• 関連の記事

「GT-R」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GT-R」に関する情報が集まったページです。

子どもが失くした「トミカ」を届けたのはまさかの……? ホテルの“神対応”に29万いいね「また行きたくなる」
“メカニックチーム”からのメッセージカードも。(2024/5/29)

PR:街で働く車両から、ホンダの名車まで夢の大集合! 「モビリティリゾートもてぎ」のGW特別イベントが楽しそう
大人も子どもも大満足できそうです。(2024/4/26)

「清々しい位に嫌われてる」「気に入らないなら見るな」車系女性YouTuber、地上波デビュー番組でコメント“大荒れ” 本人は笑顔「ダメだったんですかね」「GT-Rが見たかったのかな?」
※本人はただゲスト出演しただけ。(2024/4/19)

電動化:
「ラボなら良品率100%」、全固体電池の量産へ着実に進む日産
日産自動車は横浜工場に建設中の全固体電池のパイロット生産ラインを公開した。2024年度中の稼働を目指す。(2024/4/19)

「見取り図」盛山、覇気感じる“夢の超高級外車”ゲットで大興奮 ドキドキ初対面で「圧倒的な力」「これオレの車かよ」
本当にうれしそう。(2024/4/9)

“感動の瞬間”“相手は反社の方ではない” 車系女性YouTuber、事故相手に車をプレゼント→納車動画に視聴者騒然「ちょっと何言ってるかわからない」
事故相手との会話も公開。(2024/4/8)

ヒロミ、愛車「R32 GT-R」の“ビカビカ”コーティングに大興奮 「新車の時よりもきれいなんじゃない!?」
22年の購入以来、手間をかけている1台です。(2024/3/23)

「NISSAN GT-R」2025年モデルを発表 最後のR35型、販売台数は1500台
日産自動車は、「NISSAN GT-R」の2025年モデルを発表した。「供給できない部品が多くなってきたことから、25年8月で生産終了する」(同社広報担当者)ため、今回が最後のR35型となる。(2024/3/18)

ヒロミ、59歳バースデーに“ヴィンテージもの”贈られて大喜び 40年以上前の1台へまたがり「僕ら世代がテンション上がるもの」「かわいいな」
「これで仕事に行きたい」とも。(2024/2/25)

「誹謗中傷をする方は中年の男性が多い」 “フェラーリ女子”YouTuber、密着取材で“炎上”コメントに言及 視聴者層は9割男性
「ちょっとかわいそうだなと思うところはある」と発言。(2024/2/13)

9種類:
タカラトミー100周年 「トミカ」「プラレール」などの記念商品を発売
創業100周年を迎えたタカラトミーは、9種類の記念商品を4月から順次発売する。(2024/2/3)

“事故相手に車を買ってあげたい” 車系女性YouTuberの“同情”発言に視聴者騒然「聞いたことない」 関係者からも賛否
友人もびっくり。(2024/1/31)

“フェラーリ女子”YouTuber、愛車事故でドラレコ映像“非公開”→3日後に180度の前言撤回 “日本の闇”&開示請求にも言及
言いがかりコメントに一つ一つ反論しています。(2024/1/22)

「不可解」「非常識じゃ?」 “フェラーリ女子”YouTuber、愛車事故後にドラレコ映像が“消滅” 釈明発言に評価割れる
「相手からドラレコ映像入手出来るのも不自然」という声も。(2024/1/18)

「消えろ」「考えろボケ」 “フェラーリ女子”YouTuber、誹謗中傷&自粛の選択肢に言及 2023年は高級車大破&炎上動画が話題に
「収益を募金活動に充てることも可能ですので、今後も変わらず動画投稿を行っていく予定です」(2024/1/4)

車好きな小沢仁志、1億円超えのフェラーリに凍り付く “店で最も値が張る超高級車”対面し「こんなの乗り降りできねぇ!」
多くの高級車と出会った小沢さん。(2023/12/28)

車系YouTuber、実家への帰省に戦々恐々「波乱な年末年始にならないことを」 “暴走動画”で今年は大炎上
動画に“お怒りのご連絡”がきていました。(2023/12/22)

ヒロミ、愛車「スカイラインGT-R」の車検を切らしたと告白 「気づいてみたら切れていた」「なかなか乗るタイミングが」
「きれいにしている自分が好き」ともコメント。(2023/12/20)

ボロボロでサビだらけのR32 GT-Rがオークションに スクラップ同然でも220万円の入札が!?
こんな状態でも値が付くんだ……。(2023/12/4)

1170馬力で最高速度337キロ! プロドライバー・谷口信輝がフルチューン「R35 GT-R」でタイムアタック!
さすがプロ、踏み込み方が違うぜ……!(2023/11/28)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新生モーターショー ホンダの展示に見た、実用化への執念
10月25日から開催中の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。今回、注目すべきはホンダと言えるでしょう。ホンダが展示したモビリティには、ある共通点があったのです。(2023/11/4)

JAPAN MOBILITY SHOW 2023:
日産、GT-Rっぽい次世代EV「ハイパーフォース」初披露 内田社長「ゲームチェンジャ―になるクルマ」と自負
日産自動車は10月25日、東京ビッグサイトで開催中の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、EVコンセプトカー「ニッサン ハイパーフォース」を世界初披露した。内田誠社長は「まさにゲームチェンジャーとなるクルマです」と自信を見せた。(2023/10/26)

“車道で暴走”の車系YouTuber、迷惑行為を謝罪→“パパ活”疑惑は強く否定 「軽自動車なら話は別だと思いますが……」
高級車はすべて自己所有、とのこと。(2023/10/19)

“GT-R暴走動画”で物議の車系YouTuber、レクサスISに起きた悲劇に「やっちゃいました……」 30万円の出費をなんとか回避
コメント欄では“暴走動画”非公開化への反応も。(2023/10/18)

AK-69、愛車のR32型「スカイラインGT-R」がロマンの塊 憧れの1台選ぶセンスに「状態がむっちゃよくみえる」「最高にイカしてます」
かっこよすぎる!(2023/10/17)

車系YouTuber、国産高級車での“暴走”動画を投稿→「歩行者が渡りきってない」「危険すぎ」と物議 本人は「許可を得て撮影」と釈明
「GT-Rの良さが伝わるような動画があげていけたら」とコメントしたあま猫さん。(2023/10/16)

“フェラーリ女子終了”で悲嘆の車系YouTuber、スーパーカーと一文字違いの“新たな相棒候補”に冷や汗 「初歩から分からない」
原付バイクの車種について知識を深めたいというあま猫さん。(2023/10/2)

電子ブックレット(オートモーティブ):
モータースポーツ超入門
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、知られているようで知らないモータースポーツでの技術開発競争を紹介する連載をまとめた「モータースポーツ超入門」をお送りします。(2023/8/24)

予想価格は4000万円以上! 映画「グランツーリスモ」モデルとなったドライバーが運転していた「GT-R」がオークションに登場
2015年の「ニュルブルクリンク24時間レース」で9位を記録しています。(2023/8/1)

電動化:
エンジン生産4000万基の日産横浜工場は電動化時代をどう生きるか
日産自動車は横浜工場でのエンジン生産台数が累計4000万基を突破したと発表した。(2023/7/20)

間寛平、20年以上乗る愛車「R34 GT-R」が“2500万円”の高額査定 購入額の3倍以上で「やった〜!」「マジで?」
20年以上経っているとは思えないくらいキレイ。(2023/6/27)

“ケンメリ”所有の「テンダラー」浜本、国産旧車の魅力を力説→“価格高騰”聞き「かまいたち」山内は気もそぞろ?
旧車の魅力は山内さんに届くのか。(2023/6/22)

男女の結果に違い:
カッコいいなあと感じる国産車、2位「プリウス」、1位は?
利便性だけでなく、見た目も選択の決め手となるクルマ。全国の男女に「かっこいい国産車」を尋ねたところ、トップは……。(2023/6/21)

電子ブックレット(メカ設計):
自動車開発と3Dプリンタ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車開発の中で3Dプリンタがどのように活用されているのか、またどのように活用されようとしているのかをまとめた「自動車開発と3Dプリンタ」をお送りします。(2023/6/5)

R34が1億9000万円!? 故ポール・ウォーカーがドライブした「スカイライン GT-R」が海外オークションで落札される
2億円が迫るトンデモ価格に。(2023/5/27)

間寛平、20年以上乗り続ける「R34 GT-R」が渋かっこよすぎ! 大の車好きで希少な“初代NSX”も所有
師匠かっこいい!(2023/5/26)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に乗るとはこういうことだ! アップデートに一喜一憂、GitHubから機能追加も
最近は、「ソフトウェアデファインドビークル」という言葉を聞く機会が増えました。直訳すれば「ソフトウェアにより定義された乗り物」といった意味です。いわば「ソフトウェアによって、従来とは異なる価値やユーザー体験を提供してくれるクルマ」ですが、Teslaはどうなのでしょうか?(2023/4/22)

完成が楽しみ! 日産自動車、名車「スカイライン GT-R」R32型のEVモデル試作を開始
R32がEVとして蘇る。(2023/4/15)

AE86に続き:
日産、R32型スカイラインGT-RをEVに プロジェクト始動
日産自動車は3月38日、R32型スカイラインGT-Rをベースに、同社の最新電動化技術を搭載した「R32 GT-R EVコンバージョンコンセプトモデル」の製作を開始すると発表した。(2023/3/28)

江頭2:50、でっかいトヨタの1BOXカーをドカンと購入 平和すぎる車選びに「見ているだけで笑顔になる」の声
YouTubeチャンネルスタッフと車選び。(2023/3/27)

R35型の集大成:
日産「GT-R」2024年モデルの詳細発表 4月下旬発売、1375万円から
日産自動車は3月20日、スポーツカー「NISSAN GT-R」の2024年モデルの詳細を発表した。発売は4月下旬を予定している。(2023/3/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「昭和のクルマ」が人気、 日本のモノづくりは再び強くなるのか
「旧車」が盛り上がっている。さまざまなイベントに登場するだけでなく、取引価格も上昇傾向にあるのだ。それにしてもなぜ旧車が注目されているのか。背景にあるのは……。(2023/3/17)

これなら空も飛べそう! 日産「GT-R50 by イタルデザイン」をアイアンマン風カラーリングで染めたカスタムカーがかっこいい
トニー・スタークに乗ってみてもらいたい。(2023/3/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ルノー・日産アライアンス再始動 内田CEOの手腕が光った
ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は2月6日、資本提携の見直しに関する説明会を開催した。登壇者全員が互いに感謝の言葉を述べるところから始まった異例の会見。その場で語られたのは……。(2023/2/13)

旧車好きが選んだ復活してほしい車種 2位「シルビア」「スカイラインGT-R」、1位は?
旧車に特化した買い取りサービス「旧車王」を運営するカレント自動車が、「復活してほしい車種」に関するアンケートを実施した。(2023/1/31)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタ社長も入れ込む「東京オートサロン」 これからどうなる?
2023年も東京オートサロンが開催された。「クルマのカスタムイベントでしょ」と思われている人もいるかもしれないが、そのような認識は改めるべきである。国際的にも認知度の高いイベントになっていて……。(2023/1/20)

R35型の集大成:
新型GT-R、開発陣を悩ませた騒音問題 心地よいエンジン音、ヒントは「ジャンボジェット機」
東京オートサロン2023で先行公開された「NISSAN GT-R」2024年モデル。“技術の日産”を体現する究極のスポーツカーの中でも、大きな技術開発となったのが、新構造のマフラーだという。(2023/1/13)

それでいて速い。:
「NISSAN GT-R」2024年モデル先行公開 史上最強の走りと乗り味で「R35型の集大成」と自負
日産自動車は1月13日、「NISSAN GT-R」2024年モデルを東京オートサロン2023で先行公開した。COOのアシュワニ グプタ氏は、「史上最強の走りと乗り味を追求し、まさにR35型の集大成と言える」と自信を見せた。(2023/1/13)

「平成の匂い」「マジで買う!」 キャンプ芸人・たけだバーベキュー、往年の人気四駆「日産・テラノ」に大興奮
買っちゃえ!(2022/12/29)

フェアレディZ、GT-R、スープラ、レクサス RC F/LC ゼロヨン最強な国産スポーツカーはどれだ? マジ対決が面白い
どれも速ぇ、でもこんなに差がつくのかー!(2022/12/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.