• 関連の記事

「デジタルサイネージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

3000店舗に導入済み:
レジ真上に巨大ディスプレイ、広告配信すると売上2割アップ ファミマが推し進める「第3のメディア」戦略
ファミリーマートのレジの真上に、巨大なディスプレイが増えている。デジタルサイネージで広告を配信した商品の売り上げが平均2割以上アップ。来年度中に対象全店舗へのデジタルサイネージ導入を目指す。(2022/6/27)

「Apple TV」をビジネスでこそ生かす【後編】
Apple TVを「デジタルサイネージ」で使いたくなる“賢い”理由
あらゆる業種で情報発信するために、キオスク端末やデジタルサイネージの利用が進んでいる。陰でその運用を支える手段となり得るのが「Apple TV」だという。どういうことなのか。(2022/6/24)

2022年度「IT導入補助金」を徹底解説――「インボイス制度」対応を支援 PCも補助対象に
2022年1月19日、政府は2022年度のIT導入補助金の概要について公表しました。今回、企業間における取引のクラウド化拡大やデジタル化の推進、インボイス制度の導入や、新たな類型などが大きなポイントです。本記事では、どの部分が強化されたのか詳しく解説します。(2022/6/22)

ITによる店舗革命【前編】
あの日本企業も使っている、低コストな「レジなし店舗ソリューション」
カートに入れた商品をコンピュータビジョンで認識するAmazon方式よりも低コストなレジなし店舗ソリューションがある。これを利用している日本企業子会社とは?(2022/6/22)

「Apple TV」をビジネスでこそ生かす【中編】
「Apple TV」が“退屈な会議”を過去にする?
「Apple TV」には、さまざまなビジネス用途がある。その一つが、“会議改革”だ。Apple TVを使えば、会議はどのように変わるのか。(2022/6/17)

Hitachi Social Innovation Forum 2021 JAPAN:
デジタルツインは建設業を魅力的な労働の場に変えるか?「3D K-Field」で“未来の建設現場”に挑む鹿島建設
IoTを活用して、建設現場の「ヒト」「資機材」「工事車両」の動きや状態をリアルタイムにデジタルツインで"見える化"する鹿島建設が開発した遠隔管理システム「3D K-Field」。建設現場をリアルタイムにデジタルツインで可視化するだけでなく、既に鹿島建設の赤坂本社や羽田イノベーションシティーで、スマートシティーのプラットフォームに採用され、街運営の多様なユーザビリティ向上に貢献している。(2022/6/15)

オフィス探訪(JT前編):
旧本社から目と鼻の先に移動したJT 担当者が「単なる引越しじゃない」と話すワケ
日本たばこ産業(以下、JT)は、2020年10月に本社を旧JTビル(東京都港区)から移転した。なぜ移転したのか。そこには移転前に課題だった部署間の縦割り構造を打破する狙いがあるという。(2022/6/15)

「PaaS」を解剖する【第1回】
アプリ開発者に「PaaS」が大人気な“納得の4大理由”
アプリケーション開発の効率化に役立つ「PaaS」(Platform as a Service)。その魅力とは何なのか。PaaSの主要な4つのメリットを説明する。(2022/6/10)

プランニング、ターゲティング、レポーティングを一括管理:
デジタルOOH特化型DSP、LIVE BOARDが提供開始
デジタルOOHのバイイングに特化したDSP。(2022/6/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
2万円ちょいのIntel NUCが登場! 360mmラジエーターが3台組み込めるオープンフレーム「CANNON」も話題に
オープンフレーム「CANNON」や、簡易水冷と850W電源搭載のミニタワー「MasterBox NR200P MAX」など、先週もハイスペックな構成が狙えるPCケース系の新製品が目立っていた。(2022/5/30)

キッチンマルシェ:
JR大阪駅内の「エキマルシェ大阪」に新飲食店ゾーン 7月全館オープン
ジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」の第2期リニューアルエリア「キッチンマルシェ」を7月14日に開業すると発表した。(2022/5/18)

効果測定には「AIカメラ」:
「1日1500万人」の来客を生かす ファミマが“広告メディア”になる日
コンビニ大手のファミリーマートは2021年9月、伊藤忠商事との共同出資により新会社「ゲート・ワン」を設立した。その目的は、ファミリーマート店頭にデジタルサイネージを新たに設置し、これを活用したメディア事業を立ち上げること。(2022/5/13)

プロジェクト:
「東京」駅の八重洲口前で延べ2.1万m2のバスターミナルを開発、UR
都市再生機構と京王電鉄バスは、東京都千代田区に位置する「東京」駅の八重洲口前で段階的に整備を進めている「(仮称)八重洲バスターミナル」の名称を「バスターミナル東京八重洲」に決定したことを公表した。(2022/5/10)

第6回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
向こう側が透ける!商品棚の前に設置可能、シースルー型の自己発光型デジタルサイネージ
L&Sが提案する有機ELディスプレイを採用したデジタルサイネージは、透過型でガラス窓から外を見るように、向こう側が透けて見えるので商品の前にも置ける。自己発光もするので、設置場所の明るさにも影響を受けにくく、加えて、軽量かつ薄型で、今までは設置できなかった場所や新たな用途でも活用が見込める。(2022/5/3)

小寺信良のIT大作戦:
防災無線が地デジに 地域の災害情報が変わる
夕方になると流れてくる「夕焼け小焼け」などの放送。これは無線システムで構築されている。これが変わりつつあるという話。(2022/4/30)

勝ち組の研究:
「ららぽーと福岡」オープンの衝撃 ショッピングセンター飽和の時代、勝算は?
2022年4月、ショッピングセンター(SC)業界の雄「ららぽーと」が福岡に出店した。SCは飽和しているといわれている。どこに商機を見い出しているのか、現地で分かったこととは?(2022/4/26)

店舗とECはどうつなぐか? 都心大型旗艦店でアルペンが実践した店舗DX
ローコード開発環境を使ったアジャイルな手法はオンライン/オフラインを融合した店舗DXの仕掛けにどう役立つか。都心部に旗艦店を出店したアルペンのケースからECサイト全盛の今、小売業がリアル店舗を置く意味を考える。(2022/4/25)

マーケティング面での連携も:
ファミマ、電動キックボードシェアのLuupと資本業務提携 専用駐輪スペース設置を加速
ファミリーマートは電動キックボードシェアのLuupと資本業務提携契約を締結した。店舗へのポート設置を加速する。マーケティング面での連携も実施し、街全体の利便性向上・活性化を目指す。(2022/4/22)

PR:ハイブリッドワーク成功の鍵は「適材適所のデバイス選び」 ビジネスシーン別の選定ポイント教えます
(2022/4/22)

人工知能ニュース:
マスク対応の顔認証をエッジに組み込み、オムロンが「OKAO Vision」に機能追加
オムロンが、マスクを着用したままでの顔認証が可能なAIを搭載する「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」を発表。入退室管理システムやセキュリティドア、工場設備などのログイン用途に向けて展開し、マスク対応版を含めた顔認証ソフトウェアライブラリの売上高を今後3年間で倍増させたい考えだ。(2022/4/20)

大阪市の地下街「ホワイティうめだ」に204面のデジタルサイネージ 災害時は防災情報を自動配信
デジタルプロデュース企業のクラウドポイント(東京都渋谷区)が、大阪市内の6地下街を管理・運営する大阪地下街の「ホワイティうめだ」全館に、204面のデジタルサイネージを設置した。(2022/4/19)

スマートシティー:
NTTアーバンソリューションズが「ISO 37106」国内初取得、「東桜街区」スマートシティー実現までの“プロセス”評価
ICTを活用したスマートな街づくりを実現させるため、2019年に設立されたNTTアーバンソリューションズは、スマートシティーの戦略策定と管理運用のプロセスを評価する国際規格「ISO 37106」を国内で初めて取得した。(2022/4/15)

人工知能ニュース:
ラズパイでそのまま動くが優位性に、エッジAIのIdeinがアイシンとの協業を深化
AIスタートアップのIdeinがエッジAIプラットフォーム「Actcast」の事業展開を紹介。会見には協業パートナーのアイシンも登壇し、これまでの開発成果に加え、自動バレー駐車システムや、自動運転バスなどへの搭載を想定しているマルチモーダルエージェント“Saya”の開発状況を説明した。(2022/4/15)

京セラが「ローカル5G共創ルーム」開設 みなとみらいリサーチセンターに
京セラみなとみらいリサーチセンターが「ローカル5G共創ルーム」を開設。ローカル5Gシステムを紹介する「展示ルーム」と、高速大容量通信を体験できて各パートナーと共創活動ができる「共創ルーム」で構成している。(2022/4/11)

全駅のデザイン:
大阪メトロが9駅を公開 リニューアルデザインを見る
大阪メトロは7日、2024年度末までに改装する御堂筋線淀屋橋や中央線大阪港など9駅のリニューアルデザインを発表した。(2022/4/7)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。2023年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。(2022/4/4)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ(電子看板)広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。人工知能(AI)カメラで年齢層や性別を把握し、それに応じた情報発信が可能なデジタルサイネージも登場。こうした進化もあって、回復が加速し来年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。人が行き交う空港や駅での展開が活発化している。(2022/4/1)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アイスの棚が「稼げる広告」に変身! 小売店の新しい可能性
小売店舗には「消費者との接点を持っている」という強みがあります。これまで、オフラインの小売店はオンラインの小売店に比べて広告では稼げないとされてきましたが、状況は変わってきているようで――。(2022/4/1)

プロジェクト:
サンケイビルが天神エリアでオフィスビルの開発に着手、屋上テラスにはWi-Fiを完備
サンケイビルは、福岡県福岡市中央区渡辺通で開発を進めているオフィスビル「(仮称)S-GATE FIT 天神南」が2023年6月に竣工することを発表した。S-GATE FIT 天神南は、オフィス変革期の幅広い要望に応えるオフィスブランド「S-GATE FIT」シリーズとして開発予定で、同シリーズの九州エリア展開は初めてとなる。(2022/3/31)

柔軟な働き方のその先へ:
PR:大失敗のフリーアドレス、ABW――“見せかけ”オフィス改革の落とし穴はいったい、どこにあったのか?
「オフィスで働く」ことが常識ではなくなった今、固定席を設けない「フリーアドレス」や、フレキシブルに場所を選んで働く「ABW(Activity Based Working)」の導入によるオフィス改革も、もはや珍しいものではなくなってきた。しかし、ただ固定席を廃止するだけで“改革”を果たせたといえるのか? フリーアドレス、ABW成功のカギを探る。(2022/3/29)

組み込み開発ニュース:
産業用PCの“CentOS難民”を救え、サイバートラストとコンテックが協業
サイバートラストとコンテックは、コンテックのFA向けコンピュータ「VPC-5000シリーズ」において、サイバートラストが提供するRHEL(Red Hat Enterprise Linux)クローンのLinux「MIRACLE LINUX 8.4」をプリインストールした新製品を開発したと発表した。同年4月中旬から受注を開始し、順次出荷する予定。(2022/3/29)

気象に連動した商品やコンテンツなどを配信:
気象連動型デジタルサイネージによる販促DX支援 ルグランとビーティスが提携
ビーティスが提供するデジタルサイネージ向けコンテンツ配信システムと連携。(2022/3/25)

市全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立てる:
埼玉県深谷市の新たな観光拠点「深谷テラスパーク」 4月15日プレオープン
埼玉県深谷市の新たな観光拠点「深谷テラスパーク」が4月15日にプレオープンする。農業と観光の振興を目指す「花園IC拠点整備プロジェクト」の一環。2022年中にアウトレットやテーマパークも開業予定である。(2022/3/24)

ローカル5G導入促進へ利用料5分の1 NTT東やNEC、5月から新サービス
ローカル5Gの利用を促そうと、安価なサービスや機器の提供が広がり始めた。価格の引き下げによって利用が促進されれば、作業の自動化や遠隔監視など労働力不足の解消につながることも期待される。(2022/3/24)

ローカル5G導入促進へ利用料5分の1 NTT東やNEC、5月から新サービス
高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムを特定エリアで活用する「ローカル5G」の利用を促そうと、安価なサービスや機器の提供が広がり始めた。ローカル5Gによる実証実験は全国各地で行われているが、基地局の導入コストの高さがネックになり、実際の利用は当初の見通しに比べ進んでいない。価格の引き下げによって利用が促進されれば、作業の自動化や遠隔監視など労働力不足の解消につながることも期待される。(2022/3/23)

東京ドームに幅125mの巨大ビジョン登場 完全キャッシュレスに“顔パス”入場も
過去最大のリニューアル工事を済ませ、3月2日にお披露目した「東京ドーム」。日本最大級のLEDビジョンに加え、場内の完全キャッシュレス化や顔認証技術の本格導入などデジタル化を一気に進めた。(2022/3/3)

「イオン上飯田店」跡地:
イオン、名古屋市に“新”都市型ショッピングセンター「そよら」出店 小商圏の新フォーマット
イオンリテールは4月7日、名古屋市北区で2020年に閉店した「イオン上飯田店」の跡地に「そよら上飯田」をオープンする。(2022/3/3)

PR:2022年、「ローカル5G」を簡単に導入できる時が来た NECの一体型基地局で実現
(2022/2/28)

防災:
丸の内エリアを対象とした災害時の情報連携プラットフォームの機能を拡張、三菱地所
三菱地所は、公共交通機関のTwitter情報と自動連携し、災害対策機関での情報共有と帰宅困難者向けの情報発信を行うプラットフォーム「災害ダッシュボードBeta」を開発した。今後は、千代田区とともに、防災対策や首都直下地震に対するスマートシティーの機能として、2022年度中に災害ダッシュボードBetaを丸の内エリアに実装していく見込みだ。(2022/2/25)

「今日の八王子寒すぎ」「近所にパン屋できた」→そのSNS投稿、残して大丈夫? 個人情報リテラシーの啓発動画がゾッとする
東京都が実施したSNSトラブル防止動画コンテストの優秀賞受賞作。(2022/2/23)

3月24日から順次オープン:
「ららぽーと EXPOCITY」開業以来初の大規模リニューアル 新規・改装36店舗が出店
三井不動産が「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」で、開業以来初の大規模リニューアルを実施する。(2022/2/22)

政府、40周年の「マクロス」とコラボ サイバーセキュリティ月間で
内閣サイバーセキュリティセンターは1日、サイバーセキュリティの啓発を目的としてテレビアニメ「マクロス」シリーズとコラボレーション企画を行うと発表した。(2022/2/1)

ソニー、バーチャルスタジオ新設 幅15メートルの「Crystal LED」背景に
ソニーはバーチャルプロダクション技術を生かした常設スタジオを都内に開設する。国内で初めて「Crystal LED Bシリーズ」を導入する。(2022/1/24)

6割超が、屋外の大型ビジョンに広告を出す会社は「信頼できる」 なぜ?
ICAは、20〜60代の男女に「屋外ビジョンの印象」に関する調査を実施した。屋外の大型ビジョンで広告を出している企業は「信頼できる」と答えた人は66.1%に上った。なぜ信頼できると感じるのか?(2022/1/19)

実証実験を開始:
大阪万博会場に『エヴァンゲリオン』モチーフの多機能電柱 関西電力が設置、理由は?
関西電力は5GやWi-Fiスポットなどの機能を備えた多機能電柱「スマートポール」設置に向けた実証実験を、大阪・夢洲で始めた。スマートポールのデザインは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する機体カラーをイメージ。同作品が「電力と親和性があるため」という。(2022/1/18)

関西電力が「エヴァ電柱」開発 Wi-Fiやワイヤレス充電内蔵、大阪万博での活用目指す
関西電力は、5G・Wi-Fiスポット機能やカメラ、街路灯、デジタルサイネージなどを搭載した「スマートポール」の実証実験を始めた。スマートポールのデザインは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにしたという。(2022/1/14)

スマートリテール:
IoTタグで「冷蔵庫の中身」を可視化、食品ロス削減目指す実証実験開始
日本総合研究所は2022年1月11日、同社が設立した「SFC(スマートフードコンサンプション)構想研究会」の参画企業らで、生産者、小売店舗、消費者からなるフードチェーン各領域での食品ロス削減に向けた実証実験を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)タグなどの活用で、小売店舗だけでなく、消費者の自宅内でも食品ロス軽減に向けた取り組みを展開する。(2022/1/12)

「総務」から会社を変える:
2022年の総務、社内コミュニケーションのキーワードは「三位一体」と「新技術」なワケ
いまだ最適解が見えない、コロナ禍で再定義を余儀なくされた社内コミュニケーションの在り方。筆者は、これまで分断されていた施策を統合し、「三位一体」の社内コミュニケーション施策を考えながら、新たに登場している技術も採用すべきだと指摘する。(2022/1/12)

今日のリサーチ:
2022年、アフターコロナのデジタルOOH広告に企業が期待すること――LIVE BOARD調査
テレビやインターネットを補完する第3の広告メディアとしてデジタルOOHへの期待が高まっているようです。(2022/1/6)

アキバ2021年まとめ【前編】:
2021年のアキバ自作街は「警戒」に終始した
コロナ禍による対面営業の難しさと、半導体不足による慢性的な供給の不安定さ。そして、熱狂的なマイニングブームによる特定パーツの払底。1年を通して警戒すべきことが多かった2021年のアキバ自作街を振り返りたい。(2021/12/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.