• 関連の記事

「デジタルサイネージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

リアルとネットの相乗効果:
旅客激減の羽田空港が、ECの売り上げを“1年で100倍”に キーワードは「デパ地下客」
コロナ禍で羽田空港の航空旅客数とともに、空港での商品売り上げも減少──。しかしECに注力し、1年間で月別最大5倍ほどアクセス数を伸ばした日本空港ビルデング。急成長の鍵は「デパ地下客」だった。(2021/10/22)

工場ネットワーク:
PR:大手自動車メーカーが加速させる工場のスマート化、「現地現物」の先にあるもの
新型コロナは製造業の業務プロセスも大きく変化させつつある。その一つが「工場のスマート化」の加速だ。従来の工場は「現地現物」が前提として定着していたが、その様相は大きく変化しつつある。リモート化を前提とした工場の変化を追う。(2021/10/11)

スピン経済の歩き方:
「今日の仕事は、楽しみですか」に、なぜイラっとしたのか 「仕事が苦痛」な日本人の病
「今日の仕事は、楽しみですか」――。JR品川駅内のコンコースに表示された広告が、批判を受けて1日で終了した。なぜ多くのビジネスパーソンはこの文言にイラっとしたのか。筆者の窪田氏がその背景を分析したところ……。(2021/10/13)

小寺信良のIT大作戦:
「今日の仕事は、楽しみですか」品川駅広告炎上、3つの地獄を解き明かす
「ディストピアだ」「仕事は楽しみじゃなきゃいけないのか」といった批判を浴びた広告への反発と対応を小寺信良さんが分析する。(2021/10/12)

通勤客の心“逆なで”:
「今日の仕事は、楽しみですか」品川駅での広告 駅利用者の反応は?
「今日の仕事は、楽しみですか」。通勤客が多い東京都港区のJR品川駅の自由通路にこんなメッセージ広告が一斉に掲げられたところ、ネット上で「働く人の神経を逆なでしている」などと非難が殺到し、公開翌日に取りやめになった。(2021/10/7)

3500万米ドルを調達:
エッジAI新興Deep Vision、22年に第2世代チップを計画
米国のエッジAI(人工知能)チップのスタートアップ企業であるDeep Visionは、Tiger Globalが主導するシリーズBの投資ラウンドで3500万米ドルを調達した。同投資ラウンドには、既存の投資家であるExfinity Venture PartnersとSilicon Motion、Western Digitalが参加している。(2021/10/6)

触らなくていい「静電ホバータッチディスプレイ」、シャープが開発
シャープは4日、指を画面から浮かせた状態で操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を発表した。(2021/10/4)

イオンタウン幕張西:
海浜ニュータウン幕張地区にイオンタウン 病院併設で健康支援
ウエルシア イオンタウン幕張西店を中心に、地域住民の医療、健康、生活を支援する。(2021/10/4)

BAS:
日立ビルシステムが本社を新しい働き方の実験場に、新型のビルシステムを導入
日立製作所と日立ビルシステムは、日立ビルシステムの本社と亀有総合センターのオフィスを、ニューノーマルの働き方を検証する実験場をイメージして改修し、独自のIoTプラットフォーム「Lumada」を用いたビルIoTプラットフォーム「BuilMirai」および就業者向けアプリケーション「BuilPass」を導入した。(2021/9/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
PS5増設需要でWD SN850が飛ぶように売れる
M.2 NVMe SSDがストレージのメインストリームになる流れの中で、PS5の増設需要がそれを猛烈に後押ししているという。特に1TB/2TBのPCIe 4.0タイプの動向が熱い。(2021/9/28)

西日本の旗艦店:
イオンモール岡山が第2期リニューアル、無印良品の移転など約10店舗を刷新
イオンモールは10月8日〜12月20日、西日本の旗艦店「イオンモール岡山」の第2期リニューアルを実施する。ペットショップなど約10店舗を刷新するほか、無印良品を5階から1階に移転、1階北東側エントランスの改装を予定している。(2021/9/27)

プロジェクト:
複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」着工
日本経済新聞社と大和ハウス工業は、大阪市中央区にある日本経済新聞社旧大阪本社跡地の複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」を2021年8月1日に着工した。テレビ大阪本社、ダブルツリーbyヒルトン大阪城など、多様な機能の導入による魅力の充実と観光拠点機能の強化を図る。(2021/9/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

デジタルサイネージ活用:
ファミマ、デジタル広告を「新たな成長戦略の柱」に ウォルマートに続けるか
ファミリーマートと伊藤忠商事は8月19日、デジタルサイネージを活用したメディア事業を始めると発表した。全国のファミマ店内に大画面のデジタルサイネージを複数台設置。ファミマ商品の販促に加え、外部に広告枠を売り、収益を得るビジネスモデルだ。エンタメやアート、ニュース、地域情報なども音声付きで配信する。(2021/8/19)

FM:
古河電工が新本社にABWを導入、多様な執務席と会議室を設置
古河電気工業は、東京都千代田区丸の内二丁目のオフィスビル「丸の内仲通りビル」から東京都千代田区大手町2丁目のオフィスビル「TOKYO TORCH 常盤橋タワー」に本社を移転し、2021年7月19日に業務を開始した。(2021/8/18)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
天気に合わせた広告配信 「weathermarketing.net」が目指す広告体験向上のためのデータ活用
脱サードパーティーCookieの流れが進む中、広告の「出し分け」があらためて課題になっている。そうした中、気象データの活用というアプローチを取るサービスが登場した。(2021/8/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ThinkPadがEcho Showに変身? レノボ製PCで利用可能になったAlexaアプリの「Showモード」を試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はWindows用Alexaアプリの「Showモード」に対応したレノボ製PCをチェックする。(2021/8/12)

テックウインド、レノボ製法人向けAndroidタブレットを対象としたAPIカスタマイズサービスを開始
テックウインドは、レノボ製法人向けAndroidタブレット端末向けのAPIカスタマイズサービスを開始した。(2021/7/28)

小売り、製造、医療を中心とした5G導入【中編】
小売業と製造業が「5G」に“熱視線”の理由 具体的な用途は?
複数の調査会社が、「5G」によってまず恩恵を受けるのは小売業や製造業であると指摘している。具体的にどのような用途が考えられるのだろうか。(2021/7/6)

マイクロアドデジタルサイネージが「OiTr」と連携:
女性個室トイレのデジタルサイネージにプログラマティック広告配信 生理用ナプキンを無料で提供
ジェンダーギャップ解消にデジタルサイネージが貢献。マイクロアドデジタルサイネージは2021年8月、オイテルが運営する女性個室トイレメディア「OiTr ads」に動画広告配信を開始する。(2021/6/30)

ららぽーと富士見で導入:
ナプキン無料化、動画広告でマネタイズ 施設内の広告出稿など見込む
女性個室トイレにデジタルサイネージ機能を持つディスペンサーを設置し、広告費を得ることで、利用者に対して無料で生理用ナプキンを提供する──「生理の貧困」に注目が集まるなか、オイテル(東京都品川区)はそんなサービスを8月に始める。(2021/6/29)

PR:公開はゴールではない! Webサイトの“運用”で困らないために最初に考えるべきこととは
(2021/6/23)

「業務スーパー」がAI導入、カートが商品をおすすめ ソフトバンクが協力
8月オープン予定の「業務スーパー天下茶屋駅前店」は、商品の品切れを自動検知するAIや、レコメンド機能付きのショッピングカートなどを導入。次世代型スーパーの実験店舗として、新しい買い物体験の創出を目指す。(2021/6/21)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

トイレ個室で生理用品を無料で提供するサービス「OiTr」 ららぽーと富士見で本格導入
広告費で生理用品代をまかなう仕組み。(2021/6/4)

プロジェクト:
入居する飲食店の販促を効率化するシステムを導入した商業施設が竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区宇田川町で開発を進めていた商業施設「HULIC &New UDAGAWA」を2021年3月12日に開業した。(2021/5/31)

3Dプリンタニュース:
タッチパネル向け除菌器を共同開発、3Dプリンタで実現したアタッチメント機構も
ホタルクスと成田国際空港は、タッチパネルの表面に近紫外線のUVA(紫外線A波)を照射して除菌する「HotaluX TOUCH」を共同開発した。除菌対象の形状や素材に合わせて、タッチパネルとの接触部分の仕様を柔軟に変更できる3Dプリントアタッチメント機構を採用。丸紅情報システムズの協力の下、一部のパーツを3Dプリンタで製作することで同機構を実現した。(2021/5/21)

広告配信と併せてインセンティブ施策も実施可能:
NTTドコモ、「dポイント」を通じてメーカーと消費者をつなぐ販促支援型広告サービスを提供開始
「dポイント」および「d払い」加盟店が保有する購買データを活用した広告出稿と「dポイント」によるインセンティブ施策をパッケージとした販促支援型広告サービス「ドコモ広告 セールスプロモーション PKG」を提供開始。(2021/4/27)

カラーフォントとバリアブルフォントで文字表現を超えたクリエイティブへ 日本語Adobe Fontsの新たな地平
「フォントの日」で発表されたカラーフォントとバリアブルフォントについて、アドビの担当者がさらに詳細に答えた。(2021/4/20)

CIM:
西松建設がGNSSとCIMで、ダム建設工事のケーブルクレーン自動運転技術を開発
西松建設は、ダム工事を対象に、GNSS測位技術でコンクリートバケットの位置を取得し、CIMモデルと連携させることで、ケーブルクレーンを自動運搬するシステムを開発した。既に実現場での堤体工で試験運用を開始しており、コンクリート打設工程の時間短縮につながると期待されている。(2021/4/15)

NEWS
聖マリアンナ医大病院、車いすを検知する自動ドア制御システムの実証実験
聖マリアンナ医科大学病院はAI技術を活用した画像分析の実証実験を実施する。エントランスで車いすの利用者をカメラ画像から検知し、自動ドアの開放時間を長くするなど安全の向上につなげる。(2021/4/14)

AIが自動ドアの開閉スピードを自動調節、車いす利用者の通行を容易に
NECソリューションイノベータが、画像認識AIを活用して自動ドアの開閉スピードを調節する実験を、聖マリアンナ医科大学病院で始める。車いす利用者を確認したときに開閉を遅くし、ケガや障害のある人でも通行しやすくする。(2021/4/12)

コロナ禍で出社率50%以下に:
固定席を廃止、役員もフリーアドレス化 ブラザー販売の「回遊型オフィス」
ブラザー販売が、名古屋本社オフィスをリニューアル。アフターコロナを意識した新オフィスは固定席を廃止し、役員も含めてフリーアドレス化。コミュニケーションが生まれやすくした「回遊型オフィス」だ。(2021/4/13)

導入事例:
清水建設が全作業所に「デジタルサイネージ」導入、年3000万円の印刷コスト削減
清水建設は、ペーパーレス化の目的で、国内の全作業所に電子掲示板「デジタルサイネージ」を導入する。これまで印刷や配送に要していた年間約3000万円のコストが削減される見込みだ。(2021/4/9)

タッチパネルディスプレイを販売:
菱洋エレクトロ、フェイテックと代理店契約結ぶ
菱洋エレクトロは、フェイテック・ジャパンと代理店契約結び、フェイテック製タッチパネルディスプレイの国内販売を始めた。抗菌や除菌など顧客の要求に合わせた製品のカスタマイズにも対応する。(2021/4/7)

プロジェクト:
顔認証でチェックイン、スマートキーで泊まれる熱海のホテルが開業
プリンスホテルは、静岡県熱海市で、ホテルブランド「プリンス スマート イン」の2号店「プリンス スマート イン 熱海」を2021年4月21日にオープンする。プリンス スマート イン 熱海は、顔認証やスマートキーの技術を活用することで、チェックインとチェックアウトの受付業務、荷物の預かり、鍵の貸与といったホテル業務の効率化を図る。(2021/4/6)

製造マネジメントニュース:
売上高200億円を目指すYE DIGITAL、農業や物流分野のIoT事業を拡大
YE DIGITALは2021年3月30日、2020年度の決算報告と2021年度の事業計画に関する発表会を開催した。2022〜2024年度までの新中期経営計画を発表し、農業、交通、物流分野でIoTソリューション事業などを強化する方針を示した。(2021/3/31)

コロナ禍でPR業界に起きた変化とは? 最新の注目事例を解説
「PR EDGE」より、前月注目を集めたPR事例をランキング形式で紹介。(2021/3/31)

平均給与、管理職になった年齢、残業時間ランキングを“見える化”する企業――デメリットはないのか?
自社の年齢別平均給与、管理職になった平均年齢、部署ごとの残業時間のランキングなどを見える化している企業、タカミヤに話を聞いた。社内各所に設置されたサイネージや、社員が持つPCのスクリーンセーバーでこれらの情報を共有しているという。なぜ、このような取り組みをしているのか。また、デメリットはないのか。(2021/3/31)

タクシーの車窓を“広告枠”に 空車の走行時間を活用、S.RIDEが新サービス
S.RIDEが、タクシーの車窓をデジタルサイネージ化し、走行中に広告を映し出すサービス「Canvas」を6月に始めると発表。まずは東京都で100台のタクシーを使って始める。(2021/3/17)

「映像データは削除され、個人は特定されない」:
人流データを基に小売店のフードロスを削減 NECと枚方市がスマート街路灯の実証実験
NECは大阪府枚方市と、スマート街路灯を活用した快適なまちづくりを目的とした実証実験を実施する。スマート街路灯のネットワークカメラで撮影した映像から通行者の人数や性別などを分析し、来客数を予測して小売店のフードロス削減などに取り組む。(2021/3/17)

ネットワークカメラ搭載の「スマート街路灯」で通行状況を分析、飲食店の来客予測に活用 NECが実験
NECが、ネットワークカメラやLTE通信機能を搭載した「スマート街路灯」を使って人の通行状況を解析する実験を開始。撮影した映像から歩行者の数や性別などを分析する。データは周辺の飲食店に提供し、来客数の予測に役立てる。(2021/3/16)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】2021年春のアップデートは「こぢんまり」? LTSCはサポート期間短縮!?
2021年春(5月ごろ)に提供予定の機能アップデート「21H1」のプレビュー版が配布された。これまでの春の機能アップデートとは異なり、新機能はあまりないようだ。その理由などを探ってみた。(2021/3/12)

VRニュース:
全方位立体映像を裸眼で見られる「WARPE」、リコーがデジタルサイネージで展開
リコーが現実空間で全方位映像を映し出す投影装置を開発したと発表。この投影技術のブランド名称を「WARPE(ワープイー)」として、2021年3月からWARPEによる立体映像の認知度拡大と市場性の検証をするため、まずはデジタルサイネージ用途でビジネスパートナーを募り、市場探索を始める。(2021/3/9)

リコー、裸眼で全方位から見られる立体映像装置を開発 22年度の実用化目指す
リコーが、全方向から裸眼で立体映像が見られる投影装置を開発したと発表した。回転スクリーンに真下から光を当て、光の残像で立体映像を表示する。(2021/3/8)

リモート会議や店舗での活用を想定:
リコー、全方位から3D映像を見る装置開発 XR市場への参入を模索
リコーは現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置「WARPE(ワープイー)」を開発したと発表した。(2021/3/8)

オフィスの最新コロナ対策が結集:
安全で快適な“人起点”の働きやすさを追求したパナソニックの“ライブオフィス”、技術の粋を汐留で体感
パナソニック ライフソリューションズ社(LS社)が2020年に開設したライブオフィス「worXlab(ワークスラボ)」では、従来の建物起点ではなく、人起点の考えに基づくオフィス空間のソリューションを多角的に展開している。そのなかには、会議中のコロナ対策として、ダウンフロー気流でエアロゾルの滞留を抑制する最先端技術が体感できるなど、現在のオフィス空間に欠かせない、さまざまなアイデアが盛り込まれている。(2021/2/8)

防災:
三菱地所が被災時用プラットフォームの機能を強化、帰宅困難者の受付の非接触化を実現
三菱地所は、新型コロナウイルス感染症が拡大している現状を踏まえ、帰宅困難者の受け入れで必要な受付業務を非接触で進められる新システムを被災時用の情報プラットフォーム「災害ダッシュボード4.0」に実装した。2021年2月1日に、新システムの効果を確かめるための実証実験を行った。(2021/2/5)

デジタルサイネージを活用した施設の密回避ソリューションセミナー:
NECが3密回避に効く「過入場検知デジタルサイネージ」を開発
NECは、映像や動画の広告宣伝を配信するだけでなく、施設への入場制限や3密を回避できる「過入場検知デジタルサイネージ」を開発した。(2021/2/2)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
デジタルサイネージ配信管理クラウドの新バージョンは空間演出や遠隔接客を実現
パナソニック システム ソリューションズ ジャパンは、プロジェクションマッピングのような空間演出やデジタルサイネージを用いて接客が行える配信管理クラウド「AcroSign Version 3.0」を開発した。(2021/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.