• 関連の記事

「骨伝導」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Shokzの“耳をふさがない”イヤフォン「OpenFit Air」と「OpenSwim Pro」どちらを選ぶ?
Shokzの新製品「OpenFit Air」と「OpenSwim Pro」の実機レビューをお届けする。(2024/7/17)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(31):
構造で減音するマスク型デバイス 若年層の声から生まれた「Privacy Talk」
マスク型の装着型減音デバイス「Privacy Talk」をご存知だろうか。キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)内の企業内起業で発足した「ichikara Lab」がゼロから企画した製品だが、なぜこうしたデバイスが出来上がったのか。開発の経緯や狙いについて、担当者に話を聞いた。(2024/6/3)

Shokz、ワイヤレスイヤフォン「OpenFit AIR」と骨伝導イヤフォン「OpenSwim Pro」発売 安定したフィット感を追求
Shokzは、ワイヤレスイヤフォン「OpenFit AIR」とオープンイヤー型の骨伝導イヤフォン「OpenSwim Pro」を発売。オフィシャルWebサイトやAmazonオフィシャルストアなどで取り扱い、価格は1万9880〜2万5880円(税込み)。(2024/5/10)

IT企業デスクツアー:
医療系IT企業で働くみんなのデスク環境 経営層からエンジニアまで写真でチェック
IT関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は医師向けコミュニティーサイトなどを手掛けるメドピアで働く人のデスク環境を探る。(2024/4/22)

小寺信良のIT大作戦:
耳をふさがなくても「普通に聴ける」 動向が変わりつつある“ながら聴き”の世界
従来のイヤフォやヘッドフォンは、音質もさることながらその遮音性もまた重視されてきた。音楽に集中できるということももちろんだが、電車内などでも快適にリスニングできるという機能性から、ノイズキャンセリング機能搭載のイヤフォン・ヘッドフォンはいまだ人気が高い。(2024/4/11)

イヤーカフ型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」2月20日発売 約2.8万円
ファーウェイ・ジャパンは、2月20日からイヤーカフタイプのオープン型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」の一般販売を開始。価格は2万7800円(税込み)で、カラーはブラックとパープルの2色。(2024/2/2)

サンワ、ノイキャン+指向性マイク搭載のBluetooth骨伝導ヘッドセット発売
サンワサプライは、Bluetooth骨伝導ヘッドセットを発売。耳をふさがず周りの環境音を遮断せずに利用でき、ノイズキャンセル機能+単一指向性マイク搭載でスムーズな通話を可能とする。価格は2万900円(税込み)。(2024/1/25)

オープン型イヤフォンなのに音漏れしない? 「HUAWEI FreeClip」を試した
今回取り上げる「HUAWEI FreeClip」は、耳に引っかけるタイプのワイヤレスイヤフォン。オープン型にも関わらず、音漏れが気にならないレベルに抑えられています。(2024/1/24)

サンワ、骨伝導×空気伝導のデュアルスピーカーを採用したヘッドセット
サンワサプライは、骨伝導×空気伝導のデュアルスピーカーを採用し、着脱可能な外付けマイクが付属したBluetooth骨伝導ヘッドセット「400-BTSH025」を発売した。価格は7680円(税込み)。(2024/1/5)

ソニーのノイキャンイヤフォン「WF-1000XM4」、Amazonで2万円台に 型落ちモデルがお買い得
ソニーは、Amazon.co.jpにおいてノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」を2万円台で販売している。通常価格は3万3000円だ。セール中はブラックが36%オフの2万1000円、プラチナシルバーが30%オフの2万3250円となっている。(2023/12/21)

イヤーカフ型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」をクラウドファンディングで先行公開
ファーウェイ・ジャパンは、イヤーカフタイプのオープン型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」のクラウドファンディングを開始。左右の耳の自動識別や約8時間の連続音楽再生が可能で、最大20%オフで購入できる。(2023/12/19)

エレコム、USB有線接続に対応した骨伝導ヘッドセット
エレコムは、耳をふさがない骨伝導タイプの有線式ヘッドセット計2製品を発表した。(2023/11/7)

IT企業デスクツアー:
法人向け「NURO」など支えるみんなのデスク環境 エンジニアから営業まで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、法人向けのネットワークサービス「NURO Biz」やデータ分析ツール「Prediction One」などを手掛けるソニービズネットワークスに注目。(2023/11/6)

シリーズ最上位ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro 3」発売 独自開発デュアルドライバー搭載
ファーウェイ・ジャパンは、10月17日にシリーズ最上位ワイヤレスイヤフォン「FreeBuds Pro 3」を発売。独自開発したデュアルドライバーユニットを搭載し、LDAC/ハイレゾ対応やトリプルマイクのANC機能も備える。(2023/10/17)

PR:PCメーカーの中の人が使う“ビジネスPC”のスペックはやっぱり強い? マウスコンピューターから学ぶ、適材適所なビジネスPCの選び方
一口にノートPCといっても、今ではすっかり多様化して日頃の業務内容に応じて選べるようになってきた。そこで、さまざまなモデルを用意するマウスコンピューターの“中の人”に、業務内容に応じたお勧めのPCを聞いた。(2023/9/13)

サンワ、骨伝導タイプのUSB有線ヘッドセット
サンワサプライは、耳をふさがないオープンイヤー型の骨伝導ヘッドセット「400-HS047」を発売する。(2023/9/5)

Shokz、軽量設計の骨伝導ワイヤレスヘッドセット
Shokzは、耳をふさがない骨伝導方式を採用したワイヤレスヘッドセット2製品「OpenComm2」「OpenComm2 UC」を発表した。(2023/9/4)

ソニーのノイキャンイヤフォン「WF-1000XM5」を試す 先代より5700円高いが、どこがどう進化した?
ソニーが9月1日に発売する完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」。先代「WF-1000XM4」(2021年6月発売、ソニーストア価格3万6300円)より5700円ほど高い。アクティブノイズキャンセリング(ANC)性能を強化しつつ、小型かつ軽量化を果たしたが、両モデルの比較で分かったことをお伝えする。(2023/8/28)

NEWS Weekly Top10:
「28度で凍る氷」ネックリングが手放せない まるで布団の冷たい部分
筆者もこの夏、あまりの暑さに冷感グッズをいくつか試した。中でも気に入っているのは、“28度で凍る氷”こと首に巻く冷却リングだ。まったく期待していなかったのだが、これが意外と良く、真夏のお出かけに手放せなくなった。(2023/8/21)

小寺信良のIT大作戦:
骨伝導じゃない「軟骨伝導」 耳をふさがないイヤフォンの新顔は、“寝ホン”にもピッタリだった
いわゆる「耳を塞がない系」のイヤホン・ヘッドホンが幅広い層に注目され始めたのは、コロナ禍が始まった2020年の夏以降ではなかったかと思う。骨伝導タイプなどさまざまな機種が登場したが、最近新たに登場し始めたのが「軟骨伝導」タイプである。一体どういうものなのか。(2023/8/11)

「軟骨伝導」式イヤフォンが在宅ワークに適している理由 「cheero Otocarti LITE」を試した
cheeroの「Otocarti LITE」は「軟骨伝導」というあまり聞き慣れない方式を採用したイヤフォン。耳の穴をふさぐことなく、かつ耳に軽く触れているだけでよく、さらに最終的には鼓膜で音を聞くので、音に違和感も少ないとされています。(2023/7/26)

ソニー、完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」発売 低域のノイズ減衰効果を高め「世界最高のNC性能」うたう
ソニーは25日、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」を発表した。9月1日に発売予定で、実売4万2000円前後になる見込み。(2023/7/25)

ソニーの完全無線イヤフォン「WF-1000XM5」9月1日発売 ノイキャン強化+小型軽量化で約4.2万円
ソニーが9月1日に完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」を発売する。市場想定価格は4万2000円(税込み)前後となっている。ノイズキャンセリング性能を強化しつつ、小型かつ軽量化を果たしたのが先代からの主な進化点だ。(2023/7/25)

ネックバンド型の軟骨伝導式ワイヤレスイヤフォン「cheero Otocarti LITE」発売
ティ・アール・エイは、ネックバンド型の軟骨伝導式ワイヤレスイヤフォン「cheero Otocarti LITE」を発売。価格は1万2980円(税込み、以下同)のところリリースを記念して300台限定9680円で販売する。(2023/7/18)

IT企業デスクツアー:
外資SaaSベンダーで働くみんなのデスク環境 New Relic日本法人のデスクをチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、クラウド型のITインフラ監視サービスを提供する米New Relic日本法人で働く人のデスクを探る。(2023/6/2)

Shokz「OpenFit」はテレワーク向きの“掛けっぱなしイヤフォン”だった
骨伝導で名をはせたShokzがオープンイヤーイヤフォンに参入。しかも「究極の着け心地にこだわった」という。いしたにまさきさんによるレビューをお届け。(2023/5/31)

ゲオ、防水性能を強化した骨伝導ヘッドフォン IPX6対応で3278円
ゲオホールディングスは4月13日、ゲオストアにて骨伝導ワイヤレスヘッドフォン「GRFD-BCH BH330」を発売した。価格は3278円(税込み)。防水性能をIPX6へ強化し、充電時間も30分短縮した。(2023/4/13)

「Xiaomi Buds 4 Pro」発売 11mmドライバー搭載、最大48dB軽減のANC
Xiaomiは3月2日、ワイヤレスイヤフォン「Xiaomi Buds 4 Pro」を発売した。価格は2万6800円(税込み)。Xiaomi製ワイヤレスイヤフォンのフラグシップモデルで、充電ケースと併用して最大38時間の音楽再生が可能だ。(2023/3/2)

SaaS企業デスクツアー:
累計17億円調達のAIスタートアップで働くみんなのデスク環境 代表からエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣やITエンジニアなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はAIによる音声解析サービス「MiiTel」などを提供するRevCommで働く人のデスク周りを探る。(2023/2/27)

骨伝導ヘッドセット「OpenComm」を使ったら“世界が変わった” デメリットを超えた魅力とは?
Shokz製骨伝導ヘッドセット「OpenComm」を購入したら、世界が変わった。製品の魅力と、苦手とするシーンに加え、そもそも骨伝導とはどういう仕組みなのかも紹介しよう。(2023/3/1)

ゲオ、防水対応の骨伝導ワイヤレスイヤフォンを4378円で発売
ゲオは2月9日、RWC製「骨伝導ワイヤレスヘッドホン IPX7」を発売した。価格は4378円(税込み)。16mmのドライバーを備え、IPX7の防水規格に対応する。(2023/2/9)

リノベ:
三菱地所が「丸ビル」と「新丸ビル」を改修、シェアラウンジ付きツタヤがオープン
三菱地所は、東京都千代田区大手町にある複合施設「丸ビル」と「新丸ビル」で、新規店舗のオープンや共用部の改修といったリニューアルを進めている。既に、丸ビルでは、書店「TSUTAYA BOOK STORE MARUNOUCHI」がオープンしている。TSUTAYA BOOK STORE MARUNOUCHIは、シェアラウンジを備えた店舗で、シェアラウンジを設けたTSUTAYA BOOK STOREは、丸の内エリアで初出店となる。(2022/12/20)

PR:【値上げイヤーはこれで越せ!】 iPhone XRとSE2の128GBモデルが、ゲオで中古1円!? 店舗では他商品も2万2000円(税込)引きになるチャンス
2022年、未曽有の「値上げイヤー」はこれで越す。(提供:ゲオ)(2022/12/9)

耳をふさがないのに音漏れしない不思議なイヤフォン NTT子会社が製品化 8250円から
NTTグループ企業のNTTソノリティは11月9日、耳元で音を閉じ込める「PSZ」技術を使った製品として、2つのオープンイヤー型イヤフォンを発表した。(2022/11/10)

PayPayポイントやクーポンがもらえる「ソフトバンクホークス 応援感謝キャンペーン」開催
ソフトバンク、ヤフー、PayPay、SB C&Sは「ソフトバンクホークス 応援感謝キャンペーン」を開催。2022年の福岡ソフトバンクホークスへの声援に対する感謝として、PayPayポイントのプレゼントやクーポン配布を行う。(2022/10/17)

ウェアラブルニュース:
歩くとAIがアドバイス、京セラが生み出す人間拡張技術
京セラは2022年10月13日、東京都内およびオンラインで記者会見を行い、同日発表した人間拡張技術の3つの新しいシステムについて説明した。(2022/10/14)

世界初「軟骨伝導」ヘッドフォン オーディオテクニカが発売 「ながら聴きの常識変える」
オーディオテクニカが軟骨電動技術を使ったワイヤレスヘッドフォンを発売。民生用として世界初という。(2022/10/7)

競合ひしめく中、ゲオが1000円台からの“激安ワイヤレスイヤフォン”を販売する理由
今やその市場は多種多様なメーカーが続々と参入しているワイヤレスイヤフォン市場。そんな中、ゲオHDは格安のワイヤレスイヤフォンを販売している。その狙いや意義を聞いた。(2022/8/24)

IT企業デスクツアー:
元祖フリマアプリ「FRIL」創業者率いるFinTechベンチャーのデスク環境 みんなが働く机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。今回は、日本初のフリマアプリ「FRIL」の創業メンバー率いるベンチャー・スマートバンクで働く人のデスク周り。(2022/8/22)

PR:コスパイヤホンのゲオ、最新作は「音質に本気」……!  シリーズ最高峰のノイキャンから“寝落ち用”まで、2台目にイチオシの4選
「ちょっといいやつ」から「とにかくお手ごろ」まで、充実のラインアップ。(提供:ゲオ)(2022/8/10)

オトバンク調査:
「ワイヤレスイヤフォン」人気メーカー、3位「Anker」、2位「SONY」、1位は?
オトバンクは、オーディオブックユーザーを対象に「イヤフォン利用に関する調査」を実施した。オーディオブックユーザーが選ぶワイヤレスイヤフォンメーカー1位は「Apple(アップル)」だった。(2022/7/28)

ファーウェイ、LDACとノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤフォン「FreeBuds Pro 2」
ファーウェイ・ジャパンは、ノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro 2」を7月28日に発売する。業界初をうたうトリプルマイクアダプティブノイズキャンセリングに対応。マルチポイントペアリングを採用した他、LDACコーデック、ハイレゾもサポートしている。(2022/7/26)

キーワードはWeb会議:
日本有数の専門店「e☆イヤホン」店長に聞く 「コロナ禍でバカ売れのイヤホン」の特徴
日本でも有数のイヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」の秋葉原店本館では、1〜2年ほど前からある“異変”が起きている。それは、これまでにも増してスーツ姿のビジネスパーソンの人たちが、頻繁に来店するようになったことだ。(2022/7/15)

値上げは食品だけじゃない 6月から価格が変わるハードウェア製品まとめ
円安や物流コスト高騰などにより、さまざまな企業が商品の値上げを発表している。価格変更の波は飲料・食品だけでなく、ハードウェア製品にも押し寄せてきている。本記事では、6月1日からハードウェアの価格を変更する企業の情報をまとめる。(2022/5/31)

Shokz、スポーツ利用にも向くBluetooth接続対応の骨伝導イヤフォン「OpenRun」に小型モデルを追加
Shokzは、ワイヤレス骨伝導イヤフォン「OpenRun」に短寸バンドを採用した小型モデル「OpenRun Mini」を追加した。(2022/5/24)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

Innovative Tech:
「何かに集中していて、聞き取れなかった音声」を後から再生できるイヤフォン 京セラが開発
京セラ研究開発本部フューチャーデザインラボの研究チームが人間拡張研究の一環として、何かに集中していて聞き逃した音声を後から教えてくれるヒアラブルデバイスを開発した。(2022/3/28)

PR:【ついに…!】 完全ワイヤレスイヤホンを2000円台で選べる時代がやってきた ゲオの「新生活フェア」は防水&超低遅延モデルが今だけ税込2728円
2台持ちもアリかも。(提供:ゲオ)(2022/3/17)

Shokz、深みのある低音再生も可能としたフラグシップ骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」の一般販売を開始
Shokz(旧AfterShokz)は、低音再生能力を高めた骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」の一般販売開始を発表した。(2022/3/1)

小型軽量なのにガツンとした重低音を聞かせてくれる新生Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」を試す
ワークアウト中やビデオ会議などで、長時間使えるイヤフォンやヘッドフォンはないものだろうか。Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」は、新世代のチップも採用することで音質を大幅に改善させているという。早速、実機を使ってみた。(2022/2/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.