「クラウドコンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ZVC JAPAN、クラウド型電話サービス「Zoom Phone」の一般提供を開始
ZVC JAPANは、クラウド型電話サービス「Zoom Phone」の一般提供を日本で2021年10月に開始する。一元管理やコンタクトセンター統合、国内外への外線発信といった法人向け機能を提供する。(2021/9/27)

グローバル医療サービス会社のDX【中編】
DX推進の医療会社を悩ませた「クラウドをグローバルで使う」ときの課題とは?
複数の国で医療サービスを提供するBupaは、DX推進の一環としてMicrosoftのクラウドサービスの活用を進めている。そこで同社が直面した、グローバル企業ならではの課題とは何か。その解決方法とは。(2021/9/27)

従業員の働き方が変わる:
「クラウド型基幹系システム」がもたらす中堅・中小企業への利点とは?
中堅・中小企業のテレワーク実施率は大手企業と比較してまだ十分とは言えない。だが、全社的なテレワーク拡大は複数のシステムや業務プロセスの見直しを含む複雑な問題のため、人手が限られる組織では対応が難しい。解決策はあるだろうか。(2021/9/27)

ITリソースの自動管理がもたらすもの:
PR:複雑化したITシステム、最適なリソースを割り振るには
クラウド化で新旧システムが混在する中、アプリケーションのどこで何が起きているのかを正確に把握するためには、何が必要なのだろうか? 2021年8月24日にライブ配信されたオンラインセミナーから、日本IBMのセッション「顧客体験を損なわないアプリケーション起点のIT運用」についてレポートする。(2021/9/27)

変革、待ったなし:
PR:ITインフラ改善から取り組む、DX推進の第一歩
DXの本質は、デジタル化、クラウド化、レガシー資産の刷新ではなく、会社を変革することである。そのためには、何が必要で、どこから着手すればよいのだろうか。(2021/9/27)

製品動向:
現場と3DデータをWebブラウザでつなぐ「KENTEM-CONNECT」提供開始
建設システムは、3Dデータの閲覧や共有がブラウザ上でできる新たなプラットフォーム「KENTEM-CONNECT」を、2021年8月23日から販売開始した。測量端末とクラウドサービスを接続することで、PC上の3Dデータと建設現場をリアルタイムにつなぐ仕組みだ。(2021/9/24)

クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【中編】
「リトライ」「サーキットプレーカー」を採用すべきクラウドアプリとは?
クラウドベースアプリケーションのデザインパターンである「リトライ」「サーキットプレーカー」は、どのようなアプリケーションを構築するのに向いているのか。具体例を交えて解説する。(2021/9/22)

点検報告書だけでなく施設のカルテも一元管理:
PR:月850時間の工数削減をもたらす、日立システムズが提案する低コストの点検・保守クラウドサービス
2024年に迫る建設業の労働時間規制――。とくに、膨大なデータが年々蓄積されていく維持管理業務が紙の帳票に依存したままでは、作業員の負担は減るどころか増す一方になってしまう。現状では、点検履歴を探すのも一苦労で、帳票への入力ミスも起こりがち。報告書をデジタル化し、クラウドでの管理が可能となれば、作業員が現場から直行直帰できるのはもちろん、関係者間の情報共有も図れるなど、大幅な業務効率化を見込めるはずだ。設備メーカーや修繕会社などで採用が進む、点検業務をデジタル化する日立システムズの「点検サポートサービス」が、保守業務の現場でなぜ支持されているのか、その導入効果を明らかにする。(2021/9/22)

複合型クラウドサービス、トラブル対応を一本化 CitrixとAVD向けにネットワールド提供
ネットワールドのWebヘルプデスクシステム「TEC-World」に問い合わせると、Citrix CloudとAVDに精通した専任エンジニアが技術的な質問に対応する。(2021/9/21)

Weekly Memo:
パブリックでもプライベートでもない「第3のクラウド」登場 脱オンプレからマルチクラウドまで見据えた内容とは
デジタル化の進展や働き方の変化でクラウドサービスが普及する一方「まだ多くのIT資産はオンプレミスにある」との独自調査を基に、IIJが新たな取り組みを始めた。脱オンプレの課題を解消しつつ「マルチクラウド」のニーズを意識したという内容から見えてくる、クラウド市場の今後とは。(2021/9/21)

変わる野菜ビジネスの法規制に対応 仕入れから販売まで統合管理のクラウドサービス
日立ソリューションズ西日本は、青果卸業向けのクラウドサービス「Hi-PerBT 青果卸向け販売管理システム」の提供を開始した。2020年6月に改正された卸売市場法に対応し、商品の受け卸ろしや販売管理機能などを提供する。(2021/9/21)

開発環境をAzureに移行したらテレワーク中の出社が減りました 「オンプレはもう限界」──ゲーム企業が成し遂げたクラウド移行の舞台裏
開発環境をクラウド化したゲーム企業。Azureを中心に、開発基盤をマルチクラウドで構築した結果、トラブル対応の手間が減り、テレワーク中の出社が少なくなったという。“出社が減るクラウド移行”の舞台裏を中心人物に聞く。(2021/9/21)

研究活動にAWSを活用する医療機関【後編】
小児科病院が明かす「AWS」導入成功の秘訣 IT、事業部門のギャップを埋める
医療機関はクラウドサービスへのシステム移行を成功させるために何をすればよいのか。AWSでシステムを構築した小児科病院Ann & Robert H. Lurie Children's Hospital of ChicagoのCIOの話を基に説明する。(2021/9/21)

グローバル医療サービス会社のDX【前編】
IT幹部を「医療DX」に夢中にさせた、採用面接での医療会社CEOの“あの一言”
民間の医療サービス会社BupaはDX推進の一環で、Microsoftの支援を受けてクラウドサービスを活用している。同社が目指す「パーソナライズ医療の提供」と、それに向けた取り組みを説明する。(2021/9/20)

車載ソフトウェア:
ソフトウェアファーストでオープンな開発環境にArmが名乗り、「SOAFEE」発表
Armは2021年9月16日、オンラインで説明会を開き、クラウドベースでの車載ソフトウェアの開発を推進するオープンなアーキテクチャ「Scalable Open Architecture for Embedded Edge(SOAFEE、ソフィー)」を発表した。(2021/9/17)

クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【前編】
「バルクヘッド」とは? 障害に強いクラウドアプリのデザインパターン
クラウドベースアプリケーションにはさまざまなデザインパターンがある。そのうち障害を広めないことに強みがある「バルクヘッド」を取り上げる。(2021/9/16)

Gartnerが各種の不満を総括
ユーザーが指摘する、AWS、Microsoft、Googleのクラウドの不満点
AWS、Microsoft、Googleは間違いなくクラウドサービス界のリーダーだが、各社のサービスを利用しているユーザー企業は不満を抱いている。Gartnerが同社クライアントから集めた不満点とは?(2021/9/16)

「統合運用管理」の基本と進化【第3回】
AWS、Azureとオンプレミスの違いが生む問題と、統合運用管理ソフトの使い道
オンプレミスシステムを運用してきた企業がAWSやAzureなどのクラウドサービス利用で直面する問題と、JP1やHinemosなどの統合運用管理ソフトウェアが役立つポイントを考える。(2021/9/29)

国内初、インサイダー取引の審査業務にAI活用 SBI証券が導入へ 審査時間を約90%短縮
SBI証券が、国内で初めてインサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度より運用を始めると発表した。審査時間を90%短縮し、審査業務の効率化を図る。共同実証したNECは、同社のクラウドサービスに、インサイダー取引に対応した新機能として22年度に提供する。(2021/9/15)

「クラウドRPA」基礎ガイド【後編】
「クラウドRPA」の「粗悪なbotの大量発生」を防ぐ仕組みとは
クラウドサービス形式のRPAソフトウェア「クラウドRPA」は、管理者のbot管理を容易にする。具体的にどのような管理面のメリットをもたらすのか。(2021/9/15)

kintone、Boxなどが“政府認定クラウドサービス”に セキュリティ評価制度「ISMAP」に追加
政府が、セキュリティ評価制度「ISMAP」にサイボウズのクラウド基盤「cybozu.com」、グループウェア「Garoon」、ノーコード開発ツール「kintone」、米Boxのクラウドストレージ「Box」を登録したと発表した。サイボウズとBoxの製品は初登録。(2021/9/14)

データ利活用の実現に欠かせない
クラウド上における「データ分析基盤」構築のポイントとメリット
人々の生活や企業の働き方がオンラインにシフトし、データ活用の重要性はますます高まっている。一方で企業はデータ活用の取り組みを進める上でさまざまな障壁に悩まされている。どうすればよいのか。(2021/9/17)

「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【後編】
DXのためのデータ活用を成功させるには「データ活用」だけ考えていてはいけない
クラウドサービスをはじめとするITは、DXのためのデータ活用を支える大事な要素だ。とはいえITを導入すればデータ活用が必ずうまくいくわけではない。ではどうすればよいのか。(2021/9/14)

検査・維持管理:
アズビル、クラウド型バルブ解析診断サービスをティーエムエアーに提供
アズビルがティーエムエアー鹿島事業所の主要プラントである空気分離設備および関連設備に、クラウド型バルブ解析診断サービス「Dx Valve Cloud Service」を提供開始した。(2021/9/13)

新しいオフィスと働き方を探る【中編】
金融業が脱・オンプレミステレビ会議からの「クラウドWeb会議」移行を決めた訳
金融サービス企業のJPMorgan Chaseは、オンプレミスのテレビ会議システムからクラウドサービスのWeb会議ツールへと移行した。その背景には何があったのか。同社幹部に決断の理由を聞く。(2021/9/13)

利用者数や通信量の急増にも対応:
富士通、仮想デスクトップサービス群「FJDaaS」を提供開始
富士通は、仮想デスクトップサービスの新ブランド「FJDaaS」を立ち上げ、「Azure Virtual Desktop」を利用するパブリッククラウド型VDIの新サービスを開始。富士通のクラウドから提供する2つのプライベートクラウド型VDIも刷新し、併せて提供する。(2021/9/10)

クラウド型の住基システムで一時障害 142市町村で住民票発行できず 現在は復旧
TKCの自治体向けクラウド型住基システム「TASKクラウド」で障害が一時発生し、全国142市町村で住民票の発行などができなくなったと発表した。現在は復旧済み。8日夜のシステム更新で適用したプログラムの破損が原因だという。(2021/9/9)

ちょっとした設定ミスが不正アクセスのターゲットに:
PR:クラウドのセキュリティ診断で本番環境、開発環境の脆弱性を洗い出し、安全な活用を支援
テレワークの広がりとともに、場所を問わずに利用できるクラウドサービスの活用が一段と加速した。ただその際、ちょっとしたミスや油断で、本来公開すべきではない情報が公開され、不正アクセスを受けてしまう事件が増えている。これを防ぐには、専門的な知見やツールを生かした脆弱性診断が有効だ。(2021/9/9)

700種類以上のシーンや4コママンガから素材使い放題:
マンガ風クリエイティブを作成可能なクラウドサービス シンフィールドと日立ソリューションズが共同開発
簡単な質問に答えるだけでマンガ風広告素材がレコメンドされる「マンガフィールド」を提供。作った素材はFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSやバナー広告などですぐに利用可能。(2021/9/2)

AWSで障害、ネットワーク接続に問題 GitHubも同時期に一時アクセスしづらい状態に【復旧済み】
Amazon Web Servicesが提供する、クラウドサービス「AWS」と企業サーバなどを接続するサービス「AWS Direct Connect」で、9月2日午前7時半ごろから障害が発生している。「コアネットワークデバイスに複数の問題が発生している」という。復旧のめどは未定。(2021/9/2)

「クラウドRPA」基礎ガイド【前編】
「クラウドRPA」とは何か? 普通のRPAソフトウェアとの違いは
クラウドサービス形式のRPAソフトウェア「クラウドRPA」は、オンプレミスのRPAソフトウェアと比べてどのような特徴があるのか。クラウドRPAの仕組みとメリットを説明する。(2021/9/1)

ロイヤル・オペラ・ハウスの事例に学ぶ「クラウドじゃない」選択肢の価値【後編】
クラウドの約半額? ロイヤル・オペラ・ハウスが試算した「HCI」のコスト
クラウドサービスへの全面移行計画を白紙にしてNutanixの「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した英国のロイヤル・オペラ・ハウス。決定の理由は「コスト」だ。実際にどのくらい削減できるのか。(2021/9/1)

複数のAWSアカウントを管理するための必須知識【後編】
AWSなどのクラウドサービスの不要アカウントを安全に削除する方法
クラウドサービスのアカウントを複数管理するときは、利用料金の増大を防ぐために全てのアカウントの利用状況を把握し、使わなくなったアカウントは完全に削除することが必要だ。これらの作業時の注意点とは。(2021/8/31)

製造IT導入事例:
業務用冷凍冷蔵庫メーカーがクラウド型ERPを採用
フクシマガリレイは、グループ会社との連携強化および業務効率向上を目的に、SAPの次世代ERP「SAP S/4HANA」と分析クラウド「SAP Analytics Cloud」の導入を決定した。(2021/8/30)

製造ITニュース:
良品画像の学習のみで不良品検出が可能なAI検査支援サービスを提供
NECソリューションイノベータは、良品画像の学習のみで、AI技術により不良品を検出できるクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。(2021/8/30)

クラウドを使う企業にとって不可避の課題
専門家が語る、“クラウド化進めども、現場は楽にならず”の組織はなぜ増える?
DXに向けてシステムのクラウド化に踏み切る企業は多い。新規事業に合わせたシステム増強やITコストの効率化などのメリットの半面、運用が複雑化するリスクは見落とされがちだ。クラウドを使ったシステムを効率的に運用するには。(2021/9/13)

Supply Chain Dive:
Adidasはatma.ioとの契約で何をしようとしているか 顧客体験を変えるDX投資の中身
消費のトレンドはこの数年で大きな転換点を迎える中、世界中に販売網を持つスポーツブランドAdidasがあるクラウドサービスと契約をして話題を集めている。リサイクル市場の拡大、サステナビリティーを意識したコト消費、オンライン/オフラインを問わない顧客接点など、物の売り方が複雑になる中、ブランドを守り、収益力を上げる仕掛けを探る。(2021/8/27)

クラウドニュースフラッシュ
「コロナワクチン職域接種予約システム」を約10日で完成に導いたクラウドとは?
クラウドサービスを使った新型コロナウイルスワクチン職域接種システムの構築事例やIaaS、PaaS市場の調査結果など、クラウドの主要ニュースを紹介する。(2021/8/31)

Apple、iCloudでメール非公開とカスタムドメインを可能に 「iCloud+」の一部機能をβ版で提供開始
クラウドサービスを拡張する「iCloud+」で追加される機能の一部がβ公開された。(2021/8/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
企業が「脱クラウド」「オンプレ回帰」に踏み切る理由
クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」。あるワイン醸造所が脱クラウドに踏み切った理由と、オンプレミス回帰に必要なハードウェア選びのポイントを説明する。(2021/8/26)

ロイヤル・オペラ・ハウスの事例に学ぶ「クラウドじゃない」選択肢の価値【前編】
あの名門歌劇場がクラウド全面移行をやめて「HCI」を選んだ“なるほどの理由”
英国のロイヤル・オペラ・ハウスはクラウドサービスへのシステム移行を検討していたが、ある理由で「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の採用を決定した。その理由は何か。HCI採用に至った経緯を追った。(2021/8/25)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(1):
「超PayPay祭」の高負荷対策――失敗からリベンジへの猶予は3カ月、ヤフーの運用チームはどう乗り切ったのか
運用管理者に光を当てるオンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」。「超PayPay祭」における失敗と成功についてのセッション「超PayPay祭による高負荷にショッピングはどのように立ち向かったか」から、自社製プライベートクラウドで運用するWebサービスにおける高負荷対策のポイントを探る。(2021/8/24)

クラウド導入でつまずくポイントも解説
「クラウド」がDXの推進に役立つ理由と、その導入方法
クラウドの利用はDXを推進するための有効な手段となる。しかし自社のITスキルやセキュリティ対策、コストの観点からクラウドの導入をためらう企業もある。こうした悩みを解消し、クラウドを活用する方法を紹介する。(2021/8/24)

NTT Com、秘密計算のクラウドサービス「析秘」を提供開始 個人情報などの活用を支援
NTT ComはWebブラウザで利用できるSaaS型秘密計算サービス「析秘(せきひ)」の提供を開始した。独自技術でデータを秘匿化したまま分析でき、高い安全性を担保している。医療をはじめとするさまざまな分野で個人情報などの機密データの利活用を支援する。(2021/8/20)

2025年まで年平均成長率17%との予測も:
クラウド需要は「今後も長期間、果てしなく成長」
最近発表された予測によると、2021年第2四半期におけるエンタープライズ向けクラウドの消費量が、4四半期連続で増大する見込みだという。これだけでも、世界クラウド市場がいかに速いスピードで成長しているかが分かるのではないだろうか。(2021/8/20)

Windows 365入門:
クラウドPC「Windows 365」で仕事環境を構築してみた
Microsoftがクラウド上でWindows 10が動く「クラウドPC」の利用可能なサブスクリプションサービス「Windows 365」の提供を開始した。実際にWindows 365を契約して、クラウドPC上に仕事環境を構築してみた。その過程で分かったことについてまとめた。(2021/8/20)

大規模なクラウド移行がきっかけに:
“以前はベンダー任せだった”システム開発を1年でほぼ内製化 エディオン、大転換に戸惑う現場を導いた戦略とは
柔軟なシステムの変更に自社で対処する力を付けようと、内製化を考える企業は多いはずだ。だが、これまで開発の大半を外注していた企業が内製に振り切ることは簡単ではない。そんな力業に挑んだのが、全国規模で家電販売チェーンを展開するエディオンだ。「そんなことが本当にできるのか」と戸惑うIT部門のメンバーを説得し、実際に内製化を進めたというリーダーはどのような戦略をとったのか。クラウド化の過程と併せて聞いた。(2021/8/18)

クラウド移行コストを漏れなく計算する3つのステップ【後編】
“Kubernetes前提”は高くつく? クラウド移行で見落としがちな「管理」コスト
オンプレミスシステムとクラウドサービスのコストを比較するときに見落としがちな要素が、管理ツールのコストだ。正確に見積もるにはどうすればよいのか。(2021/8/19)

顧客企業のマルチクラウド化は止められない:
「SIのユニクロ化」を目指す AWS専業サーバーワークスがGoogle Cloud取り扱い開始
長くAWS専業で成長してきたクラウドSI企業もいよいよ顧客のマルチクラウド化を前提とした成長戦略を描き出した。サーバーワークスがGoogle Cloudの取り扱いを始める。当初から価格競争力がある体制で挑むため、合弁会社を立ち上げるという。狙いは「SIのユニクロ化」だ。(2021/8/17)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第4回】
ウェザーニューズが「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を選ばない明確な理由
クラウドファーストの方針に基づき、クラウドサービスを積極的に活用するウェザーニューズ。先駆的なクラウドユーザーの間で進む「脱クラウド」「オンプレミス回帰」の波には乗らないと同社は言い切る。その理由は。(2021/8/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.