「ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフレの影響を軽く見ているCEOがいる」:
世界のCEOの関心は「メタバースよりもサステナビリティ」 ガートナーがCEOを対象にした調査の結果を発表
ガートナージャパンは、世界のCEOと上級経営幹部を対象に実施した調査結果を発表した。それによると「環境サステナビリティ」がビジネス優先課題のトップ10に入っており、Gartnerは「人材や価格、生産性などに関するCEOの考え方が、2022年に大きく変化することを示している」としている。(2022/5/20)

エプソン、4K相当の出力をサポートした高輝度ビジネスプロジェクター
エプソンは、大会議室やホールなどでの利用に適した高輝度出力対応のビジネスプロジェクター計3機種を発表した。(2022/5/18)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
歌手・リアーナの下着ブランドが大成功 下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とは
米国で、下着をオンラインで購入する人が増えている。その中でも、歌手のリアーナが立ち上げたブランドが注目を集めている。成功の背景にある、下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とAI活用の方法とは――。(2022/5/18)

MSI、実売約9万円のRyzen 5搭載スリム14型ビジネスノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、14型ビジネスノートPC「Modern 14」シリーズにRyzen 5搭載構成モデルを追加した。(2022/5/17)

スモールビジネスに従事する1200人に聞いた:
勤怠管理・給与計算「手入力」が5割超 労務担当の負担重く
クラウド給与計算ソフトなどを手掛けるfreeeは、スモールビジネス(小規模事業)における労務業務に関して調査を実施。勤怠や給与などの管理業務を1人で担っていると答えた割合は3割を超え、半数以上がこれらの業務を「手入力」で行っていることが明らかになった。(2022/5/17)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(前編):
【特別寄稿:前編】アドビ独自の業界別調査から見えてきた“不動産テック”の実態
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/16)

今日のリサーチ:
SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げています。(2022/5/14)

ビズポロ:
4290円の“ビジネス仕様のポロシャツ” 洋服の青山やAOKIから新モデルが続々
ビジネス仕様のポロシャツである“ビズポロ”。オフィスでもテレワークでも活躍する夏アイテムとして需要が高まっている。紳士服チェーン各社が新アイテムを続々投入している。(2022/5/12)

富士フイルムビジネスイノベーション社長 浜直樹さん(59)ソリューション事業を中核に複合機拡大
まずは顧客の発展を手助けするソリューション事業を中核に、次に複合機事業を拡大する。(2022/5/12)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DXが進まない原因はデータマネジメントの不備? 収集から活用まで改善するには
変化の激しいビジネス環境で生き残るには、データマネジメントに基づくDXの推進が欠かせない。しかし実際は、データが部署内でしか利用されておらず、データ保護の体制も整備できていない企業が多い。これらを解決する方法とは?(2022/5/13)

リモート時代の中国モノづくり、品質不良をどう回避する?(2):
「言われたことをする」が基本の中国人の仕事のやり方
中国ビジネスにおける筆者の実体験を交えながら、中国企業や中国人とやりとりする際に知っておきたいトラブル回避策を紹介する連載。第2回では、前回の「『あうんの呼吸』に頼る日本人の仕事のやり方」に対して、中国人がどのような国民性を持っているのかを、2つのエピソードを交えて解説する。(2022/5/12)

【特集】カスタマーサクセスの始め方:
売り切り型ビジネスに、カスタマーサクセス部は必要か? 顧客との関係構築で陥りがちな”誤解”を解説(後編)
サブスクリプションモデルやSaaSビジネスの広がりに伴い、「顧客の成功」を意味するカスタマーサクセスの重要性が高まり始めている。花王やキユーピーなど大手企業も部署新設に動き出し、盛り上がりを見せる。しかし、そもそも「売り切り型ビジネス」にカスタマーサクセスは必要なのか? 顧客との大事な架け橋となるカスタマーサクセスで陥りがちな誤解を解説していく。(2022/5/11)

CADニュース:
シーメンスがクラウドCAD「NX X」提供開始、SaaSビジネスの移行が成長を後押し
Siemens Digital Industries Softwareは、SaaSビジネスへの移行が加速し、年間経常収益が2億ドルを突破したことを発表した。また、「Xcelerator as a Service」を拡張し、クラウドベースのCADソリューション「NX X」の提供を開始する。(2022/5/11)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

リクルート事例で分かる数理最適化入門(2):
料理来るの遅いなぁ――数理最適化で飲食店のビジネス課題「調理遅れ」を解決できるのか
リクルートにおける数理最適化の応用事例を通じて、数理最適化とは何か、どのようにビジネスに応用できるのかを紹介する連載。今回は、飲食店の最重要課題の一つ、「調理遅れ」を数理最適化で解決する際の考え方やポイントなどについて解説する。(2022/5/10)

工場ニュース:
TOWAが京都東事業所に新棟、切削工具や受託加工ビジネスの需要拡大に対応
TOWAが、2021年7月より京都東事業所の敷地内に建設を進めていた新棟が竣工した。生産能力の増強やスマートファクトリー化などを促進し、切削工具や受託加工ビジネスの需要拡大に対応する。(2022/5/9)

超ハイスペック基地局負荷試験機で躍進中!:
PR:世界トップシェア獲得へ、5G普及を支える日本のニッチ企業「アルチザネットワークス」の挑戦
3Gから4G/LTE、そして5Gと技術革新を繰り返し、いまや社会インフラとして欠かせない携帯電話無線通信網。この社会インフラの技術進化、普及を支えてきた1社の日本企業がある。アルチザネットワークスだ。世界で数社しか手掛けていない基地局負荷試験機を主力にするニッチ企業で、「早期の世界トップシェア獲得」を掲げ、圧倒的なスペックを誇る5G対応基地局負荷試験機、そして新たなビジネスモデルの事業を立ち上げ、世界に攻勢を掛けている。アルチザネットワークスとはどのような企業なのか、同社のこれまでに触れながら、未来像を探っていく。(2022/5/10)

SDGsへの興味関心の高まりを感じさせるワードも:
今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など 日経BP調べ
日経BPは「トレンドマップ 2022上半期」を発表した。2022年はどんなキーワードが注目されるのだろうか。今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など。(2022/5/6)

マイクロソフトとソフトバンク、5Gを活用する新たなビジネスモデル構築へ
日本マイクロソフトは、ソフトバンクと共催する5Gビジネス創出プロジェクトを含む通信/メディア業界向けのDX推進施策の詳細を発表した。両業界の新たな“稼ぎ方”構築に向けたDX推進策を提示する。(2022/5/6)

「重大なバグ」への対処法【第3回】
「いきなり本番で修正」は禁物 問題発生を防ぐバグ修正ノウハウとは?
重大なバグが発生したとき、ビジネス活動に欠かせないシステムを守りたいとIT担当者は考える。ただし、せっかちな対処は逆効果を招く恐れがある。どうすればいいのか。(2022/5/6)

『不思義の国のアリス』手掛ける:
HYDEが心酔した画家・金子國義 美術を守り続ける息子の苦悩と誇り
L'Arc-en-Cielのhydeさんが“心酔”した画家が、2015年に78歳で亡くなった金子國義画伯だ。金子画伯は、『不思義の国のアリス』などを手掛け、退廃的で妖艶な女性の絵画を多く残した。その作品を管理し、販売している金子画伯の息子である金子修さんに、アートビジネスの現場の苦労と、芸術を受け継いでいく難しさを聞く。(2022/5/7)

コミック市場の売上高が過去最高:
『ラブひな』作者が明かす漫画業界のDX 打ち切り作を実写ドラマ化した絶版ビジネス
少なくとも、流通の分野では漫画業界のDXは進んでいると言える。だが、制作の現場においてはどうなのだろうか。日本漫画家協会常務理事を務める、漫画家の赤松健さん(53)に現状を聞いた。(2022/5/4)

漫画村問題を語る:
漫画家・赤松健に聞く海賊版ビジネスの課題 電子化がもたらす若手作家への功罪とは
「漫画村」閉鎖以後も、海賊版サイトが完全になくなったわけではない。「漫画村」以後の漫画海賊版ビジネスの現状や、電子化に代表される漫画業界の課題を、日本漫画家協会で常務理事を務める漫画家の赤松健さん聞いた(2022/5/3)

3分インタビュー:
AOKIのパジャマシューズが好調! 日本人の「やりがちな行為」に着目した開発秘話
AOKIが3月に発売した「パジャマシューズ」が好調だ。履き心地や見た目にこだわったビジネスシューズは靴専門店でも購入できるはずだが、違いは何なのか。担当者に聞いたところ……。(2022/5/3)

新聞とテレビの接触データを連携:
読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

組織にとって邪魔な存在:
アイデアを豊富に持っている人ほど、陥ってしまうワナ
アイデアならたくさん持っている、なぜ聞いてくれないのか」 こう考えるビジネスパーソンは多い。また、他人が行った戦略や施策に「あの戦略じゃうまくいくはずがない。こうすればうまくいくのに」と批判が得意な人もいる。 もしかしたらあなたもそうかも……。(2022/5/1)

イケア渋谷店がリニューアル:
一番人気は「サメのぬいぐるみ」 3店舗しかない“都心型イケア”は何が違うのか
イケア渋谷店(東京都渋谷区)が4月25日、リニュアルオープンした。利用客の要望を受け、個人向けだけでなく、ビジネス向けのアイテムやルーム展示を拡充。フォーマルなオフィス空間と自宅のアットホームな空間の融合を図るなど、北欧家具を扱うイケアならではのビジネス空間を提案する。(2022/4/29)

アサヒグループ、情報資産の「ハブ」基盤としてBoxを導入
アサヒグループが、全社の情報資産を一元管理、活用する“ハブ”として「Box」を導入した。情報資産のサイロ化を解決した他、APIも活用し、情報資産とアプリケーションの“疎結合”で、ビジネス変化に対応する柔軟な基盤を構築した。(2022/5/6)

モビリティサービス:
ホンダジェットのシェアリングと陸路の連携で移動を快適に、2022年夏から実証実験
ホンダは2022年4月27日、ビジネスジェット「ホンダジェット」を使ったモビリティサービスの実証を2022年夏に日本で開始すると発表した。地上のモビリティの移動とも連携させることで、空港間だけでなく出発地から目的地まで自由で快適な移動の実現を目指す。(2022/4/28)

「Windows 11」「Windows 365」の新機能はビジネスにどういうメリットをもたらす? 日本マイクロソフトが説明
日本マイクロソフトが法人ユーザーを対象に「Windows 11」「Windows 365」の新機能を紹介するイベントを開催した。Windows 11に搭載される(予定)の新機能は、ビジネスにどのようなメリットをもたらすのだろうか。(2022/4/28)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【中編】
有事に適応できる企業、できない企業の違い 「レジリエンス」を高める秘策は
予測が困難な時代は「いかに状況に適応できるか」が重要な鍵を握る。サプライチェーンのレジリエンスを高め、不慮の事態が生じてもいち早くビジネスを立て直すための考え方について、IDCに聞いた。(2022/4/28)

豊富なテンプレートであらゆる業種に対応:
スモールビジネスにこそアプリを 「Yappli」に低価格の新プランが登場
ヤプリがスモールビジネスの成長をサポートする新プラン「Yappli Lite」を提供開始。(2022/4/27)

chatwork、企業向けMVNO参入 「Chatwork Mobile」
 ビジネスチャット「chatwork」を提供するChatwork(大阪市)は、4月25日よりMVNO事業に新規参入し、企業(法人・個人事業主)を対象に「Chatwork Mobile」の提供を開始すると発表した。(2022/4/27)

大企業はサービス事業者に何を求めている? IDCが国内DX支援サービスの需要動向を調査
IDCは、国内企業のDXを支援するITサービス/ビジネスサービスの需要動向調査の結果を発表した。同調査から、支援サービスの選択に当たって事業者に求められる能力が明らかになった。(2022/4/27)

新電力は6割近くが赤字 「淘汰リスク高まった」と東京商工リサーチ 
東京商工リサーチは26日、新電力の6割近く(56.3%)が赤字だったと発表した。「ビジネスモデルが根本から揺らぎ、今期も赤字拡大は避けられない事業者も多い」と指摘する。(2022/4/26)

各1万4300円:
青山とミズノ、共同開発したバックパック&ビジネスシューズを販売
青山商事とミズノは4月26日、共同開発したビジネス用バックパック「SPLIT-STRAP NEO BACKPACK」およびリニューアルしたビジネスシューズ「エクスライト」の販売を開始した。(2022/4/26)

ホリエモン×夏野剛(2):
ホリエモンが訴える国内サプライチェーンの重要性 脱ロシア化で起こる宇宙ビジネスの課題
今や米国では、民間企業しかロケットを打ち上げられない可能性もある。一方の日本では比較的、国内でのサプライチェーンの機能が保たれている。インターステラテクノロジズでも他国の部品に依存しない形で、ロケットの打ち上げに何度も成功している。(2022/4/26)

ユーザーファーストの源は「データ」:
PR:医療ITで社会課題を解決するやりがいとチーム開発の醍醐味(だいごみ)とは
ただ作るのではなく、なぜ作るのか、サービスやビジネス全体にどのような影響があるのか考えて物事に取り組む。そしてそれを明確に言語化する。私たちはこのチームで、日々成長しています。(2022/4/25)

茶道に学ぶ接待・交渉術:
Web会議への移行で「気遣いレス」になっていませんか? 思い出したい茶道の格言「一座建立」
オンラインの時代です。これまでのビジネスの前例だけでは、カバーしきれなくなった時代とも申せましょう。そんな時代には、日本人が古くから狭い茶室で対面していた時にはどんな配慮が求められていたかを参照してみることにも、意味があるかと思います。(2022/4/23)

Social Media Today:
ザッカーバーグ氏が再び世界を仕切る日――メタバース徹底入門【後編】
FacebookからMetaへ、メタバースに全振りのリブランディングを実施したマーク・ザッカーバーグ氏。頭打ち感のあるSNSビジネスの現状を乗り越え、新たな領域に描く未来像とは。(2022/4/23)

日本カーリング界の歴史を変えた:
ロコ・ソラーレ本橋麻里代表に聞く「ゼロから強い組織を作る方法」
北京冬季五輪のカーリングで銀メダルを獲得したロコ・ソラーレ。本橋麻里代表理事が、ITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。「起業家中の起業家」と表現しても大げさではない本橋代表に、ゼロから強い組織を作る方法を聞く。(2022/4/23)

PR:ハイブリッドワーク成功の鍵は「適材適所のデバイス選び」 ビジネスシーン別の選定ポイント教えます
(2022/4/22)

株式会社ブランドジャーナリズムが設立 編集の力で企業の発信活動を支援
メディア業界でのビジネス経験を持つ林亜季氏、西舘亜希子氏、川口あい氏は4月20日、編集の力で企業や人の発信活動を支援するブランドジャーナリズム(東京都港区)を設立したと発表した(2022/4/21)

キッチンが“家具”になる:
パナソニック、キッチンの新ブランド「カレサ」立ち上げ
パナソニックハウジングソリューションズは4月21日、キッチンの新ブランド「Caresa(カレサ)」を立ち上げると発表した。6月2日から展示・販売を開始する。キッチンを住宅設備ではなく、「家具」と捉えたビジネス展開で、価値観が多様化する消費者にアピールする狙いだ。(2022/4/21)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「未来を創る種」データに光を当て世界を輝かせるのがLumadaの存在意義――日立Lumada Innovation Evangelist澤円氏
Lumada Innovation Evangelistになって約1年。日立の「中」の人になったことによって新たに知った日立のポテンシャルと、あらゆるビジネス領域において参考になるデータ戦略の考え方とは。(2022/4/20)

「メタバース推進協議会」発足 文化形成とルール作り目指す 業界団体は乱立状態
任意団体として活動していた「メタバース推進協議会」一般社団法人として正式に発足した。メタバースを巡る文化やコミュニティーの形成とビジネス促進に向けた業界ルール作りを目指す。(2022/4/19)

知ってる? 大手企業も注目する「デスクレスSaaS」の世界:
今アツい?「非デスクワーカー向けSaaS」、有利・不利な事業領域を“中の人”が分析
ホテルや工場、飲食店といった現場で働く「ノンデスクワーカー」の業務をデジタル化する「デスクレスSaaS」。現在、どんな事業領域でのビジネスが活発になっているのか。実際にデスクレスSaaSを提供するカミナシの諸岡CEOに分析してもらった。(2022/4/19)

アナログな情報収集/戦略構想を変革せよ:
PR:R&Dに求められる情報収集のデジタル化、“言葉のAI”でリサーチDXを推進
デジタル技術でビジネスが変わる中、事業成長の源泉である研究開発にも変革が求められている。課題は戦略構想の基点となる「情報収集」がアナログのまま取り残されていることだ。多様なニーズに対応し成果を出すための“リサーチDX”とは?(2022/4/28)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加。“よりリアルな体験”は、ビジネス用途で一気に普及が進みそうだ。(2022/4/18)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
VRやメタバースの利用がビジネス分野で広がってきた。これまではゲームや音楽といったエンターテインメント分野での活用が先行してきたが、最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加している。(2022/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.