• 関連の記事

「雇用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「雇用」に関する情報が集まったページです。

男性が“就いてよかった”と思う仕事 3位「製造」、2位「医療系専門職」、1位は?
ライズ・スクウェアは、就業経験のある全国の男女に、「就いてよかったと思える仕事に関する意識調査」を行った。男性が就いてよかったと思う仕事1位は「接客・販売」だった。(2022/8/10)

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を運営:
YouTuberヒカルが打診 田口翔の雇用を受け入れた会社、狙いは?
「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を運営するDORAYAKI(東京都渋谷区)は、山口県阿武町の新型コロナウイルス対策臨時特別給付金4630万円を別の口座に振り替えたとして電子計算機使用詐欺罪で起訴された田口翔の雇用を受けた。(2022/8/4)

損保ジャパン人事に聞く:
「目指したいキャリアが特にない」社員を、どう「積極的に動く」社員に仕立てるか?
「目指したいキャリアが特にない」社員に対し、人事はどんなアプローチができるだろうか。「就業時間の2割を、社内副業に充てられる」「転勤は難しいが異動を希望する場合、遠方の職場にフルリモートでジョインできる」──さまざまな取り組みを実施している損害保険ジャパン人事に聞いた(2022/8/1)

千尋を食べないでー! 夏木マリ&上白石萌音、「千と千尋」コンビの“雇用関係”復活ショットに反響
リアル湯婆婆&千尋。(2022/7/31)

Apple Carの設計に? ランボルギーニのシャシー&車両動力学研究開発責任者がApple入り
Appleは、アウトモービリ・ランボルギーニのシャシー&車両動力学の研究開発責任者ルイージ・タラボレッリ氏を雇用した。(2022/7/28)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
2022年7月FOMCレビュー〜2会合連続で0.75%の利上げを決定
大方の予想通り0.75%の利上げを決定、声明では引き続きインフレ抑制の積極姿勢が示された。パウエル議長は今後の利上げについてデータ次第としながらも利上げペースを緩める可能性を示唆。株価はパウエル発言を好感、ただ実施の利上げペースは次回会合までの雇用や物価動向次第に。(2022/7/28)

シニアは本当に扱いにくい?:
ノジマやYKKは定年撤廃 シニアの戦力化が企業にもたらす恩恵とは?
少子高齢化が進む日本社会で、企業のシニア層の就業促進は待ったなしの課題となっている。シニアは「扱いにくい」とのイメージがひも付いているが、経験豊かなシニア層の雇用は企業にメリットももたらす。(2022/7/28)

改正高齢法の実情:
年収が半減!? “働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみ
70歳までの就業機会の確保を努力義務とする改正高齢法への企業の対応を見ると、「60歳定年を維持したい」という企業の本音が透けて見える。そんな対応が生んだ、“働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみとは? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/7/28)

学情調べ:
求人情報でくわしく知りたいこと 2位「雰囲気、メンバーの人柄」、1位は?
学情(東京都千代田区)は、20代の仕事観をひも解くため「求人での情報収集」について、アンケート調査を実施した。その結果、同じ20代でも就業経験の有無や経験年数によって、くわしく知りたいと思う情報は異なることがわかった。応募する企業の雰囲気を知るために活用したいものは、「動画」が47.6%で最多となった。(2022/7/27)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
就業規則を破る「モンスター部下」を叱責 正当な理由があっても、パワハラなのか?
従業員側に明らかな非がある場合、上司側の叱責が多少度を越えていても、許容されるものなのでしょうか。直帰禁止ルールを破って帰宅した部下に対し、上司が怒りの連絡を入れたケースを紹介します。(2022/7/27)

マニュアル化推奨:
社内で禁句にしておくべき、パワハラの相談者に「絶対に言ってはいけないこと」とは?
企業がパワハラ対策に取り組む際、就業規則(パワハラ防止規定)に定め、周知させることが重要です。今回はパワハラ対策のため会社があらかじめ決めておくべきことや、特にポイントとなる以下の3点について解説します。(2022/7/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
50年以上「女性は都合のいい労働力」とされている、本当のワケ
正社員の平均賃金が男女で約200万円も異なるなど、賃金格差が縮まらない。女性の就業率は上がっているものの、非正規雇用者ばかりが増えている。こうした事象の背景には、「都合のいい労働力」を求める日本の構造がある。どういうことかというと……。(2022/7/22)

Apple、一部チームの雇用と支出を縮小する計画 景気後退に対処
潜在的な景気後退に対処するため、一部の部門で来年の雇用と支出を削減する計画とBloombergが報じた。(2022/7/19)

スマート農業で循環型社会の実現を デジタル・コネクト代表取締役・小塚裕史
農業就業人口は10年間で約100万人減少し、高齢化も懸念される。ロボット、AI、IoTなどを駆使し、省力化・精密化や高品質生産を実現する取り組みは「スマート農業」と呼ばれ、熟練した農業従事者の経験に依存しなくても、高品質な農作物を生産する手段として期待される。(2022/7/19)

髪色で処分?:
「厳しすぎる」松山市役所の服装ルール 規定とハラスメントの境界線は? 弁護士に聞いてみた
「マニキュアなどは透明または透明に近い色」「髪を意図的に染めることは不可。白髪染めは地毛の色で」「ネクタイ着用時のシャツは第1ボタンまで留める」「ミニスカートは不可」「装飾品は結婚指輪のみ」──愛媛県松山市役所に貼りだされた「勤務時間中の身だしなみモデル」が話題になっている。そこで、一般的な企業では「服装規定の適法・違法のラインはどこなのか」「雇用側はどこまで規定として指定できるのか」といった疑問を、ハラスメントなど労働関連の法律に詳しい佐藤みのり弁護士にぶつけてみた。(2022/7/15)

サイボウズ、物価上昇で社員に特別手当 最大15万円
サイボウズは、世界的に進む物価高騰を受けて、直接雇用契約を結ぶ社員に対して「インフレ特別手当」を支給する。支給額は月の就業時間ごとに異なり、128時間超(8時間/日で週4日超勤務)の場合には15万円を支給する。(2022/7/13)

デジタル人材不足を解決できるか? 「日本リスキリングコンソーシアム」参加の7団体スピーチから見えたもの
日本におけるデジタル人材不足が指摘されて久しい。2022年6月に発足した「日本リスキリングコンソーシアム」は官民共同でデジタル人材育成を推進する取り組みだ。「トレーニングプログラムの提供から就業支援まで」の包括的支援を強調する同コンソーシアムはデジタル人材不足の解決策を提示できるだろうか。(2022/7/6)

改正高齢法の実情は:
「全員70歳まで雇用は難しい」──改正高齢法から1年、明らかになる企業のホンネ
70歳までの就業機会の確保を努力義務とする改正高年齢者雇用安定法(高齢法)が2021年4月に施行されて1年が経過した。企業の対応の現状や、担当者が抱えるホンネとは? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/7/5)

Rustの人気やDockerの普及が鮮明に:
最も愛される言語、最も報酬の高い技術が示す開発トレンドの不変と激変、Stack Overflow年次調査
Stack Overflowは2022年の年次ソフトウェア開発者調査の結果を発表した。よく使われている技術や愛されている技術、年収の高い技術、雇用や勤務形態などの最新動向が明らかになった。(2022/6/30)

産業動向:
2018年比で建設資材と就業者で減少、国交省が建設資材・労働力需要実態調査
国土交通省は、2020年度(令和2年度)に受注された土木工事を対象に、「建設資材・労働力需要実態調査【土木・その他部門】」を実施した。その結果、2018年度(平成30年)度と比較して鋼材以外の建設資材ならびに就業者で減少した。(2022/6/27)

採用企業が増加:
採用したい、採用したくない理由は? 非正規雇用の外国人
非正規雇用で外国人を採用している企業は、どのくらい増えているのだろうか。非正規雇用に携わった人に聞いたところ「採用している」と答えたのは47.4%だった。(2022/6/26)

キャリアニュース:
在宅勤務で「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」46.9%
「パソナ総合研究所」が「在宅勤務による生活、キャリア意識への影響」に関する調査結果を発表した。「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」と46.9%が回答し、46.3%が「転職を検討した、希望就業先が変化した」と答えた。(2022/6/23)

フランスのハローワーク、失業者13人によるコンサート開催し企業とマッチング 雇用にも「イノベーションが必要」
本物の劇場でやっちゃう。(2022/6/22)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県北足立郡で物流施設第1号案件の開発に着手、クレド・アセットマネジメント
国内では、企業と消費者のEC利用が急速に拡大しており、物販系のECは12兆円超えの市場規模に成長している。一方、荷物がより多頻度小口化する中、物流業務の高度化や効率化、人手不足の対策として、施設内で働くスタッフの雇用環境改善と自動化・機械化は、喫緊の問題となっており、解決策ととなる先進的物流施設へのニーズが高まっている。そこで、クレド・アセットマネジメントは、先進的物流施設の開発に踏み切った。(2022/6/17)

暗号資産のCoinbase、従業員の約18%をレイオフ 「急成長しすぎた」
暗号資産事業を手掛けるCoinbaseは従業員の約18%に当たる約1100人の削減を発表した。CEOは景気後退の中で「過剰雇用してしまった」と説明。直近の業績発表は減収赤字だった。(2022/6/15)

開店前から列:
倒産から“復活” 匠紀の国屋、2店舗をオープン 昼過ぎにすべて売り切れ
倒産した和菓子店「紀の国屋」の元従業員らを雇用し、新ブランドとして立ち上がった「匠紀の国屋」が6月3日、2店舗をオープンした。店先には開店前から客の列ができた。(2022/6/3)

「匠紀の国屋」として始動へ:
廃業決めた老舗和菓子店を救済 社長が語った「マクドナルドを見習え」の真意
看板商品「相国最中(しょうこくもなか)」などで知られ、5月16日に廃業を発表した和菓子店「紀の国屋」。26日、スイーツのインターネット販売を手がけるアイ・スイーツ(東京都文京区)は、紀の国屋の元従業員20人を雇用し、「匠紀の国屋」として新たに事業を始めると発表した。廃業の発表からわずか10日で新ブランドでの再始動が決定――という急転直下の事態に驚きの声が上がる。この間に一体、何があったのか。アイ・スイーツの社長に話を聞いた。(2022/5/26)

廃業した和菓子店「紀の国屋」復活目指す動き 別会社が解雇された20人雇用し新ブランド立ち上げ
まるでドラマのような展開だ……。(2022/5/26)

人材採用に潜むリスク【前編】
「雇用した専門家が素人だった件」が発生する事情、虚偽を見抜く方法
SAP製品の経験者を採用したら実は素人だったという。人材市場の変化がこうした悲劇を助長している。オンライン面接が増える中、応募者の虚偽を見抜くにはどうすればいいのか。(2022/5/23)

ヤフー“完全オンライン”の就業型インターン 検索サジェスト機能改善など91コース
ヤフーが、完全オンライン形式のインターン募集開始。最長3カ月のエンジニア向け長期コースなど91コースを用意。(2022/5/20)

PR:「24時間、戦え――ません」! 変わる日本の労働観と今必要な「新しい就業管理」体制を勤怠管理のプロに聞く
働き方が大きく変わる中で、企業もまた、かつて常態化していたハードワークを見直すべき段階にきている。リモートワークとオフィスワークが混在するハイブリッドワークが推奨される今、顔が見えない従業員の勤怠管理をどう「健全に」保てばいいのか? 勤怠管理システム開発を続けて35年、クロノスに聞いた。(2022/5/20)

役員改革が始まった:
役員も「ジョブ型」 日本でも“プロ経営者”が珍しくなくなっている理由
従業員層で導入が進んでいる「ジョブ型雇用」。経営層だけがメンバーシップ型のまま、閉鎖的な世界にとどまっていてよいものでしょうか──。筆者は、そのように主張しています。その背景には、どんな環境変化があるのでしょうか。(2022/5/18)

6月30日まで適用:
4月に「雇用調整助成金」制度がリニューアル 助成額の増額など3つの変更点を解説
コロナ禍で認知が広がった「雇用調整助成金」。コロナ禍という特殊な環境下において、失業回避への取り組みの重要性が増したため「緊急対応期間」を定め、提出書類の簡素化、申請ルールの緩和、助成額の増額などの措置を講じ、2022年4月にリニューアルした。今までどう違うのか? 3つのポイントにまとめて解説していく。(2022/5/12)

4つの因子:
安心の「正社員制度」なのに、心理的資本が低下する理由
日本的な雇用や処遇は、そこで働く人たちの心理的資本を毀損しないようにできているはずなのだが……。(2022/5/11)

Slack越えの最速成長、グローバル人材市場を変革するSaaS企業ディールとは
海外進出を目指す企業や、国外の高度人材を必要とする企業にとって、海外での人材雇用はこれまで大きな障壁となっていた。こうした手間のかかる一連の労務管理を、1つのプラットフォーム上で完結させるスタートアップが現れた。グローバル人材の労務管理SaaSを提供する米国発のディール(Deel)だ。(2022/4/28)

三和交通、業界初の「終身雇用宣言」で人材募集 「タクシー業界で長く安定して働ける環境を」
時代に逆行? でも安心して働きたいですよね。(2022/4/27)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【後編】
コロナ禍で「フリーランスのマーケター」が大人気に?
B2B(企業間取引)マーケティングは、今後どう動くのか。Forrester Researchのアナリストに、マーケターの雇用市場におけるトレンドを聞いた。(2022/4/25)

合計額は既に2490億米ドルに:
大規模投資が半導体エコシステムにもたらすメリット
大手半導体メーカー各社が、2022年に入ってから続々と大規模投資を行っている。ようやく半導体不足が緩和される頃には、半導体バリューチェーンはこうした大規模投資のおかげで、大きな利益を享受できるようになるだろう。半導体不足のさらなる軽減の他、新たな雇用の創出や、製造装置の需要増加、半導体設計イノベーションの加速などが期待される。(2022/4/18)

現在の仕事は:
非正規で働く女性の年収は? 「経済的にゆとりがない」67%
日本労働組合総連合会は、「非正規雇用で働く女性に関する調査2022」を実施。その結果、年収の平均は……。(2022/3/31)

「働けない」を「働ける」へ、「働き続ける」へ:
PR:雇用を創造し、自らも「はたらいて、笑おう。」を実現
環境の問題で働けない人を事業モデルで働けるようにし、不安や不満で働き続けられない人をデジタルで働き続けられるようにする。私たちの仕事は、雇用にかかわるさまざまな課題を解決することです。(2022/3/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「マクドナルド」「IKEA」「スタバ」他、ロシアからグローバルブランド続々撤退で現地雇用への影響は?
経済制裁の大合唱がクレッシェンドする中、市井の人々へのインパクトも甚大になっています。(2022/3/21)

スマート工場化の真価:
PR:人の“多様性”をデジタルで力に、オムロン京都太陽のモノづくり革新
企業経営において“多様性”が重要視される中、製造現場においてデジタル技術を活用してこの“多様性”を生かした働きやすい環境実現を推進しているのが、障がい者雇用を行う「オムロン京都太陽」である。オムロン京都太陽のデジタルモノづくりへの取り組みを紹介する。(2022/3/17)

2040年までに何が起こる?
「自動化で4900万の雇用が喪失」に隠された本当の恐怖
Forresterは、仕事の自動化によって2040年までにヨーロッパで4900万の雇用が失われると予想する。深刻な事態に見えるが、労働市場への影響は軽微だという。予想される未来は明るいと言えるのか?(2022/3/14)

テレワークでかかる見えにくいコスト4つ【後編】
テレワークで孤立する社員を放置すると“余分なコスト”が生まれる理由
テレワークによって生産性が下がるタイプの従業員もいる。そうした従業員の悩みを「個人の問題」と放置して、適切な支援を提供しないでいると、雇用主は思わぬコストを負担する可能性がある。その理由は。(2022/3/8)

調査から見るD&Iとパンデミック【前編】
「人材多様性の欠如」が英国でも問題視 テレワークはD&Iの追い風になるか
パンデミックの影響で企業のIT活用やテレワークが拡大し、結果としてD&Iの取り組みが進んでいる。調査レポートを基に、英国における「雇用の多様性」の問題を考察する。(2022/2/28)

企業が実印を使わない契約シーン1位は「雇用契約」 使うシーンのトップは?
契約類型別に見たとき、実印を使わないと答えた企業の割合が最も高かったのは「雇用契約」──クラウド型電子署名サービス協議会は2月25日、「紙の契約書に押印する実印/非実印の使用実態」についてこんな調査結果を発表した。(2022/2/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
暗いコロナ禍に差した「光」 ANAとJAL、生き残るためのヒト投資
ANAとJALが、新卒採用を再開する。長いコロナ禍から、ようやく日常が戻りつつあるようだ。航空業界の雇用は、これまでも大きく世相を反映してきた。その経営判断が、航空業界で働く社員の人生を左右してきたとも言える。自身も元CAである河合薫氏が、解説する。(2022/2/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
終身雇用の保証より、どれだけ変化しても活躍できる人材の育成が人を活かす経営の新常識
雇用を守るということは、本当に人を大切にしているのだろうか。雇用を守る経営を、何十年も続けていくと、ボディーブローのように効いてきて、内向き志向で村社会になり、キャリア意識が低下する。そこで求められているのがキャリア自律、自律型人材である。(2022/2/21)

“働く場所”の今とこれから(1):
NTT、JTB、カルビーも“強制転勤廃止” それでも多くの企業に残る課題
コロナ禍のテレワークの普及に伴い、従来の“転居を伴う転勤制度”を見直す企業が徐々に増えている。こうした転勤廃止の流れは、どこまで広がるのだろうか? 「日本型雇用」の歩んできた道を振り返りながら、“働く場所”の今とこれからについて、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が考察する。(2022/2/18)

「仕事から離れる権利」を尊重するには【後編】
「社員の健康を守るためのPC監視」はありなのか? 問われるプライバシー問題
心身の健康を守る目的で、MicrosoftやCisco Systemsは従業員のPC利用状況や生産性の監視ツールを提供している。こうした監視ツールは雇用主からの需要がある一方で、その存在意義を疑問視する専門家もいる。(2022/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.