• 関連の記事

「海外展開」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

CAMPFIRE、米最大クラファン「Indiegogo」と連携 プロジェクト海外進出を支援
日米最大級のクラファンが相互連携。「CAMPFIRE」が、「Indiegogo」を通じた、国内プロジェクトの海外進出を支援。(2022/5/12)

新会社はNTTデータ傘下に:
NTTとNTTデータ、10月に海外事業統合 澤田社長「再編に終わりない」
日本電信電話(NTT)は5月9日、グローバル事業の強化を目的に、組織再編を行うと発表した。海外向け情報インフラ事業を手掛ける100%子会社のNTTリミテッドをNTTデータ傘下に移管。10月1日付けで新たに海外事業会社を設立し、リミテッドとデータ双方の海外事業を統合する。(2022/5/9)

NTTとNTTデータ、海外事業を統合へ 発表巡る株価の乱高下に澤田社長も苦笑
日本電信電話とNTTデータが海外事業を統合すると発表した。NTTでグローバルでデータセンター・ネットワーク事業を展開する「NTT Ltd.」と、NTTデータの海外事業を統合し、国際競争力の強化を目指す。(2022/5/9)

“同人ハード”が「CES」で賞を取るまで メタバース住人が愛用する「HaritoraX」誕生の軌跡
同人発のハードウェアが大ヒット。商業製品として量産化し、世界的な展示会で受賞して海外展開へ――絵に描いたような夢物語だが、VR用モーショントラッキングデバイス「HaritoraX」が叶えた実話だ。(2022/4/30)

Slack越えの最速成長、グローバル人材市場を変革するSaaS企業ディールとは
海外進出を目指す企業や、国外の高度人材を必要とする企業にとって、海外での人材雇用はこれまで大きな障壁となっていた。こうした手間のかかる一連の労務管理を、1つのプラットフォーム上で完結させるスタートアップが現れた。グローバル人材の労務管理SaaSを提供する米国発のディール(Deel)だ。(2022/4/28)

メカ設計ニュース:
ミスミが「meviy」の海外展開の加速を視野にUI刷新、作業時間が従来の3分の1に
ミスミグループ本社は、オンライン機械部品調達サービス「meviy」のグローバル展開の加速を視野に、ユーザーインタフェースを2022年4月から刷新した。初めての利用者でも直感的に操作できるよう一覧性を高めるとともに、見積もり/発注までのステップの見直しを図った。(2022/4/19)

矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが共同調査:
「コスト削減」が減り「攻めの投資」が増加 海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向調査
矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが、海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向を共同調査した。海外進出する日本企業の経営課題がDXにシフトしていることが明らかになった。(2022/3/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
インドメーカーの5Gスマホ「Infinix Zero 5」に触れる 世界展開できる品質か?
Infinixというメーカーの5Gスマホ「Zero 5」を購入した。中国のTranssionが展開するブランドで、アフリカやインドで人気だ。同ブランド初の5GスマホはMade in India、インド製のスマホとなる。その実機に触れてみた。(2022/3/21)

西鉄が海外事業拡大に布石
西日本鉄道は、東南アジアなどでの住宅開発事業を拡大するため、投資持ち株会社を通じて、インドネシアの住宅開発会社「プレミア クオリタス インドネシア」の株式49%を取得した。(2022/3/15)

社員9人で米ナスダック上場 日本のベンチャーWarranteeが進める“無料保険”とは何か
東京証券取引所を飛び越して、2月に米ナスダック市場に上場申請を行った日本企業がある。庄野裕介氏がCEOを務めるWarranteeだ。社員はわずか9人。フリーインシュアランス、つまり無料保険について国際特許を申請しており、ナスダック上場の知名度を武器に、世界展開を進める。(2022/3/15)

Restaurant Dive:
マイクロ物流から「ごはん as a Service」まで 注目スタートアップReefの事業買収の狙いは
コロナ禍で注目を集めるゴーストキッチン事業のパイオニアであるReefが、スタートアップの買収を発表した。競合がひしめき合う中、海外進出を積極的に進める同社の展望とは。(2022/2/18)

にじさんじ運営、海外VTuber事業の一部を国内に統合 4月からは本体で事業継続
バーチャルYouTuber(VTuber)グループ「にじさんじ」を運営するANYCOLOR(東京都港区)が、同社の海外事業であるインドネシア向けVTuberグループ「NIJISANJI ID」と韓国向けVTuberグループ「NIJISANJI KR」を、国内のにじさんじグループに統合する。(2022/2/17)

美容室のあり方改革を進める:
美容室向けへア商材の「ミルボン」、21年12月期は増収増益 DX加速で単価増・海外市場も好調
美容サロン用ヘア商材メーカーのミルボンは2月10日、2021年12月期の連結決算を発表した。(2022/2/15)

中部電力執行役員経営戦略本部部長 佐藤裕紀さん 海外投資4000億円 東欧・ロシアを注視
市場に向けて明確に海外事業の考え方が伝わり、結果として事業の創出機会が増えている。(2022/2/10)

「ポケトーク」がソースネクストから分社化 海外展開を強化
翻訳サービスを提供する「ポケトーク」ブランドがソースネクストから分社化した。新会社とすることで、事業の企画開発、営業体制など事業運営の迅速化、海外展開の強化を図る。(2022/2/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ドバイの「スシロー」は1時間待ちの日も! 海外進出を続ける外食大手が狙う“コロナ後”の世界
コロナ禍でも積極的に海外進出する外食企業がある。海外の成長を取り込んでいく狙いがある。各社の戦略を追った。(2022/2/2)

電力大手、海外に収益拡大チャンス 政府支援追い風 国内に知見還元
電力大手各社が海外事業を強化している。国内で培った発電技術やノウハウを提供し、収益を増やすのが狙いだ。海外企業との連携で得た知見を国内事業に生かすといった相乗効果も引き出す。(2022/1/20)

ファストリ、1Q決算の純利益は33%増 国内苦戦も海外事業が好調
ファーストリテイリングは1月13日、2021年9月〜11月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2022/1/14)

BAS:
オフィスビル向けユーザーの空調操作器を海外で先行販売、アズビル
アズビルは、オフィスビルの複数エリアを対象に、空調のON/OFFや予約や延長の操作が個別エリアや個別空調ごとにできる操作器を海外市場向けに先行発売した。(2022/1/4)

製品動向:
パナソニックがアブラヤシ廃材の「再生木質ボード化技術」を開発、建材でも展開
パナソニック ハウジングシステム事業部は、アブラヤシ廃材の「再生木質ボード化技術」を開発した。今後は日本国内家具市場への導入に取り組む。具体的には、2022年春に、国内家具製造業者へ再生木質ボードを提供し、大塚家具、東京インテリア家具と協働して受容性検証を開始する。2023年度以降は、建材市場へも用途を拡大し、さらに海外市場へと展開していく予定だ。(2022/1/5)

悪影響も:
オミクロン株に企業も警戒 出国停止検討も
南アフリカや欧州などで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対し、海外に進出する企業の間で警戒感が広がっている。(2021/12/1)

伊藤忠、E Inkと協業 製品の世界展開で協力 DX化ニーズにも対応へ
伊藤忠が、電子ペーパーの世界最大手・E Ink Holdingsと協業。電子ペーパーを活用した製品群の世界展開を進める。(2021/11/24)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント義足スタートアップが政府支援を受け、海外事業加速に向けて人材獲得推進
3Dプリント義足を海外で製造販売するインスタリムは、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startupプログラム」において、「J-Startup企業」として選定されたことを発表した。(2021/11/2)

KADOKAWA、テンセントグループと資本業務提携 約300億円を調達 IPの海外展開強化
KADOKAWAは、中国テンセントグループとの資本業務提携を結ぶと発表。テンセントグループの中核、TencentHoldings Limitedの子会社であるSixjoy Hong Kong Limitedとテンセントジャパンを通じて資本業務提携を結ぶ。(2021/10/29)

家電メーカー進化論:
コンパクト家電ブランド「レコルト」が、ブランド発足時から海外展開できたワケ
デザイン性が高く、お値ごろな家電が揃う人気のキッチン家電ブランド「レコルト」を展開するウィナーズ。実は日本だけでなく、海外でも人気を集めているという。家電メーカーとしての目指す道と、積極的な海外展開について、創業者でもあり、代表取締役の岡野真二氏に話を聞いた。(2021/10/27)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント義足の海外展開や完全リモート販売の推進を目的に2.4億円を調達
インスタリムは、3Dプリント義足の海外展開などを推進するための資金として2億4000万円を調達した。フィリピンの地方都市への販売網拡大や、現地製造販売体制の強化、マーケティング施策を通じてさらなる成長を目指す。(2021/10/14)

「あなたのブランド買い取ります」 Amazon出品者を買収して海外展開するセラシオが日本上陸
Amazonなどで物販を行っている中小中堅の業者を買収して、海外展開などを行い事業を成長させる取り組みをしている企業がある。米国で急成長し、2021年から国内での活動も本格化させたセラシオだ。(2021/10/7)

海外も好調:
PPIH、通期決算を発表 インバウンド“蒸発”で駅前ドンキが苦戦するもユニーが好調
ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが2021年6月期通期の連結決算を発表した。コロナ禍で国内のディスカウント事業が苦戦する一方、GMS事業や海外事業が好調で、増収増益を達成した。(2021/8/18)

Huaweiから独立のHonor、フラグシップ「Magic3」シリーズをグローバルに発表
Huaweiから独立したHonorが、フラグシップ端末「Magic3」シリーズを発表した。まずは中国で発売するが、世界展開を計画している。価格は899ユーロ(約11万6500円)から。(2021/8/13)

3Dプリント:
3Dプリントは建設業界で事業化できるか?クラボウが2024年度10億円の市場開拓に乗り出す
3Dプリンタを建設領域で活用する動きは、海外では先行してコンクリートを積層することで住宅建築や橋梁の造形などといった用途展開が見いだされている。国内では、建築基準法による素材や構造上の縛りがあるため、大手ゼネコンや研究機関での検討は進んでいるものの実用化にはまだ道のりは遠い。そうしたなか、住宅メーカー向けに建築用化粧材を製造しているクラボウでは、フランス製の大型3Dプリンタを導入し、建設業界を対象に3Dプリンティング事業を立ち上げた。セメント系/非セメント系を問わず、新規材料の開発で製作可能なデザインの幅を広げ、土木・インフラ分野などでの提案も図ると同時に、海外市場への参入も視野に入れている。(2021/6/11)

海外展開を意識:
「はま寿司」がブランドを一新 店舗、ロゴ、ユニフォームはどう変わる?
はま寿司がブランドを一新する。ロゴ、店舗外観、ユニフォームなどが変わる。海外展開を強く意識した。(2021/6/9)

海外プロジェクト:
五洋建設が香港大の新築工事を303億円で受注、香港を海外事業の重要市場に
五洋建設は、海外事業の重要エリアと位置付ける香港で、香港大学の研究実験棟とITビルを約303億円で受注し、2024年の竣工に向けて計画を進めている。(2021/5/30)

スピン経済の歩き方:
日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が米国でもヒットしている。このほかにも日本のアニメ・マンガは海外市場で勝負できているのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか。その背景に、構造的な問題があって……。(2021/5/5)

「ウマ娘は初速好調」サイバーエージェント藤田社長が手応え 今後は“ロングラン”目指す
サイバーエージェントの藤田晋社長が「ウマ娘」に言及。「初速は好調。自社IPであるこの作品のヒットは当社にとって大きな出来事」とコメントした。今後は“ロングランヒット”を目指し、機能開発や海外展開を進める。(2021/4/28)

強力な事業基盤で“渡航制限下”の国際ビジネスもお手伝い:
PR:圧倒的受注量を誇るプリント基板とカスタム部品のグローバル企業ICAPEが日本上陸
世界的なプリント基板/カスタムパーツベンダーであるICAPE Groupがこのほど、日本市場に本格参入した。中国を中心としたアジア地域の強力な事業基盤、圧倒的な受注ボリュームを背景にしたコスト競争力を生かし、日本のエレクトロニクス企業の海外進出を強力にサポートする方針だ。(2021/4/26)

組み込み開発ニュース:
日本および海外市場に適合した5G通信モジュールの販売開始
ザインエレクトロニクスのグループ会社キャセイ・トライテックは、SIMCom Wireless Solution製の5G通信モジュール「SIM8200G」「SIM8202G-M2」を発売した。対応周波数は5G NR Sub-6GHz、LTEなどで、日本や各国の主流バンドが利用できる。(2021/4/19)

工場ニュース:
医療機器の海外展開を加速へ、カシオ計算機の国内生産拠点がISO 13485取得
カシオ計算機は2021年3月18日、国内生産拠点である山形カシオが医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 13485」を取得したと発表した。今後さらに医療機器の海外展開を加速させていく方針だ。(2021/3/19)

製造マネジメントニュース:
日本製鉄が国内の高炉と製造ラインを休止拡大も、年粗鋼生産1億トンへ3兆円投資
日本製鉄が2025年度をめどとする中長期経営計画を発表。高炉や製造ラインの休止の追加で国内製鉄事業の再構築を進めて早期の収益力回復を図るとともに、海外事業の深化と拡充、「ゼロカーボン・スチール」への挑戦、DX戦略の推進が柱となる。グローバル粗鋼生産能力については年間1億トンを目指し、5年累計の投資総額は3兆円に達する。(2021/3/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した2020年12月期の通期決算によれば、当年における最終赤字は同社としては史上最大の1595億円となった。しかし本業では黒字である。最大の要因は、海外事業における「のれん」の減損損失1403億円だ。(2021/2/19)

ドコモがオープンRANや5Gソリューションを海外展開 柔軟で拡張性の高いネットワークを
NTTドコモは、オープンRANの海外展開を目的とした「5GオープンRANエコシステム」の構築を発表。NVIDIA、Qualcomm、NEC、富士通などと協業する。海外拠点を持つ法人に5Gソリューションを提供することを目的とした「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」も設立する。(2021/2/4)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

工場ニュース:
ベトナムで標準ポンプの製品組み立てを行うノックダウンセンターの稼働開始
荏原製作所は、ベトナムで標準ポンプの製品組み立てを行うノックダウンセンターの稼働を開始した。グローバル生産体制、サプライチェーンの強化により、海外市場での標準ポンプ事業の競争力を高める。(2021/1/19)

日立がLumadaソリューションのエコシステムを発表 世界展開も視野に
日立は、Lumada事業のグローバル展開の中核を担うHitachi Vantaraと連携して「Lumadaアライアンスプログラム」の世界展開を開始する。業界を越えた多様なパートナー企業とエコシステムを構築する。(2020/11/5)

企業と映像制作者のWin-Winへ:
経済産業省に聞く ブランデッドコンテンツ制作になぜ政府の補助金が出るのか?
日本のコンテンツの海外展開とコンテンツ産業支援を目的とした「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金(J-LOD)」の一環として「ブランデッドコンテンツ」の制作支援制度があるのをご存じだろうか。(2020/10/7)

AIで漫画の吹き出しを翻訳するWebサービス 英語や中国語に対応、従来の作業時間を半減
AIを活用し、日本語の漫画を英語や中国語に翻訳する法人向けサービスが登場。これまでの約半分の時間で翻訳作業が完了し、翻訳版の海外展開を後押しする。(2020/7/28)

フリーダムガンダム、上海に立つ! 2021年、実物大ガンダム立像が海外進出
「ガンダムチャイナプロジェクト」の発表会で明らかに。(追記あり)(2020/7/13)

プロジェクト:
三井不動産がマレーシアで賃貸住宅事業に初参画、延べ2.6万m2の物件を開発
三井不動産グループは、長期経営方針「VISION 2025」で、「グローバルカンパニーへの進化」をテーマに掲げており、海外事業の飛躍的な成長を目指している。とくに力を入れる住宅事業では、シンガポールやタイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国、台湾をターゲットとして、複数の再開発プロジェクトを同時進行させている。(2020/7/9)

堀江貴文や鴨頭嘉人らによる「焼肉社長 世界進出会議」が6月26日に配信 「新業態焼肉店」展開に向け
ホリエモンこと堀江貴文氏がプロデュースする和牛ビジネスを手掛けるWAGYUMAFIA(ワギュウマフィア、東京・港)は、特別会議「焼肉社長 世界進出会議」を6月26日午後0時30分よりライブ配信する。(2020/6/23)

車載セキュリティ:
NTTの海外事業統括会社と車載セキュリティベンダーが提携
ESCRYPTは、NTTリミテッドのセキュリティ事業部と車載セキュリティソリューションで提携すると発表した。両社は今後、車両のサイバーレジリエンスを強化するソリューションを共同開発して顧客に提供する。(2020/6/17)

プロジェクト:
清水建設JVが、インドネシアで都市高速鉄道の開発を第1期に続き受注
清水建設は、経済成長が著しいインドネシアを海外事業の主要拠点の1つと位置付け、技術力を生かせる大規模工事をターゲットに営業活動を展開している。(2020/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.