• 関連の記事

「ハイブリッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイブリッド」に関する情報が集まったページです。

新しいオフィスと働き方を探る【後編】
“企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド
今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。(2021/9/20)

UNiCASE、ZERO HALLIBURTONのiPhone 13シリーズ向け手帳型ケースを発売
CCCフロンティアは、iPhone 13シリーズに対応した手帳型ケース「ZERO HALLIBURTON Hybrid Shockproof Flip Case」の予約販売を開始。スーツケースなどを思わせるデザインを取り入れ、ダブルリブで強度を高めている。(2021/9/17)

LINEが勤務地をほぼ全国に拡大、部署ごとに勤務ルールを作る新制度に 交通費は月10万円まで
LINEが、社内の部署ごとに勤務ルールを作ることができる新たな勤務制度「LINE Hybrid Working Style」を10月に導入すると発表した。出社前提の就業規則を変更し、オフィス出社とテレワークの比率を各部署が決めるとともに、勤務地の制限も緩和する。(2021/9/16)

車両デザイン:
カローラシリーズに”クラストップ”のSUV、カローラ クロスを販売開始
トヨタ自動車は2021年9月14日、「カローラ」シリーズで初となるSUV「カローラ クロス」を発売したと発表した。ガソリンエンジン車とハイブリッド車(HEV)を用意しており、HEVでは電気式4WDシステム「E-Four」を選択できる。ガソリンエンジン車は2WDのみ。WLTCモード燃費は2WDのHEVで26.2km/l(リットル)で、「クラストップレベル」(トヨタ自動車)だという。(2021/9/15)

Zoom、30カ国語の字幕やFacebookのVR会議対応など多数の新機能
Zoomが今後数週間から数カ月中に提供する多数の新機能を発表した。自動字幕や自動翻訳、Facebookのメタバースでも使えるホワイトボードなど。ハイブリッドワーク向けの機能もある。(2021/9/14)

ハイブリッドワークの整え方【中編】
「SASE」がハイブリッドワーク推進企業にこそ必要な理由
ハイブリッドワークの普及によって、従業員がオフィス内外で働くようになった現在、従来のセキュリティアーキテクチャでは保護の抜け漏れが生じる可能性がある。そうした課題の解決策となり得る「SASE」とは何か。(2021/9/14)

Microsoft、ハイブリッドワークのためのTeams関連新機能とハードウェアを多数発表
Microsoftはコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の複数の新機能を発表した。コロナ禍下、自社で培ったハイブリッドワークのノウハウを込めた。会議室用のインテリジェントカメラやリモート用のスピーカーなどのハードウェアも発表した。(2021/9/10)

Google、ハイブリッドワーク支援の「Workspace」新機能とハードウェアを発表
Googleはコロナ禍下のハイブリッドワークを支援する「Workspace」関連の複数の新機能とハードウェアを発表した。Gmailの「チャットルーム」から電話をかけられるようになる。CiscoのWebexとの相互運用も可能になる。(2021/9/9)

パンデミックで変わる湾岸諸国の教育【中編】
湾岸諸国でデジタル教育×対面教育の「ハイブリッド教育」が普及する理由
湾岸諸国ではデジタル教育と対面教育を組み合わせた「ハイブリッド教育」の普及が進む。その背景にはパンデミックがあるものの、一過性の“ブーム”には終わらない可能性があるという。その理由とは。(2021/9/8)

企業のハイブリッドワーク拡大へ ただし気になるセキュリティ――エントラスト調査
エントラストの調査によると、日本では約9割の従業員が「ハイブリッドワークプレース」の利用に積極的な一方、4割強が「セキュリティや生産性の面で課題がある」と回答した。(2021/9/7)

Entrustがハイブリッドワークについてのグローバル調査レポートを発表
米Entrustは、世界のハイブリッドワークプレイスの現状について調査したレポート「Securing the New Hybrid Workplace」を公開した。(2021/9/6)

PR:IT担当者を助ける! リモートワークで企業のITを進化させるために押さえたい4つのポイント
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、場所を問わず同じように仕事を進められる「ハイブリッドワーク」に向けた環境整備が急務となっている。それは中小企業も例外ではない。日本マイクロソフトが提供するソリューションを使えば、大幅に時間とコストを抑えられるという。その秘密を探る。(2021/9/3)

ハイブリッドワークの整え方【前編】
在宅とオフィスの併用勤務「ハイブリッドワーク」で“脱VPN”が広がる理由
新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が広がり始めている。こうした中、従来の「VPN」の課題が顕在化しているという。何が起きているのか。(2021/8/31)

HTTPリクエストで攻撃シミュレーションを実行可能:
セキュリティ対策を評価するサーバレスアプリ「Cloud Katana」をオープンソース化 Microsoft
Microsoftは、クラウドとハイブリッドクラウド環境におけるセキュリティ対策を評価するサーバレスアプリケーション「Cloud Katana」をオープンソース化した。(2021/8/27)

セキュリティ対策「次の一手」とは:
PR:ハイブリッドな働き方が広がる時代に 次世代CASBで実現するクラウドセキュリティ
テレワークの普及に伴ってセキュリティの課題も変化している。従来のセキュリティ対策でこれらに対応するのは難しく、企業ITの守り方にもアップデートが必要だ。(2021/8/27)

急場しのぎのツールを使い続けていないか
「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント
テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。(2021/8/24)

PR:1000人規模の社員総会をハイブリッドウェビナーで実施 カルチュア・エンタテインメントの事例に学ぶ「これからの企業に求められる情報発信の仕方」とは
(2021/8/26)

Gartner Insights Pickup(220):
生産性の鍵は柔軟性――デジタルワーカー調査で明らかに
デジタルワークプレースリーダーはオフィスや出先、自宅などを含むハイブリッドな職場環境における従業員の効果的な働き方の新しい指針を策定する必要がある。(2021/8/20)

CES 2022のリアル会場、ワクチンパスポート必携に
コロナ禍で今年はオールデジタルで開催された年次技術イベント「CES」。2022年はハイブリッド開催で、リアル会場に参加するにはワクチンパスポートが必須になる。(2021/8/18)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜハイブリッド車のエンジン始動はブルルンと揺れないのか
純エンジン車であれば、エンジン始動時にはキュルルルとセルモーターが回る音の後にブルンッとエンジンが目覚める燃焼音と共に身震いのような振動が伝わってくるものだが、ハイブリッド車にはそれがない。それはなぜなのか?(2021/8/16)

伝説のスーパーカー「カウンタック」復活 ランボルギーニ、ハイブリッド仕様の新型「カウンタック LPI 800-4」発表 生産数は112台のみ
伝説のスーパーカーが現代に蘇る。(2021/8/14)

往年のスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」がハイブリッドで復活
ランボルギーニがスーパーカー「カウンタック」の50周年記念モデル「Countach LPI800-4」を限定112台で発売する。ハイブリッドで最高速度は時速355キロ。8.4インチタッチパネルでAppleのCarPlay対応だ。(2021/8/14)

Red HatとNutanixが戦略的パートナーシップ締結 ハイブリッドクラウド向けソリューション強化へ
Red HatとNutanixは、戦略的パートナーシップを結んだ。Red Hat OpenShiftをNutanix Cloud Platformに対応させる他、サポート体制も強化する。(2021/8/12)

「デジタル研修」を生かすヒント【前編】
「オンライン研修」「ハイブリッド研修」が“勝ち組企業”を育てる当然の理由
企業が競争力を保つための重要な要素に、研修を通じた従業員のスキル向上がある。パンデミックのさなか、研修の中心的な手段となりつつあるのがデジタル研修だ。効果的なデジタル研修のヒントを紹介する。(2021/8/12)

キャリア企業研修最先端 主流はeラーニング活用の「ハイブリッド型」
企業で実施する従業員向けの「キャリア研修」が、コロナ禍の影響で様変わりした。いま、キャリア研修は、複数の要素を組み合わせた「ハイブリッド型」が最先端を走っている。対面方式か非対面(オンライン)方式かという要素と、一斉学習(同期型)か個人学習(非同期型)かという要素の組み合わせである。(2021/8/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(151):
ハイブリッドなID基盤構築を支援するコネクター「Azure AD Connect」のv2.0がリリース
Microsoftは2021年7月20日(米国時間)、ハイブリッドなID環境のためのコネクターソフトウェア「Azure AD Connect」の最新バージョン「v2.0(2.0.3.0)」をリリースしました。現時点では、これまでリリースされてきたAzure AD Connectの全てのバージョンがサポートされていますが、2022年以降、一部のコンポーネントがサポートされなくなるため注意が必要です。(2021/8/2)

イノベーションのレシピ:
「加湿器の掃除は手間」を解決する、ダイニチ工業の新しい小型加湿器
ダイニチ工業は2021年7月28日、「カンタン取替えトレイカバー」の搭載によって従来よりも手入れを簡単に行えるハイブリッド式加湿器「RXTシリーズ」を、同年8月2日に発売すると発表した。加湿器の手入れを手間に感じやすい顧客層に訴求する。(2021/7/30)

Gartner Insights Pickup(217):
ハイブリッドワークの恒久化に対応するための基本原則とガイドライン
オーソドックスなアプローチにより、ハイブリッドワークやリモートワークで働く人々の不安を打ち消し、連携と効率を高める。(2021/7/30)

高根英幸 「クルマのミライ」:
EUが2035年に全面禁止検討 エンジンは本当に消滅するのか
7月中旬、EUの欧州委員会は2035年にEU圏内でのエンジン車販売を禁止する方針を打ち出した。マイルドハイブリッドやフルハイブリッドも禁止される見込みだ。つまり、現時点ではバッテリーEVとFCVしか認められないという方向だ。(2021/7/27)

コミュニケーションを活性化せよ:
PR:「会議室が足りない」「会議のムダが多すぎる」をどう解消? ハイブリッドワーク実現のポイント
オフィス出社が増えるにつれ、「会議室が足りない」という問題に直面する企業も多い。そんな問題を手軽に解決できるのが、シスコシステムズが提供する、オンラインコミュニケーション専用端末「Webex Devices」だ。同ソリューションを活用することで、働き方や会議室の在り方はどう変化していくのだろうか。(2021/8/2)

PR:クラウドファースト時代、複雑化するハイブリッドインフラで現場は疲弊…… 解決の具体的なヒントはどこにある?
(2021/7/28)

電気自動車:
アクアが10年目で全面改良、バイポーラ型ニッケル水素電池で走行性能を向上
トヨタ自動車は2021年7月19日、ハイブリッド車(HEV)「アクア」をフルモデルチェンジして発売した。WLTCモード燃費は先代モデルから20%改善。先代モデルの燃費はJC08モード35.4km/l(リットル)だったが、新型アクアは、JC08モードと比べてより実走行に近い燃費性能が分かるWLTCモード燃費で35.8km/lを達成した。(2021/7/20)

物流のスマート化:
ZMPが3種の走行方式を複合化した「Hybrid SLAM」対応AGVを量産化
ZMPは2021年7月15日、複合的な走行方式機能「Hybrid SLAM」に対応した物流支援ロボット「CarriRo」の量産版モデル受注を開始したことを発表した。(2021/7/20)

トヨタ、新型アクア発売 燃費は従来モデルから約20%向上
トヨタ自動車がハイブリッド専用コンパクトカーである新型アクアを発売した。(2021/7/19)

初の取り組み:
スシロー、東京駅の八重洲地下街に“新型”店舗オープン 都市部での出店攻勢強める
「スシロー」が東京駅に直結する八重洲地下街に新店舗をオープンする。回転寿司「スシロー」とテークアウト専門店「スシロー To Go」を併設したハイブリッド店舗。同社初の取り組みとなる。(2021/7/14)

従来のIGBTに比べ損失を67%低減:
ローム、SiC SBDを内蔵した耐圧650VのIGBTを開発
ロームは、SiCショットキーバリアダイオード(SBD)を内蔵した耐圧650VのIGBT(Hybrid IGBT)「RGWxx65Cシリーズ」を開発した。車載信頼性規格「AEC-Q101」に準拠しており、xEV(電動化車両)や太陽光発電などの用途に向ける。(2021/7/12)

Spigen、米軍MIL規格を取得したAQUOS R6用クリアケース「ウルトラハイブリッド」発売
ファイブスターエレメンツ(旧シュピゲンジャパン)は、米軍MIL規格を取得したAQUOS R6用クリアケース「ウルトラハイブリッド」を発売。公式ストア、Yahoo/PayPayモールで取り扱う。価格は2490円(税込み)。(2021/7/8)

Japan Drone2021:
ヤマハが考えるドローンのいま、次世代、そして進化形、ガソリンとEVのハイブリッドを提案
「Japan Drone2021」でヤマハは2機のドローンと、1台のエンジン(モックアップ)を展示した。農業用マルチローターでは農薬用途での自動空中散布の実績を紹介し、産業用無人ヘリコプターとしては資材運搬や森林調査などでの可能性を示した。また、ガソリンと電池をハイブリッドした電源供給ユニットのコンセプトを打ち出し、ヤマハが考えるドローンの進化形を明らかにした。(2021/7/7)

人間とアルゴリスムが融合 フィデリティのロボアド「ザ・ハイブリッド」、資産運用の「ワンオペ」解消狙う
フィデリティ証券は7月6日、ロボアドバイザーと人によるアドバイスを組み合わせた「ザ・ハイブリッド」サービスの提供を開始した。担当者がライフプラン相談を通じて資産運用プランの設計をいっしょに行い、ロボアドが運用。その後も定期的にアフターフォローを行う。(2021/7/6)

日本のハイブリッドワーク、新型コロナワクチン接種普及後に進む? テクノロジー導入が鍵か――IDC予測
IDCの調査では、新型コロナワクチン接種普及後の働き方は「週5オフィス勤務」と予測する人は日米とも7割で、「隔週以上の在宅勤務」と予測する人は日本で約3割、米国では4割弱だった。日本でも「ハイブリッドワーク」を想定したIT投資が必要になるという。(2021/7/6)

「ハイブリッド会議」のベストプラクティス5選【後編】
「Web会議疲れ」を企業の3割以上が課題視 その解決策は?
テレワークとオフィスワークの従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」は、今後当たり前のスタイルになる可能性がある。「Web会議疲れ」対策など、ハイブリッド会議をスムーズに進めるための方法を紹介する。(2021/7/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハイブリッドやEVのバッテリーはいつまでもつ? 寿命を決める温度管理
EVで気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。寿命はバッテリーの特性によっても異なるが、実際の車両では温度管理などのマネジメントによるところが非常に大きい。(2021/7/5)

次世代パワー半導体の安定供給に向け:
ST、EV/HEV向けパワー半導体でルノーと戦略提携
STMicroelectronicsは2021年6月25日(スイス時間)、Renault Groupと電気自動車(EV)/ハイブリッド自動車(HEV)向け次世代パワー半導体の安定供給に向けた戦略的提携を結んだと発表した。(2021/6/29)

「ハイブリッド会議」のベストプラクティス5選【前編】
Web会議に満足できない人こそ「ホワイトボードアプリ」を使うべき理由
新型コロナウイルス感染症の影響で会議の形態は大きな変化を強いられた。今後はテレワーク従業員とオフィスワーク従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」の手法を模索する必要がある。その方法とは。(2021/6/29)

JBLが快適なフィット感を追求した完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE PRO+ TWS」を投入
ハーマンインターナショナルは、ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE PRO+ TWS」を発表した。(2021/6/25)

「Web会議」の5大トレンド【前編】
オフィス勤務とテレワークの「良いとこ取り」な働き方は定番化するか?
感染症対策として広まったWeb会議は、コロナ禍が落ち着いた後でも引き続き日常業務で活躍する可能性がある。今後は通勤とテレワークの「ハイブリッド」が定着するだろうか。(2021/6/23)

MicrosoftがTeams Roomsらに複数の新機能 ハイブリッドワーク実現に向けて
Microsoftは、Microsoft Teams RoomsやFluid Framework、Microsoft Vivaに新機能を追加する。会議室内とリモートの参加者のコラボレーション強化機能や「Web会議疲れ」に向けた瞑想機能を提供する。(2021/6/21)

住信SBI銀、定額自動振替サービス開始 貯金箱のような利用狙う
住信SBIネット銀行は6月17日から、定額自動振替サービスの提供を開始した。円普通預金口座から、目的別口座や証券口座と連携するSBIハイブリッド預金に自動的に振り替えできるサービス。(2021/6/18)

Japan Drone:
ヤマ発がドローン向けシリーズハイブリッドを開発、最長4時間の連続飛行が可能
ヤマハ発動機は、「Japan Drone 2021」において、マルチコプタータイプのドローン向けに開発しているシリーズハイブリッドシステムの試作モデルを披露した。2022年に同システムを搭載するドローンの実証実験をパートナー企業と共同で進めた後、2023〜2024年をめどにシステムサプライヤーとしての事業化を目指している。(2021/6/17)

全店で16日から:
世界初! ブリ×ヒラマサ=「ブリヒラ」を発売 ベイシアと近大の狙いは?
群馬を中心にスーパーマーケットを展開するベイシアは6月16日に近畿大学水産研究所が開発したブリとヒラマサの交雑種「ブリヒラ」を全国のベイシアで販売する。同社によると、ブリ類ハイブリッド種の産学連携による本格生産は世界初の事例だという。ブリの脂や旨味とヒラマサのこりこりとした歯ごたえのいいとこ取りをした養殖魚だ。見た目は? 味は? 養殖魚販売の狙いとは?(2021/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.