「Microsoft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft」に関する情報が集まったページです。

“脱Excel”か“活Excel”か
数を数える「COUNT系関数」の落とし穴、基礎的ながら混乱しがちなポイントは?
「Microsoft Excel」で定番の関数「COUNT」は、「データの数を数える」という分かりやすい役割を持ちつつも、「実はあの数は数えてくれない」といった落とし穴があります。注意すべきポイントを確認しましょう。(2024/2/26)

MSI、RAPID VAパネルを備えた湾曲27型/31.5型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、RAPID VAパネルを備えた湾曲27型/31.5型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 275CQRXF」「MAG 325CQRXF」を発表した。(2024/2/22)

タブツリーのスティッキースクロールに対応、Markdownファイル編集機能を強化:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「January 2024」を公開 音声コマンド「HeyCode」でCopilot Chatと対話が可能に
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2024」(バージョン1.86)を公開した。音声コマンドによるチャットやウィンドウ別のズーム変更ができるようになった。(2024/2/22)

「社内のアレ分からん、教えてAI」を支援 Microsoftの“自社版ChatGPT作成サービス”、外部データ取り込み機能が正式リリース
米Microsoftが、大規模言語モデル「GPT-4」などのAPIを同社のクラウド上で使える「Azure OpenAI Service」の外部データ連携機能「On Your Data」を正式リリースした。これまではパブリックプレビュー版として提供していた。(2024/2/21)

MSI、160Hz駆動をサポートした32型4Kゲーミング液晶ディスプレイ Amazon限定
エムエスアイコンピュータージャパンは、4K表示に対応した32型ゲーミング液晶ディスプレイ「MAG 322UPF」の販売を開始する。(2024/2/19)

Google、Microsoft、MetaなどIT系20社、選挙イヤーでのAI悪用阻止協定
GoogleやMicrosoftなど大手IT企業20社のグループがミュンヘン安全保障会議で、世界で行われる選挙でのAI悪用と戦うための技術協定を発表した。2024年は40以上の国、40億人以上の人々が選挙に参加する。(2024/2/19)

セキュリティニュースアラート:
AI時代の要注意脅威アクターとは? Microsoftが調査レポート「Cyber Signals」を公開
MicrosoftはAIの登場によってサイバーセキュリティが大きな変革を迎えているとし、AIを使った攻撃対処や人材不足への対応など新たな取り組みを「Cyber Signals」第6版において伝えた。(2024/2/19)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの不備と怠慢を暴いた、非常にシンプルなサイバー攻撃とは?
セキュリティ専門家たちは、Microsoftの幹部の電子メールがハッキングされたインシデントについて、同社のセキュリティ不備と怠慢の結果だとして批判している。(2024/2/18)

Microsoft、4つのXboxゲームをPS5とSwitchに提供へ
Microsoftは、4本のXbox専用だったゲームを「他のプラットフォーム」に提供すると発表した。Xboxとゲーム業界全体の長期的な成功を確実にするためとしている。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
SmartScreenにゼロデイ脆弱性 これを悪用した巧妙なサイバー攻撃も確認
Trend MicroはAPTグループ「Water Hydra」がMicrosoft Defender SmartScreenのゼロデイ脆弱性を悪用してサイバー攻撃を実行していると伝えた。脆弱性の詳細と攻撃者が使う巧妙な手口とは。(2024/2/16)

OpenAIとMicrosoft、AIを攻撃に悪用するロシアや中国のアカウント停止
MicrosoftとOpenAIは、LLMなどのAIツールがロシアや中国などとつながる脅威アクターに悪用されているという調査結果を発表した。両社はこれらの脅威アクターに関連付けられているすべてのアカウントと資産を無効にしたとしている。(2024/2/15)

CIO Dive:
「業界特化型クラウド」は果たして“買い”か? 慎重論の背景に迫る
AWS、Microsoft Azure、Google Cloudのクラウド大手3社をはじめとするITベンダーが熱心に推進している「業界特化型クラウド」。現在導入するのは果たして"あり"なのか、それとも……。(2024/2/15)

用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【後編】
「Copilot」の“検索”は何がすごいのか? Microsoftの業務アプリで考察
Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、業務アプリケーションの操作や検索を生成AIで支援するサービスだ。Copilotは、エンドユーザーの業務アプリケーションの使い方をどう変えるのか。(2024/2/15)

「Meeting GenAI」発表:
Web会議で「何を話したっけ?」 会話履歴から答える「Otter」新機能は役立つのか
複数のWeb会議ツールの会話履歴を横断して、ユーザーの質問に答える「Meeting GenAI」を、Otter.aiが発表した。AIアシスタント「Microsoft Copilot」やZoomのユーザーを取り込む狙いがあるが、課題も抱える。(2024/2/15)

媒体をまたいだ広告全体のパフォーマンス確認をより効率的に:
Microsoft広告とのデータ連携に対応 WACUL「AIアナリスト」の広告レポートがアップデート
複数のWeb広告プラットフォームでの広告効果を一元管理する機能が、B2Bでニーズの増大しているMicrosoft広告に対応した。(2024/2/14)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「Apple TV」や「Apple Music」がMicrosoft Storeで提供開始/MicrosoftがAIの正確さとプライバシー問題を解消するAIコントローラー発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月4日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/11)

「Bard」は名称変更
Google最新鋭の生成AI「Gemini」は何が違うのか Microsoftと異なる発想
GoogleがAIチャットbot「Google Bard」を「Gemini」に改称。最高性能の基盤モデルを採用する「Gemini Advanced」も発表した。MicrosoftとOpenAIに対抗する動きだと、アナリストは指摘している。(2024/2/10)

セキュリティソリューション:
デジタル身分証明の新時代 Microsoft Entraに「Face Check」機能が登場
Microsoftは「Microsoft Entra Verified ID」に顔認証機能「Face Check」を追加したと発表した。この新機能はプライバシーを尊重しつつ高度な身分証明の検証を可能にする。現在プレビュー版で利用可能。(2024/2/9)

Microsoft Copilot入門:
Microsoft Copilotの基本的な設定と使い方
Windows OSには、「Microsoft Copilot」や「Copilot in Windows」といった無料で利用可能な生成AI機能が実装されている。これらを活用することで仕事の効率化を図ることができる。本稿では、活用する前段階として、Microsoft Copilotを使う方法や設定などについて紹介しておこう。(2024/2/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(214):
Azure Stack HCIの最新バージョン「23H2」リリース、デプロイ方法の大幅変更に注意!
Microsoftは、「Azure Stack HCI バージョン23H2(2311.2)」の一般提供を発表しました。バージョン23H2ではデプロイ方法が大幅に変更され、システム要件も更新されています。デプロイ方法の変更に伴い、現時点ではバージョン22H2以前からのインプレースアップグレードはサポートされません(2024年内には可能になる予定)。(2024/2/9)

用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【前編】
Microsoftの「Copilot for Service」「Copilot for Sales」がCRMにもたらす利点は?
Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、同社が提供する生成AIサービスの一つだ。同社がこれらのサービスを提供する狙いと、ユーザー企業にとっての利点を探る。(2024/2/9)

Microsoft、「Copilot」1周年アップデートで新モデル「デュカリオン」搭載など
MicrosoftはCopilot生誕1周年を祝すアップデートを発表した。新たな微調整モデル「Deucalion」(デュカリオン)を採用して回答を改善し、ページのデザインも変更した。(2024/2/8)

次期「Windows Server 2025」、無停止でOSアップデートを実現する「ホットパッチ機能」を全エディションで提供
米Microsoftは、次期Windows Serverとなる「Windows Server 2025」で、OSや実行中のワークロードを停止することなく自動的にOSのアップデートを行える「ホットパッチ機能」を、全エディションで提供することを明らかにした。(2024/2/7)

「Microsoft 365 Backup」が登場【後編】
「Microsoft 365」のバックアップに必要なのは“純正”と“第三者”のどっち?
Microsoftが「Microsoft 365 Backup」を投入することで、バックアップ分野にはどのような影響があるのか。Microsoftとバックアップ専業ベンダーとの関係を踏まえて考察する。(2024/2/7)

ファイルストレージ「楽天ドライブ」提供開始 Microsoft 365も搭載
楽天シンフォニーは、ファイルストレージクラウドサービス「楽天ドライブ」を提供開始。楽天IDと連携するほか、個人/法人向けどちらも「Microsoft 365」を搭載する。(2024/2/6)

Microsoftが「Xboxの将来についてのイベント」開催を予告 ゲームの独占緩和か
MicrosoftのXbox統括責任者、フィル・スペンサー氏が、来週Xboxについてのイベントを開催するとXにポストした。ここ数週間、Xbox独占ゲームがPS5などに提供されるのではないかとの噂が高まっている。(2024/2/6)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(245):
“非推奨機能リスト”に入っても使い続けたいWindows 10/11の機能
2022年以降、MicrosoftはWindows 10/11の機能を次々に非推奨機能リストに追加しています。その流れは2024年も続くのでしょうか。非推奨の機能リストに入れられたとしても、その全ての機能がすぐに利用不可になるわけではありませんが、実際に利用できなくなった機能も幾つかあります。(2024/2/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(213):
Azure VM Image Builderの新機能「トリガーによるイメージの自動作成」とは?
Microsoftは、これまで「Azure Image Builder」でプレビュー提供していた「トリガー」機能の一般提供を開始しました。これは、特定の条件が満たされたときに、自動で仮想マシン(VM)イメージのビルドを開始して「Azureコンピューティングギャラリー」に送信できる機能です。(2024/2/6)

Microsoftデータ分析ツールの進化【後編】
非構造化データのための「ベクトル検索」にも着目 MicrosoftのAI向け新機能
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI技術を活用した新製品や新機能を発表した。データベース分野ではどのような発表があったのか。(2024/2/6)

Apple「Vision Pro」で利用できる「Microsoft 365」アプリが米国で提供/Google、動画生成AI「Lumiere」を発表 Gemini Proの日本語対応も
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月28日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/4)

Microsoft、パルワールドを支援 専用サーバなど提供 Game Pass版に1日最大300万近いプレーヤー
日本発の3Dオープンワールドゲーム「Palworld」をMicrosoftが支援すると発表した。開発元のポケットペアと協力し、専用サーバや技術リソースを提供する。(2024/2/2)

Google、「Imagen 2」ベースの画像生成AIツール「ImageFX」をLabsでリリース
Googleは、生成AI画像モデル「Imagen 2」ベースの画像生成ツール「ImageFX」をリリースした。「DALL・E 3」や「Microsoft Designer」のようなツールだが、「expressive chip」が使えるという特徴がある。(2024/2/2)

Windowsフロントライン:
Windows 11“24H2”と「AI PC」の実際 Windows 12はどうなる?
Microsoftの次期OSと見られるWindows 11 “24H2”は“Windows 12”となるのか? はたまた“AI PC”とは何を指すのか? 現状の情報から考察していこう。(2024/2/2)

2024年2月下旬にリリース候補版、3月上旬に正式版を公開予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」β版を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」のβ版を公開した。(2024/2/2)

Copilot搭載「Microsoft 365」も「Apple Vision Pro」発売日に利用可能に
Microsoftは、「Microsoft 365」の「Apple Vision Pro」版を2月2日にApp Storeで公開すると発表した。「Teams」ではAppleの「Persona」を利用できる。「Mesh」対応は来年の見込みだ。(2024/2/1)

コード編集機能やリソース見積もり機能など従来型QDKを大幅改良:
Microsoft、「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開 VS CodeでQ#プログラミングができる拡張機能も利用可能に
Microsoftは、量子アルゴリズムの開発、改良を支援する「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開した。(2024/1/31)

Microsoft、AI「Copilot」のAzure好調で予想を上回る増収増益
Microsoftの10月〜12月の決算は、売上高、純利益ともに予想を上回る2桁台の増収増益だった。AI統合を進めたクラウド部門が好調だった。Activision Blizzard買収による営業損失も計上した。(2024/1/31)

リリース時期は言及なし:
次期Windows Serverの正式名称、「Windows Server 2025」に
Microsoftは、次期Windows Serverの正式名称が「Windows Server 2025」になると発表した。(2024/1/31)

脆弱性が解消しない「Microsoft Outlook」【後編】
Microsoftがパッチを出しても「Outlook」の脆弱性が解消しない“根本的な問題”
Microsoft Outlookの脆弱性が相次いで発見されている。同製品の脆弱性を調査するAkamaiによると、同製品の脆弱性が解消しない背景には、“ある機能”が関係しているという。その機能とは何か。(2024/1/31)

「Microsoft 365 Backup」が登場【中編】
「Microsoft 365」にあえて“純正バックアップ”を使う理由と注意点は?
Microsoftのバックアップサービス「Microsoft 365 Backup」は、「Microsoft 365」の全てのアプリケーションが保護対象になるわけではない。同サービスの“守備範囲”や、使うべき理由とは。(2024/1/31)

「Edge」で使ってみないと分からない「Windows Copilot」の進化
Copilotといえば「副操縦士」という意味ですが、生成AI以降、その意味は変わってしまいました。そのCopilotをいう名称を多く使っているのが米Microsoftです。(2024/1/30)

Xでのテイラー・スウィフト偽AI画像拡散について米連邦政府が懸念表明 Microsoftは「Designer」のフィルターを強化
テイラー・スウィフトの偽ヌード画像がXで拡散されたことについて、米連邦政府が懸念を表明した。Xは画像を削除し、「Taylor Swift」の検索結果を表示させないようにした。画像生成には「Microsoft Designer」が使われたと報じられている。(2024/1/30)

セキュリティニュースアラート:
Microsoftに攻撃を仕掛けたMidnight Blizzard 攻撃を防ぐためにできることは?
Microsoftはロシアが支援する脅威アクター「Midnight Blizzard」についての調査結果を公表した。同社はMidnight Blizzardによる攻撃を受けて、この組織の優れている点やリスクを低減する方法を解説した。(2024/1/31)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(30):
「個人向けCopilot」と「企業向けCopilot」の見分け方
Microsoftは、Web用AIチャット機能「Microsoft Copilot」の一般提供を開始しました。これまでは「Bing Chat」や「Bing Chat Enterprise」でプレビュー提供されていましたが、一般提供に合わせて両方が“Copilot”に統一されました。他の機能やサービスも「Copilot」ブランドに統合されているので、まだ混乱している人も多いと思います。(2024/1/30)

各社の担当者が紹介:
今日から始められる「生成AI」活用――Microsoft、Google、AWSの最新サービスを整理する
システム運用をテーマにしたオンラインイベント「Ops Summit 2023」が開催された。大きな注目を集めた生成AIをテーマに、Microsoft、Google、AWSの担当者らが、どのような生成AIサービスを提供しているのか解説した。(2024/1/31)

Microsoftデータ分析ツールの進化【中編】
Copilot搭載の「Microsoft Fabric」で“データ専門家の仕事”はどう変わるのか?
MicrosoftのAIアシスタント「Copilot」がMicrosoft Fabricにも搭載される。具体的に何ができるのか。データ専門家にはどのような影響があるのか。(2024/1/30)

クラウドAI覇権争いの現在地【後編】
Google、Microsoft、AWSの主要クラウド3社「生成AI戦略」の違いとは?
クラウドサービス群のAWS、Azure、Google Cloudにはそれぞれ競争してきた歴史があり、各社の優位性は異なる。AI関連では各クラウドサービスにどのような強みがあるのか。(2024/1/30)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(73):
住友商事が独自のポリシーで「電話基盤をダウンサイジング」、年間コストを90%削減
住友商事はMicrosoft 365によるグローバルなコラボレーション基盤を構築するとともに、独自の設計ポリシーで電話基盤を刷新し、働き方改革に適した利用環境と大幅なコスト削減を実現した。(2024/1/29)

MSI、180Hz駆動に対応した23.8型フルHD液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示をサポートした23.8型フルHD液晶ディスプレイ「G2412F」を発売する。(2024/1/26)

Tech TIPS:
万一に備えて知っておきたいMicrosoft Update手動更新の手引き【Windows 10/11】
ごくたまにWindows Updateでエラーが発生してしまい更新プログラムが適用できないことがある。それが累積更新プログラムの場合、新しい脆弱(ぜいじゃく)性だけでなく、過去の脆弱性の修正も含まれている。そのため、新規インストールしたWindows 10/11などでは、多くの脆弱性がある状態での運用に迫られる可能性がある。このような場合、1カ月前の更新プログラムを手動で適用すればよい。その手順を紹介しよう。(2024/1/26)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(9):
Windows Server 2012/2012 R2のESUに“抜け道”なし――サポートが終了したOSをセキュアに保つ正規の方法とは
Windows Server 2012/2012 R2に対して「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を通じて提供される「セキュリティ更新プログラム」は、Microsoft Updateカタログから誰でもダウンロード可能です。しかし、それをインストールするには“ESUを利用する権利”が必要です。ESUを知らずにセキュリティ更新プログラムを入手、インストールした場合、どうなるのでしょうか。検証してみました。(2024/1/30)

「Microsoft Outlook」の脆弱性を狙う攻撃【後編】
攻撃者は「Microsoft製品」を攻略か? 狙われ続けるOutlookユーザー
「Microsoft Outlook」の脆弱性を悪用した攻撃が明らかになった。セキュリティ組織は、攻撃者が直接不正アクセスをする手段を失っても危険性が残ることに注意する必要がある。それはなぜか。(2024/1/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
AIで「めっちゃ速い」から「めっちゃ便利」へ――2024年の「パーソナルコンピュータ」に加わる新たな評価軸と変化
CES 2024では、久しぶりにコンシューマー向けPCに盛り上がりが見られた。Microsoftが新たに「Copilotキー」の搭載を推奨するなど、いわゆる「AI PC」が活況を見せたからだ。AI PCの登場は、PCの性能に関する価値観を一新する可能性がある。(2024/1/25)

Microsoft Teams、メタバースでの会議が可能に Meta Questなら没入できる
MicrosoftはWeb会議サービス「Teams」で3Dイマーシブ空間(≒メタバース)でミーティングできる「Mesh for Teams」の正式版をリリースしたと発表した。PCからも参加できるが、米MetaのQuestヘッドセットを装着するとより没入できるとしている。(2024/1/25)

実験的な拡張機能「NuGetSolver」:
Microsoft、「Visual Studio」でNuGetの依存関係の問題解決を支援するツールを公開
Microsoftは、「Visual Studio」でNuGetパッケージの依存関係の競合に対処するための実験的な拡張機能「NuGetSolver」を公開した。(2024/1/25)

蔵出しブックレット
「Windows 10」搭載PCを“使えない、危ないマシン”にしない方法
Microsoftは「Windows 10」を使用するためのシステム要件を公開していますが、PCがこれに従っているだけでは実用上、十分ではないことがあります。Windows 10搭載PCを快適かつ安全に使用するこつを紹介します。(2024/1/25)

Visual Studio拡張機能版と.NET CLIツール版を提供:
Microsoftが.NET用Azure移行支援ツール「AppCAT」をリリース 移行の潜在的な問題を特定
Microsoftはオンプレミスの.NETアプリケーションからAzureへの移行を支援する新しいツールをリリースした。(2024/1/24)

脆弱性が解消しない「Microsoft Outlook」【前編】
Outlookで発見された「ゼロクリック攻撃」につながる脆弱性とは
「Microsoft Outlook」の脆弱性を調査していたAkamaiは、組み合わせて攻撃に使われる可能性がある2つの新しい脆弱性を発見した。脆弱性が発見された経緯と、これらの脆弱性の仕組みを詳しく解説する。(2024/1/24)

「Microsoft 365 Backup」が登場【前編】
「Microsoft 365 Backup」はクラウドの“責任共有モデル”を揺るがすのか
クラウドサービスのデータ保護の責任はユーザー企業にある――。これがクラウドサービス利用時の“常識”となっているが、「Microsoft 365 Backup」はその考え方とは異なるものになる可能性がある。(2024/1/24)

「Copilot」で変わるWeb会議【後編】
「Teams」の機能強化を素直に喜べない“あの理由”
業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の機能強化に伴い、「Microsoft Teams」にも数々の新機能が加わる。その結果、Teamsのある変化が、一部の顧客を悩ませる可能性があると専門家は懸念する。(2024/1/24)

2013用「Visual C++ 再頒布可能パッケージ」など関連製品もサポート終了へ:
Microsoft、2024年4月9日に「Visual Studio 2013」サポート終了 影響範囲は? 移行先は?
Microsoftは、「Visual Studio 2013」関連の全てのエディションや製品などのサポートを2024年4月9日に終了すると発表した。「Visual Studio 2019」は同日、延長サポートに移行する。(2024/1/23)

Microsoftデータ分析ツールの進化【前編】
データ分析ツール群「Microsoft Fabric」とは OneLake、BIをまとめた利点は?
Microsoftは2023年11月、データ管理やデータ分析など一連のツールを備える「Microsoft Fabric」を発表した。その具体的な機能と、企業にとってのメリットを紹介する。(2024/1/23)

キーマンズネット まとめ読みebook:
Outlookはブラウザ版を使うべきなのはなぜ? 「Microsoft 365」の見逃しNGポイント
「Microsoft 365」のプロが、Teams会議や共同作業、タスク管理、メール作業にまつわる、ユーザーが見落とし勝ちなポイントを紹介する。明日から試す価値のある裏技もあるので、ぜひ参考にしてほしい。(2024/1/23)

TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【後編】
「Teams」対「Zoom」の勝者はどっち? あえて選ぶなら?
テレワークが日常的な企業において、コラボレーションツールは不可欠だ。代表的な「Microsoft Teams」と「Zoom」を比較する上で、どちらが自社に適しているのかを見極めるポイントは。(2024/1/22)

Microsoft、ロシアが支援するNobeliumによる攻撃で社内メール盗難
Microsoftは、ごく一部の従業員のメールアカウントが侵害され、メールが盗まれたと発表した。同社がロシア国営攻撃者とするMidnight Blizzard(Nobelium、APT29、Cozu Bear)の攻撃としている。(2024/1/21)

石野純也のMobile Eye:
「Galaxy S24」はAIでスマホの使い勝手を刷新 Google/Microsoftとの“等距離外交”も強みに
サムスン電子が新たに発表した「Galaxy S24」シリーズでは、新機軸としてAIを全面的に打ち出している。一連の機能をまとめた「Galaxy AI」は、Googleが下支えをしている。同モデルからは、2大プラットフォーマーとの等距離外交で差別化を図るサムスン電子の戦略も透けて見える。(2024/1/20)

ノートPC不要の時代がすぐそこに【後編】
AWSやMicrosoftの「クラウドPC」は「ノートPC」の代わりになる、ならない?
AWSのシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」は、企業の業務利用に適した特徴を幾つか備えている。同製品をはじめとしたシンクライアントが、ノートPCに完全に代わる日は来るのか。(2024/1/20)

Microsoft、AIと一緒に物語を作り、朗読スキルを磨く「Reading Coach」をプレビューリリース
Microsoftは、生成AI採用の学習アクセラレーター「Reading Coach」のアプリ(プレビュー版)をMicrosoft Storeで無料で公開した。学習者はAIと一緒に物語を作りながら、その物語を音読し、AIが流暢さなどを評価する。(2024/1/19)

DPUを丸分かり解説【前編】
注目の「DPU」とは何か? その本質が分かる“CPU補佐役”の正体
AWSやMicrosoftなど大手クラウドベンダーを中心に、「DPU」(Data Processing Unit)の採用が進んでいる。CPU、GPUの“新しい仲間”DPUには前身がある。それは何なのか。(2024/1/19)

CIO Dive:
FinOpsの拡大へ クラウドコスト管理の標準仕様「FOCUS」の運営委員会にAWSも参加
クラウドの費用や使用量、課金データの標準仕様FOCUSは、AWSやMicrosoft、Google Cloud、Oracleのサポートによって標準の範囲を拡大した。(2024/1/18)

「Microsoft Outlook」の脆弱性を狙う攻撃【前編】
「Microsoft Outlook」がパッチ公開後も狙われ続ける事態に
「Microsoft Outlook」に存在する脆弱性を悪用する攻撃者集団の攻撃活動が明らかになった。Microsoftがパッチを公開済みであるにもかかわらず、危険な状況が続いているのはなぜか。(2024/1/18)

生成AIの業界団体「Generative AI Japan」発足 ベネッセが発起 マイクロソフト、AWS、Google、オラクルなどの幹部が理事に
生成AIの活用を進める業界団体「Generative AI Japan」が1月17日に発足した。日本の産業界から国への提言などを通し、日本全体の産業競争力を高めていくとしている。(2024/1/17)

「Dynamics 365」に生成AI「Copilot」機能追加へ フィールドサービス分野での価値は?
MicrosoftがERP「Dynamics 365」シリーズに「Microsoft Copilot」を追加する。フィールドサービス分野においては情報の容易かつ迅速な取得などのメリットをもたらす可能性がある。(2024/1/17)

「Copilot」で変わるWeb会議【中編】
「Copilot搭載のTeams」は“あれ”が全然違う 何がすごいのか
「Microsoft Teams」に、業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の関連機能が加わり、会議内容の文字起こしを中心とした機能が強化された。専門家が感動したポイントは。(2024/1/17)

Microsoftが個人向け「Copilot Pro」をリリース 優先アクセス権やMicrosoft 365との連携機能などが付いて月額3200円
Microsoftが、個人向けに「Copilot」の有料サブスクリプションサービスを開始した。無料版よりも処理の優先度を上げてもらえる他、Microsoft 365のデスクトップアプリとの連携機能などを利用できるようになる。(2024/1/16)

「300シート以上の購入」条件も撤廃:
Microsoftが「Copilot for Windows 365」を中小企業へも提供、個人向けにも月20ドルのプランが登場
Microsoftは2024年1月15日(米国時間)、「Copilot for Windows 365」(旧称「Microsoft 365 Copilot」)の提供を中堅中小企業や個人に拡大した。個人向けには有料プランを発表した。(2024/1/16)

「Copilot Pro」、日本では月額3200円 Officeで使うにはMicrosoft 365のサブスクが別途必要
Microsoftの一般ユーザー向け生成AIツール「Copilot Pro」は日本では月額3200円で提供する。別途Microsoft 365に加入すれば、WordやOutlookでCopilotを使える。(2024/1/16)

Microsoft、個人向け「Copilot Pro」を月額20ドルで提供開始 「Copilot GPT」も
Microsoftは、LLM採用の生成AIツール「Copilot」の複数の新サービスを提供した。個人向けサブスク「Copilot Pro」や、OpenAIのGPTのような「Copilot GPT」、「Copilot for Microsoft 365」の提供範囲拡大などだ。(2024/1/16)

プロジェクトシナリオへの適合性を理解することが重要:
Microsoft VisioやDraw.io、Graphvizなど7つの「ソフトウェアアーキテクチャ視覚化ツール」をレビュー
TechTargetは、「ソフトウェアアーキテクチャ視覚化ツール」に関する記事を公開した。「Microsoft Visio」や「Draw.io」のような視覚化ツールは、ソフトウェアアーキテクチャの設計と管理に多くのメリットをもたらす。だが、重要なのは正しいツールを選択することだ。(2024/1/16)

KDDI、社内TeamsにAIチャット導入 生成AIの企業利用、工夫や課題点を聞いた
KDDIグループでアジャイル開発事業を行うKDDIアジャイル開発センターは、KDDIが開発した生成AIをコミュニケーションツール「Microsoft Teams」上へ導入している。生成AIの社内活用のための工夫や、課題などを聞いた。(2024/1/15)

Tech TIPS:
地味に便利 Microsoft Edgeの「Webサイトのアプリ化」機能
さまざまなWebサービスが提供されており、Webブラウザだけで作業できるほどになってきている。しかし、Webサービスを開くには、Webブラウザを起動し、ブックマーク(お気に入り)などから該当するWebサイトを選択し、といった手間がかかる。アプリケーションのように[スタート]メニューやタスクバーのピン留めから起動できたら便利だと感じたことはないだろうか。実は、Microsoft Edgeの「アプリとしてインストール」機能を使えば、Webサイトをあたかもアプリのように利用できるようになる。この機能の使い方を紹介しよう。(2024/1/12)

Microsoftの「365」系サービス【第5回】
Microsoft 365かWindows 365か? その前に「Windows 11」のあれが問題?
Microsoftの各種アプリケーションやWindows 11を利用するための選択肢は多様だ。ニーズに適したプランやライセンスを購入するに当たっては、忘れてはいけない幾つかのポイントを押さえるようにしよう。(2024/1/11)

「Copilot」で変わるWeb会議【前編】
「Teams」がますます便利に? 「Copilot」と「Loop」のお役立ち機能
業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の登場によって、「Microsoft Teams」にさまざまな機能が加わることになった。ユーザーが喜ぶポイントは。(2024/1/11)

最大25倍のモデルに匹敵または上回る性能:
Microsoft Research、小規模言語モデル(SLM)の「Phi-2」を発表 MITライセンスで商用利用も可能
Microsoft Researchは、小規模言語モデル(SLM)の「Phi-2」を発表した。27億パラメーターを持つ言語モデルだが、最大25倍の大規模言語モデルに匹敵する性能を持つとしている。(2024/1/10)

山市良のうぃんどうず日記(273):
毎年恒例、「2024年にサポートが終了する」Microsoft製品/サービスまとめ――Windows 10サポート終了までの“最後の2年”をどう過ごす?
この時期恒例となった「サポートが終了する」Microsoft製品/サービスをまとめて取り上げます。「Windows 10」は2024年もまだ使用可能ですが、サポート終了まで“残り2年”を切りました。(2024/1/10)

ついに「Copilot」が提供開始に【後編】
Microsoftの「Copilot」は昔のBobやClippyとは全然違う? その訳とは
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、Copilot for Microsoft 365の新機能を発表した。Copilotは同社がこれまで提供してきた仮想アシスタントと何が違うのか。(2024/1/10)

ソニー・ホンダモビリティ、「AFEELA」の車載AIアシスタントでMicrosoftと提携
ソニー・ホンダモビリティはCES 2024で、EV「AFEELA」に搭載するAIアシスタントの開発でMicrosoftと提携すると発表した。(2024/1/9)

OpenAI、New York Timesによる著作権侵害提訴は「法的根拠なし」と公式ブログで反論
OpenAIは、昨年12月にNew York Timesが同社とMicrosoftを著作権侵害で提訴したことについて「法的根拠がない」と公式ブログで主張した。AIモデルのトレーニングはフェアユースだというこれまでの主張を繰り返した。(2024/1/9)

TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【前編】
Zoomではなく「Teams」を使う理由は? 料金や機能の特徴は?
「Microsoft Teams」は、Microsoft製アプリケーションと連携がしやすいユニファイドコミュニケーションツールだ。テレワーク中のコラボレーションツールとしてのTeamsのメリットと特徴とは。(2024/1/8)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11のシェアは伸び悩む? StatCounterやSteamの調査/「Microsoft Copilot」のiOS版が公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、12月31日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/7)

Microsoftの「365」系サービス【第4回】
「Microsoft 365」「Office 365」は高い、安い? 月額をシナリオ別に計算
「Microsoft 365」や「Office 365」のどのプランでどれくらいの費用がかかるのか。これは実際に算出してみないと理解しにくい。組織規模別のシナリオを前提にして、6つのプランを例に選択肢とコストを解説する。(2024/1/7)

リアルタイムOS列伝(42):
マイクロソフトにWindows以外のOSは無理?「Azure RTOS」は「Eclipse ThreadX」へ
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第42回は、第4回で紹介した「Azure RTOS」がMicrosoftの手を離れて「Eclipse ThreadX」としてオープンソース化される話題を取り上げる。(2024/1/9)

Microsoft、Windowsパソコンのキーボードに「Copilot」キー追加へ
Microsoftは1月末から発売されるWindowsパソコンのキーボードに「Copilot」キーが搭載されると発表した。現在の「アプリケーション」キーが置き換えられ、「Copilot in Windows」を起動する。(2024/1/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(212):
次世代「Windows Admin Center」は“ゲートウェイがモダン化”、その進化の中身は?
Microsoftは、ゲートウェイをモダン化した「Windows Admin Center(WAC) バージョン2311」のパブリックプレビューを開始しました。WAC バージョン2311は2023年12月12日に一般提供が開始されたばかりですが、今回の“WAC バージョン2311 パブリックプレビュー”とはどこが違うのでしょうか。(2024/1/5)

AIをより身近にするために:
MicrosoftがWindows PCへの「Copilotキー」搭載を推進 約30年ぶりに“大きな変更”
Microsoftが、約30年ぶりにWindows PC向けキーボードの機能を追加する。Windows 10/11のAIエージェント機能「Copilot in Windows」をすぐに呼び出せるキーを新設することで、AIをより身近にするという。(2024/1/4)

Windowsフロントライン:
2024年は「AI PC」の年になることを自ら示すMicrosoft
Windows 10の延長サポートが2025年10月に終了するのを前に、Windows 11移行状況はどうなっているのだろうか。同時に、「AI PC」なる物がどのような影響を与えるのか。その辺りの情報をまとめた。(2024/1/4)

Microsoftが「Azure AI」に新機能投入【後編】
NVIDIA、OpenAIとコラボするMicrosoft「Azure強化」の中身とは
Microsoftは2023年11月、AI技術に関する新サービスや新機能を相次いで発表した。同社がNVIDIAとの連携を強化して取り組もうとする「Microsoft Azure」のサービス強化などのアップデート情報を取り上げる。(2024/1/4)

ついに「Copilot」が提供開始に【中編】
ローコードで使える「Copilot Studio」とは? AIアシスタントを独自作成
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI関連の新機能を発表した。その中には、企業のAI活用に欠かせない「Microsoft Copilot Studio」「SharePoint Premium」があった。何に役立つのか。(2024/1/3)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
“AI元年”となった2023年 PCの世界にも地殻変動をもたらす予感
2023年初頭、MicrosoftによるOpenAIへの巨額投資が話題を呼んだ。それ以来、同年は“AI元年”とも呼べる盛り上がりを見せた。2024年も、その流れは続きそうである。(2023/12/31)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
「犯罪者のExcel離れ」が止まらない理由
マルウェア感染の手段として、犯罪者が昔から悪用してきた「Microsoft Excel」ファイル。ここにきて、なぜかExcelファイルを使った攻撃が勢いを失ってきた。それはなぜか。(2023/12/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.