• 関連の記事

「電動バイク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

DCEXPO 2021:
風船のように膨らむ“柔らかいEV” 持ち運べる低コストな乗り物がもたらす価値
東京大学の川原研究室と新山研究室、mercari R4Dなどの研究チームは、「DCEXPO 2021」に、風船のような柔らかい素材で作る新しいモビリティ「poimo」を出展している。風船のように空気で膨らましたボディーに車輪とモーター、バッテリーを加えて簡易なモビリティとして使える。(2021/11/19)

Wavelet OFDMを磁界通信に適用:
数ミリ〜数十センチ間で、数百Mbpsの高速無線通信
パナソニックは2021年11月10日、OFDM(直交周波数分割多重)変調方式の一つであるWavelet OFDMを適用した近距離無線通信技術「PaWalet Link」を開発したと発表した。(2021/11/15)

空きスペースを有効活用 ペットと一緒に乗れる電動バイク「モペット」誕生、足の間にペット用ケージを装備
ちょっとしたおでかけに良いかも。(2021/11/6)

東京都主催の電動バイク展示イベント「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」 12月4、5日開催
フワちゃんも来るよぉぉ。(2021/11/1)

「こんなに集まると思わんかった!」 千原せいじ主催のモトコンポ大集合イベントに「気合い入りすぎ」「ド変態」のガチな珍車大集結
モトコンポが愛される理由、これを見ると分かります♪(2021/11/1)

電気自動車:
ホンダがインドで電動三輪タクシー、エンジン車より安く、走行距離は気にならない
ホンダは2021年10月29日、2022年前半からインドで電動三輪タクシー(リキシャ)向けにバッテリーシェアリングサービスを開始すると発表した。(2021/11/1)

自動車業界の1週間を振り返る:
プリウスPHVで初採用したソーラールーフは「bZ4X」が継承、年間で1800km分の発電
1週間おつかれさまでした。土曜日ですね。Facebookが社名を「Meta」に変更して話題になっています。Metaは、3D CGの仮想空間を指す「メタバース」に由来します。創業からの事業でもある社名から、これから広げる事業であるメタバースを新たな社名とするのですから、とても攻めた社名変更ですね。(2021/10/30)

電気自動車:
ホンダに3車種目の電動バイク、交換式の新型バッテリーで走行距離1.2倍
ホンダは2021年10月28日、ビジネス向けの電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を同月29日に発売すると発表した。(2021/10/29)

バイクの「盗難」「自損」も補償 三井ダイレクト損保が「みんなのバイク保険」発売
バイク盗難は絶対嫌! ツーリング時の単独事故なども悲しい……。(2021/10/27)

電気自動車:
EVの価格競争は「100万円以下のクルマを必要とする5億人」のためにある
日本電産は2021年10月26日、オンラインで2022年3月期第2四半期(2021年4〜9月期)の決算説明会を開催した。(2021/10/27)

指紋認証ロック+“バッテリー目立たない”+20万円切り スマートなスポーツ電アシ自転車「WELB WL01」登場
「指紋認証」は便利そう〜!(2021/10/26)

バイク乗りが選ぶ「一緒にツーリングしたい男性有名人」ランキング 2位は出川哲朗さん、1位は?
どなたと一緒に走ってみたいですか?(2021/10/19)

ゼロヨン最速はZX-14R[2013]! 「0→400m加速タイム」YM歴代実測ランキング
ひと昔前に比べれば絶対視されなくなったとはいえ、「速さ」がバイクのパフォーマンスを示す重要な指標であることに変わりはない。そこでヤングマシンが長年に渡って取り続けている実測走行データを総ざらい。本記事では停止状態から400mまでの加速タイムを競う「ゼロヨン」の歴代ランキングをお届けする。(2021/10/17)

歩くように乗る(!?)新感覚の自転車「ウォーキングバイシクル」のレンタルサービス登場 千葉公園の散策に
何これかわいいな、もちろん電動アシスト付きです。(2021/9/15)

バイクへのiPhone車載「お勧めしません」 アップルが注意喚起、振動でカメラが壊れる可能性
事象は知られていましたが……アップルがあらためて告知しました。(2021/9/13)

たぶん「快速」!! レンタル819、最大110馬力の大型電動バイク「ZERO Motorcycles」を期間限定で配備 9月15日から
電動スポーツバイクの加速感、試してみたいぞぉぉ。(2021/9/8)

ドイツ製モンキー125みたいのキタ!? BMWが電動バイクのコンセプトモデルを公開
BMWモトラッドが電動バイクのコンセプトモデル「Concept CE 02」を発表。(2021/9/8)

エンジンじゃできなかった! イオン海老名SCに電動バイク専用 インドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK」
電動バイク専用のインドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK(イー トレール パーク)」がオープン。(2021/9/7)

十数年ぶりに刷新!:
PR:進化し続ける“強い”汎用パワーMOSFET、価格性能比を徹底追及した新世代の「StrongIRFET」が登場
パワーMOSFETを十数年手掛けるインフィニオン テクノロジーズ。汎用パワーMOSFET「StrongIRFET」と、より用途に特化したパワーMOSFET「OptiMOS」を合わせると、耐圧20〜300Vの製品だけで2000種を超える。2021年3月には第2世代となるStrongIRFETが登場した。汎用パワーMOSFETとしての使い勝手の良さはそのままに、価格性能比を徹底的に追及。第1世代のStrongIRFETと高性能のOptiMOSのギャップを埋める、強力な汎用パワーMOSFETが、インフィニオンの製品群に加わった。(2021/9/6)

「これええやん!」 千原せいじ、最高時速45キロの「快速電動キックボード」を体験 楽しい乗り心地で即ご満悦
「カプセルコーポレーションの乗りものみたい!」スイスイ走れて楽しそう〜。(2021/9/5)

わぁぁ現代のローラースルーGOGOだ! かわいすぎる3輪電動バイク「GOGO!R」爆誕
スイスイ〜っと走れそうです。(2021/8/30)

乗って楽しい業務用電動3輪スクーター「ホンダ ジャイロe:」試乗インプレッション
ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!(2021/8/30)

全天候型屋内施設:
日本初! 電動バイク専用インドアスポーツ施設がイオン海老名にオープン
バイクの日である8月19日、キズキレンタルサービスは、電動バイク専用のインドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK」の1号店を神奈川県海老名市のイオン海老名SC内にオープンした。これは、環境に配慮した電動バイクを楽しむための全天候型屋内施設であり、日本初の試みとなる。(2021/8/21)

「キュィィィン」新世代の電動バイクをサクッと体験 レンタル819が「電動バイクレンタルサービス」開始 1時間1300円から
モデルによってはキュィィィンと静かに鬼加速するとのことですよ。(2021/7/26)

製造マネジメントニュース:
“中間”領域の小型モビリティを創る、ヤマハ発動機のCO2削減戦略
ヤマハ発動機は2021年7月19日、カーボンニュートラル実現に向けた同社のCO2削減の戦略と具体的な取り組みに関する説明会を開催した。同社は2050年までにスコープ1と2のCO2排出量を86%(2010年比)、スコープ3の排出量を90%削減する目標を掲げている。(2021/7/23)

Hondaと楽天の自動配送ロボ、筑波大構内を走る サービス実現に向け技術検証
本田技術研究所と楽天が、筑波大学で自動配送ロボットの走行実証実験を始めた。両社は、この実証実験を踏まえ、自動配送ロボットを使った商品配送サービスの提供を目指す。(2021/7/19)

電気自動車:
課題山積の二輪車の電動化、ホンダはどう取り組むのか
「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」では、電動化に関するさまざまな提案が行われた。同時開催の新車開発講演でも、ホンダが「電動二輪車の普及に向けた取り組み」を紹介。(2021/7/16)

「レベル分け」が生んだ誤解:
自動運転レベルのスペックは行き詰まりか?
2021年5月初め、SAE Internationalは自動車の自動化レベルを再び更新した。更新内容は規格「J3016」で説明されている。J3016で示された分類は最もよく知られ、広く参照されているが、結局のところ、それほど役に立っていないのかもしれない。(2021/7/12)

1970年代レトロバイクイメージの電動バイク「KOGUNA」発売、19万8000円から
あれれ、エンジンねーぞ? あ、電動バイクかー。(2021/7/8)

おぉぉ! ペダル付き電動自転車、法解釈変更で「車両区分チェンジ」可能に ペダル走行するときは原付→自転車へ
何がすごいの? これまでと何が違うの?(2021/7/6)

インフィニオン 6EDL7141:
モーター制御用3相ゲートドライバIC
インフィニオン テクノロジーズは、モーター制御用3相ゲートドライバICの「EiceDRIVER 6EDL7141」を発表した。フルプログラム可能で、バッテリー駆動の工具、ドローン、電動バイク、ロボットなどに適する。(2021/6/28)

「すげぇ〜ウマい!」「顔、ガチすぎる」 元AKB48の平嶋夏海、電動バイクで悪路トライアル走行に挑戦 運動神経のよさでめっちゃ褒められる
どんなバイクでも乗れそう。(2021/6/27)

“好きな場所で借り、好きな場所で返せる”カーシェアサービス「LOMACA」、福岡エリアで開始
「折りたたみ電動スクーター」も活用して展開。(2021/6/21)

セグウェイから「ちゃんと日本仕様」の電動キックスクーター「J-MAX」登場、航続距離65キロ
立ち乗り→イス付きスクーターにも変身しちゃいます。(2021/6/18)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
LiB市場、2025年に約500億米ドル規模へ
リチウムイオン電池(LiB)主要4部材の世界市場は、2020年の約233億米ドルに対し、2025年は約500億米ドルの規模に達する見通しである。矢野経済研究所が調査した。(2021/6/17)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(4):
脱炭素に向けた日本の自動車政策はどう進む、「欧州に追従する必要はない」
国土交通省と経済産業省は2021年5月19日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第5回の会合を開き、業界団体などを対象としたヒアリングの結果をまとめた。(2021/5/31)

ナンバープレート替えて自転車になる電動バイク、折りたたみ電動シニアカー 日本の道を行くマイクロモビリティの最新形
自転車の展示会には電動バイク、電動キックボードの新作も出展されていた。(2021/5/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
大ブームから大凋落の“シェア自転車”伏兵が米上場〜日本進出のモバイク、ofoは消える
数年前に日本に上陸した中国発のシェア自転車。中国の道路を短期間で埋め尽くしたが、崩れ落ちるのもあっという間で、日本からもいつの間にか撤退していた。4月下旬、当時は伏兵扱いだったハローバイク(哈囉出行)が、米ナスダックに上場申請し、話題になっている。そこで、中国シェア自転車の歴史と現状を紹介する。(2021/5/13)

うぉぉぉついに出たぁぁ! “Kawasaki”の電動自転車「ノスリス」登場 メット不要のフル電動モデルで32万円から
ワックワクな新しい乗りもの来ましたぁぁぁ! 電アシ自転車タイプは27万円から。【訂正】(2021/5/12)

快適エリアは片道3km圏内 ついに始めた電動キックスクーターのある生活
和歌山発のベンチャーglafit(グラフィット)の電動キックボード「LOM」をついに手に入れた。(2021/4/30)

電動キックボード「ノーヘルOK」に LUUPがシェアサービス開始、特例下で実現
特例下で「ヘルメット装着なし」「自転車通行レーンの走行可」などがOKになります。(2021/4/30)

近未来感ある……!! ストファイ系デザインの電動バイク「TS STREET HUNTER」登場、39万9800円から
ちょっとカッコイイぞぉぉ。(2021/4/28)

電気自動車:
二輪車メーカー4社がEVバイク用交換式バッテリーの標準化に合意、規格化目指す
ホンダ、川崎重工、スズキ、ヤマハ発動機の4社で構成する電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアムは、相互利用を可能にする交換式バッテリーとそのバッテリー交換システムの標準化に合意したと発表した。(2021/3/29)

自然エネルギー:
小型のマイクロ風車を新開発、電力は「走る電池」で必要な場所へ
シナネンとがSinagyRevoは「エネマネ・自家消費 EXPO」で、開発中の小型風力発電システムを披露。自家消費を想定したモデルで、2021年度中の販売開始を目指すという。(2021/3/15)

ペット手帳:
【ベストショット】面白いポーズのワンちゃんたち 2021年3月号
かわいいワンちゃんたちがいっぱいです。(2021/3/13)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(1):
自動車のカーボンニュートラルに向けた課題は? インフラ企業と自治体が訴え
国土交通省と経済産業省は2021年3月8日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第1回の会合を開催した。同検討会では、2020年末に経済産業省が中心となって発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の実現に向けた、自動車分野での取り組みを検討する。(2021/3/12)

電動化:
欧州でもEVバイクの交換式バッテリーを標準化へ、ホンダとヤマ発など4社が協業
ホンダ、ヤマハ発動機、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオ(Piaggio & C)の二輪車メーカー4社は、電動二輪車(EVバイク)や、欧州連合(EU)のUNECE規格に基づく車両区分でLカテゴリーに属する小型電動モビリティの普及を目的とした交換式バッテリーコンソーシアムの創設に合意した。(2021/3/2)

うぉぉぉ〜! ドリフトできちゃうセグウェイのゴーカート登場、スマホ連携・オトナも興奮のガチ仕様
またヤベー乗りものが日本上陸しちゃいました。(2021/1/29)

約40万台の電動自転車が空き地に放置 ユーザーから“借金”も 中国シェアサイクルのトンデモ事情
コロナ禍以降、中国の都市では電動自転車のシェアリングサービスが急拡大。数多く街を走っている。だが車両が増えすぎた影響で管理がずさんになり、中国湖南省の省都・長沙では、約40万台が空き地に放置されているという。こうした中国シェアサイクルの実情を、現地の事情に詳しいジャーナリストの山谷剛史氏がレポートする。(2021/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.