「ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

DX導入の目的、2位「コスト削減」、1位は?
AKKODiSコンサルティングは、経営層と課長クラスのビジネスパーソンを対象に、「自社内のDXへの取り組み状況や課題」について調査した。DXの取り組み状況について、すでにDXの取り組みを実行している企業が合わせて8割を占めることが分かった。(2024/6/24)

“ビジネス界のアカデミー賞”が投げかける問い 働く人に称賛を
ビジネスと仕事における卓越性を評価し、国際的なビジネスコミュニティ全体で優れたリーダーシップや革新的な取り組みをたたえるために2002年に米国で設立されたのが「The Stevie Awards」。同賞の主催認定団体「The Stevie」会長のマイケル・ギャラガー氏に話を聞いた。(2024/6/24)

量子コンピュータ:
富士通が商用量子コンピュータシステムを初受注、産総研に提供
富士通は産業技術総合研究所の「超伝導ゲート型量子コンピュータ」を受注した。2025年初旬に産総研の量子/AI融合技術ビジネス開発グローバル研究センターで稼働する予定だ。富士通によると、国内ベンダーが商用量子コンピュータシステムを受注したのは初めて。(2024/6/24)

これから始める「Microsoft Copilot」 使って分かった有効活用法と注意点
OpenAIの大規模言語モデルが「GPT-4o」へと進化し、Microsoftの「Copilot」、Googleの「Gemini」などを業務で活用しようとする動きが活発化している。今後は生成AIをどうビジネスや業務に活用するかが問われる時代になるだろう。(2024/6/24)

「なりすまし広告の削除体制、公表を」総務省がMetaに要請 Facebook・Instagramの詐欺対策求め
総務省はMetaに対して、著名人になりすまして投資ビジネスなどに勧誘し、金銭を詐取する“なりすまし型偽広告”の対策を行うよう要請した。(2024/6/21)

新人時代に不足していたスキル 「論理思考」「ビジネスマナー」を抑えた1位は?
新入社員の時に「ビジネススキル・知識の習得で苦労した経験がある」とした人は5割に上った──。具体的にどのようなビジネススキル・知識が不足していたと思うのか、グロービズが調査を実施した。(2024/6/21)

人工知能ニュース:
エッジとAIでさらなる成長を目指すレッドハット、LLMの最適化手法「LAB」を提案
レッドハットが2024年度の事業戦略を説明。RHEL、OpenShift、Ansibleから成るコアビジネスが堅調に拡大を続ける中で、次世代ビジネスの成長に向けてエッジとAIに注力する方針を打ち出した。(2024/6/21)

Gartner Insights Pickup(356):
パーソナルブランドを意識的に構築し、エグゼクティブプレゼンスを身に付けるには
パーソナルブランディングとプロフェッショナルブランディングにより、経営幹部としての影響力と存在感を高めるべきだ。ほとんどのビジネスリーダーは、強いエグゼクティブプレゼンスや個人的影響の重要性を理解している。だが、それらを向上させるために時間とエネルギーを費やすことをためらいがちだ。これは間違っている。(2024/6/21)

製造DXの未来とデータ活用の可能性(前編):
生成AIが企業のデータ民主化を推し進める 課題解決の発想力が問われる時代に
いま生成AIをビジネスに活用しようとする動きが盛んです。あらゆる業務が生成AIに置き換え可能となる中、ビジネスパーソンはどのような能力を発揮していくべきでしょうか。ここには従来のDXに関わる取り組みから継続している課題があります。(2024/6/20)

コスト重視で企業が見落としがちなデータとセキュリティの重要性:
PR:「クラウドは当たり前」という“誤解”から脱却すべき 「経営貢献できる」インフラ&運用への変革ステップ
社会全体でデジタル化が進む中、IT開発、運用は「ビジネス展開」とほぼ同義になり、ビジネスを支えるインフラ運用にもいっそうのスピードと効率が求められている。「ビジネスを届けて成長させる」という本来の目的を達成するために、インフラをどう見直せばよいのか。(2024/6/18)

「ユージさんをアプリで加工したのかと」 ユージ、米国人の“そっくり”父親顔出し公開「俳優やらビジネスやら色々やってます」
「普段なかなか言えないけどLove you Dad」(2024/6/18)

イノベーションのレシピ:
収益化の成功率が15%のデータマネタイゼーション、クニエがアイデア抽出を支援
クニエが「データマネタイゼーション・アイデア抽出サービス」の提供を開始する。企業の保有データから新規ビジネスの可能性を抽出/一覧化し、事業化の可能性評価、有望アイデアの選定を支援するコンサルティングサービスだ。ナブテスコとサイキンソーも同サービスを採用している。(2024/6/18)

製造マネジメントニュース:
生成AIのビジネス利用拡大へ、SAPがGoogle Cloud、Metaなどと連携強化
SAPは、ビジネス用の生成AI活用拡大に向けて、Google Cloud、Meta、Mistral AI、NVIDIAとパートナーシップを強化する。(2024/6/18)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
アジャイルとビジネスアナリシス
ビジネスアナリシスは大切なものだと理解したが、実践は大変で、今では一般的な「アジャイル」と相いれないという印象を持った人もいるのではないだろうか。今回は両者の関係について解説する。(2024/6/18)

LGエレ、ビジネス向けのフルHD対応23.8型/27型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、フルHD表示に対応したビジネス向け23.5型/27型液晶ディスプレイ「24BA450-B」「27BA450-B」を発売する。(2024/6/17)

PR:「たばこ休憩」って不公平じゃない? ビジネスの喫煙課題にBATジャパンが打ち出す新しい「第三の選択」とは
(2024/6/17)

ドンキ、「日傘」のようなTシャツを開発 ジャケットと組み合わせたい担当者が着目した“小さな”イライラ
ドン・キホーテが5月中旬に発売した「ジャケットを着ても脱いでもサマになるTシャツ」(2189円)が、注目を集めている。ビジネスシーンで着用できるデザイン性だけでなく、これからの猛暑の時期に向けた、「日傘」のような“ひんやり”機能も搭載した。(2024/6/16)

「調査対象となった全ての企業が多額の投資を見込んでいる」:
オープンソース技術に基づくべき生成AIのコンポーネントは何か Linux Foundation Japanが調査レポートを発表
Linux Foundation Japanは「2023年オープンソースの生成AIに関する調査レポート」を公開した。生成AIがビジネスの重要な要素になりつつあり、統合の容易さと透明性の点で、プロプライエタリAIよりもオープンAIが好まれていることが分かった。(2024/6/14)

グッドパッチとUXの話をしようか:
なぜ、キャラクター商品は目を引くのか? 裏にある2つのマーケティング手法
日本のキャラクタービジネスが急速に進化しているのをご存じでしょうか。「キャラクター買い」をも起こすほどの影響力を持っていますが、なぜ目にとまるのでしょうか? 裏にある2つのマーケティング手法を紹介します。(2024/6/14)

約7割が「5年前に比べて競争が厳しくなっている」と回答:
日本は世界に比べて「顧客向けデジタルビジネスの取り組み」が4年遅れている ガートナー
ガートナージャパンは、ビジネスの成長に関する提言を発表した。ビジネス成長のためには、顧客への価値提供につながる業務改善を推進する必要があり、「デジタル技術を活用して経営的、戦略的な観点から抜本的改革に取り組まなければならない」としている。(2024/6/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
プライベートな時間を充実させて生産性もアップ! 同じ時間でより多くの成果を生む日々の過ごし方とは
医療系企業の経営に携わりながら、「伝説の戦略コーチ」として知られるダン・サリヴァン氏による「10x Ambition Program」を卒業した唯一の日本人である名郷根修氏が、仕事が忙しくてプライベートの時間がないビジネスマンに向けて、「10倍の成果を出しながら自由な時間を増やす方法」を伝授する。(2024/6/13)

DX運用のためのITIL 4(6):
ITIL 4を実践しサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第6回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を実践するための「カルチャ」と「技法」を解説する。(2024/6/12)

プロダクトInsights:
「2年先の気象予測」提供開始、日本気象協会 企業の年間計画にも寄与
日本気象協会(東京都豊島区)は6月11日、最長2年先までの気象予測情報の提供を開始すると発表した。海外への資材発注や経営計画の最適化のため、ビジネスシーンにおける1年以上先の気象予測ニーズが高まっている。(2024/6/12)

人工知能ニュース:
センサーメーカーの生成AI活用に道を開く、MODEがパートナープログラムを刷新
MODEは、同社のIoTプラットフォームサービス「BizStack」を介してセンサーメーカーとユーザー企業とつなぐ「MODEセンサーパートナープログラム」を刷新する。BizStackの生成AI活用チャット型アシスタントサービス「BizStack Assistant」が同プログラムにも対応することで、センサーメーカーが生成AIビジネスにも進出できるよう支援していく。(2024/6/12)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
インストラクションデータを手作業で作る時代は終わった コスト削減につながる自動化法を解説
LLMの「忠実さ」を向上させるための学習で使う「インストラクションデータ」はこれまで人力で作られてきたが、この作業を自動生成するアルゴリズム「Evol-Instruct」が注目を集めている。ビジネス視点からメリットを解説します。(2024/6/12)

今日のリサーチ:
B2Bサイトランキング2024、三菱電機が2年連続トップ――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、B2Bサイトのビジネス貢献度を評価する調査の結果を発表しました(2024/6/11)

プロダクトInsights:
「傘を差しても濡れる……」 ビジネスパーソンの悩みに応え、青山・ミズノが新バックパック発売
青山商事(広島県福山市)とミズノ(大阪市)は6月10日、共同企画した蒸れにくく背負いやすいビジネス用バックパック「SPLIT-STRAP AIRBIZ(スプリット ストラップ エア ビズ) リュック」(1万8590円)を発売した。梅雨〜夏場におけるビジネスパーソンの悩みに着目し、開発した。(2024/6/11)

製造マネジメントニュース:
DX銘柄2024決定、LIXILや三菱重工などグランプリに
経済産業省と情報処理推進機構は、デジタル技術によってビジネスモデルや経営の変革にチャレンジしている企業として「デジタルトランスフォーメーション銘柄」などを選定した。(2024/6/11)

CEOらの7割が「2024年のビジネス成長機会」と認識 ガートナー調査で浮かび上がった“あの項目”
ガートナーのグローバル調査によると、世界のCEO、上級経営幹部層の69%が「ある項目」について、「2024年の主要なビジネス成長機会」と捉えていることが分かった。一体何か。(2024/6/11)

LED:
LED照明を他店舗でリユースできるか パナソニックが札幌で資源循環型ビジネスモデルに挑む
パナソニック エレクトリックワークス社は、デジタル技術を活用したLED照明器具のリユース(再利用)に取り組んでいる。2025年度の事業化を目指し、事業モデルの構築を進める。(2024/6/12)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスに変革をもたらすビジネスアナリシス、その知識体系とBA人材に必要なものとは
DXが叫ばれる現代。DXを実践するために求められるのが、「ビジネス戦略を実現し、課題を解決する」ためのビジネスアナリシスだ。ビジネスアナリシスとは、どのようなものなのだろうか?(2024/6/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
データ活用により「成果」を生み出すために必要なのは組織づくりとビジネス力――バンダイナムコネクサス 西田幸平氏
ゲームなどのデジタル領域から、トイホビー、店舗展開まで、幅広い事業を総合的に展開するバンダイナムコグループにて、さまざまなIPとファンの接点をより豊かにし、新しい価値を生み出し続けるバンダイナムコネクサス。データ分析により意思決定を支援し、事業に貢献するその取り組みとは。(2024/6/11)

製造業DXプロセス別解説(11):
今こそモノづくりにおいて「MOTTAINAI」精神を呼び覚まそう
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第11回は、製造業の次なるビジネスの競争力の創出と新たな収益源となり得る「廃棄/売却・二次利用」について解説する。(2024/6/10)

PR:AI×サステナビリティーで課題を解決! 伝統に安住しない「Lenovo ThinkPad T14 Gen 5(AMD)」がビジネスの“今”に最適な理由
レノボ・ジャパンの最新ノートPC「Lenovo ThinkPad T14 Gen 5(AMD)」は、昨今のノートPCに求められるニーズを高いレベルで満たしている。AIプロセッサ「Ryzen AI」搭載構成も選択可能で、これからの「オンデバイスAI」時代にもピッタリな1台でもある。その特徴をチェックしていこう。(2024/6/10)

EIZOからシリーズ最大の42.5型4Kと、初のWebカメラ&マイク内蔵ディスプレイ計2機種
EIZOのビジネス向けディスプレイ「FlexScan」シリーズに、42.5型4Kモデルと34.1型ウルトラワイドモデルが登場する。(2024/6/7)

Marketing Dive:
PayPalが広告事業に参入 大規模ファーストパーティーデータ保有企業が狙うリテールメディアの後追い
拡大するメディアネットワーク市場に新たに加わるこのサービスは、Uber Advertisingを10億ドルのビジネスに成長させたマーク・グレザー氏が主導する。(2024/6/6)

SAPの第1四半期決算、クラウド事業が好調 成長の背景と見えてきた課題
SAPの2024年第1四半期のクラウド収益は成長を示し、顧客がクラウド移行やビジネスAI機能の実装を計画していることが分かる。しかし、課題も見えつつある。(2024/6/6)

モバイルSuicaやえきねっとのID統合へ JR東日本が「新Suicaアプリ」構想を発表
JR東日本が中長期ビジネス成長戦略「Beyond the Border」を発表。「Suicaの進化」を軸として、新たなデジタルプラットフォームの構築を進めていく。2027年度までに、「えきねっと」「やモバイルSuica」「VIEWカード」などの各種IDを統合する。(2024/6/4)

セブン「149円」パン、ローソン「198円」カップ麺…… 節約志向の高まりで、どんな商品が売れているのか?【2024年1〜5月ヒット記事】
2024年1〜5月における「ITmedia ビジネスオンライン」アクセスランキング上位の記事を紹介する。今回は、コンビニで売れるようになった商品に関する記事を厳選した。(2024/6/4)

中国への不透明感で重要性増すインドビジネス 日本企業進出は頭打ち、構造的要因も
中国での政治・経済を巡る不透明感が続く中、日本企業はインドビジネスへの関心をこれまで以上に高めている。(2024/6/4)

決済データ活用で与信:
審査・担保不要で「最大100万円」 PayPayの“借りない資金調達”は何がすごいのか
PayPayが決済データを活用した新ビジネス「PayPay資金調達」を開始。データを使って加盟店の将来の売り上げを予測、その一部を買い取る形で資金を提供する。PayPayを使えば使うほど多くの資金が調達できるようにすることで、店舗のPayPay利用をさらに促進するのが狙いだ。(2024/6/4)

セキュリティを確保し、迅速に開発するには
迅速なビジネスニーズへの対応が求められる時代にあるべき認証基盤とは
サービスを素早く開発してデリバリーする能力がなければ取引先や消費者のニーズに応えられず、ビジネスの変革どころか維持も難しい。だが速度優先でセキュリティが欠けていては本末転倒だ。どうすればよいのだろうか。(2024/6/18)

NTT、宇宙ビジネス新ブランド「NTT C89」発表 「89個目の星座を」
NTTは、宇宙ビジネス分野の新ブランド「NTT C89」を立ち上げ、宇宙事業を拡大すると発表した。(2024/6/3)

NTT、宇宙ビジネスのロゴ発表 「新たに89個目の星座を作っていく」と島田明社長
日本電信電話は6月3日、宇宙ビジネス分野におけるブランド「NTT C89」を発表した。NTTは、宇宙統合コンピューティング・ネットワーク構想の実現に向け、注力領域を定めて事業開発を加速したい考えで、NTTグループにおける宇宙関連事業の拡大と、宇宙産業全体の発展に貢献するとしている。(2024/6/3)

電機各社がDX事業を強化 ITサービス事業への転換を加速 DX人材の不足が課題
国内では人手不足やビジネス環境の変化に対応するため、企業や自治体などでDX需要が高まっているためだ。電機各社は従来の家電などのモノ売りから、DXを軸としたITサービス事業を収益の柱とする経営体制への転換を加速させている。(2024/5/31)

Gartner Insights Pickup(353):
データ/アナリティクスリーダーに求められるチームのリスクに対する文化の醸成
効果的なリスク管理はビジネスレジリエンスに不可欠であり、リスクに取り組む文化を必要とする。リスクは避けるべきものと考えられるのではなく、ビジネスの意思決定の判断材料として活用される。持続可能でデータドリブンな企業には、機会、リスク管理、文化の適切なバランスが必要だ。(2024/5/31)

FAニュース:
自動車メーカーらの活用が進むアマダのInnovation LABO、新たなビジネスの芽も
アマダはアマダ・グローバルイノベーションセンター(AGIC、神奈川県伊勢原市)を報道陣に公開し、AGICにおける取り組みや最新製品を説明した。(2024/5/30)

「AIに魅了され過ぎは危険」 サプライチェーンの専門家が注意を促すワケ
AIは企業のサプライチェーンに導入されつつあるが、企業は過剰な期待に注意し、これらのアプリケーションのビジネスにおける価値と実現可能性を評価すべきだという。(2024/5/30)

SaaS型PLM:
PR:“Standard”に縛られないPLM導入を ビジネス環境の変化に柔軟に対応するシステム
業種を問わず多数の企業に支持されるPLM「Aras Innovator」。自社の業務要件に合わせて柔軟に導入できる上、機能をフル活用するための充実したサポート体制などが企業に高く評価されている。Aras Innovatorの魅力を深掘りして紹介する。(2024/5/30)

デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始
デル・テクノロジーズは、同社製PCを特価販売する「EARLY SUMMERセール」を開始した。(2024/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.