「コミュニケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

海外医療技術トレンド(76):
日本の一足先を行く米国のコミュニケーション重視型医療機器サイバーセキュリティ
本連載第69回で欧州連合の医療機器サイバーセキュリティ政策動向を取り上げたが、今回は米国の最新動向を整理してみたい。(2021/10/15)

従来はアンケートと専門家の評価が必要だった:
IPAとNICTが「DXの活動状況を自動分析するシステム」を開発
IPAとNICTは、「WISDOM-DX」を開発した。企業が取り組んでいるDX活動について、その活動状況をAI技術によって自動的に分析し、評価する。NICTのユニバーサルコミュニケーション研究所が開発した質問応答システムを活用した。(2021/10/11)

Twitter、過熱しそうな議論に注意書きを表示する機能をテスト
敬意を持ってコミュニケーションするよう促します。(2021/10/7)

応用し放題:
スマホのカメラ映像をリアルタイムに共有 ソフトバンクが法人向けコミュニケーションサービス「visuamall VISUAL TALK」を提供
ソフトバンクが、法人向けコンテンツ配信管理サービス「visuamall(ビジュアモール)」のラインアップに、アプリ不要でスマートやタブレットの映像を共有できるサービスを追加する。B2Bだけではなく、B2Cのサポートサービスでの利用も想定しているという。ライセンス料金は、同時接続できるクライアント(ユーザー)数に応じて決まるようになっている。(2021/9/29)

スキルアップのためにしたことは?:
経験者に聞いた、転職で役立ったスキル 2位はコミュニケーションスキル、1位は?
ビズヒッツは、転職経験者を対象に「転職で役立ったスキルに関する意識調査」を実施。最も多かった回答は「OAスキル」だった。(2021/9/26)

Z世代はファッションで重視するのはブランドではなく「テイスト」 買い物に失敗したくない堅実な消費傾向で「イメージコンサルティング」も人気に
ファッションをコミュニケーションツールだと捉える人が少なくないようです。(2021/9/21)

新しいオフィスと働き方を探る【後編】
“企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド
今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。(2021/9/20)

シニアは「扱いづらい」「ITに弱い」はもう古い! “企業を元気にする”成功例
シニア層の求職者が増えている。しかし、企業側がシニア採用に対し「コミュニケーションが難しそう」「ITに弱く、業務が困難なのでは」という懸念を取り払えないでいるケースも多い。そんな中、うまくシニア人材を活用している企業には共通点があった──。(2021/9/16)

マンション管理:
長谷工が分譲マンションの管理組合向けにWebサービス提供、“理事会無し”で合意形成が可能に
長谷工グループは、分譲マンションの管理組合で現在、新型コロナウイルス感染症の影響で理事会を開きにくいことや修繕計画などで住民間の合意形成が難しくなりつつあることを受け、区分所有者向けにWeb上でコミュニケーションを図れる新サービスを提供する。(2021/9/13)

Microsoft、リモートワークの影響を約6万人の従業員で調査した研究論文発表
Microsoftはリモートワークが従業員に与える影響に関する研究論文を発表した。米国の従業員6万1182人のコラボレーションデータを匿名化して分析した結果、グループ間のコミュニケーションが低下したことなどが分かった。(2021/9/13)

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

「オペレーショナルレジリエンス」とは何か【後編】
「オペレーショナルレジリエンス」には会話が不可欠な“納得の理由”
さまざまな危機に“免疫力”を持つには、部門を超えて積極的にコミュニケーションを取ることが重要だ。「オペレーショナルレジリエンス」の本質に迫りつつ、実現への道筋を示す。(2021/9/7)

新しいオフィスと働き方を探る【前編】
テレワーク推進のジョンソン・エンド・ジョンソンが「会議室こそ重要」と考える訳
Johnson & Johnsonはコロナ禍を契機にテレワークに軸足を移し、必要なコミュニケーションツールを導入した。同社が将来の仕事場の姿を模索するに当たって、「会議室」の在り方が重要だと考えた理由は。(2021/9/6)

石野純也のMobile Eye:
MVNOに開放された「+メッセージ」 それでも課題は山積、打倒LINEは遠い?
ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアが合同で提供する「+メッセージ」が、UQ mobileとY!mobile、そしてMVNOに提供される。SMSやMMSの進化版として順調に規模を拡大しているが、課題も多い。現状の+メッセージは非常にシンプルなメッセージのやりとりだけとどまっており、コミュニケーションを起点にしたサービスの拡充が遅れている。(2021/9/4)

就業年齢の上昇は7割が「歓迎」:
シニア世代が「早期退職してもよい」と思える割増金額は?
サイボウズチームワーク総研は、55歳以上のビジネスパーソン約3000人を対象に「職場との関わり」についての意識調査を実施。シニア世代が「辞めてもよい」と思える早期退職割増金額や職場でのコミュニケーション状況などが明らかになった。(2021/9/2)

オンラインオフィスmycrew、「Voiceフロア」を9月よりリリース テレワークで不足するコミュニケーション量を確保
 オンラインオフィスサービスmycrew(マイクルー)を提供するmycrew(東京都目黒区)は8月31日、テレワークでも近くの同僚と気軽に会話ができるVoiceフロアを9月よりリリースすると発表した。(2021/9/1)

期間限定で無料モニター募集中!:
PR:あなたの音声が、相手にストレスを与えているかも? オンライン会議を「音」で変えるスピーカーフォン「Poly Sync」
リモートコミュニケーションで特に重要な「音声」。この音声をアップグレードし、オンライン会議を快適化できるのが、高機能スピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーだ。本記事では、同ファミリーを紹介・解説するとともに、期間限定で無料モニターも募集している。ぜひ最後までチェックしてほしい。(2021/8/30)

製造マネジメントニュース:
AI拡張型ソフトウェアエンジニアリングなどが“過度な期待のピーク”へ
米国の調査会社Gartnerは「先進技術におけるハイプ・サイクル2021年版」を発表した。「過度な期待のピーク期」では「分散型アイデンティティー」「データファブリック」「非代替性トークン」「AI拡張型ソフトウェアエンジニアリング」「従業員コミュニケーションアプリケーション」「コンポーザルアプリケーション」などが挙がった。(2021/8/25)

気になる女子が占いの話ばかりでウンザリ! コミュニケーション手段としての占い利用を教える漫画
会話のきっかけとして天気の話をするのと近いニュアンスで。(2021/8/30)

コロナも影響、消えゆく企業向け電話システム
「電話」はもう使われずに消えてしまうのか?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックでテレワーク移行した企業が、電話に代わるコミュニケーション手段を模索し始めている。その背景には何があるのか。このまま電話はオフィスから消えるのか。(2021/8/21)

組織における「知らない」をなくす 社内SNS「THANKS GIFT」、社内報機能をアップデート 
 採用支援やHR Tech事業を行うTake Action(東京都品川区)は8月19日、社内コミュニケーションプラットフォーム「THANKS GIFT」上で社内報機能をアップデートしたと発表した。(2021/8/20)

Innovative Tech:
テレワークで「つながり弱い同僚」との会話は激減、しかしそれが不安をもたらす──NTT調査
つながりが強い人と弱い人。それぞれ異なるコミュニケーションツールを使う傾向にあるという。それがもたらす結果とは。(2021/8/20)

「社内外のコミュニケーション基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2021/8/18)

顔を認識して名前を呼ぶ「あみちゃん人形」、タカラトミーがシニア向けに発売 持ち主以外は少し“塩対応”
タカラトミーは18日、AIを活用して持ち主の顔を認識し、会話するコミュニケーション人形「うちのあまえんぼ あみちゃん」を発表した。(2021/8/18)

シニア向けコミュニケーション人形「あみちゃん」登場 持ち主の顔を認識し孫のようにしゃべりかける
一緒に歌ったり早口言葉に挑戦したり。ファッションチェックもしてくれます。(2021/8/18)

もう一度読みたい厳選ブックレット(4):
知らないと現場で生き残れない? 覚えておきたい「コミュニケーションの妙技」
@ITとTechTargetジャパンが連携して読者人気が高かったブックレットを紹介する本連載。第4回目は「IT業界でうまく立ち回る方法」と題し、IT業界で特に注意すべきコミュニケーションに関するブックレットを紹介する。(2021/8/17)

2つの創造が必要:
「伝える」と「伝わる」を理解するための図解講義
2者間のコミュニケーションにおける「伝える/伝わる」の面白いところは、2つの創造を越えねばならないところです。第1に送り手の「発信・表現」という創造があり、第2に受け手の「受信・読解」という創造があります。送り手側のコミュニケーション技術だけが進んでも、受け手の読解力が育たなければ、豊かで厚みのあるコミュニケーションは生じません。(2021/8/9)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

Facebook、メタバース製品グループ立ち上げ 「次のコミュニケーションプラットフォーム」とザッカーバーグCEO
Facebookがメタバース構築のための製品グループを立ち上げた。ザッカーバーグCEOは「メタバースはモバイルインターネットの後継となると確信する」と語った。(2021/7/27)

コミュニケーションを活性化せよ:
PR:「会議室が足りない」「会議のムダが多すぎる」をどう解消? ハイブリッドワーク実現のポイント
オフィス出社が増えるにつれ、「会議室が足りない」という問題に直面する企業も多い。そんな問題を手軽に解決できるのが、シスコシステムズが提供する、オンラインコミュニケーション専用端末「Webex Devices」だ。同ソリューションを活用することで、働き方や会議室の在り方はどう変化していくのだろうか。(2021/8/2)

メカ設計ニュース:
Webブラウザ上で容易にシミュレーションできる3Dシミュレーター
大伸社コミュニケーションデザインは、3D CADなどのデータを使い、Webブラウザ上で3Dシミュレーションできる「ClouDali」をリリースした。CADやBIMの未経験者でも、容易に製品や壁を配置して、空間提案やバーチャルショールームなどに活用できる。(2021/7/26)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第1回】
「Zoom」などの「Web会議」ツールの選び方 コミュニケーションに適した条件は
Web会議を実施する主な目的に「コミュニケーション」「コラボレーション」「プレゼンテーション」がある。中でもコミュニケーションに適したWeb会議ツールは、どのような観点で選べばよいのか。(2021/7/26)

無料ツールの落とし穴
“ちょっとした翻訳作業”が生産性を下げる? 企業向けAI翻訳ツールが注目の訳
日々の情報収集や海外とのコミュニケーションにおいて無料翻訳ツールを利用する機会が増えているのではないだろうか。だが、そうした便利なツールの利用は非効率や思わぬリスクを伴うことがある。(2021/7/20)

今日のリサーチ:
B2Bサイトのコンテンツコミュニケーション力ランキング第1位は「村田製作所」――トライベック調査
自社のオウンドメディアを通じて顧客の購入検討に有益なコンテンツを豊富で魅力的に提供している企業が上位に入りました。(2021/7/20)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「妊夫」「指ハート」も登場予定 絵文字(Emoji)の進化史を振り返る
ビジュアルコミュニケーション全盛のいま、感情から意思表示まで多彩な表現を担う絵文字に迫ります。(2021/7/9)

導入企業に聞く「Zoom Phone」の活用法【前編】
バイオ製薬会社が「Zoom Phone」を選んだ“合理的”な理由
Gilead Sciencesは新型コロナウイルス感染症の影響で、社内外のコミュニケーションを「Zoom」のWeb会議に置き換えた。同社は次の展開として音声クラウドサービス「Zoom Phone」の導入を進めている。その理由は。(2021/7/9)

情報共有が遅い:
コロナ禍の社内コミュニケーション 課題だと思う相手は?
人材紹介事業を展開するエイトシークエンスは、「コロナ禍の社内コミュニケーション課題に関する調査」の結果を発表した。課題だと感じるものの1位は……。(2021/7/7)

iPhone版「Rakuten Link」の仕様変更日が決定 7月6日から順次
急きょ延期されたiPhone(iOS)版「Rakuten Linkアプリ」の仕様変更が、7月6日から順次開始されることになった。仕様変更後は、機能がRakuten Linkアプリ同士のコミュニケーションとアプリからの電話発信に限定される。(2021/7/5)

クラウドテレコム、通話コミュニケーションも簡単に行える仮想オフィスツール「クラウドオフィスコンソール」
クラウドテレコムは、オフィスで日常的に行われていたコミュニケーションをクラウドベースで実現する「クラウドオフィスコンソール」を発表した。(2021/7/5)

ダイレクトな人々 第8回:
“和ピクルス”ブランド「和もん」が心と体の栄養を届けるためにしていること
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第8回は“和ピクルス”ブランド「和もん」のオーナーである石根友理恵さんに取材しました。(2021/6/29)

携帯各社、企業のSMS番号を共通化 双方向コミュニケーションが容易に
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは、個人ユーザーが企業とSMSを送受信するために利用する番号の共通化を発表。6月28日から順次提供し、楽天モバイルも本共通化への参画を検討するという。(2021/6/28)

“真実”を見抜く人事戦略(7):
人事部と現場は、なぜもめる? 採用で起きるミスコミュニケーション3つと防止策
採用のシーンでは、しばしば人事部と他部署間でのミスコミュニケーションが起こる。よくあるミスコミュニケーションを3つ取り上げ、その防止策を解説する。(2021/6/30)

PR:AIで“自然な見守り”ができる トーンモバイル「Oneメッセンジャー」を使って分かったこと
SNSを利用したコミュニケーションは便利だが、子どもが使うと炎上したり犯罪に巻き込まれたりするリスクが付きまとう。そこで注目したいのが、トーンモバイルが提供している家族専用の「Oneメッセンジャー」だ。単にメッセージをやりとりできるだけでなく、AIが子どもの状態を見守り、「子どもが車に乗りました」「子どもが学校を出ました」など、AIからリアルタイムでメッセージが届き、新しい形の親子のコミュニケーションを実現している。(2021/6/24)

自主的に集まり情報発信する“60代の部活” ネット回線事業者がシニア応援サイト
中部テレコミュニケーションがシニアのセカンドライフを応援するWebサイトをスタート。「IT」や「資産管理」など4つのテーマごとに、オンライン講座などやイベントを実施する。サービス内でのコミュニティ形成も見込めるという。(2021/6/23)

新入社員が先輩とランチに行くと無料に アンカー、コミュニケーション活発化の新制度
入社1カ月以内の社員が既存社員と一緒にランチに行ったとき、代金を全て負担する新制度をアンカー・ジャパンが導入。リモートワークの影響で難しくなっている部署間のコミュニケーションを活発化する。(2021/6/21)

会話のキーワードを自動分析、関連イラストをリアルタイム表示 リコー、Web会議を円滑化する新サービス
リコーは6月21日、Web会議の内容を音声認識技術でリアルタイム分析し、会話の中のキーワードと関係するイラストを画面に表示してコミュニケーションを円滑化するサービス「piglyph」(ピグリフ)を発表した。(2021/6/21)

日商エレクトロニクス、金融機関向けにデジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約を強化 電子認証サービスと連携
日商エレクトロニクスは、電子認証サービスとの連携により、デジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約機能を強化した。フロントでのコミュニケーションから電子署名による非定型契約、アフターフォローまでをMoxtra上でワンストップで提供する。(2021/6/17)

コミュニケーション基盤は複数SaaSを組み合わせよ 東工大が目指したベストオブブリードの構成とは
国内の大学と海外の先進的な大学を比較すると、DX推進に向けた人員や資金には大きな開きがあるケースが多いという。東工大は、この差を覆すためにDX推進の一環として、ベストオブブリードの構成でセキュアなコラボレーション基盤を構築した。ツールの選定から基盤の普及までどのような取り組みを進めたのだろうか。詳細を聞いた。(2021/6/16)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【後編】
コミュニケーションツールをどうしても統一できない企業がツール乱立を防ぐ方法
円滑な共同作業のために、複数のコミュニケーションツールを併用することを許容するのも一つの考え方だ。互換性の確保やツール間連携など、従業員の生産性を高めるためにIT部門が貢献できることをまとめた。(2021/6/16)

ソースネクストの「ポケトーク」に新機能 グループ翻訳とWeb会議への字幕付与に対応
7〜8月にかけて、ソースネクストのクラウド翻訳機「ポケトーク」に新機能が追加される。初代モデルを除く全モデルにおいて、最大100人とコミュニケーションを取れる「グループ翻訳」と、Windows PCのカメラ画像に翻訳字幕をリアルタイムに合成する「ポケトーク字幕」が利用できるようになる。(2021/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.