「Linux」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

1991年にヘルシンキ大学のLinus B. Torvalds氏によって開発されたUNIXクローンのOS。当初はPC/AT互換機をターゲットプラットフォームとして開発されたが、現在ではAlpha、SPARC、S/390などのプラットフォームへの移植も行われている。
Linux − @IT Linux用語事典
-こちらもご覧ください-
Linux Square − @IT
質問!Linux系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でLinux系OS関連の質問をチェック

セキュリティニュースアラート:
Linux向けシステムアクティビティー監視ツール「Kunai」が登場 SysmonForLinuxの代替に
SysmonForLinuxの代替となるシステムアクティビティーを監視するツール「Kunai」が公開された。Linuxに特化して設計されており、より高度なシステム監視を実現できるという。(2024/7/10)

重大な脆弱性だが、悪用は困難:
「OpenSSH」サーバにリモートコード実行の脆弱性、「OpenSSH 9.8p1」で修正
セキュリティベンダーのQualysは、glibcベースのLinuxシステム上の「OpenSSH」サーバ(sshd)に影響する重大な脆弱性(CVE-2024-6387)を発見した。この脆弱性が悪用されると、リモートから認証なしで、root権限で任意のコードを実行される恐れがある。(2024/7/5)

既存のブロックチェーンおよびデジタルIDプロジェクトの強みを基盤に:
Linux Foundation、分散型システムのオープン開発を後押しする新団体の設立計画を発表
Linux Foundationは、分散型トラストを備えた分散型システムのオープンソース開発の推進に重要な役割を果たす「Linux Foundation Decentralized Trust」を設立する計画を発表した。(2024/6/28)

Linux管理の一風変わった楽しみ方【後編】
sudoに一工夫して「パスワードのエラーメッセージ」を面白おかしくする方法
システム管理者の日常を面白くするために、Linuxの「sudo」が役立つことを知っているだろうか。それを何倍にも楽しめるようになる工夫と併せて、気分転換に役立つ方法を紹介しよう。(2024/6/27)

組み込み開発ニュース:
アイ・オー・データがUbuntuを担ぐ理由「新たなOSの選択肢を増やしたい」
アイ・オー・データ機器が英国Canonical Group(カノニカル)との間でLinux OS「Ubuntu」のライセンス契約を締結。組み込み機器向けに商用で展開している「Ubuntu Pro for Devices」のプログラムに基づき、アイ・オー・データがUbuntuプリインストールデバイスの販売に加え、Ubuntu Pro for Devicesライセンスのリセール事業を開始する。(2024/6/20)

アイ・オー、Ubuntu搭載のミニPCやNASなど発売 Ubuntu開発元の英Canonical社とライセンス締結
アイ・オー・データ機器がUbuntu Linuxなどを手掛ける英CanonicalとUbuntuのライセンス契約を締結した。Ubuntu搭載の機器やライセンス販売などを日本国内で提供する。(2024/6/19)

RHELとSLESの違い【後編】
Linux初心者がまず知っておくべき「RHEL」「SLES」の違いとは?
Red Hatの「RHEL」とSUSEの「SLES」は、どちらも代表的なLinux向けディストリビューションだ。これからLinuxを学ぶ人は、両者の違いを幾つか押さえておく必要がある。まず学ぶべき点とは。(2024/6/18)

Google、ChromeOSをAndroidベースに AI機能拡充へ
Googleは、ChromeOSをAndroidベースにしていくと発表した。AndroidのLinuxカーネルとアプリのフレームワークを採用する。これにより、既にAndroidで利用可能なGoogle AI機能をChromebookにも展開していく。(2024/6/14)

「調査対象となった全ての企業が多額の投資を見込んでいる」:
オープンソース技術に基づくべき生成AIのコンポーネントは何か Linux Foundation Japanが調査レポートを発表
Linux Foundation Japanは「2023年オープンソースの生成AIに関する調査レポート」を公開した。生成AIがビジネスの重要な要素になりつつあり、統合の容易さと透明性の点で、プロプライエタリAIよりもオープンAIが好まれていることが分かった。(2024/6/14)

Linux管理の一風変わった楽しみ方【中編】
これでLinux管理者のいらいらは解消? 笑いをもたらす「sudo活用法」
さまざまな責任を持つLinuxの管理者は、ストレスをため込みがちだ。いらいらを募らせないために、日常の作業を楽しくしてくれるコマンドの使い方を知っておこう。(2024/6/13)

RHELとSLESの違い【中編】
「RHEL」対「SLES」 Linuxディストロの学びやすさや認定資格の違いとは?
「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)には、Linuxディストリビューションそのものだけではなく、周辺ツールやサービスにも違いがある。学習や認定資格から見た違いは。(2024/6/11)

Linux管理の一風変わった楽しみ方【前編】
知らないと損? Linuxがもっと楽しくなる“愉快なコマンド”の使い方
Linuxには、管理を楽しくしてくれるさまざまな要素が存在する。その中から、ユーモアセンスにあふれるコマンドの使い方を幾つか紹介しよう。(2024/6/6)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
Linuxのスキルを証明する“激推し”の認定資格はこれだ
「Linux」を扱っている人や、これからLinuxエキスパートを目指す人は、Linux認定資格の取得が視野に入る。どのような認定資格があり、何を証明してくれるのか。11個の主要な認定資格を紹介する。(2024/6/5)

セキュリティニュースアラート:
Kaspersky、Linux向けのマルウェアスキャナーを無料で提供開始
Kaspersky LabはLinuxプラットフォーム向けに無料のマルウェアスキャナー「Kaspersky Virus Removal Tool for Linux」をリリースした。64bitのLinux OSをサポートし、マルウェアやアドウェアを検出し除去する機能を備えている。(2024/6/4)

RHELとSLESの違い【前編】
企業向けLinuxディストリビューション「RHEL」「SUSE」は何が違う?
主要な「Linux」ディストリビューションとして、Red Hatの「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と、SUSEの「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)がある。稼働するアーキテクチャや関連サービスの違いとは。(2024/6/4)

FTPだけじゃないファイル転送方法【後編】
TFTPをインストールするには? Linux、macOS、Windows別に解説
ファイル転送プロトコルのTFTPはFTPに比べ機能が限られているが、ファイルを手軽に送信することができる。TFTPのインストール手順や用途を解説する。(2024/6/4)

パスキーやデジタルのカード、チケット、鍵などをまとめて管理:
「OpenWallet Forum」創設へ 相互運用可能なデジタルウォレットの開発と普及を目指す
国際電気通信連合とLinux Foundationは、相互運用可能なデジタルウォレットに関するマルチステークホルダーの協力と議論を促進するため、「OpenWallet Forum」を創設する意向を発表した。(2024/5/31)

セキュリティニュースアラート:
マルウェアKinsing、Apache Tomcatサーバに新たな手法を使って潜伏
TenableはマルウェアKinsingが新しい高度なステルステクニックを使ってApache Tomcatサーバに潜伏していると報じた。KinsingはLinuxクラウドインフラを標的とし、バックドアや暗号資産のマイニング機能を仕掛けることで知られている。(2024/5/27)

車載ソフトウェア:
SDV開発を推進する車載Linuxプラットフォームの最新バージョンを発表
Linux Foundationは、最新版のAGLプラットフォーム「Unified Code Base(UCB) 17.0」をリリースしたと発表した。クラウドネイティブ機能やRISC-Vアーキテクチャ、Flutterベースのアプリケーションを追加している。(2024/5/24)

CIO Dive:
“オープンなAI”実現に残る課題 なかなか標準化が進まない背景とは
IntelをはじめとしたLinux Foundationのグループは、企業向けオープンソースAIの標準化を目指したプロジェクトを進行中だ。リスクやデメリットが不透明なまま広まっているオープンソースAIの安全性が今問われる。(2024/5/22)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
Windowsや“普通のLinux”とは全然違う「コンテナ管理用OS」とは?
コンテナの運用を最適化する「コンテナ管理用OS」。「Windows」などの一般的なOSとは一線を画すコンテナ管理用OSには、どのような利点があるのか。主な特徴と、代表的なコンテナ管理用OSを紹介する。(2024/5/22)

Linuxのバックアップと復元【後編】
「Linux」の基本ツールで“バックアップから復元まで”を試してみる
不具合や何らかのミスによってデータが損失するリスクがある以上、バックアップの対策が重要であることはどのようなシステムにおいても変わらない。Linuxでのバックアップと復元の基本の一つを紹介する。(2024/5/13)

シンクライアント管理の基本【前編】
普通のWindowsやLinuxと「シンクライアントOS」は何が違うのか?
シンクライアントに搭載するOSであるシンクライアントOSには、普通のOSとは異なる管理方法が求められる。シンクライアントOSの種類と一般的な管理方法を説明する。(2024/5/8)

宇宙機向けRISC-Vプロセッサ搭載:
Microchip、放射線耐性PolarFire SoC FPGAを発表
Microchip Technologyは、リアルタイムLinux対応のRISC-Vプロセッサを搭載した、宇宙機用電子機器向け放射線耐性(RT)PolarFire SoC FPGAを発表した。(2024/5/7)

組み込み採用事例:
安川電機のAI機能搭載産業用ロボットがウインドリバーの組み込みLinuxを採用
ウインドリバーの組み込みLinuxプラットフォーム「Wind River Linux」が、安川電機の産業用ロボット「MOTOMAN NEXT」に採用された。自律制御ユニットに実装し、「NVIDIA Jetson Orin」上で動くLinuxを商用化する。(2024/5/7)

Linuxのバックアップと復元【前編】
「Linux」ユーザーの誰もが知っておくべき“簡単バックアップ”の方法とは
どのようなシステムにおいても、何らかの不具合や作業のミスによってデータが消えてしまう事態に備えた対策は欠かせない。「Linux」での基本となるバックアップと復元の手段を知っておこう。(2024/5/6)

欧州委員会のGDPR違反も影響か The Document Foundationが指摘:
ドイツの州、3万台の自治体PCを「Linux」「LibreOffice」に移行すると発表
ドイツ北部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州は、自治体のPC3万台で使用しているWindowsとMicrosoft OfficeをLinuxとLibreOfficeに移行すると発表した。LibreOfficeの開発元であるThe Document Foundationは、同州が移行を決めた背景として「欧州委員会のGDPR違反」を挙げている。(2024/5/2)

パフォーマンスエンジニアリング、セキュリティ、開発支援などの機能が強化:
Linux 6.8カーネル採用の「Ubuntu 24.04 LTS」リリース
Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 24.04 LTS」(開発コードネーム「Noble Numbat」)が公開された。10番目のLTSリリースで、Linux 6.8カーネルを採用している。(2024/5/2)

「Linux」認定資格11選【後編】
「Linux」のエキスパートを名乗るならどの“認定資格”を取得すべき?
業務で「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)を扱うIT管理者が、自身のスキルをアピールするためには、ベンダーが提供する認定資格の取得を目指すのが有効だ。どのような選択肢があるのか。(2024/4/30)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
「Vim」が愛され続ける理由と、サンプルで学ぶ使い方
「Linux」の標準テキストエディタとして根強い人気のあるのが「Vim」だ。初心者にとってはなじみにくいVimを、使い勝手の良いツールにするためのコマンドやカスタマイズを学ぼう。(2024/4/25)

「Linux」認定資格11選【中編】
「Linux」のスキル保有を証明するのに使える“認定資格”とは?
IT管理者やIT分野での求職者が「Linux」関連認定資格を得ることは、自身のスキルや知識を証明することにつながる。Linuxのプロフェッショナルを目指すために知っておきたい4つの認定資格とは。(2024/4/23)

さくらのクラウドで「Red Hat Enterprise Linux Server」提供開始、月額約1万4000円
さくらインターネットは、さくらのクラウドで「Red Hat Enterprise Linux Server」の提供を開始すると発表しました。また、同社にて技術的な問い合わせを受け付けることも可能としました。(2024/4/19)

2024年第1四半期時点で83%の開発者がDevOpsに関与:
同じ形式のツールを複数使用するのは逆効果 Linux FoundationがCI/CDに関するレポートを公開
The Linux Foundation Japanは、「継続的インテグレーション&継続的デリバリーの近況:ソフトウェアデリバリーパフォーマンスの進化」を公開した。それによると、2024年第1四半期時点で83%の開発者がDevOpsに関与していることが分かった。(2024/4/18)

Redisライセンス変更に対応、BSDライセンスで配布を継続:
Redisに代わるデータストア、Valkeyを立ち上げ Linux Foundation
Linux Foundationが「Redis」に代わるオープンソースプロジェクトValkeyプロジェクトを発足した。ValkeyはRedis7.2.4の開発を継続し、データストアとして開発される。(2024/4/18)

「Linux」認定資格11選【前編】
「RHELマスター」になるなら手に入れておきたい“Linux認定資格”とは?
「Red Hat Linux Enterprise」(RHEL)を業務で扱うIT管理者が、自分の知識やスキルを証明したい際は、Red Hatが提供する認定資格が役立つ。どのような認定資格があるのか。(2024/4/16)

「コンテナホストOS」4選【後編】
Docker向けOSの“最強”は? 「RancherOS」「Ubuntu Core」「Alpine Linux」「DC/OS」を比較
「Docker」を用いてコンテナをデプロイ、管理する上で、コンテナ実行に特化した軽量なホストOSを採用することにはさまざまな利点がある。コンテナ運用向けの機能を備えた4つの主要なコンテナホストOSを紹介する。(2024/4/16)

無償セルフCVEスキャンレポートを提供中:
PR:出荷後の組込Linux製品のセキュリティ不安を解消する支援サービスとは?
組込みLinuxを使用した機器では、膨大な共通脆弱性識別子(CVE)への対応が迫られるなどセキュリティやメンテナンスの課題がある。課題に対処するリソースも問題だ。これらの課題を解決するサービスに大きな注目が集まっている。(2024/4/9)

多数のビルディングブロックを備える:
Linuxベースの「ctrlX OS」に対応した機能検証済みCOM
コンガテックは、機能検証済みのCOMパッケージ「aReady.COM」を発表した。第1弾として、ボッシュ・レックスロスのOSである「ctrlX OS」に対応した製品を提供する。(2024/4/4)

OSSコミュニティーに衝撃:
「XZ Utils」にバックドア(CVE-2024-3094)の問題 Fedora、Debian、Alpine、Kali、OpenSUSE、Arch Linuxの開発版、実験版に影響
主要なLinuxディストリビューションなどで広く使用されている「XZ Utils」に、悪意あるコードが挿入された問題(CVE-2024-3094)が確認された。(2024/4/4)

セキュリティニュースアラート:
Linuxカーネルに特権昇格の脆弱性 急ぎ確認とアップデートを
NSFOCUSはLinuxカーネルの特権昇格の脆弱性(CVE-2024-1086)について詳細情報とPoCツールが公開されたとし、影響を受けるユーザーに対して修正されたバージョンへの迅速なアップデートを呼びかけた。(2024/4/3)

Linuxディストリビューションの選択肢【後編】
CentOS後継争い「Rocky Linux」対「AlmaLinux」の勝負は“あれ”で決まる
Red Hatが「CentOS Linux」を廃止したことで、企業は「RHEL」の代わりとして利用できる安定したディストリビューションを探すことになった。「Rocky Linux」「AlmaLinux」のどちらが選ばれるのか。(2024/3/19)

蔵出しブックレット
Windows使いにこそお薦めな「Linuxデスクトップ」 4つの理由で乗り換えたくなる
「Linuxデスクトップ」は、事務などの一般的な仕事で使われることは珍しいものの、用途によっては大きなメリットをもたらす可能性があります。どのような状況で役立つのでしょうか。利用の際の注意点は。(2024/3/19)

Linuxディストリビューションの選択肢【前編】
CentOS後継として「Rocky Linux」と「AlmaLinux」が人気な訳
「Rocky Linux」と「AlmaLinux」は、Red Hatが「CentOS Linux」の廃止を発表した後に誕生したディストリビューションだ。CentOS Linuxの後継として選ばれるRocky LinuxとAlmaLinuxにはどのような特徴があるのか。(2024/3/12)

Linuxを攻撃から守るには【後編】
実はLinuxも危ない どうすれば「Linux=安心なOS」になるのか?
Linuxだからといって「安全なOS」というわけではない。Linuxを狙う攻撃手法は多様化している。マルウェア感染や、攻撃による被害を抑止するために必要な対策とは。(2024/3/12)

Linuxのセキュリティを比較【後編】
Linuxの「SELinux」と「AppArmor」は結局どちらを選ぶべき?
アクセス制御を「Linux」で実行する上では、主に「SELinux」と「AppArmor」の2つの選択肢がある。それぞれの利点と欠点をまとめた。(2024/3/11)

Linuxを攻撃から守るには【前編】
「Linux=安全なOS」ではない 狙われる当然の実態
オープンソースのOS「Linux」を標的にした攻撃活動が盛んだ。システムをマルウェア感染させないためにはどのような対策が有効なのか。Linuxに迫る脅威と併せて解説する。(2024/3/6)

セキュリティニュースアラート:
Kali Linux 2024.1が公開 セキュリティ対策に特化した複数の新機能を追加
Offensive Securityは「Kali Linux」の最新版となる「Kali Linux 2024.1」を発表した。Bluetoothデバイス発見サービスなどの新しいツールが追加された。(2024/3/4)

Linuxのセキュリティを比較【前編】
Linuxを守る「SELinux」と「AppArmor」は何が違うのか?
「Linux」を不正アクセスから保護するために、「SELinux」と「AppArmor」が活用できる。両者は具体的に何が違うのか。複数の観点から解説する。(2024/3/4)

Linuxコマンド「tar」の使い方【中編】
Linuxで複数ファイルのバックアップに使える「tar」コマンドとは
Linuxでは「tar」コマンドを使うことで、アーカイブファイルの作成や復元ができる。コマンドを使いながら、アーカイブファイルを作成する手順を紹介する。(2024/3/3)

コスト削減にも強み:
「IBM LinuxONE」の新モデル「IBM LinuxONE 4 Express」が登場 幅広いAIニーズに対応
IBMはLinuxサーバ「IBM LinuxONE」の新モデル「IBM LinuxONE 4 Express」を発表した。IBM LinuxONE 4 Expressは、ハイブリッドクラウド環境にサイバーセキュリティ、レジリエンス、拡張性、AI推論を提供できるよう設計されている。(2024/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.