluetoothベースの探し物トラッカーだ。(2021/12/7)

スマホ操作で上下する電動昇降デスク、サンワサプライから 天板の高さ登録も
サンワサプライは30日、スマートフォンやPCからも操作できるBluetooth搭載の電動昇降デスクを発表した。価格は21万3400円から(税込)。(2021/11/30)

製造業IoT:
Bluetooth 5.0の長距離通信性能の評価結果を発表、最大通信距離が3倍以上に
ムセンコネクトは、Bluetooth 5.0から採用されている長距離通信機能「LE Coded PHY」に対応したBluetooth Low Energyモジュール「LINBLE-LR1」の開発と、同モジュールの通信性能の評価結果について発表した。(2021/11/26)

エレコム、59gの軽量設計を実現した静音Bluetoothマウス
エレコムは、軽量デザイン筐体を採用したBluetoothマウス「M-BY10BRK」「M-BY11BRK」シリーズを発表した。(2021/11/17)

ルネサス エレクトロニクス Bluetooth 5.3 LE対応マイコン:
Bluetooth新規格対応のRAマイコン
ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth 5.3 Low Energy規格に対応した新たなマイクロコントローラーの開発を進めている。2022年1〜3月のサンプル提供開始を予定している。(2021/11/4)

組み込み開発ニュース:
Bluetooth 5.3 Low Energyに対応した新マイコンの開発を発表
ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth SIGの新規格Bluetooth 5.3 Low Energyに対応する新しいマイクロコントローラーを開発中だ。「RA」ファミリーに加わる新マイコンは、2022年第1四半期からのサンプル出荷を予定している。(2021/11/2)

小型ラズパイに「Raspberry Pi Zero 2 W」追加 マルチスレッド性能5倍 2200円
小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero 2 W」が登場。旧モデルに比べマルチスレッド性能が5倍に上がり、無線接続では電力消費の少ないBluetooth Low Energyに対応。日本ではスイッチサイエンスが取り扱う予定。価格は2200円。(2021/10/29)

Cortex-Mコア搭載のRAファミリ:
ルネサス、Bluetooth 5.3 LE対応マイコンを発表
ルネサス エレクトロニクスは、Arm Cortex-Mコア搭載の32ビットマイコン「RAファミリ」として、「Bluetooth 5.3 Low Energy(LE)」規格に対応したマイコンを新たに開発中と発表した。2022年第1四半期(1〜3月)からサンプル出荷を始める予定。(2021/10/25)

スマホ感覚でPC操作ができるBluetoothタッチパッドが発売 軽い力で動いて手首に優しい
省スペースなのもうれしい。(2021/10/21)

サンワ、Bluetooth接続に対応したワイヤレスタッチパッド
サンワサプライは、Bluetoothワイヤレス接続に対応した小型タッチパッド「400-MABT128」の販売を開始した。(2021/10/20)

SB C&S、Harman Kardon製のBluetooth対応2.1chスピーカー「SoundSticks 4」の取り扱いを開始
SB C&Sは、ハーマンインターナショナル製のBluetoothワイヤレス接続対応2.1chアクティブスピーカー「SoundSticks 4」の取り扱いを発表した。(2021/10/12)

環境発電の新興企業:
Bluetoothなどで給電する超小型チップの新製品を発表へ
エネルギーハーベスティング技術を手掛けるIoT(モノのインターネット)スタートアップWiliotは、2021年10月頃に、自己発電型の超小型チップセットの第2バージョンを発表する予定だという。(2021/10/5)

Poly、高機能ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドセット
Polyは、Bluetooth接続に対応したワイヤレスヘッドセット「Voyager Focus 2」を発表した。(2021/9/29)

村田製作所 Type 2AB:
加速度センサーとBLE搭載のUWB通信モジュール
村田製作所は、加速度センサーとBluetooth Low Energyを搭載したUWB通信モジュール「Type 2AB」を発表した。小型で設計自由度が高く、コイン電池1つで数年間使用できる。高度な位置情報検出や非接触決済システムに適している。(2021/9/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.