• 関連の記事

「IAB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Interactive Advertising Bureau

Googleが3度目の方針変更
「サードパーティーCookie」の代替策にまつわる“広告主の誤解”とは
GoogleがサードパーティーCookieの廃止を再延期した。代替策に移行するまでの猶予は2025年まで引き延ばされることになるが、それまでにマーケターや広告主はある点を理解しておかなければならない。(2024/7/9)

「広告のムダ打ち」をなくすためにできること【第3回】:
日本の「ビューアビリティー」の不都合な真実 ディスプレイ広告の半分は見られていない
広告が有効に機能するためには、ターゲットに確実に届いている必要があります。ところがその大前提がそもそも成立していない現実があります。今回は「ビューアビリティー」が重要な指標とされる背景について、あらためて掘り下げてみましょう。(2024/6/5)

「広告のムダ打ち」をなくすためにできること【第2回】:
「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき「ビューアビリティー」「ブランドセーフティー&スータビリティー」「位置情報」について説明します。(2024/5/29)

年内実施は断念:
2度あることは3度あった GoogleのサードパーティーCookie廃止再延期にアドテク各社がコメント
Googleは2024年末までに完了する予定だったWebブラウザ「Chrome」でのサードパーティーCookie廃止を再延期すると発表した。延期はこれで3度目になる。デジタル広告業界の声をまとめた。(2024/4/25)

Marketing Dive:
数字が語る「ゲーム広告」に投資すべき根拠
米国には2億1300万人のゲーマーがいる。ゲーム広告は依然としてマーケターが最も関心を寄せる分野となっている。(2024/4/9)

Marketing Dive:
「プライバシーファースト」と「シグナルロス」が広告費の内訳を変える
CTV、リテールメディア、ソーシャルメディアなど、ファーストパーティーデータを活用するチャネルは、データ環境の進化とともに利益を得ている。(2024/4/8)

セキュリティニュースアラート:
中小企業を狙うサイバー攻撃の手口はさらに巧妙化 ウイルス対策ソフト回避の新手法
ソフォスは中小企業が直面するサイバー脅威を詳しく取り上げた2024年版脅威レポートを発表した。サイバー攻撃者がウイルス対策ソフトによる検出を回避するための、新たな攻撃手法が紹介されている。(2024/3/26)

ポストCookie総まとめ:
サードパーティーCookie廃止のXデーは? 訪れる変化と、今マーケターが取り組むべき対応
Googleは2024年後半からサードパーティーCookieのサポートを段階的に終了する。まずはそれまでのロードマップと、今後訪れる変化にマーケターがどう対応すべきかを解説する。(2024/3/21)

Marketing Dive:
GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確さが見られる」と反論している。その詳細について、追加説明があった。(2024/2/29)

製造マネジメントニュース:
制御機器事業の立て直し急ぐオムロン、構造改革で国内外2000人の人員削減も
オムロンは国内外で計2000人の人員削減などを含む「構造改革プログラム『NEXT2025』」を発表した。(2024/2/27)

Marketing Dive:
Googleが広告業界の救世主になると勝手に期待してはいけない理由
GoogleによるサードパーティーCookie廃止を目前に控え、広告業界はターゲティングや計測の課題を解決する方法を模索している。マーケターが現実的に取り得る手段とはどのようなものか。(2024/2/19)

Maketing Dive:
リテールメディアバブル沈静化とソーシャルコマースの台頭――「Marketing Dive」の8つの予言【3】【4】
2024年、マーケターを取り巻く環境は目まぐるしく変化している。これから何が起こるのか。「Marketing Dive」による8つの予言のうち3つ目と4つ目を紹介する。(2024/1/27)

Marketing Dive:
2024年、広告主が「クリエイターエコノミー」にもっと投資すべき理由
米国の広告業界団体IABは、2024年に広告主がクリエイターコンテンツへの投資を増やし、予算配分は平均で25%増加すると予想している。(2024/1/5)

Marketing Dive:
TikTok、CTV、ゲーム Z世代の心をつかむ最適解は?――Forresterの2024年広告業界予測【後編】
米国のB2Cマーケティング幹部の8割がZ世代とミレニアル世代を重要視している。彼らにリーチするためにトップブランドが狙う場所は。(2023/12/14)

Marketing Dive:
AmazonやWalmartはやる気ある? リテールメディア標準化の行方
リテールメディアの標準化によって、複雑な広告の仕様や効果測定指標が整理され明快になることが期待されている。だが、大手が足並みをそろえるかどうかは分からない。(2023/11/8)

Marketing Dive:
コカ・コーラも悩む「リテールメディアへどれだけ広告予算をつぎ込むべきか」問題
IABが初開催した「Connected Commerce Summit」で、講演者たちは現在のリテールメディアの在り方について「耐えられない(untenable)」と、懸念を表明した。(2023/11/3)

FAインタビュー:
オムロン制御機器事業が進めるデータ活用とソリューションビジネスの拡大
オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 社長の山西基裕氏が合同取材に応じ、データを活用したソリューションビジネスの拡充を図る制御機器事業について語った。(2023/11/1)

「RaaS」の普及で、攻撃はより複雑に:
NCSCとNCA、ランサムウェア攻撃の経路、手口、ツールをまとめたサイバー犯罪エコシステムレポートを公開
ランサムウェア攻撃は大規模な犯罪組織によるものから複雑なサプライチェーンに依存する多様なビジネスモデルへと変化している。NCSCとNCAは、サイバー犯罪エコシステムについて調査した結果を発表した。(2023/9/28)

「ROLEXアイドル誕生!?」 櫻坂46・守屋麗奈、“1億円ロレックス”装着に満面の笑み 人気芸人らも背中押す
きれい〜!(2023/9/6)

Tech TIPS:
PDFファイルにキーボードから直接文字入力する方法【本家Acrobat Reader編】
いまだにPDFファイルで配布されている申込書や申請書に、必要事項を記入して提出しなければならないこともある。このような場合、手書きで入力して、スキャナーで読み込み、PDF化してメールで送信、というのは面倒だ。Acrobat Readerを使うと、簡単な入力が行える。その方法を解説しよう。(2023/8/14)

変化するサイバー攻撃手法【第4回】
「マクロ悪用」はもう古い? サイバー攻撃は“驚くべき進化”を遂げた
サイバー攻撃の手法は、近年すさまじいスピードで進化している。これによりセキュリティチームに及ぶ影響とは。セキュリティベンダーの調査を基に解説する。(2023/7/12)

変化するサイバー攻撃手法【第3回】
「HTML」「PDF」を悪用――調査で分かった2023年“人気”のサイバー攻撃
攻撃者は常に新しい攻撃手法に目を向けている。セキュリティベンダーの調査を基に、近年拡大する攻撃手法として、「HTML」や「PDF」を悪用する手法を解説する。(2023/7/5)

敵を知り、己を知る:
PR:「うちの会社は大丈夫か、安全か?」と尋ねる代わりに確認すべき2つのポイント
サイバー攻撃による被害が後を絶たない。「うちは大丈夫なんだろうね」と経営層にくぎを刺されるセキュリティ担当者も多いだろう。だが、「そもそもその問いが間違っている」と指摘する有識者もいる。正しい問いとは、そしてそのために必要なこととは何か。(2023/7/4)

Marketing Dive:
アマプラも広告付きプランを検討 テレビCMにない強みとは?
Amazon.comがサブスクリプション型動画配信サービス「Amazon Prime Video」において広告付きプランの導入を検討していると「Wall Street Journal」が報じた。Amazon自身、そして広告主へはどう影響するか。(2023/6/12)

Marketing Dive:
Google検索を根本的に変える生成AI、広告への影響は?
開発者会議「Google I/O」で明らかにされたように、Googleは検索分野において生成AIをテストしている。ユーザー体験からEコマース機能、広告に至るまで、大きな変化があるようだ。(2023/5/26)

Marketing Dive:
テレビ業界の迷走は続く? 視聴測定に向けて大手が団結の姿勢を見せるが……
米テレビ局大手が、ストリーミング測定の未来を開拓するために団結する。(2023/1/27)

無人搬送車:
PR:搬送自動化のカギを握るモバイルロボット、オムロンが考える普及の5つのポイント
製造現場の自動化で残された「搬送」領域。その自動化を進めるカギとして注目されているのがモバイルロボットだ。このモバイルロボットに早期から取り組み、2022年10月には「第10回ロボット大賞」経済産業大臣賞を受賞したオムロンに、今後の展開と動向について聞いた。(2023/1/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
独自の観測結果から見えてきたランサムの今と、対策のポイント――SBテクノロジー 辻伸弘氏
今、さまざまな企業や組織がランサムウェアを用いた攻撃の被害に遭っている。この攻撃はどのような変遷をたどっており、どのように対策していけばいいのだろうか。 (2023/1/10)

Marketing Dive:
2023年の広告費を「堅調」と予測 不況の香りがしても広告代理店が強気な理由
決して好景気が続くとは言えない状況の中でも、広告代理店の幹部たちは2023年の広告費は堅調だと予測する。その理由とは。(2023/1/9)

ITmedia Security Week 2022 冬:
通知ウザウザ詐欺、イニシャルアクセスブローカーなど“新たな脅威”の把握に疲れたあなたへ――セキュリティリサーチャーズが提言する「バランス感覚」とは
2022年11月に開催された「ITmedia Security Week 2022 冬」の「サプライチェーン攻撃だけじゃない、新たな脅威」ゾーンにおいて、ポッドキャスト「セキュリティのアレ」でも活躍するセキュリティリサーチャーの根岸征史氏、辻伸弘氏、piyokango氏の3人が、今回は変化の中でも“一度立ち止まり振り返る”というテーマで登壇。「シフトする脅威の掴み方」と題して、見逃してはならないポイントをそれぞれの視点で語った。(2022/12/27)

消費者向け市場よりも企業向け市場にメリットあり:
5G Advancedと6Gで何が変わるか、次は企業向け市場にフォーカス
調査会社ABI Researchが、「5G」のこれまでの発展と、5Gの進化形となる「5G Advanced」の詳細な分析をまとめたホワイトペーパーを公開した。6Gについても触れている。5Gはほぼ消費者向け市場に限って受け入れられており、5G Advancedは企業向け市場に役立つ機能が盛り込まれる見込みだという。(2022/7/25)

Marketing Dive:
ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告主には選択の幅が広がるかもしれない。しかし、Netflixの収益構造にはどう影響するのだろうか。(2022/6/29)

欧州委員会の偽情報対策の新規範にTwitter、Meta、Googleなどが署名
欧州委員会が「Code of Practice on Disinformation」(偽情報に関する行動規範)を発表した。フェイクニュースの拡散を阻止するためにプラットフォーマーが行うべき取り組みを決めたものだ。Twitter、Meta、Google、Microsoftなど34社が署名した。(2022/6/17)

キャンペーンのROIを最大化するために:
コネクテッドTV(CTV)広告のパフォーマンスを包括的に計測、Adjustが新サービス「CTV AdVision」を発表
1つの管理画面でCTV広告の全体的なパフォーマンスを把握可能に。(2022/5/18)

この頃、セキュリティ界隈で:
ウクライナ侵攻で、闇社会にも分断 親ロシア派と親ウクライナ派に分かれるサイバー犯罪集団
ロシア軍のウクライナ侵攻が、闇社会にも分断を引き起こしている。サイバー犯罪集団が情報交換や取引の場として利用するロシア語の闇フォーラムでは、犯罪集団が親ロシア派と親ウクライナ派に分かれる「前例のないイデオロギー分断」が生じている。(2022/3/23)

製造マネジメントニュース:
サプライチェーン混乱もなんのその、オムロンが変化対応力で過去最高の営業利益
オムロンは2021年10月28日、2022年3月期(2021年度)第2四半期累計(4〜9月)の業績を発表した。サプライチェーンの混乱やコロナ禍によるロックダウンの影響などを大きく受けたが、強化してきた変化対応力を発揮し、大幅な増収増益を実現。2021年度通期業績見通しも上方修正した。(2021/10/29)

成果を生むスマート工場の作り方:
PR:作業時間ばらつきを28%低減、スマート工場を実現する“超現実的”サービスの真価
工場内でデジタル技術によりデータを活用したモノづくりの競争力を高めるスマート工場の取り組みが加速している。しかし、工場でのデータ活用には、デジタル技術とモノづくりの知見の両面が必要になり、成果を出すのは簡単ではない。こうした領域を支援するのがオムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」である。「i-BELT」を活用しサイクルタイムのばらつきを28%低減したOmron Microscan Systems(オムロン マイクロスキャンシステムズ、以下OCR)の事例を紹介する。(2021/7/2)

製造マネジメントニュース:
変化対応力を示したオムロン、第1四半期は5G関連需要や体温計増産に対応し増益
オムロンは2020年7月28日、2021年3月期(2020年度)第1四半期の業績とともに、延期していた2020年度の通期業績予想を発表した。第1四半期については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で減収となったものの、逆に生まれた需要を捉え増益を達成した。しかし、第2四半期以降の市況悪化を慎重に捉え、通期では減収減益の見込みを示している。(2020/7/29)

Interop Tokyo Conference 2020:
5GのライバルはWi-Fi? 将来的には固定と融合する? 5Gの発展を占う
5Gはコミュニケーションだけでなく産業界での利用が期待されている。現在、標準化作業がなされている「リリース16」〜「リリース18」で5Gが高度化する。将来的には固定と無線の境目がなくなり、通信をシームレスに利用できる時代が来ることも期待される。(2020/6/26)

Chromeブラウザ、不快な動画広告ブロックを8月5日から開始
Googleが、Chromeブラウザで3種類の動画広告をブロックする計画を発表した。いずれも業界団体の調査でユーザーが不快だとしたもの。8月5日から実施する。(2020/2/6)

「おまえを軽蔑する!」「もう亮じゃない!」 ロンブー淳、謹慎処分の相方・亮を叱責 初めての“うそ”にショック隠せず
亮さんの言葉を信じていた淳さん。(2019/6/25)

ヤフー、まとめサイトなど約5900件の広告配信を停止 ガイドライン厳格化で“実体不明メディア”を排除
新ガイドラインでは“運営者条件”を新設、実体不明なメディアを排除(2019/4/22)

Chromeブラウザの広告ブロック機能、7月9日に世界で有効に
Googleが昨年2月から北米と欧州で実施しているChromeブラウザでの問題広告ブロックを、7月9日から世界で提供する。(2019/1/10)

アドベリフィケーションへの投資について考える:
デジタル広告の信頼性、先進企業が気にしていることとは?――IASのCEOに聞く
日本の広告主は「アドフラウド」「ビューアビリティー」「ブランドセーフティー」の問題にどう向き合うべきか。(2018/11/6)

ハードの導入準備はほぼ完了か:
近づく本格展開、新しいエコシステムを生み出す5G
2017年12月は、5G(第5世代移動通信)システムの標準化に向けた重要な節目となった。5G New Radio(5G NR)規格の「Release 15」の前半が3GPPによって批准されたからだ。2018年6月には、5G NR Release 15の後半の批准という次の節目が早くも迫っている。(2018/10/11)

シリーズ「モノづくりの現場から」(オムロン 綾部工場):
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1〜10m」の取り組み
IoT、AI、ロボティクス技術などを活用した“工場のスマート化”への関心が高まる中、国内製造業の現場ではどのような取り組みが行われているのだろうか。製造業のモノづくり現場を革新するコンセプト“i-Automation!”を掲げるオムロンの綾部工場(京都府綾部市)を取材した。(2018/9/21)

アドフラウド対策を強化:
DSP「Logicad」が「ads.txt」による制御配信機能を実装
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」における広告配信の透明性の強化を目的に、「ads.txt」制御配信機能を実装した。(2018/9/13)

“日本が知らない”海外のIT(番外編):
正しく知れば怖くない GDPRの基本と対策のポイントをIIJが解説
欧州連合(EU)が5月25日に施行したGDPR(一般データ保護規則)。実際、どんな影響を企業や個人に及ぼすのか。日本企業はどうすればいいのか。IIJに聞いた。(2018/8/1)

ブランドセーフティーの担保されたデジタル広告の配信へ:
博報堂DYグループ、「Agency Whitelist」を提供開始
博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYデジタルは、博報堂DYグループ独自の基準に基づいて安全な掲載サイトのみへの広告の配信を実現する「Agency Whitelist」の提供を開始した。(2018/6/4)

GDPRの次は「ePrivacy Regulation」──FacebookやGoogleが警戒する規則とは
EUによるGDPR(一般データ保護規則)の施行後、EUが同時採択を目指していた「ePrivacy Regulation」への注目が高まっている。(2018/5/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.