• 関連の記事

「英語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「英語」に関する情報が集まったページです。

【これなんの生き物?】 sloth 【意外と知らない生き物英語クイズ】
ヒント:読み方を考えよう。スロー?(2023/12/25)

「Meta Quest」にAIアシスタント「Meta AI」搭載へ 周囲の状況をAIに質問できる機能も
米Metaは7月24日、VR/MRヘッドセット「Meta Quest」向けに、AIアシスタント「Meta AI」を2024年夏から提供開始すると発表した。米国とカナダで実験モードとして展開され、当初は英語で利用可能という。(2024/7/24)

VTuberプロジェクト「ぶいすぽっ!」、英語圏向け「VSPO! EN」展開へ 激化するVTuber事業の海外進出、その動向は?
eスポーツ事業などを手掛けるBrave groupは、運営するVTuberプロジェクト「ぶいすぽっ!」の英語圏向けプロジェクト「VSPO! EN」を展開すると発表した。(2024/6/24)

“英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
分かると笑っちゃう。(2024/6/24)

「英語で企業プレゼン」に挑む9歳息子、大人と議論を戦わせ…… 心震える展開に「涙でてきたわ!」「一生の財産ですね」
自分のアイデアを伝えたい9歳の挑戦。(2024/6/22)

「Who are you?」何気ない英語のあいさつで喧嘩に 英会話講師の“適切な表現”解説が「そうだったんだ」と注目
使いまくってたと思う……。(2024/6/13)

英語学習、3人に1人が「うまくいかなかった」 効果的な学習に必要なものは?
ベンドが調査結果を発表した。(2024/6/13)

靖国神社の石柱に落書き、一連の様子を中国の動画アプリに投稿 放尿のような仕草も
靖国神社(東京都千代田区)で6月1日、石柱に英語で「トイレ」と書かれた落書きが見つかった器物損壊事件で、中国の動画投稿アプリ「小紅書」(レッド)で、男性が、石柱に落書きしている様子が投稿されていることが分かった。(2024/6/3)

NEWS Weekly Top10:
言語の壁をぶっ壊すAI AppleのCM動画批判は「日本から英語で」始まった
iPad ProのCM動画が炎上した件について、筆者は当初、炎上が「日本から」起きていることに気付かなかった。批判のほとんどが流ちょうな英語だったからだ。それを可能にしていたのは、言語の壁をぶっ壊すAIの存在だ。(2024/5/20)

「交差点の王者」長野県下でいちばんカッコイイ交差点名が決定 英語表記された標識が人気
強そう。(2024/5/19)

「一寸先はyummy」「馬鹿も休み休みYeah」 おもわず笑っちゃう“音と勢いだけで突然英語になる”フレーズに10万いいね
思わず「ふふっ」って笑っちゃうフレーズばかり。(2024/5/21)

JR東、訪日外国人向けのモバイルSuicaを開発 2025年春にリリース予定
JR東日本は5月8日、訪日外国人向けのモバイルSuica「Welcome Suica Mobile」アプリを2025年春にリリースすると発表した。対象端末はiPhoneとApple Watchで、対象言語は英語のみ。有効期間は発行日から180日間。(2024/5/10)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
「ハイチュウ→HI-CHEW」になってどうなった? 意外な人に売れた秘密
2024年2月、森永製菓のハイチュウがロゴを変更した。カタカナから英語表記「HI-CHEW」になったわけだが、売り上げに変化はあったのだろうか。“その後”を取材したところ……。(2024/5/9)

独自のLLM搭載:
AIが瞬時に「自然で適切な言い回し」の文章を提案 CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力
独スタートアップDeepLは4月25日、大規模言語モデル(LLM)を搭載したビジネス向けの新サービス「DeepL Write Pro」を発表した。英語での文章作成をサポートするサービスで、グローバル展開する企業の社内コミュニケーションや、顧客向けのメッセージなど、ビジネスにおける多様なシーンでの活用を見込む。CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力は……?(2024/4/26)

「めっちゃ大事」「実際使ってた」 海外で役立つ“厳選英語フレーズ10選”がためになる 学校で教わらない言い回しが130万再生
覚えておくと便利そう。(2024/4/29)

Meta、AIアシスタント「Meta AI」をInstagramやMessengerでロールアウト
Metaは、昨年のConnectで予告したAIアシスタント「Meta AI」をInstagramなどの同社サービスで展開していくと発表した。同日発表の新LLM「Llama 3」で構築した。まずは英語版のみを数十カ国で提供する。(2024/4/19)

「英語ペラペラやないかい」 大谷翔平選手、英語での取材対応に反響 米国内でも「英語が上手だね」の声
スパイクについて英語で語る動画がファンの注目を集めています。(2024/4/16)

攻撃の成立条件は限定的:
Windows環境でコマンドインジェクションを引き起こす脆弱性、複数のプログラミング言語に影響
Flatt Securityは、複数のプログラミング言語に存在する、Windows環境でコマンドインジェクションを引き起こす脆弱性に関する解説を公式ブログの英語版で公開した。(2024/4/16)

母がクラクションを鳴らすと…… 子どもたちが家中を全力疾走で母をもてなす海外コメディーが1億再生の人気
英語が分からなくても楽しめるフィジカルコメディー!(2024/4/1)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
カンペ見ても「カメラ目線」へ自動補正 動画のAI吹き替えツール「Captions」にPC版、実際に試してみた
日本語で話す動画を、英語に自動翻訳+アフレコしてくれるツール「Captions」。もともとはiOS版として提供されていたサービスだが、PC版(β版)が登場。AIを使った新機能も含め実際にテストしてみた。(2024/3/29)

オックスフォード英語辞典に日本食関連の言葉が多数追加  「カツ」に「タコヤキ」「トンコツ」など
オックスフォード英語辞典を出版する英オックスフォード大学出版局は27日までに、「katsu(カツ)」や「donburi(丼)」「karaage(唐揚げ)」といった日本語由来の言葉を辞典(電子版)に追加したことを明らかにした。(2024/3/28)

NASAがTRPGのオリジナルシナリオを無料公開 「ハッブル宇宙望遠鏡」が“異世界召喚”される話
米NASAは3月5日(現地時間)、公式WebサイトでTRPG(テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲーム)のオリジナルシナリオを無料公開した。シナリオは全44ページで、全編英語となっている。(2024/3/5)

Geminiとの会話、一部のAndroid端末の「メッセージ」で可能に
Googleは、Androidで使える複数のAI関連新機能を発表した。例えば、一部のAndroid端末では「メッセージ」で生成AI「Gemini」と会話できるようになる。まずは英語のみではあるが、日本もサポート対象地域だ。(2024/2/27)

「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
「炊かずにはいられない」(2024/2/26)

英語版では画像生成機能を導入:
日本語版「Bard」でも「Gemini Pro」が利用可能に 要約、コーディング能力など向上
Googleは「Bard」日本語版で「Gemini Pro」が使用できるようになったことを発表した。また、Bardの英語版に画像生成機能を導入した。(2024/2/24)

「Google One AIプレミアムプラン」でWorkspaceでのGemini直接利用が可能に
Googleは、予告していた生成AIサービス「Duet AI」の「Gemini」への改名と、企業顧客と「Google One AIプレミアムプラン」ユーザーへの提供開始を発表した。日本でも英語で利用できる。(2024/2/22)

「Slack AI」、Enterpriseプランの有料アドオンとして提供開始
Slackは、スレッドの要約やメッセージの検索などを実行するAIツール「Slack AI」の提供を開始した。まずは、Enterpriseプランの有料アドオンとして英語でのみ利用可能だが、近日中にサポート範囲を拡大する予定。(2024/2/15)

日本のアニメ「ラブ★コン」、英語吹き替え版翻訳者が改変したと発言し物議 アニメ販売会社「この人物とは今後仕事しない」
(2024/2/14)

ANYCOLOR、代表の謝罪動画を公開 「にじさんじEN」巡る問題で【全文書き起こし、日本語訳あり】
VTuberグループ「にじさんじ」などを運営するANYCOLORは、「Addressing Your Concerns」(懸念事項への対処)と題した動画を公開した。同社の田角陸CEOが出演。「NIJISANJI EN」を巡る問題について謝罪や対応などを英語で説明した。(2024/2/13)

海外の通話料金を抑えて全録音+テキスト化できる「トラベルトーク Switch」提供開始 6月末まで「Liteプラン」が2200円に
PANAM TravelSIMは、中/長期海外旅行者向け「トラベルトーク Switch」の提供を開始。英語や中国語などの通話をリアルタイムにテキスト化し、全自動録音で聞き逃しを防ぐほか、普段使っている携帯番号を相手に発信して通話できることが特徴だ。【訂正】(2024/2/13)

6歳娘の英語力に英検3級パパは無言に…… 「表情までアメリカンw」なあおりっぷりが130万再生
パパたじたじ……。(2024/2/8)

英語教科書の「エレン先生」が小説に 東京書籍の「NEW HORIZON プロジェクト」始まる
東京書籍、2024年4月よりさまざまなコンテンツに展開予定。(2024/2/7)

「ハイチュウ」→「HI-CHEW」 ブランドロゴを英語表記に変更
さらなるグローバルブランドを目指して。ロゴ変更後の新商品第1弾はマンゴー味。(2024/2/5)

森永製菓の「ハイチュウ」が「HI-CHEW」に 世界30カ国以上で販売
森永製菓は「ハイチュウ」のブランドロゴをカタカナの「ハイチュウ」から英語表記の「HI-CHEW」にリニューアルする。(2024/2/5)

GoogleのAI「Bard」、日本語で「Gemini Pro」と「G」ボタン対応 英語なら描画も可能に
Googleは生成AIチャット「Bard」の2024年最初のアップデートを発表した。「PaLM 2」ベースから「Gemini Pro」ベースになり、日本語でも回答の再確認が可能になり、英語で画像を生成可能になった。(2024/2/2)

シングル・ダブル・トリプル……その次は? 無限に続く英語の“個数の数え方”が呪文みたいで頭こんがらがりそう
ダブル・トリプルでは終わらない!(2024/1/19)

今からでも遅くない!:
壁打ち、英語で返信……生成AIおすすめプロンプト3選
今回は「英語のメールに返信する」「イベントの企画を考える」「身勝手な後輩への対応方法を相談する」――という3つのビジネスシーンを想定。生成AIにどのような質問を投げかければ課題解決に役立つのか、具体的なプロンプトを紹介したい。(2024/1/9)

「ブギウギ」、小夜のファインプレーに「流石」「何か起こりそう」 米兵役はプロレス選手
チョコレート欲しさに英語を勉強していた小夜。(2024/1/9)

Google、Pixelシリーズの修理マニュアルを公開(日本語版はまだ)
Googleは、「Pixel」シリーズの修理マニュアル(英語と仏語)を公開した。欧米などの一部地域では、故障かどうかチェックできる「診断アプリ」も公開した。(2023/12/15)

国産量子コンピュータ初号機「叡」ロゴ公表 希釈冷凍機や集積回路をイメージ
理化学研究所は12月14日、3月に稼働を始めた国産超伝導量子コンピュータ初号機「叡」(えい、英語表記は“A”)のロゴマークを公表した。(2023/12/14)

【これなんの生き物?】 anteater 【意外と知らない生き物英語クイズ】
ヒント:antを……?(2023/12/12)

Pixel 8 Pro、生成AI「Gemini」が使える初のスマホに アップデートの配信スタート
Googleが、発表したばかりの生成AI「Gemini」を「Pixel 8 Pro」に実装する。7日から日本を含むグローバルでアップデートの配信を開始しており、現時点では英語でのみ利用できる。(2023/12/7)

GoogleのAIチャット「Bard」、「Gemini Pro」搭載でより賢く
Googleは、AIチャット「Bard」に新生成AIモデル「Gemini」のミドルサイズ版「Gemini Pro」を搭載したと発表した。日本でも英語版Bardで試すことができる。Gemini Proは多くのベンチマークでOpenAIの「GPT-3.5」を上回っている。(2023/12/7)

Google、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」リリース
Googleは、5月に予告したマルチモーダルな生成AIモデル「Gemini」の最初のバージョンを発表した。3つのサイズで提供する。最大の「Ultra」は来年の提供になるが、「Pro」は英語版の「Bard」で、「Nano」は「Pixel 8 Pro」で利用可能になっている。(2023/12/7)

キングジム、ラベルプリンタ「テプラ」に英語対応モデルを追加 ベトナム/フィリピン/シンガポールで提供
キングジムは、同社製ラベルプリンタ「テプラ」の多言語モデルとして英語対応モデル「『テプラ』 PRO SR5900GS」を追加した。(2023/12/5)

米MetaのThreads(スレッズ)、日本語でキーワード検索が可能に アダム・モッセリ氏が対応言語拡大を明言
米Metaの「Threads(スレッズ)」が日本語でのキーワード検索に対応した。Threadsの責任者であるアダム・モッセリ氏が明らかにした。キーワード検索は英語でも行えたが、対応言語が増えた格好だ。(2023/12/5)

生成AIの活用法、日本と世界でどう違う? グーグルが発表
グーグルが生成AI「Bard」の日本語版での活用法トップ10を発表した。英語版との比較から、日本と海外の生成AIへの向き合い方の違いが浮き彫りになった。(2023/12/5)

社会人5700人に聞いた:
リスキリング実施4割 「英語」「PCスキル」超えた1位は?
現在、リスキリングに取り組んでいる社会人が4割に上ることが、転職サイトを運営するエン・ジャパンの調査で分かった。社会人はリスキリングで何を学んでいるのだろうか。(2023/11/29)

Innovative Tech:
GPT-4でコードを生成するなら“日本語”と“英語”どっちがいい? 日立製作所が検証
日立製作所に所属する研究者らは、大規模言語モデルが生成するコードの安全性に及ぼす、日本語と英語の入力の違いについて検証した研究報告を発表した。(2023/11/28)

グリーの新たなVtuber事務所、7人中4人は英語で配信
グリーは24日、100%子会社のREALITY Studiosが運営するVTuber事務所「すぺしゃりて」から、7人の1期生が12月にデビューすると発表した。(2023/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.