• 関連の記事

「不良品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不良品」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スマートファクトリー:
PR:「生産技術のインテリジェント化」を目指しIoTネットワークを構築した日産自動車
最先端の技術で「クルマの未来」を提案し続ける日産自動車。同社は、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の新開発パワートレイン生産ラインにおいて、IoTを活用した生産技術の革新に取り組んでいる。このIoTを制御するネットワークに採用されているのがシスコシステムズの製品だ。IT(情報技術)とOT(運用技術)を融合させた新たなネットワークは、次世代のクルマづくりのコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を実現する上で欠かせないインフラとなっている。(2021/10/11)

FAニュース:
さつまいもをAI外観検査で自動判別、選別自動化ラインの構築に貢献
AI(人工知能)とロボティクス技術のロビットは2021年10月12日、さつまいも大手のポテトかいつかにAI外観検査ソリューション「TESRAY」を導入し、さつまいもの選別ラインで本格稼働したことを発表した。(2021/10/12)

Weekly Memo:
リアルタイムのデータ処理で必須に? DXに効くエッジコンピューティングの使い方
エッジコンピューティングをDXにどう生かしていくのか。その実践に向けてIIJがユニークな取り組みを始めた。同社によるDXとエッジの話を基に、今後のコンピューティングについて考察したい。(2021/10/11)

「画質改善+物体検知」も可能に:
超低消費電力のエッジAI、ASICで100TOPS/Wの実現も
エッジでのディープラーニング技術(エッジAI技術)を手掛けるLeapMindは2021年9月30日、超低消費電力のAI(人工知能)推論アクセラレーターIP(Intellectual Property)「Efficiera(エフィシエラ)バージョン2(Efficiera v2)」のβ版をリリースした。正式版は同年11月末に提供を開始する。(2021/10/7)

いまさら聞けないスマートファクトリー(12):
製造現場に広がる「画像」や「映像」の活用、何に生かすべきか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第12回では、スマートファクトリー化を進める中で活用が広がっている「映像」「画像」の使いどころについて紹介します。(2021/9/15)

製造現場向けAI技術:
PR:スマート工場で広がる画像認識、ディープラーニングがもたらす可能性とは
人手不足などに苦しむ製造現場では先進デジタル技術を活用したスマート工場化が加速している。その中で重要な役割を果たすのが画像認識技術だ。従来型の画像認識技術に加え、大きく期待されるのがディープラーニング技術である。製造現場で画像認識とディープラーニングを組み合わせることで得られる価値とはどういうものだろうか。(2021/9/14)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(8):
厳格な「棚卸し」は経営改善につながり、工程管理に現場監督者の活躍は欠かせない
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第8回は、まず「棚卸し」についての説明を行った後、連載の締めくくりとして、工程管理における現場監督者の役割と活躍の重要性について解説する。(2021/9/9)

電子ブックレット(組み込み開発):
スパコンのAI性能が10倍に/教師なし学習で高精度の画像分類AI
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年4〜6月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2021年4〜6月)」をお送りする。(2021/9/6)

製造ITニュース:
良品画像の学習のみで不良品検出が可能なAI検査支援サービスを提供
NECソリューションイノベータは、良品画像の学習のみで、AI技術により不良品を検出できるクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。(2021/8/30)

FAニュース:
重合反応プロセス向け自動連続測定システム普及へ、横河電機が米新興企業に出資
横河電機は2021年8月17日、米国フルーエンスアナリティクスとの間で、戦略的な業務提携契約を締結したと発表した。横河電機がフルーエンスアナリティクスに出資し、同社製品の取り扱いを2021年中に開始するとともに将来的には新製品の独占販売権獲得などを進める。(2021/8/19)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(10):
生産を開始する前に設計者がすべきこと
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第10回は、生産開始前に“設計者がすべきこと”を取り上げる。(2021/8/19)

大画面4K対応テレビの再生品を5万円以下で グリーンハウスが直販サイトで販売
グリーンハウスは10日、49V型4K/HDR対応液晶テレビのメーカー再生品を4万9800円(税、送料込)で販売すると発表した。(2021/8/10)

製造IT導入事例:
AIによる豆腐の自動検品システムを開発、導入
日本IBMは、四国化工機が導入した豆腐の割れや欠けなどを自動判定するAIラインピッキングシステム「STI-ALPS」の開発を支援したと発表した。2021年6月から稼働を開始している。(2021/8/10)

製造現場向けAI技術:
ディープラーニングを組み込んだ工場向け画像処理ツール、欠陥分析などを容易に
コグネックスは2021年7月28日、ビジョンソフトウェアの新バージョン「VisionPro 10.0」を発表した。「生まれ変わるVisionPro」をキャッチフレーズに開発20年を迎えた同ソフトをさらに訴求していく。(2021/8/3)

FAニュース:
設定工数を70%削減し目視工数を85%削減、品質向上支援も行うAI基板外観検査装置
オムロンは2021年8月2日、AI(人工知能)関連技術や独自の照明技術を活用し、設定工数の大幅削減や、不良の原因究明に貢献する基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」を同年8月5日からグローバルで発売すると発表した。(2021/8/3)

豆腐の割れ、欠け、くぼみをAIで判別 食品工場が目指すスマートファクトリー化とは
大豆加工食品の製造や販売などを手掛ける四国化工機は、自社工場での豆腐の検品に向けてAIラインピッキングシステムを導入した。同社は工場に全ての機器の状況を一元管理できるIoTを導入し、スマートファクトリー化を推進している。(2021/7/29)

いまさら聞けない自動車業界用語(15):
「工場の生産性向上」と一言でいっても、幾つものアプローチがある
今回のテーマは「工場の生産性改善」です。日々進められている工場の改善。具体的にどのように取り組んでいるのかについて説明します。(2021/7/12)

週末に「へえ」な話:
53年ぶりに進化! 手で真っすぐに切れる「スパスパ」は、どうやって開発したのか
「プチプチ(R)」を製造している川上産業が、新商品を発売した。四角くて手で真っすぐに切れる、新しいプチプチである。その名は「スパスパ」。53年ぶりに進化した商品は、どのようにして開発したのか。担当者に話を聞いたところ……。(2021/7/10)

スマートファクトリー:
食品製造業のスマート工場化を支援、EdgecrossがWG活動を推進
Edgecrossコンソーシアムは、業界に特化した課題解決やソリューション構築を進めるためにワーキンググループ(WG)活動を強化。その1つが食品製造業に向けた「食品製造業向けソリューション構築WG」である。同WGリーダーを務める小玉昌央氏(サトー)に、食品製造業における課題とWGの取り組みについて話を聞いた。(2021/7/9)

MONOist 製造業×品質セミナー(前編):
カメラによるインライン検査やIoT活用、デジタル技術による「品質向上」最新事情
MONOistは2021年6月3〜4日、オンラインで「品質」をテーマとしたセミナー「製造業×品質、革新するモノづくりの在り方」を開催した。同セミナーでは検査不正や品質問題に立ち向かうべく、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった新たな技術を「品質改善」にどのように組み込むべきかを紹介した。本稿では「3D DATAを活用した設計品質向上とIT活用インライン検査」をテーマとした、ロジ 代表 小田淳氏の基調講演を含む「Day1」の様子をダイジェストで紹介する。(2021/7/6)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(7):
丁寧な「現品管理」でスムーズな工程管理と高い生産性を実現する
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第7回は、各工程を流れている仕掛かり品を確実に把握する「現品管理」について説明する。(2021/7/1)

人工知能ニュース:
ソラコムのAIカメラに高機能版、ソニーの「IMX500」採用でリアルタイム性を向上
ソラコムは、AIカメラ「S+ Camera Basic(サープラスカメラベーシック)」にソニーセミコンダクタソリューションズのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」を組み込んだ高性能モデル「S+ Camera Basic Smart Edition」を開発したと発表した。(2021/6/23)

研究開発の最前線:
住空間データのImageNetとなるか、パナソニックがAIデータセットを公開する狙い
パナソニックは「CVPR2021」において2件のAI技術が採択されたと発表。このうち1件と関わる住空間向けデータセット「Home Action Genome」は、同社が独自に構築したもので、住空間向けでは従来にない大規模なデータセットであるにもかかわらず無償で公開されている。その狙いについて、パナソニック テクノロジー本部の担当者に聞いた。(2021/6/18)

IIoTの課題解決ワンツースリー(7):
全ての始まりは「データの標準化」から、IIoT基盤に求められる役割と機能
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介している。第7回では、IIoT活用に必須の「データの標準化」と、これに対するIIoTプラットフォーム活用のポイントを解説する。(2021/6/21)

AI・人工知能EXPO:
DXの差を生むディープラーニングの使いこなし方、人材育成が鍵に
「第5回 AI・人工知能EXPO 春」の技術セミナーに、東京大学大学院 工学系研究科 教授の松尾豊氏が登壇。DXが求められる中で、AIやディープラーニングの活用事例を披露した他、コロナが社会を変えつつある時代において、AIとディープラーニングがどのように社会や産業を変えるのか、AIの未来について解説した。(2021/6/15)

二宮和也、嵐活動休止後初の主演映画で“ゲームざんまい” 「ただのニノやん」「ついに演技のお仕事でもゲーム」
ゲームといえばニノという図式はあるよね。(2021/6/11)

半導体や電子部品の流通在庫品向け:
OEG、真贋判定・信頼性試験サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は2021年6月、半導体や電子部品の流通在庫品について信頼性評価を行う「真贋判定・信頼性試験サービス」を始めた。(2021/6/14)

全然溶けないコーヒーに「不良品か〜?」 一人暮らしを始めたときの“アホすぎた思い出”の漫画に共感の声
これあるあるじゃないの……?(2021/6/10)

祖母が魚を切っていたら包丁が「プンッ」と真っ二つ “使い方が悪かったわけではない”のに折れてしまった理由
「振り向くと、包丁の刃だけが床の上ですべって回転していました」。(2021/7/2)

組み込み開発 インタビュー:
「NG画像不足」を解決、少量データで特徴抽出するAI技術スパースモデリング
機械学習と比較して10分の1の教師データで特徴抽出を完了できるスパースモデリング技術。製造業の現場改革にどのように貢献し得るのか。ハカルス 取締役 CBOの染田貴志氏に話を聞いた。(2021/5/14)

「エビがダンスした証拠」→「エビデンス」 カタカナ語の意味を思い出すイラストがクスッと笑えて役立ちそう
いくよ! コンセンさすよっ!?(2021/5/1)

人工知能ニュース:
教師なし学習でも「世界最高クラス」の精度で不良品を見分ける画像分類AI
東芝は2021年4月28日、教師なし学習でも高精度でグループ化できる画像分類AI(人工知能)を開発したと発表。ラベル付け作業を行っていない画像データから、高精度に不良品や製品欠陥を検出することが可能になる。(2021/4/30)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(6):
生産計画と並ぶ工程管理の柱、「進度管理」は生産方式に合わせて適切に選択せよ
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第6回は、生産計画と並ぶ工程管理の柱である「進度管理」について説明する。(2021/4/26)

製造現場向けAI技術:
PR:“効果を生み出し続けるAI活用”に必要なこと、異常検知のその先
製造現場でのAI活用への注目が高まっているが、成果を生み出すのに苦労している企業も多い。その中で簡単に成果を生み出せる異常検知ソリューションとして、多くの製造現場から支持を得ているのが、ブレインズテクノロジーの「Impulse」だ。その秘訣とImpulseが描くAI活用の将来像を紹介する。(2021/4/27)

旧規格からの移行期間が終了:
ドイツの新絶縁規格、アイソレーター設計の注意点とは
2020年1月の時点で、DIN(ドイツ規格協会) V VDE V 0884-10:2006-12は、磁気および容量性のガルバニック絶縁製品における固有の絶縁特性と高電圧性能の評価に使われる認証規格として有効ではなくなった。これにより、2017年にDIN VDE V 0884-11:2017-01更新規格が発表された際にICメーカーに与えられた、3年間の移行期間が終了したことになる。(2021/4/26)

いまさら聞けないスマートファクトリー(7):
なぜ製造現場のAI活用がうまくいかないのか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第7回では、製造現場でのAI活用の課題と生かし方について解説します。(2021/4/22)

FAニュース:
アルミダイカスト工程の不良予測AIを開発、豊田自動織機とシーメンスが協業で
豊田自動織機とシーメンスは2021年4月12日、カーエアコン用コンプレッサーのアルミダイカスト工程において製品不良を予測するAIを開発したと発表した。(2021/4/19)

組み込み開発 インタビュー:
NVIDIAも「ユニーク」と評価、Jetson Nano内蔵のインテリア風デザインAIカメラ
スタートアップのエクサウィザーズが発売した2眼レンズ搭載のAIカメラ「ミルキューブ」。小型スピーカーなど家電製品のようなデザインだが、Jetson Nanoを内蔵するなど性能は高い。しかし、ソフトウェア/ソリューション開発企業のエクサウィザーズがハードウェアを開発する狙いはどこにあるのか。(2021/4/21)

FAニュース:
外観検査をロボットとAIで自動化するソリューション、ロビットが製品化
ロビットは、ロボットとAIを組み合わせた外観検査ロボット「TESRAY Sシリーズ」を発表した。独自開発の多軸ロボットアームと撮像モジュール、AIがセットになったロボットで、樹脂や金属、繊維などの素材や射出成形、プレス加工、めっき加工、塗装など複数の加工品の外観検査を自動化する。(2021/4/7)

単なる「見える化」では終わらせない:
PR:PoC地獄から製造業を解放するIoT本格活用に向けたトータルソリューションを提案
国内製造業のIoTへの取り組みが加速する一方で、多大な時間やコストをかけてPoCを繰り返しているにもかかわらず、いつまでたっても実用に至らず力尽きてしまう現場も少なくない。そうした現場に対して、HPCシステムズとPTCジャパンは、すぐに生産現場に導入して運用を開始でき、“見える化”の実現だけで停滞しがちなIoT活用を着実にステップアップできるトータルソリューションを提案する。(2021/3/31)

AIカメラ:
PR:実績豊富なAIカメラをすぐに“お試し”できる、パナソニックのスターターキット
AIカメラの本格的導入は製造業をはじめ各業界で広がりつつある。ただ、導入に向けたPoCに至る前に、そもそも「AIカメラや画像認識技術で何ができるのか」を見極める必要がある。こうしたケースで役立つのが、パナソニックが開発したVieurekaカメラを手軽かつ迅速に試せる「Vieurekaカメラ スターターキット」だ。(2021/3/31)

FAニュース:
脱気機能を搭載した熱硬化性ゴム射出成形機、生産性を向上し材料ロスを低減
ソディックは、脱気機能を搭載した熱硬化性ゴム射出成形機「GL-LSR」シリーズを発表した。空気の除去でエアトラップを改善し、成形品質や生産性を向上。材料ロスも低減できる。(2021/3/30)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる人工知能(AI)
人工知能をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、人工知能の概要、注目される理由、歴史と課題、できること、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/3/29)

製造現場向けAI技術:
カメラの焦点をAIが自動最適化、イスラエルベンチャーの画像処理検査装置
リンクスは2021年3月16日、イスラエルのスタートアップINSPEKTOのAI画像処理検査装置「Inspekto S70」を同年4月1日から販売開始すると発表。検査対象物に合わせて、AIが焦点の絞り値など検査用カメラのパラメータを自動調整する他、検査範囲の自動設定なども行う。(2021/3/18)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(5):
「部品を作る」といっても単純ではない!? パーツ製作で知っておくべきポイント
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第5回のテーマは「部品の製作」だ。手作り試作部品と量産部品の違い、それらを製作する部品メーカーの違いについて解説する。(2021/3/18)

PR:企業の課題を解決する、AI活用支援サービスとは
第3次AIブームを引き起こしたディープラーニングの登場により、企業競争力の強化を目的として、AIをはじめとする先進IT技術への投資が加速している。一方、最先端技術であるAI開発は参入障壁が高いという認識から、なかなか導入に踏み切れない企業も多い。NVIDIAの国内正規代理店としてAI開発を支援するSB C&Sに聞く。(2021/3/16)

FAインタビュー:
デジタル出力非対応の旧型半導体製造装置、京セミが取り組んだIoT化の道のり
京都セミコンダクターはIoT化プロジェクト「スマートFAB」を推進中だ。同社はRaspberry Piなどの各種センサーを用いて、25年以上前から使用を続けるプラズマCVD装置などをIoT化した。これにより各種装置の稼働状況やクリーンルームの環境情報に基づいた早期の異常検知を実現している。(2021/3/4)

「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【後編】
人工呼吸器を大増産した医療機器メーカーは「Amazon SageMaker」をどう使ったか
Vyaire Medicalは新型コロナウイルス感染症拡大を機に人工呼吸器の大幅増産を決めた。部品の安定調達や生産時の不良率低減といった課題を解決するために、同社が活用したのがAWSで構築したデータ分析システムだ。(2021/3/3)

ロボット×DXの最前線(2):
ロボットに3Dの“目”を持たせて品質検査を自動化、リンクウィズの挑戦と課題
「ロボット×DX×工場」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する本連載。第2回は、3Dスキャナーを産業用ロボットの“目”として活用するためのソフトウェアを開発するリンクウィズを取り上げる。品質検査の省人化に貢献するソリューションだが、本格的な導入を進める上ではいくらか課題も残されているようだ。(2021/3/2)

AWS、機械学習で量産品の不良を見分ける「Amazon Lookout for Vision」の本サービス提供開始
(2021/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.